SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

キックボクシング

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/21(水) 18:53:46.12 ID:H3A1zC9e9
https://news.yahoo.co.jp/articles/fb738a0c0b08e7e76e8163465edb6b9e78ea0b7e

K-1復帰の石井和義氏、復興支援の鈴木千裕を絶賛&朝倉未来にも期待 武尊ら“離脱組”や野杁正明にも言及


 K-1創始者であり初代プロデューサーで、先月から現体制のK-1に「アドバイザー」として復帰することになった石井和義氏が、メディアに向けた取材会を開催。地震の被害を受けた能登半島で復興支援イベントを開催する、RIZINフェザー級王者の鈴木千裕を絶賛した。

 日本格闘技界のさまざまなトピックスついて語る中で、令和6年能登半島地震で被災した石川県金沢市で来月2日にチャリティーイベントを開催する鈴木について、石井氏は「彼は今やるべきことを分かっている。RIZINはすごい」と高く評価。「K-1もいち早くやらないといけない。売名行為と言われようと、やらないと何も動かない」と迅速な行動力の必要性を訴えた。

 さらに、BreakingDown代表の朝倉未来にも「そういうことをやってほしい。地元の不良を集めて金沢で大会をやって寄付するとか。そうやって能登に日本中の注目を集めることが大事なんですよ。若い人たちには動いてほしい」と期待を寄せ、「千裕がんばれ!」とエールを送った。

 また、『THE MATCH 2022』後に武尊や安保瑠輝也、芦澤竜誠など人気ファイターが続々とK-1を離脱している現状について「人気選手がより上を目指して離脱するのは、仕方がない。K-1が数年前にファイターが世界で活躍できる舞台を作ってあげていれば、残って頑張ってくれただろうけど、それができなかった」と悔しそうに振り返る。

 続けて「ファイターだったら、2000人の後楽園ホールより、何万人も入る派手な舞台で目立ちたいのは当然」と離脱した選手たちに理解を示し、「MMAと同じ規模の“立ち技のマーケット”を作らないと未来がない」と危機感も持っている。

 MMAとの差別化に「サッカーとアメフト」を例に挙げ「サッカーはシンプルなルールで分かりやすいから世界中に広がった。K-1もMMAに比べてシンプルだからさらに広がる可能性を秘めている。K-1選手の皆さん、楽しみにしていてください」と胸を張った。

 しかし、世界中に散らばっていた「K-1」の商標を現在のオーナーが買い戻し、改めて世界進出ができる準備が整った現体制のK-1では「以前のように“世界のK-1”に戻せるので、世界で闘いたい選手もこれから出てくるはず。ちょうど今はその過渡期なんじゃないかな」と、数年後のK-1のさらなる飛躍を約束した。

 なお、3月20日に開催の『K-1 WORLD MAX』(国立代々木競技場第一体育館)の70キロトーナメントへの参戦を呼びかけていた、K-1同級王者の野杁正明について「出た方がいい。K-1を飛び出そうと思っているかもしれないけど、このトーナメントに勝ってからでもいいんじゃない。その方がファイターとしての価値が上がるよ」と改めて参戦をオファー。

 「人間関係や契約については分からないし、失礼なことを言ってたら許してね」とフォローもしていた。

 石井氏は1993年にK-1を設立。アンディ・フグやマイク・ベルナルド、ピーター・アーツらヘビー級のキックボクサーによるトーナメントを開催し、フジテレビで放送されると日本中に“格闘技ブーム”が巻き起こった。2002年にはPRIDEとの共催で旧・国立競技場で初めての格闘技イベント『Dynamite!!』を開催し、9万人以上の観客を集めるほどの成功を収めた。

 しかし、同年に法人税法違反(脱税)の容疑で逮捕され、最高裁まで争ったが有罪が確定。刑期を終えてからは「プロ格闘技には関わらない」と明言し、陰ながら格闘技界を見守ってきた。

 その間も「何度もお誘いがあったがお断りしてきた」と振り返ったが、現在のK-1のオーナーが世界中に散らばっていた「K-1」の商標を時間をかけて全て買い戻したことで、「やっとK-1が改めて世界で展開できるようになった。そのタイミングでオーナーに声をかけてもらったので、恩返しのつもりでアドバイザーをやらせていただくことになりました」と経緯を説明した。

 自身の立場は「ファンとK-1の中間の人という認識を持ってもらいたい」とする。期待される役割は「世界中の格闘技関係者なら誰もが知ってる『K-1』というブランド力を最大限の強みにして、K-1をサッカーや野球と並ぶくらいのメジャースポーツにするために、世界に発信していく」ことだ。実際、アドバイザー就任が発表された直後から、世界中の関係者からファイターの売り込みが寄せられているという。

【K-1復帰の石井和義氏、復興支援の鈴木千裕を絶賛&朝倉未来にも期待 武尊ら“離脱組”や野杁正明にも言及】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/19(月) 11:30:38.67 ID:ic7XAtRZ9
格闘技エンターテインメント「BreakingDown 11」(18日、東京・プリズムホール)が18日、行われた。大会後、社長の朝倉未来が囲み取材に応じ、大相撲力士参戦の仰天プランの可能性に言及した。

今回は元小結が出場も次回から朝青龍を希望「“本物”に出てもらえたら」

 格闘技エンターテインメント「BreakingDown 11」(18日、東京・プリズムホール)が18日、行われた。大会後、社長の朝倉未来が囲み取材に応じ、大相撲力士参戦の仰天プランの可能性に言及した。

 今大会には大相撲元小結・千代大龍のしこ名で活躍した明月院秀政が参戦。何もいいところなく完敗していた。

「試合までの幻想はすごかったけど……。相撲の選手はあまり強くないのかなって。BreakingDownの歴史のなかで3、4戦出てきてもらってるけど、打撃となるとどうなのかなって」と相撲がバックボーンの選手の出場には難色を示す。

 そのうえで「朝青龍に出てほしい」と公開オファー。第68代横綱として活躍した“朝青龍”ドルゴルスレン・ダグワドルジ氏は2017年ABEMA『朝青龍を押し出したら1000万円』に登場。ボブ・サップや泉浩らチャンレンジャー相手に8連勝し1000万円を守りぬいた。格闘技イベント「RIZIN」ではモンゴル出身選手の完敗で控室でブチギレ。ファンを戦慄させていた。「BreakingDown」ではノッコン寺田が一時、朝青龍にツイッター(現在はX)上で宣戦布告をしている。

 未来は「身体能力がめっちゃ高い“本物”の相撲取りに出てもらえたらと。結果も残している選手ならめっちゃ強いと思うので」と理由を語った。

 しかし、元力士との対抗戦の可能性について問われると「幻想が崩れてしまったので、めちゃくちゃ強い選手がひとり出てきてくれたら」とバッサリだった。

https://encount.press/archives/585459/

【「相撲の選手はあまり強くない」朝倉未来、幻想崩れた力士の実力にガッカリ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/18(日) 16:17:21.12 ID:u4na4DkI9
衝撃変貌の元小結千代大龍 BDデビュー戦は惨敗 体重57キロ差の元パンクラス1位の打撃でボッコボコに パンチほぼ届かず… 朝倉未来もバッサリ「対応できてなかった」

2/18(日) 14:51配信

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240218-00000076-dal-000-14-view.jpg?exp=10800

デイリースポーツ
 金田一孝介(左)に攻め込む明月院秀政(撮影・堀内翔)

 「BreakingDown11」(18日、プリズムホール)

 朝倉未来が社長を務める1分間最強を決める格闘技イベントの第11回大会が行われ、大相撲の元小結千代大龍の明月院秀政は、元パンクラスライト級1位の“尾張の狩人”金田一孝介と対戦し、判定0-5で完敗に終わった。

【写真】打撃でボコボコ 顔が変形するほどゆがんだ元小結千代大龍

 体重差は実に57キロという異種格闘技戦。顎髭を金色にして、ピアス、右腕にはビッシリと刺青という衝撃の変貌した姿で登場した明月院は、キン肉マンのテーマ曲で入場。コールの際には相撲の所作をみせた。冒頭から金田一のパンチを被弾し、ぐらつくと、体格差に身を任せて圧力をかけていったが、打撃はテクニックに乏しく、パンチはほぼ届かず。逆に金田一の的確な打撃を浴びた。ただ、試合後は笑顔で互いに健闘をたたえ合った。

 解説席の朝倉未来は「やっぱり打撃が対応できてなかったですね」と、語った。

 10年幕内を張り、「横綱、大関にも10回ずつぐらい勝った」とオーディションで語っていた明月院。強烈な突き押し相撲で名を馳せてきた男だったが、「路上の喧嘩なら相撲が最強」という説を証明することはできなかった。

 本大会はABEMA PPVにて視聴できる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6c3e5a96df2d5efd69e0c76ac1227082e4acb337

【衝撃変貌の元小結千代大龍 BDデビュー戦は惨敗 体重57キロ差の元パンクラス1位の打撃でボッコボコに】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/28(日) 23:21:46.94 ID:ApHMezOK9
 シンガポールの格闘技イベント「ONEチャンピオンシップ」28日の有明アリーナ大会で、元K―1世界3階級制覇王者の武尊(32)がONEフライ級キックボクシング世界王者のスーパーレック・キアトモー9(28=タイ)に無念の判定負けを喫した。

 大歓声を浴びながら入場した武尊は、スーパーレックと緊張感のある攻防を展開だ。1ラウンド(R)序盤は強烈な右の蹴りで下がらされる場面もあったが、中盤以降は強烈なパンチを返して反撃に出る。

 2Rも壮絶な打ち合い。リスクを取りながらも前に出た武尊は、相手をコーナーに追い込みラッシュを仕掛ける場面もつくる。しかし、右ローを受けた左脚も真っ赤に変色した。

 3Rもスーパーレックの蹴りと武尊の拳が交錯。だが、終盤には武尊の強烈な拳がヒットし、相手の動きが一気に鈍くなる一幕もあった。4Rは打たれながらも前に出続ける。中盤にスーパーレックの攻撃を受けて笑みを浮かべ、どよめきが巻き起こった。だが、スーパーレックのヒザやミドルキックに苦しめられた。

 勝負の最終5Rも3分間激しく殴り合ったがともにダウンは奪えず、結果は判定に委ねられた。だが、結果は手数に勝ったスーパーレックが3―0で勝利。それでも客席からは拍手が送られた。

 試合後、マイクを持った武尊は「絶対に勝って世界一を証明して、ずっと応援してくれていたファンの人やPPVを見てくれている人に…、みんなにパワーを与えたかったんですけど…。そのために今できる、今の体でできる、限界できるところまでやりました」と号泣。

 さらに「みんなに『ついてきて良かった』って思ってもらいたくて、死ぬ気で頑張ってきたんです。地震とかいろんなことがあって、つらい思いや苦しい思いして、という人がいて、そういう人に僕が『命がけで戦って頑張ればいいことがあるよ』って伝えたかったんですけど、今、僕ができる限界はここまでです」と無念さをにじませる。

 最後に「これ以上はもう体はつくれません。本当に、今日は集まってくれてありがとうございました。僕を信じてずっとついて来てくれて、ありがとうございました」と頭を下げると崩れ落ち、マットにヒザとグローブをつけた。

 今後の武尊の行方は…。なお、同大会は「ABEMA PPV」にて国内独占生中継された。

https://news.yahoo.co.jp/articles/02af8ac0d5a49236225ee4bfbdf113c8712294b5

【ONEチャンピオンシップ 武尊 スーパーレックに無念判定負けで号泣「これ以上はもう体はつくれません」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/20(月) 13:58:19.46 ID:L4ZsLZXc9
総合格闘家の朝倉未来(31)が20日、インスタグラムのストーリーズを更新。「生きてます、記憶戻った。沢山のコメント、メッセージありがとう。1回休憩して、色んなこと頑張んないとな」と現在の心境を記した。

朝倉は19日、オープンフィンガーグローブ使用の立ち技格闘技イベント「FIGHT CLUB(ファイトクラブ)」に参戦し、格闘家、YA-MAN(27)に1回KO負け。数時間後に更新されたユーチューブチャンネルでは記憶が飛んでいることを明かし、ファンを心配させていた。なお、動画では引退も示唆してした。

https://www.sanspo.com/article/20231120-OSKZL22JMFH4FC3GCN32DJNA24/?outputType=amp

【朝倉未来、衝撃KO負けから一夜明け 「生きてます、記憶戻った」 [Anonymous★]】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/19(日) 23:28:13.04 ID:IxPEqfdK9
衝撃的な幕切れに驚きの声が広まった。11月19日にオープンフィンガーグローブ(OFG)の立ち技打撃格闘技イベント「FIGHT CLUB」(場所非公開)のメインイベントで、
初参戦となった朝倉未来がYA-MANに惨敗した。

判定決着なしの一戦は試合開始とともに壮絶な打ち合いとなると、一気呵成に攻め立てたYA-MANを前に守勢に回った未来がコーナーに追い込まれる。

すると、YA-MANがカウンター気味に放った渾身の右ストレートを顔面に被弾。瞬間的に意識を失って前のめりに倒れた朝倉は、なんとか立ち上がったが、直後に追撃
のラッシュを受け、力なく崩れ落ちKO負けを喫した。

今年7月に行われた「超(スーパー)RIZIN.2」で、ヴガール・ケラモフ(アゼルバイジャン)に1回タップアウト負けを喫して以来の実戦。慣れないキックボクシングルールだったとはいえ、
「路上の伝説」の異名を持つ朝倉としては、屈辱的な惨敗と言えよう。

試合後にリング上でマイクを握ったYA-MANから「今回、俺の土俵でやったんで、年末MMAとかどうですか。またすぐ終わると思うんですけど。ノーダメージなんで」と挑発的な
言葉を投げかけられるも、どこか虚ろな表情でリングを降りた朝倉。その姿にファンもX(旧ツイッター)で「未来が負けた」「あの崩れ落ち方は悲しい」「予定調和にならないのが
格闘技」「マジで負けると思ってなかった」という驚きのコメントが相次いだ。

前日の公開計量では「一部、この試合が予定調和だとか、シナリオがあるとか意見が出てるみたいだけど、完全に真剣勝負です。普通にYA-MANのこと嫌いじゃないし、
リスペクトも。ただ明日は殺す気で行く」と強気に語っていた朝倉。わずか77秒で敗れた直後に自身のインスタグラムを更新し、こう綴っている。

「全く記憶がなくて、自分が何者かも分からない状態で朝倉未来を調べて客観的に見てみて、これもう引退ですね。何でこんな自分に沢山のファンがいるかもわからない
状態ですが、長い間本当に格闘技にはお世話になりました。ありがとうございました。今の気持ちです」

カリスマはこのまま終わるのだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/aaf10fd979d9637917f5fb8bd8364010e9590819

【秒殺KO負けの朝倉未来、引退宣言!“路上の伝説”は惨敗後にSNSで吐露「全く記憶がなくて、自分が何者かも分からない状態」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/19(日) 22:19:45.26 ID:uJLRhpgw9
https://encount.press/archives/544977/

 MMAファイターの朝倉未来が、キックボクサーのYA-MANに1R1分17秒KO負けを喫した。この試合は未来にとってプロキックボクシングデビュー戦で、7月30日の「超RIZIN.2」で敗れて以来の“再起戦”だったが、衝撃的な結末となった。未来は試合後の記者会見には姿を見せなかった。

 相手の土俵に上がった未来だったが、何もできずに終わった。主導権をYA-MANに握られた。開始1分、コーナーを背負うと、右ストレートで終わるコンビネーションを当てられダウンを喫する。

 何とか立ち上がったが、その後YA-MANのラッシュを被弾し続け、レフェリーが試合を止められた。

 試合後の記者会見には姿を見せず、関係者は脳震とうのためと説明。救急車は呼んでいないという。

 この試合の前にリングに上がり、木村“ケルベロス”颯太とドローだった、同じジャパン・トップ・チーム(JTT)所属の白川陸斗は、未来の状態について「ダウンしちゃうと記憶飛んじゃう。『YA-MANと試合したの?』みたいな状況。まともに会話できる状況じゃない」と深刻な状況を説明していた。

 同イベントは、格闘家のYA-MANがプロデューサーを務める新格闘技イベント。ルールは「オープンフィンガーグローブ(OFG)を使用、攻撃はパンチ、キック、ヒザ蹴りのみ。時間は3分×3Rの延長戦なし(インターバルは60秒)」となっている。この試合は判定を行わず、3R終了時点で決着がついていない場合はドロー決着。

【朝倉未来、脳震とうで会見キャンセル…白川陸斗「『YA-MANと試合したの?』みたいな状況。まともに会話できる状況じゃない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/19(日) 21:06:19.59 ID:uJLRhpgw9
https://news.yahoo.co.jp/articles/16250d87de7a3b753d2a3f454a6d8838faefb0a4


 立ち技打撃格闘技RISEのYA-MAN(27=TARGET SHIBUYA)がプロデュースするキックボクシングルールの新格闘技イベント「FIGHT CLUB(ABEMA PPV独占生中継)」が19日、都内で行われ、総合格闘家の朝倉未来(31=JAPAN TOP TEAM)がYA-MANに1回KOで敗れた。朝倉は今年7月30日のRIZINフェザー級王座決定戦でヴガール・ケラモフに一本負けを喫して以来の“復帰戦”を白星で飾ることはできなかった。

【写真】平本蓮まさかの“朝倉未来”と「和解しました」

 朝倉はケラモフ戦後、失意で2カ月間も練習できなかったという。「準備もしてきて、勝つつもりだったんで、自分に落胆したのはある。どうしたらケラモフに勝てるだろうかとか、根拠のある練習ができないかぎりはやる気になれなかった」。ただ、そこから所属ジム「トライフォース赤坂」を新体制にし、打撃コーチには現役キックボクサーの原口健飛が就任するなどスケールアップ。朝倉は「JAPAN TOP TEAM」と名を変えた所属ジムで汗を流し、かつての闘争心を取り戻した。

 そして復帰戦に選んだのが総合格闘技ではなく、キックボクシングの舞台。「名誉とかよりも自分が戦いたいかどうかってだけなんで。なんかもうシンプルにケンカの頃みたいな感じですね。ケンカがしたいんだったらするみたいな」と、実力者のYA-MANと拳を交えた。

 朝倉はSNSに「今日までしっかり元気に練習できた。全く負ける気がしないし、(YA-MAN)は最後まで立ってられないと思うね。楽しみだ」と記して決戦に臨んだが、キックが本職のYA-MANの実力は想像以上だった。。

 YouTubeや、Breaking Downなどの他の活動でも十分すぎる収入を得ており、モチベーションが低下しているという外野の声もある。そういう意見を実力で封じることはできなかった。

【【FIGHT CLUB】朝倉未来、YA-MANに1回KO負け】の続きを読む

このページのトップヘ