SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

競泳

1: 名無しさん@恐縮です 2021/04/05(月) 09:19:29.18 ID:CAP_USER9 BE:586315354-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
4/5(月) 9:12
スポーツ報知

安倍晋三前首相、池江璃花子の五輪代表を祝福「感動と勇気をありがとう」
安倍晋三前首相(ロイター)
 安倍晋三前首相が5日、自身のツイッターを更新。白血病を克服した池江璃花子(20)=ルネサンス=が、女子100メートルバタフライ決勝で57秒77で3年ぶりの優勝を飾り、日本水連が定める400メートルメドレーリレーの派遣標準記録57秒92を突破し、五輪代表に決まったことに祝福の言葉をつづった。

 安倍氏は「池江選手、本当におめでとうございます。『自分がすごくつらくてしんどくても、努力は必ず報われる』。白血病から復帰し、オリンピックの代表へ。ここまで重ねてこられた努力は本当に並大抵のものではなかったと思います」と祝福。

 「そして、いよいよ夢の舞台。感動と勇気をありがとう。オリンピックでのご活躍を祈念しています」と東京五輪での活躍を期待した。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210405-04050013-sph-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/059458901b3c9fe68101ef10b50139884eabafcd

【安倍晋三前首相、池江璃花子選手の復活劇に「感動と勇気をありがとう」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/04/04(日) 18:21:48.76 ID:CAP_USER9
 東京オリンピックの代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権は4日、五輪会場の東京アクアティクスセンターで行われ、女子100メートルバタフライ決勝で白血病から復帰した池江璃花子(ルネサンス)が57秒77で優勝した。池江は400メートルメドレーリレーのオリンピック派遣標準記録(57秒92)を突破し、リレーメンバーとしてのオリンピック代表に内定した。
 池江選手は、ゴール後のインタビューでは涙ぐみながら「100メートルで優勝できると思っていなかった。何番でもここにいられることに幸せを感じようと思ってやってきた。自分が勝てるのはずっと先のことだと思っていたけれど、勝つための練習もしっかりやってきたし、努力は必ず報われるんだなと思った」と喜びを語った。
 この種目は、池江が日本記録(56秒08)を持ち、2018年まで日本選手権で3連覇した得意種目。復帰後初の決勝レースだった今年2月20日の東京都オープン決勝から約1か月半で1秒67もタイムを縮めた。
 2019年2月に白血病であることを公表した池江は闘病生活を経て、昨年8月に実戦に復帰。2024年パリ大会を最大の目標としながら、今夏の東京大会に向けても「可能性があるなら頑張りたい」と話してきた。

読売新聞

https://news.yahoo.co.jp/articles/68714e6da88f06f1d45d3eb46668c0010be10abc
https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210404-OYT1I50061-1.jpg

【池江璃花子の瞳に涙 400メートルメドレーリレーメンバーとして五輪代表に内定!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/04/04(日) 17:15:31.53 ID:CAP_USER9
 東京五輪日本代表選考会を兼ねた競泳日本選手権第2日は4日、東京アクアティクスセンターで行われ、白血病から復帰した池江璃花子(20=ルネサンス)は女子100メートルバタフライ決勝で57秒77をマークして優勝した。

 3年ぶりの日本選手権出場となった池江は、3日の同種目予選は58秒68の全体2位で通過。準決勝ではさらにタイムを上げて58秒48をマークし、全体3位で決勝へ進出した。レース後は「明日(決勝)はリラックスして泳げるんじゃないかな」と話していた。

 池江は長期の入院生活を経て、昨年8月に実戦復帰。100メートルバタフライは2月20日の東京都オープンで復帰後初めて泳ぎ、予選は1分0秒06、決勝は59秒44。3日の予選は58秒68、準決勝は58秒48と右肩上がりにタイムを縮めている。東京五輪の派遣標準記録は57秒10だが「今は前の自分から言っている通り、東京五輪がメインじゃない」と24年パリ五輪でのメダル獲得を目標に掲げており、前日は「しっかり上位に食い込めるようにすること。ここで経験を積んでおいて、準決勝より速いタイムで泳げたらいい」と冷静に語っていた。

 今大会では50メートル、100メートルの自由形と、五輪で行われない50メートルバタフライにも出場予定。8日間で最大11レースをこなすハード日程となる。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/81b1e81569ccfbe9fb0db4add4ba615121e80298

【競泳日本選手権 池江璃花子(20=ルネサンス)100メートルバタフライで優勝 タイムは57秒77】の続きを読む

このページのトップヘ