SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

相撲

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/21(金) 06:59:53.48 ID:CAP_USER9
1/21(金) 6:15配信
東スポWeb

御嶽海は2敗目を喫しこの表情(東スポWeb)

 大相撲初場所12日目(20日、東京・両国国技館)、関脇御嶽海(29=出羽海)が幕内阿武咲(25=阿武松)に引き落としで敗れ2敗目を喫した。取組後、本人はノーコメントで引き揚げたが、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は「立ち合いに切れがなかった。思い切りがなかった」と敗因を挙げた。

 2敗目を喫したとはいえ、昨年秋場所は9勝、先場所は11勝で迎えた今場所は、初日から気迫の9連勝。大関昇進の目安となる「直近3場所を三役で33勝以上」に必要な13勝が現実的となり、かつてないほど機運が上昇している。三役で一度も経験がなかった連続2桁白星もすでに達成した。

 地元の長野・上松町も大いに盛り上がっていると思いきや、本場所中に応援ツイッターを頻繁に更新する、地元マスコット「上松太郎」が〝所属〟する同町観光協会の担当者は「(盛り上がりは)まだそれほど感じられないかなと。もちろん優勝はぜひと思っていますが、完全に大丈夫と言い切るのはまだ…」と慎重だ。

 一方で同町は今年で町制100周年のメモリアルイヤー。新型コロナウイルス禍の状況を見ながら式典などを計画しており、同関係者は「御嶽海関にもぜひお越しいただいて盛り上げてもらおうと思っております。お越しいただくのは11月あたりになると思いますが、大関となってというところでしょうか」と期待を寄せる。

 これまで過去2度の昇進チャンスを逃してきたが、地元の特別な年に大関として凱旋することができるか。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220121-03941345-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/f19b387c4d6cf4e2aa7fa13f01d7087ecdcf8d39

【「大丈夫と言い切るのはまだ…」関脇・御嶽海が大関とり現実味も 地元は祝賀ムードに慎重姿勢】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/21(金) 17:48:27.82 ID:CAP_USER9
1/21(金) 17:41
デイリースポーツ

2敗対決を御嶽海が制す 阿炎は3敗に後退
阿炎(右)を押し出しで下した御嶽海(撮影・開出牧)
 「大相撲初場所・13日目」(21日、両国国技館)

 2敗同士の対決を、御嶽海(出羽海)が制した。敗れた阿炎(錣山)は3敗に後退した。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220121-00000098-dal-000-5-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/984a10e41c41ef00dc1bf0125c31d7e910239730

【大相撲初場所・13日目 2敗対決を御嶽海が制す 阿炎は3敗に後退】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/18(火) 19:51:36.07 ID:CAP_USER9
 日本の国技として根強い人気をほこっている「相撲」。数多く力士がいる中で最高位にあたる「横綱」は、相撲の強さだけでなく私生活などでの品格も求められます。相撲界ではこれまで、73人の横綱が誕生して大相撲を盛り上げてきました。そこで、ねとらぼ調査隊では、2022年1月7日~13日まで「平成以降の横綱で最強だと思う力士は誰?」というアンケートを実施していました。

【画像:ランキング14位~1位を見る】

 今回のアンケートでは、3552票の投票をいただきました。たくさんのご投票、ありがとうございます! それでは、さっそく結果を見ていきましょう。

●第3位:白鵬 翔
 第3位は541票を集めた「白鵬」さんです。モンゴル・ウランバートル出身で、第69代の横綱として大活躍をしました。平成後期に勝ち星を上げ続け、生涯戦歴は1187勝247敗となりました。2021年12月に「幕内優勝の最多回数(45回)」「横綱在位の最長期間(84場所)」など、5つの記録がギネス世界記録に認定されています。コメント欄では「歴代一位の記録を数々持っている白鵬以外あり得ない」との声が挙がっています。

●第2位:千代の富士 貢
 第2位は985票を集めた「千代の富士」さんです。昭和から平成にかけて活躍した、「ウルフ」の愛称で国民的人気を獲得した大横綱です。第58代横綱として幕内優勝回数が31回、連勝記録が53回となっています。筋肉質な体格で抜群の運動神経をしていて、数々の名勝負を生み出しました。横綱在位期間は1981年9月から1991年5月で、角界初となる国民栄誉賞を受賞しました。引退会見は大々的に報じられ、「体力の限界……気力もなくなり、引退することになりました」という言葉は感動を呼びました。コメント欄では「大きな体の力士を力でねじ伏せる。強くてかっこいいが千代の富士の魅力です」との声が挙がっています。

●第1位:貴乃花 光司
 第1位は1416票を集めた「貴乃花」さんです。父親は初代貴ノ花さん、兄も3代目若乃花さんという相撲一家に生まれ、兄弟揃って横綱となり「若貴フィーバー」を巻き起こしました。第65代横綱として、1995年1月から2003年1月まで活躍しました。生涯戦歴は794勝262敗で、千代の富士さんが引退した後の大相撲を大いに盛り上げました。2001年5月場所では、大怪我を負いながら武蔵丸さんと優勝決定戦で戦い見事に勝利。大相撲史上に残る名勝負として、いまも語り継がれています。コメント欄では「怪我をしなければ貴乃花は神がかった記録を打ち立てただろう。何といっても横綱らしい人格が目を引く」との声が挙がっています。

1/18(火) 18:05配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/27e387b5111f1a3c76654d39feb807616b7b6b8c
https://i.imgur.com/qwFVJH9.jpg

【「平成以降の横綱」で最強だと思う力士は誰?「白鵬」は3位、No.1に輝いたのは!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/19(水) 20:06:16.86 ID:CAP_USER9
1/19(水) 17:48配信
デイリースポーツ

 寄り切りで正代を破った御嶽海(右)=撮影・三好信也

 「大相撲初場所・11日目」(19日、両国国技館)

 1敗の関脇御嶽海(出羽海)が大関正代(時津風)に勝ち10勝1敗で、2場所連続の2桁に白星を乗せた。

 立ち合い鋭い出足で土俵際まで追い込んだが残される。しぶとい相手にもこの日の御嶽海は焦らず、勝負を決めた。

 御嶽海は先場所は関脇で11勝を挙げている。三役では2場所続けての2桁白星は自身初となった。

 NHKによるインタビューには「1つ目標として、よかったと思います」と語り、手応えについても「いい感じですね」と穏やかだった。「あとは自分の相撲、引かない相撲。前に出る魅力ある相撲を取っていきたいと思います」と語った。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220119-00000092-dal-000-9-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/e84e3a49bf4c9a865fa8b784f117adaa474bb8ea

【大相撲初場所 関脇・御嶽海 自身初の三役で2場所連続2桁勝利 大関・正代を撃破、手応えも「いい感じです」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/19(水) 20:10:50.55 ID:CAP_USER9
1/19(水) 17:54配信
デイリースポーツ

 寄り切りで千代翔馬を下した照ノ富士(右)=撮影・三好信也

 「大相撲初場所・11日目」(19日、両国国技館)

 1敗の横綱照ノ富士(伊勢ケ浜)は結びで千代翔馬(九重)を退けた。

 頭を付けてくらいつく千代翔馬の攻めを受け止めながら形をつくっていく横綱。上手を一枚ながら引き、力強く引きつけながら寄り切った。

 優勝争いで並ぶ1敗の御嶽海(出羽海)は大関正代(時津風)を寄り切って10勝目。これで先場所に続き関脇で2場所連続の2桁勝利とした。

 好調の阿炎(錣山)は逸ノ城(湊)にはたき込みで勝ち、2敗を守った。2敗は阿炎のみ。

 元横綱朝青龍のおい、豊昇龍(立浪)は、関脇隆の勝(常盤山)を上手出し投げで破って勝ち越しに王手の7勝目。人気業師の宇良は若隆景(荒汐)に敗れ、5勝6敗となった。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220119-00000093-dal-000-10-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/361e277973cd254633f372270290692096f7b448

【大相撲初場所・11日目 横綱照ノ富士が1敗を守る 御嶽海との優勝争い並走続く】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/19(水) 06:25:08.75 ID:CAP_USER9
1/19(水) 5:15配信
東スポWeb

隆の勝(右)に一方的に攻め込まれ6敗目を喫した正代(東スポWeb)

 地元からも「喝!」だ。大相撲初場所10日目(18日、東京・両国国技館)、大関正代(30=時津風)が関脇隆の勝(27=常盤山)に寄り切られて6敗目(4勝)。看板力士として優勝争いに加われないばかりか、カド番の危機に直面している。あまりのふがいなさに、故郷・熊本の後援会にはクレームが殺到。後援者からは優しすぎる性格からの〝キャラ変〟を求める声も上がっている。

 いったい、どちらが大関なのか…。正代は過去7勝3敗と合口のいい相手に一方的に攻め込まれ、抵抗できないまま力なく土俵を割った。取組後はオンライン取材に応じることなく、国技館から引き揚げた。今場所は貴景勝(25=常盤山)が途中休場し、大関は正代1人だけ。本来は横綱照ノ富士(30=伊勢ヶ浜)の対抗馬となるべき立場にありながら、優勝争いから早々と脱落した。

 日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)も今場所の正代の相撲内容について「圧力がない」「気迫を見せてほしい」などと厳しくコメント。勝ち越しさえも厳しそうな雲行きで、次の春場所(3月12日初日、大阪府立体育会館)でのカド番が現実味を帯びてきている。そのふがいない姿には、正代を応援する故郷も落胆を隠せない。

 地元・熊本の後援会関係者は「いろんなところから『正代はどうしたんだ』ってクレームが入っているよ。勝負の世界だから仕方ないんだけど、気迫が足りていないように映る。本人も一生懸命、考えていると思うが…」とタメ息をつくばかり。昨年は「大関のノルマ」とされる2桁白星をマークしたのは1度だけ。2年ぶりに開催された地元の九州場所は、優勝が期待された中で9勝どまりだった。

 前出関係者は不振が続く正代に「〝ケンカ相撲〟が足りない。優しすぎるのは正代のいいところだが、優しくない部分を土俵の上で見せてほしい。勝ち越しだけは信じている。それが一つの責任。地元もみんな期待しているから」と奮起を促した。地元でも、正代は穏やかな性格の好青年として知られている。ただ、相撲を取る上で周囲が物足りなさを感じていることも確か。今の大関には勝負に徹する厳しさが求められている。

 ここから正代は看板力士としての意地を見せることができるのか。新年最初の場所で、いきなり正念場を迎えている。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220119-03936830-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/b5751219be1e1b2863fafce3c3f31526072ff871

【『正代はどうしたんだ』6敗目の大関・正代に地元から喝!後援者はキャラ変求める「〝ケンカ相撲〟足りない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/18(火) 21:01:45.44 ID:CAP_USER9
1/18(火) 19:35
東スポWeb

隆の勝に反撃できぬまま土俵を割った正代(東スポWeb)

 いったい、どうしてしまったのか。大相撲初場所10日目(18日、東京・両国国技館)、大関正代(30=時津風)が関脇隆の勝(27=常盤山)に寄り切られて6敗目(4勝)。過去7勝3敗と合口のいい相手に一方的に攻め込まれ、反撃できないまま力なく土俵を割った。取組後は報道陣によるオンライン取材に応じることなく、国技館から引き揚げた。

 今場所は貴景勝(常盤山)が休場し、大関は正代一人だけ。本来は横綱照ノ富士(伊勢ヶ浜)の対抗馬となるべき立場にありながら、優勝争いに絡めないふがいない状況が続いている。今のままでは勝ち越しすら厳しそうな雲行き。いよいよ、来場所のカド番が現実味を帯びてきた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220118-03936392-tospoweb-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/b316e4c0f07de1f6119851b249b4675248dd49b8

【大相撲初場所 正代が早くも6敗目 優勝争いどころかカド番危機に直面】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/12(水) 07:57:17.22 ID:CAP_USER9
1/12(水) 6:15配信
東スポWeb

初日から3連勝の御嶽海(東スポWeb)

 大関候補に「木像化」のプランが浮上している。大相撲初場所3日目(11日、東京・両国国技館)、関脇御嶽海(29=出羽海)が幕内若隆景(27=荒汐)を寄り切って無傷の3連勝。「毎日白星を挙げられるように頑張りたい。勝つイメージを持ってやっている」と表情を引き締めた。先場所は関脇で11勝。今場所も2桁白星なら、大関への挑戦権を獲得する。

 その御嶽海に地元も熱視線を送っている。出身地の長野・上松町にある樹脂切削加工の今泉製作所木曽工場では、御嶽海が初優勝した2018年に木曽ヒノキ製の彫像(高さ約20センチ、1体約50万円)を制作。同社担当者によると、御嶽海本人からも精密に再現された出来栄えに「よく似ている」と驚かれたという。

 現在は販売終了となっているが、同担当者は「販売期間が過ぎても『まだ販売しているんですか』との問い合わせがあったみたいです。実は個人のユーチューブで加工過程(の一部)をアップしたんですが、普段は視聴回数0〜3回だったのが一気に4000回くらいになって驚きました」と大きな反響があったことを明かした。

 地元が誇るスターだけに、今後の活躍次第では制作と販売の復活にも意欲。同担当者は「ライセンスなどの関係があるが、うまく販売という形になれば、またやってみたい。御嶽海関にはこのまま勝ち続けてほしいし、優勝して長野県から大関が出てくれたら」と大きな期待を寄せている。

 かねて大関候補と目されながら、これまで幾度となくチャンスを逃してきた。今度こそ地元の思いに応えることができるか。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220112-03921062-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/87f1fea5579dd795652555f3251352bbd326c1df

【「優勝して長野県から大関が出てくれたら」御嶽海2度目の “木像化” なるか!? 地元工場が制作に意欲】の続きを読む

このページのトップヘ