SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

モータースポーツ

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/19(日) 23:32:32.81 ID:8wn7/RZL9
5/19(日) 23:29配信 中日スポーツ
) https://news.yahoo.co.jp/articles/19bc913d0e7d6441e0eece70a8903a3e8dfd26eb
◇19日 F1第7戦エミリアロマーニャGP(伊イモラ)

 RBの角田裕毅は10位でゴールし、決勝では今季4度目の入賞を果たした。

 今季最高位の7番グリッドを得たが、スタートでやや出遅れて1周目に9番手に後退。それでも最初のタイヤ交換のタイミングで順位を上げることに成功し、順調なペースで一時は8番手を走行した。ただし、レース後半は我慢の走りを強いられ、レッドブルのセルジオ・ペレス(メキシコ)、アストンマーティンのランス・ストロール(カナダ)にコース上で追い抜かれてしまい、10位に入るのが精いっぱいだった。

 優勝はレッドブルのマックス・フェルスタッペン(オランダ)がポールトゥウインで飾り、今季5勝目をマーク。2位にはマクラーレンのランド・ノリス(英国)、3位にフェラーリのシャルル・ルクレール(モナコ)が入った。

 イタリアでは2グランプリが組まれており、この地域の州名エミリアロマーニャをグランプリ名に使っている。イモラサーキットはかつてはサンマリノGPを開催したサーキットとしても知られる。

【2024年F1第7戦エミリアロマーニャGP・決勝 フェルスタッペン優勝 角田裕毅は喜べない10位 今季4度目の入賞もスタート直後の出遅れなどが響く】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/23(火) 19:50:13.78 ID:tHWrwc+K9
4/23(火) 16:37配信AFP=時事
https://news.yahoo.co.jp/articles/46bcc5f20b86f29f81c21fb7d66b8787f87f0566

【AFP=時事】タイのセーター・タウィーシン(Srettha Thavisin)首相は22日、首都バンコク市街地でのフォーミュラワン(F1、F1世界選手権)開催実現へ向け、F1のステファノ・ドメニカーリ(Stefano Domenicali)最高経営責任者(CEO)と面会した。

 F1側に招致構想を売り込んだとされ、時期や具体的な計画については公表されていないが、タイ側の関係者は地元メディアに対し、市街地コースでの開催を想定していると話している。

 タウィーシン首相はドメニカーリ氏との面会後にX(旧ツイッター)に「タイにはバンコクでフォーミュラワンを開催する能力がある。われわれには適切なポテンシャルと能力、そして人々のホスピタリティーがある。実現すれば、人々に素晴らしい思い出をもたらせると確信している」と記した。

 タイ政府はソフトパワー戦略に力を入れており、F1開催が実現すれば観光業の活性化につながる。インバウンド観光に依存しているタイ経済は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)からの立て直しを目指している。

 一方、F1も市街地レースの増加に意欲を示している。

 F1に現在参戦している中ではウィリアムズ(Williams)のアレクサンダー・アルボン(Alexander Albon)が唯一のタイ出身ドライバーとなっている。また、タイ出身のF1ドライバーはアルボンを含め史上2人しかいない。【翻訳編集】 AFPBB News

【タイがF1招致に意欲 バンコク市街地レースを想定】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/19(金) 11:38:58.63 ID:dXY+cXRX9
 初の春開催となった、2024F1日本グランプリ。角田裕毅は10位入賞で、2012年の小林可夢偉以来となる日本人ドライバーの母国レースでのポイント獲得となり、大いに湧かせてくれたが、1987年の中嶋悟のデビュー以来、日本人のF1フルタイムドライバーは過去37年でたったの10人(スポット参戦を含め21人)。

 どうしてこれだけ狭き門なのか?

 最大の理由は、F1のシート数が少ないから。現在、F1に参戦しているチームは10チーム。各チームがコンストラクターで、それぞれ2台のマシンを走らせているので、F1のシートに座るのは、世界で20人しか許されていない。

 ほかのスポーツ、たとえば大谷翔平が活躍している、メジャーリーグだと参加チームは30。各球団がメジャーリーグ契約できる選手の上限は40人なので、最大1200人がメジャーリーガーになれる。

 そしてボクシング。モンスター=井上尚弥が4団体王座統一をはたして話題になったとおり、主要団体だけで4団体あり、しかも体重別にミニマム級からヘビー級までの17階級も段階がある。単純計算すると、4団体×17階級で、68人の世界チャンピオンがいるわけで、F1ドライバーよりも3.4倍も多いことに!

 これは数字上の問題なので、F1ドライバーが大リーガーやボクシングの世界チャンピオンより、偉いとか、凄いとかいった話ではないが、F1ドライバーになる困難さはイメージしやすいのではないだろうか。

類まれな技量と集中力を持つF1ドライバー

 また、F1ドライバーになるには特別な資格、FIAが発行するスーパーライセンスが必要になる。

 このスーパーライセンスを新たに取得するには、過去3年間でライセンスポイントを40点以上獲得するか、過去2シーズンに加えて申請年の見込み獲得ポイントの合算が40点以上となるのが原則。

 スーパーライセンスポイントを獲得するにはFIAが指定した各カテゴリーのレースで入賞することが条件で、それぞれフルシーズンの80%以上のイベントに出走する事が欠かせない。

 付与されるポイントもレースカテゴリーと順位によって違い、例えばFIA F2選手権やインディカーなら優勝1回で40点。日本のスーパーフォーミュラなら、優勝1回で25点。各国F3選手権だと優勝1回で10点。スーパーGTだと優勝1回で20点といった具合。

 このスーパーライセンスをもっていることは、F1ドライバーとしての最低条件なので、スーパーライセンスをもっていようが、下位カテゴリーでチャンピオンを獲ろうが、F1チームからお呼びがかからなければF1ドライバーにはなることができない。

 というわけで、F1ドライバーになるためには、まず速さが必要なのはいうまでもないが、それ以外にF1のジュニアチームの出身だったり、自動車メーカーのバックアップや強力なスポンサー、持参金の多寡、知名度、人気などのさまざまな要素も絡んでくる。

 ただし、本当に飛び抜けたパフォーマンスを持っていればハナシは別。

 現役世界チャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、2015年に史上最年少、17歳でF1にデビューし、彼の登場以降、スーパーライセンスの発給は「18歳以上」という年齢制限が加わったほど。

 また、2007年の世界チャンピオン、キミ・ライコネンは、ジュニアフォーミュラ(フォーミュラ・ルノー)で23戦しただけで、F1ドライバーに抜擢。F3の経験すらなかったので、スーパーライセンスは当初4戦限定の仮ライセンスとして発給された(F1デビュー戦で6位入賞を果たし、正式なライセンスが降りた)。

 いずれにせよ、2024年の日本グランプリの予選を見ても、約6kmの鈴鹿サーキットを走って、トップ8は0.589秒以内の差でしのぎを削るとんでもない世界なので、F1ドライバーの技量、集中力は凄まじいレベルにあることは間違いない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/eb24b77ec1588f1b94e36f78ffd66e1ac404749a

【メジャーリーガーは1200人なのにF1はたった20人!「なるだけ」でも「超狭き門」の世界だった】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/06(月) 06:59:38.79 ID:k2VojE8b9
5/6(月) 6:38配信 motorsport.com 日本版
https://news.yahoo.co.jp/articles/c5b2e09cf5c04d26329e83790558b69c026a3f2a

 F1マイアミGPの決勝レースでは、マクラーレンのランド・ノリスが優勝した。F1参戦6年目にしてキャリア初優勝を挙げた。

 2位にはレッドブルのマックス・フェルスタッペン、3位にはフェラーリのシャルル・ルクレールが入った。

 RBの角田裕毅は7位フィニッシュ。スプリントに続いて決勝でも入賞してみせた。

【2024年F1第6戦マイアミGP・決勝 ランド・ノリス、F1参戦6年目にして初優勝! フェルスタッペンを下す。角田裕毅7位入賞】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/02(木) 22:19:26.66 ID:8xMmd1+69
セナの事故死から30年……ずっと苦しみ続けてきたセーフティカードライバー「僕は100%で走ったけど、F1の前を走る適切なクルマじゃなかった」
30年前の5月1日、イモラ・サーキットでアイルトン・セナが事故死した。当時セーフティカードライバーを務めていたマックス・アンジェレリは、事故が起きてからずっと苦しみ続けてきたという。
Jonathan Noble
Franco Nugnes
2024/05/02 17:55
Upd: 2024/05/02 17:55

 1994年の5月1日に行なわれたF1サンマリノGPの決勝。このレースで、ウイリアムズのマシンをドライブしていたアイルトン・セナがタンブレロでクラッシュし、その命を落とした。

 事故の原因については今も様々な意見が存在するが、その中のひとつに、セーフティカーがあまりにも遅すぎたため、その間にF1マシンのタイヤの内圧が下がり、それがセナの事故に繋がったという論調もあった。
 この時セーフティカードライバーを務めていたマックス・アンジェレリは当時のことを振り返り、パフォーマンスが著しく劣るセーフティカーから100%のパフォーマンスを引き出したと自信を持っているものの、事故が起きたことについては、長きにわたって自責の念に捉われ続けたという。
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
https://jp.motorsport.com/f1/news/the-nightmares-over-senna-that-would-haunt-imolas-safety-car-driver-for-years/10605360/

【セナの事故死から30年ずっと苦しみ続けてきたセーフティカードライバー「僕は100%で走ったけど、F1の前を走る適切なクルマじゃなかった」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/01(水) 10:37:58.94 ID:4Y+wAr3A9
去就が注目されるF1レッドブルの〝天才マシンデザイナー〟エイドリアン・ニューウェイ最高技術責任者(65)が正式に辞表を提出し、
ついにあのチームまで争奪戦に参戦してきそうだ。

「空力の鬼才」との異名を持ち、数々の名マシンを製作してF1界に旋風を巻き起こしてきたニューウェイ氏。レッドブルでも常勝軍団を
築いたが、クリスチャン・ホーナー代表のスキャンダルを巡ってチームに内紛が起き、退団を決断したとみられている。

 そして英メディア「クラッシュ」は「ニューウェイが辞表を提出」とついに正式にレッドブルへ退団を申し出たと速報。「ニューウェイのレッドブルからの
離脱は彼が正式に辞任を提出して、今週末のマイアミ・グランプリ(GP)の前に発表される可能性がある」と近日中に退団が発表されると伝えた。

 これでいよいよ大争奪戦が表立ってスタート。すでにフェラーリやアストンマーティンが破格のオファーを準備して、古巣のマクラーレンも
獲得に向けて動き出している。そして、今F1界で最もホットとも言えるアウディまで参戦することになりそうだ。

 2026年からのF1参戦へ向けて巨大補強を画策しているアウディ。その地元ドイツ誌「アウトモートーウントシュポルト」で、アウディの
アンドレアス・ザイデルCEOがニューウェイ氏の獲得について初めて言及した。

「アウディはニューウェイか、あるいは同等に高いキャリアを持つ才能ある人物との雇用を求めることはあるのか」と問われたザイデルCEOは
「F1界で、チームに迎えたいと思う名前が1人か2人いるのは明らかだ」と答え、ニューウェイ氏への関心を明らかにした。

そしてザイデルCEOはこう続けた。「ノウハウを提供するだけでなく、その名声によって注目を集められる人物」。F1界で長年カリスマ性を
誇ってきたニューウェイ氏は、まさにこの言葉に当てはまる人材だ。

 ただ「F1はワンマンショーではない。私たちにとって正しい姿勢と、一緒に何かを達成するという目標を持った強力なチームをまとめることが
重要だ」とも指摘。「そのため、重要なポジションを採用する際には、該当するスタッフがこの文化を体現するように努めている」とアウディが
求める人材の理想像を強調した。

 ニューウェイ氏を獲得すれば、アウディは参戦早期に優勝争いへ加わることも可能。そのため獲得へのモチベーションは最も高そうだ。
自動車界の〝巨人〟アウディが、本気でF1制覇を狙っている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3a7c03c49abe9302ec03cb4619add79f575ddae6

【「空力の鬼才」エイドリアン・ニューウェイ氏がレッドブルに辞表提出 アウディも争奪戦に参戦へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/25(木) 16:48:44.95 ID:WxiZfdsG9
Published:2024/4/24 21:11

命日を前に、F1界のレジェンドであり3度のワールドチャンピオンに輝いた故アイルトン・セナの愛車、ホンダNSXが今週、
英国最大の自動車マーケットプレイス「オートトレーダー」に50万ポンド(約9,633万円)で売りに出された。

https://formula1-data.com/article/legendary-f1-driver-sennas-rare-honda-nsx-for-sale

【F1の伝説、アイルトン・セナの愛車「ホンダNSX」が中古車市場に…映画にも登場した激レア個体】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/18(木) 17:26:26.65 ID:RbWrsb+a9
アメリカの雑誌『タイム』は2024年の「世界で最も影響力がある100人」を発表。F1ドライバーのマックス・フェルスタッペンがそのひとりに選ばれた。

https://cdn-6.motorsport.com/images/amp/YKEMJ5w0/s1200/max-verstappen-red-bull-racing.webp

昨シーズンは22戦中19勝をマークする大活躍を見せ、チャンピオン3連覇を果たしたフェルスタッペン。今季もすでに3勝を挙げている。

そうした活躍により、フェルスタッペンは世界のリーダーや作家、エンターテイナーなど、様々な業界で活躍する人たちの中から選ばれる『Time 100』に名を連ねた。

アスリートとしては他に、NFL(アメフト)カンザスシティ・チーフスのクオーターバック、パトリック・マホームズや2023年ラグビー・ワールドカップで南アフリカ代表のキャプテンを務め、優勝に導いたラグビー界のスターであるシヤ・コリシ、スペイン代表として2023年女子サッカー・ワールドカップを制しジェニファー・エルモソなどが選ばれている。

タイム誌のシニア・スポーツ・スペシャリストであるショーン・グレゴリーは、フェルスタッペンの選出について次のように評している。

「フェルスタッペンはドライビングにかなり自信があるので、少なくともレース中に1回は、後方で起こっているバトルを見るためにコース上のスクリーンに目を光らせていた」

今年のリストを飾ったメンバーの一部は4月24日のサミットと5月15日の式典に招待される。

このリストに選出されたF1ドライバーはフェルスタッペンだけではない。ハミルトンは2020年に、ミハエル・シューマッハーは2005年にそれぞれ進出されている。

https://jp.motorsport.com/f1/news/verstappen-named-in-2024-time-100-list/10599865/
https://cdn.motorsport.com/images/mgl/6D1XOwx0/s1100/max-verstappen-red-bull-racing.webp

2024/04/18 15:15 Jake Boxall-Legge motorsports.com

【【F1】マックス・フェルスタッペン、米タイム誌が選ぶ「世界で最も影響力のある100人」に選出】の続きを読む

このページのトップヘ