SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

テニス

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/27(木) 22:21:03.21 ID:CAP_USER9
1/27(木) 22:10配信
中日スポーツ

 男子テニスの錦織圭(32)=フリー=は27日、自身のインスタグラムを更新。股関節の手術に成功し、リハビリを開始することを報告した。25日に自身の公式アプリで、痛めていた左股関節の内視鏡手術を行い、6カ月後の復帰を目標にトレーニングを行うことを明らかにした錦織は、松葉づえで支えながら歩く動画を投稿。「手術はうまくいった。リハビリ開始」とメッセージを添えた。

 コメント欄には「焦らずに自分を信じて頑張ってください。復活の日を楽しみにしています」「リハビリ頑張って」「笑顔で何より」「いつまでも待ってますから」「元気にコートにたてる事を祈ってます」などの激励が相次いだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/224644b855a462595f740e58b1c1c110c990e4aa

【写真】松葉づえ姿の錦織圭
https://static.chunichi.co.jp/image/article/size1/d/8/3/0/d830e4e1c7e3828af9289a8a4bd5b395_1.jpg

【「手術はうまくいった。リハビリ開始」錦織圭が松葉づえ姿をインスタで公開 ファンから激励相次ぐ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/25(火) 22:21:37.22 ID:CAP_USER9
男子テニスの錦織圭(フリー)は25日、自身の公式アプリで手術を受けたことを報告した。左股関節に痛みを抱え、開催中の全豪オープンは欠場。「色々なリハビリも試したのですが、今週、チームとも相談して内視鏡による手術を受けました」とつづった。昨秋に腰を痛め、昨年10月のBNPパリバ・オープン(米インディアンウェルズ)が最後の大会出場に。その後、股関節に痛みを抱えており、昨年12月の日本でのイベント出席時にも激しい動きを避けるような場面もあった。

 「6か月後には復帰することを目標に、厳しいトレーニングを行っていきます」としており、クレーシーズンの全仏オープン、芝シーズンのウィンブルドン選手権出場は厳しい見込み。全米オープンに向かう北米ハードコートシーズンでの復帰が期待される。

スポーツ報知 1/25(火) 20:42
https://news.yahoo.co.jp/articles/a82066a1b4592ac31a5f8ebf5f82f41f13f57794

【左股関節痛で全豪OPを欠場した錦織圭「色々なリハビリも試したのですが今週チームとも相談して内視鏡による手術を受けました」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/23(日) 09:32:40.45 ID:CAP_USER9
1/23(日) 9:14配信
スポーツ報知

 俳優の関口宏が23日、司会を務めるンデーモーニング」(日曜・午前8時)にスタジオ生出演した。

 スポーツコーナーでテニスの全豪オープン第5日の女子シングルス3回戦で2連覇を目指した第13シード大坂なおみ=フリー=が、3回戦で世界ランキング60位アマンダ・アニシモバ=米国=にフルセットで敗れたことを伝えた。

 また、男子シングルス3回戦ではダニエル太郎がヤニク・シナーに1―3で敗れた。

 関口はこのニュースを伝える前に「全豪オープン。いろんな話題があるんですけど、日本としてはガッカリな結果が出ているかな。どうでしょう?」とゲストでリモート出演した元女子テニス選手の沢松奈生子さんに尋ねた。

 これに沢松さんは「みなさん結果だけをご覧になると、がっかりという方が多いと思うんですが、私は試合内容とかを見ていましたら今シーズン、非常に明るくなるだろうな、と。希望を託されました」と返した。試合のVTRが終わると沢松さんは大坂に「希望」を見た理由を「メンタル状態を自分で落ち着かせようと安定させようと工夫しているところもたくさんありました」とし「試合の最後の最後までテニスのクオリティがまったく落ちなかった。これは素晴らしいこと」などと成長を解説していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/dfc00df121a9e21a2147eac7d4ce44cd77d71873

【サンモニ司会の関口宏氏、大坂なおみとダニエル太郎の全豪OP敗退に「日本としてはガッカリな結果」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/23(日) 22:18:31.89 ID:CAP_USER9
「彭帥はどこに?」シャツを禁止、全豪OP主催者が釈明:AFP
https://www.afpbb.com/articles/-/3386528

2022年1月23日 17:21 
発信地:メルボルン/オーストラリア

【1月23日 AFP】現在開催中の全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2022)で、中国の彭帥(Peng Shuai)を支持するTシャツを着たファンが警備スタッフに制止される動画がインターネットに投稿されたことについて、大会主催者は23日、彭の安全は「自分たちにとっても最優先事項だ」と釈明した。

【略】

 今回の件を受け、全豪オープンを主催するオーストラリアテニス協会(Tennis Australia)は広報を通じてコメントを発表した。「われわれの入場規則では、商業的もしくは政治的な衣類、横断幕、看板は許可されていない」と説明し、「彭帥の安全はわれわれにとっても最優先事項だ」とした。

「引き続き女子テニス協会(WTA)や世界のテニスコミュニティーと連携して彼女の状況をいっそう明らかにし、彼女の幸福を実現するため全力を尽くしていく」


※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

【全豪OP主催者が釈明「彭帥の安全はわれわれにとっても最優先事項だ」〝Where is Peng Shuai?(彭帥はどこに?)〟シャツを禁止】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/23(日) 07:16:34.61 ID:CAP_USER9
1/23(日) 5:15配信
東スポWeb

今後が注目されるジョコビッチ(ロイター)

 テニス男子の世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(34=セルビア)が新型コロナウイルスのワクチン接種拒否により4大大会で〝出禁危機〟に直面している問題で、同選手が一転して全仏オープンに出場できる可能性が浮上した。

 ジョコビッチはワクチン接種拒否を巡ってオーストラリア政府から強制退去を命じられ、今後の4大大会も出場できない見見通しとなっている。次戦となる5月開幕の全仏オープンもフランス政府の閣僚がワクチンを接種しなければ入国させない方針を示唆。同国紙「レキップ」も「ワクチン接種を受けたテニスプレーヤーだけがローランギャロス(会場)に参加できる」と報じ、ジョコビッチの全仏出場は絶望視されていた。

 しかし、ここへきて風向きが変わってきた。セルビア紙「ブリック」は「最新情報でノバクにとって朗報だ! 一定の条件を満たせば、ジョコビッチは次のグランドスラムでプレーすることができる」と全仏出場の可能性が急浮上したことを報じた。

 同紙によると、フランスのジャン・カステックス首相が、長期的に病床のひっ迫が大幅に改善した場合、ワクチン接種を求める措置を緩和する可能性を示した。オリビア・ベラン保健大臣も「集中治療室にいる人が1000人に満たない昨年8月のような病院の状況」を例に挙げて、感染対策のための各種規制を緩和する方針を示唆した。

 こうした点を踏まえて同紙は「プレーヤーが以前にウイルスに感染したことがある場合に、プレーできるかどうかは現在のところはっきりしていない」と指摘。ジョコビッチのように大会から逆算して比較的近い時期に感染歴がある選手は、ワクチン接種の義務を免除される〝特例〟が今後検討される可能性があるという。

 ジョコビッチは最終的に、全仏に出場することができるのか。世界中が固唾をのんで動向を見守っている。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220123-03945407-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/bc2509d21bf53db96b8ee0a3fa2618589c5b5a51

【4大大会「出禁危機」から一転!ジョコビッチ、全仏オープン出場の可能性浮上】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/21(金) 13:12:32.16 ID:CAP_USER9
1/21(金) 11:51
東スポWeb

ジョコビッチの今後を地元セルビア紙が展望「中国とドバイの大会だけプレーする」
ジョコビッチ(東スポWeb)
 新型コロナウイルスのワクチン接種拒否を巡ってオーストラリア政府から国外退去処分を受けたテニス男子世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(34=セルビア)の今後について、地元セルビア紙が「中国とドバイの大会だけプレーする」と展望を報じた。

 ジョコビッチは入国時の虚偽申告なども重なり、オーストラリア政府から国外退去を命じられて帰国。しかし損害賠償を求めて提訴する方針で、今後は各国の大会で出場禁止となった場合に提訴を〝乱発〟する可能性も出てきている。

 そうした中、セルビア紙「クリル」は著名ジャーナリストのアンジャス氏の見解を引用しながらジョコビッチの今後を予想。「パンデミックが長引くと、ノバクは大きな問題を抱えることになる。パンデミックがさらに2年間続けば、ノバクはほとんどプレーしなくなる。グランドスラムやATP(男子プロテニス協会)トーナメントは、実際には西洋の大会だからだ」と指摘。すでに出場を禁じた全豪のほか、全仏、全英、全米と4大大会が開催される各国は新型コロナウイルスのワクチン接種を厳格に求める方針を打ち出しており、コロナ禍が完全に収束するまで今後数年間はジョコビッチはプレーできないと分析。4大大会だけでなくATPトーナメント全体もそうした方針を踏襲する公算が高く、テニスの表舞台から姿を消すことになるという見立てだ。

 そのうえで同紙は「彼がプレーできるのは、ドバイと中国のトーナメントだけだ」とズバリ指摘。欧米各国の方針に追随せず資金力も豊富な中国やアラブ首長国連邦(UAE)が、ジョコビッチの〝囲い込み〟を行って大会の顔にしようと画策すると予想した。

 各大会の出禁に加えてスポンサーの撤退も懸念されるジョコビッチにとっては、中国やオイルマネーが新たな〝パトロン〟になることは渡りに船だろう。テニス界の絶対王者の動向に注目が集まる。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220121-03941813-tospoweb-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/f235681b4b31d0ace4db46d426489630c9b79ec7

【絶対王者・ジョコビッチの今後を地元セルビア紙が展望「中国とドバイの大会だけプレーする」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/21(金) 13:21:20.04 ID:CAP_USER9
1/21(金) 12:15
中日スポーツ

ジョコビッチ、コロナ治療薬の開発会社を設立も…科学者は「成功の望みは、ほぼない」とバッサリ 公式サイトに誤り、本社がアパート

 新型コロナワクチン未接種などを理由にオーストラリアを国外退去となった男子テニスの世界ランキング1位、ノバク・ジョコビッチ(34)=セルビア=は、コロナ治療法を開発する目的で、バイオテクノロジーのクアントバイオレス社を設立していたことが判明した。だが、豪ニューサウスウェールズ大医学部のダレン・ソーンダース准教授は「成功する望みは、ほぼない」と斬り捨てた。20日、発行部数90万の米誌バイスが報じた。

 同准教授は「この会社が模索しているコロナ治療法は“ホメオパシー”だ。公式サイトに記されているアプローチは、現代の生化学の認識を反映していない。彼らのメソッドが効果的なペプチド開発に至ると信じられるエビデンスは何もない」と語った。ホメオパシーとは、自然治癒力に働きかけるという同毒療法で、日本学術会議は効果を否定している。

 また、同社のサイトはコロナをレトロウイルスと表記しているが、オークランド大のランリー生物統計学教授は「レトロウイルスではない」とツイート。さらに、同社のロンカレビッチ最高経営責任者(CEO)によれば、同社は20人規模で研究者11人を擁するが、本社とされるデンマークの住所はアパートが立ち並ぶエリアだと同誌は指摘した。

 同CEOによれば、複数のアミノ酸結合によるペプチドを開発中で、今年の夏にも英国で治験を開始予定。さらに「伝統とは異なった」RRM(タンパク質をターゲットに電磁気周波数細胞を利用)と呼ばれる技術を用いて、人体におけるコロナウイルスのRNA複製を抑止するという。

 ジョコビッチは5日、豪メルボルン空港で入国を拒否された。入国ビザ(査証)が適正でないとされた理由は「昨年12月に2度目のコロナ感染し、免疫獲得を理由に新型コロナウイルスのワクチン接種免除を受けた」との主張が認められなかったため。いったん入国拒否は取り消されたが、豪州政府の調査でワクチン未接種などが判明。再びビザが取り消され、16日に国外退去となった。

 ジョコビッチ側は「不当な扱いを受けた」と損害賠償4億円超を求め、豪州政府を提訴する準備を進めていると報じられた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220121-00000021-chuspo-000-8-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/a186a618cb220b0e788de81ad72202fcd4c9093f

【ジョコビッチ、コロナ治療薬の開発会社を設立も…科学者は「成功の望みは、ほぼない」とバッサリ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/20(木) 16:49:59.45 ID:CAP_USER9
1/20(木) 15:36
東スポWeb

ジョコビッチがオーストラリア政府を「虐待」を理由に提訴へ 今後は出場拒否する各国を提訴も
ジョコビッチの〝逆襲〟が始まるのか(ロイター)
 新型コロナウイルスのワクチン接種を拒否してオーストラリア政府から国外退去処分を受けたテニス男子世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(34=セルビア)が、同国政府に対して巨額訴訟を起こすことになりそうだ。

 英紙「サン」は「ノバク・ジョコビッチが、オーストラリア政府を〝虐待〟により、320万ポンド(約4億8000万円)で訴えることについて弁護士と話し合っている」と報道。入国を巡って政府と争っている際に収容された隔離施設での扱いを不当として慰謝料を請求する構えだ。

 また英メディア「インサイダー」は「損害賠償の額には、全豪オープンで優勝した際に想定される230万ポンド(約3億4500万円)の賞金も含まれている」と指摘。ジョコビッチの家族や弁護士もサポートして提訴の準備を進めている。

 ジョコビッチを巡っては全豪のほか、全仏、全英、全米と他の4大大会からも締め出しを食らう公算が高まっているが、大会側が実際に出場拒否を決定した場合にはその都度対象国の政府や連盟などに対して訴訟で応戦する可能性が出てきた。

 四面楚歌の世界王者が、戦いの場を法廷に移して大国と全面バトルとなるのか。今後の行方に注目が集まる。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220120-03939677-tospoweb-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/38327f11fc79c62823504ee381965cdb74cb1856

【ジョコビッチ〝逆襲〟が始まる?「虐待」を理由にオーストラリア政府を提訴へ 今後は出場拒否する各国を提訴も】の続きを読む

このページのトップヘ