SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

野球総合

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/26(木) 17:39:41.92 ID:CAP_USER9
ナンバーposted2022/05/26 17:02
https://number.bunshun.jp/articles/-/853346

“ミスターサブマリン”としてロッテなどで活躍し、現在は日本製鉄かずさマジック監督を務める渡辺俊介氏の長男が、この春に入部したことでも話題になった東大野球部。東京六大学の春季リーグでは、10敗2分と勝利できなかったがその現状とは? 東大野球部OBに話を聞いた。

学生野球のシーズンというのは、春も秋も、始まったかと思うと、あっという間に最終週になり、瞬く間に2カ月が過ぎていく。

東京六大学もあと1週を残すだけとなり、立教、明治、慶應義塾、法政による熾烈な優勝争いの末、明治大の優勝が決まった。

そんななか、今季12試合で勝ち星こそ挙げられなかったが、早稲田大に2試合連続引き分けと食い下がった東京大の「奮闘」は、特筆されてよい。

4月初旬の開幕当初、慶應大、明治大に4連敗した頃の闘いぶりは、目を覆いたくなるほどの「惨状」だった。

4試合で55失点……1試合平均およそ14失点の打たれぶりに加えて、明治大には1試合で17三振奪われた試合もあった。

しかし、一週空いた早稲田大との対戦では一転、エース・井澤駿介投手(4年・180cm80kg・右投右打・札幌南高)が早稲田大打線を6安打2失点に抑えて完投したり、綱嶋大峰(4年・175cm77kg・右投右打・筑波大附高)、西山慧(4年・176cm75kg・右投右打・土浦一高)、松岡由機(3年・172cm74kg・右投右打・駒場東邦高)、鈴木健(3年・184cm81kg・左投左打・仙台一高)らの東京大投手陣の継投によって、2試合連続の引き分けに持ち込み、第3戦でも7回まで0対0と互角の展開を続ける大健闘をやってみせた。

続く立教大戦でも、初回から一気に3点を奪って試合の主導権を握った。やはり勝ち星にこそつながらなかったものの、待望の勝利まで「あと少し」のところまでこぎつけているのだが……。

■「慶應、明治戦の惨敗は仕方ないです」
「ほんと、もうちょっとのところまで来ているし、どうすれば……というのも、見えているように思うんですよ。歯がゆいところですね」

話してくれたのは、東京大野球部OBの古田維(ただし)氏だ。1974年の入学・入部で、3年生から外野手のレギュラーとして、リーグ戦でも奮闘した。

「ちょうど、法政に怪物・江川卓(元巨人)がいた時代。何度も対戦して、ヒットが打てなかったのが悔しかったけど、三振は1つも喫してないからね」

実は古田氏、東京大卒業後は、この「Number Web」を運営する文藝春秋に入社して、最後は専務取締役にまで昇進、先年勇退された。

筆者にとっては、早稲田大学高等学院の硬式野球部の1年先輩にあたり、野球技術のみならず学業成績も優秀のすごい方で、いったん理工学部に進学しながら、どうしても本気の勝負野球がやりたいと、東京大を受験して入学し直したという根っからの「野球人」である。

長く文藝春秋野球部のエースピッチャーに君臨し、本人は「ただの草野球よ……」と謙遜するが、お歳も70近くなったというのに、土壇場にはホームに足から滑り込むほどの、やっぱり「勝負野球人」なのだ。

高校時代から日課にしている「腕立て伏せ」は、通算46万回を超えて、さらに更新中と聞いている。

「コロナで春のキャンプもできなかったし、日常的な練習不足もあったはずだからね。慶應、明治戦の惨敗は仕方ないですね。でも、そこから立て直して、早稲田と引き分け2つは立派でしたね」

古田氏は、その早稲田大戦を観戦したという。

「私の目には、ピッチャーはぜんぜん悪くないように見えました。エースの井澤君以外にも、140キロ近いスピードの力強いボールを投げるピッチャーが何人もいて……。あとは、実戦でボールをコントロールできるように、場数を踏んでいけば、十分太刀打ちできる投手陣じゃないかな」

■「東大歴代のキャッチャーではNo.1だろうね」
一方で、後輩たちの「攻め」に関しては、古田氏にも思うところがあったようで、

「勝負師っぽいっていうのかな……そういうバッターがもっといて欲しかったな。来たボールに反応する打ち方っていうのは、高い能力がないと難しいわけで、逆に、狙い球をとことん絞って、ひと振りでカタをつけるぐらいのつもりで振り抜いていく。打てなかったら、ごめんなさい……でいいから、それぐらいハラをくくって、ピッチャーに向かっていくバッターがいて欲しかったなってね」

古田氏が観戦した「東早3回戦」は、今季、早稲田大のエース格として奮投している加藤孝太郎投手(3年・178cm74kg・右投右打・下妻一高)に5三振を奪われ、1安打完封されていた。

※以下リンク先で

【“ミスターサブマリン”渡辺俊介の長男が入部で話題 この春も0勝10敗2分東大野球部の今 OBが語る「歴代最高の捕手がいる」「東大戦法しかない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/26(木) 13:02:52.48 ID:CAP_USER9
岐阜協立大の野球部員、倒れ死亡 ランニング中に、救急車呼ばず | 共同通信
https://nordot.app/902391773653778432

2022/5/26 12:39 (JST)

岐阜協立大(岐阜県大垣市)は26日、硬式野球部の4年生男子部員(22)が14日、ランニング中に倒れて意識を失い、翌日に死亡したと発表した。当時、監督らは救急車を呼ばず、倒れてから約30分経過後、部の車で病院に運んでいた。部員は搬送後にコロナ陽性が判明。死因は「公表する立場にない」としている。

 大学によると、14日午前11時ごろ、約1時間走ったところで倒れた。グラウンドで数十人が練習に参加。通常は20~30分で、この日はやや長かったという。

 監督は救急車を呼ばなかった理由に関し「熱中症だと思った。部の車で運んだ方が早いと判断した」と説明しているという。

【岐阜協立大の野球部員、倒れ死亡 ランニング中に、救急車呼ばず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/23(月) 16:26:09.41 ID:CAP_USER9
サンスポ2022/05/23 16:21
https://www.sanspo.com/article/20220523-4ORFWJPZURLQZABGVNCPMMMETA/

東京六大学野球春季リーグ第7週第3日は23日、神宮球場で3回戦1試合が行われ、明大が立大に延長十一回、1―0でサヨナラ勝ちし、2勝1分けで勝ち点を5として6季ぶり41度目の優勝を決めた。10勝3敗2分けで全5校から勝ち点を挙げる完全優勝を達成。

優勝を逃した立大は6勝4敗2分けの勝ち点3で全日程を終えた。

【東京六大学野球 明治大が6季ぶり41度目V 完全優勝 立教大に延長サヨナラ勝ち/明大1-0立教(延長11回)】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/18(水) 12:18:40.74 ID:CAP_USER9
混戦の様相を呈していた今春の東京六大学野球リーグ戦は、明治大学が17日、慶應義塾大学との3時間12分に及ぶ熱戦を12-7で制し、2019年春以来となる優勝に近づいた。21、22日にある明大と立教大学の直接対決で、勝ち点を挙げたチームが天皇杯を手にする。

■重圧なくても、慶大に見られた硬さ
連覇中だった慶大は、1971年秋から72年秋にかけて達成した3連覇に届かなかった。負ければ優勝の可能性が消滅する明大との3回戦。追い上げも及ばず、12-7で敗れると、堀井哲也監督は悔しさを胸にしまい、淡々とこう話した。

「(3連覇を目指すというよりは)優勝を目指して1カード、1カード、全力で戦ってきました。その結果として力及ばず、ということだと思います」

データ上では第6週終了時点で、チーム打率が1位なのに対し、同防御率は5位。堀井監督は3連覇を逃した一番の要因を問われると、「一つではなく、投打ともいくつか課題はあった。そのあたりはシーズンが終わってから探っていきたい」と答えた。

主将の下山悠介(4年、慶應)も、50年前の大記録に対する重圧はさほどなかったという。ただ、目の前の「大一番」に対するプレッシャーはあったかもしれない。硬さが本来のプレーを邪魔したシーンがいくつか見られ、それが明大に流れを渡す展開につながった。五回終了時点で10対1。試合中盤で大差をつけられた。

■追い上げの起点となった4年生の代打陣
明大の田中武宏監督は、9点をリードしても安心していなかった。「東京六大学は何点差になろうと途中で諦めるチームはありませんから」。その予感は、明大からすると、悪い方向で的中する。慶大は七回に3点を返すと、八回にも3点を入れ、3点差まで詰め寄った。

七回には、代打で起用された青木大周(慶應志木)と文元洸成(智弁和歌山)の両4年生が連続ヒットを放った。青木も文元も、これがリーグ戦初安打。下山は「五回で9点差になっても、みんなポジティブな声かけをしていて頼もしかった」と振り返ったが、苦労人の最上級生の連続代打ヒットで、ベンチはさらなる盛り上がりを見せた。

慶大は春秋連覇を果たした昨年も、たびたび代打策が的中する場面が見られた。選手層が厚い中でも、黙々と準備して出番を待つ。それを積み重ねてきた結果である。堀井監督は「2人とも調子がいいのはわかっていたので、どこかで使いたかった。よく打ってくれた」と青木と文元をねぎらった。

40回目のリーグ優勝と3連覇はなくなったが、リーグ戦は終わっていない。まだ伝統の早慶戦が残っている。春秋連覇した昨年は1勝2敗1分けと早稲田大学に負け越している。必ず勝ち点を奪うつもりだ。

■首位に立ち、主将が戻ってきた明大
明大は勝ち点を4とし、首位に立った。4カードを終えて、8勝3敗1分け。チーム打率は慶大と1厘差の2位で、同防御率はリーグ1位と、投打とも好調だ。打線は宗山塁(2年、広陵)と上田希由翔(3年、愛産大三河)の3、4番が引っ張り、投手陣は蒔田稔(九州学院)と村田賢一(春日部共栄)の両3年生右腕が2本柱として、いずれも4勝をマーク。チームの核となる選手が明確なのが強みだ。

この4人に加え、慶大3回戦では主将の村松開人(4年、静岡)が打席に立った。2月に右ヒザの半月板損傷の手術を受けた村松は、この代打出場が今季初打席だった。

田中監督は「自分が試合に出られなくても、適切な声かけで戦力になっていた。故障明けでなかなか起用できなかったが、次のカードではプレーでも戦力になってくれるはず」と期待する。

■投打の充実ぶりは、立大も負けず
19年春以来の優勝が近づいた明大を待ち構えているのが、勝ち点3で追う2位の立教大学だ。今週末に予定されている直接対決で、勝ち点を挙げた方が天皇杯を手にする。明大は勝ち点では立大を上回っているが、立大戦でも勝ち点を取らないと栄冠には届かない。両校とも勝ち点4になった場合は、勝率で上回る立大の17年春以来となる優勝が決まる。

立大は昨年の春・秋で17試合登板と大車輪の働きをした池田陽佑(3年、智弁和歌山)が、開幕2戦目から腰の違和感で離脱したが、荘司康誠(3年、新潟明訓)がエースとして1本立ち。他にも沖政宗(2年、磐城)と島田直哉(4年、龍谷大平安)が台頭し、それぞれ2勝を挙げている。攻撃面では、ともに大阪桐蔭高校3年時に「第100回全国高等学校野球選手権記念大会」で春夏連覇を果たした、主将の山田健太と宮崎仁斗の両4年生が存在感を発揮。投打の軸が確立している。

今春、コロナ禍前の19年秋以来に復活した勝ち点制。優勝を争う2校の雌雄は、勝ち点で決まることになった。

※長文の為一部略

4years2022/05/18
https://4years.asahi.com/article/14623434

【東京六大学野球 3時間12分に及ぶ熱戦は明治大学に軍配 優勝の行方は立教大学との一騎打ちに】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/25(水) 18:36:06.80 ID:CAP_USER9
2022/05/25 13:01

 野球の独立リーグ・北海道フロンティアリーグの士別サムライブレイズのラルフ・ブライアント監督(61)が24日、北海道士別市で就任記者会見を開いた。ビザ取得などで来日が遅れ、すでにリーグは開幕しているが、「1位でシーズンを終えたい」と意欲を語り、25日の試合から指揮をとる。

 ブライアント監督は、地元の米ジョージア州アトランタから飛行機を乗り継ぎ、24日夕方に士別市に到着。長旅に疲れたと言いながらも笑顔で会見に臨んだ。ブライアント監督は米大リーグ、ドジャースから1988年に日本球界入り。 
中日ドラゴンズを経て移籍した95年まで在籍した近鉄バファローズで本塁打のタイトルを3度獲得するなど、パワーを発揮。90年6月に東京ドームのグラウンドから43メートル上の位置にある天井からつりさがった巨大スピーカーに直撃させる本塁打も放った。

 今も伝説として残るプレーを「20年たっても覚えてくれている日本のファンは素晴らしい」と感謝。自身のような選手を育てたいかと問われると、「選手それぞれの長所を伸ばしたい。そしてブライアントよりいい選手に成長してほしいね」と話した。

 今後は士別市に居住。少年たちへの野球教室や、地域の人たちとの交流イベントにも参加する予定。

  ラルフ・ブライアント  1988年に米大リーグ、ドジャースから中日ドラゴンズに入団し、シーズン中に近鉄に移籍。74試合で34本塁打を放ち、翌年には49本塁打で初のタイトルを獲得した。
近鉄では1995年までプレーし、通算259本塁打、641打点。本塁打王3回、打点王1回に輝いたほか、4打数連続アーチも記録した。一方で三振も多く、93年に喫したシーズン204三振はプロ野球最多。

https://www.yomiuri.co.jp/sports/yakyu/20220525-OYT1T50103/?from=smtnews

【士別サムライブレイズ・ブライアント監督ようやく来日 東京D天井弾「覚えてくれている日本のファンは素晴らしい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/17(火) 16:53:11.64 ID:CAP_USER9
スポーツ報知2022年5月17日 16時25分
https://hochi.news/articles/20220517-OHT1T51115.html

◆東京六大学野球春季リーグ戦第6週第3日▽明大12―7慶大(17日・神宮)

 昨年の春秋覇者・慶大は、1勝1敗で迎えた明大3回戦で2ケタ失点。後半の反撃も及ばなかった。4カードを終えて勝ち点は2のままで、優勝の可能性が消滅した。

 先発のエース・増居翔太投手(4年=彦根東)は、1回表に1点を失い、3回表には4安打を浴びて3失点。試合を作ることが出来ず、3イニングで降板した。その後も明大に得点を許し、5回終了時で1―10。7、8回に3点ずつ返したが、前半の失点が大きすぎた。

 「選手には『優勝は結果。対抗戦の一試合、一試合をしっかりやっていこう』と話してきたが、結果として力及ばなかった」と堀井哲也監督。下山悠介主将(4年=慶応)は「リーグ優勝を目指してきた。可能性が消えたのは、率直に悔しい」と話した。

 優勝争いは、勝ち点を4に伸ばした明大と勝ち点3の2位・立大に絞られ、次週の直接対決で勝ち点を挙げた方が優勝となる。

【東京六大学野球 慶大が明大3回戦に敗れ3季連続Vが消滅 堀井哲也監督「力及ばなかった」明治12―7慶應義塾大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/16(月) 15:20:48.87 ID:CAP_USER9
スポニチ 2022年5月16日 11:53
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/05/16/kiji/20220516s00001089266000c.html

東京六大学野球春季リーグ戦第6週の慶大―明大3回戦は雨天のため17日正午からに順延となった。

今季3年ぶりに勝ち点制に戻ったリーグ戦。明大は先週の法大戦で4回戦の末勝ち点を挙げ、今回は慶大と1勝1敗。9日間で6試合を消化している。ここ2年間はコロナ禍で1試合総当たりや、2試合で9回打ち切りなど3回戦はなかった。3年生以下は初めての経験となる。

東大戦以外はすべて3回戦以上に進む展開に、慶大2回戦後、田中監督は「村田ら蓄積疲労があったけど、いけるところまで投げてくれた」と頑張りを称えた。そして「直井や堀内ら細身の選手は3キロは痩せたね。(勝ち点制は)経験がないからね」と直井をベンチから外した。

慶大初戦で負け投手になった蒔田も疲労からストレートが走らず苦しい投球となった。この日の雨天順延で中2日となり、どれだけ回復できているか。3回戦を落とせば負け数が多く、ほぼ優勝戦線から脱落となる明大。慶大も負ければ3連覇が消滅する大一番。慶大・堀井監督と田中監督は同期生。お互い負けられない意地のぶつかり合いとなる。

<6大学の日程>
8週間で行われるリーグ戦。早慶戦が最終週に固定されているため、開幕週に早慶が出た場合、両校は8週間で5カード。空き週が3回ある。一方、今季のように開幕週に試合のない立大、明大は6週間で5カードを戦い空き週は1回のみ。2、3週目を戦い、5~7週と3カードの連戦となる。明大の田中監督は「終盤に法大、慶大、立大と続くから厳しい戦いになるのはわかっていた」と想定通りを強調していた。ちなみに19年春に優勝した明大は同じ日程だった。

【東京六大学野球 明大は9日間で6試合 雨天順延は恵みの雨となるか】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/15(日) 18:30:39.61 ID:CAP_USER9
早大、立大に連敗で優勝の可能性が消滅「もがいて、もがいてが続いた」早慶戦残し勝ち点は1のみ
日刊スポーツ2022年5月15日15時22分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202205150000586.html

<東京6大学野球:立大7-3早大>◇第6週第2日◇15日◇神宮

早大が立大に連敗し、わずかに残っていた優勝の可能性が消えた。

立ち上がりから失点を重ね終盤には守りのミスも出ての完敗だった。小宮山悟監督(56)は「(開幕の)法政戦から思うようにならなかった。もがいて、もがいてが続いた」と今季を振り返った。3勝6敗2分けで勝ち点は1。残すは最終週(28日から)の早慶戦だけとなった。

中川卓也主将(4年=大阪桐蔭)は「今日にしても捕れそうで捕れないミスが出た。(早慶戦まで)残り2週間ですが、守りからのリズムを鍛えないといけない」と課題を挙げていた。

【東京6大学野球 早大、立大に連敗で優勝の可能性が消滅、小宮山監督「もがいて、もがいてが続いた」早慶戦残し勝ち点は1のみ/立大7-3早大】の続きを読む

このページのトップヘ