SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

卓球

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/16(水) 17:46:33.34 ID:Xz381y6m9
2022年11月15日 18:15 発信地:東京 [ 中国・台湾 ]
東方新報

【11月15日 東方新報】中国の「国技」ともいわれる卓球界がスキャンダルに揺れている。

 10月19日にマカオ(Macau)で開催された卓球のWTTチャンピオンズ(WTT Champions)男子1回戦。ともに中国代表の梁靖崑(Liang Jingkun)と林高遠(Lin Gaoyuan)が対戦し、梁が3-2で林に勝利した。
ところが、梁は何を思ったのか、手にしたラケットの柄をズボンの中に差し込み、そのまま林に歩み寄ってしまった。これが「下品な勝利パフォーマンスだ」などと非難され、SNS上で炎上したのだ。

 梁は「長くスランプに苦しんでいたため、久々に勝利して興奮して舞い上がってしまいました。意図しない行動が林選手に誤解を与えてしまいました」と謝罪コメントを発表。
林にも直接謝罪したと公表したが、炎上は収まらず、中国卓球協会(CTTA)が処分に踏み切る事態になった。

 しかし、悪いことは重なる。この処分の内容をめぐって、卓球ファンから賛否両論が噴出したのだ。

https://www.afpbb.com/articles/-/3433813

【中国卓球界のスキャンダル、日本にも波紋…ラケットをズボンに入れ炎上】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/19(土) 21:34:05.24 ID:e/b6kdJ19
◆卓球 ▽アジア杯 最終日(19日、バンコク)

 男子シングルスで世界ランク4位の張本智和(IMG)が金メダルに輝いた。決勝は19位の林鐘勲(韓国)に4―1で勝利。アジア杯での日本勢の優勝は1989年の斎藤清以来、2人目の快挙となった。

 張本は世界3位の王楚欽(中国)らを破って勝ち上がった林鐘勲を4―1で下すと、両手の人さし指で1番ポーズを作って静かに広げた。13日まで行われた24年パリ五輪代表選考対象大会の全農カップ・トップ32船橋大会を制し、優勝インタビューでは「国際大会、国内大会全てで勝てるように引き続き努力していきたい」と決意表明。中3日で初戦を迎えたこの大会でも、4試合を勝ち抜いて頂点に立った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7f25bc65bffdfd8ce3890e27c9cc23c1207c82f0

【アジア杯・卓球男子シングルス 張本智和、日本勢33年ぶりの優勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/14(月) 08:26:02.11 ID:vq0e2Tcr9
 「卓球・全農カップ・トップ32」(13日、船橋アリーナ)

 24年パリ五輪代表選考会の第3回大会として行われた。男子決勝は、東京五輪代表の張本智和(19)=IMG=が、田中佑汰(21)=愛知工大=を4-0のストレートで下して優勝。準決勝は同学年の篠塚大登(18)=愛知工大=にフルゲームの末4-3で劇的勝利を挙げたが、歓喜のあまりラケットを手放してガッツポーズしてしまい「そこは反省」と頭をかいた。

 優勝を決めた瞬間は両拳を握りながら後ろに倒れ込み、歓喜の雄たけびを上げた。「ラケットだけは投げないように、それ以外は何をしてもいいと思っていたので(笑)」。同世代の挑戦を次々と退けて頂点に立ち、世界の最前線で戦う日本のエースの貫禄を誇示したが、“唯一”の反省点に挙げたのは準決勝の激闘後のパフォーマンスだった。

 篠塚との試合は3-3で最終ゲームに突入し、息詰まる大接戦となった。苦境でも歯を食いしばり、張本がマッチポイントを握った場面では背中を大きく反るガッツポーズ“ハリバウワー”も飛び出すなどボルテージは最高潮。ジュースに突入したが、最後は13-11で制した瞬間、開放感から思わずラケットを手放してガッツポーズし、その後しゃがみ込んで床をたたくなど喜びを爆発させた。

 ただ、試合後に冷静になって取材に応じた張本は、ラケットを投げてしまったことを猛省。「準決勝は投げてしまったが、そこは反省して。次やったら罰になりそうなので(笑)。Tリーグの松平(健太)選手との試合で投げてしまって、あれは自分的にもやり過ぎだと思ったので」と明かし、「(次は)五輪で金メダルを取ったときに投げられるように(笑)」と冗談交じりに自粛を宣言した。

 張本はパリ五輪に向けた選考レースで、3月の第1回大会を優勝、8月のTリーグ個人戦で優勝、9月の第2回大会は準優勝と安定した結果を残しており、今大会も苦境を乗り越えて頂点に立った。「自分の中ではいちばん苦しかった。体力的にも万全ではなかったし、たくさん試合をしていると窮地に追い込まれる試合もあるが、その中でアンラッキー含めて勝てたのは成長したところ。(準決勝で)負けることがどれだけ苦しいことかを思い出せたので、より必死にできた」と自負。

 現在は首位を断トツで独走しているが、選考大会は24年1月まで続くだけに「自分も一緒にみんなと走っている感覚なので、まだ頂点じゃない。みんなは自分を追いかけて、自分も中国選手を追いかけていれば逃げていることにはならない。みんなと一緒に走って、追いかけて、五輪の金メダルをつかむまでは自分はチャレンジャー」と強く言い切った。



 ◆大会終了時点での選考ポイントランキング上位

【男子】張本智和=176点、篠塚大登=110点、吉村真晴=91点、戸上隼輔=90点、及川 瑞基=82点、田中佑汰=70点

https://news.yahoo.co.jp/articles/c002177114599409d80ed4aa60c14846091374a8

【卓球・全農カップ・トップ32 貫禄Vの張本智和 激闘後の“ラケット投げ”反省 「次やったら罰」五輪金まで自粛?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/12(土) 20:32:00.30 ID:IsZNoLc29
<卓球・2022 全農CUP TOP32 船橋大会 日程:11月12日、13日 場所:船橋アリーナ(千葉県)>

12日、2022 全農CUP TOP32が船橋で開幕し、女子シングルス準々決勝が行われた。

平野が“みうみま対決”を制す

平野美宇(木下グループ)は伊藤美誠(スターツ)と対戦。注目のみうみま対決となった試合は、序盤の拮抗したゲームを平野が取ると、そのままの勢いで伊藤を攻めきって、ストレートで勝利を収めた。平野は明日の準決勝で芝田沙季(ミキハウス)と対戦する。

木原美悠(木下グループ)は2回戦で石川佳純を下した森さくら(日本生命)と対戦。木原は前半、ゲームカウント2-1と森にリードを許すが、落ち着いたプレーで得点を重ね、そこから3ゲームを連取して準決勝進出を決めた。

その他、芝田沙季(ミキハウス)と早田ひな(日本生命)がそれぞれ準決勝へ駒を進めた。女子シングルス準々決勝の結果と、13日の準決勝の組み合わせは以下の通り。

女子シングルス準々決勝結果

伊藤美誠(スターツ)0-4 平野美宇(木下グループ)〇

〇芝田沙季(ミキハウス)4-0 佐藤瞳(ミキハウス)

〇早田ひな(日本生命)4-2 張本美和(木下アカデミー)

〇木原美悠(木下グループ)4-2 森さくら(日本生命)

女子シングルス準決勝組み合わせ(13日)

平野美宇(木下グループ)- 芝田沙季(ミキハウス)

早田ひな(日本生命)- 木原美悠(木下グループ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/7ef42db3ec97450dabf750ae7a46ff6dfb11db52

【卓球女子シングルス準々決勝 “みうみま対決”は平野美宇が伊藤美誠にストレート勝利 <2022 全農CUP TOP32>】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/09(日) 10:39:05.52 ID:CAP_USER9
10/8(土) 22:36配信

テレビ東京スポーツ
女子日本代表 PHOTO:Itaru Chiba

2022世界卓球選手権成都大会(団体戦)<9月30日~10月9日/中国> 大会9日目の10月8日、女子団体決勝で日本(世界ランク2位)が中国(同1位)に敗れ、4大会連続の銀メダルが確定した。

【LIVE配信】「世界卓球2022」9月30日(金)~10月9日(日)開催!

ここまで1試合も落とさずに勝ち上がった日本女子。日本はアジア3冠女王の早田ひな(日本生命)を腕のケガで欠きながらも、1971年名古屋大会以来の世界卓球団体戦での中国撃破と優勝をめざした。

木原美悠 PHOTO:Itaru Chiba

第1試合は2022年全日本ジュニア王者の木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎/世界ランク15位)と東京五輪2冠の陳夢(同2位)が対戦。

木原は強打を浴びる苦しい展開で第1ゲームを奪われ、次は木原得意のミート打ちが当たりだすが、終盤に3点を連取されてここも取られる。第3ゲームは木原がリードするが、陳夢が7連続ポイントを取り、一気に逆転されて敗れた。

伊藤美誠 PHOTO:Itaru Chiba

第2試合はエース伊藤美誠(スターツ/世界ランク6位)と2021年世界卓球2冠の王曼昱との一戦。

伊藤は9-7とリードするが、王のバック側へのロングサーブを崩せず4連続ポイントで第1ゲームを落とす。だが次は最後の一本で回り込み強打を決めた伊藤が取り返す。

激戦の3ゲーム目は10-12で王に取られ、第4ゲームは王から強打で仕掛けられて敗戦した。

長﨑美柚 PHOTO:Itaru Chiba

あとがない第3試合、2019年世界ジュニア女王の長﨑美柚(木下グループ/世界ランク43位)が東京五輪シングルス銀の孫穎莎(同1位)と対戦。

コースを散らした長短のサーブで長﨑のチキータを封じつつ、長﨑のバック側をつぶす孫。第1ゲームを奪われ、中盤から突き放されて第2ゲームも取られる。

パワードライブは通用しても、それ以外の部分で少しずつ差がつく。孫穎莎の隙が見えないまま3ゲーム目も押し切られた。

だが日本は石川佳純(全農)と平野美宇(木下グループ)のいない布陣で4大会連続の銀メダル。層の厚さを見せつけ、欠場した早田とともに2年後の中国超えをねらう。

<世界卓球 女子団体決勝>
日本 0-3 中国
>>5試合制(3戦先勝)

<第1試合>
木原美悠 0-3 陳夢
6-11/8-11/8-11

<第2試合>
伊藤美誠 1-3 王曼昱
9-11/11-9/10-12/5-11

<第3試合>
長﨑美柚 0-3 孫穎莎
7-11/7-11/8-11

<第4試合>
伊藤美誠 - 陳夢

<第5試合>
木原美悠 - 王曼昱

https://news.yahoo.co.jp/articles/c1285881bad5f677cf269e716fb3afab3da5c45a

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221008-00010017-tvtokyos-000-3-view.jpg?pri=l

【世界卓球女子団体・決勝 日本女子 51年ぶりの中国超えはならずも4大会連続の銀メダル】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/09(日) 21:31:13.50 ID:CAP_USER9
「帰化選手」の境遇に対する本音「最初はちょっとつらかったけど…」

 両親は中国・四川省出身。父はプロ選手として活躍し、1990年代に日本へ移り住んだ。自身は宮城・仙台市で生まれ、ラケットを握り始めたのは2歳の時。幼い頃から全国大会で活躍し、11歳を前にした2014年の春、5歳下の妹・美和とともに日本へ帰化した。

 近年、多様性の流れが加速してきたとはいえ、これまで風当たりが強くなかったわけではない。「最初は別に何も気にしていなかった」と外野の声に無関心。しかし、活躍とともに少しずつ名前が売れ、「15、16歳の頃」にはネット上のコメントに傷つく瞬間もあった。

 ただ、今は違う。自身のルーツとなる国と激闘を繰り広げた試合直後、相対する記者の目を真っすぐと見つめ、「帰化選手」の境遇に対する本音を明かした。

「実際に自分と接してくれた方で、嫌なことを言って来た人は一人もいません。幼稚園から卓球を始めて、出会った選手、スタッフの中で嫌だった人は一人もいないです。今ではネットでそういうことがあることは、仕方ないと思っています。

 もし、自分がもともと日本人だったとしても、何か言われることはあるでしょうし、親が日本人であってもあると思います。最初はちょっとつらい気持ちがありましたけど、どんなトップ選手でもあることなので、今は嫌なことは全くないです」

 傷ついた時期は、「試合に負けるよりはマシ」と意識を卓球台にだけ向けた。周りから可愛がられるちょっといたずらっぽい性格。「日本の好きなところ」を問われると、冗談を交えながら笑った。

「やっぱり、みんな優しいですね。直接、嫌なこと言われたことは本当に一回もないですよ。まあ、裏ではわからないですけどね(笑)。みんな最初から温かい気持ちで接してくれる。僕の親が中国人だと全く感じないくらいスムーズに生活してこられた。本当に温かい国だと思います」

同じ境遇の子どもたちにメッセージ「自分が正しいと思うことを一生懸命に」
 鬼神のごとく気迫を出して戦ったコート上とは一変。同じような境遇で悩んでしまう子どもたちへ、柔和な口調でメッセージを送ってくれた。

「ジェンダーのことだったり、いろんな『人』『事』を国際的にもどんどんと受け入れてもらえる中で、そういうことを認めていない人もまだまだいます。でも、気にせず、自分が納得して気持ちよく過ごすことが大切。自分が正しいと思うことをすればいいと思います。

 何をしても言ってくる人もいます。例えばですが、挨拶をしただけでも『挨拶してくるな』と言う人もいる。自分が100%良いことをしても、悪いことを言う人がいる。本当に気にせず、自分が正しいと思うことをしっかり一生懸命頑張ればいいんです」

 世界一を目指し、努力を重ねた時間に偽りはない。チーム最年少ながら頼もしさを存分に発揮し、仲間と感情を共有した。日本の勝利のために死力を尽くしたことは誰にも否定できない。

 ともに戦ったメンバーを横目に言った。

「本当に頼もしいチームメートで、史上最高に良いチーム。世界チャンピオンにはなれなかったけど、このチームで戦えて嬉しかった。またリベンジできるように頑張りたい。そのために一生懸命、練習するしかないです。やっぱりプレーもみんなに気に入ってもらいたいし、人間性でもみんなに認めてもらえるような選手になりたい。模範となれるように頑張りたいと思います」

 汗だくになったユニホーム。左胸には、日の丸が誇らしげに輝いていた。

全文はソースで
https://the-ans.jp/column/272860/2/

【帰化から8年、張本智和が持つ日本への愛 衝撃の中国斬り直後、明かした境遇への本音】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/09(日) 10:52:48.69 ID:CAP_USER9
10/8(土) 19:37配信

テレビ東京スポーツ
張本智和 PHOTO:Itaru Chiba

2022世界卓球選手権成都大会(団体戦)<9月30日~10月9日/中国> 

【世界卓球2022 準決勝 日本 2-3 中国】

【LIVE配信】「世界卓球2022」9月30日(金)~10月9日(日)開催!

大会9日目の10月8日、男子団体決勝トーナメント準決勝が行われ、日本(世界ランク3位)が中国(同1位)にマッチカウント2-3で敗れて、銅メダルに終わった。

日本男子は世界卓球団体戦では1957年ストックホルム大会以来、65年ぶりの勝利をめざしてアウェーの地で最強軍団に立ち向かったが、あと一歩のところで牙城を崩せなかった。

男子日本代表 PHOTO:Itaru Chiba

第1試合、全日本王者の戸上隼輔(明治大学/同45位)が、世界卓球王者の樊振東(同1位)と対戦。

観客の大応援の完全アウェーの中、躍動する樊振東。第1ゲームは5-11で先制され、第2ゲームに粘りを見せるもストレートで世界王者に敗れた。

第2試合はエース張本智和(IMG/同4位)が、22歳で中国の次期エース候補・王楚欽(同11位)と対戦。

第1ゲームを取られるも、3連続サービスエース奪うなど王との打ち合いを制して3-1で逆転勝利。今大会、1つも試合を落とすことなく全試合3-0で勝利していた中国から初白星を挙げて、マッチカウントを1-1する。

3番手の及川瑞基(木下グループ/119位)は、東京五輪金メダリストの馬龍から1ゲーム先取するも7連続ポイントなどを奪われて1-3で逆転負け。及川の粘りも届かず、日本は中国に王手をかけられた。

第4試合、張本智和と樊振東の日中エース対決。第1ゲームは張本が先取するも第2、3ゲームと連取されて1-2であとがなくなるも第4ゲームを奪い返しフルゲームに突入。第5ゲームで一進一退のすさまじいラリー戦を張本が制して世界王者を破る大金星。中国から2連勝を奪う大殊勲。

最終第5試合は戸上と王の対戦。第1ゲームで9-4とリードするもサーブミスから流れが変わり、逆転で先制を許す。第2、3ゲームも流れをつかめないまま突き放されて0-3のストレートで屈して大金星を逃した。

日本はマッチカウント2-3で中国に敗れ、歴史的勝利とはならなかったが2大会ぶりの銅メダルを獲得。2001年大阪大会準決勝の中国対韓国以来となる中国への大善戦。2大会ぶりの銅メダルに大きな意味をもたせた。

張本智和 PHOTO:Itaru Chiba

<世界卓球 男子団体決勝トーナメント準決勝>
日本 2-3 中国
>>5試合制(3戦先勝)

<第1試合>
戸上隼輔 0-3 樊振東
5-11/10-12/4-11

<第2試合>
張本智和 3-1 王楚欽
8-11/11-8/11-6/11-9

<第3試合>
及川瑞基 1-3 馬龍
11-8/5-11/5-11/2-11

<第4試合>
張本智和 3-1 樊振東
11-7/6-11/3-11/11-9

<第5試合>
戸上隼輔 0-3 王楚欽
10-12/7-11/4-11

https://news.yahoo.co.jp/articles/31a195839cd9acb690eb8aaa0bb7eff08eb0d172

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221008-00010013-tvtokyos-000-7-view.jpg?pri=l

【世界卓球男子団体・準決勝 日本男子銅メダル 悲願の中国超えならずも覚醒の張本が中国に2勝の大殊勲!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/08(土) 06:15:59.73 ID:CAP_USER9
[ 2022年10月8日 05:03 ]


卓球・世界選手権団体戦第8日 ( 2022年10月7日 中国・成都 )


女子準決勝でプレーする伊藤美誠
Photo By ゲッティ=共同
 日本は女子が準決勝でドイツを3―0で退け、4大会連続の決勝進出を決めた。早田ひな(22=日本生命)、伊藤美誠(21=スターツ)らが白星を収め、71年大会以来、51年ぶりとなる金メダル獲得に王手をかけた。
 日本の女子が51年ぶりとなる金メダルに王手をかけた。第1試合に出場した早田は、ミテルハムに第1ゲームを奪われるなど追い詰められながら、3―2と勝利。接戦を制して「ほとんど負けの状態だったけど、自分を信じて、伊藤選手につなぐことができて良かった」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 早田が生み出した勢いに乗り、第2試合の伊藤は相手を圧倒し、第3試合に登場したチーム最年少の木原も3―2で制して決勝進出を決めた。今大会、開幕してから1試合も落とすことなくストレート勝ちを続ける日本。早田は「苦しい試合もあったけど、決勝に来るために目標を持って頑張ってきた」と振り返った。

 71年大会以来となる金メダルを懸けて戦うのは、世界ランク1位で4連覇中の中国。常に「打倒中国」を意識してきた伊藤は「チーム自体も私自身も少しずつ良くなっている。向かっていきたい」と言葉に力を込めた。

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/10/08/kiji/20221008s00026000017000c.html

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/10/07/jpeg/20221007s00026000661000p_view.jpg

【世界卓球団体戦・準決勝 日本女子が51年ぶり金王手! 打倒・中国へ、美誠「向かっていきたい」】の続きを読む

このページのトップヘ