SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ゴルフ

1: 名無しさん@恐縮です 2023/04/10(月) 06:08:29.17 ID:uFmM2zIP9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20230410-04101020-sph-000-1-view.jpg
松山英樹(ロイター)

21年王者の松山英樹は5打差暫定11位で運命のサンデーバックナインへ ラームが10アンダーの暫定首位 マスターズ最終R
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20230410-04101020-sph-golf

◆米男子プロゴルフツアー 今季メジャー初戦 マスターズ 最終日(9日、米ジョージア州オーガスタナショナルGC=7545ヤード、パー72)

 【オーガスタ(米ジョージア州)9日=岩原正幸】第3ラウンド(R)の残りと最終Rが行われ、2021年大会王者の松山英樹(LEXUS)は6打差5位で最終Rをスタート。強風の中、アイアンショットに苦しみ前半9ホールを2バーディー、2ボギーと伸ばせず、通算5アンダーの5打差の暫定11位で運命のサンデーバックナインへと突入した。

 通算4勝のラッセル・ヘンリー(米国)と最終組の2つ前で青空の下、ティーオフした。優勝した21年大会最終日と同じ上は勝負カラーの黄色のシャツ、下は紺色のパンツに身を包んだ。1番は3ウッドでフェアウェー右へ。アイアンでの第2打がつかまらずにグリーン右手前。3打目をピン下1・2Mにつけるも、パーパットが右に抜けてボギーが先行した。

 2番パー5でドライバーを振りちぎり、348ヤードのビッグドライブ。アイアンでの第2打はグリーン手前のバンカーへ。3打目をピン手前60センチにピタリと寄せてバーディーを奪い返した。

 5番パー4は、ドライバーでフェアウェー中央へ。アイアンでの第2打が捕まりきれず、右手前18Mへオン。バーディーパットは3Mショート。返しのパーパットは左を抜けてボギーを喫した。8番パー5は、ドライバーでフェアウウェー中央へ。アイアンで刻み、3打目はグリーン左エッジへ。5・5Mをパターでねじ込んで伸ばした。

 21年全米オープン覇者で世界ランク3位のジョン・ラーム(スペイン)が、通算10アンダーの暫定首位に立っている。メジャー4勝で、サウジアラビア政府系ファンドが支援する高額賞金ツアー「LIV招待」を主戦場とするブルックス・ケプカ(米国)が1打差の同2位で追いかけている。

【マスターズ・最終R 松山英樹は5打差暫定11位で運命のサンデーバックナインへ ラームが10アンダーの暫定首位 】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/04/09(日) 23:26:14.99 ID:VUHY+dfh9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20230409-34091987-nksports-000-2-view.jpg
棄権したタイガー・ウッズ(ロイター)

【マスターズ】ウッズがけがで棄権、マスターズでは初 急激な寒さもあり右足引きずる場面も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20230409-34091987-nksports-golf

<米男子ゴルフツアー:マスターズ>◇最終日◇9日◇米ジョージア州・オーガスタ・ナショナルGC(7545ヤード、パー72)◇有観客開催

 マスターズで歴代2位の優勝5度を果たしているタイガー・ウッズ(47=米国)が、けがのため、順延となっていた第3ラウンドの残りが始まる前に棄権した。

 ウッズは前日8日の第2ラウンドを終えた時点で49位となり、大会史上最多に並ぶ出場23大会連続で予選通過を達成。引き続き行われた第3ラウンド途中までで、6つスコアを落としていた。急激な寒さもあり、2021年の交通事故で大けがを負った右脚を引きずりながらプレーする場面もあった。

 ウッズがマスターズで棄権するのは、95年の初出場以来、初めてのこととなった。

【タイガー・ウッズがけがで棄権、マスターズでは初 急激な寒さもあり右足引きずる場面も】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/04/09(日) 17:49:44.64 ID:VUHY+dfh9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20230409-00000018-alba-000-1-view.jpg
暫定首位に立つブルックス・ケプカ。LIVにグリーンジャケットをもたらすか?

突破率66.6% LIVゴルフ勢がマスターズで存在感をアピール、課題は久々の“72ホール”?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20230409-00000018-alba-golf

<マスターズ 3日目◇8日◇オーガスタ・ナショナルGC(米ジョージア州)◇7545ヤード・パー72>

悪天候のため3日目も中断となった今年のマスターズだが、参加が認められたLIVゴルフ組の動向に連日注目が集まっている。18人中、何人が予選を突破したのだろうか?(順位は第2ラウンド終了時点)


<予選突破選手>
ブルックス・ケプカ(1位)、フィル・ミケルソン、ホアキン・ニーマン(10位タイ)、パトリック・リード(16位タイ)、キャメロン・スミス(20位タイ)、ハロルド・バーナーIII、ダスティン・ジョンソン、エイブラハム・アンサー(28位タイ)、ミト・ペレイラ(36位タイ)、テイラー・グーチ(46位タイ)、チャール・シュワーツェル、トーマス・ピータース(49位タイ)

<予選落ち選手>
ブライソン・デシャンボー(55位タイ)、セルヒオ・ガルシア(70位タイ)、ジェイソン・コクラック、バッバ・ワトソン(以上75位タイ)、ルイ・ウーストハウゼン、ケビン・ナ(棄権)

12人が予選を突破しており、率に直すと66.6パーセント。しかも、ケプカは第3ラウンド途中で暫定首位につけ、優勝にもっとも近い位置にいるだけに、存在感を示すことに成功したといえる。

「彼(ケプカ)はうまくプレーしているし、先週の試合(LIVゴルフ第3戦 at オーランド)で優勝して勢いがあるね」(ミケルソン)

大会前にLIVゴルフCEOのグレッグ・ノーマン(オーストラリア)が、「もしわれわれの選手の一人が優勝すれば、それが誰であってもわれわれ全員が18番グリーンに駆けつける。それを考えただけで“鳥肌”が立つ」と語っている。

一方で、LIVゴルフは3日間54ホールの戦いだけに、久々の72ホールは大丈夫なのか、という声も出ている。果たしてゴルフの祭典という場で、LIVゴルフが世界へ向けてのアピールを行うシーンはあるのか?

【突破率66.6% LIVゴルフ勢がマスターズで存在感をアピール、課題は久々の“72ホール”?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/04/09(日) 01:18:52.31 ID:VUHY+dfh9
https://www.nikkansports.com/sports/golf/news/img/202304090000028-w1300_0.jpg
16位で決勝Rに進んだ松山英樹(AP)

【マスターズ】松山英樹は首位と9打差で決勝Rへ ウッズも予選突破 マキロイ、比嘉が予選落ち
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20230409-34090028-nksports-golf

<米男子ゴルフツアー:マスターズ>◇第3日◇8日◇米ジョージア州・オーガスタ・ナショナルGC(7545ヤード、パー72)◇有観客開催

 第2ラウンド(R)の残りが行われ、2年ぶり2度目の優勝を目指す松山英樹(31=LEXUS)は通算3アンダーの16位で決勝Rに進んだ。首位ケプカ(米国)とは9打差。

 通算3オーバーのタイガー・ウッズ(米国)は49位となり、辛くも決勝R進出を決めた。これで23大会連続の予選突破で、ゲーリー・プレーヤーとフレッド・カプルスが持つ大会最多記録に並んだ。

 初出場の比嘉一貴は通算6オーバーで、予選突破ならず。前年2位で世界ランキング2位のロリー・マキロイ(北アイルランド)も通算5オーバーで予選落ちとなり、生涯グランドスラム制覇は翌年以降に持ち越された。

 第2Rは前日、悪天候による2度の中断や強風に伴う倒木の影響でサスペンデッドになっていた。

 第3ラウンドは8日午後(日本時間9日午前)に行われる。

【マスターズ・第2ラウンド 松山英樹は首位と9打差で決勝Rへ ウッズも予選突破 マキロイ、比嘉が予選落ち】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/04/09(日) 17:27:27.18 ID:VUHY+dfh9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20230409-00000011-gdo-000-3-view.jpg
倒木が跡形もなく…オーガスタナショナルGCの17番ホール(Ross Kinnaird/Getty Images)

一夜でふさがったオーガスタの大穴 “現場”目撃の比嘉一貴「何もなかったかのように…」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20230409-00000011-gdo-golf

◇メジャー第1戦◇マスターズ 3日目(8日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)◇7545yd(パー72)

前日に強風の影響で倒れた17番ティイングエリア横の松の大木3本は、一夜明けてきれいに撤去されていた。

木が生えていたと思われる場所には緑色に着色された砂利が敷かれ、きれいに整備。立ち入れないようにロープで囲っていなければ違いを見過ごしてしまうほどだ。

比嘉一貴はその2日目、隣接する15番をプレー中に倒れる瞬間を目撃した。パトロンから上がった大声は次第に悲鳴へと変わり、「大きな木が目の前から消えたんです」。自分の組について歩く家族も巻き込まれる可能性があったと思うと、さらに恐怖を覚えた。「ドキドキして、すぐにはプレーに戻れなかったですね。けが人がいなかったと聞いたので、本当に良かった」と胸をなでおろした。

15番グリーンからの再開となったこの日、17番をプレーするときに再び驚いた。「新しい木が生えてくるんじゃないかと思うくらい、何ごともなかったかのようにきれいに整備されていた。さすがだな、と」。思わぬところでオーガスタナショナルGCの“本気”を垣間見た様子だった。(ジョージア州オーガスタ/亀山泰宏)

【写真】2日目に根こそぎ倒れた大木。幸いにもけが人は出なかった(Patrick Smith/Getty Images)
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20230409-00000011-gdo-001-3-view.jpg
https://www.nikkansports.com/sports/golf/news/img/202304080000034-w1300_2.jpg
https://www.nikkansports.com/sports/golf/news/img/202304080000104-w1300_3.jpg
https://www.nikkansports.com/sports/golf/news/img/202304080000104-w1300_4.jpg

【マスターズ・3日目 一夜でふさがったオーガスタの大穴 “現場”目撃の比嘉一貴「何もなかったかのように…」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/04/08(土) 23:23:21.80 ID:A0HCFHOe9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20230408-00000351-spnannex-000-5-view.jpg
第2ラウンド、2番でバンカーショットを放つ比嘉一貴(AP)

比嘉は終盤崩れて6オーバー暫定66位で第2R終了 予選通過厳しく マスターズ第3日
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20230408-00000351-spnannex-golf

 ◇米男子ゴルフツアー マスターズ第3日(2023年4月8日 米ジョージア州 オーガスタナショナルGC=7545ヤード、パー72)

 悪天候のため順延された第2ラウンドの残りが行われ、通算4オーバー暫定56位の比嘉一貴(27=フリー)は残り4ホールで2つスコアを落とし、通算6オーバーでホールアウト。暫定66位に後退した。

 初出場の昨季日本ツアー賞金王は15番パー5の第3打から競技を再開した。前日2オンに成功していた比嘉は11メートルのイーグルパットをピン側に寄せてバーディーで滑り出した。

 しかしパー3の16番でティーショットをピン左下13メートルに乗せて、そこから3パットのボギーで再び通算4オーバーに後退。17番は第2打がグリーンに届かず、アプローチも寄せきれず、連続ボギーを叩いた。

 最終18番ではティーショットを左に曲げて林に打ち込み、第2打はフェアウエーに出しただけ。第3打もグリーンを捉えることができず、4オン1パットのボギー。終盤3ホール連続ボギーと崩れた。ホールアウト時点で66位まで順位を下げ、決勝ラウンド進出は厳しい状況となった。

【マスターズ・第3日 比嘉は終盤崩れて6オーバー暫定66位で第2R終了 予選通過厳しく】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/04/08(土) 15:17:05.84 ID:A0HCFHOe9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20230408-00010005-ism-000-2-view.jpg
タイガー・ウッズ(左)とローリー・マキロイ(右)(写真:Getty Images)

T.ウッズ、カットライン上で残り7ホール R.マキロイは「77」で予選落ち濃厚…
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20230408-00010005-ism-golf

 海外男子メジャーのマスターズは7日、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(7,545ヤード・パー72)で第2ラウンドが行われたが、悪天候により2度の中断。39選手がホールアウトできず、そのままサスペンデッドとなった。

 大会5勝のタイガー・ウッズ(米)は11番終了時点で1バーディ、1ボギーのパープレーで、カットライン上の通算2オーバー暫定50位タイで3日目へ。ウッズにとっては今回が25度目のマスターズで、残り7ホールにゲーリー・プレーヤー(南ア)、フレッド・カプルス(米)に並ぶ最長記録「23回連続予選通過」をかけることとなる。

 一方、これまで全米オープン(2011年)、全米プロゴルフ選手権(2012年、2014年)、全英オープン(2014年)を制しているローリー・マキロイ(北アイルランド)は、今回が9度目のキャリアグランドスラム挑戦。しかし2日目は2バーディ、7ボギーの「77」の乱調で通算5オーバー暫定61位タイに沈み、予選落ちが濃厚に。史上6人目の偉業達成は次回大会以降に持ち越しとなりそうだ。

【マスターズ・第2ラウンド T.ウッズ、カットライン上で残り7ホール R.マキロイは「77」で予選落ち濃厚… 】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/04/08(土) 07:22:50.10 ID:A0HCFHOe9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20230408-00000004-gdo-000-1-view.jpg
首位に立ったブルックス・ケプカ

悪天候で翌日に順延 ケプカが単独首位 松山英樹は暫定18位でプレー持ち越し
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20230408-00000004-gdo-golf

◇メジャー第1戦◇マスターズ 2日目(7日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)◇7545yd(パー72)

雷雲接近により午後4時22分にこの日2回目の中断に入り、そのまま翌日に順延された。午後にティオフした選手を中心に39人が第2ラウンドを残しており、あす8日(土)午前8時(日本時間午後9時)の再開を待つ。

3人が並ぶ首位から1イーグル3バーディの「67」をマークしたブルックス・ケプカが通算12アンダーでホールアウトし、単独トップに立った。昨年新リーグ「LIVゴルフ」に移籍。2019年「全米プロ」以来のメジャー通算5勝目を狙う。

第2ラウンドのハーフを終えたジョン・ラーム(スペイン)が3打差の暫定2位。2日続けて「68」を並べたアマチュアのサム・ベネットが8アンダーの3位につけている。

1アンダー26位から出た松山英樹は前半8番(パー5)までに2バーディ、ノーボギー。9番のパーパット直前に中断に入った。通算3アンダーは暫定18位。

タイガー・ウッズは2オーバー、カットライン上の50位タイで残り7ホール。昨年の日本ツアー賞金王・比嘉一貴は4オーバー56位で後半15番をプレーしている。

キャリアグランドスラムがかかるロリー・マキロイ(北アイルランド)は「77」と崩れて通算5オーバー。予選落ちの可能性が高まった。

【マスターズ・第2ラウンド 悪天候で翌日に順延 ケプカが単独首位 松山英樹は暫定18位でプレー持ち越し 】の続きを読む

このページのトップヘ