SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

日本代表

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/20(金) 14:27:44.77 ID:CAP_USER9
日本サッカー協会(JFA)は20日、6月に予定しているブラジル戦など4試合に臨む日本代表(FIFAランキング23位)のメンバー28人を発表した。

【一覧】ブラジル代表メンバー

日本代表は6月2日にキリンチャレンジカップ2022でパラグアイ(札幌ドーム)、6日にブラジル(国立)と対戦。さらにキリンカップ2022で10日にガーナ(ノエスタ)、14日にチリまたはチュニジア(吹田)と対戦し、合計4試合を行う。

18日のUEFAヨーロッパリーグ(EL)を制したアイントラハト・フランクフルトMF鎌田大地や、堂安律(23=PSV)がメンバーに復帰した。伊藤洋輝(23=シュツットガルト)は初選出となった。

一方で大迫勇也(32=ヴィッセル神戸)が外れた。

メンバーは次の通り。

▽GK

川島永嗣(39=ストラスブール)

権田修一(33=清水)

シュミット・ダニエル(30=シントトロイデン)

大迫敬介(22=広島)

▽DF

長友佑都(35=東京)

吉田麻也(33=サンプドリア)

谷口彰悟(30=川崎F)

山根視来(28=川崎F)

板倉滉(25=シャルケ)

中山雄太(25=ズウォレ)

冨安健洋(23=アーセナル)

伊藤洋輝(23=シュツットガルト)

菅原由勢(21=AZ)

▽MF・FW

原口元気(31=ウニオン・ベルリン)

柴崎岳(29=レガネス)

遠藤航(29=シュツットガルト)

伊東純也(29=ゲンク)

浅野拓磨(27=ボーフム)

南野拓実(27=リバプール)

古橋亨梧(27=セルティック)

守田英正(27=サンタクララ)

鎌田大地(25=フランクフルト)

三笘薫(24=サンジロワーズ)

前田大然(24=セルティック)

堂安律(23=PSV)

上田綺世(23=鹿島)

田中碧(23=デュッセルドルフ)

久保建英(20=マジョルカ)

6月の代表シリーズはワールドカップ(W杯)カタール大会(11月21日開幕)へ向けた試金石となる。中でもFIFAランキング1位の宇国ブラジルはネイマール(パリサンジェルマン)ガブリエル・ジェズス(マンチェスター・シティー)ビニシウス(レアル・マドリード)らベスト布陣をそろえた。W杯でドイツ、スペインと1次リーグで同組となっている森保ジャパンにとっては、最高の腕試しの機会となる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0e98c84b8431d545ac6437c697b19224073ece8c

【サッカー日本代表、6月ブラジル戦など4試合28選手を発表 鎌田、堂安復帰、伊藤初選出、大迫外れる】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/14(土) 11:07:08.38 ID:CAP_USER9
サッカー日本代表の国際親善試合、キリンチャレンジカップ・ブラジル戦(6月6日、国立競技場)のチケットは、14日午前10時からインターネットで一般販売となっている。

11日には来日するブラジル代表のメンバーが発表され、チチ監督が招集した27人は、FWネイマール(30=パリ・サンジェルマン)、ガブリエル・ジェズス(25=マンチェスターC)ら豪華メンバー。

チケットは7日からの先行販売分が即完売。いつになく熱気を帯びているが、この日も午前9時過ぎには、販売するうちの1つ、
チケットJFAのサイトが、早くもつながりにくくなった。因果関係は不明だが、ブラジル戦のチケット購入希望者の“準備”によるものとも考えられる。

「ただいま混み合っております」「一時的なアクセス増加により混雑しており、接続しづらい状態となっております」などと、サイトには表示されている。

ワールドカップ(W杯)イヤー、それも相手が王国ブラジルで、本気ともとれる布陣。いつになく? 森保ジャパンを巡ってフィーバーが巻き起こっている。

https://www.nikkansports.com/m/soccer/japan/news/202205140000185_m.html

【森保ジャパン巡り早くもフィーバー ブラジル戦チケットサイト、販売前からつながりにくい状況に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/10(火) 19:40:41.99 ID:CAP_USER9
サッカー日本代表の森保一監督(53)が9日、報道陣のオンライン取材に応じた。代表の現状について話した中で、MF久保建英(20)=マジョルカ=に奮起を求める異例の注文をした。
今季はスペイン1部で1得点と結果を残せていない状況が続く若武者を「一皮むけないといけない時」「まだまだ成長しないといけないことがある」などと評した。
11月開幕のW杯1次リーグで同組の強敵、ドイツ、スペインとの戦いをにらみ、局面を打開できる能力を持つ久保へ、指揮官が珍しくハッパをかけた。

選手評には慎重になる森保監督が、久保に対してはストレートな言葉を向けた。例に出したのは、2列目の右で先発した7日のグラナダ戦。
残留を争うライバルとの対戦で前半4分に相手GKと1対1を迎えたが、決めきれなかった。チームはその後6失点の大敗。久保に3点満点で「0点」の赤点をつける現地紙もあった。

「決定的なシーンがあった。そこで決めていたらいろんなことは言われていなかったかなと思うが、局面を決めるところも含めて、まだまだ成長しなければいけないことがあると思う」

そして、マジョルカを率いるハビエル・アギーレ監督の要求を満たしていないとの考えを示した。アギーレ監督が「良いプレーをしても、10分消える。
現れて、再び消える」と言うように、守備との両立ができていないとの見方がある。

「彼しかいない能力を持つ選手だと思うが、今監督から攻守にわたっての要求がされている。成長するにあたって、一皮むけないといけない時かなと思っています。
今後プロとしてのキャリアをつないでいくために、より輝かせるために、アギーレさんが良い要求をしてくれている」

久保は今季26試合に出場し、1得点。リーグを問わず攻撃的なポジションを張れる数字ではない。ただ、ドイツ、スペインと同居したW杯1次リーグを突破するために、
久保のような局面を打開できる選手は貴重だ。森保監督も「チームとしても難しい状況だが、乗り越えていければパワーアップした選手になれる」と期待を寄せる。
6月にはブラジル戦など強化目的の4試合が予定されている。そこで久保が決定力と攻守の両立を見せられるか。森保監督から2つの課題を課せられた。(内田 知宏)

https://hochi.news/articles/20220509-OHT1T51206.html?page=1

【日本代表・森保一監督、結果出せない久保建英に異例の注文「一皮むけないといけない時」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/03(火) 06:31:27.92 ID:CAP_USER9
日本サッカー界の〝至宝〟がカタールW杯メンバーから落選する可能性が浮上した。11月開幕のW杯に臨む日本代表MF久保建英(20)は、所属するスペイン1部マジョルカでレギュラーから陥落。
しかも今シーズンは日本代表でポジション争うライバルたちに大きな差を付けられており、大舞台に臨む森保ジャパン入りを懸念する声が高まっている。

久保が窮地に立たされている。スペイン紙「アス」は「日本は久保に期待しているが、大きな希望は取るに足らないものになった。森保監督の計画において重要性を失い、
期待は希薄になっている」と指摘し「これまで彼の立場はW杯に向けて危険にさらされていなかったが、もう明確ではない。このまま行けば久保は岐路に立つ」と伝えた。

日本代表で久保の現状は、W杯アジア最終予選で歴代最多となる4試合連続ゴールをマークするなどMVP級の活躍を見せたMF伊東純也(29=ゲンク)が務める右サイドの控え。
さらに4―2―3―1のシステムを採用した場合でも、久保が得意とするトップ下のポジションは10番を背負うMF南野拓実(27=リバプール)が一番手となる。

J1クラブの強化担当者は「さすがにタケは選ばれるとは思うけど、今は伊東を外せないからあくまでサブ」としながらも「ただ攻撃陣は、どのポジションもサバイバルでしょ。
そこで何をアピールできるか。スピードがあるとか、得点が取れるとか、守備がうまいとか…。何か特筆するものがなければ(W杯メンバーとして)生き残るのは厳しいのかもしれない」と語っていた。

久保は攻撃面で非凡な才能を発揮しているものの、肝心のゴールに関しては明らかに物足りない。A代表では期待されながらもいまだにノーゴール。マジョルカでも今季公式戦2得点とまったく結果が出ていない。
4月末の時点ながら同じ左利きで右サイドのメンバー入り争うライバルのMF堂安律(23=PSVアイントホーフェン)は今季公式戦9得点。トップ下を争うMF鎌田大地(25=Eフランクフルト)も同じく9得点をマークしている。

また守備面では、森保監督が久保について「守備の強度はまだ足りない」と指摘していたように現在でも大きな課題。実際に、元日本代表の指揮官で、3月末からマジョルカを率いるハビエル・アギーレ監督も「足元の技術はうまいが、
サッカーでは攻撃と守備が重要だ」と久保の守備力に注文を付けてレギュラーの座を剥奪をしたように、W杯では攻撃陣でもある程度の守備力がなければ、ポジションを確保できないのは間違いない。

Jクラブ関係者は「じゃあ左サイドっていっても、南野と最終予選で活躍した三笘(薫=サンジロワーズ)もいるし、守備ができる原口(元気=ウニオン・ベルリン)もいるし…」と話しており、
こちらも厳しい見通しといえる。W杯開幕まで約6か月。なかなか覚醒しない久保はW杯メンバーの座を勝ち取れるか。

https://www.tokyo-sports.co.jp/soccer/japan/4163471/
https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2022/04/dc0b1833dde387efac5daa29a940c159-406x450.jpg

【久保建英、カタールW杯落選の可能性は?競争激化で「特筆するものなければ厳しい」の声】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/09(月) 19:36:11.71 ID:CAP_USER9
森保ジャパンでDF長友佑都(35=FC東京)のコンバート案が浮上してきた。

 長友は今季FC東京で主に右サイドバックで起用されており、代表で固定されてきた左サイドでの出場機会は激減している。

 そうした中、9日にオンラインで取材に応じた森保一監督は「長友に関しては今右サイドをやっているだけでなく、マルセイユでもあったと思う。佑都は(長谷川)健太さんが監督していた時に、帰国してすぐは右サイドをやっていた。
(W杯)予選の時も右サイドバックもできると考えていた。結果的に使わなかったが、その選択肢は持っている。今後もその選択肢を持ちながらやっていきたい」とコンバート案があることを明かした。

右サイドバックではDF酒井宏樹(浦和)が右足第5中足骨の手術を受けるなど負傷が目立ってきており、有事の際は経験豊富な長友も起用できるというわけだ。

 さらに森保監督は長友の実力を高く評価しており、場合によってはサイドバック以外もこなせると指摘。コンバートの可能性があるポジションとして「右サイドバックであったり、一つ前のポジションだったりは選択肢として持ちたい」とより攻撃的なポジションでの起用も示唆した。

 ベテランながら獅子奮迅の活躍を続ける長友。今後はカタールW杯に向けて、その起用法にも注目が集まりそうだ。

https://www.tokyo-sports.co.jp/soccer/japan/4180544/
https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2022/05/0b050909a23c6cf807d218d318d2e921-330x450.jpg

【森保ジャパンで「DF長友佑都コンバート案」浮上 サイドバック以外の選択肢も】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/02(月) 18:55:55.80 ID:CAP_USER9
 日本サッカー協会相談役の川淵三郎氏が2日、元サッカー日本代表監督のイビチャ・オシム氏の訃報を受けてコメントを発表した。

 川淵氏といえば、2006年ドイツW杯後の総括会見でジーコ監督の後任についての質問を受けた際「総監督的な立場としてオシム…、あっ! 言っちゃった…」と、千葉を率いていた指揮官の名前を出してしまったエピソードは有名だが、この日のコメントでも「最も思い出深いのは、僕の“オシム失言”とオシムさんが脳梗塞で倒れた時」と回想。「(ドイツW杯は)グループステージ敗退となり、とにもかくにも日本のファンに謝りたいと思って記者会見に臨んだ僕は、質疑応答に入ったところでうっかり『オシム』と口にしてしまい、大きな非難を浴びた。失言によって代表監督を引き受けてくれなくなるかもしれないと心配したが、オシムさんは『会長がそんなことでいちいち謝ることはない』ととがめることもせず、引き受けてくれた。常に僕の立場を慮ってくれる人だった」と懐かしんだ。

 07年11月にオシムさんが倒れた際には「本当にショックで、毎日祈るような気持ちだった」と川淵氏。「ようやく面会できることになり病院に伺うと、リハビリが終わろうとしているところだった。その時の僕への第一声は『こんなに(リハビリで)痛めつけられて、ありがとうと言わなきゃいけないのは承服できない』。その時のいたずらっぽい笑顔が忘れられない」と故人をしのんだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/293ddb2e79c65ac3183ea7770a5fe782f6829e90

【川淵氏が追悼コメントでオシムさんとの思い出語る “失言”にも「会長がそんなことで謝ることはない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/02(月) 12:26:21.61 ID:CAP_USER9
5/2(月) 12:18
デイリースポーツ

日本代表・森保監督が哀悼の意「オシムさんが日本サッカー界にいた証を残し続けたい」
 
 サッカー日本代表の森保一監督(53)が2日、日本協会を通じて声明を発表し、1に陳意志キョした元日本代表監督のイビチャ・オシム氏(享年80)へ、哀悼の意を示した。

 森保氏のコメントは以下の通り。

 「突然の訃報にふれ、深い悲しみと大きな喪失感を感じています。

 一緒のチームで仕事をする機会はありませんでしたが、オシムさんのサッカーに向けられた情熱、そしてサッカー哲学に大きな刺激をいつも受けていました。『日本サッカーの日本化』ということを提言いただき、とても勇気づけられたこと、今もその言葉を胸に日々サッカーと向き合っています。

 私も日本代表監督として、オシムさんが遺してくれたものをしっかりと受け継ぎ、そして未来へと繋ぐことでオシムさんが日本サッカー界にいた証を残し続けたいと思います。今までありがとうございました。安らかにお休みください」

https://news.yahoo.co.jp/articles/02d5d8d54e049dd0846be86b9a6e688732f5b4a7

【日本代表・森保監督が哀悼の意「オシムさんが日本サッカー界にいた証を残し続けたい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/29(火) 12:02:42.84 ID:CAP_USER9
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220329-00852581-number-000-1-view.jpg?exp=10800

森保一監督率いるサッカー日本代表が、7大会連続となるW杯への切符を獲得しました。24日に行なわれたカタールW杯アジア最終予選オーストラリア戦、日本は攻守に安定した戦いぶりで2-0の完勝。サウジアラビアとともにW杯ストレートインを争うと目されたライバルを敵地で撃破しました。

【秘蔵写真】オシム50歳時や岡ちゃんvs西野の激レアな現役時代がカッコイイ!大学で無名だった頃の三笘やドレッド三都主、ロン毛時代の長谷部、15~18歳のカワイイ内田や麻也などを一気に見る

 オーストラリア戦では後半途中からピッチに送り出された三笘薫が2ゴールと大暴れし、森保監督の采配が“的中”しました。また今予選を通じてみると、守田英正と田中碧の中盤インサイドハーフでの抜擢やセンターバックの冨安健洋と板倉滉、途中出場が主ながら中山雄太や久保建英ら新たな世代をを重用しているのも特徴です。

 今や“W杯常連国”となった日本。そこに至るまでの過程の30年間では、数多くの印象的な指導者が指揮を執ってきました。そこでNumberWebは『サッカー日本代表の30年、あなたが選ぶ「最高の名将」は誰ですか? 』というテーマでアンケートを実施。わずか5日間の期間に合計511票が集まり、今もなお日本代表への興味と熱を感じさせる結果となりました。

 今回はその中から「トップ5」に選ばれた監督と、皆さんからのご意見を紹介していきます(全2回/3~5位編も)。

1位:イビチャ・オシム/179票
 1位はやはりというべきか、日本サッカーに多大な影響を与えたオシムでした。全体の得票数のうち約35%を占めるほどの人気ぶりです。

 ドイツW杯はグループステージ敗退に終わり、中田英寿が引退するなど、過渡期にあった日本代表にあって、オシム監督は「日本化」「考えて走る」「水を運ぶ人」というキーワードを用い、コレクティブなサッカーを追求しました。その旅は2007年秋、オシム自身の病によって未完となりましたが、在任期間の約1年半でサッカーファンに与えるインパクトは老若男女を問わず大きかったようです。

「賛否両論ながらカリスマ性があったと思う。彼の言う『考えて走れ』は日本のサッカーを変えたのではないか。逆に、日本人は考えすぎて動けないとも発言していた。脳梗塞でリタイアせざるを得なかったことは非常に残念」(50代女性)

「ジェフ千葉の監督時代、無名の選手がほとんどにもかかわらず、見ていて面白く、勝てるチームを短期間で創り上げた。病気で倒れなければ、日本代表サッカーの“可能性の大きいモデル”のチームができたと思う」(60代男性)

「チーム作りに明確な指標があった。多くは語らないけど、プレーを見ていればそれがわかった。ヨーロッパ遠征でスイスに打ち合って勝った試合は、日本代表史上でも指折りの試合だったと思います。このまま成熟し続けていたら、ワールドカップでどこまでいくのか、わくわく感があった。中村俊輔、中村憲剛、遠藤保仁選手を並べた中盤の構成、本職センターバックを置かないディフェンスラインなども面白かった。オシム監督以外、日本代表の試合でここまで期待感を持たせた監督はいないと思う」(30代男性)

「オシム監督の連動性のあるサッカーのおもしろさに感銘を受けたし、日本に合っているスタイルかなと肌で感じたため。監督の発言(名言)も好み」(30代男性)

「夢の途中で終わってしまったから、最後まで観たかった!  と、思わせてくれるのはオシムさんだけです!」(50代男性)

ナンバー3/29(火) 11:06
https://news.yahoo.co.jp/articles/2300336cbb3ac449c59049584daae444f5c01a8f

【『サッカー日本代表「最高の名将」は誰ですか?』1位は圧倒的にオシム!2位の岡田武史は「第1期と第2期」でファンの印象が少し違う?】の続きを読む

このページのトップヘ