SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

サッカー総合

1: 名無しさん@恐縮です 2021/09/13(月) 12:17:33.25 ID:CAP_USER9
「世紀の惨敗」だった。

 9月2日、W杯アジア最終予選第1戦に臨んだ日本代表は、格下のオマーン代表に0対1で敗れた。

「番狂わせというよりは完全な力負け。1カ月の事前合宿で日本対策を徹底してきた相手に対して、決定機さえほとんど作れませんでした」(サッカーライター)

 唯一の“見せ場”は、むしろ試合後にあった。

「0ー1という結果ですが、どう感じていますか」

 キャプテンの吉田麻也(33)に対して、単刀直入にそう切り込んだのは、昨年8月に現役を引退した元日本代表の内田篤人(33)。

「今年3月からテレビ朝日の『報道ステーション』でスポーツキャスターを務める内田は、東京五輪でも同局のレポーターを担当。元選手ならではの核心を衝いた質問が好評でした。日本代表の森保一監督も『ウッチーが相手なら』と予定外の取材に応じたほどサッカー界での信頼が厚い」(同前)

 この日はプライベートで“マイブラザー”と呼ぶほど仲がいい吉田に対して厳しい口調で迫り、「負けるべくして負けた」という言葉を引き出すと、最後にこう呼びかけた。

「本来なら結果がついてきてインタビューしたいんで、次はぜひ勝ってください」

 すると吉田は、「あの……」と何か言いかけたが、結局「はい、頑張ります」とだけ応じたのである。

「いつも冷静に喋る吉田にしては珍しい瞬間でした。相手が内田だったからこそ、本音を垣間見せたのでしょう。ネット上でも〈今日のMVPはウッチー〉といった声が溢れました」(同前)

現役引退会見でのバッサリ発言

 実はサッカー界きっての“直言居士”として知られる内田。昨年の現役引退会見では、「(日本と世界の差は)広がったなと思う、正直」とバッサリ。若手の海外挑戦についても、まずは国内で実績を残すべきとして「行きたきゃ行けばいい、今すぐ。どうせすぐ帰ってくるんだろうなと思います」と切り捨てた。

「その忖度のなさが取材者としての“突破力”になっている。現役引退後は、『何でもやってみよう』というスタンスで、キャスターのほか、ユニクロのCMにも出演して話題になりました」(スポーツ紙記者)

 日本サッカー協会では若年層の強化に関わる「ロールモデルコーチ」を務める。

「自分の経験を若手に伝えたいという想いは強い。18年のクラブW杯で、当時所属していた鹿島がレアル・マドリードに1対3で敗れたとき、若手の安部裕葵(ひろき・現バルセロナB)が号泣していた。それを見て、ウッチーが『オレにはその気持ちがわかる』と涙ぐんだんです」(同前)

 ウッチーの“突破力”を、日本代表も見習ってほしい。

週刊文春 9/13(月) 11:12
https://news.yahoo.co.jp/articles/bf7938f106e6a18be26ca8c9ab3b91fbb73c5ac3

写真
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210913-00048513-bunshun-000-1-view.jpg?w=426&h=640&q=90&exp=10800&pri=l

【“直言居士”内田篤人のバッサリ発言は以前からすごかった!若手の海外挑戦に「行きたきゃ行けばいい、どうせすぐ帰ってくる」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/09/12(日) 20:41:55.51 ID:CAP_USER9
 元Jリーガーの那須大亮氏が7日、自身のYouTubeチャンネルで「【最強高校生vs最強YouTuber】那須監督率いるWinner'sとインターハイ優勝・青森山田高校が真剣勝負!」と題した動画を公開した。その中で青森山田高のスタメンになるための条件の1つを取り上げている。

 今夏に青森県で「eFootball チャンネル」主催のイベントが行われ、那須氏は選手兼監督としてYoutuberで編成されたWinner'sを率い、岡田武史氏が指揮するJ-レジェンド、そしてインターハイ王者の青森山田と20分ハーフで対戦した。

 動画ではWinner'sが青森山田に0-6で敗れた試合後、那須氏が日本代表として2006年ドイツW杯に出場した坪井慶介氏と会話する様子が収められ、那須氏は第一声で「(青森山田は)やばいっす。彼らやばいっす」。試合を見ていた坪井氏も「やばくない? 久々にこんなの見たもん。プロでもあんなハイプレスしないんじゃない?」と脱帽した。

 続けて那須氏は「体エグいっすよ。びっくりしたっす、触って。スタンダードがベンチ80kg持たないといけないらしいんですよ。試合中、声かけて『本当なの? スタメン(ベンチプレス)80kg』って言って、『普通です』って言われて」とエピソードを告白。坪井氏は「やばいね。ちょっとレベル違うね」と驚いていた。

 その後、青森山田の選手たちと話す場面も収録されており、那須氏は「ちょろっとだけ聞いたんだけど、ベンチプレス80kg以上持たないとスタメン無理って」と質問。「90kgっす」「最低でも持てって監督に言われてますね」と聞くと、さらに驚きを示しつつ「セットプレーで上がってきた選手、俺何人かマーク付いたけど、めっちゃごついね、後ろのやつ。久しぶりにJの外国籍選手みたいな、日本人でもなんかこうセンターバックの屈強な選手をマークした感じの感覚ぐらいあった、(体の)厚みが」と、マッチアップした際に体感したフィジカルの強さを称えた。

 那須氏が率いるWinner'sを6-0で撃破した青森山田は、坪井氏のほか加地亮氏、久保竜彦氏、播戸竜二氏、石川直宏氏など元日本代表選手を擁するレジェンドチームにも5-0で大勝。夏の王者の貫禄を示した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4543fe0fb7c7f2da2c42a9021123a4056223c04d


【最強高校生vs最強YouTuber】那須監督率いるWinner'sとインターハイ優勝・青森山田高校が真剣勝負!
https://youtu.be/BjGSO16S7Tg

【「やばいっす。彼らやばいっす」元W杯日本代表も驚愕 青森山田スタメンになるための“最低条件”】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/09/13(月) 17:51:41.70 ID:CAP_USER9
サッカー元日本代表で経営者の本田圭佑選手(35)が2021年9月11日、自身のYouTubeチャンネル「Keisuke Honda / 本田圭佑」で生配信を実施し、
コナミのサッカーゲーム「ウイニングイレブン」における自身の能力値について物申す場面があった。

■「サッカーゲームで自身の能力が気になったことは?」という質問に回答

 「緊急報告...?! 切り抜きについてもお話しします。」と題して行われた生配信は、本田選手が視聴者の質問に答えたり、相談に乗ったり、時事問題に私見を述べたりするという内容だった。
その中で「サッカーゲームでの自身の能力など気になったことやチェックしたことはありますか?」という質問が寄せられた。

これに対して本田選手は「昔、めっちゃありますよ」と即答。2012年にサッカースクールを立ち上げて実業家としての第一歩を踏み出す以前は「サッカー以外何もしていなかった」とし、
その時期に「『ウイニングイレブン』とかやりまくってたんですよ」と明かした。

本田選手は「『ウイニングイレブン』をやってる時、もちろん自分を使うわけですよね。ほんでもう、能力が低いからふざけんなと。訴えたろかなと思って。
俺の試合ちゃんと見に来いと」と言い、「まぁ、100歩譲って足が遅いのはいいよ。でも、もっとパワーとか左足のキックとかやったら、
ほとんど世界トップレベルやから、それちゃんと載せとけよ、データに、っていう。そういうのを何回もゲームやりながら、自分を使ってブチギレてましたね」と述懐していた。

https://www.j-cast.com/2021/09/13420178.html
https://www.j-cast.com/assets_c/2021/09/news_20210913171408-thumb-645xauto-208984.jpg

【「世界トップレベルやから、ちゃんとデータに載せとけよ」元日本代表・本田圭佑、サッカーゲームの自分が能力低くてブチギレ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/09/14(火) 17:21:12.67 ID:CAP_USER9
サッカー元日本代表の本田圭佑(35)が14日、ツイッターを更新。この日夜9時半をめどにYouTubeライブ配信で移籍先について語ると明らかにした。11日にはYouTubeで複数のオファーがあることを明かし「(日本以外の?)9カ国目、決めようかと思っています」と話しているだけに、SNSでも発言が注目されている。

 日本時間の早朝にトレーニングで滞在していたロサンゼルスを離れたとツイートした本田は、午後4時半過ぎに「今日の21:30頃YouTubeライブ配信で移籍先について。(配信時間ズレるかもです)」とツイートした。

 コメント欄には「MLSカナ」「レアル・マドリードですか?」「どこに移籍しようと全力で応援します」「発表楽しみにしてます!」などの声が上がった。

中日スポーツ 9/14(火) 17:10
https://news.yahoo.co.jp/articles/9aa01c136e8b92219b70ac259ce6d6e4c4a4a80f

【元日本代表・本田圭佑 14日9時半から移籍先について語る!コメント欄「MLSカナ」「レアル・マドリードですか?」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/09/12(日) 15:27:59.38 ID:CAP_USER9
後半に菅澤が同点弾、塩越が逆転弾!

写真 
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210912-00097900-sdigestw-000-2-view.jpg?w=640&h=427&q=90&exp=10800&pri=l

日本初の女子プロリーグとして9月12日に幕を開けたWEリーグ。味の素フィールド西が丘で行なわれた日テレ・東京ヴェルディベレーザ対三菱重工浦和レッズレディースの一戦はチケット完売。名門同士のビッグマッチは、2-1で浦和Lが勝利した。

 お互いにボールを大事につなぎながら、攻守の切り替えも素早く、局面ごとに見応えのある攻防を展開。浦和Lの清家貴子がセットプレーのチャンスに惜しいヘッドを放てば、ベレーザの清水梨紗が果敢な攻め上がりから決定機を迎えるなど、それぞれが相手ゴールに迫るも、なかなかスコアボードが動かない。

 時間の経過とともにペースを握ったのはベレーザ。そして33分に均衡を破る。自陣からのロングボールに右サイドで抜け出した植木理子が、同じく走り出していた小林里歌子に横パス。小林はシュートを打つかと思わせて、ラストパスを選択。これを植木が確実に押し込み、ベレーザが先制に成功する。

 リードを奪われた浦和Lは、敵陣のバイタルエリアまではボールを運ぶものの、もうひと押しが足りず、前半は無得点で折り返す。

 迎えた後半、浦和Lが試合を振り出しに戻す。49分、右サイドを突破した安藤梢のクロスから、途中出場の菅澤優衣香が豪快なボレーで同点弾を突き刺す。
 
 その後は両チームともチャンスを作りながらも“2点目”が奪えなかったが、終了間際に浦和Lが勝負を決するゴールを奪う。88分、エリア内でキープした塩越柚歩が右足を振り抜き、逆転ゴールを叩き込む。

 試合はそのままタイムアップ。浦和Lが2-1でベレーザとの名門対決を制した。

サッカーダイジェスト 9/12(日) 15:23
https://news.yahoo.co.jp/articles/6a5b3e0f4f4aef7f81fc2bcb2a995a6601b0a0e3

【日本初の女子プロリーグ「WEリーグ」開幕 なでしこ塩越柚歩が値千金の逆転弾! 浦和Lが2-1でベレーザとの名門対決を制す】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/09/12(日) 23:01:16.77 ID:CAP_USER9
12日、日本初の女子プロサッカーリーグ「Yogibo WEリーグ」が開幕。第1節の5試合が行われた。

 オープニングゲームは、INAC神戸レオネッサと大宮アルディージャVENTUSの一戦。開始4分にI神戸のFW髙瀬愛実がリーグ第1号となるゴールを決めると、12分にはFW浜野まいかが追加点を挙げる。序盤から試合を支配したI神戸は、その後オウンゴールと浜野・髙瀬のそれぞれ2点目となるゴールで大宮Vを突き放し、5-0で試合は終了。I神戸が開幕節で圧勝を見せた。

 優勝候補同士の一戦となった日テレ・東京ヴェルディベレーザと三菱重工浦和レッズレディースの一戦は、東京NBがFW植木理子のゴールで先制し、試合はハーフタイムを迎える。迎えた後半、浦和は開始早々に生まれたFW菅澤優衣香のゴールで同点とすると、88分にMF塩越柚歩が逆転ゴールをゲット。注目の一戦は、アウェイの浦和が1-2で勝利を収めた。

 WEリーグ参入へ向け創設されたサンフレッチェ広島レジーナは、アウェイでちふれASエルフェン埼玉と対戦。9分、10分と立て続けにゴールを奪ったS広島Rは、後半にFW中嶋淑乃がダメ押しとなる3点目を決めた。0-3で白星を掴んだS広島Rは、歴史的な勝利を挙げている。

 アルビレックス新潟レディースとAC長野パルセイロ・レディースの“信越ダービー”は、アウェイのAC長野が1-3で勝利。また、マイナビ仙台レディース対ノジマステラ神奈川相模原はスコアレスドローに終わった。

 第1節の試合結果と順位表、そして第2節の対戦カードは以下の通り。

■試合結果
INAC神戸レオネッサ 5-0 大宮アルディージャVENTUS
日テレ・東京ヴェルディベレーザ 1-2 三菱重工浦和レッズレディース
マイナビ仙台レディース 0-0 ノジマステラ神奈川相模原
ちふれASエルフェン埼玉 0-3 サンフレッチェ広島レジーナ
アルビレックス新潟レディース 1-3 AC長野パルセイロ・レディース

■順位表
1位 I神戸(勝ち点3/得失点差+5)
2位 S広島R(勝ち点3/得失点差+3)
3位 AC長野(勝ち点3/得失点差+2)
4位 浦和(勝ち点3/得失点差+1)
5位 マイ仙台(勝ち点1/得失点差0)
5位 N相模原(勝ち点1/得失点差0)
7位 千葉L(勝ち点0/得失点差0) ※理念推進日のため未消化
8位 東京NB(勝ち点0/得失点差-1)
9位 新潟L(勝ち点0/得失点差-2)
10位 EL埼玉(勝ち点0/得失点差-3)
11位 大宮V(勝ち点0/得失点差-5)

■第2節の対戦カード
▼9月18日(土)
17:00 AC長野 vs 東京NB
18:00 S広島R vs マイ仙台
▼9月20日(月)
14:00 大宮V vs 新潟L
15:00 千葉L vs EL埼玉
17:00 浦和 vs N相模原

理念推進日:I神戸

9/12(日) 20:17 サッカーキング
https://news.yahoo.co.jp/articles/3395ae8d42b68df9e441bd2d8a2d0b9e67a99f26

【WEリーグが一斉開幕!第1節 I神戸、S広島R、浦和、AC長野が白星スタート】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/09/11(土) 22:55:01.94 ID:CAP_USER9
サッカー元日本代表MF本田圭佑(35)が11日、YouTubeライブを行い「本田圭佑、9カ国目の挑戦をおそらくします」と新しい所属先で現役を続行する意思を明らかにした。

「これまで日本を入れて8カ国でプレーしてきました」と切り出した本田は「何カ国かオファーをもらっていて。9カ国目決めようかなって思ってます」と明言。
ポルティモネンセ移籍が破談になった過去を踏まえて「何がどうなるか分からないし、サインもしていない」としつつ「僕の中でオファーを受けてみようかなと思っています」と語った。

移籍先、リーグについては言葉を濁したものの「9カ国目」としたことから日本など、これまでにプレーした国ではないとみられる。J復帰ではないことを暗に示しており、
古巣グランパス復帰を願うファンのコメントには「グランパスはそのうち吉田麻也が戻って皆さんを喜ばしてくれると思うんで。僕が戻らなくても」と冗談めかして答えた。

本田は、この日の昼過ぎに自身のツイッターを更新。「Liveはちょっとした発表もする予定です」と“予告”しており、
フォロワーたちの間では「楽しみ」「まさか日本復帰?」「移籍先か?」など、ちょっとした騒ぎになっていた。

 本田は6月にアゼルバイジャンのネフチを退団。自身のSNSでは現役続行の意思を示していたが、無所属の状態が続いている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cafaa48062e421a2b8271eee5299e67c265ebb0a

【「9カ国目の挑戦をおそらくします」本田圭佑、現役続行も日本復帰は“否定”】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/09/11(土) 17:16:51.61 ID:CAP_USER9
9/11(土) 14:50
東スポWeb


本田圭佑がユーチューブライブでサプライズを予告。ネット上で「日本復帰?」と大盛り上がり
本田圭佑(東スポWeb)
 ついに去就決断か。元日本代表のMF本田圭佑(35)は11日、同日午後10時から行う「YouTubeライブ」を前にツイッターを更新し「Liveはちょっとした発表もする予定です」とつぶやいた。

 本田は昨季限りでアゼルバイジャン1部ネフチ・バクーを退団。欧州の移籍期限となった8月31日に自身のSNSに「私の次の短期目標は、9か国目のチャレンジをして、ゴールを決めること」と書き込み、現役続行を示唆。その上で35歳という年齢もあって「でも、ほとんどのクラブは若い選手に興味を持っているので、思ったより簡単ではありません」とつぶやいていた。

 また、同時期には本田が実質的な代表監督を務めているカンボジアのメディアがマレーシア1部セランゴールが獲得への興味を示していることが報じられていた。それだけに本田のつぶやきについて、コメント欄には「気になる」「移籍?」「まさかのJリーグ復帰??」「Jリーグに!」「アフリカチームへの移籍」など去就についての書き込みが殺到していた。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210911-03622492-tospoweb-000-6-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/f0aa6bd59ce289f87a588d5a369a347bbe137d96

【日本復帰?本田圭佑がユーチューブライブでサプライズを予告。】の続きを読む

このページのトップヘ