SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

陸上

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/14(土) 06:56:43.00 ID:CAP_USER9
東京スポーツ2022年05月14日 06時15分
https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/athletics/4190738/

もう待っていられない――。全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の優勝旗が〝行方不明〟となってから約5か月が経過した。旗を紛失した富士通による必死の捜索もむなしく、いまだ発見には至っていない。そんな中、ついに大会を主催する日本実業団陸上競技連合(実業団連合)が新たな旗の製作に踏み切る見通しとなった。それにしても、完全復元は可能なのか。また、気になる費用の負担は…。前代未聞の騒動のてん末を徹底追跡した――。

前代未聞の騒動が発覚したのは昨年12月。同年1月のニューイヤー駅伝を制した富士通は優勝旗返還の準備をしていた際に紛失の事実に気付いた。保管場所の移動作業で処分した可能性もあり、対応に追われた実業団連合は大わらわ。結局、今年1月に初優勝したホンダ(埼玉)は優勝旗の授与がない異例の事態となっていた。

富士通は取材に「現在も捜索を継続中」としているが、状況からみて処分された公算は大きい。来年1月の大会まで猶予はあるとはいえ、実業団連合は「そろそろ結論を出さないといけない」と決着を急ぐ構え。26日の理事会で新たな優勝旗の製作を正式決定する見通しだという。

同連合の事務局は「優勝したホンダさんにいつまでも渡せないのは失礼。やっぱり優勝旗は少しでも長くお手元に持っていただきたい」と切実に訴える。今後の見通しについては「強化委員会や総務委員会でもヒアリングや審議を行って、さまざまな意見が出ている。それをもとに26日の理事会で整理し、正式に結論を出したい」と話した。早ければ来月にも、新優勝旗の製作に入るとみられる。

では、肝心の費用はどうなるのか。昨年末に「弁償」の意向を示している富士通は「当社が(費用を)負担する意向は変わっておりません」ときっぱり。実業団連合は「富士通さんから費用負担の申し入れはいただいているが、理事の中には別の意見もあるかもしれない。審議にかけて結論を出したい」と慎重な姿勢だが、旗本体と付属品、優勝チーム名のペナントなど合計約60万円とみられる費用は富士通の負担となる可能性が高い。

とはいえ、優勝旗の〝完コピ〟は至難の業だ。実業団連合によると「一度、作っていただいた会社にお願いするのが普通の考え方」という。紛失した優勝旗を約30年前に製作したアサコ株式会社(本社・大阪市中央区)ニ聞くと「当時の担当者はもういません。資料も残っていないんです」と現状を明かした上で「女子の旗をお借りして、現物を見ながらの作業になります」と説明。同社は全国実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)の優勝旗も製作しており、昨年覇者・積水化学から一時的に借り受けることになりそうだ。

一連の騒動を受け、富士通は「栄誉あるものをお預かりしたにもかかわらず、このような事態を招き深く反省しています。改めて関係者の皆さまにおわびを申し上げます」と猛省。これで、一件落着となるか。

【ニューイヤー駅伝“優勝旗紛失騒動”が終結へ 新調決定的で気になるお値段は?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/14(土) 09:02:13.22 ID:CAP_USER9
105歳のアスリートが現役引退 “戦った思い出を生きる望みに” | NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220513/k10013624781000.html

2022年5月13日 17時19分

105歳の現役アスリートとして陸上競技を続けてきた広島県三次市の男性が引退することになり、支えてきた人たちに感謝のことばが伝えられました。

競技生活を終えたのは、冨久正二さん(105)です。

5年前に出場したマスターズ陸上の中国大会では、100歳以上104歳以下の部の60メートル走で16秒98の日本記録をマークし、このタイムは今も破られていません。

東京オリンピックの聖火ランナーにも選ばれましたが、新型コロナの影響で公道でのリレーが中止となり、点火セレモニーには参加しませんでした。

冨久さんは97歳になってから陸上競技を始め、自宅や競技場で練習を重ねてきましたが、コロナ禍の生活が続いたことで、体力を維持することが難しくなったといいます。

13日、引退式には陸上クラブの仲間など30名ほどが訪れ、冨久さんの引退を惜しみました。

式では、これまで活動を支えてきたトレーナーの貞末啓視さんが「共に過ごした丸8年、大いに楽しませてもらい、感動をいただきました」と、その功績をたたえ、仲間から富久さんに花束が贈られました。

冨久さんはお礼のことばを伝え「感謝」の文字が書かれた自筆の色紙を参加者に配りました。

そして、競技人生を振り返り「競技から離れても、戦った思い出を生きる望みとしたいです」と話していました。


※参考リンク
https://japan-masters.or.jp/record/record.html

日本・世界マスターズ陸上記録

クラス別日本記録  男子
PDF(1.1MB)

【105歳のアスリートが現役引退 “戦った思い出を生きる望みに” (5/13)】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/08(日) 07:53:39.62 ID:CAP_USER9
デイリー
2022.05.07
https://www.daily.co.jp/general/2022/05/07/0015282957.shtml

「陸上・日本選手権」(7日、国立競技場)

 世界選手権(7月、米オレゴン州)の代表選考会を兼ねて行われた男子1万メートルで、アクシデントがあった。

 優勝した相沢晃ら上位選手のゴール後、レースが終わっていないにも関わらず、撮影しようとしたカメラマンがトラックの内側からコース上に出てきてしまい、周回遅れだった三田真司(サンベルクス)がコードに引っ掛かってバランスを崩す場面が。選手はその後、走り続けたが、危険なシーンだった。

 同シーンは当初、日本陸連のツイッターが投稿した動画にも映っていたが、その後削除された。

 サンベルク陸上競技部はレース後、ツイッターを更新。「日本選手権のレース中、報道の方のカメラコードが三田選手の走路に出てきました。多くの方からご心配のご連絡を頂いております。ありがとうございます。選手を守るため再発防止を訴えるとともに、救急で検査に来ています。今後に影響ない事を祈るだけです」と説明した。

【陸上・日本選手権でカメラクルーがコースに出て選手がコードに引っ掛かる事故 所属「再発防止を」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/07(土) 21:10:38.66 ID:CAP_USER9
 オレゴン世界陸上(7月、米国)の選考を兼ねた日本選手権1万メートルが行われ、男子は相沢晃(旭化成)が27分42秒85で優勝。
世界陸上の参加標準記録(27分28秒00)には惜しくも届かず、「前半消極的に行き過ぎてしまったのが反省点だと思います」と語った。

 既に参加標準記録を突破している田沢廉(駒大)は今大会で3位以内は逃し、代表内定とはならなかった。

報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/a77a90c85c7cb6c5f648ab7e86a18a9cdbf663a5

【陸上・日本選手権・男子10000m 相沢晃が2年ぶり2度目の優勝 世陸の参加標準には届かず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/07(土) 20:30:52.00 ID:CAP_USER9
 「陸上・日本選手権1万メートル」(7日、国立競技場)

 今夏の世界選手権(7月開幕、米オレゴン)の代表選考会を兼ねて行われ、女子はすでに参加標準記録を突破していた昨夏の東京五輪7位入賞の広中璃梨佳(21)=日本郵政グループ=が連覇を達成した。
同じく参加標準を突破していた3位の五島莉乃(24)=資生堂=とともに世界選手権代表に内定した。東京五輪5000メートル代表の萩谷楓(21)=エディオン=が2位に入った。

 レースは序盤から五島が先頭に立ち、好ペースを刻みながら主導権を握る展開。広中は2、3番手からレースを進め、7000メートル過ぎから広中が先頭へと出た。
ついていったのは萩谷。広中は残り6周でトレードマークの帽子をとって気合を表現。2人のマッチレースとなったが最後残り1周で前に出てそのまま突き放した。

 昨年12月に日本歴代2位の30分45秒21をマークした不破聖衣来(19)=拓大=は右足の故障で欠場。世界選手権代表入りは絶望的となった。

 今大会までに参加標準記録(男子は27分28秒00、女子は31分25秒00)を突破した選手のうち、今大会で3位以内に入った選手は世界選手権代表に内定する。

デイリースポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/866aaecb2dad2c239bab8b0bc41476cd917366c2

【日本選手権・女子10000m 広中璃梨佳(21)が圧巻の2連覇で世界選手権代表に内定 帽子を投げ捨てスパート 3位五島も代表内定】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/07(土) 16:43:06.57 ID:CAP_USER9
【陸上】不破聖衣来が日本選手権1万m欠場、五十嵐監督「将来の事を考えて判断」

陸上女子の不破聖衣来(拓大2年)が、出場予定だった日本選手権1万メートル(7日、国立競技場)を欠場する。
拓大女子陸上競技部のツイッターを通じて五十嵐利治監督が7日、発表した。すでに参加標準記録(31分25秒00)を突破しているため、3位以内に入れば世界選手権(7月、米オレゴン州)の代表に内定していた。

書面にて五十嵐監督は「今回の日本選手権については不破聖衣来の将来の事を考えて欠場する判断をしました」と報告。
不破は1月の都道府県対抗女子駅伝後に、右アキレス腱(けん)周囲炎により3月末まで歩行もままならない状態だった。4月17日の日本学生個人選手権は5000メートルに出走。1キロ3分30秒のペースを愚直に守り、最下位ながら完走したが、調整遅れが懸念されていた。

五十嵐監督は「そんな中でも5月7日の日本選手権に向けて出来る限りの事はやって来ました。周りからはもう厳しいだろう? とか無理なんじゃないか? という声は聞こえて来ましたが、それでも『1%の可能性に対して100%の努力』をする聖衣来を間近で見ていて4月の段階でもう今回は諦めようとは言えませんでした」と葛藤を明かした。

「痛みなくスタート地点に立たせてあげれなかった事に監督として無力感を感じております。しかし練習、生活、治療全てにおいてこれ以上できないだろうという最高の環境を用意し最後まで諦めず戦ったからこそ自信を持って欠場という判断をする事が出来ました」と説明した。

今後に向けては「今は次の目標に向けて既に動き出しております。今後は一度体をリセットさせて、また皆さんに感動を与えられるような走りをお見せできるように努力して参ります。今後も変わらぬ温かいご声援よろしくお願いします」とつづった。

日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/202205070000311.html

【不破聖衣来が日本選手権10000m欠場 拓大・五十嵐監督「将来のことを考えて」 1月に右アキレス腱を故障】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/05(木) 18:59:33.76 ID:CAP_USER9
渡部耕平2022年5月5日 10時30分

 聴覚に障害がある人たち(deaf〈デフ〉)が競うスポーツの祭典「デフリンピック」(5月1~15日、ブラジル)の陸上競技に、青森県五戸町出身の佐々木琢磨選手(28)が、日本代表として出場する。
目標は8日に決勝を迎える、100メートルでの優勝だ。メールでの取材に「絶対に世界一になり、金メダルを持って帰ります」と決意を語った。

 出場は3大会連続3度目。今回は100メートルのほか、200メートル、400メートルリレー、1600メートルリレーの4種目に挑む。

 前回2017年のトルコ大会では、400メートルリレーでアンカーを走り、優勝した。だが、思い入れのある100メートルでは11秒30で、7位に終わった。

 悔しさをバネに練習拠点の仙台大学で、体の軸の力とバランスを鍛え直した。19年の国内大会で、日本ろう新記録となる10秒62を出し、21年の世界デフ陸上競技選手権では、10秒67で銀メダリストに。

 今回の大会には、「最高の練習をしてきました。自信は120%以上です」と万全な状態で臨む。

https://www.asahi.com/articles/ASQ546KRYQ4XULUC01C.html

【めざすは金メダル デフリンピックに臨む青森県五戸出身の陸上・佐々木琢磨選手】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/16(土) 05:32:49.26 ID:CAP_USER9
アリソン・フェリックス、今季で現役引退 陸上女子短距離で五輪「金」7個
[2022年4月14日12時54分] 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/202204140000310.html
アリソン・フェリックス(15年8月撮影)
https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/img/202204140000310-w1300_0.jpg


陸上女子短距離で五輪通算で最多11個のメダルを誇るアリソン・フェリックス(米国)が13日、今季限りで現役を引退すると自身のインスタグラムで発表した。

「今季は記録のためではなく、楽しんで走ります。時間や記憶、感謝の気持ちを共有したい」。36歳になった陸上競技界の顔が、決断の時を迎えた。

五輪には5大会連続で出場した。若い頃は200メートルや100メートルをメインとしたが、年を重ねて400メートルをメインにした。

18年には長女カムリンちゃんを出産。35歳で迎えた昨夏の東京オリンピック(五輪)には「これが五輪は最後になる」と宣言して出場した。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

【陸上短距離のアリソン・フェリックス、今季で現役引退 五輪「金」7個】の続きを読む

このページのトップヘ