SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ボクシング

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/02(日) 00:23:47.68 ID:gYcMo7Hs9
https://hochi.news/articles/20240601-OHT1T51324.html
2024年6月2日 0時13分スポーツ報知

◆ボクシング◇パリ五輪世界最終予選(1日・バンコク)

 女子50キロ級の木下鈴花(クリエイティブサポート)は3回戦でブルガリア選手に1―4の判定で敗れた。日本勢は出場した男女7選手の全試合が終了。今予選での五輪出場権獲得を逃した。

 日本は昨年の杭州アジア大会で、男子で71キロ級の岡沢セオン(INSPA)、57キロ級の原田周大(専大)が代表に決まった。残る選手は3月の世界1次予選(イタリア)で出場権獲得を目指したが、届かず。ラストチャンスに望みをかけていたが、世界選手権優勝経験もある51キロ級の坪井智也(自衛隊)が予選直前に体調面の問題から棄権。22年アジア選手権で日本女子初優勝を果たした木下も敗れるなど、いずれも五輪切符獲得はならなかった。

 これにより、パリ五輪日本代表は男子の岡沢、原田の2人で確定した。女子は21年東京五輪でフェザー級の入江聖奈が金メダル、フライ級の並木月海が銅メダル獲得と躍進したが、パリ五輪では一人も出場権を得られなかった。

【ボクシング、パリ五輪最終予選で木下鈴花が敗退 日本女子は一人も出場権獲得ならず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/31(金) 15:23:36.65 ID:gM25DlmG9
https://news.yahoo.co.jp/articles/1b6bf59d6744694e1de197ec5e0971bf508a2c3b

那須川天心、ボクシング4戦目はWBA世界4位ロドリゲス「世間に試される試合になる」

 プロボクサーの那須川天心(25)が31日、都内で行われた『Prime Video Presents Live Boxing 9』記者会見に参加した。

 ボクシング転向後3戦目にして初のKO勝利を飾ったWBA世界バンタム級7位の那須川はWBA同級4位のジョナサン・ロドリゲスとの対戦が決まり、意気込みを語った。

 4戦目で初の10回戦に臨む那須川は「早いなというのはありつつ」とした上で「前回の試合の評価や練習での成長も見て、タイトルマッチに近づいてきていると感じているし、世間にも試されている試合になる」と話した。

 相手のロドリゲスの印象は「パンチを振ってきてKO率も高く勢いがある。面白い戦いができる選手だと思う」とした。

 前回の対戦から6ケ月が経過したことについては「本当に無駄じゃなかった。いろんな技やテクニックを手に入れられる期間だった。今回やっと型が完成したので、KOはもちろん狙いにいくが、力まず自分のスタイルをやっていきたい。」と語った。 


■『Prime Video Presents Live Boxing 9』開催概要

2024年7月20日(土) 東京・両国国技館
配信:2024年7月20日(土)プライムビデオ独占ライブ配信

【WBC世界バンダム級タイトルマッチ】
中谷潤人(王者) VS ビンセント・アストロラビオ

【WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ】
田中恒成(王者) VS ジョナタン・ロドリゲス

【WBO世界フライ級王者決定戦】
加納陸(同級1位)VS アンソニー・オラスクアガ(同級2位)

【那須川天心ボクシング第3戦~】
那須川天心 VS ジョナサン・ロドリゲス

【那須川天心、ボクシング4戦目はWBA世界4位ロドリゲス「世間に試される試合になる」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/31(金) 12:04:50.27 ID:nqG+DOKh9
 Number Webでは「あなたが選ぶ『井上尚弥のベストバウト』はどの試合ですか?」というテーマでアンケートを実施。5月7日から12日にかけて、計744票が集まりました。後編ではいよいよ、ランキングのベスト5を発表します。<前編では6~10位の結果を公開中です>

(略)

5位 オマール・ナルバエス戦 110票
4位 ノニト・ドネア戦(2戦目) 112票
3位 ノニト・ドネア戦(1戦目) 120票
2位 ルイス・ネリ戦 134票

1位 スティーブン・フルトン戦 143票

 1位に輝いたのは、143票を獲得したスティーブン・フルトン戦でした。

 井上にとってスーパーバンタム級での初陣、しかも相手は“階級最強”とされる21戦21勝(8KO)のWBC・WBO統一王者。いかにモンスターといえど楽観視できる相手ではなく、リーチがあり、テクニックに優れたフルトンに手を焼く可能性もあるのでは――そんな懸念を、井上は圧巻のボクシングで吹き飛ばします。

 立ち上がりからジャブの差し合いで優位に立つと、L字ガードを駆使しながらポイントでも明確にフルトンを圧倒。そして8ラウンド、繰り返し意識させていたボディから間髪を容れず右ストレートを叩き込み、よろめく相手に“スーパーマンパンチ”のような追撃の左でダウンを奪います。かろうじて立ち上がったフルトンをコーナーに追い込むと、暴風雨のような連打でフィニッシュ。まさにパーフェクトな試合運びで、世界中のボクシングファンを感嘆させました。

全文はソースで
https://number.bunshun.jp/articles/-/861722

【あなたが選ぶ「井上尚弥のベストバウト」“驚きの”1位は?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/30(木) 01:07:39.47 ID:EpIuPgqU9
井上尚弥「お前らが下げてこい!」 フェザー級転向を求める海外選手に指摘「やりたいんなら…」


ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)が29日、神奈川・横浜市内の所属ジムで練習を再開した。6日に東京Dでルイス・ネリ(メキシコ)を6回TKOで下し、4団体王座の同時防衛を果たしてから23日。

9月に関東開催が見込まれる次戦に向けて再び本格始動した。海外からは1つ上のフェザー級に早く上げるよう要求する選手がいるが、「お前らが下げてこい!という話」と強調した。


ボクシングは階級制のスポーツ。命の危険があるからこそ決められたルールだが、ビッグマネーが動く井上戦を求める選手は多い。

特に1つ重いフェザー級の選手から早く階級を変更するように願う声がある。ライトフライ級から5階級分も上げてきた井上にとっては、体格的に明らかに不利な階級だ。


この日、井上は練習前の会見で「それに関してはいろいろ言いたいことはありますよ」とチクリ。
語気を強めながら持論を明かした。

「スーパーバンタム級に敵がいないから階級を上げろというのはおかしい話だし、やりたいんだったら『お前らが下げてこい!』という話だし(笑)。階級制のスポーツですからね。そんなにやりたいなら『下げてこい!』という話。もちろん階級制のスポーツなので自分にも限界があります。フェザー級に行く準備はしていますけど、そこはまだ何とも言えないかなと」

当面はスーパーバンタム級に留まる方針だ。この日は、対戦候補だったWBO&IBF世界同級1位サム・グッドマン(オーストラリア)が7月の試合すると発表。陣営の大橋秀行会長は「一応、9月に(次戦を)予定していますけど、対戦相手の今の状況は未定です」と不透明としつつ、グッドマンについて「まだ交渉の余地はありますけど、どうなるかわからない」と話すにとどめた。


井上はシャドー、サンドバッグ、ミット打ちをいずれも2回ずつ披露。「これくらいで」と大粒の汗を流した。

「自分はフラットな気持ちで練習を再開する。基礎から土台をつくっていくところ」と自分に集中。「僕は誰とでもやる」と大きく構えた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/21987b08bed3011d522e1ac00f1cfc4538ac800c

【井上尚弥「お前らが下げてこい!」 フェザー級転向を求める海外選手に指摘「やりたいんなら…」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/29(水) 10:59:40.98 ID:yC3Hm6CD9
 プロボクシングのスーパーバンタム級の4団体統一王者の井上尚弥(31、大橋)が9月に予定している防衛戦の相手が最有力だったWBO&IBF世界同級1位のサム・グッドマン(25、豪州)から元IBF世界同級王者のテレンス・ジョン・ドヘニー(37、アイルランド)へ変更されることが濃厚になった。

豪州版「フォックス・スポーツ」が28日に伝えたもので、グッドマンは今日29日に現地で会見を開き7月に予定している次戦を発表するという。大橋秀行会長(59)は今月末をメドに粘り強い交渉を続けていたが、まとまらなかった模様。

指名挑戦権を持つグッドマン陣営は12月に挑戦したい意向のようだが、WBAの指名挑戦者である元WBA&IBF世界同級王者のムロジョン・アフマダリエフ(29、ウズベキスタン)も控えており、王者側のオファーを拒否したことで指名挑戦権を剥奪される可能性もある。

 なんとも理解し難い行動だ。
 1階級上のフェザー級王者からも次から次へとラブコールが舞い込むモンスターの9月の防衛戦の最有力対戦候補だったグッドマンが7月に予定していた次戦の調整試合を優先させ、井上への挑戦を見送ることが濃厚になった。
 豪州版「フォックス・スポーツ」が伝えたもので、今日29日にシドニー近郊のウーロンゴン・エンターテインメント・センターで、7月に予定している次戦の発表を行うという。

 同メディアはグッドマンが6日に東京ドームを訪れ、試合後にリングに上がり対戦表明をしていたことを伝え、「グッドマンが日本かサウジアラビアで井上と対戦すれば、100万ドル(約1億5700万円)の賞金と、勝てばさらに高額な再戦報奨金が手に入る」とした上で、こう続けた。

「セントラルコーストのコンプリート・ボクシングジムでトレーニングするこのファイターは、親しいティム・チュー(元WBO世界スーパーウエルター級王者)が、定期的に試合をすることで成功を収めてきたのと同じ方式を続けたいと考えている。グッドマン陣営は(井上と)12月の対戦を望んでおり、少なくとも7月にもう1試合をさせ、その後、4団体統一王者(井上)に全神経を集中させたいと考えている」

 グッドマン陣営の事情に詳しいプロモーターの1人も同じ見解を明かしていた。
「グッドマンはこれまで短い間隔で試合を続けています。“我々は止まらない”とプロモーターは話をしていました。井上チャンピオンとの世界戦に合わせるよりも、自分たちの興行ペースを守りたいのでしょう。だから7月の試合を優先させ9月の試合を渋っているんだと思います。絶対に負けたくないという気持ちが強いのでしょう」

 グッドマンは、昨年3月に代役として最有力候補のドヘニーに判定勝利すると、6月にIBF同級挑戦者決定戦で井上の対戦候補として名前のあがっていたライース・アリーム(米国)に判定勝利。その後、10月、12月と試合を続け、今年3月にも格下のマーク・スクリーブス(豪州)に4回TKO勝利するなど、約1年で5試合のハイペースで試合を消化している。また「フォックス・スポーツ」が伝えたグッドマンへの1億5700万円のファイトマネーは、あり得ない金額だが、グッドマン陣営のプロモーターは豊富な資金を持っていて「井上と戦えば手にできる過去最高額のファイトマネーも問題にしていない」という。
「条件よりも自分たちのやり方を優先したいのだと思います」

続きはソースで
https://www.ronspo.com/articles/2024/2024052901/

【敵前逃亡!? 井上尚弥の9月防衛戦相手がグッドマンから元世界王者ドヘニーに変更へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/23(木) 15:23:31.40 ID:kEqleWXV9
 ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(31=大橋)がフェザー級に転向した場合、指名挑戦者となり、すぐに世界戦を行う可能性が浮上している。

 モンスターは次戦と定めている9月に向けて対戦相手を選定中。当初は初防衛後にリング上で握手したIBF&WBO同級1位サム・グッドマン(25=オーストラリア)との激突が確実とみられていたが、12月の対戦を希望したため、元IBF同級王者のテレンス・ジョン・ドヘニー(37=アイルランド)が有力視されている。

 その一方、海外メディア「DEXERTO」によると、井上には9月に英ロンドンにあるウェンブリー競技場で試合をする構想も出ており、そこでフェザー級王者と対戦する計画があるという。

 同メディアは「井上が体重を増やすことを統括団体に伝えた場合、WBOは彼をベルトへの指名挑戦者にする可能性が高い」と指摘。井上に敗れたルイス・ネリは階級を上げて、WBO7位にランクインしたが、井上は1位となり、すぐにWBO世界フェザー級王者ラファエル・エスピノサ(30=メキシコ)とのタイトルマッチに挑むことになりそうだ。

 現時点で井上側はSバンタムにとどまり、9月に国内でV2戦を行う方針。しかし次戦のマッチメークが混迷すれば、新たなプランが必要になるときが来るかもしれない。同メディアは「井上にとってフェザー級でのチャンスは豊富にある」と報じており、今後の動向が気になるところだ。

https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/303377

【井上尚弥 フェザー級転向なら9月の次戦でWBO王者エスピノサと世界戦か WBO1位で指名挑戦者に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/20(月) 12:22:20.08 ID:18JkyYvU9
 米スポーツメディア「スポルティング・ニュース」は19日(日本時間20日)、ボクシングの最新パウンド・フォー・パウンド(PFP)を発表。前日にサウジアラビア・リヤドで行われた世界ヘビー級4団体統一戦でタイソン・フューリー(英国)を判定で破り、史上初のヘビー級4団体統一を達成したオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)が3位から上昇し、1位に輝いた。1位だった世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)は2位に後退した。

 同メディア「ボクシング界パウンド・フォー・パウンド最高の12選手:ウシク、イノウエ、クロフォードが名を連ねる神話的ランキング」と題し、無敗の2階級4団体統一王者が上位に並び立つ最新PFPを発表し、3位だったウシクを1位、1位だった井上を2位とした。2位だったテレンス・クロフォード(米国)も3位に後退した。

 記事では「世界ヘビー級4団体統一王者オレクサンドル・ウシクがPFP最強だと言うのは、この時期のリヤドがとても暑いと言うのと同じようなことだ」とフューリー戦が行われた開催地にかけ、文句なしの1位と説明。「事実上、ウシクはボクシングを完全制覇した。2012年ロンドン五輪王者の俊敏で知的なサウスポーは、プロキャリアでも同じく成功した。そして、PFPのスーパースターの定義そのものである」と手放しで絶賛した。

 体格差がありながら、9回にラッシュからダウンを奪取。記事では「身長とリーチの大きな差があったにもかかわらず、ウシクは魅惑のヘビー級の真の王者が自分だと証明した」と試合内容も評価した。

 PFPを巡っては井上が6日にルイス・ネリ(メキシコ)を破り、多くのメディアで1位に君臨していたクロフォードとどちらが1位に相応しいか、各メディアで議論が勃発。世界で最も権威のある専門誌「ザ・リング」は井上を上昇させ、1位に位置付けた。「スポルティング・ニュース」もそのひとつだったが、ウシクの快挙を受け、入れ替えた形だ。ここから各メディアが続々と最新PFPを発表していくとみられ、ボクシングファンの注目を集めそうだ。

(THE ANSWER編集部)

https://the-ans.jp/news/420705/

【井上尚弥、米メディア最新PFP 2位後退 ヘビー級4団体統一ウシク1位浮上「事実上ボクシングを完全制覇」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/19(日) 15:13:49.59 ID:h/rYibjN9
 ボクシングの世界ヘビー級4団体統一戦が19日、サウジアラビア・リヤドで開催され、3団体統一王者オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)とWBC王者タイソン・フューリー(英国)が激突。ウシクが2-1(115-112、114-113、113-114)の判定勝ちを収め、史上初のヘビー級4団体統一を成し遂げた。9回にダウンを奪い、歴史的快挙となった。

 世界のボクシング界が大注目の一戦。日付が変わり、現地時間19日の真夜中のゴングになった。初回、フューリーはコーナーに背を向けると、早速ウシクを挑発するように両手を広げて“変顔”を見せる場面も。観客を沸かせた。

 序盤は前に出るウシクに、下がりながらフューリーが対応する展開が多かったものの、徐々にフューリーが攻勢に出る。ボディーに有効打を放ち、6回には右アッパーでウシクの顔面をとらえると、手を後ろに回してノーガードの姿勢も見せた。

ウシクも負けじと反撃。8回にフューリーに強打を浴びせて出血させると、9回には左フックをお見舞い。ふらついたところに容赦ない連打を浴びせ、ラウンド終了間際に遂にダウンを奪った。12ラウンドを戦い抜いても決着がつかず、両者は健闘を称え合った。接戦となったが、判定2-1でウシクが勝利を手にした。

 当初は2月に対戦予定だったが、フューリーの右目上の裂傷でこの日までずれ込んでいた。17日(同18日)のフェイスオフでは額と額を合わせて睨みあい、フューリーがウシクを突き飛ばすピリピリムードが漂っていた。

試合前までの戦績はウシクがプロ通算21勝(14KO)無敗、フューリーが34勝(24KO)1分と、ともに無敗同士の対戦だった。ウシクは階級を超えた格付けランク「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」において、世界で最も権威ある米ボクシング専門誌「ザ・リング」では井上尚弥、テレンス・クロフォードに次いで3位。この試合によって順位変動があるかも注目されていた。

https://the-ans.jp/news/420296/

【ウシク、史上初のヘビー級4団体統一の偉業! 判定2-1の大接戦、9回ダウン奪取で歴史的一戦制す】の続きを読む

このページのトップヘ