SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

競馬

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/19(木) 11:24:48.17 ID:CAP_USER9
https://www.hokkoku.co.jp/articles/-/743019
 競馬事業局関係では、臼井晴基局長が金沢競馬の入場者数増加に向け、競走馬を擬人化したキャラクターが登場する人気ゲーム「ウマ娘」とのコラボに意欲を示した。

 委員側が、岐阜県笠松町の笠松競馬と「ウマ娘」のコラボを紹介し、金沢競馬での実施を求めた。臼井局長は事業局からもコラボを提案していると説明し、「いろんな形で話題をつくることが必要だ。どういったことができるか考えたい」と話した。

【金沢競馬×ウマ娘 入場者数増加に向けコラボに意欲 臼井局長「いろんな形で話題をつくることが必要」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/15(日) 15:54:30.10 ID:CAP_USER9
[ 2022年5月15日 15:44 ]

G1・ヴィクトリアマイル ( 2022年5月15日 東京競馬場 芝1600メートル )

 春の牝馬マイル王を決めるヴィクトリアマイルは、ソダシ(牝4=須貝)が20年の阪神JF、昨年の桜花賞に続く、JRA・G1通算3勝目を挙げた。

 ソダシは父クロフネ、母ブチコ(母の父キングカメハメハ)の血統。通算成績は11戦7勝。重賞は6勝目。

 吉田隼は今年の大阪杯(ポタジェ)以来となるJRA・G1通算5勝目。ヴィクトリアマイルは初制覇だった。須貝師は昨年の桜花賞以来となるJRA・G1通算14勝目。ヴィクトリアマイルは17年アドマイヤリード以来となる2勝目だった。

 ▽ヴィクトリアマイル 牝馬の引退時期の晩年化に対応するため、エリザベス女王杯の4歳以上への開放などに続いて、春の古馬牝馬路線の充実を図る目的で06年に創設された。第1回は北村宏司騎乗のダンスインザムードが優勝した。

https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2022/05/15/kiji/20220513s00004048467000c.html

【ヴィクトリアマイル ソダシがG1通算3勝目!“白毛のアイドル”が堂々ライバル撃破】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/11(水) 22:10:25.24 ID:CAP_USER9
 「ヴィクトリアマイル・G1」(15日、東京)

 史上初めて無敗で牝馬3冠を達成した歴史的なヒロインが帰ってくる。
21年4月の香港G1・クイーンエリザベス2世C3着後に右前肢繋靱帯炎を発症して休養していたデアリングタクトが、約1年1カ月ぶりに戦線復帰。
中384日でのG1勝利となると、93年の有馬記念で復活Vを遂げたトウカイテイオーの中363日を更新。
それだけに簡単なことではないが、少なくとも仕上がりは良化の一途をたどっている。

 1週前追い切り後、主戦の松山が「よくここまで来られたと思います」と、感慨深げに漏らした。
2週前の追い切りでは、動きに物足りなさがあったが、それがわずか1週間で激変。
杉山晴師も「先週より良くなりましたね。やっぱり走る馬というのは、良くなるスピードも速いのでしょう」と、改めて底力の高さに感心した。

 さらなる上昇も遂げている。担当の池水助手は9日朝、「乗り込む度に良くなっています。
先週よりも今週の方がいいですね」と明るい表情だ。「先週火曜の時点で489キロ。全体的にひと回り大きくなっています」。
前走が464キロ。長期休養で馬体も成長した。

 G1馬5頭がエントリーしているが、実績は断然だ。
「やっぱり一番は無事にという気持ちですが、出るからにはいい競馬をしてほしいです」と期待を寄せた池水助手。
規格外の牝馬が、復活Vでその威厳を見せつける。

提供:デイリースポーツ

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=202943

【牝馬三冠馬デアリングタクト、中384日でヴィクトリアマイル(G1)に挑む 勝てばトウカイテイオーの中363日記録を更新】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/08(日) 16:01:50.31 ID:CAP_USER9
【NHKマイルC】ダノンスコーピオンが連勝でGI制覇!3着に18番人気カワキタレブリーで3連単153万円の大波乱

8日、東京競馬場で行われたNHKマイルC(3歳・牡牝・GI・芝1600m)は、好位の後ろでレースを進めた川田将雅騎手騎乗の4番人気ダノンスコーピオン(牡3、栗東・安田隆行厩舎)が、ゴール前で抜け出し、離れた外から追い込んだ3番人気マテンロウオリオン(牡3、栗東・昆貢厩舎)にクビ差をつけ優勝した。

勝ちタイムは1分32秒3(良)。



さらにクビ差の3着に18番人気カワキタレブリー(牡3、栗東・杉山佳明厩舎)が入り、3連単153万2370円を付ける大波乱となった。

なお、1番人気セリフォス(牡3、栗東・中内田充正厩舎)は4着、2番人気インダストリア(牡3、美浦・宮田敬介厩舎)は5着に終わった。

勝ったダノンスコーピオンは、父ロードカナロア、母レキシールー、その父Sligo Bayという血統。
アーリントンCからの連勝でGI初制覇を果たした。鞍上の川田将雅騎手、管理する安田隆行調教師は同レース初勝利。

https://news.yahoo.co.jp/articles/834488f39d93bfe2621e2f5123ab6b579b23a7a7

【NHKマイルC ダノンスコーピオンが連勝でGI制覇! 3着に18番人気カワキタレブリーで3連単153万円の大波乱】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/08(日) 08:55:22.12 ID:CAP_USER9
netkeiba.com 5/8(日) 8:08

ケンタッキーダービーの舞台であるチャーチルダウンズ競馬場(C)Coady Photography
 現地時間7日、アメリカ合衆国ケンタッキー州のチャーチルダウンズ競馬場で行われたケンタッキーダービー(3歳・G1・ダ2000m)は、後方でレースを進めたS.レオン騎手騎乗の19番人気リッチストライク(牡3、米・E.リード厩舎)が、インを通って前に詰め寄り、競り合う1番人気エピセンター(牡3、米・S.アスムッセン厩舎)と4番人気ゼンダン(牡3、米・C.ブラウン厩舎)をゴール前で差し切って優勝した。

 2着にエピセンター、3着にゼンダンが入り、JRA発売の3連単で166万7880円を付ける大波乱決着となった。

 日本から参戦した3番人気クラウンプライド(牡3、栗東・新谷功一厩舎)は、2番手でレースを進めるも直線で後退し13着に終わった。

 勝ったリッチストライクは、父Keen Ice、母Gold Strike、その父Smart Strikeという血統。補欠繰り上がりでの参戦にして大金星を飾った。白星は昨年9月の未勝利以来で、通算成績はこれで8戦2勝。

※人気は日本発売のオッズから表記しています。

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/e5dc593ca10c0f4d01d940f40199e69ff2f19d15&preview=auto

【米・ケンタッキーダービー(3歳・G1) 19番人気のリッチストライクが勝利し3連単166万円の大波乱、クラウンプライドは13着】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/07(土) 17:17:58.47 ID:CAP_USER9
[GⅡ京都新聞杯=2022年5月7日(土曜)3歳、中京競馬場・芝2200メートル]

7日、中京競馬場で行われたGⅡ京都新聞杯(3歳、芝2200メートル)は、岩田望騎乗の8番人気アスクワイルドモア(牡・藤原)がV。
道中、中団インでうまく脚をため、直線外めに持ち出して、先に抜け出したヴェローナシチー(牡・佐々木)を競り落として、ダービー出走ラインに乗る賞金獲得に成功した。
勝ち時計は従来のタイムを0秒4上回るコースレコードの2分09秒5(良)。

岩田望は「内枠を利用して道中は内々を回って競馬をしました。他馬を妨害してしまったことは悔いが残りますけど、直線は素晴らしい伸びでした」と決め手を評価した。

アスクワイルドモアの父キズナは13年の当レースを勝ってダービーを優勝しており、父に続いて栄光の道を刻めるかに注目が集まる。

東スポ競馬編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/93deaa31bd5ec4e2a01015271bda49734194ab8c

7日のGⅡ京都新聞杯(3歳、芝2200メートル)でアスクワイルドモア(牡・藤原)に騎乗して勝利を収めた岩田望が、同レースで騎乗停止処分を受けた。
4コーナーで外側に斜行し、ストップザタイム、リアドの進路が狭くなったため(降着・失格はなし)。
このことについて「他馬を妨害してしまったのは悔いが残ります」と話していた当人。
ただ、騎乗停止期間が5月21日(土)、同22日(日)の2日間ということで、29日(日)に行われるGⅠ日本ダービーでの騎乗はセーフとなった。もし、騎乗が実現すればデビュー4年目で初のダービー参戦となる。

東スポ競馬編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/6320dc2d98086265c0ff3f0aa10570bd379ccf66

※結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください

【第70回京都新聞杯(中京・G2) アスクワイルドモアがキズナに続く父子制覇! 鞍上の岩田望は斜行で騎乗停止】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/05(木) 20:17:30.54 ID:CAP_USER9
https://www.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2022%2f05%2f05&k_raceNo=11&k_babaCode=19
11R 成績表
着 枠 番
順 番 号
1 1 1 ショウナンナデシコ

【第34回かしわ記念(Jpn1)~船橋 ショウナンナデシコが優勝 3連勝でJpn1初勝利】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/01(日) 23:51:18.38 ID:CAP_USER9
<天皇賞・春>◇1日=阪神◇G1◇芝3200メートル◇4歳上◇出走18頭

8番人気のシルヴァーソニック(牡6、池江)がアクシデントに見舞われた。

スタート直後につまずき、鞍上の川田騎手が落馬して競走中止となった。

同馬はカラ馬のまま走り続け、最後は1着タイトルホルダーと2着ディープボンドの間でゴール板を駆け抜けた。

その後は外ラチを背面跳びするような格好で転倒して安否が心配されたが、川田騎手とともに「異常なし」と発表された。

同馬を所有する社台サラブレッドクラブの公式サイトによると、阪神競馬場内の診療所で診察を受け、右前脚と左腕部に擦過傷がある以外のけがは見当たらず、栗東へ戻って治療と経過観察にあたるという。

5/1(日) 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/440a5f9c5dbe64e8b5ce7f8b887b41ba1ee73db8

【天皇賞・春で落馬、競走中止のシルヴァーソニックは川田騎手とともに「異常なし」 外ラチを背面跳びして転倒も擦過傷だけ】の続きを読む

このページのトップヘ