SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

相撲

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/16(木) 13:11:45.06 ID:9KrmOAiu9
[ 2024年5月15日 17:01 ]

 大相撲夏場所が15日、両国国技館で4日目を迎えた。この日も著名人が中継に映り込み、ネットの注目を集めている。

 4日目のこの日は、お笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭壱が、同じくお笑いコンビ「キンボシ」の西田淳裕とともに観戦する様子が捉えられた。

 ネット上では「西の花道のところに極楽とんぼの山本おるね」「極楽とんぼの山本さんいるやん!」「極楽とんぼの山本圭壱さん観に来てる。キンボシ西田さんと」「親方かと思った」などの声が上がっていた

 同じく国技館で行われた1月の初場所でも、連日著名人の相撲中継映り込みが大きな話題になったが、夏場所初日には歌手の上地雄輔が、2日目には「高須クリニック」高須克弥院長が砂かぶり席で観戦する姿がキャッチされた。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/05/15/kiji/20240515s00041000388000c.html

【大相撲夏場所 著名人映り込みが話題「親方かと思った」 4日目は「極楽とんぼ」山本圭壱】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/16(木) 11:23:08.19 ID:9KrmOAiu9
2024/05/16 08:13

<大相撲五月場所>◇四日目◇15日◇東京・両国国技館

 筋骨隆々のソップ型力士が、研ぎ澄まされた“バキバキ”ボディで土俵上を躍動。圧巻の白星を挙げた。その様子に「何だこの魅力的なソップは」「かつての寺尾みたい」などファンの注目が集まった。

 幕下五十九枚目・欧山田(鳴戸)が幕下五十七枚目・時乃平(時津風)を送り出しで下して2勝目の勝ち星を挙げた一番での一コマ。
秋田県秋田市出身、平成11年(1999年)生まれ24歳の欧山田。レスリングのバックボーンを持ち、選手時代はアジア大会で優勝するなどトップクラスの実力を誇るアスリート。身長180.6センチ・体重94.3キロと力士としては軽量級ながら鍛え抜かれたボディは“筋肉の鎧”で覆われている。
 時乃平と対戦した四日目の取組では、立ち合い低く当たると頭をつけて攻め、前に出る相手の腕を取って豪快に振り回す力強さも発揮。土俵上を動き回って相手を撹乱すると、その後、左を差してからもろ手でまわしをしっかり掴み、万全の体勢で寄り切った。勝った欧山田は2連勝となる白星。敗れた時乃平は1敗目を喫した。
 取組中、欧山田の筋骨隆々な肉体がABEMAの中継画面に映ると、視聴者からは「何だこの魅力的なソップは」「パワーがあるソップ力士!」「かつての寺尾みたい」と驚きの声が続出。
レスリングのバックボーンを活かした力強い出足と躍動感のある独特の相撲内容もファンを魅了したようで、「強い!」「欧山田のレスリングスタイル好き」「面白い相撲」「かっこよ」といったコメントも相次いだ。(ABEMA/大相撲チャンネル)

https://times.abema.tv/articles/-/10126599?page=1

【「すげぇ筋肉」力士のイメージを覆す“バキバキ”ボディ 「何だこの魅力的なソップは」「面白い相撲」ファン驚愕】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/16(木) 22:28:30.95 ID:9KrmOAiu9
2024年5月16日 20時44分スポーツ報知 # スポーツ# 大相撲

◆大相撲 ▽夏場所5日目(16日、東京・両国国技館)

 立行司・木村庄之助が結びの勝ち名乗りを言い間違えるハプニングがあった。大関・琴桜(佐渡ケ嶽)が西前頭3枚目・翔猿(追手風)を寄り倒しで下したが、だが勝ち名乗りを「ことのわか~」と先場所まで名乗っていたしこ名を呼び上げてしまった。

 庄之助は4日目の大関・豊昇龍(立浪)と東前頭2枚目・平戸海(境川)との取組中に、平戸海と接触して転倒。
そのまま取組は続き、最後は倒れ込みそうになった平戸海を寸前で横にかわし、勝った豊昇龍に寝転びながら右手で持った軍配を上げる珍事となった。
人間、誰しもがミスをするとはいえ、庄之助にとっては2日連続の“受難”となった。

https://hochi.news/articles/20240516-OHT1T51241.html?page=1

【大相撲夏場所 木村庄之助、琴桜の勝ち名乗りを「琴ノ若~」と言い間違え 今場所から改名も 前日は取組中に転倒の受難】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/16(木) 18:06:02.03 ID:e0MZddc09
スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2024/05/16/kiji/20240516s00005000624000c.html
[ 2024年5月16日 17:59 ]

大相撲夏場所は16日、東京・両国国技館で5日目が行われ、大関・琴桜(26=佐渡ケ嶽部屋)が4勝目と星を伸ばした。大関・豊昇龍(24=立浪部屋)は3勝目を挙げ、連敗中の大関・霧島(28=音羽山部屋)は痛恨の4敗目を喫した。

結びの一番で、前日に西前頭2枚目・豪ノ山を上手投げで下した琴桜は西前頭3枚目・翔猿と激突。琴桜が寄り切りで4勝目を飾った。

大関・豊昇龍は前日の勢いそのままに西前頭2枚目・豪ノ山を寄り切って3連勝。連敗が続くカド番の大関・霧島は初日に横綱・照ノ富士を破った西小結・大の里と対決。大の里が190センチを超えるを体格を生かし霧島を寄り倒しで下した。

さらに初日から全敗中だった新入幕の時疾風が西前頭13枚目・美ノ海を破り初白星を決めると、会場からは歓喜の声が上がった。

5日目を終え、全勝中の力士は平幕力士のみで、宇良、御嶽海、宝富士となった。

今場所は3年ぶり三役復帰の朝乃山と、春場所で110年ぶりの新入幕優勝を成し遂げた尊富士が初日から休場。13日には初日黒星発進だった横綱・照ノ富士と大関・貴景勝が、14日には連勝発進だった高安が休場している。

【大相撲夏場所・5日目 好調の琴桜は4勝目をマーク 宇良、御嶽海、宝富士が無傷の5連勝!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/15(水) 18:34:11.65 ID:DC811gqD9
[2024年5月15日18時23分]

<大相撲夏場所>◇4日目◇15日◇東京・両国国技館

立行司の第38代木村庄之助(64=高田川)が、アクシデントに見舞われながら務めをまっとうした。

結びの大関豊昇龍-平戸海を裁いた。激しい攻防の最中、平戸海の足になぎ倒される形で転倒した。
何とか起き上がろうとしたが、両者が迫ってくる流れ。体勢をとれないまま、
豊昇龍が寄り倒して勝負を決めたが、木村庄之助は倒れたまましっかり軍配を豊昇龍の東に上げた。

https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/202405150000915.html

【<大相撲夏場所>立行司の木村庄之助が倒れたまま軍配 平戸海の足になぎ倒されるアクシデントも務めまっとう】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/15(水) 20:10:40.38 ID:F8GTuCvs9
スポニチ2024年5月15日 17:52
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2024/05/15/kiji/20240515s00005000431000c.html

 大相撲夏場所は15日、東京・両国国技館で4日目が行われ、大関・琴桜(26=佐渡ケ嶽部屋)は1敗をキープ。大関・豊昇龍(24=立浪部屋)は2勝目を挙げ、星を五分に戻した。カド番の大関・霧島(28=音羽山部屋)は早くも3敗目を喫した。

 結びの一番では豊昇龍が平戸海の攻めに苦戦するも、最後は寄り倒しで2勝目を挙げた。

 注目の琴桜は豪ノ山に土俵際まで追い詰められるも、逆転の上手投げで勝利し1敗をキープ。自身2度目のカド番で臨む霧島は大栄翔に押し出しで敗れ痛恨の3敗目。新三役の小結・大の里は関脇・若元春を突き落としで破り1敗を死守した。

 西前頭4枚目の宇良は翠富士を押し出しで破り、初日から4連勝。4日目を終え全勝力士は平幕力士のみで、宇良、御嶽海、湘南乃海、宝富士となった。

 今場所は3年ぶり三役復帰の朝乃山と、春場所で110年ぶりの新入幕優勝を成し遂げた尊富士が初日から休場。13日には初日黒星発進だった横綱・照ノ富士と大関・貴景勝が、14日には連勝発進だった高安が休場している。

【大相撲夏場所・4日目 カド番の霧島が痛すぎる3敗目…琴桜は1敗をキープ、豊昇龍2勝目 全勝は宇良、御嶽海ら4力士】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/14(火) 18:37:01.25 ID:KTPuT8zB9
 大相撲夏場所は14日、東京・両国国技館で3日目が行われ、大関・琴桜(26=佐渡ケ嶽部屋)、大関・豊昇龍(24=立浪部屋)が白星を挙げた。
 
 結びの一番では霧島が熱海富士に押し倒しで敗れ2敗目を喫した。琴桜は平戸海(24=境川部屋)に押し出しで2勝1敗、豊昇龍は大栄翔(30=追手風部屋)に寄り切りで1勝2敗の結果で白星を得た。

 西前頭4枚目の宇良(31=木瀬部屋)は東前頭5枚目の阿武咲(27=阿武松部屋)を肩すかしで下し、初日から3連勝とした。立ち合いで踏み込んだ。そこから押し込まれたものの、土俵際で右を差すと、肩すかしで鮮やかに相手を転がした。

 3日目を終え3戦全勝力士は、宇良、御嶽海、湘南乃海、竜電、宝富士、金峰山、欧勝馬。

スポニチ[ 2024年5月14日 17:54 ]
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2024/05/14/kiji/20240514s00005000465000c.html

【大相撲夏場所・3日目 琴櫻、豊昇龍の2大関が2勝目 霧島は熱海富士に敗れ2敗目 全勝は宇良、御嶽海ら7力士】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/13(月) 18:17:01.17 ID:3EZBWvcY9
スポニチ
[ 2024年5月13日 18:05 ]
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2024/05/13/kiji/20240513s00005000531000c.html

大相撲夏場所2日目 ( 2024年5月13日 両国国技館 )

 大相撲夏場所は13日、東京・両国国技館で2日目を迎えた。1横綱4大関が総崩れする波乱の展開となった初日から一夜明けたこの日は、大関・霧島(28=音羽山部屋)、大関・琴桜(26=佐渡ケ嶽部屋)が白星を挙げた。

 初日に横綱・照ノ富士をすくい投げで破り、白星スタートを切った新小結・大の里(23=二所ノ関部屋)は東前頭3枚目・高安と激突。勢いよく飛び出すも押し出され、前日の勢いそのままに連勝することはできなかった。

 そして初日に土がついた大関・豊昇龍は西関脇・阿炎との一戦に開始から10秒経たないうちに押し出され痛恨の連敗。続く大関・霧島は前日に大関・貴景勝を押し出しで下した東前頭2枚目・平戸海相手に同じく押し出しで下し大関陣初の白星を得た。

 また注目の大関・琴ノ若改め琴桜は東前頭筆頭・熱海富士相手に肩透かしで下し“襲名1勝目”を挙げ大関の意地を見せた。

 初日白星発進した東前頭9枚目・玉鷲だったが東前頭10枚目・湘南乃海との一戦ははたき込みを決められ、通算出場1600回目となった記念の日に黒星がついた。

 日本大相撲協会は同日、横綱・照ノ富士(32=伊勢ケ浜部屋)と大関・貴景勝(27=常盤山部屋)が2日目から休場すると発表。照ノ富士に関して「左肋軟骨損傷」「右変形性膝関節症」で「3週間の安静加療を要する見込み」との診断書が提出された。なお貴景勝は首の不調と報じられた。

 今場所初日から休場の朝乃山(30=高砂部屋)と尊富士(25=伊勢ケ浜部屋)といった注目度の高い2人が不在だったところに、横綱と大関まで土俵から姿を消すことに。横綱と大関が同日に休場して不戦敗となるのは7年ぶりの出来事で初日から珍事続きの展開となった。

【大相撲夏場所・2日目 霧島、琴櫻の2大関が初白星 豊昇龍は連敗 初日に照ノ富士破った大の里は高安に敗れる】の続きを読む

このページのトップヘ