SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

卓球

1: 名無しさん@恐縮です 2021/08/09(月) 20:08:04.19 ID:CAP_USER9
 東京五輪の卓球に代表選手のリザーブ(補欠)として帯同した早田ひなが9日までに自身のインスタグラムを更新。卓球日本代表や同学年で親友でもある伊藤美誠への思いを語った。

 早田は「卓球日本代表の皆さん、メダル獲得おめでとうございます 今回リザーブという立場で東京オリンピックを経験させていただきました。ミックスダブルス、シングルス、団体と13日間、沢山の人の緊張、勇気、悲しみ、苦しみ、喜びその他にも沢山の感情を間近で見て、自分の肌で感じさせてもらいました」「今回サポートに回ってみて感じたことは、自分一人の力では絶対に強くなれないし、この舞台には立てないということです。監督、コーチ、スタッフが常日頃から選手が勝つためにどれだけの想いで指導をして、どれだけの想いで一つ一つの技術や人間力の指導をしているかを身に染みて感じました」とリザーブとして参加して感じたことを記述。

 「人としてもっともっと成長し、皆さんの期待に応えられるような、今卓球を始めた子達に大きな夢を与えられるような人になりたいと思っています」と決意をつづり、代表選手らで五輪マークを囲んだ写真を投稿。

 そして、「ここからは美誠への思いです」と前置きしてから、「ライバルであり親友でもある美誠には本当に沢山のことをこの2週間で教わりました。あんな小さな身体で毎日毎日ラケットを振り、究極を目指して頑張る姿、自分が納得いくまで練習をやめない姿をいつもいつも隣で見てきました。その頑張りを1番近くで見ていたからこそミックスで金メダルを取ったときは『良かった!!やっと神様が美誠にご褒美をくれた!!』と思い涙が止まりませんでした」と記し、伊藤との笑顔のツーショットをアップ。

 「でもその私に見えていた部分はほんの3割ぐらいしか無かったと思います。誰も見ていないところで必死に自分自身と戦い、合っているのか合っていないのか分からない道をただひたすら前を向いて突き進んでいたと思います。今回私は彼女に沢山の勇気と感動をもらいました。親友でもありライバルでもある、お互いに切磋琢磨しながら強くなっていける存在がいることに感謝したいです。おみま!!ゆっくり休んでね いつもいつもありがとう」と語った。

 この投稿には、「パリはひなさんの出番ですね」「パリでのミマヒナの活躍を期待しています」「サポートお疲れさまでした!ひなちゃんの声援、ほんとによく聞こえました」「素晴らしいコメントで感動しました」などのコメントが寄せられた。

8/9(月) 19:33配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/5697a54f18184f379cf75d46bf7ab5a364f0a3ab
https://i.imgur.com/B1ecVQY.jpg

【東京五輪・卓球リザーブの早田ひな、親友・伊藤美誠への思いに「感動」「パリは出番ですね」の声】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/08/09(月) 22:16:25.54 ID:CAP_USER9
>>2021/08/09 20:41デイリースポーツ

 東京五輪・卓球混合ダブルスで金メダル、男子団体で銅メダルを獲得した水谷隼(32)が9日、フジテレビ系「ジャンクSPORTS」に生出演し、伊藤美誠(20)とのペアでのぞんだ混合ダブルスにおいて、中国に勝利して歓喜のあまり伊藤をハグするも伊藤が拒否気味だったシーンをツッコまれた。
 番組では「水谷選手 ハグ拒否られ事件!?」とユーモアをまじえて出演者が当時のことを尋ねた。
 水谷は「興奮してハグしにいったら強かったみたいで。『痛い、痛い』って言われたんです」と、その瞬間を明かした。水谷は「ここ絶対抜かれてるから、やめられないと思って、もう、ごめんみたいな」と勝利の瞬間だけに絶対にテレビカメラに撮られていると思い、途中でハグをやめるわけにもいかずそのまま抱きしめたことを語った。MCのダウンタウン浜田雅功は「離したら恥ずかしいもんな」と理解を示した。
 お笑いコンビ、かまいたちの山内が「うわさで聞いたんですけど、水谷選手はノーパンで試合にのぞむと。このときもですか?」と尋ねた。水谷は「はい、ノーパンです」と認めた。山内は「じゃあ、もう変態じゃないですか」とツッコんで爆笑を誘った。山内は「それで美誠ちゃんは嫌がったんじゃないですか?ノーパンって知ってるでしょ。『ノーパンだもん、この人』って」と笑わせた。水谷は相次ぐツッコミに苦笑いを浮かべた。

続きは↓
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/dailysports/entertainment/20210809116

【東京五輪・卓球混合ダブルス金メダルの水谷隼、伊藤美誠ペア「ハグ拒否られ事件」を告白 あとで謝罪】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/08/10(火) 13:40:48.41 ID:CAP_USER9
8/9(月) 14:16配信 デイリースポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/cdc96d8437dc92c0867886fa0fc21ab5867cd02a
 東京五輪の選手村食堂で提供され、海外選手らが絶賛したことが話題となった「餃子」が、スーパーなどでも販売されている味の素の冷凍餃子だったことが伝わり、ネット上で「まさか」「さすが」と反響が起こっている。

 卓球女子日本代表・石川佳純もインスタグラムで、平野美宇と選手村を散策したことを伝え「食堂にも行って お茶しました。餃子おいしかった~」と記している。

 味の素冷凍食品の公式ツイッターは、海外選手が「世界一美味しい餃子」と絶賛していることを伝えるニュース記事を引用し「日本のギョーザも金メダルを獲得したようです ギョーザを世界一になるまで支えてくださった皆さんに、あらためて感謝です」とツイート。7日にはTBS「新・情報7daysニュースキャスター」で、同社担当者が、選手村で反響があり、5日段階で60万個を納品していると説明していた。

 市販されている、おなじみの商品だったことが伝わり、ネット上では「評判の餃子がスーパーで売ってる味の素の冷凍餃子ってことにびっくり!」「冷凍餃子なんだって。まじか!」「あの冷凍餃子…さすが」「味の素の冷凍餃子はすごい」と驚きが広がり、商品のファンからは「選手、分かってるなぁ」「わかる。美味しいよね」と納得するコメント投稿も集まっている。

【卓球・佳純&美宇も絶賛 選手村ギョーザは味の素・冷凍餃子 反響「マジか」「さすが」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/07/19(月) 18:23:59.10 ID:CAP_USER9
https://news.yahoo.co.jp/articles/928fa56be38b50fa818022ce1fa105326ed00365?tokyo2020

東京五輪に出場する卓球日本代表が19日、会場となる東京体育館で公式練習がスタートした。張本智和(木下グループ)、石川佳純(全農)らが約2時間、本番用の台でラリーをして会場の雰囲気などを確かめた。

徹底した感染症対策が選手に影響を与えそうだ。日本代表は選手村を使用せず、ナショナルトレーニングセンター(東京都北区)で寝泊まりしながら会場に通う。今までの合宿なら許可があれば外出できたが、今後は原則コンビニも行けない“完全バブル生活”に。倉嶋洋介男子代表監督(45)は「息苦しいですよね。リラックスできる場がないのでストレスをためないようにしないと」と選手を思いやる。

卓球はプレー中にタオルを使うタイミングがルール上決められており、台で手の汗をぬぐう選手が多い。ボールについた汗を乾かすためにボールに息を吹き掛けたり、新品のボールのざらつきを口の中に含んでぬぐい取ったりする選手もいる。いずれも今大会では禁じられている行為だ。合宿でもこうした習慣や癖に注意して練習してきたが、それが集中力をそがれてしまう要因となることも懸念されている。

また無観客という状況も、高いパフォーマンスが出しにくい要素になりそう。それでも「最終日まで感染者を絶対に出さないぞ、というつもりなので」と倉嶋監督。強い覚悟を決めて、メダル獲得に挑む。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210719-00000050-chuspo-000-1-view.jpg

【卓球日本代表、懸念は”コロナルール”への対応。倉嶋監督、強い覚悟でメダル獲得に挑む】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/07/08(木) 19:34:59.42 ID:CAP_USER9
卓球女子の2012年ロンドン五輪団体銀、16年リオ五輪団体銅メダリストの福原愛さん(32)と夫で元台湾代表の江宏傑氏(32)の離婚が成立したことが8日、福原さんの所属事務所を通じ発表された。子供については、共同親権を持つとしている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bc13112bedd776b1c58b40d6f59c877b14b52fbd

【卓球女子の五輪メダリスト福原愛さんと江宏傑氏の離婚が成立】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/06/24(木) 09:42:01.40 ID:6AhN3Q5aa
それはそれでえろい
https://i.imgur.com/dQSA24M.jpg

【石川佳純ちゃんが巨大化!?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/03/13(土) 23:22:27.20 ID:CAP_USER9

https://rallys.online/wp-content/uploads/2021/03/aflo_155835133-1.jpg

<卓球・WTTスターコンテンダードーハ 3月5日~13日>

WTTスターコンテンダードーハの男子シングルス準決勝に張本智和(木下グループ・世界ランキング5位)が登場し、カットマンのルーウェン・フィルス(ドイツ・同42位)にゲームカウント4-2で勝利した。

張本は今季の国際大会初タイトル獲得とともに、直前の伊藤美誠(スターツ)の女子シングルス優勝と合わせてアベックV達成となった。

張本智和 vs ルーウェン・フィルス

今大会第1シードの張本は、先週のWTTコンテンダードーハで敗れたドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)を準決勝で4-2で下し、勝ち上がってきた。準決勝以外はすべてストレートで相手を下しており、非常に良い仕上がりの戦いぶりをここまで見せている。

対する185㎝と長身のフィルスは、守備型のカットマンながら攻撃も得意とする。今大会は張禹珍(チャンウジン・韓国)、水谷隼(木下グループ)、林昀儒(リンユンジュ・チャイニーズタイペイ)ら、並み居る実力者たちを連破して決勝まで勝ち上がってきた。

国際大会での通算成績は1勝1敗で、直近は2019年のオーストリアオープンで張本がゲームカウント4-1で勝利している。

張本が今季初優勝目指しカットマンに挑んだ

試合は、第1ゲーム、張本が11-9で先取した。様子見気味に入ってきたフィルスに対し、張本が早い展開で得点を奪い、終盤は追い上げられたものの逃げ切った。

フィルスは、バックスピンをかけるカットだけでなく、両ハンドでの攻撃や高く上げるロビングなどで張本のラケット角度を狂わせようと策を講じてくる。第2ゲームは、そのフィルスの策やサービスがハマるも、張本が我慢のプレーを見せ、逆転でゲームを連取した。

第3ゲーム、張本は左右に振り回すフィルスの戦術にハマり、2-8と離される。しかし、そこから追い上げ、5-8となったところでフィルス側がたまらずタイムアウト。そのまま張本が逆転で10-8とゲームポイントを握るも、デュースにもつれ込み、12-14で張本が落とした。

嫌な流れとなった第4ゲームだが、張本が冷静に打つべきボールと繋ぐべきボールを見極める。フィルスも焦りからかミスを重ね、11-5で張本が優勝に王手をかけた。

第5ゲーム、張本はフィルスにフォアを突かれゲームを落とすも、第6ゲームでは張本が冷静にフィルスを攻略。ゲームカウント4-2で勝利し、張本が嬉しい今季初の国際大会タイトル獲得を果たした。

東北・仙台市出身の張本は、優勝直後、ユニフォーム胸にある「WASURENAI.3.11」のメッセージをアピールし、東日本大震災から10年、被災地への思いをプレーで示した。

直前の女子シングルスでは、伊藤美誠が2大会連続の優勝を飾っており、日本勢のアベックVとなった。

男子シングルス決勝

〇張本智和 4-2 ルーウェン・フィルス(ドイツ)
11-9/11-9/12-14/11-5/7-11/11-8


伊藤美誠、2大会連続V達成 34歳の五輪銀メダリスト下す<WTTスターコンテンダードーハ>
https://rallys.online/topic/international/210313wtt-itomima/

女子シングルス決勝

〇伊藤美誠 4-1 馮天薇(シンガポール)
10-12/12-10/11-7/11-8/11-6

【張本智和、伊藤美誠 国際大会で男子、女子シングルス共に日本人選手が優勝を飾る。】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/03/07(日) 11:47:58.93 ID:CAP_USER9
◆卓球 WTTコンテンダー・ドーハ大会最終日 ▽女子ダブルス決勝 石川、平野3―0陳思羽、鄭先知(6日、カタール・ドーハ)

 女子ダブルスで東京五輪代表の石川佳純(28)=全農=、平野美宇(20)=日本生命=組が国際大会で2度目の優勝を飾った。決勝で陳思羽、鄭先知(台湾)組に3―0で完勝した。今大会はペアとしては昨年3月のカタールOP以来、1年ぶりの国際大会だった。5日の男子シングルスでは世界ランク5位の張本智和(17)=木下グループ=が準決勝でオフチャロフ(ドイツ)に2―4で敗れた。

 “かすみう”ペアが今年初めての国際大会で頂点に立った。台湾ペアとの決勝は第1ゲームで7―1と大きくリード。出足からリズムに乗り、サーブからの3球目、レシーブからの4球目のコンビネーションも抜群だった。最後は平野がフォアハンドの強打で決め、石川と笑顔で肘タッチ。圧巻のストレート勝ちで、新たな国際大会「WTT」最初の優勝ペアとなった。

 東京五輪の団体戦は前回のリオ五輪までと異なり、第1試合にダブルスが組まれる。日本も流れをつかむためにダブルスを重視する中で、石川と平野は有利とされる左と右。五輪でも先陣を切る可能性は高い。

 ただ、昨年はコロナ禍で試合がなくなっただけでなく、ナショナルチームの合宿でダブルスの練習を制限していた時期もあった。夏場以降も平野の腰痛もあって練習で合わせる機会は少なく、今回が昨年3月のカタールOP以来1年ぶりの実戦。ブランクも心配されたが、不安を一切感じさせないプレーを見せた。同ペアの国際大会の優勝は、昨年2月のハンガリーOPに続いて2度目。五輪イヤーを最高の形で滑り出した。

3/7(日) 6:00
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210307-03060337-sph-spo

https://i.imgur.com/9Ax0RAE.jpg

https://i.imgur.com/n2tZkwW.jpg 【石川佳純&平野美宇、“かすみう”ペアが今年初めての国際大会で頂点に立つ。 】の続きを読む

このページのトップヘ