SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

相撲

1: 名無しさん@恐縮です 2024/07/15(月) 19:59:19.44 ID:3+yWcdno9
https://hochi.news/articles/20240715-OHT1T51042.html
2024年7月15日 9時49分
スポーツ報知

◆大相撲 ▽名古屋場所2日目(15日・ドルフィンズアリーナ)

 元幕内で西序ノ口13枚目・炎鵬(伊勢ケ浜)が、7場所連続休場明けの土俵で黒星を喫した。日大出身で同14枚目の清水海(境川)との一番は、立ち合いで両者の頭同士が激しくぶつかり合った。いなされて体勢を崩されると、上手出し投げで勝負あり。脊髄損傷で十両だった昨年夏場所を10日目から途中休場。本場所の土俵は同9日目(5月22日)以来、420日ぶりとなる復帰戦だった。「最高ですね。相撲は最低でしたけど」と汗を拭いながら振り返った。首の大けがを恐れず、正面から堂々と当たって行く内容だった。「今日まで自分がやってきたことを皆さんに見せられたらと思って、何が何でもまっすぐ行こうと思っていました」と覚悟の強さを見せた。

 当初は医師から「すぐ手術するしかない。日常生活に戻るために相撲は諦めてください」と宣告され、当時師匠だった宮城野親方(元横綱・白鵬)からも「今までよくやった」と声をかけられたほど復帰は厳しい状況だった。それでも「無理と言われるとやりたくなる性格」と諦めずにリハビリを重ね、「相撲を取れるまでにようやくなった感じです」と不死鳥のように土俵へと戻ってきた。

 リハビリに励んでいたときの心境を問われると、思わず涙を流す場面も。「言葉がないですね。皆さんに感謝しかないです」と声を詰まらせた。「相撲は自分の生きがいです。相撲がなければ今の自分はなかった。相撲に生かされているような感じですね」と感慨深げ。首の大けがだっただけに、常に不退転の決意を持って日々、臨んでいる。「もしかしたら明日が最後になるかもしれない。その日その日を後悔しないように、この気持ちを忘れずにやっていきたいと思います」と決意を込めた。

 最高位で東前頭4枚目だった番付は、西序ノ口13枚目まで降下したが、人気小兵力士がここから再起を狙う。

【大相撲名古屋場所 元幕内・炎鵬、420日ぶり土俵に涙「相撲は生きがい」 脊髄損傷で7場所連続休場からの復帰戦は黒星】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/07/14(日) 22:35:35.00 ID:ygqh1uWf9
https://hochi.news/articles/20240714-OHT1T51219.html
2024年7月14日 19時11分
スポーツ報知

◆大相撲 ▽名古屋場所初日(14日・ドルフィンズアリーナ)

 2場所連続休場明けの横綱・照ノ富士(伊勢ケ浜)が、3場所ぶりに白星発進を飾った。立ち合いから新小結・平戸海(境川)に左前まわしを許し、左で抱える体勢になった。それでも右をねじ込んで、相手の左前まわしを切った。その後も前へ圧力をかけながら平戸海の体をじわじわと起こした。肩越しに左上手をつかむと、最後は寄り切った。

 支度部屋では「立ち合いもしっかり当たれていないし、まだ足腰がばたついている。相撲を取る稽古があまりできていないのが、そういうところで出たんじゃないかと思います」と反省が口をついた。ただ休場明けの初日でしっかり勝利を手にしたことには「白星も大事ですし、相手というより自分との闘いなので」と、うなずいた。

 この日は琴桜(佐渡ケ嶽)、豊昇龍(立浪)、貴景勝(常盤山)の3大関が敗れ、2場所続けて初日に大関陣総崩れとなった。先場所の初日は1横綱4大関が全員敗れる大波乱のスタート。初日に出場した5人以上の横綱、大関陣が総崩れするのは、昭和以降初の事態だった。それだけに照ノ富士は「初日だし、今日はちゃんと締めたいと思っていました」と結びで最高位が意地を見せる形となった。

【大相撲名古屋場所・初日 照ノ富士、3場所ぶりの白星発進 3大関総崩れも横綱が結びで意地「初日だし今日はちゃんと締めたいと」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/07/14(日) 22:33:37.48 ID:ygqh1uWf9
NHKの大相撲解説者で、昨年春場所から8場所連続で解説を休んでいた北の富士勝昭さん(元横綱)が、幕内の前半戦の取組が終了したところでVTR出演した。北の富士さんは「お久しぶりです」とあいさつ。「今場所は(新関脇の)大の里が楽しみ。一緒に楽しみましょう」と元気な姿を見せた。VTR終了後、アナウンサーは「今場所の北の富士さんの解説はなく、東京でテレビ観戦されます」と説明した。

https://hochi.news/articles/20240714-OHT1T51178.html
2024年7月14日 17時15分
スポーツ報知

【北の富士さんがVTR出演「お久しぶりです」 NHKの大相撲名古屋場所中継で 今場所も解説は休み】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/07/01(月) 06:53:17.49 ID:POwOwuOl9
スポニチ[ 2024年7月1日 06:00 ]
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2024/07/01/kiji/20240701s00005000025000c.html

 日本相撲協会は1日、大相撲名古屋場所(14日初日、愛知・ドルフィンズアリーナ)の新番付を発表した。

 春場所で110年ぶりの新入幕優勝を果たした尊富士(25=伊勢ケ浜部屋)は、東十両2枚目だった。右足首靱帯損傷で夏場所を全休し、東前頭6枚目から一気に番付降下。幕内優勝経験者が十両に転落するのは昨年秋場所の若隆景以来史上19人目で、優勝からわずか1場所は史上初。初土俵から所要10場所という史上最速優勝(付け出しを除く)の歴史的偉業から一転、史上最速での十両転落となった。

 尊富士は、東京の部屋で稽古していた6月22日までには実戦稽古は再開できておらず。「これから(名古屋)場所に合わせていければ」と出場への意欲を見せていた。休場中も上半身や体幹のトレーニングには精力的に取り組んでおり、胸筋や肩周りの筋肉は一段と厚みを増していた。

【大相撲名古屋場所番付発表、尊富士は十両2枚目 史上最速優勝から一転、史上最速1場所で十両転落】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/07/01(月) 06:51:17.27 ID:POwOwuOl9
スポニチ2024年7月1日 06:00
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2024/07/01/kiji/20240701s00005000029000c.html

 日本相撲協会は1日、大相撲名古屋場所(14日初日、愛知・ドルフィンズアリーナ)の新番付を発表した。

 脊髄損傷の大ケガで昨年夏場所途中から7場所連続休場中の元幕内・炎鵬(29=伊勢ケ浜部屋)は、西序ノ口13枚目だった。三賞受賞経験者の序ノ口転落は、舛ノ山、旭大星に続いて史上3人目。その中でも最も低い地位まで番付を下げた。

 舛ノ山は東序ノ口11枚目に番付を下げた16年秋場所で7戦全勝の序ノ口優勝を果たし、1年半後には幕下まで番付を戻した。旭大星は西序ノ口5枚目に番付を下げた22年九州場所から3場所連続で6勝1敗とし、復帰から4場所で幕下まで番付を戻した。

 幕内経験者が序ノ口まで番付を下げた後に関取復帰を果たせば史上初となる。脊髄損傷の大ケガから競技復帰という前例のない闘いに挑む炎鵬が、史上最大のカムバック劇を起こすことができるか。名古屋場所の出場可否は不明だが、7場所ぶりに土俵に帰ってくれば大きな注目を集めることになりそうだ。

【大相撲名古屋場所番付発表、元幕内・炎鵬は序ノ口13枚目 三賞受賞経験者としては史上最も低い地位へ転落】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/09(日) 20:28:12.32 ID:Xh7gAY//9
スポニチ[ 2024年6月9日 19:48 ]
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2024/06/09/kiji/20240609s00005000508000c.html

 第103回東日本学生相撲選手権大会が9日、東京・両国国技館で行われ、22校が参加して争われた。
 Aクラス団体戦は、日体大が2年ぶり10度目の優勝を果たした。決勝の相手は、10年ぶりに決勝進出を果たした東農大。先鋒戦は、デルゲルバト(1年)に代わってクリストファー(3年)が満を持しての登場となったが、東農大の木下優希(3年)に寄り倒しで敗れ先制された。しかし、ここから二陣・杉本弘樹、中堅・依田蒼基の旭丘高校出身2年生コンビが積極的に前に出る相撲で取り返して王手。副将戦は、身長1メートル92、体重181キロの新川大楽(4年)が中に入られかけたが巨体を生かして上からつぶすように引き落として勝負を決めた。最後は大将のブフチョローン(4年)もしっかり勝って締めた。

 日体大の団体優勝は今季初。齋藤一雄監督は「今年1年間の中間地点を良い形で通過できたけど、課題がいっぱい見つかった」と反省点も挙げた。決勝に出場した5人は全員、高校時代の全国入賞経験がなく日体大で才能開花したメンバー。齋藤監督は「(二陣の)杉本はインターハイも出てないですから。高校で実績を上げてない選手もかなり力をつけてきてきたので、高校の指導者のおかげです」と感謝した。

 今月4日には、大相撲夏場所で史上最速優勝を果たした日体大出身の小結・大の里が母校を訪れた。現役の学生たちは、昨年の春まで在籍していた先輩から大会前に激励を受けたという。この日優勝を決めた副将の新川大楽は「プロで結果を残している身近な先輩に“東日本頑張れ”と応援してもらったので、結果につながってよかった」と話した。

 昨年優勝の日大は、予選1回戦で駒大に2―3で敗れる波乱のスタート。温存していた花岡真生(4年)と川上竜昌(4年)を予選2回戦から投入するも、予選3回戦では早大を相手に2―2の大将戦を同体取り直しの末に辛勝して2勝10点の予選4位で決勝トーナメントへ進んだ。準々決勝は拓大と対戦。またも2―2の大将戦となり、日大の里海斗(4年)が拓大の村山尊(4年)にはたき込みで敗れた。日大がベスト4進出を逃すのは、5年ぶりのことだった。

 ▽Bクラス団体戦 準決勝
駒大 3―2 専大
明大 3―2 早大

 ▽決勝
明大 3―2 駒大

 ▽Aクラス団体戦 準々決勝
日体大 5―0 明大
拓大 3―2 日大
東洋大 5―0 駒大
東農大 3―2 中大

 ▽準決勝
日体大 3―2 拓大
 デルゲルバト 上手出し投げ 児玉亮○
○杉本弘樹 突き出し 井ノ上豪志
 依田蒼基 押し出し 五島雅治○
○新川大楽 寄り倒し 谷内達哉 
○ブフチョローン 突き落とし 村山尊 

東農大 3―2 東洋大
○木下優希 押し出し 江連春樹 
 高橋透真 寄り切り 奥田史祐○
○佐藤貴規 押し出し 角田虎紀 
○石川剛 押し出し オトゴンバト 
 松澤魁人 小手投げ 三上大輝○

 ▽決勝
日体大 4―1 東農大
 クリストファー 寄り倒し 木下優希○
○杉本弘樹 寄り切り 高橋透真 
○依田蒼基 押し出し 佐藤貴規 
○新川大楽 引き落とし 石川剛 
○ブフチョローン 押し出し 松澤魁人 

【<第103回東日本学生相撲選手権>団体戦は日体大が2年ぶり10度目の優勝!大会前、先輩・大の里の激励が力に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/08(土) 21:32:41.13 ID:5KIh54fW9
スポニチ[ 2024年6月8日 14:43 ]
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2024/06/08/kiji/20240608s00005000339000c.html

 昨年名古屋場所限りで現役を引退した大相撲の元幕内・千代の国(佐ノ山親方、33=九重部屋)の断髪式が8日、東京・両国国技館で行われた。
 
 千代の国の兄で、Netflixの配信ドラマ「サンクチュアリ―聖域―」に出演した俳優としても知られる元幕下・千代の眞の澤田賢澄(37)は欠席。4月20日に脳幹出血で搬送され意識不明の状態が続いていたが、入院治療中の現在は奇跡的に目が開いて声掛けに反応できるまで回復してきたという。

 断髪式の名簿「断髪者一覧」には「澤田賢澄」の名前。欠席することは承知の上で、千代の国本人の強い希望によって「澤田賢澄様」と場内放送で呼び上げられた。すると千代の国は、闘病中の兄を思い、涙。館内からは大きな拍手がしばらく鳴り止まなかった。

 当初は「千代の国最後の一番」で、千代の国と澤田賢澄による兄弟対決が実現する予定だったがそれはかなわず。代わりに、千代の国が締め込み姿で胸を出す「最後のぶつかり稽古」が行われた。

 稽古まわしで土俵に上がってぶつかったのは、元幕内の幕下・千代ノ皇(33)、十両・千代栄(33)、千代丸(33)、千代翔馬(32)の4人。千代の国は胸を真っ赤にしながら現役力士たちの強い当たりを笑顔で受け止め、最後の締め込み姿をかみしめた。

 ◇千代の国 憲輝(ちよのくに・としき)本名=澤田憲輝。1990年(平2)7月10日生まれ、三重県伊賀市出身の33歳。中学卒業後に九重部屋に入門し、06年夏場所で初土俵。11年名古屋場所で新十両。12年初場所で新入幕。その後は両膝、踵、肩、三角筋など度重なるケガに苦しんだ。それでも不屈の闘志で、幕下以下への転落からの幕内返り咲きを2度も成し遂げた。十両だった23年夏場所「両膝半月板損傷、左変形性膝関節症」で途中休場。翌名古屋場所で幕下に転落し、休場したのちに引退を発表した。幕内在位34場所。敢闘賞2回。金星1個。十両優勝3回。幕内成績199勝216敗95休。通算成績539勝452敗180休。

【元幕内・千代の国 断髪式で“力士俳優”澤田賢澄の名前呼ばれ涙…脳幹出血で入院中「最後の取組」かなわず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/04(火) 17:00:40.23 ID:xmOY9zd39
[ 2024年6月3日 14:55 ]

 6月1日付で二所ノ関部屋から独立した中村親方(元関脇・嘉風)が3日、新しく興した「中村部屋」へ弟子たちを引き連れて引っ越した。

 中村部屋の所在地は、東京都墨田区両国1丁目にある旧陸奥部屋の跡地。茨城県阿見町の二所ノ関部屋は全44部屋で最も両国国技館から遠かったが、中村部屋は逆に最も国技館から近い部屋となる。

 二所ノ関部屋は国技館から直線距離で約48キロ。所要時間は電車を乗り継いで約1時間半だった。中村部屋は、力士たちが出入りする国技館の南門から直線距離で約130メートル。信号に引っかからなければ2分以内に着くことも可能になった。
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2024/06/03/kiji/20240603s00005000414000c.html

【元嘉風の「中村部屋」新天地は旧陸奥部屋の跡地 国技館から“最も遠い部屋”が“最も近い部屋”に】の続きを読む

このページのトップヘ