SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

野球総合

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/12(水) 09:26:15.52 ID:uEUKEc2Q9
6/12(水) 9:09配信
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240612-06121021-sph-000-2-view.jpg?pri=l&w=590&h=640&exp=10800
スポーツ報知
佐々木麟太郎

 花巻東から米スタンフォード大に進学する佐々木麟太郎内野手(19)が11日(日本時間12日)、米デビュー戦を迎えた。MLBドラフトリーグのトレントン・サンダーの「4番・一塁」でフレデリック・キーズ戦に先発出場。3回の第2打席で“初本塁打”となる勝ち越し2ランを放った。

 2回先頭の第1打席こそ一ゴロに倒れたが、1―1の3回2死二塁。2ストライクから右腕・リチャーズの90・7マイル(約146キロ)直球を捉えた打球は右翼のフェンスを越えた。打球速度99・7マイル(約160・5キロ)、飛距離352フィート(約107・3メートル)、打球角度41度というアーチストの当たりだった。

 21年に創設された同リーグには今季6チームが参加し、6月から9月にかけて80試合を戦う。前期は7月のドラフトにかかる可能性のある高校生や大学生などアマチュア選手が出場し、後期はアマ資格を失ったプロ選手が参加。“メジャーへの登竜門”と言っても過言ではない。

 10日(同11日)にはMLB公式サイトが「日本のトッププロスペクト」として麟太郎のデビュー戦の記事を公開。あるスカウトが大谷翔平(ドジャース)や松井秀喜氏(元ヤンキースなど)の来日時よりパワーがあると話していたことなどを紹介した。3月23日に羽田空港から渡米後、すでに同大野球部の練習に参加しいた佐々木。高校史上最多の通算140本塁打をマークした怪物の新たなステージが幕を開けた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d420eeecb37e7efba0d1705ee63df1f8fddd9723

【佐々木麟太郎、米デビュー戦で初本塁打 3回に右越え勝ち越し2ラン “日本の新怪物”がベール脱ぐ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/12(水) 09:18:32.66 ID:pgsFj5we9
<フレデリック-トレントン>◇11日(日本時間12日)◇ナイメオフィールド

 花巻東高から米名門スタンフォード大に進学した佐々木麟太郎内野手(19)が、MLB主催の「MLBドラフトリーグ」で米国デビューし、現地実況も盛り上がった。

 佐々木はトレントンの一員としてフレデリック戦に「4番一塁」でスタメン出場。現地実況アナウンサーは「大変なパワーヒッター。この試合の一番の注目選手」と紹介。米国で2026年のドラフトから指名対象となるためまだ2年先だが「ドラフト1巡目が見込まれている」とし、最初の打席に入る際には「時の人の登場です」と伝えた。佐々木のデビューについてはMLB公式サイトでも大きく伝えられるなど注目を集めていた。

 ただし実況アナウンサーは名前の発音が難しいのか、佐々木を「サザスキー」と呼ぶ一幕もあった。

全文はソースで 最終更新:6/12(水) 9:15
https://news.yahoo.co.jp/articles/0f1218cfa6a3d4924a3ab33e456ca807f0e2c7d9

【米名門スタンフォード大進学の佐々木麟太郞デビューに現地実況盛り上がり「時の人の登場です」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/08(土) 21:14:49.85 ID:5KIh54fW9
産経新聞
2024/6/1 10:00
https://www.sankei.com/article/20240601-5AC4ZJLDEFKMXIEZEGK2JPRPS4/

男女混合5人制の手打ち野球「ベースボール・ファイブ(B5)」の国内リーグが今月発足する。日本代表は4月に韓国・ソウルで開催されたアジア・カップで初優勝。国内のレベルも上がっている中、さらなる競技普及や10月に香港で開催されるワールドカップ(W杯)に向けた代表強化への新たな一手となる。

B5は、バットやグローブなど高価な道具は不要でボール1つで試合ができる。新たに球場を建設する必要もないため、野球になじみの少ない欧州やアフリカでも普及がしやすく、現在、100カ国・地域で親しまれている。競技を統括する世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は、将来的な五輪採用を目指している。

国内では2019年に初めて講習会を開催。競技人口も徐々に増えており、今年2月の日本選手権には32チーム(1チーム8人)がエントリーした。日本代表は8カ国・地域が参加した4月13~16日の第2回アジア・カップで、台湾を決勝で下し初優勝。10月のW杯も優勝が目標だ。

選出された日本代表は、元プロ野球選手や大学生、会社員とバラエティーに富んだ顔ぶれ。代表としての活動はこれまで、大会の約3カ月前に集合して練習を行う形だった。「モチベーションの維持が難しい」との声もあり、リーグ発足へとつながった。

リーグ戦には7チームが参加。6~11月に各チーム月1回、2試合ずつを戦う日程で、年間42試合を予定している。6月15日に東京都町田市の桜美林大体育館で開幕。会場は他に埼玉県の加須市立志多見小の体育館を予定しており、一般観戦も可能となっている。

WBSCの公認インストラクターで、日本代表の六角彩子さんは、B5の魅力を「男女が一緒に、平等に試合ができるところ」と語る。六角さんは兄の影響で小学4年から野球を始め、14、16年の女子野球W杯に日本代表として出場した経験を持つ。「男性と女性では、パワーやスピード、取り上げられ方にも差がある」。そう感じていた矢先、出会ったのがB5だった。

B5は打球をフェアゾーンにワンバウンドさせるルールがあり、本塁打はない。「パワーで遠くに飛ばせばよいという競技ではない」と六角さん。塁間も野球の27・431メートルに対し、約半分の13メートルしかないため、「男女で大きな差が出づらい」という。

また投手はおらず、打者はゴムボールを自らトスして手のひらか拳で打つ。「野球やソフトボールの経験がない人でも、空振りすることはほとんどない。成功体験が得られやすいスポーツ」。国内リーグを通じて、競技の普及、発展にも努めていく。

■ベースボール・ファイブ
WBSCが2017年、キューバで遊ばれていた「クアトロ・エスキーナス(4つの角)」と呼ばれる手打ち野球を基に野球、ソフトボールに次ぐ、第3の競技として開発。18メートル四方とコンパクトな会場で実施する。打球はフェアゾーンでワンバウンドさせる必要があり、空振りやファウル、ノーバウンドでフェンスを越えた場合などはアウトとなる。守備は5人で、アウトの取り方は野球と同じ。5回制が基本で、試合時間は20~60分程度と短い。国際大会では男女各2人以上でチームが編成される。(運動部 神田さやか)

【男女混合5人制の手打ち野球「ベースボール・ファイブ」 世界一目指し6月に国内リーグ立ち上げ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/26(日) 08:30:11.29 ID:345/4IOr9
2024年5月26日 7時19分

 昨季DeNAでプレーした20年のサイ・ヤング勝右腕トレバー・バウアー投手(33)が、今季終了までメキシコのレッドデビルズと契約を延長したことを25日(日本時間26日)、複数の現地メディアが報じた。今季中にNPB、MLBに復帰する可能性は極めて低くなった。

 レッズ時代の20年にサイ・ヤング賞に輝いたバウアーだったが、ドジャースに移籍した21年に起こしたDV(ドメスティック・バイオレンス)問題で出場停止処分を受け、MLBでプレーすることが難しくなり、23年はDeNAでプレー。19登板で10勝4敗、防御率2・76とその実力を見せつけた。

 23年シーズン終了後には、MLB復帰を最優先にして退団。3月にはメキシコリーグのレッドデビルズと期間限定で5月までに5試合に登板する条件で合意し、その後1か月契約を延長した。ここまで7登板で5勝無敗、防御率1・50の成績を残していた。

 昨季所属したDeNAは、動向を追っており「今後も彼の動きは注視していく」と話していた。

https://hochi.news/articles/20240526-OHT1T51034.html?page=1

【バウアーがNPB&MLBへの今季復帰は断念か メキシコ球団と契約延長、現地報道】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/09(木) 02:07:46.01 ID:4UtovsJV9
スタンフォード大・佐々木麟太郎が金髪21歳同僚美女と2ショット披露、北京五輪で金2冠

米国の名門スタンフォード大に進学した佐々木麟太郎内野手(18)が8日、自身のインスタグラムを更新。大学の同僚とのツーショット写真を公開した。

「北京五輪女子フリースタイルスキー金メダリスト、同じスタンフォード大学に通われているアイリーンさんとお話しさせていただきました」とつづり、アイリーンとのツーショット写真を公開。同じ意味となる文章を英文でも投稿した。

アイリーンは22年に開催された北京五輪女子フリースタイルスキーで、女子ハーフパイプと女子ビッグエアの2種目で金メダルを獲得。スロープスタイルの銀と合わせて、3つのメダルを手にした。米国人の父と中国人の母を持ち、米国で生まれ育った。母の出身地で行われる五輪へ、国籍変更して挑戦していた。

◆佐々木麟太郎(ささき・りんたろう)2005年(平17)4月18日生まれ、岩手県北上市出身。幼少時から野球を始め、江釣子小1年時に江釣子ジュニアスポーツ少年団に入団。花巻東では1年春からベンチ入り。昨夏の甲子園では10年ぶり8強入り。高校通算140本塁打(公式戦18本)。趣味はサウナ。好きな言葉は「追求心」。右投げ左打ち。184センチ、113キロ。

◆谷愛凌(米国名アイリーン・グー) 2003年9月3日、サンフランシスコ生まれ。スキーのコーチだった母の影響でスキーを始め、15歳の時にW杯スロープスタイルで初優勝。昨年の世界選手権ではHPとスロープスタイルで優勝した。175センチの長身でモデルとしても活躍、五輪後はスタンフォード大に進学した。

https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/202405080000691-w500_1.jpg
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202405080000691.html

rintarosasaki
https://www.instagram.com/rintarosasaki/

Eileen
https://www.instagram.com/eileengu/

【スタンフォード大・佐々木麟太郎(18)、大学同僚の金髪21歳美女と2ショット披露 北京五輪で金2冠】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/27(土) 22:41:20.03 ID:s+Hgxryj9
https://news.yahoo.co.jp/articles/e0cb59a919489b13179a08fcbaafb705f633c0a7

https://i.imgur.com/WOgMW6r.jpeg

安樂智大、“過酷なメキシコ”で無双状態 2240mの超打高本拠地も…驚異の防御率1.35


 メキシカンリーグのディアブロス・ロホス・デル・メヒコ(メキシコシティ・レッドデビルズ)でプレーする安樂智大投手が、好投を続けている。

 7試合に登板して0勝0敗2セーブ、防御率1.35。標高2240メートル超の高地にある球場を本拠地とし、超打高の環境の中でいまだ被弾ゼロの好成績を残している。

 安樂を巡っては、複数の選手がハラスメント行為を楽天球団に訴えたとされており、昨年12月1日にNPBから公示された各球団の契約保留者名簿に記載されなかった。

 その後、今年2月にディアブロスが発表したキャンプ招待選手のリストに名を連ね、開幕ロースター入り。12日(日本時間13日)には初セーブを挙げた。

 メキシコシティにある本拠地球場は標高2240メートル超の高地にあり、空気抵抗が少ないために打球が飛ぶと言われる。

 昨季はメジャーリーグの公式戦も行われ、1試合で両軍計11本塁打が飛び出して話題になった。一説によると、一般的な球場での同じ打球速度と角度の飛距離に比べ20メートル伸びるという。

 そのような過酷な環境で、ここまでは好成績を残している安樂。もちろん昨季は楽天で57試合に登板し、3勝0敗10ホールド、防御率3.04と勝ちパターンを担っていた投手だけに驚きはないだろう。

 メジャーリーグとの契約を目指す選手も多いハイレベルなメキシカンリーグ。今後の展開にも注目が集まりそうだ。

【元楽天・安樂智大、“過酷なメキシコ”で無双状態 2240mの超打高本拠地も… 驚異の防御率1.35】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/19(金) 21:16:54.14 ID:dpgFRdXI9
神奈川新聞 | 2024年4月19日(金) 18:29
https://www.kanaloco.jp/sports/baseball/jub/article-1072163.html

 神奈川大学野球連盟は19日、2部リーグ所属の田園調布大が選手不足を理由に春季リーグの出場を辞退したと発表した。

 13日に開幕した同リーグ戦は5校で実施する。同連盟は20日からの試合日程を変更し、ホームページで公開している。

【【神奈川大学野球リーグ】2部リーグ田園調布大、出場辞退 選手不足を理由に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/14(日) 18:44:54.02 ID:I9wTqvjE9
日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202404140000746.html
<東京6大学野球:立大3-1早大>◇第1週2日目◇14日◇神宮

立大が早大に勝利し、1勝1敗で3回戦に持ち込んだ。

大越怜投手(3年=東筑)が早大打線を5回1失点にまとめ、その後3投手のリレーで逃げ切った。大越はリーグ戦初登板初勝利となった。

元プロ野球投手で早鞆(山口)の監督を務める父基さん(52)は、仙台育英(宮城)を経て早大(中退)時代にも神宮で白星を挙げている。大越は「早稲田の応援が耳に入って緊張もありましたが、バックの皆さんが守ってくれたおかげで投げやすかったです」と好投を喜んだ。

今季から指揮をとる木村泰雄監督(63)にとっても初勝利。「まず一つ勝てて、ホッとしてます。本当にうれしいです」とし、3月下旬には起用を決断していたこの日の先発大越についても「巡り合わせも、ですね」と笑っていた。

【<東京六大学野球>元プロ野球選手の父持つ立大・大越怜がリーグ戦初登板初勝利 今季から指揮とる木村監督も初勝利 立大3-1早大】の続きを読む

このページのトップヘ