SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

競馬

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/02(日) 23:45:30.15 ID:CAP_USER9
【凱旋門賞】日本ダービー馬ドウデュースはブービー19着 
武豊騎手「彼の走りできなかった」


◆第101回凱旋門賞・G1(10月2日、仏・パリロンシャン競馬場・芝2400メートル)


日本馬は今年も厚い壁を打ち破ることはできなかった。勝ったのはモリス騎手が騎乗した英国馬アルピニスタ(牝5歳、プレスコット厩舎、父フランケル)で、G1・6連勝での戴冠。
5歳牝馬としては1937年のフランス馬コリーダ以来、2頭目の栄冠をつかんだ。勝ち時計は2分35秒71(重)。

日本勢はタイトルホルダー(牡4歳、美浦・栗田徹厩舎、父ドゥラメンテ)が最先着の11着。ステイフーリッシュ(牡7歳、栗東・矢作芳人厩舎、父ステイゴールド)が14着、ディープボンド(牡5歳、栗東・大久保龍志厩舎、父キズナ)が18着、ドウデュース(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎、父ハーツクライ)が19着と、4頭とも大敗に終わった。


武豊騎手(ドウデュース=19着)「残念ですけど、本来の彼の走りができなかった。遠征にはリスクがあるけど、残念です。またトライしたいですね」


https://news.yahoo.co.jp/articles/033fd6442b1a31fad7d6bae024479fe6023fe36d

【第101回凱旋門賞、武豊騎乗の日本ダービー馬『ドウデュース』はブービー19着の大敗…武豊「残念です。またトライしたいですね。」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/02(日) 23:12:33.78 ID:CAP_USER9
ソースグリーンチャンネル

【第101回カタール凱旋門賞(G1)~パリロンシャン、アルピニスタが1位入線】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/02(日) 23:08:19.49 ID:CAP_USER9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221002-00000029-kiba-000-4-view.jpg
ドウデュース(左上)、ディープボンド(右上)、タイトルホルダー(左下)、ステイフーリッシュ(右下)(c)netkeiba.com

「日本馬がんばれー!」霜降り粗品が凱旋門賞で日本馬“以外”全頭の単勝を各3万円ずつ購入 『呪い』転じて『祝い』となるか
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20221002-00000029-kiba-horse

 2日、お笑いコンビ・霜降り明星の粗品氏が自身のYouTubeチャンネルを更新。日本時間2日の23時05分に発走を迎える凱旋門賞(3歳上・仏G1・芝2400m)の予想および馬券の買い目を公開した。

 「凱旋門賞の本命は、11番タイトルホルダー、19番ドウデュース、6番ディープボンド、8番ステイフーリッシュ……」と日本馬4頭の名前が挙がったが、次の瞬間「……以外の16頭! 日本馬がんばれー!」と絶叫。日本馬『以外』の16頭すべての単勝馬券を3万円ずつ購入、計48万円をベットするという大胆な買い目を披露した。

 また、自身の予想が『粗品の呪い』としてたびたび話題に挙がることについても触れており、「皆が幸せになれる呪いならいいかな。それはもう『祝い』ですよね」と動画内でコメント。「凱旋門賞日本馬の勝利、後押しさせてください」と日本馬にエールを送った。日本馬が挑む世界の大舞台で『呪い』は『祝い』に転じるのか、要注目だ。

【【競馬】「日本馬がんばれー!」霜降り粗品が凱旋門賞で日本馬“以外”全頭の単勝を各3万円ずつ購入 『呪い』転じて『祝い』となるか [ギズモ★]】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/01(土) 08:22:48.84 ID:CAP_USER9
2022年09月30日 18時28分 公開

ウマ娘公式が引退名馬の見学について注意喚起 「運営の妨げになるので各牧場への直接の連絡は控えて」
まずは「競走馬のふるさと案内所」を確認しましょう。
[十津川あきら,ねとらぼ]

 ウマ娘プロジェクト公式は9月30日、Twitter上で引退名馬の見学について注意喚起を行いました。見学をする際に、各牧場への直接の連絡は控えるように呼びかけています。

 引退名馬の見学を希望する場合、各牧場への直接の連絡は牧場運営の妨げとなるため、まずは「競走馬のふるさと案内所」から牧場見学について確認してほしいとしています。

 また、全ての牧場は無断立入禁止であり、見学の際のケガや馬の事故などについては、見学者の責任になる場合があるとして、行動に十分な注意を払ってほしいと告知。


https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/2209/30/l_220930_umamusume_announce01.jpg
牧場見学の9箇条(画像は公式Twitterアカウントより引用)


 さらに「牧場見学の9箇条」として、見学の際の注意事項を記したイラストを掲載。「大きな音や声を出さないでください」「馬には絶対に食べ物を与えないでください」といった具体的な注意点を挙げています。

 この投稿についてネット上では「公式が積極的に発信してくれるのはありがたい」「こういうのあるのか、知らなかったから助かる」「ゲームの中でも定期的に見られるようにしたらいい思う」との声も。

 10月11日から北海道日高地域でウマ娘の等身大パネルイベントが行われることから、プレイヤーからは「たぶん来月の北海道日高地域とのコラボ関連で大事なことだからあらためて注意換気してるのだと思う」と関連を推測する声も寄せられています。


https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/2209/30/l_220930_umamusume_announce02.jpg
10月11日から北海道でイベント開催(画像は公式Twitterアカウントより引用)

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2209/30/news212.html

【ウマ娘公式が引退名馬の見学について注意喚起 「運営の妨げになるので各牧場への直接の連絡は控えて」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/30(金) 22:12:33.94 ID:CAP_USER9
 30日、仏サンクルー競馬場の1R・トーマスブライアン賞(芝1600メートル)でシロス(牡2)に騎乗したクリストフ・スミヨン(41)が3コーナー手前で外につけていたキャプテンウィルズバ(牡2)騎乗のロッサ・ライアン(22)に肘打ち。
その弾みでライアンが落馬、転倒した。

 この件に関してスミヨンは10月14日から12月12日まで60日間の騎乗停止処分を科された。
凱旋門賞(2日、パリロンシャン芝2400メートル)のヴァデニは騎乗可能。
この秋はJRA短期免許で来日予定だったが、既に発表されている天皇賞・秋(10月30日、東京芝2000メートル)のジオグリフに騎乗できなくなった。
https://news.yahoo.co.jp/articles/c3dc3a3d6f8bc5eb2bb23b85a2f528b19a15eea6
9/30(金) スポニチアネックス

【スミヨン騎手が危険な騎乗により60日間の騎乗停止 2日凱旋門賞は騎乗可能も、短期免許で来日予定の天皇賞・秋はアウト】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/26(月) 23:04:57.34 ID:CAP_USER9
 フランスの女性ジョッキー、ミカエル・ミシェル騎手が9月26日午後、羽田空港着の航空機で来日した。JRAの通年騎手免許試験の受験が目的。

 ミシェル騎手は「日本に帰ってこられないと思っていたので、帰ってきたという気分です」と、コロナ禍で入国自体が厳しい状況が続いていただけに、ようやく果たした再来日にうれし涙を浮かべた。

 2018年冬にフランスで女性騎手初の開催リーディングを獲得したほか、20年には地方競馬(南関東)の短期免許を取得して来日し、地方通算267戦30勝の好成績を挙げた。
その前年の19年夏にJRAが開催したワールドオールスタージョッキーズ参戦のため初来日した時に、日本のレース環境にほれ込み、JRAでのプレーを志すようになったという。

 今月28日に行われる1次試験をクリアすると、日本語の口述テストも含む来年1月25日の2次試験に進むことができる。
最難関とされる2次試験も突破すれば、通年騎手免許が交付され、来年3月からJRAでの騎乗が可能となる。

https://hochi.news/articles/20220926-OHT1T51123.html
https://hochi.news/images/2022/09/26/20220926-OHT1I51201-L.jpg

【ミカエル・ミシェル騎手が涙の再来日「日本に帰ってこられないと思っていた」 JRA通年騎手免許試験9月28日】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/25(日) 16:18:16.35 ID:CAP_USER9
9月25日、中山競馬場で行われたオールカマーは横山武史騎手騎乗のジェラルディーナが1着で入線。2着にはロバートソンキー、3着にはウインキートスが入線した。

長期休養明けのバビットが逃げ、キングオブドラゴンが2番手という隊列で進む。上位人気を形成したソーヴァリアントは道中で早々に勢いを失って後退。
デアリングタクトもいまひとつ余力がなく、4角では大きく外に振られて勝負圏内から脱落する波乱の展開となった。

中団の最内でじっくりと脚を溜めたジェラルディーナが、直線は力強く抜け出して待望の重賞初制覇。2着ロバートソンキー、3着ウインキートスといずれも内枠勢が上位を独占した。

※万全を期すため、主催者が発表する情報と照合してください。

SPAIA編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/6e917860f99d68a7bc4104c476d7fdb133538303


JRA
https://www.jra.go.jp/

【オールカマー2022(中山・G2) ジェンティルドンナの仔ジェラルディーナが重賞初制覇 圧倒的1番人気デアリングタクト6着に沈む】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/25(日) 16:15:59.49 ID:CAP_USER9
◆第70回神戸新聞杯・G2(9月25日、中京競馬場・芝2200メートル、良馬場)

 今年も中京競馬場での開催となった菊花賞(10月23日、阪神)のトライアル競走(3着まで優先出走権)は、3歳馬17頭によって争われた。

 鮫島克駿騎手が手綱を執った5番人気のジャスティンパレス(牡3歳、栗東・杉山晴紀厩舎、父ディープインパクト)が2番手追走から抜け出して優勝。
重賞初制覇を果たした。勝ち時計は2分11秒1。

報知新聞社
https://news.yahoo.co.jp/articles/827fb51af6622b0ec63db09dcd9456463621ef7b

※結果・成績・オッズなどは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください

JRA
https://www.jra.go.jp/

【第70回神戸新聞杯(中京・G2) ディープインパクト産駒のジャスティンパレスが重賞初制覇で菊切符 [ニーニーφ★]】の続きを読む

このページのトップヘ