SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

キックボクシング

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/09(月) 21:18:38.11 ID:CAP_USER9
 キックボクサーの武尊が8日にツイッターを更新し、母親の誕生日にイギリスの高級車ジャガーをプレゼントしたことを報告。幼少期に母親と交わした“約束”についても明らかにした。

【写真】武尊、母親とプレゼントした赤いジャガーを前にパシャリ

 武尊が「今日は母の日」と投稿したのは、母親との2ショット。写真には赤いジャガーを中央に、笑顔の武尊とピースサインをカメラに向ける母親の姿が収められている。投稿の中で武尊は「誕生日プレゼントでプレゼントした車がたまたま母の日の今日に納車」と打ち明けると「たくさん迷惑かけたお母さんにまだまだ返しきれないけど恩返し」とコメント。さらに武尊は「小さい頃にお母さんがいつかジャガーに乗りたいって言ってて大人になったら買ってあげるって約束してたからやっと約束守れました」とつづっている。

 幼少期に交わした約束を誕生日プレゼントとして果たした武尊の投稿に、ファンからは「素敵すぎる」「有言実行。素敵です!」「最高の親孝行ですね」などのコメントが集まっている。

2022/05/09 18:30クランクイン!
https://news.nicovideo.jp/watch/nw10899855?news_ref=50_50
https://i.imgur.com/gRs2qUe.jpg

【武尊、実母に外車“ジャガー”プレゼント 幼少期に交わした約束果たす】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/01(日) 06:28:12.44 ID:CAP_USER9
4/30(土) 20:16配信
デイリースポーツ

 K-1戦士の武尊が30日、インスタグラムを更新。SNSやLINEを休止すると発表した。6月19日に東京ドームでの那須川天心戦を控えており「ここから心と身体が限界になっていくと思うので」と“世紀の一戦”へ集中していく。

 武尊は「いつも応援してくださる皆様、フォロワーの皆様へ 少し前に書きましたが ここから心と身体が限界になっていくと思うので SNSやLINEを少しお休みしようと思います」として、「僕の人生を左右する大勝負になると思うのでご理解と応援してもらえたら嬉しいです。

必ず勝つ為に全てを懸けて残り1ヶ月半過ごしたいと思います。引き続き応援よろしくお願いします!」とつづった。

 さらに「※お知り合いの皆様へ LINEも急用以外の連絡は控えて頂けると助かります」と基本的に連絡も断つ究極の覚悟を見せている。

https://i.daily.jp/ring/2022/04/30/Images/f_15263963.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/71013ab13ae868aad5ed7b6a84bf561a999344f8

【「僕の人生を左右する大勝負」武尊がSNS&LINEを休止 6・19“世紀の一戦”へ集中】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/08(金) 05:58:51.94 ID:CAP_USER9
4/8(金) 5:15配信
東スポWeb

会見に登場した那須川天心(左)と武尊(東スポWeb)

【那須川天心VS武尊 運命の邂逅】世紀の一戦に異変あり?〝キック界の神童〟こと那須川天心(23)とK―1のエース・武尊(30)が6月19日に東京ドームで激突する大会のタイトルは「THE MATCH 2022」に決定した。他にもチケットの最高額が300万円になるなど大会の詳細が決まり決戦の機運が高まる中、〝バカサバイバー〟青木真也(38)が黙っているはずもなく毒ガス分析を敢行。当初から「那須川有利」を唱えてきたが、ここにきてまさかの…。

 那須川と武尊は7日の大会概要発表会見に出席した。大会名のほか、フジテレビでの生放送やリングサイドの最前列が日本格闘技史上最高額の300万円になることが決定。ルール面でも前日58キロ、当日62キロの契約体重と「ワンキャッチ・ワンアタック」に加え、3分3ラウンド(R)プラス延長1Rで行われることが正式に発表された。

 両雄は当然、必勝を誓う。武尊が「格闘家として生きた証明になると思う。今までやってきたことすべてを背負って試合をしようと思っている」と意気込めば、那須川も「僕が必ず勝つ。僕の人生の中でも一番大きいことだと思うし、何が何でも勝ちます」と返した。

 この会見に即時反応したのが自称「ナスガワ(那須川)研究家」で「武尊ウオッチャー」の青木だ。対戦が決定した当初、技術面などから那須川の有利としていたが、この日になって「磁場が狂い出している! 確かに当初は那須川が圧倒的有利だと思ったけど、ここに来て異変ありだ」と見事に手のひらを返した。

 長年、両者を見続けてきたバカサバイバーは「簡単に言うと、ここにきて『ストレスの那須川VSイケイケの武尊』っていう構図になってるんだよ」と声をしゃがれさせた上でこう続ける。

「那須川はここ1~2年、自分との戦いが続いてるんだよ。試合をするにしても『対戦相手のイメージをつくり上げて、試合までのストーリーを組み立てて、その上で戦う』って作業を全部自分でやってるんだ。この間の風音戦(2日)なんてまさに…。スケールは違えど俺もそれをやってる自負があるから、その苦しさを共感できる。そのストレスがピークに来てるように見えるんだよね。一方で武尊は今、相手(那須川)に向かうのが全てって感じじゃん。何かを勝ち取ろうともがいている。守らないで攻めてるんだよね」

 受けて立つより挑むほうが精神的に有利なのは、格闘技の定石だ。さらに「この2人の立ち位置の変化が影響して『中立のリング』だったはずが、武尊のホームになり始めている気がする。どうしても、挑戦する側のほうが応援されるから。このままいくと、当日はファンの声援が武尊を押すんじゃないか」と指摘した。

 最後には判定2―0で辛勝した、風音戦での那須川の異変にも言及。「距離感が若干変わってるように見えたんだよね。キックじゃなくて(転向を見据えて練習している)ボクシングの距離になってるんじゃないか。うーん…。やっぱり武尊有利だなあ」と思案した。

 格闘界きっての理論派でも頭を抱える至高の一戦。全く先は読めないが、最後に笑うのは――。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220408-04114118-tospoweb-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/68440f7fa82ec76fe110669e3280ab9613a7021a

【『THE MATCH 2022』青木真也が〝那須川天心有利〟分析を軌道修正「ファンの声援が武尊を押すんじゃないか」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/07(木) 22:27:05.38 ID:CAP_USER9
4/7(木) 21:56
スポーツ報知

那須川天心vs武尊はフジテレビ系で生中継
(左から)伊藤隆氏(RISE代表)、那須川天心、榊󠄀原信行氏(株式会社ドリームファクトリーワールドワイド)、武尊、中村拓己氏(K-1プロデューサー)(c)フジテレビ
 6月19日に東京ドームで開催される那須川天心vs武尊の対戦がフジテレビ系で生中継されることが決まった。

 7日に記者会見が開かれ両選手が登場。天心は「絶対に必ず勝ちます。何がなんでも。キックの最後の試合ですし、僕の人生の中でも一番大きいことだと思います」、武尊も「期待してくれている人たちの盛り上がりを感じるし、パワーに変えて練習をがんばっています。6月に最高の勝利をするのでよろしくお願いします」とコメントした。

 会見では、大会のタイトルが「THE MATCH 2022」に正式決定したことも発表された。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220407-04071233-sph-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/8891ea699b3b390ad71b85cc3e8837fe8d841a19

【“ドリームマッチ”那須川天心vs武尊はフジテレビ系で生中継】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/07(木) 19:07:31.43 ID:CAP_USER9
 キックボクサーの那須川天心(23)と武尊(30)が7日、都内で行われた会見に出席。2人が6月19日に東京ドームで対戦する格闘技イベントのタイトルが『THE MATCH 2022』に決定し、チケット情報が発表された。

 最高額チケット「VVIP1列席 アリーナ1列目」の価格は、破格の300万円。「VVIP2列席 アリーナ2列目」は200万円、「VVIP3列席 アリーナ3列目」は100万円と、チケット価格も“世紀の一戦”らしい価格となる。

 そのほか、「VIP席 アリーナ4~10列」が30万円、「SRS席 アリーナ11~25列」が10万円、「RS席 26~40列」が5万円など。

 発売はイープラス先行抽選が9日正午から。一般発売は5月1日午前10時からスタート。

 対戦を熱望されながらも、さまざまな障害で実現できていなかった同カード。天心がボクシング転向のため今年4月にキック引退を発表していたことから、実現は幻になるかと思われたが、天心がキック引退を延期することにより昨年12月に電撃的に決定した。
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/21965186/

日本人の半数が年収300万円以下…「預けるお金さえない」、それでも資産形成を進めろの無茶ぶり

約半数が年収300万円以下…貯蓄するのも贅沢

国税庁が毎年発表する『民間給与実態統計調査』によると、会社員の平均給与は433万円。コロナ禍で企業業績が悪化したこともあり、2年連続の前年割れとなりました。

バブル期までは「給与は毎年あがる」が常識でしたが、いまや過去の話。現在の給与水準は、ちょうど1990年当時と同じくらいです。

また給与分布をみてみると、「300万円未満」が44.9%。この日本には給与が300万円に満たない人たちが、半数近くもいます。
https://news.yahoo.co.jp/articles/7037eae0ad5be0edc1ffd342f6ecc2a562c146ba

【『THE MACTH 2022』那須川天心vs武尊 “世紀の一戦”最前列チケットは300万円!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/05(火) 20:56:26.74 ID:CAP_USER9
4/5(火) 20:11
スポニチアネックス

魔裟斗 那須川天心RISEラストマッチを振り返る!6月の武尊戦がより楽しみになった理由とは

 元K―1世界王者でタレントの魔裟斗(43)が5日に自身のYouTubeチャンネルを更新。キックボクシング40勝無敗でRISE世界フェザー級王者の那須川天心(TARGET/Cygames)のRISEラストマッチを振り返った。

 那須川のRISEラストマッチの相手は昨年行われた「RISE DEAD OR ALIVE2021 ―53kgトーナメント」で優勝した同門の風音(TEAM TEPPEN)だった。試合は那須川対策をしっかりしてきて積極的に前に出てくる風音に苦戦する場面もあったが那須川は3Rを上手く戦い終えて判定2―0で勝利を収めた。

 まず魔裟斗は風音の印象について「脚を使いながらステップワークを使って、パワーはないけど戦いにくい選手」と話した。1Rはステップワークを使いながらパンチを当ててくる風音に天心は熱くなっていたという。「天心は結構大振りで捕まえにいこうとするけど、大振りになって捕まえようとすればするほど風音のペースになっていくんだよね。上手く戦えずとにかくイライラしてたね」と解説した。

 しかし2Rの途中から那須川の動きが変わった。「1Rは大振りになってたけど、2Rの途中からパンチを小さく速くっていうのに変えたね。そこから天心の攻撃が入るようになってきた。3Rは風音が前に出てきたから天心はいつものカウンターで攻撃を当ててたね。胴回し回転蹴りを出してたけどあれは効いたね。あれでポイントを取ったなと思った」と3Rのターニングポイントは天心の胴回し回転蹴りだと語った。そして試合中に戦い方を修正できるのが那須川の強さでもあり、今回の判定も妥当だったと話した。

 この試合を見て那須川が調子悪いのではなく那須川と風音の相性が単純に悪かったと話し、6月に那須川が対戦する武尊も風音と対戦した場合には同じ感じになると予測しながらも「武尊だったら強引に距離を詰めて自分の距離にしてるかもね」と話した。

 「この試合の結果を見て、天心が次の6月に武尊に勝てないんじゃないかというのはそれは違うことだね。武尊と風音ではタイプが違うからね。だから武尊が負けるって言っているわけではない」と持論を展開し、「今回の天心も2月の武尊のエキシビションもお互い前哨戦はあまりいい動きじゃなかったよね。納得できる試合じゃなかったというか。でもこういう試合の方が気も引き締まり、次の試合に向けてリセットできるというか逆に次の試合が楽しみになった」と那須川と武尊の前哨戦を見終わって、6月19日の世紀の一戦がより楽しみになったようだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220405-00000243-spnannex-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/88d232e9747d57b002868e7af828c383530b849f

【元K-1世界王者・魔裟斗 那須川天心RISEラストマッチを振り返る!6月の武尊戦がより楽しみになった理由とは】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/04(月) 05:36:56.71 ID:CAP_USER9
4/4(月) 5:15配信
東スポWeb

「決戦の日」が迫る武尊(左)と那須川(東スポWeb)

 世紀の大一番に、まさかのビッグネームも登場か――。〝キック界の神童〟こと那須川天心(23)とK―1のエース・武尊(30)の「キック頂上決戦」が、日に日に盛り上がりを見せている。大決戦は6月19日に東京ドームで行われることが発表されたが、両雄は東京・国立代々木競技場第一体育館で2、3日と続けてリングに立ち、決意を表明。そうした中で水面下では、スーパーマッチを見届けるべく超大物2人が「特別立会人」に浮上している。

 武尊は3日に行われた立ち技格闘技「K―1」の年間最大興行「K’FESTA.5」(国立代々木競技場第一体育館)で、休憩明けにリングに登場した。

 マイクを持つと、6・19決戦に向けて「長年期待されていて格闘技ファンみんなが待ち望んでいた試合だと思うので、最高の試合で『K―1が最強』というのを僕が証明したい」と決意を表明。続けて「K―1ファンの皆さまの気持ちを背負って、人生かけて、全てかけて、絶対勝ってくるんで、みんなで応援してもらえたらうれしいです」と力を込めた。

 一方の那須川も前日2日に同じ会場でリングに立った。こちらはホームリング「RISE」の卒業マッチで同門の風音と対戦。父の弘幸会長も敵に回して苦戦を強いられ、判定2―0での辛勝に「気持ちで揺さぶられているようじゃ、そういう世界で勝てる試合じゃないと思うんで。意識を張るというか、揺さぶられない試合をしたい」と厳しい表情。それでも弘幸会長を一度敵に回したことで新たな課題や弱点を発見することにつながったとして「いいものを手に入れられたかなとは思っています」と話した。

 試合に向けて白熱する両雄に導かれるように、東京ドーム大会のアンダーカードへの出場を希望する選手も続々現れている。2、3日には両団体の選手が互いの大会を視察に訪れるなど〝対抗戦〟の火までつき始めたようだ。

 そうした中で浮上しているのが、ビッグマッチにふさわしい「特別立会人」だ。メガイベントの関係者は「世紀の一番にふさわしい格闘技界の大物やレジェンドに、試合に立ち会ってもらったらどうかというプランがあります」と明かす。

 その候補の1人は、言わずもがな〝燃える闘魂〟アントニオ猪木氏(79)だ。偶然にも那須川VS武尊は、猪木氏がボクシング世界ヘビー級王者モハメド・アリと戦った「世紀の一戦」と同じ6月(1976年)に行われる。格闘技の礎を築いた猪木氏だけに「猪木さんに立ち会っていただけたら一番でしょう」(同関係者)。ただし現在は「全身性トランスサイレチンアミロイドーシス」で闘病中のため、立会人が実現するかは猪木氏の健康状態が大きく左右しそうだ。

 さらには、2018年大みそかに那須川とエキシビションマッチで対戦したボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(45)の名前も挙がる。関係者によれば、メイウェザー自身もこのドーム決戦に熱視線を送っており、自ら「試合を見届けたい」とラブコールを送っているようだ。こちらは入国というハードルがあるため新型コロナウイルスの感染状況に影響されるが…。

 他にもビッグネームが挙がっている模様で、世紀の一戦はその周囲も含めて過熱していきそうだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220404-04105868-tospoweb-000-7-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/ba311dccb5028f7a1b2b4116d72f0d02f4824aa8

【那須川vs武尊〝6・19東京ドーム決戦〟 特別立会人に浮上した超大物の「名前」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/01(金) 20:13:40.88 ID:CAP_USER9
4/1(金) 18:30配信
東スポWeb

那須川天心(左)と武尊(東スポWeb)

〝キック界の神童〟那須川天心(23)対K―1のエース・武尊(30)の「キック頂上対決」が、6月19日に東京ドームで開催されることが正式決定した。

 K―1の中村拓己イベントプロデューサー、RIZINの榊原信行CEO、RISEの伊藤隆代表が名を連ねるイベント実行委員から1日に発表された。

 2人の対戦は昨年12月24日に発表され、その後に日程、場所の候補地の絞り込みをした結果、6・19東京ドーム開催に決まったという。

 なお、イベントのタイトル、その他のカード、券売情報、那須川 vs 武尊のルール等は決まり次第発表される予定だ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220401-04101347-tospoweb-000-5-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/bba2d5857f7257ad8599a2582e26fc3b9ef17a8f

【那須川天心 VS 武尊 “キック頂上対決”は6月19日東京ドーム開催に決定】の続きを読む

このページのトップヘ