SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

バスケットボール

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/19(木) 18:12:40.99 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220519/373633.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/GettyImages-1398023310-768x576.jpg

 5月19日(現地時間18日)にチェイス・センターでNBAプレーオフ2022のウェスタン・カンファレンス・ファイナルが行われ、ウェスタン・カンファレンス第3シードのゴールデンステイト・ウォリアーズが同第4シードのダラス・マーベリックスと対戦した。

 ウォリアーズは第1クォーター残り2分7秒からアンドリュー・ウィギンズ、ジョーダン・プール、ステフィン・カリーの連続得点で28-18とリード。リードを守った第2クォーターを終えると、第3クォーターにクレイ・トンプソンを中心に34得点を積み上げ、88-69と点差を広げた。

 開始から10-0のランに成功した第4クォーターでも相手を寄せつけず、112-87で第1戦を制した。

 ウォリアーズはカリーが21得点12リバウンドの活躍を見せたほか、ウィギンズとプールがともに19得点、トンプソンが15得点、ケボン・ルーニー、ドレイモンド・グリーン、オットー・ポーターJr.の3人が10得点をマーク。一方のマブスはルカ・ドンチッチが20得点に抑えられ、敵地で敗戦を喫した。

■試合結果
ゴールデンステイト・ウォリアーズ 112-87 ダラス・マーベリックス
GSW|28|26|34|24|=112
DAL|18|27|24|18|=87

【NBAプレーオフ西地区決勝 ウォリアーズがホームで先勝…第1Qからリードを奪って25点差で快勝】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/18(水) 18:34:47.01 ID:CAP_USER9
2022年05月18日 14:29 バスケット
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/05/18/kiji/20220518s00011061327000c.html
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/05/18/jpeg/20220518s00011061316000p_view.jpg

 東地区決勝シリーズが17日にフロリダ州マイアミで始まり、第1シードで地元のヒート(53勝29敗)が118―107(前半54―62)で第2シードのセルティクス(51勝31敗)を下して先勝。前半終了時点では8点を追う展開となっていたが、第3Qを39―14として試合をひっくり返した。

 ジミー・バトラー(3)が後半での27得点を含む両チーム最多の41得点をマーク。レギュラーシーズンとプレーオフを併せると史上220人目の1万4000得点(1万4026)に到達した。またバトラーは9リバウンド、5アシスト、4スティール、3ブロックショットも記録。NBAが幅広く記録を集計するようになって以来、個人主要5部門でこの日のバトラーに匹敵する数字を残したのは、過去カリーム・アブドゥルジャバー(元レイカーズほか)、アキーム・オラジュワン(元ロケッツ)、デビッド・ロビンソン(元スパーズ)、アンソニー・デービス(現レイカーズ)、ジェームズ・ハーデン(現76ers=2回)の5人しかおらず、プレーオフではバトラーが初めてとなった。

 今季リーグ1位の成功率(37・9%)を記録していた3点シュートの成功は30本中10本。それでも第3Q中盤までのスコアを22―2として一気に流れを変えた。

 セルティクスでは準決勝シリーズ(対バックス)の計7戦で13・0得点、10・4リバウンドをマークしていたセンターのアル・ホーフォード(35)が新型コロナウイルス感染防止規定の健康安全プロトコルの対象となって離脱(陽性反応か濃厚接触なのかは非非公表)。今季の最優秀ディフェンス賞に輝いたガードのマーカス・スマート(28)も脚の故障で欠場した。

 ジェイソン・テータム(24)は29得点を稼いだが後半は8得点。ジェイレン・ブラウン(25)は24得点をマークして最大20点差を第4Q残り1分28秒に7点差まで縮めたのの反撃もここまでだった。

【NBAプレーオフ東地区決勝 ヒートが先勝 ジミー・バトラーが“記録的”な大活躍で41得点 セルティクスは主力2人が離脱】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/16(月) 21:39:17.38 ID:CAP_USER9
5/16(月) 21:34配信 スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/4fdc7b68714c70685b1f233fea917af30174691d

 ◇Bリーグ・チャンピオンシップ準々決勝 島根80―62A東京(2022年5月16日 松江市総合体育館)

 2戦先勝方式の準々決勝第3戦の1試合が行われ、チャンピオンシップ(CS)初出場の島根(西地区2位)がホームでA東京(東地区3位)に80―62で勝利し、2勝1敗で準決勝進出を決めた。リーグ創設6年目で、B2経験チームとして初の4強入り。21日からの準決勝は琉球(西地区1位)―島根、川崎(東地区2位)―宇都宮(東地区4位、ワイルドカード1位)のカードで行われる。

 島根が初のCSで4強入りを果たした。第1戦は17点差で快勝も、第2戦は34点差で大敗。3日連続の試合となった第3戦は前半はきっ抗した展開が続いたが、55―55で迎えた第3Q後半から第4Q序盤に大きく試合が動いた。トラビスが3連続3点シュートを決めるなど11連続得点をマーク。一気に2桁得点差をつけて白星を引き寄せた。

 地域密着の市民チームとして10年からbjリーグに参入した。Bリーグ加入後はB1とB2と行き来する存在だったが、19年9月にバンダイナムコが経営権を取得し、昨オフに大型補強を敢行。昨季まで所属した古巣を相手に両チーム最多20得点を挙げた安藤主将は「個人的な感情もあり、絶対に勝ちたいという思いで臨んだ。今日の試合でチームはまた1つ成長できた」と胸を張った。

【BリーグCSクォーターファイナル第3戦 CS初出場の島根がB2経験クラブ初の4強進出】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/16(月) 21:37:54.92 ID:CAP_USER9
5/16(月) 21:30配信 バスケット・カウント
https://news.yahoo.co.jp/articles/ac82172c3c86aa257ec45e03197037fc5699f577

第2クォーターを28-12と圧倒してリードを広げる

B2プレーオフセミファイナルで、B1昇格をかけて香川ファイブアローズと仙台89ERSが対戦。第1戦は仙台、第2戦は香川が制して迎えた運命の第3戦は、固いディフェンスから主導権を握った仙台が前半で26点リードを奪って、83-69で勝利した。この勝利により仙台はB1昇格、B2プレーオフファイナル進出を決めた。

立ち上がりから仙台が強度の高いディフェンスで24秒バイオレーションを奪ったり、ターンオーバーを誘発して主導権を握った。対する香川もテレンス・ウッドベリーのアタックや兒玉貴通が3ポイントシュートでのファウルを獲得して点差を詰めていく。

しかし、仙台はディフェンスでの勢いをオフェンスにも繋げた。コートにいる5人全員がリングにアタックし、ジャスティン・バーレルを中心にペイント内からの得点を量産していく。そして、香川のディフェンスが収縮すれば、今度はパスアウトして3ポイントシュートを決めていった。常にボールが動いていたことで、ワイドオープンでのシュートチャンスを作り出し、仙台は前半だけで3ポイントシュート16本中10本(成功率62.5%)成功させ、フィールドゴール成功率も脅威の70%(30本中21本成功)と完璧なゲーム運びで、前半だけで56得点を挙げた。

一方の香川は仙台の激しく、なおかつ固いディフェンスを前にボールが停滞。そのためパスの出しどころを失い、個々で無理やり攻めてはシュートがリングに嫌われて、ディフェンスリバウンドから相手に走られる悪循環に。オフボールでの動きも減った香川は前半だけで9ターンオーバーを犯し、そこから10失点(仙台は2ターンオーバー)となってしまった。それでも、積極的にシュートを放ち、なんとかリズムをつかもうとしたがシュート精度を欠き、3ポイントシュートは15本中1本成功、フィールドゴールも29本中9本成功(成功率31%)という厳しい状況に。

26点ビハインドで後半を迎えた香川は守備の強度を上げ、さらにゾーンディフェンスを敷いたりと変化をつけてリズムをつかんでいった。後半だけを見ると39-27と香川が上回ったが、前半での大量ビハインドを覆すには至らず、B1昇格を逃した。

仙台はバーレルが31得点8リバウンドを記録。他にも月野雅人が3ポイントシュート8本中4本成功の14得点、渡辺翔太と澤邉圭太もともに3ポイントシュートを2本成功させるなど、チーム全員でバランス良く得点を重ねて勝利をつかんだ。

ヘッドコーチ就任1年目にして、チームをB1に導いた藤田弘輝ヘッドコーチは「本当に素直にうれしいです」とB1昇格を喜んだ。「選手たち、特に長い年月を戦い続けた選手を始め、今年入ってきた選手たち、みんなで取りたかったゴールなのでそれを達成できてうれしいです」

そして、このプレッシャーのかかるゲームで戦い抜いた選手たちをこう称えた。「出だしがすべてでした。その後もインテンシティを高く、かつ冷静に40分間プレーした選手を誇りに思います」

これにより、2022-23シーズンのB1昇格チームはファイティングイーグルス名古屋と仙台に決定した。

【B2プレーオフセミファイナル 仙台89ERSが香川ファイブアローズとの第3戦を制して、Bリーグ初年度以来となるB1復帰を果たす】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/15(日) 19:25:42.29 ID:CAP_USER9
5/15(日) 18:52配信 バスケットボールキング
https://news.yahoo.co.jp/articles/6ece50e3619d9ad886130e7c279d06dd32fd18d3

 5月15日、「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2021-22」のクォーターファイナルが開催され、東地区2位の川崎ブレイブサンダースは、西地区3位の名古屋ダイヤモンドドルフィンズとの第2戦に臨んだ。

 試合開始から両チームが3ポイントを入れ合う展開となり、接戦が続く。初戦に勝利した川崎はニック・ファジーカスを軸に得点を重ねるもリードを広げられず、22-21で第1クォーターを終えた。

 第2クォーター開始直後、菊池真人の3ポイントで名古屋Dに逆転を許す。しかし、篠山竜青が2本の長距離砲を沈めて川崎が追いかけると、前田悟の3ポイントで再逆転に成功。さらに前田がもう1本3ポイントを決めると、ファジーカスがブザービーターを沈め、41-36と川崎がリードを広げて試合を折り返した。

 迎えた第3クォーター序盤、張本天傑の連続得点で名古屋Dに点差を詰められる。それでも、中盤からはマット・ジャニングが次々とシュートを沈め、64-54と10点差で最終クォーターへ。

 勝負の第4クォーター、張本と中東泰斗にそれぞれ2本の3ポイントを決められるが、パブロ・アギラールや篠山の得点で川崎がリードを拡大。最後は85-70で川崎が勝利を飾った。

 ホームで連勝した川崎は、ファジーカスが18得点11リバウンド7アシスト、アギラールが14得点12リバウンド、篠山が11得点5アシスト2スティール、ジャニングが11得点7リバウンドをマークし、セミファイナルへとコマを進めた。

 一方の名古屋Dは、張本が22得点6リバウンド、菊池が14得点と奮闘するも敵地で連敗を喫し、3年ぶりの出場となったチャンピオンシップを終えた。

■試合結果
川崎ブレイブサンダース 85-70 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(@川崎市とどろきアリーナ)
川  崎|22|19|23|21|=85
名古屋|21|15|18|16|=70

【BリーグCSクォーターファイナル第2戦 ホームの川崎が名古屋Dに連勝…2年連続のセミファイナル進出を果たす】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/15(日) 18:25:52.71 ID:CAP_USER9
5/15(日) 17:59配信 バスケットボールキング
https://news.yahoo.co.jp/articles/b0829ccd5983fda4c0d04673eb8dea508c17d7b9


 5月15日、「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2021-22」のクォーターファイナルが開催され、西地区4位でワイルドカード上位の宇都宮ブレックスは、東地区1位の千葉ジェッツとの第2戦に臨んだ。

 初戦に勝利した宇都宮は第1クォーター、鵤誠司が得点を伸ばすと、11-0のランでリードを奪う。さらに、千葉を1ケタ得点に抑え込み、23-9で最初の10分間を終えた。続く第2クォーターでも序盤からリードを広げた宇都宮だったが、終盤に千葉の反撃を受け、35-25と点差を詰められて試合を折り返す。

 迎えた第3クォーター中盤、千葉に一時4点差まで詰め寄られるも、宇都宮は鵤と比江島慎の3ポイントでリードを譲らない。終盤にはテーブス海の長距離砲も決まり、56-48で勝負の最終クォーターへ。

 第4クォーターでは開始から両チームが3ポイントを沈め合う展開に。終盤にジョシュ・ダンカンの連続得点で4点差まで詰め寄られるも、比江島がレイアップを決めて、宇都宮がリードを6点に広げる。

 それでも、残り34秒には富樫勇樹に速攻からバスケットカウントを決められ、3点差のワンポゼッションゲームに。しかし、残り12秒に遠藤祐亮が千葉を突き放す重要な3ポイントをヒット。千葉は最後までファウルゲームを仕掛けるが、宇都宮がフリースローをしっかりと沈め、最後は77-70で勝利を飾った。

 敵地で連勝した宇都宮は、鵤が16得点4リバウンド、比江島が14得点5アシスト、テーブスが14得点6リバウンド4アシスト、ジョシュ・スコットが4得点11リバウンドをマーク。昨シーズンのファイナルでの雪辱を果たし、セミファイナルへと進出した。

 一方の千葉は、第4クォーターに11得点と奮闘した富樫が17得点6アシスト、ジョン・ムーニーが13得点16リバウンドを挙げるもホームで連敗を喫し、リーグ連覇を目指した今シーズンを終えた。

■試合結果
千葉ジェッツ 70-77 宇都宮ブレックス(@船橋アリーナ)
千 葉|9 |16|23|22|=70
宇都宮|23|12|21|21|=77

【BリーグCSクォーターファイナル第2戦 宇都宮が昨季ファイナルの雪辱を果たす…前年王者・千葉に敵地で連勝、セミファイナル進出】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/15(日) 15:45:54.50 ID:CAP_USER9
5/15(日) 15:18配信 バスケットボールキング
https://news.yahoo.co.jp/articles/e79b8d43f37fff12a132309902b7cecb7a0c3648

 5月15日、「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2021-22」のクォーターファイナルが開催され、東地区3位のアルバルク東京は、西地区2位の島根スサノオマジックとの第2戦に臨んだ。

 初戦を落としてあとのないA東京だったが、島根のリード・トラビスに11得点を奪われると、終盤に10-0のランを作られ、18-20で第1クォーターを終える。

 それでも、第2クォーターでは田中大貴のアシストにより、序盤からアレックス・カークが得点を量産。さらに、小酒部泰暉も存在感を発揮すると、島根の得点を1ケタに抑え込むことに成功。終盤に13-0のランを作ったA東京が、45-27と大きくリードを広げて試合を折り返した。

 迎えた第3クォーター、序盤からセバスチャン・サイズを軸に得点を重ねると、中盤からは安藤周人も得点を伸ばし、A東京が69-44とリードを拡大して最終クォーターへ。ベンチメンバーを軸に戦った第4クォーターでも、A東京が攻撃の手を緩めず、91-57で第1戦のリベンジを果たした。

 34点差で快勝したA東京は、サイズが21得点8リバウンド、カークが18得点6リバウンド、小酒部が12得点4アシスト、田中が11得点4アシストをマーク。

 一方の島根は、トラビスが13得点、ニック・ケイと安藤誓哉が11得点を挙げるも、ホームで連勝とはいかず、シリーズが1勝1敗のタイとなった。

 運命の第3戦は明日16日の19:05からティップオフだ。

■試合結果
島根スサノオマジック 57-91 アルバルク東京(@松江市総合体育館)
島 根|20| 7 |17|13|=57
A東京|18|27|24|22|=91

【BリーグCSクォーターファイナル第2戦 追い込まれたA東京が島根に91-57の大差でリベンジ…勝負の行方は第3戦へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/14(土) 21:51:15.76 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/japan/b1/20220514/372747.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/photo_1309220.jpg

 5月14日に川崎市とどろきアリーナで「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2021-22」クォーターファイナル第1戦が行われ、東地区2位の川崎ブレイブサンダースが西地区3位の名古屋ダイヤモンドドルフィンズと対戦した。

 川崎は試合開始から熊谷尚也、ジョーダン・ヒースの得点で7-0のランに成功すると、第1クォーターで6点をリード。さらに、続く第2クォーターでは藤井祐眞が3本、篠山竜青とパブロ・アギラールがともに1本の3ポイントシュートを沈めるなど、42-30と点差を広げた。


 後半に入っても、第3クォーターで31-20、第4クォーターで24-21と、すべてのクォーターで相手を上回ることに成功。97-71で第1戦を制した。

 藤井が5本の5本の3ポイントを含む21得点に7アシスト3スティールと躍動。熊谷が14得点、マット・ジャニングが13得点、前田悟とヒースがともに10得点、ニック・ファジーカスが8得点9リバウンド5アシストを記録した。

■試合結果
川崎ブレイブサンダース 97-71 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(@川崎市とどろきアリーナ)
川崎|20|22|31|24|=97
名D|14|16|20|21|=71

【BリーグCSクォーターファイナル第1戦 川崎ブレイブサンダースが先勝…名古屋ダイヤモンドドルフィンズを26点差で下す】の続きを読む

このページのトップヘ