SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

テニス

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/21(火) 01:50:07.42 ID:CAP_USER9
テニス大会で女がコート侵入、抗議試み試合中断 独ハレ:AFPBB News
https://www.afpbb.com/articles/-/3410459

2022年6月20日 9:50 
発信地:ハレベストファーレン/ドイツ

https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/e/1/810wm/img_e11a09099e013c1e5f33ca5fb5e06dae183785.jpg

【6月20日 AFP】19日に独ハレ(Halle)で行われた男子テニス、テラ・ウォルトマン・オープン(2022 Terra Wortmann Open)のシングルス決勝で、女がコートに侵入して抗議を試み、試合が一時中断する場面があった。

 ダニール・メドベージェフ(Daniil Medvedev)対ホベルト・ホルカシュ(Hubert Hurkacz、ポーランド)の決勝で、女はドイツ語で「残りたった3年」と書かれたTシャツを着てコートに駆け込んだが、警備員に取り押さえられて退場させられた。

(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

【「残りたった3年」テラ・ウォルトマン・オープンで女がコート侵入、抗議試み試合中断(6/19)】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/20(月) 19:11:47.54 ID:CAP_USER9
フェデラーが68位から96位とトップ100陥落目前に

6月20日、ATPは世界ランキングを更新。西岡良仁(ミキハウス)は1つ上げて 101位とトップ100が目前に。錦織圭(ユニクロ)は12落として116位、ダニエル太郎(エイブル)は4つ上げて123位となった。また昨年のウィンブルドンを最後にプレーしていないロジャー・フェデラー(スイス)は96位となり、1991年10月11日から守ってきたトップ100から陥落目前となった。

ATP500「シンチ選手権」(イギリス・ロンドン)では、マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)が連覇を達成したものの、1つ落として11位に。ATP500「テラ・ウォルトマン・オープン」(ドイツ・ハレ)で優勝したフベルト・フルカチュ(ポーランド)が2つ順位を上げて10位とトップ10に返り咲いている。

また「シンチ選手権」で準優勝となったフィリップ・クライノビッチ(セルビア)は、ポジションを17上げて31位となったほか、「テラ・ウォルトマン・オープン」で3週連続4強入りを果たしたニック・キリオス(オーストラリア)が45位にジャンプアップ。昨年3月8日以来となるトップ50となっている。

ウィンブルドン前週となる今週は、ATP250「マヨルカ選手権」(スペイン・マヨルカ)、ATP250「ロスシー国際」(イギリス・イーストボーン)で開催。ウィンブルドンではポイントが得られないこともあってか、トップ選手も多く出場している。マヨルカ選手権で予選を突破したダニエルをはじめ、多くの選手の戦いに注目したい。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9f0cba2da7729ac1f9bbcef58a44e60173c3d4b5

【フェデラーが約22年9ヵ月守ってきたトップ100陥落目前。西岡良仁101位、錦織圭116位、ダニエル太郎123位に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/19(日) 14:48:13.26 ID:CAP_USER9
2022年06月19日 13時20分
https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/tennis/4265504/
https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2022/06/1b69f1cb4b62cdfd363ec878b225c792-450x300.jpg

 女子テニスの4大大会通算4勝の大坂なおみ(24)が、4大大会・ウィンブルドン選手権(27日開幕、英ロンドン)の欠場を表明した。自身のツイッターに「自分のアキレス腱はまだ回復していないので、また次回お会いしましょう」と投稿した。

 大坂は、5月の全仏オープンのシングルス1回戦で敗退してから公式戦に出場していない。コンディションが整わなかったようだが、今回のウィンブルドンは世界ランキングのポイントが付与されない。ロシアのウクライナ侵攻を受けて、ロシア、ベラルーシ選手の参加を禁じたウィンブルドンに対し、男女のツアー統括団体、ATP、WTAが反発して、この決定がなされた。

 そのため全仏後、大坂は「私はランキングが上がるとモチベーションが上がるタイプ。ウィンブルドンをノーポイントで戦うとなると、エキシビションのようになってしまう気がする」と欠場の可能性を示唆していた。ウィンブルドン4度目の出場はなくなり、過去3回の最高成績は3回戦(2017、18年)にとどまる。どちらかというと芝コートは得意ではない。

【大坂なおみがウィンブルドン欠場表明 アキレス腱痛回復せず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/16(木) 19:05:50.22 ID:CAP_USER9
テニスの全米オープンの主催者である全米テニス協会は、ロシアとベラルーシの選手が、国旗や国歌を使用しない個人としての立場で、出場することを認める方針を明らかにしました。

しかし、ワクチン接種について否定的な姿勢を続ける、ノバク・ジョコビッチ選手は、アメリカの入国規制のために、出場できない可能性があることが分かっています。

在日アメリカ大使館のホームページによりますと、今月13日現在でアメリカ市民、永住者、移民ビザ所持者をのぞくすべてのアメリカへの渡航者は、飛行機に搭乗する前に、新型コロナウイルスのワクチン接種を完了した証明を提出することが必要となっています。

ジョコビッチ選手はこれまでに入国の際に、ワクチン接種の証明書を必要としない大会に出場しています。四大大会では、全仏オープンに出場を果たし、今月末から始まるウィンブルドンに出場する予定です。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f1da35fc1c36fa2de224eecd47aff88ffa4a1eb1

【テニス全米オープン ロシア国籍の選手は出場可能もジョコビッチはワクチン接種の有無で出場できない可能性】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/13(月) 16:37:10.25 ID:CAP_USER9
【AFP=時事】男子テニスのロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)が12日、来シーズンには膝の手術から復帰し、ツアーに戻りたいと明かした。

 四大大会(グランドスラム)通算20勝を挙げている元世界ランキング1位のフェデラーは、12日付のスイスのドイツ語新聞「ターゲスアンツァイガー(Tagesanzeiger)」のインタビューで、「方法や理由、具体的に何をすればいいかは分からないが、そう(2023年の復帰を)考えている」と話した。

 8月に41歳になるフェデラーは、約1年前のウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2021)準々決勝を最後に試合から遠ざかり、大会後には3回目となる膝の手術に踏み切った。キャリア通算でツアー103勝を誇るが、2020年はわずか6試合、昨年も13試合しか完了できず、世界ランキングも大きく下げている。

 それでもフェデラーは「自分自身は、その後どうなるかにも興味がある」とした上で、「しかし希望は持っているし、すでに長い道のりを歩んできたから、あとはそう遠くない。ここからの3、4か月が極めて重要になる」とコメントした。

 11日にはスイスの公共放送SRFに対して、「今は肉体のコンディションに照準を合わせているので、負荷をかけすぎていることはない。(ジムには)一週間で5、6回行く」と話している。現在は9月23日から25日にかけて行われる欧州チームとワールドチームの対抗戦、レーバー・カップ(Laver Cup 2022)と、10月24日から30日にかけて母国で開催されるスイス・インドア(Swiss Indoors Basel 2022)の出場を目指している。【翻訳編集】 AFPBB News

https://news.yahoo.co.jp/articles/0b906556bbd6679ab3bf056c1898bb3bf3978f98

【フェデラー、2023年も現役続行を希望】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/13(月) 13:23:30.70 ID:CAP_USER9
男子テニスの6月13日付ATP世界ランキングが更新され、錦織圭は前回から20下げて104位へ後退。錦織が世界ランキングで100位台になるのは2010年11月以来 約12年ぶり。

錦織は1月のシドニーテニスクラシック(オーストラリア/シドニー、ハード、ATP250)と全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)への出場を予定していたが、股関節の負傷のため欠場。その後、同月25日には同箇所の手術を受けたことを報告して、約6カ月間ツアーを離脱すると発表しており、復帰は7月から8月を予定している。

手術以降はリハビリを行う動画、その後オンコートでストロークやボレーを行う動画、直近ではウェイトトレーニングを行う動画を公開し、復帰に向けて準備を進めている様子を自身のSNSや公式アプリ「KEI NISHIKORI」で投稿している。

また、その他日本人では西岡良仁は変わらず102位で日本勢トップに。ダニエル太郎は18下げて127位となった。

6月13日付の日本勢の男子ATP世界ランキングは以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■102位[ - ]…西岡良仁
574ポイント(619ポイント)

■104位[ ↓20 ]…錦織圭
565ポイント(745ポイント)

■127位[ ↓18 ]…ダニエル太郎
492ポイント(562ポイント)

■224位[ ↑5 ]…綿貫陽介
248ポイント(248ポイント)

■246位[ ↑8 ]…守屋宏紀
212ポイント(220ポイント)

■252位[ ↑5 ]…内山靖崇
206ポイント(215ポイント)

■258位[ ↑9 ]…内田海智
201ポイント(205ポイント)

■272位[ ↑2 ]…杉田祐一
187ポイント(198ポイント)

■327位[ ↓30 ]…添田豪
142ポイント(169ポイント)

■401位[ ↑3 ]…望月慎太郎
104ポイント(105ポイント)

https://news.yahoo.co.jp/articles/b5295107069302f534146a6c3f8f3d82945820b3

【錦織圭 12年ぶりに100位台へ後退、6月13日付世界ランクで104位に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/09(木) 17:54:33.24 ID:CAP_USER9
男子テニスで世界ランク84位の錦織圭は9日、グローバルブランドアンバサダーを務めるユニクロの記者発表会に登場。競技人生の目標について明らかにし、N・ジョコビッチ(セルビア)やR・ナダル(スペイン)との対戦を望んだ。

会見の中で錦織は、「今までのランキングまで戻していきたい。ナダルやジョコビッチと1回戦とかではなく後半で当たっていけるように、またあの場所に戻りたいと思っている」と明かした。

今回の発表会で錦織とユニクロは、所属契約を結ぶことを発表。

錦織は契約について、「ユニクロとの所属契約締結を、大変うれしく思います。この11年間、共に歩んできたユニクロと、この先もさらなる高みを目指していきたいと思っています。これからも多くの人々に夢や希望、そして感動を与えることができるよう、挑戦し続けます」と語っている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/43ff75096d18b36a8f9de45d080ab81250fcb5ea

【錦織圭、ジョコビッチやナダルとの対戦望む「またあの場所に戻りたい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/08(水) 13:00:50.65 ID:CAP_USER9
6月13日に更新されるATP男子世界ランキングで、現1位のN・ジョコビッチ(セルビア)が3位に陥落し、D・メドベージェフが1位、A・ズベレフ(ドイツ)が2位に浮上することが明らかになった。

13日付けのランキングでは、昨年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で獲得したポイントが消滅するため、昨年優勝のジョコビッチは2,000ポイント、昨年8強のメドベージェフは360ポイント、昨年4強のズベレフは720ポイントが、6日付けのポイントから減算される。

メドベージェフは今年2月28日付のランキングで、2004年2月1日のA・ロディック(アメリカ)以来 約18年ぶりにジョコビッチ、R・ナダル(スペイン)、R・フェデラー(スイス)、A・マレー(イギリス)のビッグ4以外の選手として1位を獲得。3週間でジョコビッチに明け渡していた王座を、次週再び奪還する。

また、ビッグ4が1位・2位から不在になるのは、2003年11月10日付のランキング以来、実に18年7ヶ月ぶりのこと。

6日付の最新ランキングと、次週13日発表予定のランキングは以下の通り。

【6月6日付け ATP世界ランキングTOP5】
■1位[ - ]…ジョコビッチ(セルビア)
8,770ポイント(8,660ポイント)

■2位[ - ]…メドベージェフ
8,160ポイント(7,980ポイント)

■3位[ - ]…ズベレフ
7,795ポイント(7,075ポイント)

■4位[ ↑1]…ナダル
7,525ポイント(5,525ポイント)

■5位[ ↓1 ]…チチパス
6,100ポイント(5,965ポイント)

【6月13日付け ATP世界ランキングTOP5】
■1位[ ↑1 ]…メドベージェフ
7,800ポイント(8,160ポイント)

■2位[ ↑1 ]…ズベレフ
7,075ポイント(7,795ポイント)

■3位[ ↓2 ]…ジョコビッチ
6,770ポイント(8,770ポイント)

■4位[ - ]…ナダル
6,525ポイント(7,525ポイント)

■5位[ ↑1 ]…ルード
5,050ポイント(5,050ポイント)

https://news.yahoo.co.jp/articles/09865a6ea860fae3ce49b9658b0f1b6fe2484c86

【ジョコビッチ6月13日付けランキングで3位に陥落、メドベージェフ1位、ズベレフが2位に】の続きを読む

このページのトップヘ