SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

野球総合

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/02(木) 19:50:31.49 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ2022年6月2日16時43分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202206020000639.html

<東京6大学野球フレッシュトーナメント:法大8-5明大>◇順位決定トーナメント◇2日◇神宮

法大が逃げ切って優勝し、春のフレッシュトーナメント2連覇を達成した。

9回2死二塁で、最後の打者を吉鶴翔瑛投手(2年=木更津総合)が一ゴロに仕留めると、ベンチからチームメートが一気にかけよりマウンドに輪ができた。先発した山城航太郎投手(2年=福岡大大濠)は「自分たちの代にとっては、いいスタートが切れたと思うので、よかったです」と話した。

山城は、毎回のように走者を背負いながらも粘り強く投げて6回まで無失点に抑えた。

しかし7-0でコールド勝ちが見えた7回、味方の失策もからみ連打を許し1死二、三塁で降板。6回1/3を被安打7の4失点(自責0)だった。「四球を出しながらも粘ることができたと思う。コールドがかかった場面で、気が抜けたように後味が悪くなってしまった」と反省していた。

中津大和内野手(2年)が、1番打者として存在感を発揮した。3回1死二塁、左中間を破る適時二塁打で1点を先制。

6回には2死から内角のスライダーをとらえて右翼席へ神宮では初となるソロ本塁打で追加点を挙げた。「1球でとらえられるようにと思っていた。ちょっと詰まったけど、風があったので助けられました」と笑顔を見せた。

内野手登録ながら、今春リーグ戦にも外野手で4試合出場。外野の練習も積んでおり、秋季リーグ戦に向けて「春は悔しい思いをしたので、150キロを超える投手の球をどう打つかという課題に取り組みたい」と話した。

【東京六大学野球新人戦 法大フレッシュトーナメント2連覇 先発の山城航太郎は自責0も反省「後味が悪くなって」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/01(水) 20:40:10.71 ID:CAP_USER9
デイリー2022.06.01
https://www.daily.co.jp/baseball/2022/06/01/0015349960.shtml

「東京六大学野球春季フレッシュトーナメント、早大4-5立大」(1日、神宮球場)

 立大が逆転勝ちで早大を下した。

 4-0で迎えた七回、安打と4連続四死球で2点を追加し、なおも満塁の好機で打席には鈴木唯斗外野手(1年・東邦)。「自信を持ってピッチャーと対戦するんだ」と意気込み放った打球は逆転の3点適時打。チームを勝利に導いた。「調子が上がらない中でここでなんとしても出すんだと思って練習していたので、結果が出てよかった」と一打を振り返った。

 この試合でブロックでは3位となり、順位決定戦出場権の獲得とはならなかった。次戦は秋季リーグ戦だ。鈴木は「スタメン争いできるように練習したい」。レギュラーの座を狙いにいく。

【東京六大学野球春季フレッシュトーナメント 立教が4点差逆転で早稲田下す 鈴木が逆転適時打/早大4-5立大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/03(金) 20:08:00.91 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ2022年6月3日18時47分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202206030001127.html

全日本大学野球連盟とNPBエンタープライズは、今年7月に開催されるハーレム・ベースボール・ウイーク(オランダ)に出場する大学日本代表の選考合宿を18~20日にバッティングパレス相石ひらつかで開催すると3日、発表した。

また、参加する選手46人も発表された。今秋ドラフト候補の日体大・矢沢宏太投手(4年)や早大・蛭間拓哉外野手(4年)らが名を連ねた。今春の東京6大学首位打者の明大・宗山塁内野手(2年)ら2年生も入った。候補選手は以下の通り。

▽投手
清水一真(2年=中央学院大)
加藤泰靖(4年=上武大)
荘司康誠(4年=立大)
橋本達弥(4年=慶大)
蒔田稔(3年=明大)
篠木健太郎(2年=法大)
菊地吏玖(4年=専大) 
青山美夏人(4年=亜大)
松崎公亮(2年=武蔵大)
松本凌人(3年=名城大)
赤塚健利(3年=中京学院大)
真野凛風(3年=同大)
渡辺翔太(4年=九産大)
曽谷龍平(4年=白鴎大)
細野晴希(3年=東洋大)
矢沢宏太(4年=日体大)
古謝樹(3年=桐蔭横浜大)
久保玲司(4年=近大)

▽捕手
進藤勇也(3年=上武大)
蓑尾海斗(4年=明大)
友田佑卓(3年=日大)
草部真秀(4年=亜大)
野口泰司(4年=名城大)
有馬諒(3年=関大)

▽内野手
北村恵吾(4年=中大)
斉藤大輝(4年=法大)
上田希由翔(3年=明大)
広瀬隆太(3年=慶大)
山田健太(4年=立大)
林琢真(4年=駒大)
佐々木泰(2年=青学大)
吉田元登(4年=東海大)
小中健蔵(4年=西南学院大)
辻本倫太郎(3年=仙台大)
水島滉陽(4年=東京情報大)
宗山塁(2年=明大)
奈良間大己(4年=立正大)
松浦佑星(3年=日体大)
友杉篤輝(4年=天理大)

▽外野手
杉沢龍(4年=東北福祉大)
蛭間拓哉(4年=早大)
萩尾匡也(4年=慶大)
森下翔太(4年=中大)
松下豪佑(4年=武蔵大)
石毛大地(3年=筑波大)
杉浦有祐(4年=同大)

【大学日本代表の選考合宿メンバー46人発表 日体大・矢沢宏太、早大・蛭間、明大・宗山ら】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/30(月) 11:34:13.11 ID:CAP_USER9
2022年05月28日08時00分

「パワプロくんのガチャ"浮いてる足"をこう表現するとは...発想の勝利すぎる」――人気ゲーム「パワフルプロ野球」シリーズのキャラクターをフィギュア化したカプセルトイに、ツイッターで大きな注目が集まっている。ゲームの演出のように、キャラクターの胴体が浮いている様子がそのまま再現されているのだという。

いったいどんな仕組みなのか。J-CASTニュースは、購入者と商品開発担当者に取材した。

パワプロ「足から浮いた体」再現フィギュアにSNS驚愕(画像提供:ツイッターユーザー・思想肉さん)
https://www.j-cast.com/assets_c/2022/05/news_20220526195347-thumb-645xauto-225935.jpg







「作り手の方を心から尊敬」胴体が浮いているワケ

話題となったのはバンダイ(東京都台東区)が2022年5月中旬ごろに発売したカプセルトイ「eBASEBALLパワフルプロ野球 パワプロくん ならぶんです。」。商品を購入したツイッターユーザー・思想肉さんが、再現度の高さに驚き、拡散したことで大きな注目を集めた。

パワプロシリーズの大ファンである思想肉さんは、商品のイメージ写真が気になり、ガシャポンを回したと述べる。写真では、キャラクターの身体が原作通りにデフォルメ化されており、関節が存在せずに足と胴体が離れた状態になっている。

実際に商品を手に取った思想肉さんは、そのクオリティに「もう見事!」と驚かされたという。


「クリアパーツなどを使わずこの足を再現することの美しさ、この正解感が本当に素晴らしいと思います。このアイデア一つで、商品のクオリティが何段階もアップしてると思います。作り手の方を心から尊敬します」


思想肉さんによると、キャラクターの体は両手足で支えられている。よく見ると、胴体につながっている両手の先が足の上にくっついており、足と胴体が離れていても立つことができるようになっていた。





「企画時より胴体と足が離れた表現は必ず再現したく思っておりました」
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
https://www.j-cast.com/2022/05/28438156.html?p=all

【パワプロ「足から浮いた体」再現フィギュアにSNS驚愕 バンダイ開発担当明かす企画当時からの熱意】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/29(日) 23:41:32.67 ID:CAP_USER9
スポニチ2022年5月29日 17:00
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/05/29/kiji/20220529s00001089521000c.html

 慶大・萩尾に浴びた3ランが最後まで効いた。左翼ポール際、ファウルにも見えた当たりに小宮山悟監督が抗議に出たが、最後は「それも含めて野球ですから」と引き下がった。
 
 今季は東大に挙げた勝ち点1のみの5位に沈んだ。同じ13試合で慶大の79得点に比べ35得点と半分以下で投手陣を援護できなかった。小宮山悟監督は「これで5位の選手なんだということがわかったと思う。下からの突き上げがなくて、あぐらをかいてる選手もいるが正座させてやらせます」と話した。中川主将も「本当に情けない。自分たちを見つめ直し、本当の意味で死に物狂いでやりたい」と秋を見据えた。

【東京六大学野球・早慶戦 早大連敗で5位 小宮山監督「あぐらをかいてる選手もいるが正座させてやらせます」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/01(水) 10:18:21.75 ID:CAP_USER9
スポーツチームの入団を通して長期治療中の子どもを支援する、NPO法人Being ALIVE Japanの『チームメイツ事業』が5年目を迎えました。

これまでに脳腫瘍の子どもがサッカーチームに入団したり、7歳の子どもがラグビーチームに入団するなどしています。そして28日、東京6大学野球の早慶戦のマウンドに1人の少年が上がりました。

成長軟骨に異常がある骨の病気、軟骨無形成症で日々治療に励む、中学2年生・國久想仁くん(13)。去年8月、慶応大学野球部に入部しました。

きっかけは3年前、自分と同じ病気の少年・田村勇志くんが務めた始球式でした。

國久想仁くん:「勇志くんの始球式を観戦しに行ったのがきっかけです」

チームメイツ事業を通じて、慶応大学野球部に晴れて入部した國久くん。ある想いを込めて選んだ背番号は「17番」でした。

國久想仁くん:「大谷翔平選手のような、誰もができないことをやってしまうくらい、大変な努力を毎日続けられる人になりたい」

早慶戦の始球式を目標に、ボールの握り方や投げ方などを選手から学び、練習に励みました。

慶応大・福住勇志選手:「この野球部のなかで1番の努力家。慶應野球部に一番いい刺激になっている」

ひたむきに頑張る姿が選手たちの力になっている一方で、國久くん自身について、父の勝さんはこう話します。

父・勝さん:「毎日、生き生きしている。目標を持って頑張るようになった」

治療やリハビリの合間を縫って練習すること9カ月。始球式まで1週間に迫ったこの日、最後の練習です。

國久想仁くん:「自分の出せる精一杯を尽くして、きれいでコントロールの良いボールを投げたい」

迎えた早慶戦始球式当日。神宮球場には2万2000人の大観衆が集まりました。マウンドに向かい、視線を集める背番号17番。憧れの始球式で見事、ストライクをとりました。

國久想仁くん:「うれしくてたまらないのと、選手たちが盛り上げてくれたので、感謝の気持ちでいっぱい。

将来は勉強を頑張って、またこの野球部に戻ってきたい。医療に関わる仕事をして、困っている人を助けられるような人になりたい」

テレ朝ニュース
2022/05/31 23:30
https://news.tv-asahi.co.jp/news_sports/articles/000256551.html

※リンク先に動画あり

【「努力を毎日続けられる人に」憧れの背番号で“早慶戦始球式”に挑む 13歳の慶応大学野球部員】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/30(月) 21:32:12.01 ID:CAP_USER9
サンスポ
2022/05/30 20:33
https://www.sanspo.com/article/20220530-ZSFIBZNY65M77AVCA4PT5N57FY/

東京六大学野球・春季フレッシュトーナメント(30日、法大4―4慶大=九回規定により引き分け、神宮)新人戦にあたるフレッシュトーナメントが開幕。広島で通算2119安打を放った前田智徳氏(50)の次男で、慶大1年の前田晃宏投手(18)が法大戦に3番手で神宮デビュー。2回?を1安打無失点に抑えた。

孤高の天才打者と呼ばれた父とは異なる舞台、マウンドで輝きを放った。夏空の下で迎えた神宮デビュー戦。前田が好救援し、ほえた。

「初登板でサヨナラ(負け)は嫌だなと思って緊張しました。(神宮は)とても投げやすかったです」。3-4の七回1死一塁で初登板。遊直に打ち取り、飛び出した一塁走者が戻れずに併殺プレーとした。先頭に中前打を許した九回は後続を断ち、2回?を1安打無失点に抑えた。

慶応高出身の最速143キロ右腕。広島で通算2119安打を智徳氏を父に持つ。高校3年時の昨年6月、夏の神奈川大会直前に右膝前十字靱帯(じんたい)を断裂し、完全復活の途上。現役時代に右アキレス腱(けん)断裂から復活を遂げた父から「予測不能な動きをしたときに、またけがをするかもしれない。そこを気を付けて」と助言を受け試合に臨み、冷静なマウンドさばきを披露した。

神宮での思い出を問われると「おやじがデッドボールを食らって(左手首の尺骨を)骨折したこと」と、ユーモアを交えて回答。2013年4月23日のヤクルト戦で江村将也から受けた死球を、印象に残るシーンとして挙げた。

一塁を守った清原氏の長男・正吾とともに注目を集める中、堂々のスタートを切った。(武田千怜)

【東京六大学新人戦 慶大・前田晃宏が神宮デビュー 父は元広島で通算2119安打の智徳氏】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/29(日) 21:35:39.96 ID:CAP_USER9
毎日新聞最終更新 5/29 21:25
https://mainichi.jp/articles/20220529/k00/00m/050/183000c

 東京六大学野球の春季リーグは29日、全日程が終了し、明大の宗山塁内野手(2年・広陵)が打率4割2分9厘(56打数24安打)で首位打者賞を獲得し、毎日新聞社からブロンズ像が贈られた。

 2年生ながら首位打者とベストナインに輝き、6季ぶりのリーグ優勝に貢献。それでも表情を緩めずに「簡単に終わってしまう打席があった」と反省を口にする完璧主義者が、明大の宗山だ。

 広陵高(広島)では1年夏(2018年)と2年春(19年)に甲子園の土を踏んだ。明大では1年春から主力としてプレーし、昨秋にはベストナイン(遊撃手)に選出された。

 「昨季、自分ができないことが浮き彫りになった」といい、今季は苦手なコースや球種を一つ一つ克服するために練習時間を割いた。

 グラウンド外でのコンディション作りへの意識も高めた。就寝や起床の時間を一定に保ち、練習後と試合後には体のケアに努めるなど日々のルーティンを徹底した。相手投手に関わらず広角に打球を打ち分けられるのは、「いつも同じ流れで打席に入っていけるから」と言い切る。

 今後の目標は「率を残せて長打力もあって、勝負強く相手から嫌がられ、チームを救える選手になること」。宗山の向上心が尽きることはない。【森野俊】

【東京六大学野球 明大・宗山塁に首位打者賞「チーム救う選手に」】の続きを読む

このページのトップヘ