SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

サッカー総合

1: 名無しさん@恐縮です 2021/04/19(月) 19:11:31.33 ID:CAP_USER9
サッカー界に激震が走った欧州スーパーリーグ(ESL)構想で独自のW杯創設プランも進んでおり、日本代表にも大きな影響が出てきそうだ。

ESLがついに正式に発足し、サッカー界の各方面で大きな波紋を呼んでいる。そうした中でESL側は「初代会長であるレアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長は、
UEFA(欧州サッカー連盟)とFIFA(国際サッカー連盟)による制裁措置としてW杯への出場が許可されない場合は、独自のW杯を創設する」と表明した。

ESLの構想段階だった1月にFIFAと各大陸連盟は、ESL参加クラブの所属選手はW杯や各大陸選手権で出場禁止にする方針を発表。それならばと対抗案として独自のW杯を開催しようというわけだ。

W杯の出禁問題は日本代表にも大きな影響を及ぼす。参加クラブであるRマドリードは現在ヘタフェに期限付き移籍中のMF久保建英(19)、
リバプールはサウサンプトンに期限付き移籍中のMF南野拓実(26)をそれぞれ保有している。このままESLが突き進めば、日本のスターコンビがW杯に出場できなくなる。

さらにDF冨安健洋(22=ボローニャ)は同構想に参加予定のACミランへの移籍が取りざたされており、実現すればこちらもアウトになってしまう。
主力を欠いてW杯に臨むのか、はたまた日本代表も2チームに分裂するのかという非常事態になる。

 もちろんこの問題は世界各国の強豪国にとっても同様。ESLの強行はサッカー界を分断する事態を招きそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7621e561aadbca0f1ae557525f68be51dc7940e0

【サッカー界が分断!? 欧州スーパーリーグが独自の新W杯創設表明】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/04/19(月) 15:47:04.35 ID:CAP_USER9
ヨーロッパを代表する12のクラブは18日、欧州スーパーリーグの創設で合意したことを発表した。

かねてから噂されていた欧州スーパーリーグ構想。
様々な物議を醸し、UEFAは報道を受けて「UEFAや各リーグ連盟は、数クラブが閉鎖的ないわゆるスーパーリーグ創設を発表しようとしていることを知った。我々は少数クラブの私利私欲に基づく冷笑的なプロジェクトを阻止するため、司法とスポーツ両面からあらゆるレベルで利用可能な手段を使っていく。
当該クラブは国内、欧州、世界規模のあらゆる大会への出場が禁止され、所属選手は代表チームへの出場機会を失う可能性もある」と、強烈なメッセージを持って断固反対する姿勢を示している。

しかし18日、欧州スーパーリーグ構想をけん引し、フロレンティーノ・ペレス会長が初代チェアマンとなったレアル・マドリーが声明を発表。創設を明らかにし、12クラブが同意したことなどを明らかにした。

「欧州における最重要の12クラブは今日、新たな大会、スーパーリーグ創設で合意したことを発表する。この大会は創設クラブで運営することになる」

「アーセナル、アトレティコ・マドリー、チェルシー、バルセロナ、インテル、ミラン、ユヴェントス、リヴァプール、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリー、トッテナムが大会の創設クラブとなる。可能な限り早くスタートさせる創設シーズンに、さらに3クラブが招待され、私たちと結束することになる」

「創設クラブはこれからUEFAとFIFAと継続的に話し合い、スーパーリーグ、世界のフットボールのためにとして最善の解決法を見つけ出すことを期待している」

なお大会方式は、15クラブが創設クラブとして、そして前シーズンの成績に応じて毎年5クラブが予選を経て参加。計20クラブが、2つのグループに分かれてホーム&アウェイ方式で対戦する。毎年8月にスタートし、全試合がミッドウィークに開催。参加クラブは国内リーグ戦も戦う。
各グループの上位3チームに加え、4位と5位チームもプレーオフを経て準々決勝に進出。決勝トーナメントは2レグ制で、5月末に行われる決勝戦は中立地での一発勝負となる。
さらに男子創設後、可能な限り早く女子スーパーリーグも創設することになるようだ。

4/19(月) 8:35
GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/73c65f11d02ac8c561df834cd2121641001f779b

【欧州スーパーリーグ創設が正式発表!欧州主要12クラブが合意 UEFAは断固反対の姿勢】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/04/18(日) 20:53:26.01 ID:CAP_USER9
 類まれな決定力を誇るドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドは、スピード面でもブンデス最高レベルであることが分かった。ドイツ王者バイエルン・ミュンヘンの俊足DFアルフォンソ・デイビスを超えるスピード記録を打ち立てたという。

 ハーランドは、2020年1月にオーストリア1部レッドブル・ザルツブルクからドルトムントに移籍。加入当初からゴールを量産してレギュラーポジションを不動のものとすると、今季は公式戦35試合で33得点をマークしている。

 左足の強烈なキックや身体能力の高さを生かしたパワフルなプレーが持ち味とするハーランド。その決定力だけでなく、スピードもまさに規格外だ。

 ブンデスリーガ公式サイトによると、ハーランドは現地時間10日に行われたリーグ第28節シュツットガルト戦(3-2)において、時速36.04キロメートルを記録。バイエルンのカナダ代表DFデイビスが記録した時速35.9キロメートルを抜き、今季の“ブンデス最速記録”を更新した。

 バイエルンのデイビスと言えば、今年2月のビーレフェルト戦で日本代表MF堂安律を背後から追い抜く驚異のスピードを見せたことでも話題を呼んだサッカー界屈指のスプリンターとして知られるが、ハーランドがそれを上回るスピードを示したようだ。

 なお、2011年にデータ測定が始まって以降での歴代記録ではデイビスが昨シーズンの第32節ブレーメン戦で記録した時速36.53キロメートルが1位とされている。ハーランドがブンデス史上最速の“スピードキング”になる日も近いのかもしれない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8cae176e8fd78a13e22a492660e0511f7f7610da

【ドルトムントの怪物ハーランド、今季の“ブンデス最速記録”を更新】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/04/16(金) 19:36:44.09 ID:CAP_USER9
「~君」、「~ちゃん」。あるいは「~さん」、「~先輩」。サッカー経験者ならば、前者の方がしっくり来るのではないだろうか。
年長者への呼び方だ。私自身もサッカーをかじっていた身として、昔から先輩に対して「~君」、「~ちゃん」が日常だった。自身だけでなく、周りもそれが当たり前だった気がする。

「ピッチ上に立てば、年齢なんて関係ない」。

そんな言葉を聞いた覚えもある。試合中。スペースを見つけ、走りだす-。逆サイドがフリーの状態で、ボールを呼び込む-。「~さん」、「~先輩」とは呼ばなかった。
周りも含めて「~君」、「~ちゃん」。年長者に対して、要求していた。それはピッチを離れても。学校生活でも、そんな“風習”は身についていた気がする。

浦和の「しんちゃん」の場合は少し違ったようだ。先日、浦和MF阿部勇樹(39)、FW興梠慎三(34)、GK西川周作(34)、DF槙野智章(33)が、
23日に公開される劇場版最新作「映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園」のコラボイベントにオンライン上で登場した。

映画の内容にちなみ「青春」について盛り上がる中、4人の中で唯一、高校サッカー出身の興梠は「ユースの子たちは、先輩に『~君』とか言うけど、俺らだったら考えられなかった。そんなことしたら、恐ろしい…」と“ほろ苦い”青春時代を懐かしみ、笑った。
もちろん、試合中となれば状況は別だろうが。広島の下部組織出身の槙野は「たしかに『~君』、『~ちゃん』とかだね」と返答した。

野球界では上下関係は絶対。年長者には「~さん」が当たり前。プロ野球でも、後から入団した選手が年上であれば、呼び方は決まって「~さん」。サッカー界の独特な習わしなのかなと思う。

私自身、ユース出身でもなければ、興梠(宮崎・鵬翔高)のようなサッカー強豪校出身でもない。冒頭にあるように、「かじっていた」だけである。昨年11月にプロ野球担当からサッカー担当に異動してきた。
球場で聞いていた「~さん」から、ピッチ上で耳にする「~君」…。どこか懐かしい思いを胸に抱き、日々の取材活動にいそしんでいる。【栗田尚樹】

https://www.nikkansports.com/m/soccer/column/writers/news/202104160000640_m.html?mode=all

【先輩に「~君」、「~ちゃん」。野球界とは違うサッカー界の独特な“風習”】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/04/16(金) 07:18:57.38 ID:CAP_USER9
ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝セカンドレグが15日に各地で行われた。

 マンチェスター・Uはホームでグラナダと対戦した。6分にFWエディンソン・カバーニが鮮やかなボレーシュートで先制点を決めると、90分に相手のオウンゴールで2-0の完封勝利。マンチェスター・Uは2試合とも2-0で連勝し、2シーズン連続の準決勝進出を決めた。

 アーセナルは敵地でスラヴィア・プラハに快勝した。18分にFWニコラ・ペペが先制ゴールを挙げると、21分にFWアレクサンドル・ラカゼットがPKで追加点。24分にはFWブカヨ・サカが3点目を決めて怒涛の得点ラッシュを見せる。さらに77分にラカゼットがダメ押しゴールを挙げて、4-0の快勝。アーセナルが2戦合計5-1で2シーズンぶりのベスト4入りを果たした。

 ビジャレアルはホームにディナモ・ザグレブを迎え、36分にFWパコ・アルカセルが先制点を決めると、43分にはFWジェラール・モレノが追加点。74分にはFWミスラフ・オルシッチの得点でザグレブに1点を返されたが、このまま2-1で勝利。ビジャレアルが2戦合計3-1で5シーズンぶりのベスト4進出を決めた。

 ローマはホームでアヤックスと対戦。後半に入って49分にFWブライアン・ブロビーの得点でアヤックスに先制を許したが、72分にFWエディン・ジェコがゴール前のこぼれ球を押し込んで同点に追いついた。試合はこのまま1-1で終了し、ファーストレグを2-1で制していたローマが2戦合計3-2で準決勝に駒を進めた。

 準決勝ではマンチェスター・Uとローマ、ビジャレアルとアーセナルがそれぞれ対戦する。準決勝のファーストレグは4月29日、セカンドレグは5月6日に行われる。

▼EL準々決勝2ndレグの結果
ビジャレアル 2-1(2戦合計:3-1) ディナモ・ザグレブ
ローマ 1-1(2戦合計:3-2) アヤックス
スラヴィア・プラハ 0-4(2戦合計:1-5) アーセナル
マンチェスター・U 2-0(2戦合計:4-0) グラナダ

▼準決勝の対戦カード
マンチェスター・U vs ローマ
ビジャレアル vs アーセナル

https://news.yahoo.co.jp/articles/3383939cd421eebdfabcbc7fb3100cf181411691

【ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝セカンドレグ マンチェスター・U、アーセナル、ビジャレアル、ローマが4強入り!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/04/15(木) 18:09:17.70 ID:CAP_USER9
http://news.searchina.net/id/1698411?page=1
 中国のポータルサイト・百度に14日、中国の若手サッカー選手が海外のクラブからオファーを受けない一方で、日本の選手にはどんどんオファーが届く理由について分析した記事が掲載された。

 記事は、次の世代を担うU-23の日本人選手と中国人選手の各種データを比較。その中で、海外のクラブに所属している選手の割合で日本と中国の間に非常に大きな差が生じていると伝えた。そして、海外のクラブから日本人選手に次々と声がかかる理由を3つ挙げて考察している。

 まず、海外のクラブが日本人選手の培われたポテンシャルを大いに買っている点を挙げた。その背景にはかねてより広く知られている日本の青少年育成能力の強さがあるとし、この部分が弱い中国の選手には自ずとと海外のクラブも興味を示さないのだと伝えた。

 次に、日本のサッカー人口が非常に多いことを指摘。実力の抜きんでた選手が海外からオファーを受けるだけでなく、必ずしも実力が高くない若手選手が日本国内での激しい競争を回避し、敢えて海外の二流、三流リーグに所属して活路を見出そうとするケースも少なくないとしている。

 そして、3つめには、日本のクラブが積極的に国際協力に取り組んでいることに言及。例えば、ヴィッセル神戸はFCバルセロナと緊密な関係をもっており、イニエスタ選手のようなスター選手が移籍してくる一方で、海外クラブ側も日本の選手に対する関心を強め、優れた選手の発掘に乗り出すのだと伝えた。

 記事は最後に、日本が国内で質の高いユース選手を育て上げ、海外のクラブに送り込んでさらに実力を高め、潜在能力を開花させるという良好な育成体系を持っているとし、日本と中国のU-23選手との間に大きな実力差が生まれるのも当然のことなのだと結んでいる。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

【なぜ海外のサッカークラブは日本選手を受け入れ、中国選手に興味を示さないのか】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/04/13(火) 16:08:41.17 ID:CAP_USER9 BE:586315354-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
4/13(火) 15:58
スポニチアネックス

「JFAユニクロサッカーキッズ」のキャプテンに元日本代表DF内田篤人氏が就任
元サッカー日本代表の内田篤人氏
 日本協会は13日、ユニクロの特別協賛のもと03年から開催している「JFAユニクロサッカーキッズ」のキャプテンに、元日本代表DF内田篤人氏(33)が就任したと発表した。日本協会とユニクロは今後、内田氏とともに、スポーツを通じて子供たちの夢や自立心を育み、より良い地域社会の実現を目指して活動を続けていく。

 この日就任会見に出席した内田氏は「僕がプロサッカー選手になって活躍できたのも、サッカー界、スポーツ界を支えてくださった皆さんがいたからこそ。今度は僕が次の世代に繋げる。それが使命だと思っています。僕がサッカーを始めたきっかけは、キングカズさん(横浜FCのFW三浦知良)。今度は僕がそういった憧れの存在になれるように、もう一度鍛え直して、お手本となるようなプレーがでれば」と意気込みを語った。

 「JFAユニクロキッズ」は03年に「JFAキッズプログラム」の一環としてスタート。株式会社ユニクロの特別協賛のもと、6歳以下(主に5~6歳)の未就学児向けのミニサッカーフェスティバル「JFAユニクロサッカーキッズ」を全国で実施。少人数制のミニサッカーを通じて、子どもたちがスポーツを楽しみながら自立心やチームワークを身につけられる機会を無償で提供している。これまで約28万人が参加。かつてはヘタフェの日本代表MF久保建英(19)も参加したこともある。

 19回目となる21年度の「JFAユニクロサッカーキッズ」は、6月27日に新潟の「デンカビッグスワン」で実施される初回を皮切りに、内田氏ともに全国15個所で開催される予定だ。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210413-00000179-spnannex-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/50a1fd580dcefb45b3619a28624578ef6ea0fde3

【「JFAユニクロサッカーキッズ」のキャプテンに元日本代表DF内田篤人氏が就任】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/04/15(木) 13:04:18.02 ID:CAP_USER9
 21世紀に現役時代を過ごしていたら、ヨーロッパでプレーしていただろう。それだけではなく、5大リーグで得点王を争っていたかもしれない。4月15日に77歳の誕生日を迎えた釜本邦茂は、間違いなく日本サッカー史上最高のストライカーだ。

1試合平均で「0.805点」 ケタ違いの得点率
 1968年のメキシコ五輪でアジア人初の得点王を射止め、銅メダル獲得の立役者となった。日本サッカーリーグ(JSL)では、得点王に7度も輝いている。

 JSLでの得点率はケタ違いである。251試合出場で202ゴールを決めた。1試合平均で0.805点になる。

 4月13日時点でJ1リーグ最多得点の大久保嘉人(セレッソ大阪)は0.416、同2位の佐藤寿人は0.399、同3位の興梠慎三(浦和レッズ)は0.355である。中山雅史は0.442、カズこと三浦知良(横浜FC)は0.426で、小林悠(川崎フロンターレ)は0.419だ。釜本の得点率が、驚異的だったことがうかがえる。

 日本代表の国際Aマッチでは、76試合出場で歴代1位の75ゴールをマークした。格下相手に得点を稼いだ試合もあるが、PKによる得点はひとつもない。通算55点で歴代2位のカズが、PKで9点を上積みしているのとは対照的だ。

 さらに言えば、釜本が代表で稼働した60年代から70年代は、クラブチーム相手の試合が多かった。現在のように日本代表の活動が国際Aマッチで統一されていれば、通算得点は100を超えていただろう。

「点取るポジションの人は余計なことをせんでええ」
 かくも圧倒的な数字を残してきたのだ。釜本の言葉には説得力がある。ストライカー論では、本質にズバリと切り込む。

「相手の攻撃になった局面で、こっちに強烈なFWがいたら、守備側はひとりじゃなくてふたり残すでしょ。ふたり残すことができるなら、そのFWは守備に戻らなくてもいい。相手の圧力になっているんだから。いまのFWは守備のスライディングもよくするけど、僕なんてしたこともない。これは僕らの時代の古い考え方かもわからんけど、点取るポジションの人は余計なことをせんでええ。そのかわり、点取らなあかん。チームのために守備をする力の何割かを、得点を取ることに向けてええんちゃうの、と思うね」

 自分が取るというメンタリティは、FWなら誰もが持っているはずである。「それはそうやろ」と釜本も頷くが、「問題はその気持ちが弱いのや」と続ける。

「FWは痛がっちゃいけない。蹴とばされても平気な顔をしないとあかんのですよ。そりゃ痛いですよ。でも、DFに痛い顔を見せたらあかん。僕はね、自分をマークする選手には、『いつまでも後ろからガツガツやっとったら、俺が後ろに回ったら絶対にやっつけるからな』と言っていた。それぐらいの気持ちでやらないと、ゴール前では戦えないですよ」 

https://news.yahoo.co.jp/articles/8d476cad25120039cc2fc90b94915da229557cec

【“日本史上最高ストライカー”釜本邦茂77歳に「釜本2世と言える選手はいましたか?」と聞いてみたら……】の続きを読む

このページのトップヘ