SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

キックボクシング

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/25(木) 20:52:28.64 ID:CAP_USER9
11/25(木) 18:11配信
東スポWeb

皇治(東スポWeb)

〝キック界のドン・ファン〟こと皇治(32)が、大みそかに向けて練習を再開したことをツイッターで報告した。

「負ければ引退」を公言して臨んだ20日のRIZIN沖縄大会で、祖根寿麻に判定勝ちした皇治は「バリバリtraining。」とのコメントと共に、ミット打ちやバトルロープを使ったトレーニングをしている写真を掲載。試合前には「試合後3日だけいいよって、トレーナー陣から了承を得ているので、試合が終わったら沖縄で遊ぼうと思っています」と話していた皇治だが、驚くべきことに本当に3日で〝火遊び〟を終え、練習を再開した模様だ。

 沖縄では試合後、ユーチューバー・シバターに「大みそか制裁」を通告するなどしていたが、この日は「大晦日アイツとやりたいやん。 盛り上がるやん。 気合い入るやん。 己を信じてはりきろう。 団体関係なくなったらええな。 立技も盛り上がったらええな。」と意味深に思える言葉もツイート。勝って現役続行したドン・ファンから全く持って目が離せない。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211125-03821063-tospoweb-000-7-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/a7d8780fae4c53c9afabc6586122593d540bd083

【〝キック界のドン・ファン〟皇治が再始動で意味深ツイート「大晦日アイツとやりたいやん」「盛り上がるやん」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/22(月) 05:53:59.37 ID:CAP_USER9
11/22(月) 5:15配信
東スポWeb

皇治(左)とシバター(東スポWeb)

 異次元マッチの行方は――。格闘技イベント「RIZIN」で初勝利を挙げた〝キック界のドン・ファン〟こと皇治(32)が人気ユーチューバー・シバター(36)との対戦をぶち上げたことで波紋を呼んでいる。20日の「RIZIN.32」(沖縄アリーナ)で祖根寿麻に判定で勝利した勢いで名前を口にし、大みそか決戦での激突が有力視される。一見突拍子もないように見えるカードには、果たしてどんな意味があるのか。〝キーマン〟を直撃した。

 引退をかけて祖根とキックルールで対戦した皇治は、相手のタフネスにてこずりながらも3ラウンド(R)にダウンを奪い判定3―0で勝利した。衝撃の発言は試合後だ。戦前から大みそかに戦いたい〝意中の相手〟がいることをにおわせていたが、ついにその名前を口に出したのだ。

「ウソばかりついて、つくり話で金稼いで、階級が下のやつばかりにケンカ売って、同階級とはようやらんファイターになりきれん男とどっちがかっこいいですかね。おい、ウソこきシバター、かっこ悪いことばかりせんと男らしく試合やろうや」

 この提案を受けたRIZINの榊原信行CEOは意外にも前向きだ。「勝負論がある形で大雅とかとやるのも一つだとは思うけど、大みそかは『格闘技』というコンテンツで紅白や民放各局と視聴率競争の中に立つことになりますから。そこでは『名前と顔が一致する選手が何をするのか』が問われる」と、対世間を意識した上でも価値あるカードだと認める。

 その上で「地上波向けに皇治とシバターは組んだほうがいいのか(それぞれ違う相手と対戦して)縦に並べたほうがいいのか。ルールとか体重差もあるので、そこはしっかり考えなくてはいけないと思います」と話した。

 一方、選手の立場から皇治の背中を押すのが、天敵の〝バカサバイバー〟青木真也だ。まずは「祖根に1ダウンの判定勝ちっていうのは厳しいよ。(租根は)総合格闘技の選手なんだから。もう皇治のアニキはキックボクサーとして徳俵まで来てる。いや、もう徳俵から半分出てるんじゃないか」と冷や水をぶっかける。

 さらに「シバターとやるならMMA(総合格闘技)ルールでしょ。これをきっかけにMMAに来ればいい。アニキも復活できるから。幅が広がるよ。選手としてかって? いや『おもしろ芸人枠』として」と毒ガスを噴射した。

 皇治は那須川天心、武尊の両雄と戦い、抜群の知名度を誇る一方、キックという枠の中ではテーマが見つかりにくくなっているのも事実。だが、シバター戦をきっかけにMMAに転向すれば、新たな道が開けると言いたいのだ。「だからアニキは俺のところに、『青木再生工場』に来い。そこで〝床運動〟を教えてやるから」としゃがれた声で呼びかけた。

 当のシバターは自身のユーチューブチャンネルを更新し「ちょっと遅い。11月の頭に皇治が『やらない』と言っていた。12月に営業仕事をたくさん入れているので出られないですよ」と対戦拒否の構えを見せるが…。

 RIZINのプロフィルでは皇治が173センチ、61キロで、シバターは180センチ、94キロ。体格差が歴然とする中で、主催者、選手からも猛プッシュされる異次元マッチ。注目を集めそうだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211122-03813296-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/541b595ab70be79e0b24ab75be5a67dc7f75290b

【「 “床運動” を教えてやる」皇治 VS シバター 年末実現へ…キーマン動く!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/20(土) 20:12:28.91 ID:CAP_USER9
11/20(土) 20:07配信
デイリースポーツ

 「RIZIN.32」(20日、沖縄アリーナ)

 元K-1の皇治(32)=TEAM ONE=が元修斗環太平洋王者の祖根寿麻(33)=ZOOMER=とキックボクシングルール62キロ契約3分3回戦で対戦し、3-0の判定で勝利。RIZIN参戦5戦目で初白星を挙げた。

 皇治は6月大会で行われたキックボクシングルールのワンナイトトーナメント決勝で白鳥大珠(TEPPEN GYM)に敗れた後に引退を示唆したが、後に現役続行を表明。再起をかけたこの試合は「オレは負けたら終わり。引退と決めてる」との思いで臨んだ。

 相手の祖根は地元沖縄出身で総合格闘技の修斗が主戦場ながら打撃も得意。皇治の対戦相手募集に真っ先に立候補した。その祖根に対し、皇治は初回、プレッシャーをかけながら、ふくらはぎを狙うカーフキックを中心に攻め、ボディーへのヒザ蹴りなども突き刺して優位に試合を進めた。

 2回、皇治はプレッシャーを強め、距離を詰めてのパンチの連打、左ボディー、右のローなどで攻め込む。打ち返す祖根も手数は及ばなかったが、終盤に右アッパーをヒットさせてチャンスをつかんだかに見えたが、ものにできなかった。

 3回、祖根も積極的に前に出て打ち合いに発展したが、皇治は冷静にカウンターの右左フックをヒットさせてダウンを奪う。その後はひるまず前に出る祖根と接近戦を演じ、皇治は左フックを突き刺すなど攻勢に出る。終盤には皇治の左アッパーがロープローとなって試合が中断したが、再開後は祖根のパンチも2度、3度とヒット。2人は最後まで激しく打ち合い、皇治が判定で押し切った。

 土壇場で踏みとどまった皇治はリング上で安どの笑みを浮かべ、「いやー、人生うまいこといかないですね。でも一つだけ言いたいことがあります。人生うまくいかなくても、自分はK-1から武尊にケンカ売ったり、RIZINの天ちゃん(那須川天心)にケンカ売ったり、自分は不器用で大したことないですけど、まっすぐに自分の信じた道を貫いてきました」と熱弁。続けて、「でも、そんな人生と、ウソばっかりついて、作り話して金稼いで、階級下の奴ばかりにケンカ売って自分の同階級とようやらん、ファイターにもなりきれん、男とどっちがカッコイイですかね。おい、ウソこきシバター、カッコ悪いことばかりせんと男らしく試合やろうや」と舌戦をくり広げているユーチューバーで格闘家のシバターに宣戦布告した。他にも大雅らの名も挙げ「オレはだれでもええですよ。オレは逃げも隠れもしません」とアピールした。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211120-00000108-dal-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/7d0b1b3065461c016265efc88f91c5c67cc6031e

【RIZIN.32 皇治が判定でRIZIN初白星!シバターに宣戦布告「ウソついて金稼いでる」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/18(木) 21:44:39.41 ID:CAP_USER9
〝キック界のドン・ファン〟こと皇治(32)が完全変身を予告した。

 格闘技イベント「RIZIN.32」(20日、沖縄アリーナ)の出場選手インタビューが18日にオンラインで行われた。祖根寿麻と対戦する皇治は試合に向けて「やる気満々です。(相手の印象は)何もないです。どんな勝ち方をしたいか? 圧倒ですよ。完封して当たり前と思っているので仕事をしようと思っています」と闘志をみなぎらせた。

 6月大阪大会のトーナメントでは1回戦がバッティングによる無効試合に終わり、決勝戦でも白鳥大珠に敗北。昨年のRIZIN参戦以降いまだ白星をつかめずにいる皇治は、トンネルを抜け出すべくボクシングの飯田裕トレーナーの指導も受けるなど柄にもなく練習漬けの日々を送った。

 飯田トレーナーとの練習を「めちゃめちゃ良かったです。初めてミット持ってもらった時なんて『お前は格闘技を初めて3日か?』って言われたんで(苦笑い)。怒ってもらうことも少なくなっていたので、充実した日々を過ごしてきました」。そして「全部変えました。同じことをやっていても仕方ないので。スタイルから何から。全部変えないとリングに上がる意味もないし。全部スタイルを変えて、新しい自分を見せられるように頑張ろうと思います」と自信をみなぎらせる。

 果たして、本当に彼は生まれ変わったのか。会見では最近850万円の腕時計を購入したことを明かし「バッティング? 向こうにヘルメット被ってきてもらおうと思って」と話すなど相変わらずなところもあったが、果たして…。

東京スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/d8bdbf651d5e93cd118cbef0916db484c2e99a06

【RIZIN.32 祖根寿麻と対戦する皇治「バッティング?向こうにヘルメット被ってきてもらう」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/22(月) 05:55:49.70 ID:CAP_USER9
11/22(月) 5:15配信
東スポWeb

才能が満ち溢れる広瀬すず(東スポWeb)

 女優の広瀬すず(23)が新境地開拓だ。

 今年も映画「いのちの停車場」や、主演ドラマ「ネメシス」(日本テレビ系)に出演するなど仕事は順調そのもの。来年には松坂桃李とのダブル主演映画「流浪の月」も控えている。

 そんな第一線で活躍する若手女優は、今月7日、14日と2週にわたって「情熱大陸」(TBS系)に出演したが、その中で4年前から通っているというキックボクシングジムでトレーニングに励む場面があった。

 テレビ関係者の話。

「広瀬さんはすっかりキックボクシングのとりこなんですよ。それもただのフィットネスではありません。トレーナーとマンツーマンで激しいスパーリングをこなし、マットに倒れ込むほどなんです。もともと、事務所の先輩の勝地涼さんに連れて来られてすっかりハマってしまったとか。仕事のない時はなんと朝・夜の2部練習をこなしたこともあるそうですよ」

 このジムは、医療施設が併設され、設備も充実。体のケアや食事のアドバイスなども行うとあって、入会金は3万3000円(税込み)、パーソナルトレーニングの料金は1回45分で1万3200円(同)になっている。

 広瀬は、もともとバスケットボールに熱中していただけに運動神経は抜群。体を動かすことも大好きなので、すぐにキックボクシングにのめりこんでいったという。

「相手を務めるトレーナーはムエタイのチャンピオン。広瀬さんはうまくパンチを上下に打ち分けたり、鋭いローキックをバンバン蹴るなど、動きは素人のレベルを超えているし、とにかく負けん気が強い。本格的にトレーニングすれば、格闘技界のスーパースターになれる逸材ですよ」(広瀬を知る関係者) 

 そのキュートなルックスからは想像できない一面にジム関係者も驚いているという。RIZINから出場オファーが届く日も近いかもしれない!?

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211122-03813422-tospoweb-000-6-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/28aafcad675467bf89c0bc24c66b614436e84e78

【女優の広瀬すず、格闘家に転身? 熱中するキックボクシングで「スーパースターになれる逸材」の評価】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/19(金) 05:57:24.87 ID:CAP_USER9 BE:654561681-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
11/19(金) 5:15
東スポWeb

【RIZIN】皇治「負けたら引退」公言も… 大みそか決戦に見据える〝意中の人〟とは 
復活ののろしを上げられるか(C)RIZIN FF
〝におわせ発言〟の矛先には? 格闘技イベント「RIZIN.32」(20日、沖縄アリーナ)で祖根寿麻(33)と対戦する〝キック界のドン・ファン〟こと皇治(32)がキレ味鋭い放言を連発した。RIZIN参戦から3敗(1ノーコンテスト)で崖っぷちの中で「負けたら引退」を公言して臨む背水の思いとは――。さらには大みそか決戦に向け〝意中の人〟の存在を示唆した。

 試合を目前に控え、取材に応じた皇治は珍しく真剣なトーンで「(狙いは)完封ですね。KOとかもありますけど、その上が完封だと思うので。何もさせずに終わろうかと思います」と話した。

 昨年9月に電撃参戦し、悲願の那須川天心戦が実現した。しかしここで判定負けを喫すると、同年大みそかには五味隆典にボクシングマッチで判定負け。さらに復活をかけた今年6月のキックワンナイトトーナメントでは疑惑のバッティング(頭突き)を連発し、梅野源治戦でノーコンテストになった後、白鳥大珠に判定負けした。

 この3連敗にはさしものドン・ファンも「ホンマに悔しいです。どん底ですよ」と唇をかむ。だからこそ、この再起戦に引退までかけて「本気ですよ。話題づくりだけじゃない。引退したら? そりゃもう、青年実業家ですやんか」と明かす。

 もちろん引退する気などさらさらない。試合に向けて「RIZINでもK―1でも見せたことがない新たな俺を見せますよ。スパーも全部で50ラウンドくらいして。原点に戻って、大阪時代に所属していたジム『S.F.K』にも行きました」。なんとライフワークについても「女遊び? 封印してますよ。試合後3日だけ(遊んで)いいよって、トレーナー陣から了承を得ているので、試合が終わったら沖縄で遊ぼうと思っています」とにわかには信じられない言葉を口にした。

 負ければ引退だが、勝てば大みそかにつながる。皇治は「今は〝敗者に口なし〟やと思っていて、『次に誰とやる』とか言う権利はないと素直に思っているんで…」と前置きした上で「ただ、完全復活に向けての調整試合をしっかりクリアして、リングの上でしゃべりたいことはいっぱいあるんで」と〝意中の相手〟の存在を示唆した。

 そこで食い下がると「ボビー(オロゴン)が出てきても壊されるからようやらんと裏でRIZINに泣きついといて、俺にケンカを売っているヤツがいるんで。そういうヤツに男というものを教えてやろうと。そんなファイターになりきれんような相手、興味ないですが、うそ話ばかりで周りを巻き込み、ホンマみたいになってるのがおかしいんでね」と憤慨。その上で「俺も今まで散々ケンカを売ってきましたけど、その時はいつも(ルールなど)相手に合わせてきましたから。天心とやった時は団体も移って体重も58キロまで落としましたし。五味選手もヒザのケガからか『蹴りなしでやりたい』って言われたけど受けたし、言う通り同じグローブでやりましたし。それが男の美学やと思うので」と続けた。

「モテてしゃあない」男の次の狙いとは…。それを口にするためにも、沖縄の地で復活ののろしを上げたいところだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211119-03807008-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/d3b05f5b54d36231ed754c38d4b787eeb2837ed1

【RIZIN.32 皇治「負けたら引退」公言も… 大みそか決戦に見据える〝意中の人〟とは】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/14(日) 20:26:10.98 ID:CAP_USER9
11/14(日) 18:52配信 ゴング格闘技
https://news.yahoo.co.jp/articles/cb77058c4348701b7683264029693fb5049bf77a

 2021年11月14日(日)丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催された『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2021 OSAKA』のリングに、RISE世界フェザー級王者・那須川天心(TARGET/Cygames)が上がり、“キックボクシング卒業マッチ”を2022年4月2日に行うことが発表された。

 この試合はRISE年間最大のビッグマッチとして位置づけられている『RISE ELDORADO』で行われる。この試合を最後に、那須川はボクシングへ転向することを表明している。

 那須川はマイクを持つと「僕のキックボクシングの試合も残り2試合となりました。RISEで僕はデビューして育ててもらい、そこからいろいろな団体に出させてもらったんですが、いろいろな思い入れがあるというか、こうして活躍していけたのもRISEの皆さんのおかげだと思うので、しっかり恩返しをしてキックボクシングの最後を代々木で飾りたいと思います。相手は決まってないんですが、僕の希望としてはロッタンともう1回やりたいと思っています。いろいろな契約とかあると思いますが、最後にふさわしい試合をしてキックボクシングの最後を飾りたいと思います」と、2018年6月17日にRISEで対戦したロッタンと決着をつけたいと希望した。

 2018年の那須川とロッタンの試合は、3分5R戦っても決着がつかず、延長戦で那須川が判定3-0で辛勝している。

【RISE世界フェザー級王者・那須川天心が“卒業マッチ”の相手にロッタンを指名! 4月2日・国立代々木競技場第一体育館】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/02(火) 06:53:02.79 ID:CAP_USER9
11/2(火) 5:15配信
東スポWeb

激論を交わした青木(左)と皇治(東スポWeb)

 格闘技界が誇る〝炎上ツートップ〟が緊急合体だ。DDTの路上プロレス(東京ドーム)でプロレスデビューした〝キック界のドン・ファン〟こと皇治(32)と〝バカサバイバー〟青木真也(38)が初となる紙上対談に臨んだ。業界きっての水と油の関係で、隙あらばSNS上で〝口撃〟し合っている2人がかわした、斬り合いのような会話の中身とは? さらに年末の実現が期待されながら、宙に浮いたままの〝キック界の神童〟那須川天心VS〝K―1エース〟武尊による「頂上決戦」について私見をぶつけ合った。

 ――皇治選手は格闘技イベント「RIZIN.32」(20日、沖縄アリーナ)で元修斗環太平洋バンタム級王者の祖根寿麻との対戦が決定。それまで対戦相手を募集していた

 青木 いろいろ名乗りを上げられてたじゃん。甘いと思われてるんだろうね。おいしい、甘い蜜だと。

 皇治 そうでしょうね。まあ、俺が逆の立場でもやりたいですもん。

 青木 大事なことだから確認しておきたいんだけどさ、タナカコウジ(皇治)は強いの?

 皇治 正直、K―1辞めるまでは強かった。そこからお酒を飲んで、女の子と遊びすぎて弱なったんですよ。せやけど、最近めちゃくちゃ原点回帰したんで。今、強いです。さっき青木さんに映像見せたでしょ。

 青木 なんかスタイル変わってたよ。今まで打ち合いしてたけどさ、それが違いました。足なんか使っちゃって。

 皇治 俺、昔は「テクニシャン」言われてたんですから。K―1辞めてからおかしくなったんです。(2016年に)K―1に出る前は相手に顔触らせへんので有名やったんですから(笑い)。次の試合、楽しみにしてください。これからは〝皇二〟。今までは〝皇一〟やったんですよ。第2章が始まったんです。

 ――青木選手の次戦は秋山成勲戦が流れて未定という感じですね

 青木 そう。早く戦いたいです。元気だから。

 皇治 じゃあ、沖縄一緒に出ましょう。パパっと行って、パパっと勝って打ち上げして帰ってくればいい。

 青木 それ新しい皇治じゃねえじゃん。昔ながらの皇治じゃん。

>>2
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211102-03766009-tospoweb-000-6-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/1617fec1c9018a58b182754f51cdfdbb2a8e4db6

【〝炎上ツートップ〟が那須川VS武尊で激論 青木真也「やらなくていい」皇治「キック界のために実現を」】の続きを読む

このページのトップヘ