SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

競馬

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/28(日) 10:46:59.75 ID:CAP_USER9
https://news.yahoo.co.jp/articles/15f32015c89fe9526bd2e52053953237802be4bd

 国際レースでありながら、近年は地元である日本馬の活躍が目立つジャパンC。今年も外国馬が3頭やってきてはいるが、主役となるのはやはり日本馬たち。その中でも4頭のダービー馬に大きな注目が集まっている。

2021年ダービー馬:シャフリヤール(牡3)
2020年ダービー馬 コントレイル(牡4)
2018年ダービー馬 ワグネリアン(牡6)
2016年ダービー馬 マカヒキ(牡8)

 ダービー馬が1頭いるだけでも華やかになるが、今年のジャパンCにはなんと4頭がエントリー。これはジャパンCどころかグレード制導入後のGIレースでは史上初のこと。ダービー馬は後の種牡馬として重宝されるため、早くて3歳、遅くとも5歳で現役を去ることが多いだけに4頭も顔をそろえるというのは本当に珍しい。

しかも4頭すべてディープインパクト産駒でダービー親子制覇を果たした馬となると前代未聞のこと。昨年の三冠馬3頭の競演と比べるといささか地味に映るが、今年のジャパンCも大いに盛り上がることは間違いない。

その中でも主役となるのは、やはり昨年のダービー馬であり、無敗の三冠馬となったコントレイルだ。

父ディープインパクト同様、無敗でクラシック三冠を制し、今や大種牡馬ディープインパクトの最高傑作とさえ称される彼だが、昨年の菊花賞を最後に勝ち星から遠ざかり、今年に入ってからはまさかの2連敗。

大阪杯では道悪馬場に泣かされての3着、天皇賞(秋)はゲートでチャカついての2着と不利ややアクシデントがありながらも馬券圏内にしっかりと入ってきていることは素直に評価できるが、無敗の三冠馬であることを考えるとそんな評価は慰めにしかならない。

 しかも今回のジャパンCはかねてから宣言していたコントレイルの現役最終戦。慣れ親しんだ府中の馬場を最後に彼は現役生活に別れを告げる。しかもレース後には引退式まで予定されているという。こうなると当然必要なのは「勝利」の二文字のみ。

4歳まで現役を続け、古馬GI未勝利のまま現役を去った三冠馬がこれまでいないということを考えても、コントレイルにはいつも以上のプレッシャーがかかっていることは間違いないだろう。

だが、コントレイルはそうしたプレッシャーがかかった時にこそ神がかり的な強さを見せてきた馬でもある。

例えば昨年の菊花賞。無敗の三冠を期待された中で迎えた最後の直線、徹底的にマークされてきたアリストテレスに最後迫られても、脚色劣勢なコントレイルは自身の意地とプライドだけで踏ん張って、三冠馬の称号を手にした。

 言うなれば追い詰められた時にこそ大輪の花を咲かせるのがコントレイルの真骨頂。前走以上の強敵を迎えての引退レースであるジャパンCで飛行機雲のごとく突き抜けてラストランを華々しく飾ることだって十分考えられる。

新型コロナウイルスが蔓延し、日本中が沈み切った中に突如として現れたスターホースなだけに、それにふさわしい走りを見せて現役最後の一戦を迎えたい。

(以下略)

【第41回ジャパンカップのみどころ 各世代のダービー馬たちの意地とプライドが秋の府中で激突!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/26(金) 09:52:51.46 ID:CAP_USER9
sporttiva 11/26(金) 6:15

今年の東京開催ラストを飾るのは、GIジャパンC(11月28日/東京・芝2400m)。今回が引退レースとなるコントレイル(牡4歳)をはじめ、マカヒキ(牡8歳)、ワグネリアン(牡6歳)、シャフリヤール(牡3歳)と、4世代のダービー馬による競演に注目が集まっている。

 なかでも、上位人気が予想されるのは、昨年の三冠馬コントレイルと、今年のダービー(5月30日/東京・芝2400m)を制したシャフリヤール。実際に前評判では、この「2強」対決といったムードが充満している。昨年も三冠馬3頭による「3強」対決が話題となり、その3頭がワンツースリーフィニッシュを決めたこともあって、そうした気運が一段と高まっている。

 しかしながら、過去10年の結果を振り返れば、伏兵の台頭もしばしば見られ、波乱の結果に終わったことも何度かある。3連単では20万円超え、30万円超えといった高配当も生まれており、ひと筋縄ではいかないレースと言える。

 しかも、今年は久々に外国馬が複数参戦。海外での成績を考えれば、いずれも軽視できない存在ゆえ、思わぬ結果をもたらしても不思議ではない。そんな状況にあって、日刊スポーツの松田直樹記者も平穏な決着では収まらないと見ている。

「今回注目されている4世代のダービー馬はすべてディープインパクト産駒。同産駒はダービー通算7勝で、ディープインパクト自身、ダービーも勝って、同じ舞台のジャパンCを制しています。そのため、人気を集めるのもわかりますが、実はジャパンCにおけるディープ産駒の牡馬は0勝。斤量面でアドバンテージがある牝馬の勝利はあっても、牡馬はなぜかその栄冠には縁がありません。

 まず、ダービーとディープ産駒が好相性なのはなぜか。それは、末脚がキレる産駒の特性がレースの開催時期と舞台がマッチしているから。今年のダービーもそうでしたが、3歳馬による東京・芝2400mのレースはどうしても瞬発力勝負になりやすいんです。成長途上かつ距離経験の少ない世代限定戦とあって、多くの人馬が"後半勝負"という組み立てをしてきますからね。

 ところが、古馬一線級が集うジャパンCでは、長くいい脚を使うスタミナも求められます。ここに、ディープ産駒とのミスマッチが生じるのではないか――そう考えられます。

もちろん、無敗の三冠馬コントレイル、ダービーレコードを記録したシャフリヤールであれば、そうした"壁"を打ち破っても驚けません。しかし、ジャパンCにおけるディープ産駒の傾向を鑑みれば、穴馬探しは同産駒に逆らってみるのもひとつの手ではないかと思っています」

※続きはリンク先で
https://news.yahoo.co.jp/articles/7fd1ddb011ddacc933acd2223b0a0b090c7a6fa3
ジャパンCと同じ舞台のオークスを制しているユーバーレーベン
https://i.imgur.com/2DwlPWF.jpg

【GIジャパンCはディープ産駒の牡馬には「鬼門」。代わって浮上するのは人気薄の牝馬2頭】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/25(木) 14:41:40.50 ID:CAP_USER9
サンスポ 11/25(木) 14:10

 11月28日に東京競馬場で行われる「第41回ジャパンカップ」(GI、東京12R、3歳以上オープン、定量、芝2400メートル、1着賞金3億円)の枠順が25日に確定した。

 今回が現役ラストランとなる昨年の無敗3冠馬コントレイル(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)は1枠2番、初の古馬との対決で世代交代を狙う今年のダービー馬シャフリヤール(牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎)は2枠4番、前走の京都大賞典で約5年ぶりの白星を挙げた2016年のダービー馬マカヒキ(牡8歳、栗東・友道康夫厩舎)は7枠15番、マカヒキと同じ友道厩舎で2018年のダービー馬ワグネリアン(牡6歳)は8枠17番に決定。

 16年ぶりの勝利を目指す外国馬は3頭が参戦。今年の仏GIサンクルー大賞を制し、前走の米GIブリーダーズCターフで2着に好走したブルーム(牡5歳、A・オブライエン厩舎)は2枠3番、2019年の英GIインターナショナルS勝ち馬で武豊騎手のジャパン(牡5歳、A・オブライエン厩舎)は8枠18番、2走前の仏GIジャンロマネ賞を勝ち、前走の仏GIオペラ賞も2着と充実ぶり光るグランドグローリー(牝5歳、G・ビエトリーニ厩舎)は3枠6番からスタート。

 そのほか、骨折休養明けだったアルゼンチン共和国杯で連覇を達成したオーソリティ(牡4歳、美浦・木村哲也厩舎)は4枠7番、今年のオークス馬ユーバーレーベン(牝3歳、美浦・手塚貴久厩舎)は7枠14番、京都大賞典2着のアリストテレス(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)は5枠9番、天皇賞・秋4着のサンレイポケット(牡6歳、栗東・高橋義忠厩舎)は6枠12番に決まった。

 史上初となる4世代ダービー馬の競演、国内外GI馬9頭が激突するジャパンカップは28日、東京競馬場(12R)で、午後3時40分にスタートが切られる。

(左から枠 馬番 馬名 斤量 騎手)

1- 1 ムイトオブリガード 57.0 柴田善臣

1- 2 コントレイル    57.0 福永祐一

2- 3 ブルーム      57.0 R・ムーア

2- 4 シャフリヤール   55.0 川田将雅

3- 5 キセキ       57.0 和田竜二

3- 6 グランドグローリー 55.0 C・デムーロ

4- 7 オーソリティ    57.0 C・ルメール

4- 8 ウインドジャマー  57.0 北村宏司

5- 9 アリストテレス   57.0 横山武史

5-10 ロードマイウェイ  57.0 三浦皇成

6-11 シャドウディーヴァ 55.0 横山典弘

6-12 サンレイポケット  57.0 鮫島克駿

7-13 モズベッロ     57.0 池添謙一

7-14 ユーバーレーベン  53.0 M・デムーロ

7-15 マカヒキ      57.0 藤岡康太

8-16 ユーキャンスマイル 57.0 藤岡佑介

8-17 ワグネリアン    57.0 戸崎圭太

8-18 ジャパン      57.0 武豊

https://news.yahoo.co.jp/articles/8278876ea0c67113d5cc0c00b8fa8bd8ca742b6a
ジャパンCの枠順が確定。現役ラストランとなる昨年の無敗3冠馬コントレイルは1枠2番に決まった
https://i.imgur.com/DQPB2G6.jpg

【第41回ジャパンC 有終の美を飾るか!?現役ラストランのコントレイルは1枠2番、今年のダービー馬シャフリヤールは2枠4番 枠順確定】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/21(日) 15:55:59.94 ID:CAP_USER9
2021.11.21 15:49

 11月21日の阪神11Rで行われた第38回マイルチャンピオンシップ(3歳以上オープン、GI、芝1600メートル、定量、16頭立て、1着賞金=1億3000万円)は、
クリストフ・ルメール騎手の1番人気グランアレグリア(牝5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が勝利。
エフフォーリア、コントレイルとの激闘となった天皇賞・秋から中2週も問題にせず、得意のマイル戦で見事に有終の美を飾った。タイムは1分32秒6(良)。

 2着はシュネルマイスター(2番人気)、3着にはダノンザキッド(5番人気)が入った。

https://race.sanspo.com/smp/keiba/news/20211121/ope21112115490009-s.html

【第38回マイルCS 女王グランアレグリアが得意のマイルで有終の美飾る!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/17(水) 14:15:25.78 ID:CAP_USER9
サンスポ 11/17(水) 11:59

 GI5勝を挙げているグランアレグリア(美浦・藤沢和雄厩舎、牝5歳)が、連覇のかかるマイルCS(21日、阪神、GI、芝1600メートル)を最後に引退することが決まった。馬主のサンデーサラブレッドクラブが17日に発表した。

 この日はレースに向けての追い切りが行われ、美浦Wコースで6ハロン80秒3-12秒2を馬なりでマークし、外レイエンダ(OP)に1馬身先着。藤沢和調教師は「力むことなく走れていたし、いい感じに仕上がっています。前走(天皇賞・秋3着)は距離がいくぶん長かった。阪神の1600メートルは得意な舞台。最後になると思うので頑張ってほしい」と話した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2d99170f90cb687fe4d604009eaab8a7eaae1a36
連覇のかかるマイルCSを最後に引退することが決まったグランアレグリア
https://i.imgur.com/13Pt10G.jpg

【GI5勝グランアレグリア、マイルCSで引退決定 藤沢和師「阪神千六は得意な舞台」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/14(日) 15:50:39.24 ID:CAP_USER9
【#エリザベス女王杯 入線速報】
1位入線 16アカイイト 10人気
2位入線 5 ステラリア 7人気
3位入線 2 クラヴェル 9人気

赤は赤でもアカイイト!
キズナ産駒&"ヨカヨカ"岡浩二オーナーG1初制覇!
https://mobile.twitter.com/netkeiba/status/1459774494885629954?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Etweet
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

【第46回エリザベス女王杯 赤は赤でも10番人気アカイイトがG1初制覇】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/07(日) 06:14:42.99 ID:CAP_USER9
11/7(日) 6:07
netkeiba.com
 
 現地時間6日、アメリカのデルマー競馬場で行われたブリーダーズカップフィリー&メアターフ(3歳上・牝・GI・芝2200m・1着賞金104万米ドル)は、川田将雅騎手騎乗の1番人気ラヴズオンリーユー(牝5、栗東・矢作芳人厩舎)が1位入線を果たした。

 以下、8番人気マイシスターナット(牝6、米・C.ブラウン厩舎)、2番人気ウォーライクゴッデス(牝4、米・W.モット厩舎)の順でゴール

※詳細は後ほど更新いたします。
※レース結果は主催者発表のものと照合してください。
※人気は日本発売のオッズで表記しています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5dc676f4e01536716a4e4d92d0ee06883ea9b97d

【BCフィリー&メアターフ2021 ラヴズオンリーユーが日本馬初のブリーダーズカップ優勝!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/10/31(日) 15:50:17.12 ID:CAP_USER9
https://news.yahoo.co.jp/articles/553682028d5d735dd576bd1ae62a7823e09b77ab

<天皇賞・秋>◇31日=東京◇G1◇芝2000メートル◇3歳上◇出走16頭

皐月賞馬エフフォーリア(牡3、鹿戸)が初の古馬との対戦を制した。

ダービーは鼻差惜敗で涙をのんだが、夏を越して心身ともに大きく成長。G1・5勝のグランアレグリア、昨年の無敗3冠馬コントレイルと並び“3強”と称されたレースでしっかり結果を出した。3歳馬の勝利は02年シンボリクリスエス以来19年ぶり。

デビューから同馬の手綱を取っている横山武史騎手は、菊花賞のタイトルホルダーから2週連続のG1制覇。祖父富雄(69年メジロタイヨウ)、父典弘(09年カンパニー)に続いて、史上初の親子3代天皇賞・秋優勝騎手となった。



https://news.yahoo.co.jp/articles/3e36382582c0af28bbf4cb7a34316923857a6746
10月31日、東京競馬場で行われた天皇賞(秋)は横山武史騎手騎乗のエフフォーリアが1着で入線。2着にはコントレイル、3着にはグランアレグリアが入線した。

【第164回天皇賞・秋 皐月賞馬エフフォーリアが古馬撃破、19年ぶり3歳馬V 2着はコントレイル】の続きを読む

このページのトップヘ