SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

日本代表

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/24(木) 22:17:05.45 ID:CAP_USER9
元日本サッカー協会会長で現在も相談役を務め、Jリーグ初代チェアマンでもある川淵三郎氏(85=日本トップリーグ連携機構会長)が24日、自身のツイッターを更新。
7大会連続7度目となるワールドカップ(W杯)カタール大会出場を決めた日本代表チームを祝福した。

 「カタールワールドカップ出場おめでとう!!」と書き出すと「嬉しくて言葉が出ない」と感激で胸がいっぱいの様子。
その一方で、地上波でのテレビ中継がなかったことから「地上波で日本中で見ていたらどんなに盛り上がっていたことか」と残念がった。

それでも「でも高い契約金を払って放映していただいたDAZNには感謝しています」とし「連敗の後、監督更迭の嵐の中で田嶋会長が森保監督を全面的に信頼し支え続けた事が今日の勝利に結実した」と続けた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/89df19ab5d01860381a5c0afc24731afbb71f7da

【Jリーグ初代チェアマン・川淵三郎氏 W杯出場決定に感激も「地上波で日本中で見ていたらどんなに盛り上がっていたことか」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/24(木) 23:58:11.12 ID:CAP_USER9
インターネット動画配信「DAZN」によると、24日に行われたサッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選で、日本が7大会連続のW杯出場を決めたオーストラリア戦のライブ視聴数が速報値で過去最高を記録した。

 これまでの最高は昨年11月11日にハノイで行われた同予選のベトナム―日本戦。

 敵地シドニーで行われた一戦は、地上波などのテレビ中継がなく、視聴できるのはDAZNの加入者のみだった。過去、日本が本大会出場を決めた瞬間はテレビ中継されていた。 

時事通信 3/24(木) 22:07
https://news.yahoo.co.jp/articles/44e9efe7e973e8c13592e515b9ebb6aa6129510c

【『DAZN』日本のサッカーW杯決定試合、過去最高視聴数!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/24(木) 20:49:34.76 ID:CAP_USER9
◆カタールW杯アジア最終予選B組 オーストラリア0―2日本(24日・シドニー)

 日本代表はオーストラリアに2―0で勝利し、カタールW杯出場を決めた。途中出場のFW三笘薫が2得点を挙げた。

*  *  *

 途中出場でヒーローとなった三笘は「(後半39分の投入時に)0―0で(前に)行くしかないと思っていたので。全部出し切れました」と振り返った。

 決勝点は後半44分。MF守田英正のパスを受けたDF山根視来(みき)が右からマイナスのクロスを上げ、中央に侵入した三笘が泥臭く押し込んだ。

ゴールを決めた瞬間は「いや~もう覚えていない」。体は自然とベンチ方向へと向かい、ベンチ前で選手たちと喜びを爆発させた。「全員の力で勝ち取った勝利だと思います」。白い歯を見せた。「視来くんがあそこでボールを持った瞬間、フロンターレ時代からあそこからマイナスに来るというのは分かっていたので。まぁ素晴らしいボールが来たと思います」と川崎時代の同僚に感謝した。

 後半ロスタイムの2点目は、左サイドから圧巻のドリブルでねじ込んだ。「サイドで時間を作ろうか迷っていたんですけど、力も余っていましたし、一人崩せば進入出来るスペースがあったので。行くしかないって判断しました」。鮮やかに相手DFを抜き去ってシュートコースをつくり、豪快に右足を振り抜いてダメ押し点を挙げた。

スポーツ報知 3/24(木) 20:45
https://news.yahoo.co.jp/articles/c744592d1badf58fb75cb4c0839cf5aaf7f8a1aa 

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220324-03241229-sph-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=539&exp=10800

【日本代表FW三笘薫、後半39分の投入から衝撃2発!「0―0で(前に)行くしかないと思っていたので。全部出し切れました」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/24(木) 20:13:57.52 ID:CAP_USER9
ニッポン放送はW杯アジア最終予選のオーストラリア―日本戦を実況生中継をした。

 勝てば7大会連続のW杯出場が決まる大一番だが、DAZNの有料会員だけが国内での聴が可能で、地上波テレビの放送予定はなかった。日本協会の田嶋幸三会長は当初、協会負担での地上波中継を模索。DAZNと無料視聴の交渉もしていたが、今予選のアウェー戦はDAZNでの独占放送が決定済みでともに実現しなかった。

 ニッポン放送で生中継ながらも地方ではエリア外のため聴く事が出来ず。スマートフォンアプリやパソコンでラジオが聴ける無料のサービス「radiko(ラジコ)」でも権利の関係上radikoタイムフリー、エリアフリーで聴くことが出来なかった。ネットでは「地方では聴けん」「radikoで聴くことが出来なくて残念です」「radikoエリアフリーでは配信停止って辛い。。。」「ニッポン放送も聞けないから、余計に悔しい」などと地方から大一番を応援しようとしている人々からは不満の声も挙がった

https://news.yahoo.co.jp/articles/eae54bb353a25e13089884db24f8b8af56e2e6bd

【<サッカーW杯最終予選オーストラリアー日本戦>ニッポン放送で中継も地方で聴けず不満の声「余計に悔しい」「残念」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/24(木) 20:11:49.20 ID:CAP_USER9
日本代表は24日、FIFAワールドカップカタール2022・アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦し、2-0で勝利。この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

【図表】組み合わせ・順位表 カタールワールドカップ・アジア最終予選



【日本 2-0 オーストラリア カタールW杯・アジア最終予選】

権田修一 6.0 前半に一度ヒヤッとする飛び出しがあった。しかし、その他のプレーは安定していた
山根視来 6.5 攻撃時に非凡なセンスを発揮。三笘薫への決勝点アシストは見事だった
吉田麻也 6.0 ややパスが引っかかるシーンが目立ったが、身体を張り無失点に貢献した
板倉滉 6.0 ビルドアップ時のミスも目立たず、守備でも落ち着いた対応が光っていた
長友佑都 5.5 早々に警告を受けたのは痛かった。前半にあったビッグチャンス時の判断は悔やまれる
遠藤航 6.5 ボールの受け方が上手く安定感があった。被カウンター時の対応も見事だった
田中碧 7.0 立ち上がりから運動量豊富に動き、よくボールに触れるなど、存在感があった
守田英正 7.0 的確にサポートしビルドアップを助けた。ゴール前でのプレー精度も悪くなかった
伊東純也 6.0 自らシュートに持ち込む場面は少なかったが、クロス精度の高さは光っていた
浅野拓磨 5.5 何度か持ち味を活かし裏へ抜け出したが、決定的な仕事は多くなかった
南野拓実 6.5 巧みなポジショニングから何度も決定機を作った。あとは決め切るだけだった


中山雄太 6.0 “いつも通り”の長友佑都との交代。落ち着いて試合に入り、良いクロスも見せた
上田綺世 6.0 投入から間もなくしてチャンスを創出。守備でも良い対応を見せていた
三笘薫 8.0 短い出場時間ながら2得点を奪取。W杯出場の立役者になった
原口元気 - 出場時間短く採点不可
森保一 6.5 三笘薫の投入が見事に当たった。見事な試合運びでW杯出場権獲得

【【日本代表、採点&寸評】W杯アジア最終予選・オーストラリア戦】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/24(木) 20:17:23.64 ID:CAP_USER9
日本代表カタール切符!宿敵オーストラリア破り7大会連続7度目/W杯予選ライブ詳細
https://www.nikkansports.com/m/soccer/japan/news/202203230000479_m.html
<ワールドカップ(W杯)アジア最終予選:日本2-0オーストラリア>◇B組◇24日◇シドニー

サッカー日本代表(FIFAランキング23位)がアウェーでオーストラリア(同37位)に2-0で勝ち、7大会連続7度目のW杯出場を決めた。

https://www.the-afc.com/en/matches/fifa-world-cup/2022/2220403


【サッカーAFCアジア予選】日本、FIFAワールドカップカタール2022進出!日本歓喜の89分、三笘薫の決勝弾!
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1648119835/

【W杯アジア最終予選 日本、FIFAワールドカップカタール2022進出!日本歓喜の89分、三笘薫の決勝弾!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/24(木) 16:51:08.98 ID:CAP_USER9
森保一監督率いる日本代表は、3月24日にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第9節でオーストラリアと対戦し、敵地で勝利すれば本大会出場が決まる。米スポーツ専門局「ESPN」は「日本代表の運命は自分たちの手に委ねられている」としつつ、オーストラリア戦は「引き分けでも十分」と現状を分析した。

 6チームで争うグループBは、1位サウジアラビア(勝ち点19)、2位日本(同18)、3位オーストラリア(同15)が上位につけるなか、上位2か国がW杯自動出場権を獲得し、3位はアジアプレーオフに回る。

 残り2試合と佳境を迎え、日本は24日にオーストラリア、29日にベトナムと対戦。オーストラリア戦が鍵を握り、勝てばW杯出場が決まる一方、引き分けの場合は日本が2位をキープしたまま最終戦へ。さらに敗れた場合は勝ち点で並ぶものの得失点差で日本が3位へ転落する。

 記事では「日本は最終予選開幕3試合のうち2試合を落として出遅れたが、今がチャンスとばかりに調子を上げている」と指摘。尻上がりに調子を上げている日本だが、オーストラリア戦に向けて不安要素もある。「日本代表の森保一監督は、冨安健洋や前田大然といった欧州で活躍するスター選手や、大迫勇也らの欠場に頭を悩ませている」と伝えた。

 もっとも、日本が優位な立場であるという認識は変わらないようだ。「それでも森保監督の下には十分な戦力が揃っており、日本代表の運命は自分たちの手に委ねられている」と記し、地力でのW杯出場を掴み取れる状況だ。

 また日本とオーストラリアの大一番を前に、日本優位とする理由もある。「日本がオーストラリアに勝てばW杯出場が決まるが、両国の勝ち点差は3で、最終戦で日本が最下位ベトナムに勝つと予想されることを考えると、オーストラリア戦は引き分けでも十分だろう」と分析した。

 オーストラリアに勝利して7大会連続のW杯出場を決めるのか。あるいは痛み分けで勝ち点1を積み重ね、最終戦へ持ち越すのか。森保ジャパンの戦いに注目が集まる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/975406ee9712daeb22e70f7be2593a06b905118c

【日本代表“大一番”豪州戦。米スポーツ専門局「ESPN」「引き分けでも十分と現状を分析!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/24(木) 16:32:48.97 ID:CAP_USER9
<ワールドカップ(W杯)アジア最終予選:オーストラリア-日本>◇24日◇B組◇シドニー

森保ジャパンが敵地でオーストラリアと対戦する。キックオフは日本時間午後6時10分。

最終予選は残り2試合で日本B組2位につけている。この試合に勝てば、7大会連続となるW杯出場が決まる。敗れるとB組3位に転落し、大ピンチに陥る。

勝てば天国、負ければ地獄という注目の大一番だ。

 ◇   ◇   ◇

W杯出場を目指し過去に日本はドーハの悲劇、ジョホールバルの歓喜など、数々の名勝負を繰り広げてきた。しかし、オーストラリアに勝って突破が決まれば日本のW杯をかけた、激烈な争いは、これが最後になる可能性もある。

W杯は現状、4年に1度の開催。22年カタール大会の次は、26年に史上初の3カ国共催となる米国、カナダ、メキシコで行われる。出場チーム数も、現行の32から48へと大幅に増加する。

出場チーム数増加で、日本のアジアに割り当てられる出場枠も増える。

今回も含めこれまでは「4・5」だった。最終予選の上位4チームが本大会へ進み、5位は大陸間プレーオフで出場権を狙うことになっている。

これも、8枠への大幅増が決定済み。プレーオフを含め、アジアから最大9チームの出場が可能になる。

予選の方式などにもよるが、現在のやり方に当てはめるとB組4位までW杯行きとなる。日本は楽々通過できる。もちろんアジア勢のライバルが力をつけ、急激な底上げとなれば、日本が苦しむ可能性もゼロではない。ただ、現実的には結果に一喜一憂し、ハラハラドキドキの最終予選はこれが区切りとなるかもしれない。

一方、考えたくないが、万が一オーストラリアに敗れるようなことがあると、日本がいまだ経験したことのないアジアプレーオフ~大陸間プレーオフと、W杯に向け日本サッカー史上最も厳しい試合を余儀なくされることもある。

日刊スポーツ 3/24(木) 15:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/0c0c60890114f534d86a649ce97707516c9bfc60

【W杯アジア最終予選 日本代表、まもなくオーストラリア戦 W杯予選こんな大一番は今日で最後!?】の続きを読む

このページのトップヘ