SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ゴルフ

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/24(水) 14:01:41.54 ID:CAP_USER9
11/24(水) 12:05配信
日刊スポーツ

謝罪会見を行う石川遼(撮影・加藤裕一)

プロゴルファーの石川遼(30=CASIO)が、米国から帰国後の新型コロナウイルス感染防止対策の自主隔離期間中に違反行動をとった問題で24日、ツアー競技・カシオワールドオープン(25日開幕)会場の高知・Kochi黒潮CCで謝罪会見を行った。

石川は濃紺のスーツ姿、頭髪を後ろで束ねて会見場に姿を見せ、冒頭で「感染予防に尽力してくださっている方々、応援してくださっているファン、日本ゴルフツアー機構の皆さまに大変ご迷惑をかけ、申し訳ございません」と謝罪した。会見は約40分続いた。

今回、コーチと食事をともにしたことなどについて、東京オリンピック終了後まであった強化指定選手としての特別措置が五輪後も継続されていると解釈していたことを「大きな勘違い」「甘え」などと説明。

また食事、ラウンドにゴルフ場関係者1人が同席、同伴したことについては「してはいけないことという認識はあった。“ルール違反なので、同席はできません”と言えなかった」と甘い考えがあったことを認めた。

またツアー仲間や、選手会理事などへの思いを聞かれると、自身が欠場した三井住友VISA太平洋マスターズ直前に選手会としての対応などを時松隆光選手会長に委ねてしまったことを思い、涙を浮かべ「会長名でのおわびを出したり、大事な試合を前に大変な思いをさせてしまった。そこが一番申し訳ないです」と声を詰まらせた

また11月8日の問題発覚から2週間後のタイミングで会見を開いたことに「時間がたつにつれ、自覚が甘いかもしれませんが、自分の口から直接説明、謝罪をした方がいい」と思い至ったと説明した。

石川は米ツアー予選会から10月24日に帰国後、隔離期間中に一般客の利用するゴルフ場、練習場を使用したことが発覚。日本ゴルフツアー機構(JGTO)の選手会副会長、同理事を辞任し、JGTOから制裁として、今季残り試合の出場停止処分を受けている。【加藤裕一】

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211124-41240331-nksports-000-11-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/77be85a81b9d0bd6255c8f036d4bd7f91e28f679

【プロゴルファー石川遼が謝罪会見で涙、違反認識も「“同席はできません”と言えなかった」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/24(水) 13:38:27.05 ID:CAP_USER9
11/24(水) 13:29配信
東スポWeb

石川遼(東スポWeb)

 男子ゴルフの石川遼(30)と所属契約を結ぶカシオ計算機が24日、同契約を継続すると発表した。

 石川は先月下旬に米国から帰国後、自主隔離期間中に複数での飲み会や一般客も利用するゴルフ場でラウンドを行い、週刊誌「フラッシュ」で報じられた。報道後、事実確認などを行った結果、日本ゴルフツアー機構(JGTO)から1か月(11月15日〜12月15日)の出場停止処分を受けた。

 同社はこの日、石川の行動を謝罪した上で「今回のJGTOの処分が相応であること、また石川遼選手が深く反省していることを受けて、今後、本人が信頼回復に努め、ゴルフ界のさらなる発展に貢献することを期待し、将来ある選手を支えることも所属企業としての責任と考えました」と契約継続の理由を説明した。

 また「今回の件を踏まえて、コロナ感染症対策に取り組まれている方々に向けた支援金を、関係機関などを通じて寄付させていただく予定です」とした。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211124-03818030-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/d500d231818fefa6ac8b14160c100b1e0a3f4035

【カシオ計算機が石川遼との所属契約継続を発表「所属企業としての責任」 医療従事者に寄付も】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/16(火) 06:00:43.09 ID:CAP_USER9
11/16(火) 5:15
東スポWeb

石川遼〝隔離破り〟でスポンサー離れの危機…広告関係者は「瀬戸の不倫と比較にならないほど責任は重い」
石川遼(東スポWeb)
 かつての〝ハニカミ王子〟はどうなるのか。男子ゴルフの石川遼(30=CASIO)が米国から帰国後の自主隔離期間中にゴルフや飲み会を行っていた問題で、日本ゴルフツアー機構(JGTO)は15日に1か月の出場停止処分を発表。今季ツアーの残り3試合に出場できなくなったが、痛いのはそれだけではない。今回の騒動によるイメージ悪化により、今後はスポンサー離れの危機に直面している。

 JGTOは15日の臨時理事会で、石川に対する1か月間出場停止処分を決定。本人から提出されていたJGTOの副会長と理事の辞任届も受理した。処分理由については「(石川は)いわゆるバブル状態にあると思い込み、屋外でのゴルフプレー等が許されていると勘違いしていた事情は理解できなくはない」としつつ、社会全体が新型コロナ対策に懸命に取り組む中で「重い社会的責任を負うJGTO副会長、JGTOツアーメンバーとして軽率であることは否めず」と説明した。

 これを受けて、石川は「今回の処分を真摯に受け入れ、今後このようなことがないように努める所存です。そして、こんな自分でも応援してくださる方がいる限り、最後まで諦めずゴルフを頑張りたいと思います」とコメントを発表した。

 処分が決まったことで今回の問題はひと区切りがついたが、石川に待ち受けるのはイバラの道だ。JGTOや選手会の要職を務め、他の選手の模範となるべき立場で自らルールを破った〝罪〟は重く、大きなイメージダウンは避けられない。あるツアー関係者は「社会全体がコロナで敏感になっているときに軽率な行動だった。あの時と同じようなことが起きるかもしれない」と指摘した。

「あの時」とは、2008年に結んだトヨタ自動車とのスポンサー契約が12年3月で終了した一件だ。表向きは「契約満了」と発表された一方で〝無免許運転〟が影響していたと言われている。石川はその前年(11年)に、国内での運転が認められない米国で取得した国際運転免許証での運転が発覚。しかもその車が優勝副賞で得た、契約外メーカーのアウディ車だったこともトヨタ側の神経を逆なでしたという。

 これでマイナスイメージがついたせいか、同社との契約満了と前後して08年のプロ転向直後に結んだNTTドコモやパナソニックといった大手企業とのスポンサー契約を終えている。現在の石川はカシオ計算機と所属契約、全日空やアサヒビールなどとスポンサー契約を結んでいる。こうした企業との関係も、今回の騒動が影響を与える可能性があるという。

 大手広告代理店関係者は「以前に(競泳の)瀬戸大也選手が不倫で契約を解除されたが、根本的には不倫は当事者間の問題。それに対して新型コロナの感染対策の規則を破ることは他者に迷惑をかけ、それこそ命を危険にさらす可能性もある点で比較にならないほど責任は重い。スポンサー企業へのダメージは決して小さくなく、今後契約への影響は避けられない」と指摘する。

 瀬戸は昨年9月に一般女性との不倫が報じられ、日本水泳連盟からは活動停止などの処分、さらに当時所属していたANAとの契約も解除された。今回も不祥事という点では共通するが、新型コロナ禍での隔離破りは変異株の国内流入など大きな危険をもたらす可能性も否定できず、より〝深刻〟というわけだ。

 同関係者は「(スポンサーの各企業は)世論の動向も慎重に見極めているのでは」。すぐに契約打ち切りとはならないとみられるが、契約更新のタイミングで延長せず、そのまま関係を終わらせる企業があってもおかしくはない。その代償は高くつきそうだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211116-03799649-tospoweb-000-6-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/c4d6fc6108691ac99645e3c8b00bb92663d6b02a

【スポンサー離れの危機…石川遼の〝隔離破り〟広告関係者「瀬戸の不倫と比較にならないほど責任は重い」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/11(木) 05:30:09.89 ID:CAP_USER9
11/11(木) 5:15配信
東スポWeb

石川遼(東スポWeb)

 どんな姿で現れるのか――。〝隔離破り〟で波紋を広げている男子ゴルフの石川遼(30=CASIO)が、新たな注目を集めている。

 石川は米国から帰国後の自主隔離期間中に一般客も利用するゴルフ場で調整し、複数名での飲み会などを行っていたと、写真週刊誌「フラッシュ」で報じられた。その後に日本ゴルフツアー機構(JGTO)と日本ゴルフツアー選手会の理事、副会長の辞任を表明。選手会は臨時理事会を開き、副会長辞任を受理し、理事職については慰留する方針を決めた。

 新型コロナウイルス対策で求められている自主隔離を適切に行わなかったことへの処分やJGTOの要職辞任を受理するかどうかは、近日中に開かれる同機構の臨時理事会で決まる見通し。JGTOの青木功会長は10日に「三井住友VISA太平洋マスターズ」(11日開幕、静岡・太平洋C御殿場C)の会場で取材に応じ、石川について「具体的なことは言えない」と話すにとどめた。

 そんな中、あるゴルフ関係者は、石川が騒動後に初めて公の場に姿を見せる際の〝見た目〟に着目する。「髪の毛を切れば解決する問題ではない」とした上で「個人的には長い髪を切って出てきてほしい。やり直すという意味でもそれがいいのではないか。見た目が全てではないが、今の髪形は、どこか浮ついた気持ちが反映しているような気がしてならない」と指摘した。

 今回の石川の軽率な行動に対しては、ネット上でも批判が噴出。再出発にあたっては、言動だけでなく身だしなみも今後の印象を左右する大きな要素となりそうだ。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211111-03787436-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/92b06093997dc8415ea86aa9eb7f159c5025d256

【ゴルフ関係者「身だしなみからやり直せ」〝隔離破り〟の石川遼に断髪のススメ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/14(日) 16:43:42.81 ID:CAP_USER9
稲見萌寧が22歳で通算10勝目を達成 宮里藍に次ぐ2番目の若さ【国内女子ツアー LPGA】|GDO ゴルフダイジェスト・オンライン:
https://news.golfdigest.co.jp/jlpga/7274/article/142251/4/

2021/11/14 14:59

https://i.gimg.jp/cmsimg/258893.jpg

◇国内女子◇伊藤園レディス 最終日(14日)◇グレートアイランド倶楽部(千葉県)◇6741yd(パー72)

10アンダー首位から出た稲見萌寧が7バーディ「65」をマークし、後続に9打差をつける通算17アンダーでツアー通算10勝目、今年8勝目(2020-21年シーズン9勝目)を挙げた。22歳108日での2桁勝利到達は、宮里藍の20歳105日に次ぐ2番目の若さ。出場73試合目での達成は宮里(47試合)、アン・ソンジュ(65試合)に次ぐ。

稲見は2019年「センチュリー21レディス」で初優勝を飾り、同年にツアーの新人賞を獲得した。20年「スタンレーレディス」で2勝目を挙げた。2021年「中京テレビ・ブリヂストンレディス」2日目にツアー記録となる13バーディをマークして優勝するなど勝利を積み重ねた。8月の「東京五輪」では、銀メダルを獲得した。

西郷真央と金澤志奈が通算8アンダー2位。西郷は今季7度目の2位となった。2位から逆転Vを狙った上田桃子は前半8番、9番で連続ボギーを喫するなどスコアを伸ばせず「74」で、通算7アンダー4位に終わった。

賞金ランキング2位の古江彩佳は「67」で回って通算6アンダー5位。山下美夢有が5アンダー6位、鈴木愛が4アンダー7位だった。

<上位成績>
優勝/-17/稲見萌寧
2 T/-8/西郷真央、金澤志奈
4/-7/上田桃子
5/-6/古江彩佳
6/-5/山下美夢有
7/-4/鈴木愛
8T/-3/宮里美香、勝みなみ、森田遥、青木瀬令奈

【国内女子ツアー LPGA◇伊藤園レディス 稲見萌寧が22歳で通算10勝目を達成 宮里藍に次ぐ2番目の若さ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/10(水) 14:56:37.35 ID:CAP_USER9
11/10(水) 14:44
スポーツ報知

石川遼の処遇についてJGTO青木功会長は「早く結果(結論)を出したい」 2、3日後にも臨時理事会
日本ゴルフツアー機構の青木功会長
 男子ゴルフの石川遼(カシオ)が帰国後の適切な隔離措置をせず、一般客が利用するゴルフ場で練習したことなどを写真週刊誌「FLASH」に報じられ、選手会と日本ゴルフツアー機構(JGTO)の副会長を辞任する意向を示した件について、JGTOの青木功会長が10日、静岡県内のツアー会場で取材に応じた。

 石川が出場を辞退した11日開幕の三井住友VISA太平洋マスターズ(静岡・太平洋C御殿場C)のプロアマ戦後に、青木会長は「まだ詳細を聞いたりしているので、(結論が)こういうことだと分かったら(リリースを通じて)連絡します。具体的なことは言えない」と話すにとどめた。

 その上で「早く結果(結論)を出したい。(臨時理事会は)2、3日後に予定はしているけど、スケジュール(の問題)もある。(処遇が)出たらすぐ(発表を)出します」と説明した。

 石川は米国から帰国後の隔離期間中に、一般客が出入りする千葉県内のゴルフ場でラウンドし、その後複数人で食事等をしていたことが報じられた。9日にマネジメント会社を通じて「一部至らない点があったことを、おわび申し上げます」と謝罪した。

 今週のトーナメント出場を辞退し、今後の試合に関してはJGTOに判断を委ねるとしている。同機構は9日、石川の処遇について「近々、臨時理事会を開催し、最終的に決定する予定」とした。

 JGTOは同日、青木会長名で「役員による軽率な行動によりお騒がせし、ご迷惑をお掛けしておりますことをおわび申し上げます」と声明を出していた。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211110-11101092-sph-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/800b360c7c7af966236be42c75a33c77682d4ca5

【JGTO青木功会長、石川遼の処遇について「早く結果(結論)を出したい」 2、3日後にも臨時理事会】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/10(水) 14:34:33.26 ID:CAP_USER9
11/10(水) 11:30
日刊ゲンダイDIGITAL

石川遼「隔離破り」スッパ抜かれ役職辞任…軽率行動の根っこにゴルフ界の“悪しき特別扱い”
石川の髪形はいつも不評(C)共同通信社
 ゴルフ界に衝撃が走った。

 石川遼(30)が米国から帰国後14日間の自主隔離期間中にゴルフ場で練習し、その後、複数人で飲食していたと写真誌「フラッシュ」が報じた波紋のことだ。

 石川本人は9日、今週の三井住友VISA太平洋マスターズへの出場を辞退し、日本ゴルフツアー機構(JGTO)とジャパンゴルフツアー選手会の副会長と理事を辞任する意向を発表。JGTOと選手会は、本人に事実確認、それぞれ辞任の書面を受け取ったことと、今後最終的な処遇を決定する予定であることを文書でコメントした。

■副会長に担ぎ出されて…

 石川は一介の選手ではなく、前記の肩書を持つ、国内ゴルフ団体の幹部である。自覚が足りない行動は責められてしかるべきだが、評論家の宮崎紘一氏は「今回の一件は石川だけを悪者にするのは筋が違う」と言う。

「石川は高校1年の5月、史上最年少でツアー優勝を遂げると、マスコミやゴルフ界は、世間知らずの石川を散々持ち上げ、商売に利用してきた。まるでゴルフ界の宝のように扱い、常識外れやマナーに反する行動をしても苦言を呈する者はいなかったわけですから」

 石川は15歳で優勝し、インタビューではにかむ姿から「ハニカミ王子」と呼ばれ、老若男女の心をつかんだ。

■迷彩柄のカーゴパンツで苦情の嵐

 一方、優勝から3カ月後には迷彩柄のカーゴパンツでツアーに出場し、JGTOには「ゴルフにふさわしくないパンツだ」などと多くの苦情が寄せられる「事件」を起こしている。頭を抱えたJGTOは同12月、迷彩柄のパンツと太ももの横に大きなポケットがついたカーゴパンツのツアーでの着用禁止を決めた。

 翌年1月にはプロ転向宣言直後に行われた日本スポーツ賞の表彰式にジャージー姿で現れてトロフィーを受け取り、出席者を唖然とさせたこともあった。

「中学生だって制服で卒業証書をもらいます。アマチュアがプロの試合に出場させてもらうのだから、ふさわしい格好がある。普通の高校生ならわかることです。中学時代からゴルフがうまい少年が、高校1年でプロツアーで優勝し、多くのスポンサーと契約し、莫大な契約金を手にする。利用価値がある人気プロに対し周囲は厳しいことは言わない。勘違いするのは当然です。辞任したJGTOの副会長職も、尾崎将司が全盛だった80〜90年代に比べて試合数は激減。『遼君が頭を下げればスポンサーも協力してくれるはず』との思惑から担ぎ出された。それでも副会長になったわけですから、立場を自覚すれば、後ろで束ねる今の髪形はない。誰も何も言わないのです」(宮崎氏)

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211110-00000030-nkgendai-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/629b59bf6afbbb6c8f6f30c288780f5d691ea9e4

【プロゴルファー石川遼「隔離破り」スッパ抜かれ役職辞任…軽率行動の根っこにゴルフ界の“悪しき特別扱い”】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/10(水) 05:55:39.42 ID:CAP_USER9
11/10(水) 5:15配信
東スポWeb

〝隔離破り〟の石川遼(東スポWeb)

 処分の行方は――。男子ゴルフの石川遼(30=CASIO)の〝隔離破り〟が波紋を広げている。米国から帰国後の自主隔離期間中に一般客も利用するゴルフ場で調整し、飲み会もしていたと週刊誌が報道。石川は日本ゴルフツアー機構(JGTO)と選手会の副会長を辞任する意向を示し、今週の国内ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」(11日開幕、静岡・太平洋C御殿場C)の出場も辞退した。今後の処遇が注目される中、本紙はゴルフ界の〝重鎮〟に見解を聞いた。

 新型コロナウイルス禍において許されないルール違反を犯してしまった。9日発売の写真週刊誌「フラッシュ」によると、石川はカリフォルニア州で行われた来季の米下部ツアー出場権をかけた2次予選会を通過できず、帰国後の自主隔離期間中に千葉県内の一般客もいるゴルフ場でラウンド。しかも、関係者と複数名で飲み会までしていたという。

 この日、石川はマネジメント事務所を通じて「この度の週刊誌報道に関しまして、支えてくださっているファンの皆様、関係者の皆様にご心配やご迷惑をおかけしておりますことを深くおわび申し上げます。帰国時に空港の検疫にて登録した待機先(ゴルフ場)で、入国者健康チェックを毎日受け、14日間の隔離を行っておりましたが、一部至らない点があったことを重ねておわび申し上げます」と謝罪コメントを発表した。

 その後にJGTOとジャパンゴルフツアー選手会の副会長を辞任する意向と、今週の「三井住友VISA太平洋マスターズ」への出場辞退も表明した。今後の処遇は、JGTOが近日中に臨時理事会を開催して決定する見通し。現段階では石川の行動がジャパンゴルフツアー懲戒・制裁規定の違反行為に抵触するか否かを検証中だ。

 これまでスキャンダルとは無縁と言っていい「ゴルフ界の優等生」に何が起きたのか。石川をよく知るJGTO元会長の小泉直氏(82=JGTO顧問)はこう言って猛省を促した。

「隔離期間中も練習を怠ってはいかんと思ったのかもしれないが、決めごとに逆らってはいけない。『これくらいなら…』という心のスキがあったような気がする。しっかり反省してイチからやり直すつもりでゴルフに取り組んでもらいたい」

 JGTOは今後の処分について検討中だが、小泉氏は今季残り4試合の中で複数試合の「出場停止」が妥当と見ている。「年内いっぱいなのか、どのくらいのペナルティーになるか分からないが、私だったら(「三井住友――」に加えて)あと2試合は出場を停止して今季最終戦の『日本シリーズ』(JTカップ=12月2日開幕、東京)から復帰するようにする」。あくまで元会長の見立てとはいえ「ダンロップフェニックス」(18日開幕、宮崎)とホストプロを務める「カシオワールドオープン」(25日開幕、高知)の出場は厳しくなりそうで、小泉氏は事実上の3試合出場停止を〝勧告〟した。

 ただ、これからのゴルフ界を支えていく人材として期待しているからこそ、小泉氏は「こういう逆境でこそ人間の真価が発揮されるもの。この機会に人間、そしてゴルファーとして、さらに成長してもらいたい」とエールを送ることも忘れなかった。もちろん〝隔離破り〟はあってはならないが、石川は今回の失態を糧にすることができるのだろうか。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211110-03784667-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/202fc0a26861867f558ac85ba6dd92247ee7b812

【ゴルフ界の重鎮が〝勧告〟『隔離破り』の石川遼は「3試合出場停止だ!」】の続きを読む

このページのトップヘ