SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ボクシング

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/13(金) 07:10:07.91 ID:CAP_USER9
2022年5月12日 19時33分


 米ボクシング専門誌リング(電子版)が12日までにパウンド・フォー・パウンド(全階級最強、PFP)ランキングを更新し、WBA・IBF統一バンタム級王者の井上尚弥(29)=大橋=が4位から3位に浮上した。首位だった世界4団体統一スーパーミドル級王者サウル”カネロ”アルバレス(31)=メキシコ=が、7日のWBAライトヘビー級タイトル戦で判定負けし6位に後退したため。井上は米スポーツ専門局ESPNのPFPでも12日までに2位に上昇している。

 リング誌の1位は世界3団体統一ヘビー級王者オレクサンドル・ウシク(35)=ウクライナ=で、ESPNの1位はWBOウエルター級王者テレンス・クロフォード(35)=米国=。ともに次戦は決まっていない。井上が6月7日に行われるWBCバンタム級王者ノニト・ドネア(39)=フィリピン=との3団体統一戦(さいたまスーパーアリーナ)で強烈なインパクトを与える勝ち方をすれば日本人初のPFP首位に立つ可能性も出てきている。

https://www.chunichi.co.jp/article/469072

【井上尚弥、全階級最強ランキングPFPで3位浮上 ドネア戦(6月7日)で強烈勝利なら日本人初のPFP首位も】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/08(日) 19:18:42.09 ID:CAP_USER9
2022年5月8日 16:26
https://www.afpbb.com/articles/-/3403723
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/f/1/810wm/img_f1059380940d5e4f8ef83da6bb021935216486.jpg

【5月8日 AFP】ボクシング、WBA世界ライトヘビー級タイトルマッチが7日、米ラスベガス(Las Vegas)のTモバイル・アリーナ(T-Mobile Arena)で行われ、王者ドミトリー・ビボル(Dmitry Bivol、ロシア)が判定の末3-0(115-113、115-113、115-113)で挑戦者の世界スーパーミドル級4団体統一王者サウル・アルバレス(Saul Alvarez、メキシコ)を退け、王座を防衛した。

 ビボルが20勝(11KO)無敗を守った一方、戦前の予想では圧倒的に有利とみられていたアルバレスは、これでスーパーウエルター級時代の2013年にフロイド・メイウェザー・ジュニア(Floyd Mayweather Jr.、米国)に敗れて以来の黒星を喫し、戦績が57勝2分け2敗となった。

 アルバレスは昨年11月のカレブ・プラント(Caleb Plant、米国)戦の勝利で、史上初となるスーパーミドル級4団体統一に成功。またライトヘビー級は以前にも経験している階級で、2019年11月にセルゲイ・コバレフ(Sergey Kovalev、ロシア)から勝利を収めてWBOのベルトを獲得していた。

 しかし、この日はそうした快挙を再現できなかった。相手のガードをなかなか崩せなかったアルバレスに対して、ビボルは試合を通じて絶え間なく圧力をかけ、最後まで大きなダメージを受けなかったように見えた。

 ビボルは、何発ものパンチを吸収してあざになった上腕を示しながら、「彼のパンチで腕が痛い」と話し、「パワーを感じたし、それはこの腕を見てもわかるはずだ。彼は自分の腕は打ったが、頭は打てなかった」と続けた。

 この週末はメキシコの祝日で、同胞アルバレスの勝利を願って声援を送った会場のファンにとっては、非常に残念な結果になった。

 アルバレスは「彼は非常に素晴らしいファイターだ」と認め、「踏み込んできては離れるを繰り返された。非常にいい距離を保っていた。あれがボクシングだ」とコメントした。そして「彼は偉大なチャンピオンだ」と話し、「自分は負けた。彼の勝ちだ」と続けた。

 判定に不満は言わなかったアルバレスだが、再戦は希望した。ビボルも「リマッチ? 問題ない」と応じ、「話し合おう」と呼びかけた。(c)AFP

【WBA世界ライトヘビー級王者ビボルがタイトル防衛、カネロまさかの敗戦】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/23(土) 01:03:39.49 ID:CAP_USER9
◆プロボクシング ▽WBO世界ミニマム級(47・6キロ以下)タイトルマッチ12回戦 
〇王者・谷口将隆 (11回TKO) 同級5位・石沢開●(4月22日、東京・後楽園ホール)

WBO世界ミニマム級王者・谷口将隆(ワタナベ)が挑戦者・石沢開(M・T)に11回2分29秒、TKO勝ちし、初防衛に成功した。
戦績は谷口が16勝(11KO)3敗、石沢が10勝(9KO)2敗。

序盤から自分の距離を保って前に出た谷口は、左ボディーや左右アッパー、右フックなどでポイントを稼ぐと、石沢の強打を
ダッキングでかわした。9回には右アッパー、左ボディーを効かせ、10回にも谷口の左フックで石沢がよろめいた。挑戦者の
ダメージが蓄積された11回。谷口の左フックが放たれると、レフェリーが危険を察し、試合を止めた。

前日計量で石沢が体重超過。試合当日の午後5時半から行われた計量で、石沢が規定体重プラス3キロの50・6キロを
クリアして試合は実現したが、WBOのルールで、勝たなければ防衛できない。谷口は「余裕はなかった。一撃あるのは
分かっていたので、集中していた」と振り返った。

ジムのサポートが力になった。試合前のリングには、渡辺均会長を始め、10人が谷口を先頭に並んだ。「勝てたのはチームの
サポートのおかげ。いつもの谷口将隆が出せました」とニッコリ。試合後には石沢が近寄って、右手を挙げてくれた。
「すいませんでした」と謝る挑戦者に、王者は「もう謝らなくていいよ」と優しく声を変えた。試合後、「不安はあったけど、
ご飯を食べたら『明日頑張ろう』と思った」と笑い飛ばした谷口に王者の風格が漂っていた。

苦しい減量を乗り越え、過酷な条件をクリアして初防衛した谷口に、渡辺会長は「チャンスがあれば、海外も見据えたい」と
夢を広げた。谷口も「行きたいですね」とうなずいた。WBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人(ワタナベ)との
ダブル世界戦実現について聞かれると「いつか凱旋したい」と谷口。大阪出身の京口、兵庫出身の谷口は2015年12月、
そろってワタナベジム入りを決めている。渡辺会長も「もちろん、やりたいですよ」と笑顔で約束した。

https://hochi.news/articles/20220422-OHT1T51283.html?page=1

画像
https://hochi.news/images/2022/04/22/20220422-OHT1I51350-L.jpg

【WBO世界ミニマム級王者・谷口将隆、11回TKOで初防衛 体重超過の石沢開に寄り添い「もう謝らなくていいよ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/04(水) 21:09:25.86 ID:CAP_USER9
5/4(水) 15:23
配信
THE DIGEST
WBO、問題児カシメロから王座ベルトを全会一致で正式はく奪! 2度の“ドタキャン”を食らったバトラーが正規王者に

 失態続きのフィリピン戦士へ厳重な処分が下された。

 現地時間5月3日、WBO(世界ボクシング機構)は、世界バンタム級王者のジョン・リエル・カシメロ(フィリピン)から王座をはく奪すると発表。定められた条件を遵守しなかったとして、同処分をWBO執行委員会に全会一致で勧告すると、これを同執行委員会も全会一致で支持したという。


 先月22日、英リバプールでポール・バトラー(英国)との防衛戦に臨む予定だったカシメロだが、英ボクシング管理委員会(BBBoC)が禁じている減量目的でのサウナ使用が発覚して試合中止に。前日計量に現れなかった昨年12月の防衛戦に続いて、それから再設定となっていた今回は同カード2度目の“ドタキャン”だった。

 また、これで代役の同級4位ジョナス・スルタン(フィリピン)に3ー0の判定勝ちを収め、暫定王座を獲得していたバトラーの正規王座昇格も決定。なお、カシメロはWBO同級の世界ランキング1位となるという。

 今回の発表は、バンタム級統一の野望を掲げるWBA・IBF世界王者の井上尚弥にも影響が与及ぼす可能性が高い。すでに6月7日にさいたまスーパーアリーナで、WBC王者ノニト・ドネア(フィリピン)との3団体統一戦が予定されているが、今後の展開からも目が離せない。

構成●THE DIGEST編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/0231fdbc313c4143b3013d5be20ffb5b04dc88c0

【WBO、世界バンタム級王者カシメロから王座ベルトを正式はく奪!  2度の“ドタキャン”を食らったバトラーが正規王者に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/03(火) 12:51:55.10 ID:CAP_USER9
渦中のマイク・タイソンがまたも”お騒がせ”だ。タイソンは先月20日航空機内で泥酔した男に絡まれ、最初はなだめるものの、男を殴打し世界中で話題となった。それから10日、今度は女性ファンと”あわやの事態”を引き起こした。

 5月1日(日=現地時間)、タイソンはラスベガスで行われていたWBC・WBO世界王座統一戦[シャクール・スティーブンソンvsオスカル・バルデス]の試合を観戦。現地で撮影を求めてきたファンと一緒に、写真を撮っていた。

 するとファンらしき女性の一人が後ろから、長い赤色の爪の指を近づけ、タイソンの鼻の下に接近させた。写真では鼻の下に当たっているようにも見える。

 この侮辱的で危険な仕草に、タイソンはすぐさま後ろへ向き直り、女性へ抗議のためか”超接近”した。そこへすぐさま警備員が女性の元に近づき、タイソンのガードたちもファンたちから遠ざけるようにタイソンを囲んだ。一触即発の事件はそれ以上何事も起きずに済んだという。

 先日、タイソンへ事件が起きたばかりで警備もことさら警戒しただろう。いたずらなYouTuberも多いことから、タイソンには気をつけてほしいところだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/38e6e30afd6596beb1291ab40a47f2dd85733b43
https://efight.jp/news-20220503_1031727/attachment/img_4554-10?bp=1

【“アイアン”マイク・タイソンが再び激怒、女性の赤い爪がタイソンの鼻に!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/19(土) 16:56:18.16 ID:CAP_USER9
3/19(土) 16:35配信
スポニチアネックス

 プロボクシングWBC世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦は19日、京都市体育館で行われ、前王者で同級1位の寺地拳四朗(30=BMB)が矢吹正道(29=緑)との再戦を3回TKOで制し、王座返り咲きを果たした。試合後には目に涙を浮かべながら「あ〜〜〜良かった!!」と素直な気持ちを口にした。

 寺地は1回から積極的に前へ出て王者へプレッシャーをかけると、3回1分11秒で決着。強烈な右ストレートを顔面にヒットさせると矢吹はダウン。10カウント以内に立ち上がった矢吹だったが、レフェリーは“試合続行不能”と判断。地元・京都での“因縁の再戦”を見事なTKO勝利で飾った。

 9度目の防衛を目指した昨年9月の対戦では矢吹に10回TKO負けを喫し、王座陥落。具志堅用高の持つ13連続防衛の日本記録更新という夢も断たれた。直前の新型コロナウイルス感染、得意の左ジャブが評価されない採点、そしてバッティングによる負傷。不運が重なっての敗戦に1度は引退も考えたが、悔しさを抱えたままボクシングを離れることはできず、WBCから異例のダイレクトリマッチ(直接再戦)を指令されたこともあって「僕の新しい第二のストーリーを見てもらえたら」と再起を決意した。

 昨年11月の現役続行表明後、大阪で篠原茂清トレーナーの指導下で基礎体力づくりに専念。30歳の誕生日を迎えた1月6日からジムワークを再開すると、矢吹との因縁の再戦に向けて約150ラウンドのスパーリングを消化するなど順調に調整を進めてきた。「自分が一番強い。その自信を取り返したい」と決意して臨んだ一戦で寺地が矢吹に雪辱を果たし、ベルトと誇りを取り戻した。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220319-00000205-spnannex-000-11-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/d33fbba9167518078dbaceb69b7fdfd961115b77

【WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ 拳四朗 涙の世界王座返り咲き!異例の直接再戦、3回TKOで矢吹にリベンジ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/18(金) 15:55:51.31 ID:CAP_USER9
◆プロボクシング ▽WBC世界ライトフライ級(48・9キロ以下)タイトルマッチ12回戦 王者・矢吹正道―挑戦者・寺地拳四朗(19日・京都市体育館)

 初防衛戦に臨む王者・矢吹正道と、前王者の挑戦者・寺地拳四朗が17日、京都・宇治市内のBMBボクシングジムで予備検診や調印式、会見を行った。
矢吹は写真撮影で、人気漫画「北斗の拳」で主人公のケンシロウを倒す人気キャラクター、サウザーのTシャツを披露するパフォーマンスで“必勝宣言”。
因縁の再戦に「もう1回、しっかり勝つだけ」と力を込めた。

 黒とグレーの迷彩柄上下で定例行事に臨んだ矢吹が、撮影用に上着を脱ぐと、寺地が思わず噴き出した。
“打倒ケンシロウ”つながりで仕込んだ、「サウザー」のイラスト入り黒Tシャツ。
「ネットで買ってきた」。会場が笑いで包まれ、してやったりの表情を浮かべた。

 作中では“再戦”で敗れる敵キャラ。逆の立場で激突した前回対戦後、寺地陣営が故意のバッティングを主張したことに端を発したダイレクトリマッチの構図がかぶるが、結末だけは変える。
「勝ちます。『退(ひ)かぬ、媚(こ)びぬ、省みぬ』」。同キャラの名ゼリフを引用し、連勝で王座防衛を誓った。

 予備検診は身長で1・5センチ、リーチで1センチ挑戦者を上回ったが、ほぼ互角だ。
判定が物議を醸した前回と、ジャッジ2人は同じとなったが「世間の目を気にして、自分にポイントを与えにくいかなと思う。ポイントは気にせずに戦う」とけん制しつつ、KO決着へ意気込んだ。(宮崎 尚行)

https://hochi.news/articles/20220317-OHT1T51194.html
https://hochi.news/images/2022/03/17/20220317-OHT1I51277-L.jpg

【因縁の「矢吹正道VS寺地拳四朗」(3/19・京都市体育館) 王者・矢吹は聖帝サウザーのTシャツで調印式に 会場は爆笑】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/25(月) 14:09:22.10 ID:CAP_USER9
4/25(月) 13:45
J-CASTニュース

マイク・タイソンは「もっと自制すべきだった」 流血騒動、被害者が「弁護士雇った」と米国報道

  プロボクシングの元世界ヘビー級統一王者マイク・タイソン氏(米国、55)が航空機内で男性客を殴打した一件について、米メディア「TMZスポーツ」(WEB版)は2022年4月22日、被害者男性が弁護士を雇い訴訟を起こす可能性について言及した。


■「客室乗務員に苦情を申し入れるだけで回避できた」

  タイソン氏は21日に米カリフォルニア州サンフランシスコからフロリダ州マイアミに向かう機内で、乗り合わせた男性とトラブルを起こした。

  複数の海外メディアによると、タイソン氏の後部座席に居合わせた男性客がしつこく絡み、タイソン氏が落ち着くよう諭すも男性客は聞く耳を持たず絡み続けたという。男性客の行為に怒りを抑えきれなかったタイソン氏は何度も男性客を殴打。この映像がSNSで拡散し物議をかもした。

  TMZスポーツは「マイク・タイソンに殴打された被害者が弁護士を雇った」などのタイトルで記事を公開し、この事実は訴訟がそう遠くないことを示唆していると伝えた。

  被害者の弁護士はTMZスポーツの取材に対して「タイソン氏は過度に興奮したファンに興奮して攻撃をし始めた。これは客室乗務員に苦情を申し入れるだけで回避できたはずだ」と主張した。
騒動直後に笑顔でファンと交流

  また、同弁護士は一部メディアで報じられた被害者男性がタイソン氏に殴打される前にペットボトルを投げつけたという行為を否定した。

  さらに「史上最強のファイターのひとりであるタイソン氏は、過度に興奮したファンに手を上げる前にもっと自制すべきだったことは明らかだ」とコメント。記事では関係者談として、事件にショックを受けた被害者男性は、騒動が大きくなりメディアの問い合わせが相次いだことからカウンセラーを雇ったと伝えた。

  また、TMZスポーツはタイソン氏が騒動直後にファンと交流している写真とともに「ファンとの交流に問題はない」などのタイトルで24日に続報を伝えた。記事では笑顔のタイソン氏と2ショットに収まったファンが当時の様子を「(タイソン氏は)非常にフレンドリーで冷静だった」と振り返っている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/658fc1c909a4a5fdab0e6db857f99ca242784590

【動画】実際の機内トラブルシーン
https://youtu.be/V3C4pWwDqps

【マイク・タイソンは「もっと自制すべきだった」 流血騒動、被害者が「弁護士雇った」と米国報道】の続きを読む

このページのトップヘ