SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ボクシング

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/28(土) 01:33:40.84 ID:D1NoFZRU9
1/27(金) 22:25配信
スポーツ報知

 不登校の「少年革命家」として日本一周を敢行した中学生ユーチューバー「ゆたぼん」が27日に自身のインスタグラムを更新。今後への意気込みを語った。

 この日「ガードを下げない!!スタミナ強化する!!練習してきたことを試合で出せるようにする俺はまだまだやから、もっともっとトレーニングして、もっともっと鍛えて、もっともっと強くなる ヘッドギア新しく買いました!!よっしゃ、頑張るで」と記し、新調したというヘッドギアを付けポーズをとる写真をアップ。

 フォロワーからは「カッコいいよ!」「いい顔してる、がんばれー」などのコメントが寄せられている。

 ゆたぼんは今月21日のボクシングの試合で同じ14歳の少年と対戦。「絶対に勝ちます」と意気込んでいたが、判定負けを喫していた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20230127-01271211-sph-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/98b847ab321fb6135cc814c4b08e3c22cb5c14a2

【ボクシング敗戦のゆたぼん、不屈の闘志「もっともっとトレーニングして、もっともっと強くなる」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/26(木) 02:17:42.39 ID:qB6G1u0v9
1/26(木) 0:00配信 スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/e3743ed70e18e48bd828c1fd6a88817ad1a4a88c


 スポーツの発展に貢献した人物・団体を表彰する「日本スポーツ学会大賞」を受賞したボクシング帝拳ジムの浜田剛史代表(62)と前WBA世界ミドル級スーパー王者の村田諒太(37=帝拳)が25日、都内で開かれた授賞式に出席した。

 自身の「過去・現在・未来」をテーマにした記念講演を行った村田は、五輪でメダルを獲得したアスリートは成功体験が自身のアイデンティティーとなってしまい、成功後や引退後も苦しむことが多いと分析。「若くして人生最大の目標がかなってしまったから、セカンドキャリアに困る。もう一度その時の情熱やエネルギーを持てと言われてもできないし、能力を発揮できないのが一番の原因と思う」と指摘した。選手の活躍を称えても活躍した後をサポートする土壌が日本にはないとし、「経験者としてサポートする立場になれれば」と今後の日本スポーツ学会の取り組みに協力したい考えを示した。

 一方、昨年4月のゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)とのミドル級王座統一戦に敗れてから進退を保留している自身については「ボクシングを続けることは現実的には考えられない状況」とコメント。講演後には「現実的に考えられないですね。これから先、もう一度とか、得られるものが名声とお金以外にない。もっと強くなれる気もあるし、3回目の世界王者になれば名声も得られるし、お金もついてくるかもしれないが、それを追いかけるだけにこれからの人生を費やすというメンタリティーの下でやっても、良いものはつくれないと思う」と説明した。結論は「自分だけでは出せない」とし、「求められればそこで働くが、自分から求めていくことはない。ブランクもある。9カ月間まともに動いていない」と話した。

【村田諒太が進退について言及「続けることは現実的には考えられない状況」も「自分だけで結論出せない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/22(日) 14:44:31.33 ID:vipgpswk9
https://yorozoonews.jp/article/14820803
2023.01.22


「少年革命家」として活動する不登校ユーチューバーのゆたぼん(14)が22日、自身のYouTubeに、前日に都内で開催された格闘技イベント「HEARTS」から、同じ中学生の名倉誠士郎(14=NMI GYM)に0-3の判定で敗れたボクシングマッチ(90秒2回戦)の動画を新規投稿。「負けました。すみません」のタイトルが付けられ、ゴング前の準備から、試合の模様、試合後の取材対応等が収められた。

ゆたぼんは21日の試合後には「またボクシングの練習はする。ボクシングとYouTubeが大好きなので全力でやる。YouTUbeが3、ボクシング7で練習してきたけど、五分五分…YouTube6くらいに」と、休止していたユーチューバーとしての活動再開を宣言。「オファーがあればリングに上がりたい。リベンジしたい」と、雪辱を誓っていた。

https://public.potaufeu.asahi.com/798d-p/picture/27360443/cc6b06ad56a17fef0f10ae0d1ae4f945_640px.jpg
https://public.potaufeu.asahi.com/5bd0-p/picture/27360571/fe04f878c949fddcc319ddf0c940eb4c_640px.jpg
https://public.potaufeu.asahi.com/2049-p/picture/27360567/59ac8e1972b5f8521d7ab40a8cf23297_640px.jpg
https://public.potaufeu.asahi.com/a726-p/picture/27360442/cadbe9a270396f98b65f6cc8203bcbe3_640px.jpg


関連
【少年革命家】ゆたぼん、ボクシングマッチで0-3完敗 リング上で「オラッ!」と威嚇も一方的に敗れ試合後は涙 ★6 [爆笑ゴリラ★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1674356135/

【「負けました。すみません」ゆたぼん、ボクシング敗戦動画を投稿】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/21(土) 16:24:29.82 ID:tJXkZjQN9
1/21(土) 15:34配信
よろず~ニュース

ゆたぼん、ボクシングマッチで0-3完敗 リング上で「オラッ!」と威嚇も一方的に敗れ試合後は涙

 「少年革命家」として活躍する不登校ユーチューバーのゆたぼん(14)が21日、都内で行われたプロボクサー・星野真生(まお、32)が主催するイベント「HEARTS」に登場。自身3戦目となるボクシングマッチに臨み、0-3の判定で敗れた。


 ゆたぼんが「ボクシング歴2年以上。俺より強い選手と戦いたいと思ってたから、格上の選手と戦う感じ」と語っていた同じ中学生の名倉誠士郎(14=NMI GYM)を相手に、1ラウンド1分30秒2回戦限定マッチに挑んだ。YouTube活動を休止して沖縄県内で猛トレーニング。40キロ契約で体重も38・35キロに絞った。

 リングに上がるやいなや「オラッ!」と、相手を威嚇したゆたぼん。ゴングとともに突進し、左右のパンチを浴びせラッシュをかけたが、名倉の強烈な右フック、右ストレートを浴びる場面も。最後に手は上がらなかった。

 敗れたゆたぼんは、リング上でのインタビューで「負けちゃったけども、全力で練習して、学校に行ってなくても全力でやればリングに上がれる」と絶叫した。この日の興行は、子どもたちを多く招待。星野は「子どもたちに勇気を与えたい」とゆたぼんにオファー。350人を前に思いに応えたが、控え室に戻ると、こらえきれず嗚咽を漏らした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5ce336e8e12cc5c6ca378c60d55c07cfba69b9d1

【〝少年革命家〟ゆたぼん、ボクシングマッチで0-3完敗 リング上で「オラッ!」と威嚇も一方的に敗れ試合後は涙】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/20(金) 23:07:51.09 ID:3ZWy9IWo9
1/20(金) 22:53配信
スポーツ報知

ゆたぼん、21日ボクシング格上選手との一戦に気合「絶対に勝ちます 明日の俺を見とってや」

 「少年革命家」として日本一周を敢行した中学生ユーチューバー「ゆたぼん」が20日午後10時過ぎ、自身のインスタグラムで翌日に行われるボクシングの試合へ意気込んだ。「明日は俺のボクシングの試合です 絶対に勝ちます」と気合十分。スポンサーへの感謝をつづり「応援してくれてるみんなもホンマにありがとうな 明日の俺を見とってや 人生は冒険だ」と意気込んだ。

  ゆたぼんは、大阪府内の小学校に通っていた小学3年時に不登校に。21年末に「47都道府県をまわり、不登校の子やその親御さんといった多くの人たちに元気と勇気を与えたい」と宣言。クラウドファンディングで支援を募り、昨年6月30日から専用車「スタディ号」で日本一周をスタート。投げ銭を募るなど激動の日々を送り、11月13日にゴールを報告した。今月15日にYouTube「少年革命家ゆたぼんチャンネル」(登録者15万3000人)に「【ご報告】YouTube活動休止ついて」と題した動画をアップし、「試合が終わるまではYouTube活動休止です」と発表。18日にはタレントのボビー・オロゴンと練習したことをインスタグラムに投稿していた。

 21日の対戦相手は同じ14歳で、身長が156センチとゆたぼんより高く、ボクシング歴は2年以上で「格上の選手と戦うって感じ」と説明している。1

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20230120-01201249-sph-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/33e6eba2d529352030f73b384640f8c535a04034

【「絶対に勝ちます」ゆたぼん、21日ボクシング格上選手との一戦に気合】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/20(金) 13:39:02.07 ID:HpZ9BnWe9
プロボクシングのバンタム級で日本人初の世界4団体統一王者となり、スーパーバンタム級へ転向した井上尚弥(29)=大橋=と、WBC、WBO王者のスティーブン・フルトン(28)=米国=がタイトルマッチに合意したと複数の米メディアが18日(日本時間19日)に報じた。試合を配信するスポーツ専門局「ESPN」では5月に日本で開催予定とした。2階級での4団体統一を目指す井上の今年初戦の相手は、21戦全勝(8KO)の強敵だ。

井上がスーパーバンタム級の初戦で難敵に挑む。WBC、WBOの同級王者、フルトンと対戦することが濃厚となった。

ESPNは関係者の話として「スティーブン・フルトンと井上尚弥が、春に日本で行われる122ポンド(スーパーバンタム級)2団体統一王座タイトルマッチの条件で合意した」と報道。5月開催をターゲットにしているという。ボクシング専門メディア「ボクシングシーン」も「日付や場所は未定だが、今春以降(5月か6月)を目途に日本での開催を予定している」とした。

井上は昨年12月、バンタム級でWBOスーパー王者に認定された。そして今月13日に全王座を返上。1階級上で1・82キロ重い、55・3キロのスーパーバンタム級への転向を表明した。スーパー王者が階級を転向した場合はWBOの規定で、王者が団体から対戦を義務づけられる指名挑戦者となることができ、スーパーバンタム級1位にランクインした。

https://www.sanspo.com/article/20230120-BI7DRI6YDBLJPHSAC2BURC4SPY/

【井上尚弥、5月日本で世界戦 スーパーバンタム級転向いきなり!相手は21戦全勝フルトン】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/19(木) 09:04:59.76 ID:eBHxw7F79
19(木) 6:15配信
スポニチアネックス

 元ボクシング世界王者の具志堅用高(67)が18日に自身のYouTubeチャンネルを更新。15日にボクシングへの転向を正式表明したキックボクシング42戦無敗の那須川天心(24)への期待を口にしたほか、バンタム級初の4団体統一王者となってスーパーバンタム級に転向する井上尚弥(29=大橋)とのパワーでの差についても言及した。

 那須川は15日に自身のSNSで「帝拳ボクシングジムでプロボクサーになるための準備を進めています。昨年11月にはアメリカ・ロサンゼルスでスパーリング中心のキャンプを行いました。皆さんの期待を大きく超えるよう準備してるので楽しみに待っていてください」と投稿してボクシング転向を正式表明した。

 具志堅は那須川について「早く試合を見たいと思っている一人なんですよ」と期待している。さらに「早い方がいいんですよ。3年以内、もっと早く世界挑戦はできるかもしれないね」と続けた。

 注目される階級について、過去に具志堅がミットを持った印象から、バンタム級が適性だと明言。また、「世界挑戦するポテンシャルはある」と話しつつも、バンタム級初の4団体統一王者となってスーパーバンタム級に転向する尚弥とはパワーの差があるとし、「井上チャンピオンのパワーは凄いよ。(尚弥の)パワーが100としたら(那須川は)50だよね」と現状の那須川は尚弥の半分だと分析した。

 那須川はキックボクシング時代に最長で戦ったのは6ラウンド。ボクシングは世界戦になると最大12ラウンド戦うことになる。「そこまでの動き、パワー、体感を強くしなくちゃいけない。スーパーバンタムならもうちょっとパンチが必要じゃないかな」と現状のパンチ力を考えてもバンタム級が適性と話した。

 バンタム級については、尚弥が返上した4本の世界ベルトはそれぞれ王座決定戦が行われる見込み。尚弥の弟で元WBC暫定王者の拓真(27=大橋)はWBA最上位の2位(1位は空位)につけており、大橋会長は「決定戦に出られるように交渉を進めている」と明かしている。この他にも尚弥とジムメートでボクシング転向5戦目で初タイトルとなる東洋太平洋スーパーバンタム級王座を獲得した元K―1王者の武居由樹(26=大橋)も「バンタム級に下げる計画を話し合っている」と大橋会長が明かしおり、那須川がバンタム級を主戦場にすれば元K―1王者VS元RISE王者の一戦が実現する可能性がある。

https://news.yahoo.co.jp/articles/110eabac7298b9eb17678da4845426d37ade15aa

【具志堅用高、ボクシング転向の那須川天心へ期待!尚弥とのパワー差も言及「井上が100としたら那須川は50」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/15(日) 15:41:29.26 ID:cPZLxJ5U9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20230115-00000160-spnannex-000-13-view.jpg
那須川天心

那須川天心 ボクシング転向を正式表明!「帝拳で準備進めています」キック42戦無敗の神童第2章が始まる
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20230115-00000160-spnannex-fight

 キックボクシング42戦無敗の那須川天心(24)が15日に自身のSNSを更新。ボクシング転向を正式表明した。

 ツイッターで「帝拳ボクシングジムでプロボクサーになるための準備を進めています。昨年11月にはアメリカ・ロサンゼルスでスパーリング中心のキャンプを行いました。皆さんの期待を大きく超えるよう準備してるので楽しみに待っていてください」と投稿。「近日会見をするのでそちらもお楽しみに。第2章を皆で一緒に闘おう」と呼び掛けた。階級については触れておらず、転向後の階級に注目が集まる。

 昨年6月の「THE MATCH」で武尊との“世紀の一戦”を制して、42戦無敗のままキックボクシングラストマッチで有終の美を飾った那須川は、武尊との試合前からボクシング転向を表明していた。

 ボクシング転向後のイメージについて「イメージはしている。僕がどこまでできるかというところだと思う。そこがまだ分からないので、そこから」とコメント。最終ゴールは「チャンピオンになるということは誰しもが目標にあると思うので、そこに向かってやっていくのは確かです」と語り、「自分でもワクワクしている。ファンの皆さんにも期待してもらいたい」と話していた。

【那須川天心 ボクシング転向を正式表明!「帝拳で準備進めています」キック42戦無敗の神童第2章が始まる】の続きを読む

このページのトップヘ