SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

フィギュアスケート

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/14(日) 07:43:43.28 ID:CAP_USER9
羽生結弦 浅田真央との共演ショー計画が浮上!新設アリーナのこけら落としの目玉に


プロ転向を決めた羽生結弦(27)。
公式YouTubeチャンネルの開設も話題になっているが、彼にまつわるある共演計画を本誌はキャッチした。


「浅田真央さん(31)と羽生さんが共演するアイスショーの案が浮上しているのです」
そう話すのは愛知県内のフィギュア関係者だ。

「名古屋では、’25年夏にアリーナ級の規模の愛知県新体育館が完成します。これは’26年に開催される愛知・名古屋アジア競技大会の目玉施設。同大会成功のためにも、大きな宣伝効果のあるイベントで“こけら落とし”をしたいという狙いがあります。複数の案を検討している現状ですが、“大本命”が日本を代表するトップスケーター2人によるショーなのです」


3年後に名古屋でーー。
この夢プロジェクトが実現すれば約10年ぶりのアイスショー共演となる。

「2人が最後に公に同じ氷上で舞ったのは、’16年の世界選手権のエキシビション。ショーでの共演となると、’14年が最後です」(前出・フィギュア関係者)

今回のプロジェクト浮上には、布石となったできごとがあるという。羽生の“名古屋入り解禁”だ。
羽生は今年6月に『ファンタジー・オン・アイス』名古屋公演に出演したが、彼の名古屋でのショー出演は8年ぶりのことだった。

「名古屋といえば、真央ちゃんの地元。愛知県民は彼女が幼いころから娘のように応援してきました。羽生人気は愛知県でも高いですが、県民は“一番のフィギュアスケーターは真央ちゃん”という思いが強い。それゆえ、羽生さんをメインとしたショーの名古屋での開催は避けるような空気があったのです」(前出・フィギュア関係者)


しかし浅田が現役引退後に続けていた『サンクスツアー』が昨年4月で完結したことが契機に。

「彼女がスケーター人生に区切りをつけるような発言をしていたこともあって、そのタイミングで羽生さんが出演するショーを名古屋に召致すべく、関係者が本格的に動きだし、今年、実現しました」(前出・フィギュア関係者)

結果的に、この公演は大盛況。

「羽生さん側も名古屋にいい感触を持ってくれているのを確認でき、“今後もぜひ名古屋に来てもらいたい”と考えた関係者が多かったのです。一方で、真央ちゃんも新たなアイスショーを始めることを発表し、プロスケーターを続ける意欲を見せています。そこで“国民的スターの2人に名古屋で共演してもらえれば、アジア競技大会の大きな宣伝になるのでは”という考えが生まれたというわけです」(前出・フィギュア関係者)


“共演タブー”のように扱われてきた2人だが、その仲は良好。

「現役当時、エキシビションで2人が手をつなぎ見つめ合ってクルクルと氷上を回っていたことがありました。華やかでほほえましい光景でしたよ」(スポーツライター)

因縁の地・名古屋で、ゆづ&真央ちゃんの“奇跡の共演”が10年ぶりにかなうことを願うばかりだ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/c85c1924260a6ac098c5d7e295a378988bc23eb9

【羽生結弦、浅田真央との共演アイスショー計画が浮上! 新設アリーナのこけら落としの目玉に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/10(水) 14:00:59.92 ID:CAP_USER9
フィギュアスケート男子で2014年ソチ、18年平昌冬季五輪2連覇の羽生結弦さん(27)が10日、仙台市内で公開練習イベント「SharePractice」を実施。
練習の様子は7日に開設された公式YouTubeチャンネル「HANYU YUZURU」で生配信されている。

正午にスタートした生配信は、開始直後から6万人以上が視聴。羽生は午後12時30分ごろにスケート靴に履き替え、氷の上での練習を開始。
ちょうど同じタイミングで視聴者数は10万人を突破した。

https://www.sanspo.com/article/20220810-MBKJGBLAJVF7VPLHKFMTV6OCHA/
サンスポ

【「SharePractice」羽生結弦さんの練習生配信 視聴者数は10万人突破】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/10(水) 15:35:56.16 ID:CAP_USER9
 フィギュアスケート男子の14年ソチ、18年平昌オリンピック(五輪)2連覇王者で、先月プロ転向を表明した羽生結弦さん(27)が10日、アイスリンク仙台で公開練習イベント「SharePractice(練習共有)」を実施した。

 プロになって初の活動を終えた後、記者団の取材対応。最後に、同じ1994年(平6)生まれの2大スターである、プロ野球大リーグのエンゼルス大谷翔平投手(28)が1918年年ベーブ・ルース(レッドソックス)以来104年ぶりに「2桁勝利&2桁本塁打」を達成したことを祝福した。

 「オールスターの取材の時(羽生さんがプロ転向を表明した直後で)わざわざ自分へのコメントくださって、ありがとうございました」

 「あらためまして、本当に、今の時代ではあり得ないような偉業を達成されたと思います。本当におめでとうございます。僕なんか足元にも及ばないですし、大谷世代と呼ばれるような世代にいられて本当に光栄です」

 「これからもぜひぜひ、大谷さんらしく頑張っていただきたいなって思うのと…僕もやっとプロの舞台に上がれたので、僕自身も精いっぱい頑張って大谷さんに追いつけるように頑張ります。たぶんできないと思うけど(笑い)。またお会いできたらうれしいです」

 【木下淳】

https://news.yahoo.co.jp/articles/2cd3944d885a1c067b02de3b6df3c3c49a4f2a63
毎日新聞

【五輪二連覇・羽生結弦「大谷世代と呼ばれるような世代にいられて本当に光栄」 プロ転向後初の活動で大谷の偉業を祝福】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/06(土) 16:06:16.87 ID:CAP_USER9
8/6(土) 15:33
スポニチアネックス

安藤美姫 「うつ病だったんじゃないかっていう時期があった」と告白 産後うつについて考え述べる

 プロフィギュアスケーターの安藤美姫(34)が、3日放送のABEMA「Abema Prime(アベプラ)」(月~金曜後9・00)に出演。かつて「うつ病」だったのではと思い当たる時期があることを明かした。

 「中高年のうつ病を考える」というテーマでスタジオで議論。安藤は「私の周りにもうつ病になった方がいらっしゃるんで、どういう理由でどのくらいのうつ病になってしまったかにもよるじゃないですか。こころの病気というのは、これからもっとケアしていかなきゃいけないことだと。10代のころから、ファンの方にもけっこう多くて、お手紙いただくことも多かった」と回想。

 さらに「アスリートって強い、立ち向かっていけるどんな苦悩も乗り越えるみたいなところがあるじゃないですか。うつ病になられた方みたいな症状は出なくても、もしかしたらうつ病だったんじゃないかっていう時期が自分にもあるんですよ。これから未来を背負っていくアスリートにとっても、メッセージ性のあるテーマだと思う」と自身の体験を踏まえて語った。

 また、親のうつによる子供への影響について「私の周りにも出産して、出産後のうつになった方がいらっしゃるんですけど。理由を聞くと、赤ちゃんがいることで周りとの接点が減ったとか、自分のフリータイムがなくなったとかって言う方がいて。なんでそうやってなるの?って聞いたら、やっぱり“お母さんだから”って言う方が多くて。でも、それって私はマストで“お母さん”になる必要はないと思うんですよ」と持論。「赤ちゃんが寝てる時は自分の時間だし、赤ちゃんがいても外に遊び行ったりとか、友達と交流があったりとか。考え方によっては、産後のうつってやり方次第で減らせると思う」と述べた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220806-00000184-spnannex-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/6dbbc71dc13879dd4ea41ae42c5c42bdbc5edb44

【安藤美姫「うつ病だったんじゃないかっていう時期があった」と告白 産後うつについて考え述べる】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/07(日) 19:01:39.06 ID:CAP_USER9
8/7(日) 18:38
デイリースポーツ

羽生結弦がYouTubeチャンネルを開設 1分11秒動画で「はじめまして」
 
 フィギュアスケート男子の14年ソチ、18年平昌五輪2連覇王者で、プロスケーターに転向した羽生結弦さん(27)が7日、YouTubeチャンネル「HANYU YUZURU」を開設したことを発表した。

 早速「はじめまして」のタイトルで1本投稿。「はじめまして、フィギュアスケーターの羽生結弦です。こちらは羽生結弦公式YouTubeチャンネルとなります。これからはこちらでも自分のスケートを、そして演技をみていただきたいなと思い、開設させていただきました。現在進行形でロゴやヘッダーを作っていただいています。ぜひ楽しみにしてください。またそちらが出来上がりましたら、改めてご挨拶の動画をあげさせていただきます。これから皆様の期待に応えることができるかわかりませんが、これからも一生懸命スケートを頑張っていきます。そして見て頂いた意味を何かしら感じていただけるように頑張っていきます。これからもよろしくお願いします」と、1分11秒の動画を投稿した。

 羽生は公式にツイッターやインスタグラムは開いておらず、これが初めて発信媒体となる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/aade9de9a0034fb6d43d31280faf6cc7eb245314

【“はじめまして”羽生結弦がYouTubeチャンネル「HANYU YUZURU」を開設】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/01(月) 16:55:56.61 ID:CAP_USER9
まいじつ 2022.07.29 17:32

7月19日に開かれた会見にて、プロ転向の考えを表明したフィギュアスケート男子の羽生結弦。この発表を受け、テレビ朝日は彼の選手人生を振り返る緊急特番を放送したのだが、思ったより世間は羽生への関心がないことが発覚してしまった。

19日の会見で羽生は、試合へ出ずにアイスショーを中心に活躍するプロスケーターへの転向を表明した。プロになるとメディア露出が増えることが予想されており、以前よりもさらに好感度が重要になってくるという。

しかし、7月23日にテレビ朝日が放送した特番『羽生結弦 感動をありがとう ~終わりなき挑戦~』は、民放キー5局の中で視聴率最下位を記録。特番にはプロ転向について語る羽生の姿や、これまでの軌跡が詰め込まれていたのだが、視聴者は興味をそそられなかったようだ。

視聴率で本当の人気が露呈…
「放送直後に視聴率の速報を出している『スイッチメディア』の関東地区データによると、同番組の個人視聴率は2.2%、世帯視聴率は3.9%という結果が出ています。全体の視聴率は悪い一方、年代・性別別で見ると『65歳以上女性』のカテゴリーの視聴率は程よく伸びていました。SNS上では若い女性からの人気があるように見える羽生ですが、実際のメインファン層は高齢女性ということが発覚してしまいましたね」(芸能ライター)

放送終了後、多くのメディアで同番組が低視聴率だったと報道されることに。そしてネット上では、

《もともと男性人気は壊滅的だったし、この結果には納得》
《本当にプロ転向でやっていけるのか…?》
《日本じゃなくて隣国で人気があるから、羽生さんは何にも気にしてなさそうww》
《フィギュアにも羽生結弦にも興味がない人が大半ってことよ。彼の言動が生理的に受けつけないって人も多そうだし…》
《羽生結弦、すごいとは思うけど言動が好きになれないんだよなあ》
《どこに需要があるのか分からなかったけど、私のこの感覚は間違ってなかったようだね》

などのコメントが飛び交っていた。

門出を祝うはずだった特番で不人気が露わになってしまった羽生。プロに転向し、これまでと違った魅力でファンを惹きつけられれば良いのだが…。

https://myjitsu.jp/archives/368896
https://i.imgur.com/sgKmhez.jpg

【羽生人気を支えるメインファン層が発覚「プロ転向ででやっていけるの?」と心配の声】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/24(日) 14:11:10.75 ID:CAP_USER9
羽生結弦緊急特番 意外にも視聴率は最下位
~実力ピカイチ 人気は・・・?~


7月19日に競技者としての引退を表明した羽生結弦選手。

テレビ朝日が4日後に、『羽生結弦感動をありがとう~終わりなき挑戦~』という緊急特番を放送した。

プロ転向に際して、これまでの軌跡を振り返りながら自らの言葉で未来を語る内容だった。
同選手をよく知る松岡修造・荒川静香・織田信成らとのトークと、同局が取材した映像で構成されていた。

ところが視聴率を放送直後に速報しているスイッチメディアの関東地区データでみると、NHK総合と民放キー5局の中では意外にも最下位だった。
冬季オリンピックで2大会連続金メダリストに輝き、各メディアも引退会見を大きく取り上げた話題の人だが、緊急特番は何故かあまり見られなかった。


その理由を、各種データから考察してみた。

7月23日の各局視聴率
羽生選手の緊急特番は、個人視聴率2.2%・世帯視聴率3.9%。

はっきり言って惨敗だ。

この夜の裏番組では、トップが日本テレビの『世界一受けたい授業2時間SP』で、個人5.8%・世帯9.0%。
緊急特番は半分にも満たない数字だった。

またNHKの『ニュース7』にはトリプルスコア、『ブラタモリ』やフジ『新しいカギ!2時間SP』とはダブルスコアに近い。
他にも『有吉のお金発見突撃!カネオくん』、テレ東の土曜スペシャル『かまいたちの名所名物先取り旅4』やTBS『炎の体育会TV』にも後塵を拝し、屈辱の最下位となってしまった。

同局の前4週平均と比べても3分の2ほどしか見られてない。

4週前『世界がわかる!動画祭り』、3週前『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』、2週前『池上彰のニュースそうだったのか!!』(以上は特番)、先週の『博士ちゃん』『ニュースそうだったのか』(以上はレギュラー)のいずれにも及ばなかったのである。


テレビ番組は、なぜ今放送するのかが問われる。
その意味では、競技者引退・プロ転向を表明したタイミングでの特番は、もう少し見られても不思議ではない。
残念ながら個人や世帯の視聴率からでは、本当の理由は全く見えてこない。


では個別の層の視聴率を検証してみよう。
まず年代別では、女性65歳以上ではまずまずの数字となったが、男性4~64歳では全層で最下位、女性4~49歳でも最下位だった。

どうやら羽生人気は高齢女性に支えられており、男性からの人気は壊滅的なようだ。

次に趣味趣向などの特定層で比べてみよう。

フィギュアスケートの選手だけあって、同種目を観戦するのが好きな人たちの間では横並び3位とまあ見られた。
ところがダンスやヨガをやっている人々の視聴率はブービー。スポーツに興味がある層では同率の最下位だった。

国際大会に出場した際には高い視聴率を叩き出すが、どうやらこれ個人に迫る番組には興味なしという視聴者が多かったようだ。


例えばタレント・芸能人に興味がある層も反応しなかった。
さらに娯楽番組が好きな人々の間では最下位に転落した。
番組の構成・演出がイマイチだったのかも知れないが、番組開始から90分以上最下位だったところを見ると、やはり羽生結弦選手に関心がないという視聴者が大多数だったようだ。


毀誉褒貶が激しいSNSの声

この辺りの事情は、SNSの声に表れている。
もちろん特番を評価する声も多数寄せられた。

「とってもよかった! 濃い二時間でした」
「プロアスリート羽生結弦様の笑顔が沢山見られて幸せでした」
「短期間でよくぞここまで… テレ朝様ありがとうございました」
「何だか元気になり、気持ちが前向きになり、もっともっと応援したくなりました」
「羽生結弦選手だけで2時間もつ凄さよ… 正直2時間でも足りないくらい」


ただしネガティブな声も少なくない。
傑出した存在にはアンチはつきものだが、19日の会見直後からそうした声がかなりあった。

「会見時の芝居がかった喋り方が苦手すぎる」
「マジであのナルシスト会見気持ち悪い」
「なんかいろいろ言ってたけど、何が言いたいのかよくわからんかった」

https://news.yahoo.co.jp/byline/suzukiyuji/20220724-00307065

>>2以降に続く

【緊急特番『羽生結弦 感動をありがとう』世帯視聴率3.9% 意外にも視聴率は最下位・・・個人視聴率は男性からの人気が壊滅的】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/21(木) 17:33:21.77 ID:CAP_USER9
芸能ニュース 2022年07月20日 13時50分

 プロフィギュアスケーターの安藤美姫が、20日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に生出演。昨日、競技生活から退き、プロ転向を表明する会見を開いた羽生結弦について言及した。
 
 昨日の会見を受けた形で、安藤は今後の羽生について「彼の場合はすでにアイスショーにたくさん出演されていますので、アイスショーだけではなく、今まで競技者として集中していた時間をテレビ出演だったりとか、いろんなイベントに出演する回数が増えると思います」と推測。また、「競技者として応援はできなくなるかもしれないですけど、羽生結弦さんという人として応援する場は凄く増える」と私見を述べた。

 >>安藤美姫に「下品過ぎる」「いろいろ無神経」ドン引きの声 『なりゆき街道旅』ロケ中の態度が物議<<
 
 ここで、みちょぱこと池田美優が「(羽生さんは)滑るのをやめるわけではないので、余計に身近に感じるんじゃないかなと思う」とした上で、「ファンの方はこれからの活動の方が楽しみなんじゃないかな」と期待した。これを受けて、安藤も「みちょぱさんが言ったように滑ることをやめるわけではない。それは羽生選手だったり、私も含めてですけれども、トップに行けた人なので」と述べたのだ。

 この時、彼女が発した「私も含めて」という言葉は「滑ることをやめたわけではない」に掛かっている言葉だったのかもしれないが、言い方の順序が間違っていたためか、ネットでは「自分も評価高いって括らないでもらっていいですかね」という指摘が。

https://npn.co.jp/article/detail/200022883

【安藤美姫、羽生結弦の会見受け「私も含めてトップに行けた人」誤解与える発言に指摘 アイスショーへの不満も?】の続きを読む

このページのトップヘ