SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

モータースポーツ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/25(日) 15:52:58.44 ID:CAP_USER9
9/25(日) 15:45配信オートスポーツweb
https://news.yahoo.co.jp/articles/bca6690cae55552c94f98a6cc635b6437d10a1da

 9月25日、2022年MotoGP第16戦日本GP MotoGPクラスの決勝が栃木県のモビリティリゾートもてぎで行われ、ジャック・ミラー(ドゥカティ・レノボ・チーム)が優勝を飾った。2位はブラッド・ビンダー(レッドブルKTMファクトリー・レーシング)、3位はホルヘ・マルティン(プリマ・プラマック・レーシング)が続いている。

  日本勢の中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は20位、ワイルドカード参戦の長島哲太(HRCチーム)、ジョアン・ミルの代役を務める津田拓也(チーム・スズキ・エクスター)はリタイアで終えている。

■2022年MotoGP第16戦日本GP MotoGP決勝(24周)
天候:晴れ 路面:ドライ
Pos./No./Rider/Team/Motorcycle
1/43/ジャック・ミラー/ドゥカティ・レノボ・チーム/ドゥカティ
2/33/ブラッド・ビンダー/レッドブルKTMファクトリー・レーシング/KTM
3/89/ホルヘ・マルティン/プリマ・プラマック・レーシング/ドゥカティ
4/93/マルク・マルケス/レプソル・ホンダ・チーム/ホンダ
5/88/ミゲール・オリベイラ/レッドブルKTMファクトリー・レーシング/KTM
6/10/ルカ・マリーニ/ムーニーVR46レーシング・チーム/ドゥカティ
7/12/マーベリック・ビニャーレス/アプリリア・レーシング/アプリリア
8/20/ファビオ・クアルタラロ/モンスターエナジー・ヤマハMotoGP/ヤマハ
9/23/エネア・バスティアニーニ/グレシーニ・レーシングMotoGP/ドゥカティ
10/72/マルコ・ベゼッチ/ムーニーVR46レーシング・チーム/ドゥカティ
11/5/ヨハン・ザルコ/プリマ・プラマック・レーシング/ドゥカティ
12/44/ポル・エスパルガロ/レプソル・ホンダ・チーム/ホンダ
13/73/アレックス・マルケス/LCRホンダ・カストロール/ホンダ
14/21/フランコ・モルビデリ/モンスターエナジー・ヤマハMotoGP/ヤマハ
15/35/カル・クラッチロー/WithUヤマハRNF・MotoGPチーム/ヤマハ
16/41/アレイシ・エスパルガロ/アプリリア・レーシング/アプリリア
17/49/ファビオ・ディ・ジャンアントニオ/グレシーニ・レーシングMotoGP/ドゥカティ
18/25/ラウル・フェルナンデス/テック3KTMファクトリー・レーシング/KTM
19/87/レミー・ガードナー/テック3KTMファクトリー・レーシング/KTM
20/30/中上貴晶/LCRホンダ・イデミツ/ホンダ
RT/63/フランセスコ・バニャイア/ドゥカティ・レノボ・チーム/ドゥカティ
RT/40/ダリン・ビンダー/WithUヤマハRNF・MotoGPチーム/ヤマハ
RT/42/アレックス・リンス/チーム・スズキ・エクスター/スズキ
RT/85/津田拓也/チーム・スズキ・エクスター/スズキ
RT/45/長島哲太/HRCチーム/ホンダ

【2022MotoGP第16戦日本GP MotoGPクラス決勝の結果】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/25(日) 14:07:59.75 ID:CAP_USER9
9/25(日) 14:03配信オートスポーツweb
https://news.yahoo.co.jp/articles/bea1883705a69af46309448b0219ec99efe9d968

 9月25日、2022年MotoGP第16戦日本GP Moto2クラスの決勝が栃木県のモビリティリゾートもてぎで行われ、小椋藍(IDEMITSU Honda Team Asia)が優勝を飾った。2位はアウグスト・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)、3位はアロンソ・ロペス(Beta Tools Speed Up)が続いた。羽田太河(Pertamina Mandalika SAG Team)は17位となっている。

■2022年MotoGP第16戦日本GP Moto2決勝(23周)
天候:晴れ 路面:ドライ
Pos./No./Rider/Team/Motorcycle
1/79/小椋藍/IDEMITSU Honda Team Asia/カレックス
2/37/アウグスト・フェルナンデス/Red Bull KTM Ajo/カレックス
3/21/アロンソ・ロペス/Beta Tools Speed Up/ボスコスクーロ
4/96/ジェイク・ディクソン/Shimoko GASGAS Aspar Team/カレックス
5/35/ソムキャット・チャントラ/IDEMITSU Honda Team Asia/カレックス
6/14/トニー・アルボリーノ/ELF Marc VDS Racing Team/カレックス
7/51/ペドロ・アコスタ/Red Bull KTM Ajo/カレックス
8/75/アルベルト・アレナス/Shimoko GASGAS Aspar Team/カレックス
9/64/ボ・ベンスナイダー/Pertamina Mandalika SAG Team/カレックス
10/12/フィリップ・サラック/Gresini Racing Moto2/カレックス
11/6/キャメロン・ボビエ/American Racing/カレックス
12/16/ジョー・ロバーツ/Italtrans Racing Team/カレックス
13/23/マルセル・シュロッター/Liqui Moly Intact GP/カレックス
14/7/バリー・バルトゥス/RW Racing GP/カレックス
15/19/ロレンツォ・ダラ・ポルタ/Italtrans Racing Team/カレックス
16/84/ゾンタ・ファン・デン・グールベルク/RW Racing GP/カレックス
17/29/羽田太河/Pertamina Mandalika SAG Team/カレックス
18/81/ケミン・クボ/Yamaha VR46 Master Camp Team/カレックス
19/4/ショーン・ディラン・ケリー/American Racing/カレックス
20/42/マルコス・ラミレス/MV Agusta Forward Team/MVアグスタ
21/52/ジェレミー・アルコバ/Liqui Moly Intact GP/カレックス
22/9/ホルヘ・ナバーロ/Flexbox HP40/カレックス
RT/28/ニッコロ・アントネッリ/Mooney VR46 Racing Team/カレックス
RT/40/アロン・カネト/Flexbox HP40/カレックス
RT/13/セレスティーノ・ビエッティ/Mooney VR46 Racing Team/カレックス
RT/24/シモーネ・コルシ/MV Agusta Forward Team/MVアグスタ
RT/61/アレッサンドロ・ザッコーネ/Gresini Racing Moto2/カレックス
RT/54/フェルミン・アルデグエル/Beta Tools Speed Up/ボスコスクーロ
NS/18/マニュエル・ゴンザレス/Yamaha VR46 Master Camp Team/カレックス

【2022MotoGP第16戦日本GP・Moto2クラス決勝 小椋藍が優勝!今季3勝目】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/22(木) 18:43:21.15 ID:CAP_USER9
投稿日: 2022.09.22 16:35
更新日: 2022.09.22 17:33
https://www.as-web.jp/f1/863209?all
https://cdn-image.as-web.jp/2022/09/10074707/asimg_22R16ItaFr-Tsu-AT2_c1631bc26ad3d51-765x510.jpg

 9月22日、スクーデリア・アルファタウリは、日本人ドライバーの角田裕毅が2023年シーズンもチームに残留することを発表した。

 角田は2019年にFIA F3でランキング9位、2020年にF1直下のFIA F2でランキング3位という成績を残し、2021年にアルファタウリからF1デビューを果たした。日本人F1ドライバーとしては初となるデビュー戦での入賞を記録し、最終戦アブダビGPでは自己ベストとなる4位に入るなど、この年は7回の入賞を達成した。

 迎えた2年目となる2022年シーズンは、F1の技術規則が大きく変わり、前年とはまったく異なるF1マシンが導入された。今季も開幕戦を入賞で飾ったが、第16戦イタリアGP終了時点で入賞は3回、獲得ポイントは11、ドライバーズランキングでは11位となっている。

 アルファタウリ残留が決まった角田は、次のようにコメントした。

「最初に、F1でドライブを続けるチャンスを与えてくれたレッドブル、ホンダ、スクーデリア・アルファタウリに深く感謝します。ファクトリーの近くで暮らすために昨年イタリアへ移住したあとはチームの一員になれた実感が得られているので、2023シーズンも彼らと一緒にレースできることを嬉しく思います」

「もちろん、2022シーズンはまだ終わっていませんし、中団争いで努力を重ねているところですので、今は上位でシーズンを終えることに集中しています。その次に来シーズンへ目を向けていきます」

 ヨーロッパでの連戦を終えたF1はこの後、9月30日~10月2日の第17戦シンガポールGPを皮切りにシーズン終盤のフライアウェイ戦に突入し、10月7~9日には3年ぶりのF1日本GPが開催される。

【角田裕毅、2023年シーズンもアルファタウリF1に残留決定「来季も一緒にレースができることを嬉しく思う」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/21(水) 06:34:41.00 ID:CAP_USER9
9/20(火) 23:45配信 motorsport.com 日本版
https://news.yahoo.co.jp/articles/7a4753d254178022dc82fb048e588c8d88794fa7

 FIAは9月20日、2023年のF1開催カレンダーを発表。来季はカタールGPとラスベガスGPが加わり、全24戦が行なわれることになった。

 FIAは9月20日に発表したプレスリリースの中で、世界モータースポーツ評議会の電子投票の結果、2023年のF1開催カレンダーが承認されたことを明らかにした。

 これによれば、開幕戦は3月5日に決勝が行なわれるバーレーンGP。3シーズン開催されなかった中国GPが4月16日開催で第4戦に組み込まれ、日本GPは9月24日決勝の第18戦。第23戦に初開催のラスベガスGPが行なわれ、11月26日のアブダビGPでシーズンが閉幕する。

 FIAのモハメド・ベン・スレイエム会長は、このカレンダー発表に際し、次のようにコメントしている。

「2023年のF1開催カレンダーが24戦になったということは、世界規模でのこのスポーツの成長と魅力が高まっている更なる証拠である」

 そうベン・スレイエム会長はコメントを寄せた。

「新しい会場が追加され、伝統的なイベントをキープできるということは、このスポーツに対してFIAの健全なマネジメントが行なわれていることを強調している。FIAの2022年レギュレーションによって生み出されたエキサイティングなレースの新時代のF1を、2023年により多くのファンに提供できることを嬉しく思う」

 2023年のF1開催カレンダーは、下記の通りとなっている。

■2023年F1開催カレンダー

第1戦:3月5日 バーレーンGP
第2戦:3月19日 サウジアラビアGP
第3戦:4月2日 オーストラリアGP
第4戦:4月16日 中国GP
第5戦:4月30日 アゼルバイジャンGP
第6戦:5月7日 マイアミGP
第7戦:5月21日 エミリア・ロマーニャGP
第8戦:5月28日 モナコGP
第9戦:6月4日 スペインGP
第10戦:6月18日 カナダGP
第11戦:7月2日 オーストリアGP
第12戦:7月9日 イギリスGP
第13戦:7月23日 ハンガリーGP
第14戦:7月30日 ベルギーGP
第15戦:8月27日 オランダGP
第16戦:9月3日 イタリアGP
第17戦:9月17日 シンガポールGP
第18戦:9月24日 日本GP
第19戦:10月8日 カタールGP
第20戦:10月22日 アメリカGP
第21戦:10月29日 メキシコGP
第22戦:11月5日 ブラジルGP
第23戦:11月18日 ラスベガスGP
第24戦:11月26日 アブダビGP

【2023年のF1開催カレンダーが発表。ラスベガスGP追加で全24戦。日本GPは9月24日開催予定】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/18(日) 22:01:29.11 ID:CAP_USER9
9/18(日) 21:51配信 オートスポーツweb
https://news.yahoo.co.jp/articles/4b7ac0d642819e93f3b26c09ccab196ab28c08fd

 9月18日、2022年MotoGP第15戦アラゴンGP MotoGPクラスの決勝がスペインのモーターランド・アラゴンで行われ、エネア・バスティアニーニ(グレシーニ・レーシングMotoGP)が優勝を飾った。2位はフランセスコ・バニャイア(ドゥカティ・レノボ・チーム)、3位はアレイシ・エスパルガロ(アプリリア・レーシング)が続いている。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)はリタイアで終えている。

■2022年MotoGP第15戦アラゴンGP MotoGP決勝(23周)
天候:晴れ 路面:ドライ
Pos./No./Rider/Team/Motorcycle
1/23/エネア・バスティアニーニ/グレシーニ・レーシングMotoGP/ドゥカティ
2/63/フランセスコ・バニャイア/ドゥカティ・レノボ・チーム/ドゥカティ
3/41/アレイシ・エスパルガロ/アプリリア・レーシング/アプリリア
4/33/ブラッド・ビンダー/レッドブルKTMファクトリー・レーシング/KTM
5/43/ジャック・ミラー/ドゥカティ・レノボ・チーム/ドゥカティ
6/89/ホルヘ・マルティン/プリマ・プラマック・レーシング/ドゥカティ
7/10/ルカ・マリーニ/ムーニーVR46レーシング・チーム/ドゥカティ
8/5/ヨハン・ザルコ/プリマ・プラマック・レーシング/ドゥカティ
9/42/アレックス・リンス/チーム・スズキ・エクスター/スズキ
10/72/マルコ・ベゼッチ/ムーニーVR46レーシング・チーム/ドゥカティ
11/88/ミゲール・オリベイラ/レッドブルKTMファクトリー・レーシング/KTM
12/73/アレックス・マルケス/LCRホンダ・カストロール/ホンダ
13/12/マーベリック・ビニャーレス/アプリリア・レーシング/アプリリア
14/35/カル・クラッチロー/WithUヤマハRNF・MotoGPチーム/ヤマハ
15/44/ポル・エスパルガロ/レプソル・ホンダ・チーム/ホンダ
16/87/レミー・ガードナー/テック3KTMファクトリー・レーシング/KTM
17/21/フランコ・モルビデリ/モンスターエナジー・ヤマハMotoGP/ヤマハ
18/40/ダリン・ビンダー/WithUヤマハRNF・MotoGPチーム/ヤマハ
19/49/ファビオ・ディ・ジャンアントニオ/グレシーニ・レーシングMotoGP/ドゥカティ
20/25/ラウル・フェルナンデス/テック3KTMファクトリー・レーシング/KTM
RT/93/マルク・マルケス/レプソル・ホンダ・チーム/ホンダ
N1/30/中上貴晶/LCRホンダ・イデミツ/ホンダ
N1/20/ファビオ・クアルタラロ/モンスターエナジー・ヤマハMotoGP/ヤマハ

【2022MotoGP第15戦アラゴンGP MotoGPクラス決勝の結果】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/14(水) 13:04:33.43 ID:CAP_USER9
 元F1ドライバーのルーベンス・バリチェロは、今週末にバレルンガで行われるイタリアGT選手権のエンデュランス(耐久)ラウンドで、同じく元F1ドライバーのジャンカルロ・フィジケラと組み、フェラーリのGTカーをドライブすることになった。

 スクーデリア・バルディーニのフェラーリ488 GT3 Evoに乗ることが決まったバリチェロは、2000~2005年のF1参戦時代以来となる、フェラーリでのレース活動を行う。

 現在50歳、ブラジル籍のバリチェロはF1世界選手権で2度ランキング2位に輝き、通算322戦出場、11勝、68回表彰台を獲得している。

 バリチェロとフェラーリ・ファクトリー・ドライバーのフィジケラは、6月にバレルンガでテストを行い、そこにはバリチェロの息子であるエドゥアルドも参加していた。

 当初は1回限りのテストと考えられていたが、チーム代表のファビオ・バルディーニが今週末のエンデュランスシリーズ第3戦に、ふたりのスタードライバーを呼び寄せた。

 このイタリアのチームは、過去にもスタードライバーを引きつけており、2019年にはフィジケラとジャック・ビルヌーブが一緒にドライブしたこともある。

「我々はバレルンガを欠席することはできなかった」とバルディーニは述べている。

「我々のホームグラウンドで、488 GT3は我々のフラッグドライバーであるジャンカルロ・フィジケラ、そしてルーベンス・バリチェロによってドライブされる」

「ジャック・ビルヌーブに続いて、ルーベンスのような偉大なチャンピオンが我々のマシンに乗ってくれることになった。昨年4月にモンツァで彼に会う機会があったが、我々は同じ考えを持っていたんだ」

「彼は17年ぶりにフェラーリに戻りたいと言っていた。そこで私は、我々と一緒に戦うチャンスを提供したのだ。彼は喜んで私の申し出を受け入れてくれたよ」

「我々は(6月に)バレルンガでテストを行い、それはうまくいった。我々のふたつのラインアップはスプリントシリーズでも良い成績を残せており、いよいよ今年初のエンデュランスシリーズにデビューを飾る」

 バレルンガでのレースウイークの走行は9月16日金曜日に始まり、2時間で争われる決勝レースは18日日曜の現地時間15時にスタートする。

9/14(水) 12:52配信 オートスポーツweb
https://news.yahoo.co.jp/articles/fbcf795579fc45921bcf56ba1b1cb919316f4753
画像 2022年6月にスクーデリア・バルディーニのフェラーリ488 GT3 Evoをテストしたルーベンス・バリチェロ、ジャンカルロ・フィジケラ、エドゥアルド・バリチェロ
https://cdn-image.as-web.jp/2022/09/14123446/asimg_0_8c63214bd5b8162-764x510.jpg

【【レース】ルーベンス・バリチェロ、17年ぶりの跳ね馬ドライブへ。フィジケラと組みイタリアGTに参戦 [シャチ★]】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/16(金) 06:09:49.29 ID:CAP_USER9
投稿日: 2022.09.15 17:51
更新日: 2022.09.15 18:32
https://www.as-web.jp/f1/860488?all
https://cdn-image.as-web.jp/2022/09/15180635/asimg_mnn_386322eb1adef48-765x510.jpg

 9月15日、三重県の鈴鹿サーキットは、2022年10月7~9日に同地で開催されるF1第18戦『Honda 日本グランプリレース』での国歌独唱を、人気声優・歌手の水樹奈々さんが務めると発表した。

 2019年以来、3年ぶりに日本に帰ってくるF1グランプリの決勝レース直前に行われる国歌独唱。この舞台に声優、歌手、そしてナレーターとして活躍する水樹さんが立つことが決まった。

 水樹さんは声優として『ハートキャッチプリキュア!』や『NARUTO -ナルト』など多数の人気作に出演。また、歌手としてもアルバム・シングルともにに声優初のオリコンランキング1位を獲得するなど人気を博す。

 その高い歌唱力から、圧倒的なライブパフォーマンスに定評があり、東京ドーム公演をはじめ、阪神甲子園球場や横浜スタジアムなど数々の巨大会場や海外での公演も成功させてきた実績を持つ。今年7月には、約2年半ぶりとなるアルバム『DELIGHTED REVIVER』をリリースした。

 そんな水樹さんはF1日本グランプリでの国歌独唱が決まったことを受け、喜びと緊張で震えていますとのコメントを発表。さらに、自身もカートライセンスを所持していることを挙げ、モータースポーツファンのひとりであることを明かした。水樹さんのコメント全文は以下のとおりだ。

「3年ぶりのF1日本グランプリ開催という特別な機会に、国歌独唱という大役をいただき、喜びと緊張で震えております」

「父をはじめ、私の周りにはモータースポーツを愛する人が多く、私もその影響を受けカートライセンスを取得するなど、その魅力に惹きつけられて止まないファンのひとりです」

「素晴らしいレースになりますよう、全力で想いを込めて歌わせていただきます!」

【F1第18戦日本グランプリで、人気声優・歌手の水樹奈々による国歌独唱が決定「全力で歌わせていただきます!」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/13(火) 17:33:02.58 ID:CAP_USER9
ホンダ・レーシング(HRC)は、MotoGPにLCRホンダから参戦している中上貴晶と2023年以降の契約に合意したことを発表した。

MOTOGP ニュース 2022/09/13 16:25

 中上は2012年にMoto2クラスに初参戦。2014年からはIDEMITSU Honda Team Asiaに所属し、2018年にMotoGPクラス昇格を果たした。

 以降、LCR Honda IDEMITSUからの参戦を続けている中上は、2021年アラゴンGPで日本人ライダー最多となるグランプリ通算200戦出走を達成した。今季はホンダ勢が苦戦していることもあって、ランキング16番手となっている。

 ホンダは来季に向けてライダーラインアップを大きく変更。撤退するスズキからジョアン・ミルをレプソル・ホンダに、アレックス・リンスをLCRホンダに迎え入れている。

 中上は、手術を経て復帰したばかりのマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)と共に、2023年バイクの開発を引っ張る立場となるだろう。


 契約更新の発表に際し、中上とHRCの代表取締役社長である渡辺康治氏は次のようにコメントを発表した。

■LCR Honda IDEMITSU 中上貴晶

「『LCR Honda IDEMITSU』から、2023年以降も引き続きMotoGPに参戦でき、とても嬉しく思っています。日頃から活動を支えてくださる出光興産株式会社様、ならびにHonda様にはとても感謝しております。また、いつもあたたかく応援してくださるファンの皆様へも感謝を伝えたいです。今シーズンは自分自身納得がいく結果を残せてないですが、来シーズンに向けて一日でも早く満足のいくレースをして、皆さまの期待に応えていきたいと思います。日本GPは3年振りに開催されます。日本のファンの皆様の前で走れることがとても楽しみです。皆様、ご声援よろしくお願いいたします」

※続きはリンク先で
https://jp.motorsport.com/motogp/news/nakagami-extend-contract-2023-onwards/10368632/
https://i.imgur.com/kwBVjTs.jpg

【中上貴晶、MotoGP日本GPを前に2023年以降の契約更新に合意!】の続きを読む

このページのトップヘ