SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

水泳

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/04(木) 22:19:33.32 ID:HFFQf8Mz9
競泳 入江陵介が現役引退を表明 ロンドン五輪で銀メダル
2024年4月3日 14時33分 NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240403/k10014411301000.html
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240403/K10014411301_2404031150_0403120841_01_02.jpg


ロンドンオリンピックの競泳・男子200メートル背泳ぎで銀メダルを獲得し、長年、日本の競泳陣を引っ張ってきた34歳の入江陵介選手が現役を引退することを表明しました。

入江選手は、5大会連続のオリンピック出場を目指していましたが、3月に行われたパリオリンピックの代表選考の大会で内定を逃していました。

34歳の入江選手は、ロンドンオリンピックで200メートル背泳ぎでの銀メダルを含む3つのメダルを獲得するなど、美しいフォームを持ち味に日本の背泳ぎを引っ張ってきたトップスイマーで、3月、パリ大会の代表選考の大会に臨みましたが惜しくも届かず、5大会連続のオリンピック出場を逃していました。

入江選手は3日、都内で会見を開いて現役を引退することを表明し「やりすぎたくらい、よくやったなと、自分に言ってあげたい。高校2年生から18年間、日本代表として戦うことができて本当に幸せだった。パリオリンピック出場という夢はかなえられなかったが、ここまでチャレンジをすることができ、最後の引退レースを東京の地で、たくさんの人の目の前で泳ぎ切れたことは幸せな瞬間だった」と話しました。

そして「すっきりした気持ちと、どこか悔しい気持ちと、いろいろな感情が混ざっている。水泳がこれからないことが、うれしいけれどさみしい気持ちもある」とことばを詰まらせる場面もありました。

また、届かなかったオリンピックでの金メダルへの思いについては「北京大会やロンドン大会で、金メダルを取りたかった気持ちはあるが、もしそこで取っていたらこの年まで続けることなく、もっと早く引退していたと思う。その間にたくさんの出会いがあったので、それは続けてきたからこそ得られたものだと思う」と話していました。

最も印象に残るレースについては、北島康介さんなどとともに銀メダルを獲得した、ロンドンオリンピックの男子400メートルメドレーリレーをあげ「4人でつないだ気持ちがこの種目で初の銀メダルにつながり、喜びもあったが、観客席を見た時に、日本チームみんなが飛び跳ねて泣いて喜んでくれたシーンを今でも鮮明に覚えている」と振り返りました。

今後はトップ選手のサポートや、子どもたちの水泳指導、それに大学院への進学などを考えているということで「幅広く活動して、水泳の楽しさや水に触れ合う楽しさ、スポーツのすばらしさを伝えていきたい」と次の目標を語りました。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

【競泳・入江陵介が現役引退を表明 ロンドン五輪で銀メダル】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/22(金) 23:33:53.61 ID:MZxs7kNs9
<競泳:パリオリンピック(五輪)代表選考会>◇第6日◇22日◇東京アクアティクスセンター◇男子200メートル背泳ぎ決勝

 12年ロンドン五輪銀メダルの入江陵介(34=イトマン東進)の日本競泳初の五輪5大会連続出場が絶望的となった。決勝で1分58秒37の3位となり、五輪内定条件を満たせなかった。途中まで2位をキープも、ラスト50メートルで失速した。

 ◇  ◇  ◇

 五輪切符を逃した。それでも入江の表情には充実感がにじんだ。「やれることはやった。最後は自分をほめてあげたい」とうなずいた。

 「集大成」と位置づけて臨んだ決勝。派遣標準(1分56秒92)を切るペースで2位をキープしていたが、終盤に失速して3位でゴール。五輪5大会連続出場が絶たれた。「16歳の時からずっと代表に入ることが当たり前だった。代表から落ちて、こういう気持ちになるのは人生初めて。不思議な感覚」と表現した。

 19日の100メートル決勝では2位に入るも、派遣標準を突破できず代表権を逃した。1位になれなかったことで、メドレーリレーでの代表入りも絶望的。この日の200に懸けていたが及ばなかった。「競泳日本代表は自分にとって家族のような場所。そこに入れないのはすごく寂しい」と素直な思いも口にした。けがやメンタル面の不調もあり、思うような練習をこなせなかった。「本当にしんどい1年間だった。心技体は大切だと感じた。こういう経験を後輩たちに伝えていくのが自分の役目かな」とかみしめた。

 レース直後には、隣のレーンでパリ切符をつかんだ竹原と抱擁を交わして祝福した。「タケちゃんとは、2人でパリに行こうとずっと話をしてきた仲。この勢いのまま頑張ってほしい」とエールを送った。

 今後については「今は何か明言できる場ではない。自分だけで何か伝えるのはまだ早い」と話すにとどめた。それでも「やり残したことはない。やりすぎちゃったかなって思っています」。全力で泳ぎ切った顔は晴れやかだった。【奥岡幹浩】
https://news.yahoo.co.jp/articles/1d7f98742509420084c065994d498405b3d0de0c
日刊スポーツ

【入江陵介(34)、日本競泳界初の五輪5大会連続出場が絶望的 内定条件満たせず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/23(土) 21:32:16.04 ID:gXL57cLH9
2024年3月23日 21時3分

◆競泳 ▽パリ五輪ほか国際大会代表選手選考会 第7日(23日、東京アクアティクスセンター)

 男子200メートル個人メドレー決勝が行われ、瀬戸大也(CHARIS&Co.)が2016年リオ五輪から3大会連続となる五輪代表に内定した。日本水連が定める派遣標準記録(1分57秒51)を突破し2位以内を死守。本命の400M個メでは派遣記録を突破出来ず涙を飲んだが、200Mで意地を見せた。

 瀬戸は27歳で迎えた21年の東京五輪、本命の400Mは金メダル候補。しかしまさかの予選9位で決勝に進めず、バタフライとの出場3種目でメダルなしに終わった。パリ五輪に向けては、22年春から五輪金メダリストを育てた東海大の加藤健志コーチに師事。400Mで銅メダルを獲得した昨夏の世界選手権(福岡)後にはオーストラリアに渡り、マイケル・ボール氏の指導の下練習を積んできた。

 個人メドレーとバタフライの3種目に挑んだ今大会、2日目の400Mでは、宇都宮南高3年の松下知之(スウィン宇都宮)に逆転を許し2位で、派遣標準記録にもわずか0秒21届かなかった。200バタでも代表権を逃し、背水の陣で挑んだ200個メで代表権を奪取。「プレッシャーはない。マイケルにかわってやれることはやったし、これで選ばれなかったら仕方ない」と語っていた瀬戸が、持ち前の勝負強さで東京の雪辱のチャンスをつかんだ。

https://hochi.news/articles/20240323-OHT1T51276.html?page=1

【瀬戸大也、200個メでパリ五輪内定! 3大会連続、メダルなしに終わった東京の雪辱へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/19(火) 05:28:46.62 ID:0zFy0PEq9
池江璃花子 パリ五輪切符つかんだ!本命100バタ2位も「泣いていない自分に驚いている」17歳の平井V
3/18(月) 20:27 スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/d985c7263e69f599b70551b8dc30900ea539ccfe


 ◇競泳 パリ五輪代表選考会第2日(2024年3月18日 東京アクアティクスセンター)

 池江璃花子(23=横浜ゴム)が本命種目の女子100メートルバタフライ決勝で派遣標準記録57秒34を突破。3大会連続の五輪出場を決め「言葉にならないくらいうれしいです」と璃花子スマイルを見せた。1位は56秒91で平井瑞希(17=アリーナつきみ野SC)。2人が代表切符を決めた。

 最後までレースを引っ張り、最後は17歳の新星・平井に差されたが、57秒30で派遣標準記録を突破し2位。ギリギリの接戦を制し、両腕で大きくガッツポーズした。

 レース後、平井の横で笑顔を見せた池江は「言葉にならないくらいうれしいです。3番との差がギリギリだったので、タッチ差で勝てのは良かった。自分のレースを貫きました」とホッとした表情。「泣いていない自分に驚いている。達成感が大きい。神様が味方してくれた。改めて水泳に出合えて良かったと思う。もっともっと上にいきたい」と明るい声で語った。

 予選で復帰後ベストを0秒14更新する57秒54で全体2位通過すると、準決勝は57秒03で全体1位通過。決勝でも闘志あふれる泳ぎを見せ、璃花子スマイルを咲かせた。

 ちょうど4年前、20年3月17日に白血病から復帰後初めてプールに入った。19年12月の退院時に掲げた目標は「パリ五輪でメダル」。復帰直後は順調にタイムを伸ばしたが、21年東京五輪に出場後は伸び悩み「現実はそんなに簡単ではない。パリでメダルと言ったけど大丈夫かな」と頭を抱える時期もあった。

 昨年10月に「もう一度、世界一を目指したい」と練習拠点をオーストラリアに移し、多くの有力選手を教えるマイケル・ボール氏に師事。計画的な筋力トレで体重は3キロ近く増えた。入水直後のキックのテンポを上げるなどスタートも改善。最初の15メートルのタイムは0秒2近く上がった。

 復帰後の自己ベストを意識していた過去の姿はない。拠点変更後は白血病前の18年に出した日本記録の56秒08を意識。その真の自己ベストにも1秒以内に迫った。今大会は50、100メートルの自由形にも出場予定。念願のパリ行きを決め、さらに強い「池江璃花子」を証明していく。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

【池江璃花子、パリ五輪切符つかんだ!本命100バタ2位も「泣いていない自分に驚いている」17歳の平井V】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/18(月) 06:30:57.66 ID:pmHlKxR49
池江璃花子、パリ五輪代表選考会の100mバタフライ1位で決勝進出…復帰後のベスト更新
3/17(日) 19:22 読売新聞オンライン
https://news.yahoo.co.jp/articles/e8a6cade2f4dfa96b6306c5f5f6847c2af03b46e


 競泳のパリ五輪代表選考会が17日、東京アクアティクスセンターで開幕。

 女子100メートルバタフライは準決勝が行われ、白血病からの復活を懸ける池江璃花子(横浜ゴム)は五輪派遣標準記録を上回る57秒03を記録。全体1位で18日の決勝に進んだ。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

【池江璃花子、パリ五輪代表選考会の100mバタフライ1位で決勝進出 復帰後のベスト更新】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/18(日) 19:55:02.66 ID:FJ84F44o9
日刊スポーツ[2024年2月18日19時23分]
https://www.nikkansports.com/sports/news/202402180001280.html

<競泳:コナミオープン>◇最終日◇18日◇東京アクアティクスセンター◇女子100メートル平泳ぎ決勝

2大会ぶり3度目の五輪(オリンピック)出場を目指す鈴木聡美(33=ミキハウス)が頂点に立った。

1分7秒42を記録し、2位の宮坂倖乃(コナミスポーツ)を0秒10差で振り切った。1分6秒台を目指していたと振り返りつつ「非常にいい練習を積めているんですが、細かな部分がまだかみ合っていない。土台はしっかり作り上げてきている。『残りの1カ月間で修正できれば』と思えるような、ちょっと課題の残るレースでした」と評した。

3月17日開幕のパリ五輪代表選考会(東京)では派遣標準記録(1分6秒47)を突破し、上位2位以内で五輪切符をつかむ。残り1カ月となる勝負の舞台に向けて「昨年からのトップスピードを生かせるような泳ぎをしたいですし、早く私も(日本記録1分5秒19を持つ)青木(玲緒樹)選手に続いて1分5秒台を出す選手になって、選考会で代表権を勝ち取りたいです」と誓った。【松本航】

【【競泳】33歳の鈴木聡美が100平泳ぎV「選考会で代表権を」3度目挑戦のパリ五輪へ気合】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/15(木) 15:46:56.16 ID:CVs3/+nQ9
今月2日からカタール・ドーハで開かれている世界水泳選手権。

出雲市出身の加藤理選手含む日本のチームが、14日、メドレーリレーに出場し、パリオリンピックの出場枠を獲得しました。

世界水泳では4種目にエントリーし、14日、男女混合メドレーリレーに出場しました。

加藤選手は、予選4組、第1泳者で登場。

序盤出遅れますが何とかくらいつき54.3秒でフィニッシュ!

続く選手にバトンをつなぐと、日本は、最終全体6位で決勝進出を決めました。

決勝では、惜しくも8位となりましたが、日本はパリオリンピックの男女混合メドレーリレーの切符を見事獲得しました。

加藤選手がパリオリンピックで代表に選ばれるかは未定ですが、初めての大舞台で大健闘。加藤選手の残る2種目での活躍に注目です。

https://newsdig.tbs.co.jp/articles/bss/999787
2024年2月15日(木) 12:07
山陰放送

【世界水泳 競泳日本・男女混合4×100m メドレーリレーでパリの切符獲得】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/15(木) 08:03:57.18 ID:CVs3/+nQ9
【ドーハ=共同】水泳の世界選手権第13日は14日、ドーハで行われ、競泳男子200メートルバタフライ決勝で、22歳の本多灯(イトマン東京)が1分53秒88で泳ぎ、金メダルを獲得した。この種目で日本勢初の世界選手権制覇。

東京五輪で銀メダルに輝いた本多は、世界選手権は昨年の福岡大会まで2大会連続で3位だった。今大会は昨年王者のレオン・マルシャン(フランス)は出場していない。

男子200メートル個人メドレー準決勝では瀬戸大也(CHARIS&Co.)が1分57秒85の全体4位で決勝進出。阿部力樹(セントラル横浜)は1分59秒60の10位で落選した。

混合400メートルメドレーリレー決勝の日本(加藤、広島、飯塚、池本)は3分47秒60で8位だった。

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOKC150DB0V10C24A2000000/
2024年2月15日 7:51

※依頼あり
◆芸スポ+スレッド作成依頼スレ★1679 [muffin★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1707895167/148

【世界水泳 本多灯が200バタで「金」 日本勢初】の続きを読む

このページのトップヘ