SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

日本代表

1: 名無しさん@恐縮です 2021/07/27(火) 00:36:34.39 ID:CAP_USER9
サッカー男子の日本代表は26日、千葉県内で一部メンバーが練習。右太ももの張りの影響で調整が遅れていたMF三笘薫(24)=川崎=は不安を感じさせない動きを見せ、
28日のフランス戦(日産スタジアム)での完全復活をアピールした。

 ようやく調子が上がってきた。三笘は20日の時点で自身の状態を「60~75%ぐらい」と語っていたが、この日は「ベストだと思っている」。
次戦以降の先発出場についても「まだ分からないが、自分の中ではそういう風に準備している」と前向きに語った。

初戦の南アフリカ戦はベンチ外だったが、メキシコ戦では後半34分に途中出場。2点リードの状況もあって「守備でやらせないことを意識していた」。直後に1点を失ったが、得意のドリブルで切り込む場面もあった。

 この日の練習では、前日に先発外だったメンバーが、約1時間半、汗を流した。三笘も、左右両足で強烈なシュートを披露。
引き分け以上でグループ1位突破が決定するフランス戦に向け「より失点しない戦いをした上で、特長を出したい」と力強く意気込んだ。

連戦の疲労に加え、この日はDF冨安が再び練習場以外で調整するなど、総力戦の重要性も高まる。
現在攻撃陣では、2列目の堂安、久保建が計3ゴール。2人に続く三笘の一発で、好調日本に加勢する。

https://www.chunichi.co.jp/article/298379

【五輪日本代表MF三笘フランス戦先発OK「自分の中ではそういう風に準備」冨安は別メニュー】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/07/26(月) 18:40:09.14 ID:CAP_USER9
「東京五輪・サッカー男子・1次リーグ、日本-フランス」(28日、日産スタジアム)

 A組で2連勝した日本は26日、第3戦のフランス戦に向けて千葉県内で調整し、
メキシコ戦の先発11人と左足首を負傷しているDF冨安健洋(22)=ボローニャ=を除く10人が1時間半ほど汗を流した。

2試合連続で欠場した冨安は練習に姿を見せなかった。日本協会関係者によると、チームとは異なる時間帯にコンディション調整に努めているという。
24日の練習では、公開された冒頭部分でスパイクを履き、痛めていた左足で感触を確かめるようにボールを蹴っていたが、
復調には至っていないとみられる。準々決勝進出が懸かるフランス戦の出場も厳しい状況となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a7d32d258aa699703162c9c0815d22a30807fd17

【左足首負傷のDF冨安健洋は練習に姿見せず別調整 次戦フランス戦も欠場か】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/07/22(木) 10:42:04.92 ID:CAP_USER9
 東京五輪でU-24日本代表は22日にグループリーグ初戦・南アフリカと戦う。メキシコ、フランスと強豪国がひしめくブロックに入ったが、勝ち抜く力を十分に備えている。

「オーバーエイジのDF吉田麻也、DF酒井宏樹、MF遠藤航が入ったことで守備が一気に引き締まった。攻撃陣もMF堂安律、MF久保建英、FW上田綺世を中心に多彩な攻めを展開できるタレントがそろっている。フランス代表が大幅な戦力を余儀なくされたのも、大きな追い風です。日本代表は選手層が厚いので予選リーグを勝ち抜けば、その勢いで十分にメダルを狙えると思います」

 フランス代表はパリ・サンジェルマンのキリアン・エムバペがエースストライカーとして期待されたが、クラブの強硬な反対で招集を断念。さらに、18人の最終メンバーを発表した後、クラブ側が難色を示したことで、8人の選手をリストから外す事態となり、チーム構築の見直しを迫られている。

 U-24日本代表は試合を重ねることで連携の精度が高まり、チーム力が上がっている。17日の金メダル候補・U-24スペイン代表との国際親善試合では、前半42分に堂安が久保のアシストから左脚を振り抜いて先制ゴール。後半に追いつかれたが、ボールを保持する相手に対して粘り強い守備で決定機を許さなかったのは評価できるだろう。

 ただ、森保監督の采配に関しては、評価が決して高いわけではない。昨年1月の東京五輪アジア予選を兼ねたU-23アジア選手権では1次リーグ敗退。日本はホスト国として本大会の出場権は得ていたが、ベストメンバーではなかったことは敗戦の言い訳にならない。「交代のカードを切るタイミングが遅い」、「相手のベンチワークに対応できていない。すべてが後手、後手で受け身に回っている」など批判の声が挙がり、解任論が飛び出したほどだった。

「森保監督は選手個々の能力を伸ばし、組織として熟成させる能力に長けている。サンフレッチェ広島の監督で4年間に3度のリーグ優勝を果たした手腕でそれは証明されています。ただ試合途中にシステム変更や選手の交代などで戦局を変える采配については、あまり得意ではないと思います。策士というタイプではないですね」(日本代表を取材するテレビ関係者)

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/7a3293ac0b340a9340e403917010030a1faffb1d

【史上最強の呼び声高いサッカーU-24日本代表、不安要素は「森保監督の采配」か】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/07/19(月) 21:33:34.44 ID:CAP_USER9
 東京五輪サッカー男子日本代表は19日、千葉県内で練習を行った。遠征先の関西から帰京した18日は練習を行わなかったため、22日の1次リーグ初戦・南アフリカ戦(味スタ)に向けて再始動した。

 MF堂安律(PSV)は、1得点を挙げた17日のU―24スペイン戦(1△1)でかかとを打撲した影響で別メニュー調整。ピッチでウォーキングやストレッチなど軽めのメニューのみをこなし、約30分間で練習場を後にした。6月から親善試合で4戦連続ゴール中と絶好調の背番号10が、3日後に迫る初戦の出場が微妙な状況となった。

 また、MF三笘薫(川崎)は右太ももの張りを訴えて別メニュー調整を続けているが、この日は負荷が高い動きやダッシュを繰り返すなど、復調をアピールした。

 南アフリカ代表で選手ら3人の新型コロナウイルス陽性者が確認され、21人が濃厚接触者と判定される衝撃的な事実が明らかとなった中、チームは2人を除く20選手で練習。気温30度を超える酷暑下で、パス回しやシュート練習など約1時間半にわたって汗を流した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/440f38de5d62535635ecd114ef43de8a093804e4

【サッカー五輪代表MF堂安律、17日U―24スペイン戦でかかとを負傷、別メニュー調整】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/07/18(日) 14:54:51.61 ID:CAP_USER9
サッカー五輪代表のFW堂安律(24)が18日、ツイッターで吉田麻也の有観客を願う発言に賛同した。

吉田は17日に行われたスペイン戦の後「無観客は残念。アスリートとしてはどうコメントしても難しい状況ですが、本心としてはファンの前でプレーしたい。サポーターの力が必要。菅(総理)さんも1回考えてほしい」と話した。

これに対して堂安も賛同し「昨日マヤくんがオリンピック無観客について伝えてくれた事に被せてなんですが、これが選手達の意見です。僕達選手は観客のパワーを信じているし皆さんと共に喜びを分かち合いたい」と率直な肝とをつづった。
 
その上で「ただもちろん僕達アスリートは今の難しい状況を理解しているつもりですし苦しい状況を改善させたい気持ちは同じです」と複雑な心情を吐露した。

ソース/YAHOO!ニュース(東スポ)
https://news.yahoo.co.jp/articles/34393b0b6666ecce336b1df603cc273c42c4a006

【サッカー五輪代表FW堂安律が吉田麻也の“ファンの前でプレーしたい”発言に賛同「皆さんと共に喜びを分かち合いたい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/07/17(土) 21:49:09.30 ID:CAP_USER9
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?336853-336853-fl
[7.17 キリンチャレンジ杯 U-24日本 1-1 U-24スペイン ノエスタ]

 東京オリンピックに臨むU-24日本代表の主将DF吉田麻也が、無観客で実施されることになった本番の試合について、苦しい胸の内を明かした。

 優勝候補のU-24スペイン代表と本番前最後の一戦に臨んだ日本は、後半押し込まれながらも1失点で耐えて、1-1のドローで試合を終えた。
吉田は「後半出た課題を修正して、次の初戦に臨みたい」と気を引き締める。

 新型コロナウイルス対策のため、首都圏を中心とした会場が無観客で実施することが決定。
神戸で行われたこの日は多くのサポーターが詰めかけていたが、本番ではその雰囲気も一変することになる。

 吉田は「無観客…は残念ですね」と素直な気持ちを吐露。

「今日もたくさんのお客さんが見に来てくれて、最後の苦しい5分10分はサポーターの声援が力になる」と応援の重要性を改めて説くも
「なかなかアスリートがコメントを発することが難しい状況。今はどっちにコメントしても難しい状況になる」
と苦い表情で言葉を選んで話すのが精いっぱいだった。

https://video.twimg.com/ext_tw_video/1416372606991683588/pu/vid/1280x720/JWNkKHmdMHkSQIVk.mp4

【吉田麻也 五輪無観客に苦しい胸の内「今はどっちにコメントしても難しい状況になる」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/07/17(土) 21:15:37.71 ID:CAP_USER9
 キリンチャレンジカップ2021が17日に行われ、U-24日本代表とU-24スペイン代表が対戦した。

 東京オリンピック前最後の強化試合で、金メダル候補の一角に数えられるスペインと対戦。日本はオーバーエイジ(OA)の3人や久保建英、堂安律らがスターティングメンバーに名を連ねた。一方、スペインもOAの3選手のほか、先日までEURO2020に参加していた3選手を先発で起用した。

 16分、スペインに決定機が訪れる。ダニ・オルモのスルーパスにダニ・セバージョスが抜け出し、右足アウトサイドを使ったループ気味のシュートで流し込もうとしたが、谷晃生の脇下を抜けたボールは惜しくもサイドネットに外れた。

 日本は40分、遠藤航のスルーパスに抜け出した林大地が寄せてきた相手DFを振りほどき、ペナルティエリア左から左足を振り抜く。しかし、シュートは惜しくも枠の上に外れる。

 すると42分、スペインのボール保持に苦しむ時間が続いていた日本が、少ないチャンスをモノにして先制する。左サイドをドリブルで突破した久保建英が、同サイドの深い位置に侵入してマイナス方向に折り返す。ペナルティエリア中央に飛び込んだ堂安律が左足ダイレクトで合わせると、シュートはゴール左上に突き刺さった。

 日本の1点リードで折り返すと、ハーフタイムで日本は7人、スペインは3人の選手交代を行った。

 スペインは後半、途中出場のミケル・オヤルサバルを中心に攻撃を構築して押し込む時間が続くが、日本も集中した守りを見せて無失点の時間を続ける。スペインは71分、ブライアン・ヒルのスルーパスに抜け出したオヤルサバルがエリア内で左足を振り抜いたが、惜しくもゴールの左横に外れる。

 しかし78分、スペインが試合を振り出しに戻す。ぺドリのスルーパスから左サイドの深い位置をとったフアン・ミランダがグラウンダーで折り返し、カルロス・ソレールがダイレクトで合わせる。シュートは右のポストに当たってゴールに吸い込まれた。

 84分、後方からの縦パスを受けた三好康児は鮮やかなターンで前を向き、動き出した上田綺世にスルーパスを供給。上田は相手GKとの一対一を迎えたが、阻まれてネットを揺らすことはできない。

 試合はこのまま終了し、本番前のラストマッチは強豪国と1-1のドローという結果になった。東京五輪の男子サッカーは開幕式より一足先に始まり、グループAの日本は南アフリカ、グループCのスペインはエジプトが初戦の相手となる。

【スコア】
U-24日本代表 1-1 U-24スペイン代表

【得点者】
1-0 42分 堂安律(日本)
1-1 78分 カルロス・ソレール(スペイン)

【スターティングメンバー】
U-24日本代表(4-2-3-1)
谷晃生(46分 大迫敬介);酒井宏樹(46分 橋岡大樹)、吉田麻也(46分 瀬古歩夢)、冨安健洋(46分 町田浩樹)、旗手怜央;板倉滉、遠藤航(46分 田中碧);堂安律(46分 三好康児)、久保建英(67分 上田綺世)、相馬勇紀(80分 中山雄太);林大地(46分 前田大然)

U-24スペイン代表(4-3-3)
シモン(80分 A・フェルナンデス);O・ヒル、ミンゲサ、P・トーレス、ミランダ(80分 ククレジャ);メリーノ、スビメンディ(46分 モンカヨラ)、セバージョス(68分 ぺドリ);オルモ(46分 B・ヒル)、ミル(46分 オヤルサバル)、アセンシオ(68分 プアド)

https://news.yahoo.co.jp/articles/b46f5aecb6b7a538afc0f80076f9668d2f8d4261

【U-24日本代表、金メダル候補スペインに堂安律が先制するもリード守りきれずドロー】の続きを読む

このページのトップヘ