SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

相撲

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/18(月) 18:06:29.76 ID:CAP_USER9
◇大相撲名古屋場所9日目(2022年7月18日 ドルフィンズアリーナ)

大相撲名古屋場所は18日、9日目の取組が行われ、2場所連続優勝を狙う横綱・照ノ富士(30=伊勢ケ浜部屋)は遠藤を下し4連勝。7勝2敗とし首位タイをキープ。
7人が並んでいた大混戦の首位グループからは、親方のコロナ感染により休場となった一山本のみが“脱落”することになった。

照ノ富士、逸ノ城、一山本、錦富士、錦木、翔猿、琴ノ若の7人が首位タイで並ぶ大混戦は一山本が放駒親方(元関脇・玉乃島)の新型コロナウイルスにより休場となる不運な“アクシデント”が発生。
9日目は同じ2敗で並ぶ錦富士との直接対決となっていたが無念の不戦敗となり3敗目。
錦富士は戦わずして7勝目を手にすることになった。

他の首位グループの平幕勢では錦木が翠富士を極め出しで下し、2敗をキープ。翔猿は志摩ノ海をはたき込みで下した。
逸ノ城は霧馬山を寄り切りで下し連敗ストップ。琴ノ若は関脇・若隆景を寄り切って7勝目。
一山本以外の5人が揃って白星を挙げた。

前日に前代未聞の“まわし待った”で組み直しから3連勝を飾った横綱・照ノ富士は結びの一番で平幕・遠藤に勝利。4連勝を飾り、
平幕勢5人と並び首位タイのまま10日目を迎えることになった。

スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/979c4d67c52c2f08a4003b5e42c9d3eff1efc3ff

星取表
https://hochi.news/feature/sumo/

【大相撲名古屋場所・9日目 照ノ富士4連勝! 7人が首位に並ぶ大混戦は一山本のみが不運の“脱落”】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/17(日) 18:33:35.69 ID:CAP_USER9
名古屋場所で前代未聞の再開劇 「まわし待った」通じず 照ノ富士が若元春制しトップ並ぶ…2敗7人の大混戦

◆大相撲 ▽名古屋場所8日目(17日・ドルフィンズアリーナ)

 結びの横綱・照ノ富士(伊勢ケ浜)と、東前頭4枚目・若元春(荒汐)の一番で珍事があった。長い取組となった途中で、若元春のまわしが緩んでいたため、立行司・式守伊之助がまわし待ったをかけた。
だが動き始めていた若元春が気がつかず、力を緩めた照ノ富士を一方的に寄り切った。

 さすがの照ノ富士は納得のいかない表情。ただ物言いがつき、協議の結果、佐渡ケ嶽審判長(元関脇・琴ノ若)が「行司がまわし待ったをしたときに動いてしまいましたので、まわし待ったの状態から取り直しといたします」と説明し、まわし待ったの状態から取り直しとなった。

 だが、動いていた状態だっただけに、寸前の状況を再現するのが難しく、3分半以上も体勢の試行錯誤をしての再開となった。最後は照ノ富士が下手投げで若元春を下し、2敗を守った。

 単独トップだった西前頭2枚目・逸ノ城(湊)は、東同2枚目・琴ノ若(佐渡ケ嶽)に敗れ、1敗が消えた。

 トップは2敗で照ノ富士、琴ノ若、逸ノ城ら7人が並ぶ大混戦となった。

報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/fcb242eac68fdb15073b50bc56ac39665fc31fa9

【大相撲名古屋場所・8日目 結びで前代未聞の再開劇 「まわし待った」通じず大混乱 照ノ富士が若元春制しトップ並ぶ…2敗7人】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/16(土) 21:21:36.60 ID:CAP_USER9
[2022年7月16日13時34分]

<大相撲名古屋場所>◇7日目◇16日◇ドルフィンズアリーナ

東三段目16枚目和歌桜(27=春日野)が、大関経験者の西三段目22枚目朝乃山(28=高砂)に突き出しで負けて、勝ち越しを決められなかった。立ち合いから一気に土俵外へ持って行かれ「何もさせてもらえなかった。強かったです。三段目の当たりではなかった。当たった瞬間から差があった」と脱帽した。

朝乃山との取組が決まった時には「ついに当たったか」と覚悟したという。師匠の春日野親方(元関脇栃乃和歌)からは思い切りいくようにと言われ、朝乃山との対戦経験がある兄弟子で平幕の碧山と栃ノ心からは
「組むと強いからまわしを取らせないようにいけば何か起こせるかもしれない」とアドバイスをもらったというが完敗だった。「貴重な経験だったので無駄にはしたくなかった。あっという間に終わってもったいなかったです」と振り返った。

https://www.nikkansports.com/m/battle/sumo/news/202207160000384_m.html

【大相撲名古屋場所 朝乃山に完敗の和歌桜、立ち合いから一気「三段目の当たりではなかった。当たった瞬間から差が」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/16(土) 18:08:46.47 ID:CAP_USER9
◆大相撲 ▽名古屋場所7日目(16日・ドルフィンズアリーナ)

単独首位の西前頭2枚目・逸ノ城(湊)が初黒星を喫した。
カド番の大関・正代(時津風)に押し出され、全勝が消えた。
しかし、唯一の1敗だった西前頭6枚目・翔猿(追手風)が、東同4枚目・若元春(荒汐)にはたき込みで敗れて2敗に後退。
そのため、逸ノ城の単独トップは変わらなかった。

横綱・照ノ富士(伊勢ケ浜)は、西前頭3枚目・宇良(木瀬)をきめ出して5勝2敗とした。
大関・貴景勝(常盤山)は、小結・阿炎(錣山)に上手投げで敗れ、4勝3敗となった。

カド番の大関・御嶽海(出羽海)は、所属部屋から新型コロナウイルスの感染者が出たためこの日から休場した。
初のカド番で迎えた今場所は、夏場所で右肩を痛めた影響もあり、6日目まで2勝4敗と不振だった。
来場所の番付の扱いについては日本相撲協会審判部が協議するが、伊勢ケ浜審判部長(元横綱・旭富士)は「場所が終わってからですね」と
名古屋場所終了後に処遇を話し合う考えを示した。

スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/a333fc969607e32f2588b4904ae796938462a733

星取表
https://hochi.news/feature/sumo/

【大相撲名古屋場所・7日目 逸ノ城が正代に敗れ初黒星も単独首位は変わらず 照ノ富士は安泰 御嶽海はコロナ関連で休場】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/15(金) 18:09:22.58 ID:CAP_USER9
「大相撲名古屋場所・6日目」(15日、ドルフィンズアリーナ)

前頭二枚目逸ノ城(湊)がカド番の大関・御嶽海(出羽海)を圧倒し、唯一の全勝を守り、6連勝を飾った。
御嶽海は2勝4敗と苦しい戦いになっている。

横綱照ノ富士(伊勢ケ浜)は玉鷲(片男波)を引き落としで破り4勝2敗。
大関貴景勝(常盤山)も送り出しで宇良(木瀬)を下し、4勝2敗とした。
カド番の大関・正代(時津風)は力強いあたりから関脇大栄翔(追手風)を押し出して2勝目をあげた。

前頭六枚目の翔猿(追手風)が同八枚目錦木(伊勢ノ海)を下手投げで破り、1敗をキープ。1敗も翔猿だけとなった。

デイリースポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/11c3646c3f3de4b2e8c2b7038fbcba7ae07c9e17

星取表
https://hochi.news/feature/sumo/

【大相撲名古屋場所・6日目 逸ノ城が快進撃6連勝、大関御嶽海を圧倒 1敗も翔猿だけに かど番正代が2勝目】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/14(木) 16:01:22.29 ID:CAP_USER9
元小結の舞の海氏が大関貴景勝に苦言を呈した。

舞の海氏はこの日、NHKの解説を務めた。結び前の一番で貴景勝は、逸ノ城になすすべなく寄り切られたが物言い。取組の流れで逸ノ城にまげつかみの反則があったかの協議だったが、結果は「まげつかみはなかった」として、勝敗は軍配通りとなった。

解説の舞の海氏は手厳しく、貴景勝の土俵下でまげを触りながらアピールするような仕草を一刀両断。「(相撲内容は)完敗だったのに、大関としてあの仕草はどうか。まげ(つかみ)に頼っている印象を受けた」と断じた。

今場所も3大関は4日目を終えて、通算で5勝7敗。優勝争いを引っ張ることができていない現状もあり、厳しい言葉を発した。

https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/202207130000978.html

【舞の海氏、大関貴景勝の仕草を一刀両断「完敗だったのに、大関としてあの仕草はどうか」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/14(木) 18:00:55.94 ID:CAP_USER9
「大相撲名古屋場所・5日目」(14日、ドルフィンズアリーナ)

前頭二枚目逸ノ城(湊)が横綱照ノ富士(伊勢ケ浜)に勝ち、ただひとり全勝を守った。照ノ富士は2敗。

大関貴景勝(常盤山)は低く鋭い出足で攻め続け、押し出しで玉鷲(片男波)を破り、白星先行の3勝2敗。
カド番の大関・正代(時津風)は若元春(荒汐)に寄り切られ、連勝ならず。1勝4敗と苦しい状況となった。
同じくカド番の大関・御嶽海(出羽海)は、宇良(木瀬)にタイして受け身となり、最後はとったりで土俵に転がされた。2勝3敗と黒星が先行した。

初日から4連勝だった前頭十三枚目一山本(放駒)は同十三枚目の千代翔馬(九重)にはたき込みで黒星。
同八枚目錦木(伊勢ノ海)は同八枚目栃ノ心(春日野)に寄り切られ、1敗となった。

デイリスポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/e5fd617e1beae4b9b80a4ccf62ba87c71753870a

星取表
https://hochi.news/feature/sumo/

【大相撲名古屋場所・5日目 逸ノ城がただひとり5連勝!横綱照ノ富士を撃破 カド番正代は4敗とピンチ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/13(水) 18:21:29.80 ID:CAP_USER9
「大相撲名古屋場所・4日目」(13日、ドルフィンズアリーナ)

横綱照ノ富士(伊勢ケ浜)は2大関を撃破してきた平幕琴ノ若(佐渡ケ嶽)をとったりで破り、3連勝で3勝1敗とした。
初日に正代(時津風)、2日目に御嶽海(出羽海)を下した琴ノ若は連敗で、2勝2敗となった。

大関貴景勝(常盤山)は平幕逸ノ城(湊)に寄り切られ、2勝2敗となった。
逸ノ城がまげをつかんだのではないかと物言いが付いたが、協議の結果、軍配通りとなった。
逸ノ城は初日から負けなしの4連勝。平幕の一山本(放駒)、錦木(伊勢ノ海)も4連勝とした。

3連敗中だったかど番の大関正代は小結豊昇龍(立浪)をはたき込み、4日目で初日を出した。
御嶽海も前頭筆頭の霧馬山(陸奥)を突き落として、2勝2敗とした。

デイリースポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/8fe6a1c9f54ddcc3bf38897c5cf1542f783a11c0

星取表
https://hochi.news/feature/sumo/

【大相撲名古屋場・四日目 照ノ富士が2大関撃破の琴ノ若に貫禄星 正代は初日を出す 逸ノ城らが負けなし4連勝】の続きを読む

このページのトップヘ