SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

日本代表

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/13(木) 10:03:06.34 ID:FREWc3rI9
日刊スポーツ
6/12(水) 10:26

サッカーW杯北中米大会アジア2次予選 日本対シリア 前半、(撮影・前田充)
<W杯アジア2次予選:日本5-0シリア>◇6日◇B組◇最終節◇Eピース

 フジテレビ系で11日に放送されたW杯アジア2次予選「日本-シリア」(午後7時10分)の平均世帯視聴率が10・6%だったことが12日、ビデオリサーチの調べで分かった。平均個人視聴率は6・6%(ともに関東地区)だった。

 試合は日本代表(FIFAランキング18位)がシリア代表(同89位)を5-0で破った。3-4-2-1の新システムで臨んだ日本は、前半13分にFW上田綺世(25=フェイエノールト)のヘディング弾から前半だけで3得点、後半にも2得点を奪った。ミャンマー戦に続き2戦連続の5得点の完封勝ち。2次予選は不戦勝を含め6戦全勝、24得点無失点、B組首位での最終予選進出となった。

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/94017c49d314f802b769ef0a218b67dcd2b47cc8&preview=auto

【サッカー日本代表 シリア戦10・6% 上田綺世が先制弾!2戦連続5得点で2次予選全6試合完封勝ち】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/14(金) 18:21:03.53 ID:T/1rvu4R9
JFA(日本サッカー協会)は14日、第33回オリンピック競技大会(パリオリンピック2024/パリ五輪)に臨むなでしこジャパン(日本女子代表)のメンバーを発表した。
 2大会連続6度目の五輪出場となるなでしこジャパンはグループCに入り、7月25日(日本時間26日0時)に第1節のスペイン女子代表戦、
同28日(日本時間29日0時)に第2節のブラジル女子代表戦、同31日(8月1日0時)に第3節のナイジェリア女子代表戦を控えている。
 メンバーには熊谷紗希(ローマ)、長谷川唯(マンチェスター・シティ)、清水梨紗(ウェストハム)など18名が順当に選出された。

なお、なでしこジャパンはパリ五輪開幕前の7月13日に『MS&ADカップ2024~能登半島地震復興支援マッチ がんばろう能登~』でガーナ女子代表との対戦を予定。
試合は7月13日に石川県の『金沢ゴーゴーカレースタジアム』にて15時20分キックオフ予定で、フジテレビ系列にて全国生中継されることが明らかになっている。
 発表されたパリ五輪に臨むなでしこジャパンのメンバーとバックアップメンバーは以下の通り。

▼GK
山下杏也加(INAC神戸レオネッサ)
平尾知佳(アルビレックス新潟レディース)
▼DF
熊谷紗希(ローマ/イタリア)
清水梨紗(ウェストハム/イングランド)
北川ひかる(INAC神戸レオネッサ)
南萌華(ローマ/イタリア)
高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース)
古賀塔子(フェイエノールト/オランダ)
▼MF
清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース)
長谷川唯(マンチェスター・シティ/イングランド)
林穂之香(ウェストハム/イングランド)
長野風花(リヴァプール/イングランド)
宮澤ひなた(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)

▼FW
田中美南(INAC神戸レオネッサ)
植木理子(ウェストハム/イングランド)
浜野まいか(チェルシー/イングランド)
■バックアップメンバー
▼GK
大場朱羽(ミシシッピ大学/アメリカ)
▼DF
守屋都弥(INAC神戸レオネッサ)
石川璃音(三菱重工浦和レッズレディース)
▼FW
千葉玲海菜(フランクフルト/ドイツ)

藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)
谷川萌々子(ローゼンゴート/スウェーデン)
https://www.soccer-king.jp/news/japan/nadeshiko/20240614/1901067.html

【なでしこジャパン、パリ五輪に臨むメンバーを発表! 長谷川唯や熊谷紗希ら18名】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/12(水) 11:15:02.04 ID:SvB39rxa9
[6.11 国際親善試合 U-23日本 2-0 U-23アメリカ カンザスシティ]

パリオリンピック出場を控えるU-23日本代表は現地時間11日、アメリカ・カンザスシティでU-23アメリカ代表と対戦し、2-0で勝利。前半5分にFW藤尾翔太(町田)がPKを決めて先制し、後半24分にはFW細谷真大(柏)が追加点を奪った。

 7月3日にパリ五輪メンバーを発表するU-23日本代表は、最後の海外遠征を行った。7日のアメリカ戦は完全非公開で、11日の試合は二度目の対戦となる。4-3-3の布陣を敷き、GKは小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)、4バックは左からDF大畑歩夢(浦和)、DF高井幸大(川崎F)、DF西尾隆矢(C大阪)、DF半田陸(G大阪)。アンカーはMF藤田譲瑠チマ(シントトロイデン)、インサイドハーフは左がFW荒木遼太郎(FC東京)、右がMF山本理仁(シントトロイデン)。前線3人は左からMF斉藤光毅(スパルタ・ロッテルダム)、藤尾、MF三戸舜介(スパルタ・ロッテルダム)が並んだ。

ともにパリ五輪出場を決めたチーム同士の対戦。日本はアメリカと昨年10月以来の再戦で、そのときは1-4と大敗を喫していた。リベンジを果たすべく、日本は序盤から左ウイングの斉藤が個の力を発揮して果敢に攻め立てる。前半5分には敵陣PA内で相手のハンドを誘発し、PKを獲得した。キッカーは藤尾が務め、冷静にゴール左隅に先制ゴールを沈めた。

その後も攻勢を保つ日本だが、前半23分に山本が自陣内で相手のシュートを受けて倒れ込んでしまう。そのまま担架で運ばれ、MF川崎颯太(京都)が投入された。

前半を1-0で折り返すと、ハーフタイムに2枚替え。斉藤と藤尾を下げ、MF平河悠(町田)と細谷が入る。アメリカも3人が交代した。日本は西尾、高井を中心に体を張った守備でアメリカのチャンスを潰し、その後も決定機を作っていった。

後半24分には再び交代カードを使用し、荒木に代えてMF佐藤恵允(ブレーメン)が出場する。佐藤は左ウイング、平河が右ウイングに入った。その1分後に値千金の追加点。アメリカのスローインを右サイドで川崎がカットし、パスを受けた三戸がPA右までドリブル突破から右足シュート。相手DFに当たったボールを相手GKは収めきれず、こぼれたところを細谷が押し込んだ。

試合はそのまま終了し、日本が2-0で勝利。パリ五輪メンバー発表前最後の試合で白星を飾った。

日本は7月3日にパリ五輪に臨むメンバー18人を発表。同月17日にフランス・トゥーロンで開催国のU-23フランス代表と最後の親善試合を行い、24日にグループリーグ初戦でパラグアイと対戦する。
https://news.yahoo.co.jp/articles/770d6feca33a69f3cbdc923914f86af465e98830
https://i.imgur.com/SlP4O9C.jpeg

【U-23日本代表がパリ五輪前ラスト遠征で白星! 藤尾&細谷が2発 昨年大敗のアメリカに雪辱果たす】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/12(水) 01:37:13.43 ID:wPcmK2/W9
https://news.yahoo.co.jp/articles/a79c850f83f3d0e3e6083ec6cf678484642df1b7

久保建英、広島の新スタジアムの雰囲気を絶賛「サッカー専用スタジアムが増えていけば」聞こえやすい拍手にも満足


◆26年北中米W杯アジア2次予選▽第6戦 日本5―0シリア(11日・エディオンピースウイング広島)

 日本(FIFAランク18位)はシリア(同89位)に5―0と圧勝。3月に中止、3―0扱いとなった北朝鮮戦含む無傷の6連勝&無失点で2次予選を終えた。

 今回は広島の新スタジアム「エディオンピースウイング広島」で初の代表戦が行われ、サッカー専用スタジアムらしく臨場感にあふれていた。

 初めてプレーしたMF久保建英は「すごくコンパクトというか、5、6万人入るわけではないが、拍手も聞こえやすく、作りもカッコイイ」と満足し、絶賛した。

 その上で「これから日本にも街中に、サッカー専用スタジアムが増えていけばいいかなと思います」と、期待の思いを込めた。

【久保建英、広島の新スタジアムの雰囲気を絶賛「サッカー専用スタジアムが増えていけば」 聞こえやすい拍手にも満足】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/11(火) 06:20:00.85 ID:s6ToQ28+9
2024年6月11日 05:00
渡辺卓幸
https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/305543?page=1
https://tokyo-sports.ismcdn.jp/mwimgs/4/a/400w/img_4a6375ca45b7c936207307068940adcf166025.jpg

 サッカー日本代表MF久保建英(23=レアル・ソシエダード)が、東京・国立競技場のサッカー専用化を提言した。久保は北中米W杯アジア2次予選シリア戦(11日)の会場となるエディオンピースウイング広島に初見参。サッカー専用スタジアムとあって、胸に秘めていた思いを吐露した。

「日本にも、これを機に街中にサッカー専用スタジアムができれば。自分の欲望を言っちゃうと、国立なんかサッカー専用スタジアムになってくれればなと思ったけど…。それは僕たちが結果、内容で見せていった上でじゃないと要求もできない」

 現状の国立は陸上競技場と球技場を兼ねた構造。5月29日の東京V戦で初めて国立でプレーした経験を踏まえ「キャパはすごく入る。立地もいいのでファンも入れる。でも、見に来ているファンからすると、ちょっと(ピッチからの距離が)遠い部分もある。この前も何人かの友達にちょっと遠いかなと言われた。あれが近くなれば、よりサッカーの臨場感がある。(陸上)トラックがあると(近くで見るために)特別ブースとか設置しないといけない。トラックがなかったら最前列で見られる」と力説。サッカー専用化が実現すれば、より多くのファンを引き付けるとの持論を展開した。

 そのためにも「またサッカー人気が日本で来ていると思う。しっかり結果、内容で選手個人としても、代表としても成長して、もっとサッカーが地域に根付いていけばいい」。代表強化によって、日本に専用スタジアムが増加することを見据えている。

【日本代表MF久保建英 国立競技場のサッカー専用化を提言「トラックがなかったら最前列で見られる」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/12(水) 05:25:41.52 ID:DbCflZ3/9
6/11(火) 21:28配信 デイリースポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/fbe5144fbfc9a511c680a43fbd3721c2ac91b941

 「W杯アジア2次予選、日本代表5-0シリア代表」(11日、エディオンピースウイング広島)

 5得点で快勝した日本代表・森保監督の試合後のピッチサイドでのインタビューを、試合を中継したフジテレビが途中で打ち切り、番組が終了した。

 森保監督は冒頭で「たくさんのサポーターのみなさんが来てくださったおかげで選手が走り回れた。そして、テレビの前で応援してくださってる方々を含めて、多くの日本の方々が応援してくださったおかげで、選手たちが頑張ってくれた」などと、いつも通りに応援に感謝。2次予選を全勝、しかも無失点で突破した要因を問われ「勝たなければいけない相手に、選手たちが準備のときから当たり前のことを当たり前にやる。ハードワークして、その試合でしっかりとチャレンジするということをやってくれた結果だと思う。ただ、2次予選と、ここから始まる最終予選はまったく別次元の戦いになると思うので…」と話したところで、アナウンサーが「インタビューの途中ですが間もなく番組を終了します」と通告した。

 SNSでは「森保が喋ってる途中でしょうがー!」「森保、まだ喋ってたのにww」「森保監督のインタビュー、ぶったぎり…」「途中でぶったぎられた。森保さんのインタくらいはちゃんと流してくれ」と、勝利監督に同情の声が集まった。

【日本代表・森保監督のインタビュー中に中継終了 SNS「まだ喋ってたのにww」「森保監督のインタビュー、ぶったぎり」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/11(火) 21:08:30.05 ID:7Xpmfbz+9
サッカー日本代表は11日、FIFAワールドカップ26アジア2次予選 兼 AFCアジアカップサウジアラビア2027予選・グループリーグB組第6節でシリア代表と対戦し5-0で勝利。この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。シリア代表戦に出場した選手(出場時間の短い選手は除く)、監督のパフォーマンスをどこよりも早く採点する。


【日本 5-0 シリア W杯アジア2次予選】


大迫敬介 6.0
 危険なシュートはほぼなく、静かな時間を過ごしていた

冨安健洋 6.5
 守備はもちろんのこと、この日は攻撃面でセンスを発揮。効果的だった

板倉滉 6.5
 攻守両面で安定感あるプレーを続けた。後半には倒立でスタジアムを沸かせた

町田浩樹 6.0
 全体的に安定していたが、フィジカルで負けピンチを招いたのは気になった

堂安律 7.5
 右サイドでキレのあるプレーを継続。ニアを射抜いた追加点は好調の表れだった。MVP

遠藤航 6.5
 鋭い出足で相手のカウンターを潰していた。チャンスにつながるロングフィードも

田中碧 6.5
 積極的にゴール前にも顔を出しながら、ボールを散らし続けてリズムを作り出していた

中村敬斗 7.0
 左サイドからの仕掛けは相手の脅威に。先制ゴールに繋がったクロスは高質だった

久保建英 7.0
 豊富なアイデアを武器に何度も攻撃を活性化。技術力の高さが際立っていた

南野拓実 7.0
 試合終盤に5点目を奪取。堂安や久保に負けじと結果を残した

上田綺世 7.0
 チャンスを確実に仕留める決定力の高さはさすが。2点目が欲しかったところ


伊藤洋輝 6.5
 左サイドバックとして途中出場。ミドルシュートを放つなど良い入りを見せた

鎌田大地 6.5
 絶妙なスルーパスでPK奪取を呼び込む。さすがの視野と技術だった

相馬勇紀 7.0
 精力的な動きでPKを獲得。これを自ら決めるなど短い時間でアピールに成功した

川村拓夢 6.0
 慣れ親しんだスタジアムで途中出場。落ち着いて試合に入った

谷晃生 –
 出場時間短く採点不可

森保一監督 6.5
 前半は3バック、後半は4バックを採用。ほとんどの選手を使うなど良いテストができた

https://news.yahoo.co.jp/articles/f507ffe481ee8404dac364344dfe7f395f735578

【【日本代表、採点&寸評】久保建英、中村敬斗、堂安律…。シリア戦のMVPは?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/11(火) 21:06:32.01 ID:7Xpmfbz+9
日本代表は11日、2026年ワールドカップ(W杯)アジア2次予選グループB最終節でシリア代表をエディオンピースウイング広島に迎え、5-0で勝利した。

【テキスト】日本 vs シリア|結果・試合の主な展開

6日に行われた前節のミャンマー代表戦を5-0で勝利し、19得点無失点でアジア2次予選5連勝中の日本。すでに首位突破は決定しており、今回のシリア戦は9月から行われる最終予選前の最後の試合となった。

そのシリア戦に向けて森保一監督は前日会見での明言通り、[3-4-2-1]の継続とスタメンの大幅入れ替えを敢行。GK大迫敬介に、最終ラインは右から冨安健洋、板倉滉、町田浩樹を並べた。ダブルボランチでは遠藤航と田中碧がコンビを組み、右ウイングバックに堂安律、左ウイングバックに中村敬斗、2シャドーは久保建英、南野拓実を配置。最前線には上田綺世が入った。

9月から行われる最終予選前の最後の試合となったゲーム。今節の結果次第で2次予選敗退の可能性もあるシリアの激しいプレスにも徐々に対応し、8分には中村のグラウンダーのクロスに久保が中央で合わせるも、枠を捉えきれない。

それでも13分、南野のパスを受けた中村が縦への仕掛けから再びボックス左外からクロスを供給。中央で上田が頭で合わせると、ボールはクロスバーを叩いてゴールに吸い込まれた。

先制に成功した日本はさらに19分、自陣で中村からパスを受けた久保が持ち上がり、最後はボックス右手前から堂安律がカットインシュート。対峙した相手DFの股を抜いたシュートはゴール右へと突き刺さった。

22分にも久保の仕掛けから相手のオウンゴールを誘発した日本は、その後もシリアを押し込み続け、3点リードで試合を折り返した。

日本は後半に入ると、中村を下げて伊藤洋輝を投入。また、システムも3バックから4バックに変更して後半に入った。すると、5分には右サイドバックに入った冨安のオーバーラップから堂安がシュート、8分には左サイドバックに入った伊藤がボックス左手前から右足でシュートを放つなど、両サイドバックが果敢に攻撃参加を見せる。

システム変更によって前半ほどの勢いはないものの、ボールを保持しながら攻撃を組み立てる日本は60分、久保がドリブルでボックス右に侵攻してクロスを送り、ファーサイドで南野が頭で合わせるが、ここはGKに阻まれた。

それでも72分、左サイドの相馬が鎌田とのワンツーでボックス左に侵攻すると、倒されてPKを獲得。これを自ら相馬が決めて、1年7カ月ぶりのゴールでリードを4点に広げた。

その後、日本は76分にGK大迫を下げてGK谷晃生を投入。85分には南野が追加点を奪って、5-0で試合を終わらせた。日本は2次予選を全勝で突破し、9月に行われる最終予選(3次予選)を迎える。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b1d378ddbaed721f14351d45e30d9b9dcf9cf834

【W杯アジア2次予選 日本代表、前半3バック→後半4バックでシリアに5発快勝! 全勝&24得点無失点で最終予選へ】の続きを読む

このページのトップヘ