SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

野球総合

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/31(月) 22:51:03.30 ID:CAP_USER9
「東京六大学野球春季フレッシュトーナメント、慶大-早大」(31日、神宮球場)

 西武や巨人などで活躍した清原和博氏の長男・正吾内野手(1年・慶応)がベンチ入りし、“神宮デビュー”に備える。高校時代はアメリカンフットボール部に所属しながら、1、2年生主体の中でメンバーに抜てき。父もスタンドに駆けつける中、身長186センチ、体重90キロの恵まれた体格を生かした打撃を期待されている。

【写真】スタンドの清原氏。父親の熱いまなざしがギラリ

 正吾は小学生まで野球を続けていたが、中学、高校と別競技の道へと進んでいた。しかし、大学進学を機に野球への再挑戦を決意。昨年末までに複数回の練習会参加や面談を経て、入部にゴーサインが出た。堀井哲也監督も「ものすごい打球が飛ぶ」と右打席からの飛距離に一目置いている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a9e9392023f68fd825cc9a14ebf4584a627c5187

【東京六大学野球 清原和博氏の長男、慶大・正吾内野手がベンチ入り 父もスタンドから熱視線】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/27(木) 07:00:41.72 ID:CAP_USER9
5/27(木) 6:15配信
東スポWeb

堀江貴文氏

 ホリエモンが17年越しの〝球界参入〟を表明した。実業家の堀江貴文氏(48)が26日、九州アジアリーグ入りを目指す新球団「福岡北九州フェニックス」のオンライン設立会見に出席した。球団社長には堀江氏のオンラインサロンのメンバーである槇原淳展氏が就任。堀江氏自身はスポンサー集めなどの後方支援にあたる予定だという。

 堀江氏といえば2004年の球界再編時にNPB入りを目指したことでも知られる。「ライトな層の人たちも楽しめる仕掛け作りをしたい」と青写真を口にした。九州を活動地域とする九州アジアリーグは今年が初年度の独立リーグ。現在は「火の国サラマンダーズ」(熊本)と「大分B―リングス」(大分)の2球団が所属している。

 今後どのような展開があるのか。それこそホリエモン球団となれば、大物選手や助っ人の獲得などサプライズも期待される。そんな中で気になるのは〝お膝元〟に話題性豊富な球団が誕生することになったソフトバンクの反応だ。すでに話は通っているとはいえ、北九州はソフトバンクが現在も毎年2試合を組む準フランチャイズ。しかし、拒否反応どころか鷹サイドは歓迎の姿勢だ。「何より野球が話題となり盛り上がること自体が、うちにとってもメリットが大きいので歓迎ですよ。NPBと独立リーグでお客さんの層はバッティングしないと思っていますし、九州で野球のすそ野が広がることも大きい。現在も熊本と試合を組んでいますが、三軍の対戦相手が近くに増えることにもなります」(球団フロント)

 育成に定評のあるソフトバンクでは三軍でも大学、社会人、独立リーグのチームなどと年間80試合近く行ってきたが、昨年は新型コロナの影響で例年12試合ほど組んでいた韓国遠征が中止になるなど、試合数の確保に苦労していた。ホリエモン球団が無事に承認されれば、ソフトバンクにも有形無形のメリットをもたらしそうだ。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210527-03215340-tospoweb-000-10-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/bf1712be5a5f2f00f8d9b0f0d5d9bdd9afb08554

【「ホリエモン球団」誕生に〝お膝元〟のソフトバンクが歓迎姿勢なのはなぜか】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/24(月) 18:04:04.38 ID:CAP_USER9
週刊ベースボール2021年5月24日(月) 11:31
https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=097-20210524-13

■優勝への過程は2年前の明大と酷似
 慶大は東京六大学リーグ戦で38度目の優勝を飾った。可能性を残していた立大が明大2回戦(5月23日)で敗戦。慶大はこの日に試合がなく、横浜市内の合宿所でオンライン取材に応じた(左から森田晃介投手、主将・福井章吾捕手、副将・正木智也内野手。写真提供=慶應義塾体育会野球部)

 東京六大学リーグ戦で慶大が2019年秋以来、38度目のリーグ優勝を飾った。慶大は同連盟代表として、第70回全日本大学野球選手権記念大会(6月7日開幕)に3年ぶりに出場する。

 昨年の第69回大会はコロナ禍により、1952年の第1回大会以来、初の中止。今年は大学日本一をかけた2年ぶりの大舞台であり、慶大の主将・福井章吾(4年・大阪桐蔭高)は「このような状況で開催していただけることに感謝したい。初戦から決勝まですべて神宮球場。地の利を生かしていきたい」と抱負を語った。

 さて、2019年の第68回大会を制したのは、同じ東京六大学の明大である。主将兼エースの森下暢仁(現広島)が大会MVPと38年ぶり優勝の原動力となった。

 2年前の明大と今春の慶大。リーグ優勝への過程が似ている。19年春、明大は開幕カードとなった立大1回戦を落とした。攻守に見せ場を作れず、直後のミーティングで森下は「3回戦でもう一度、投げさせてください」と頭を下げた。同春は2勝先勝の勝ち点制。明大は2回戦で雪辱し、3回戦では森下が1失点完投勝利を挙げた。有言実行のキャプテンの下で結束した明大は結局、開幕黒星から10連勝(1引き分けを挟む)でリーグVを遂げた。

 この春の慶大も、黒星発進だった。法大1回戦。相手のエース右腕・三浦銀二(4年・福岡大大濠高)にリーグ62年ぶりとなる「ノーヒット・ワンラン」で敗退(1対2)を喫した。しかし、ここで、慶大は沈まなかった。

 慶大・堀井哲也監督は「良い試合だった、と理解して2回戦に臨め、チームの立て直しができた」と回顧。四番で副将・正木智也(4年・慶應義塾高)は「四死球が6個、取れている。打線の状態は良い。決して悪くないんだ」と切り替えることができたという。法大2回戦を快勝(7対1)すると明大、東大、立大を通じて7連勝(今春は各校2試合の計10試合)。第7週2日目(5月23日)で、優勝の可能性のあった立大が明大2回戦で敗れ、早大との最終カードを残して慶大のリーグ制覇が決まった。

■裏方を含めたチーム力での勝利
 正木は勝因を語る。

「黒星から始まり、ここまで苦しい試合が続きました。振り返ってみると、一つひとつのゲームに集中し、対策して試合に臨めたのが良かった」

 相手校の研究を重ね、万全の準備で試合に入った。堀井監督は「データ班8人、チームスタッフ10人、マネジャー10人、ベンチに入れなかった3、4年生が打撃投手、試合ではバット引きを買って出てくれた。4年生の力が大きかったと思います」と感謝を述べた。神宮で戦う選手だけでない、裏方を含めたチーム力での勝利を強調したのである。

 慶大には、明大に共通する「学習能力」があった。4カードを終えて2勝を挙げ、防御率トップ(1.27)の右腕エース・森田晃介(4年・慶應義塾高)は「日本一をつかむ権利を得た。自分たちの力を発揮して、躍動したい」と大学選手権への決意を語る。

 春のリーグ戦はまだ、終わっていない。5月29日から最終週、伝統の早慶戦が控える。慶大としては、残る2試合をきっちりと戦い、1987年以来の日本一を目指す大学選手権へ、弾みをつけていきたいところだ。文=岡本朋祐

慶大は東京六大学リーグ戦で38度目の優勝を飾った。可能性を残していた立大が明大2回戦(5月23日)で敗戦。慶大はこの日に試合がなく、横浜市内の合宿所でオンライン取材に応じた(左から森田晃介投手、主将・福井章吾捕手、副将・正木智也内野手。写真提供=慶應義塾体育会野球部)
https://cdn.findfriends.jp/img.sp.baseball/show_img.php?id=43871&contents_id=p_page_097

【東京六大学リーグ戦 「ノーヒット・ワンラン」の黒星スタートから慶大が38度目のリーグ優勝を飾れた理由は?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/23(日) 20:54:54.42 ID:CAP_USER9
お笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明(59)が23日放送のTBSラジオ「日本生命presents 石橋貴明のGATE7」(日曜前7・00)に出演。野球界の未来に危機感を示した。

 「日本野球連盟に、社会人野球は、大きく分けて企業チームとクラブチームがあって。その企業チームは、1998年には142チームあったんですけど、2021年、企業チームは97、クラブチームは249と、高校、大学を卒業してから行けたノンプロと言われるチームが、どんどん少なくなっている」と明かし「これは非常に危機感があると思う」と神妙なトーンでコメント。社会人野球チーム・新日本製鉄堺からプロ入りし、メジャーにまで上り詰めた野茂英雄氏(52)を例に挙げながら、「新日本製鉄堺に入らなければ、彼は今ごろ、何をやっていたのかっていうぐらい。こういう最後の受け皿が少なくなっている。これは本当に考えないと、危ない状況」とノンプロチームの存在の大きさを力説しながら、その必要性を訴えた。

 また、石橋によると、ルールの簡単さ、少人数や狭いフィールドでもプレーできることなどから、子供の間ではサッカーが人気に。「小学2、3年生ぐらいで、野球とサッカーで分かれちゃうみたい。野球は18人いないと、ゲームにならない。でもサッカーはゲームになるから、子供はそっちのほうが楽しい。9人対9人で、ある程度の大きさのフィールドでやっても『おもしろくない』って子供がいるらしい。だから小学2、3年生ぐらいに『おもしろい』って思わせるルールとかをつくってやらせないと」と野球界の窮状を説明。「とにかく1回、みんなで集まらないといけないっていうのをね、斎藤隆くんが言っていた。『いろんな意見を出しましょう』と、ずいぶん前にテレビで言っていたのを見て、その通りだと思った。野球界を考える方、1度集まりましょう」と呼び掛けていた。

https://article.auone.jp/detail/1/5/9/8_9_r_20210523_1621749803373271
https://portal.st-img.jp/detail/7ed4292fd18bcf97aee1c8d63d48ea0d_1621751948_1.jpg

【とんねるず・石橋貴明が野球界の未来を危惧 「とにかく1度集まって、いろんな意見を出しましょう」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/24(月) 21:18:40.83 ID:CAP_USER9
実業家の堀江貴文氏が設立した、プロ野球独立リーグの新球団「福岡北九州フェニックス」がSNSなどで、26日に設立発表会見(オンライン)を開くと明らかにした。

 2022年シーズンからの「九州アジアリーグ」への参入を目指し、加盟申請中で、26日の会見には創立者として堀江氏も出席。チーム設立の経緯や今後の展望などについて説明するとしている。

 現在、ネット上では、女性問題などでロッテから契約解除された清田育宏選手を、堀江氏の新球団が獲得するのではないかと見る投稿が相次いでおり、26日の堀江氏の発言に注目が集まりそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5ebd5bbd3609c8edcf223d978d1ac38f5e1eb349
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210524-00000172-dal-000-4-view.jpg
https://twitter.com/kitaphoenix
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

【新球団「福岡北九州フェニックス」設立発表会見。26日、創立者の堀江氏も出席】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/23(日) 13:01:13.88 ID:CAP_USER9
 東京六大学野球春季リーグ戦(東大2-0法大、23日、2回戦、1勝1敗、神宮)東大が守り勝った。2017年秋の法大戦以来、64連敗中(3分け挟む)だったが、今季初勝利を挙げた。東大は二回2死一、二塁の場面で8番・松岡泰希捕手(3年)が右前に先制打を放ち、四回には内野ゴロの間に2点目を追加、3投手の継投で法大打線を封じた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e9c3f4e8244f1e10bfaf4b5b6c02cfa5b5f4d304

【東京六大学野球春季リーグ戦 東大、法大下して連敗「64」でストップ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/22(土) 07:09:53.59 ID:CAP_USER9
実業家の堀江貴文氏(48)は21日、福岡市内で西日本新聞の取材に応じ、北九州市を本拠地とするプロ野球独立リーグの新球団の設立計画を明かした。球団名は「福岡北九州フェニックス」で、4月に同市に運営会社を設置。今年始動した九州アジアリーグへの来季からの参入を目指し、加盟申請を開始した。同氏は株主、取締役の立場で経営に参画する。

 球団代表には堀江氏のオンラインサロンのメンバーである経営者の槇原淳展氏(30)が就任。北九州市民球場を本拠に予定するほか、近隣の球場利用に向けて各自治体と折衝中という。初年度の運営費は約1億円、選手は約25人の見込み。設立の正式発表は今夏以降の見通しで、並行して監督などチームスタッフの人選を進める。

5/22(土) 6:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/5da23967234269ace04b73aa6f9cc627290d4053

【ホリエモンが北九州プロ野球独立リーグに、新球団「福岡北九州フェニックス」設立を計画】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/05/17(月) 18:15:40.84 ID:CAP_USER9
初回、3回と四球からピンチを招いて失点

 ジャイアンツ傘下3Aサクラメントの山口俊投手が16日(日本時間17日)、ドジャース傘下3Aオクラホマシティ戦に先発し、3回3安打6四死球4失点でKOされた。今季は2試合で0勝2敗となり、防御率は10.13に悪化した。

 山口は初回に2点の援護をもらったものの、その裏、いきなり先頭から2者連続四球を与えて一、二塁のピンチを招く。4番のラベロに適時二塁打を浴びて1点を失うと、続くアバンスの内野ゴロの間に2点目を奪われて同点に追いつかれた。

 3回には先頭のレクスを四球で歩かせ、ラベロの中前安打、アバンスへの四球で満塁に。このピンチでフェデロウィクスに右前への2点適時打を浴びて勝ち越しを許した。続くソトには死球。更なる失点こそ免れたものの、この回でマウンドを降りることになった。

 山口はキャンプ前にブルージェイズを自由契約となり、招待選手としてジャイアンツのキャンプに参加。オープン戦では好投したものの、開幕前にロースターから外れ、開幕からマイナー暮らしが続いている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/74e11c7f8463aa9e4a650a9fdd859678ac319c8d
5/17(月) 16:25配信

【3Aサクラメント山口俊、オクラホマシティ戦で先発も3回4失点KO 6四死球と乱れ、0勝2敗 防御率は10.13に】の続きを読む

このページのトップヘ