SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

野球総合

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/29(日) 18:19:50.85 ID:wZ+nJDms9
1/29(日) 17:50配信 スポニチアネックス

 大阪桐蔭高で甲子園5塁打、中日で通算1046安打の平田良介外野手(34)が29日、YouTube「エースファクトリーエンタメチャンネル」に出演。同社の軟式野球部に正式加入することを表明した。

 スーツ姿で登場した平田は「この度、正式にエースファクトリー野球部に入団することに決まりました」と報告した。

 幼なじみで、元DeNAの万谷康平氏(35)が所属している縁もあり、平田は「練習も練習試合も公式試合も全部出ます」と同チームで本格的にプレーを続けると明かした。

 公式大会にも出場予定で、「全部勝って、全国大会、全国優勝していきます」と宣言した。

 05年ドラフト1位でプロ入り。昨オフに中日から戦力外通告を受けたがNPB球団での現役続行を希望。独立リーグ球団や社会人野球から獲得のオファーもあったが、軟式野球への転向を決めた

https://news.yahoo.co.jp/articles/cf20702ba2ccff5c4045d8bd06dec5f92e57c1f2

【元中日・平田良介が軟式野球転向を表明「全国優勝していきます」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/11(水) 18:58:38.44 ID:cEhS4mRR9
1/11(水) 18:36配信 スポニチアネックス

 野球系YouTube番組「qooninTV」が11日、昨季限りで現役引退した元中日の平田良介氏(34)の軟式野球デビューの様子を配信した。

 平田氏は大阪府を拠点とする軟式野球チーム「エースファクトリー」の3番・右翼で先発出場。東京都を拠点とするクーニンズと対戦した。

 相手先発は11年ドラフト1位でヤクルト入団した川上竜平氏(29)。慣れない軟式球と川上氏の多彩な変化球に苦しみ、1打席目はフォークに三振。2打席目はツーシームに一飛。それでもNPB通算1046安打の執念で、3打席目には遊失で出塁すると盗塁にも成功。最後まで現役続行にこだわった平田氏だけに豪快なスイングと野球勘は健在だった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f0a4b62db240d39da1e4753c37a45a43ee3b8dc0

【元中日の平田良介氏が軟式野球に転向か】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/08(火) 19:25:49.35 ID:LD7kTOPR9
<東京6大学野球フレッシュトーナメント:立大9-7早大>◇Aブロック第2日◇8日◇神宮

早大は終盤に勝ち越しを許し、ブロック戦は1分け1敗となった。

1-2で迎えた2回2死満塁、2番の梅村大和内野手(2年=早実)が、初球132キロの外角直球をはじき返し、走者一掃の三塁打で勝ち越した。「外角の直球がくるかなと狙っていました」と明かした。

フレッシュトーナメントを見据えて、近い距離で投手の球を打つなど実戦形式の練習を重ねてきた。この日は5打数3安打5打点と存在感を発揮した。リーグ戦では、50メートル6秒の足を武器に代走での出場機会を得て、代打としても今秋初安打をマークした。「リーグ戦を経験して、フレッシュトーナメントでもアピールしたいと基準にして練習してきた。打撃でもアピールしたい」と話した。

5、6日の早慶戦もメンバー入り。代打で犠打を決めた。「観客の多さが違うし、応援の熱も違う。特別な試合なんだと感じた」。伝統の大舞台の経験を、来季につなげる。

?日刊スポーツ2022年11月8日14時36分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202211080000512.html

【東京6大学野球フレッシュトーナメント 早大敗れ1分け1敗 梅村大和が5打数3安打5打点の活躍「アピールしたいと練習してきた」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/08(火) 19:23:06.55 ID:LD7kTOPR9
日刊スポーツ2022年11月8日16時10分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202211080000651.html

<東京6大学野球フレッシュトーナメント:東大16-6慶大>◇Bブロック第2日◇8日◇神宮

東大が、慶大に7回コールドで勝った。

新人戦にあたるフレッシュトーナメントで東大が慶大に勝利するのは、18年春(7-5)以来(18年春はフレッシュリーグとして開催)。

東大は打線がつながり、先発全員安打をマーク。23安打で16点を奪った。

1-2で迎えた3回、下位打線が連打でチャンスをつくると、5者連続出塁などで打者一巡の猛攻をしかけ、一挙6点を奪った。

4回にも2点、5回にも2点を奪うと、7回も打者一巡で5点を追加した。

先発の右腕、平田康二郎投手(2年=西)は、緩急をつかって6回を107球、被安打8の3失点に抑えた。

フレッシュトーナメントで各チームの監督はベンチに入っておらず、スタンドから観戦した井手峻監督(78)は「すごいですね。びっくりしました。1、2年生は(入学の)最初から打撃がよかった。(来季)メンバーに入ってくれるといい。平田も、乗ればこれくらい投げられる投手」と話した。

◆東京6大学野球フレッシュトーナメントとは 1、2年生のみが出場でき、経験を積む試合。春と秋の2大会が行われる。新人戦として51年から始まった。17年から春はフレッシュリーグ、秋はフレッシュトーナメントの名称になった。コロナ禍のため、春も昨年からトーナメント制になっている。

【東京6大学野球フレッシュトーナメント 東大、慶大に7回コールド勝ち 23安打で16点奪う 監督「すごいですね。びっくりしました」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/13(日) 18:43:11.89 ID:TjvXWB/l9
 
11/13(日) 17:09配信

スポニチアネックス
上野由岐子

 ◇ソフトボール女子ニトリJDリーグ・プレーオフ最終日(2022年11月13日 千葉・ZOZOマリンスタジアム)

 決勝が行われ、ビックカメラ高崎(レギュラーシーズン東地区1位)が豊田自動織機(西地区2位)に2―1で勝利して、初代王者に輝いた。2回に5番の工藤環奈(23)のソロ本塁打で先制すると、6回には4番の藤田倭(31)のソロ本塁打で加点。浜村ゆかり(27)が7回を完投して被安打4の1失点に抑えた。

 コーチ兼任の上野由岐子(40)はコンディション不良もあり、今季は1度も登板がなかった。相手投手の球の軌道の特徴を仲間に伝えるなど貢献し「個人的には一球でもいいから投げたかったが、(チームメートが)ビックカメラのプライドを背負って戦ってくれて頼もしかった。うちのチームは強いと感じた」と強調。来季については「進退も含めてしっかりと考えて結論を出したい」と語った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e77f63d3e833797e58b08d894371aa787f8a5e2d

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221113-00000281-spnannex-000-7-view.jpg?pri=l

【ビックカメラ高崎・上野由岐子「進退も含めて考えたい」今季1度も登板なし】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/06(日) 17:59:32.56 ID:MqPTVLt89
スポニチ 2022年11月6日 17:09
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/11/06/kiji/20221106s00001089624000c.html

東京六大学野球秋季リーグ早慶戦 早大9―6慶大 ( 2022年11月6日 神宮 )

早大が慶大を下し、勝ち点4とした。勝ち点を挙げれば優勝だった慶大は2連敗を喫した。これで全日程が終了。明大、早大、慶大が勝ち点4で並んだが、勝率で上回った明大の2季連続42度目のリーグ優勝が決まった。

初回に早大の5番・印出太一捕手(2年=中京大中京)が満塁弾を放つなど、序盤から打ち合いとなったが、リードを守り切った。

巨人から2位指名を受けた慶大の4番・萩尾匡也外野手(4年=文徳)は3打数1安打をマークし、戦後16人目の3冠王を獲得。ただ優勝を逃し、試合終了直後はベンチ前で泣き崩れ「あまり言ってこなかったが、秋が始まる前に3冠王を取りたいと思っていたので良かった。でも、それ以上に勝ちにつながる一打を打ちたいと思っていた。次のステップにつなげて成長したい」と目を赤くした。

【東京六大学野球 明大が連覇で42度目V 早慶戦で慶大敗れ決定 早大9―6慶大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/06(日) 17:57:43.11 ID:MqPTVLt89
日刊スポーツ[2022年11月6日15時16分]
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202211060000759.html

<東京6大学野球:早大-慶大>◇第9週第2日◇6日◇神宮

プロ通算525本塁打の清原和博氏(55)の長男、慶大の清原正吾内野手(2年=慶応)が、東京6大学リーグ戦デビューを果たした。試合に敗れ、優勝を逃して3位でシーズンが終了した。

4-8の5回1死二塁で代打に送られた。2球目の124キロを打ち上げ、右飛に倒れ、悔しそうな表情でベンチに戻った。

慶大が2勝して勝ち点を挙げると優勝が決まる最終カードの早慶戦。清原は、第1戦の5日に、リーグ戦初のベンチ入り。だが出場機会はなく、初戦を落とし、崖っぷちの2戦目を迎えていた。

試合後は、グラウンドで大粒の涙を流した。「僕自身も悔しい試合だった。早大に勝って、神宮大会で4年生ともっと楽しみたかった。情けなくて…悔しくて。先輩に迷惑をかけてしまって、申し訳ない。もう4年生と野球ができないことが信じられない。悔しいです」と言葉をしぼり出した。

【清原和博氏の長男、慶大の正吾、東京6大学デビュー 5回に代打右飛「情けなくて…悔しくて」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/06(日) 17:55:55.76 ID:MqPTVLt89
フルカウント2022.11.06
https://full-count.jp/2022/11/06/post1304166/

慶大では2019年秋の郡司裕也以来となる史上7人目
 東京六大学野球の秋季リーグは6日に全日程を終了し、10月のドラフト会議で巨人から2位指名を受けた慶大・萩尾匡也外野手が打撃3冠に輝いた。打率400、4本塁打、17打点をマークし、2021年秋の早大・今井脩斗内野手に続いて戦後16人目の快挙を達成した。

 萩尾は2年春にリーグ戦デビューし、3年時からレギュラーに定着。4年春には5本塁打、17打点で打撃2冠を手にした。今季も絶好調で、試合前の時点で打率.404でトップを走っていた。この日の試合では8回の第5打席で右前打を放つなど、3打数1安打2四死球で打率を.400とした。

 しかし試合は早大に敗れて勝ち点を献上。優勝を逃し、試合後には涙を流した。試合後には「この秋が始まる前に、3冠をとりたいと思っていて、それができたのは良かったですけど、僕はそれ以上に勝ちにつながる一打を打ちたいと思っていた。そこが最後できなかったのは、次のステップに繋げていきたいと思います」と目を赤くしながら語った。

 東京六大学リーグでの打撃3冠には、過去に岡田彰布(早大・1978年秋)、高橋由伸(慶大・1996春)、鳥谷敬(早大・2001年春)ら後にNPBで活躍した選手らも輝いている。慶大からは郡司裕也(2019秋)以来、7人目となった。

(Full-Count編集部)

【東京六大学野球 巨人ドラ2、慶大・萩尾が東京六大学3冠王 戦後16人目、過去には高橋由伸も達成】の続きを読む

このページのトップヘ