SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

バスケットボール総合

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/27(火) 21:49:39.18 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/japan/wnational/20220927/394688.html?cx_top=topix
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/09/aus3-768x576.jpg

 9月27日、オーストラリアのシドニーで「FIBA女子ワールドカップ2022」が開催され、女子日本代表(FIBAランキング8位)がオーストラリア代表(同3位)とのグループフェーズ最終戦に臨んだ。

 26日の結果によりグループフェーズ敗退が決まった日本は、髙田真希、赤穂ひまわり(ともにデンソーアイリス)、東藤なな子(トヨタ紡織サンシャインラビッツ)、宮崎早織、渡嘉敷来夢(ともにENEOSサンフラワーズ)の5人が先発を務めた。

 ティップオフから宮崎と渡嘉敷のENEOSコンビで攻め込むと、開始2分37秒から東藤のドライブ、オコエ桃仁花(富士通レッドウェーブ)の3ポイントシュート2本で12-7と5点リード。馬瓜ステファニー(トヨタ自動車 アンテロープス)の”4点プレー”などもあり、18-16で最初の10分間を終えた。

 第2クォーターも1ケタ点差で推移する接戦の展開。オコエの3ポイント、馬瓜のフリースローなどで食らいつき、34-36と2点ビハインドで試合を折り返した。

 序盤から0-7のランを許した第3クォーターは、開始2分25秒に安間志織(ウマナ・レイェ・ベネツィア)が連続得点を記録したものの、その後がなかなか続かず。9-20と一気に突き放され、点差は2ケタに広がった。

 最後の10分間も相手を捉えることができず、最終スコア54-71で敗戦。オコエがチーム最多14得点を挙げたほか、安間が9得点、馬瓜は8得点、渡嘉敷が6得点7リバウンドをマークした。

 金メダル目指した日本の戦いは1勝4敗、予選敗退という結果に終わった。

■試合結果
日本 54-71 オーストラリア
JPN |18|16| 9|11|=54
AUS|16|20|20|15|=71

【FIBA女子W杯 日本代表、最終戦は開催国オーストラリアに54-71で敗戦…1勝4敗W杯終了】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/26(月) 18:24:05.61 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/japan/wnational/20220926/394299.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/09/GettyImages-1427469342-768x576.jpeg

 9月26日、オーストラリアのシドニーで「FIBA女子ワールドカップ2022」が開催され、女子日本代表(FIBAランキング8位)はフランス代表(同6位)とのグループフェーズ第4戦に臨んだ。

 大会初戦でマリに快勝したものの、続くセルビアとカナダに敗れ、1勝2敗となった日本。スターティング5には髙田真希、赤穂ひまわり(ともにデンソーアイリス)、東藤なな子(トヨタ紡織サンシャインラビッツ)、宮崎早織、渡嘉敷来夢(ともにENEOSサンフラワーズ)と前回試合同様のメンバーが名を連ねた。

 試合は赤穂が自身のスティールからファウルを獲得し、フリースローで日本が先制する。しかし、直後からフランスに連続8得点を許し、リードを奪われる展開に。東藤が日本最初のフィールドゴールを決めるが、その後は日本のオフェンスが停滞。安間志織(UMANA REYER VENEZIA)や山本麻衣(トヨタ自動車アンテロープス)がリングアタックを仕掛けるもフィニッシュできず、終了間際に髙田がドライブから得点するまで約6分間無得点となる。日本は5-16と2ケタビハインドを背負って第1クォーターを終えた。

 続く第2クォーターでは序盤から日本が猛攻を仕掛ける。赤穂がゴール下の合わせからリバースレイアップを決めると、今度はオフェンスリバウンドから連続得点。馬瓜ステファニー(トヨタ自動車アンテロープス)がミスマッチをついてインサイドで得点すると、今度は宮崎が3ポイントシュートとミドルシュートで連続得点を挙げる。さらに平下愛佳(トヨタ自動車アンテロープス)も3ポイントを沈め、14-0のランを作った日本は同点に追いつくことに成功した。終盤にも宮崎がスピードを生かしたアタックからレイアップを決めるなど存在感を示すが、逆転には至らず、26-29で試合を折り返した。

 後半開始のメンバーは赤穂に代わり馬瓜を起用し、前半10得点を挙げた相手エースのギャビー・ウィリアムズにマッチアップさせる。日本は宮崎のアシストから渡嘉敷が得点すると、今度は東藤のアシストから髙田がゴール下で追加点。さらに、宮崎の巧みなフローターショットで再び同点とするが、ここでも逆転できず。それでも、平下の強気な3ポイントや赤穂のジャンプシュートが決まり、なんとかフランスを追走する。終盤にはオコエ桃仁花(富士通レッドウェーブ)の3ポイントや、宮崎と渡嘉敷のホットラインで得点を重ねると、赤穂がオフェンスリバウンドを押し込む場面も。しかし、44-48と日本は追いかける形で第3クォーターを終えた。

 勝負の第4クォーター、開始直後に渡嘉敷のパスから髙田が得点を挙げる。しかし、その後日本は8分間近くにわたって得点が止まり、フランスに15-0のランを作られてしまう。ターンオーバーも増え、日本は反撃に転じることができず、苦しい展開に。終盤に宮崎のレイアップや、馬瓜のフリースローで得点を奪うと、平下も3ポイントをヒット。それでも、最後は53-67で3連敗を喫した。

 1勝3敗となった日本は、宮崎が13得点5リバウンド4アシスト、赤穂が9得点5リバウンド3アシスト、平下が3本の3ポイントを決めて9得点、髙田が8得点9リバウンド、渡嘉敷が5得点6リバウンドをマーク。リバウンドではフランスが計40本(内オフェンスリバウンドが10本)に対し、日本も計36本(内オフェンスリバウンドが9本)と肉薄したが、チーム全体での3ポイント成功率は21本中5本成功の23.8パーセントにとどまった。

 日本は次戦でオーストラリア代表(同3位)とのグループフェーズ最終戦に臨む。注目の一戦は27日の19時30分からティップオフだ。

■試合結果
日本 53-67 フランス
JPN| 5 |21|18| 9 |=53
FRA|16|13|19|19|=67

【FIBA女子W杯グループフェーズ・第4戦 女子日本代表3連敗…2Qに猛追もフランスに14点差の黒星】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/25(日) 21:49:43.95 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/japan/wnational/20220925/394128.html?cx_top=topix
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/09/image-3-1-768x576.jpeg

 9月25日、オーストラリアのシドニーで「FIBA女子ワールドカップ2022」が開催され、女子日本代表(FIBAランキング8位)はグループフェーズ第3戦で、セルビアとフランスを相手に2連勝と勢いに乗るカナダ代表(同4位)と対戦した。

 大会初戦のマリ戦に89-56で快勝した日本は、続く第2戦でセルビアに64-69で惜敗。この試合のスターティング5には髙田真希、赤穂ひまわり(ともにデンソーアイリス)、東藤なな子(トヨタ紡織サンシャインラビッツ)とこれまでの2試合同様の3人に加え、宮崎早織と渡嘉敷来夢(ともにENEOSサンフラワーズ)が名を連ねた。

 試合は渡嘉敷の3ポイントシュートでスタート。さらに、髙田がフリースローで得点を重ねると、強度の高いディフェンスでカナダを約4分間にわたって無得点に抑える。その後はカナダにバスケットカウントを奪われるなど、一気に同点に追いつかれるが、オコエ桃仁花(富士通レッドウェーブ)が3ポイントを沈めて再び日本がリードする。しかし、オコエと馬瓜ステファニー(トヨタ自動車アンテロープス)がファウルトラブルに陥ると、カナダに逆転を許す展開に。それでも、山本麻衣(トヨタ自動車アンテロープス)が髙田のゴール下のシュートを演出すると、自身でもドライブレイアップを決めて存在感を示す。しかし、計6つのターンオーバーを犯した日本は、終盤にかけてカナダのオフェンスを止められず、12-20で第1クォーターを終えた。

 続く第2クォーターでは序盤から髙田がレイアップで連続得点を挙げると、東藤も力強いドライブを見せ、日本が追い上げを見せる。さらに、宮崎もドライブレイアップを決めて2点差まで詰め寄るが、カナダに連続6得点を許して再びリードを広げられてしまう。それでも、中盤に平下愛佳(トヨタ自動車アンテロープス)が3ポイントを決めると、馬瓜が早い展開からファウルを獲得。フリースローを2本沈めて3点差とするが、直後から前半終了までカナダに13-0のランを作られ、25-41で試合を折り返した。

 16点のビハインドで迎えた第3クォーター、宮崎がレイアップを決めると、さらに渡嘉敷のゴール下の得点をアシスト。しかし、カナダのシュート確率が落ちず、ジリジリとリードを広げられる苦しい展開に。それでも、日本は中盤に平下がドライブで得点すると、オコエが連続3ポイントをヒット。さらに、安間志織(UMANA REYER VENEZIA)のスティールから平下が速攻で追加点を挙げ、日本が追い上げるを見せる。しかし、終盤はカナダの強固なディフェンスを崩せず、39-61とリードを拡大されて最終クォーターへ。

 勝負の第4クォーター、開始から馬瓜がドライブレイアップを決めると、髙田が自身のスティールから速攻レイアップでバスケットカウントを沈める。さらに平下もレイアップで追加点を奪うが、カナダは強度の高いディフェンスを保ち、大きく点差を詰めるには至らない。中盤に赤穂が3ポイントを決めると、終盤には馬瓜のレイアップや赤穂と山本のバスケットカウントなど、最後まで奮闘する日本。それでも、最後は56-70で敗戦した。

 1勝2敗となった日本は、髙田が11得点3スティール、オコエが3本の3ポイントを決めて9得点、平下が9得点、馬瓜が6得点、渡嘉敷と山本が5得点、赤穂が5得点6リバウンドをマーク。チーム全体での3ポイント成功率は35本中6本成功の17.1パーセントにとどまった。

 日本は次戦でフランス代表(同6位)とのグループフェーズ第4戦に臨む。注目の一戦は26日の15時00分からティップオフだ。

■試合結果
日本 56-70 カナダ
JPN |12|13|14|17|=56
CAN|20|21|20|9|=70

【FIBA女子W杯 日本代表がカナダに56-70で敗戦…強固なディフェンスを崩せずグループフェーズで2敗目を喫する】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/23(金) 18:20:25.59 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/japan/wnational/20220923/393663.html?cx_top=topix
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/09/image-12.jpeg

 9月23日、オーストラリアのシドニーで「FIBA女子ワールドカップ2022」が開催され、女子日本代表(FIBAランキング8位)はグループフェーズ第2戦でセルビア代表(同10位)と対戦した。

 大会初戦のマリ戦に89-56で快勝した日本は、過去2シーズン、デンソーアイリスでヘッドコーチを務めたマリーナ・マルコヴィッチ氏が率いるセルビアと国際大会で初めての対戦に臨んだ。スターティング5には髙田真希(デンソー)、山本麻衣(トヨタ自動車アンテロープス)、東藤なな子(トヨタ紡織サンシャインラビッツ)、赤穂ひまわり(デンソー)、オコエ桃仁花(富士通レッドウェーブ)が名を連ねた。

 セルビアに3ポイントシュートで先制されると、日本は試合開始から約2分半にわたり無得点となる。それでも、リングアタックを仕掛けたオコエがペイント内で初得点を挙げると、宮崎早織(ENEOSサンフラワーズ)がもレイアップで追加点を奪う。中盤に渡嘉敷来夢(ENEOSサンフラワーズ)がオフェンスリバウンドを押し込み、日本が一時逆転に成功。しかし、その後はセルビアの3ポイントが立て続けに決まるなど、大きくリードを広げられる。終盤に髙田が日本最初の3ポイントを決めるが、9-24と苦しい展開で第1クォーターを終えた。

 続く第2クォーター序盤、東藤や赤穂が得点を重ねると、中盤には馬瓜ステファニー(トヨタ自動車アンテロープス)が力強い速攻からファウルを獲得して追加点を奪う。さらに、平下愛佳(トヨタ自動車アンテロープス)が3ポイントを決めるなど、日本が追い上げる展開に。その後は髙田がフリースローやミドルシュートで繋ぐと、終盤にオコエと平下が連続で長距離砲をヒット。さらに、速攻の場面で赤穂の華麗なアシストから東藤がレイアップを決め、1点差まで詰め寄る。しかし、逆転には至らず、34-38で試合を折り返した。


第2クォーターにセルビアを猛追した日本[写真]=fiba.com

 迎えた後半、開始から日本は得点が伸ばせず、セルビアに再びリードを広げられる。残り6分6秒に髙田がジャンプシュートで日本の第3クォーター初得点を挙げると、東藤は巧みなステップでレイアップを沈める。終盤には宮澤夕貴(富士通レッドウェーブ)がジャンプシュートを決めると、終了間際には安間志織(UMANA REYER VENEZIA)が鋭いドライブからレイアップを決め、46-54で最終クォーターへ。

 勝負の第4クォーター、開始直後に宮崎のパスから髙田が得点を挙げる。さらに、宮崎は3ポイントを沈めると、自身のスティールから速攻レイアップを決めるなど、存在感を発揮。中盤には、渡嘉敷のレイアップが落ちたところを、赤穂が押し込む場面も。試合残り3分に宮崎のレイアップが決まると、馬瓜のフリースローで5点差に詰め寄る。日本はその後ターンオーバーからセルビアに得点を決められるも、赤穂がフリースローを決めて再び5点差に。しかし、それ以上点差を詰めることができず、最後は64-69で敗れた。

 惜敗した日本は、髙田が15得点、宮崎が11得点6アシスト、赤穂が10得点7リバウンドをマーク。チーム全体での3ポイントは22本中5本成功で22.7パーセントの成功率にとどまった。

 日本は次戦でカナダ代表(同4位)とのグループフェーズ第3戦に臨む。注目の一戦は25日の19時30分からティップオフだ。

■試合結果
日本 64-69 セルビア
JPN| 9 |25|12|18|=64
SRB|24|14|16|15|=69

【FIBA女子W杯 日本代表がセルビアに64-69惜敗…髙田、宮崎、赤穂が2ケタ得点もグループフェーズ1勝1敗に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/22(木) 18:41:01.62 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/wc/20220922/393453.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/09/ha-768x576.jpeg

 9月22日、オーストラリアのシドニーで「FIBA女子W杯2022」が開幕し、女子日本代表はグループリーグ初戦でマリ代表と対戦した。

 昨夏行われた東京オリンピックで史上初となる銀メダルを獲得し、今大会でもメダル獲得が期待される日本。スターティング5には髙田真希(デンソーアイリス)、山本麻衣(トヨタ自動車アンテロープス)、東藤なな子(トヨタ紡織サンシャインラビッツ)、赤穂ひまわり(デンソー)、オコエ桃仁花(富士通レッドウェーブ)が名を連ねた。

 試合は赤穂の得点でスタート。 その後マリのフィジカルを生かしたオフェンスに苦しむも、体を張ったディフェンスで対抗する。その一方でオフェンスはインサイドになかなか攻め込めずアウトサイドが中心となったが、平下愛佳(トヨタ自動車)が3ポイントシュートを3本射抜き、21-18で最初のクォーターを終えた。

 続く第2クォーターでは序盤に東藤、赤穂が立て続けに3ポイントシュートをヒット。これで勢いに乗った日本は、馬瓜ステファニー(トヨタ自動車)の積極的なアタックや平下、髙田、東藤の3ポイントで点差を広げ、47-29で試合を折り返した。

 前半だけで18点ものリードを奪った日本。第3クォーターの立ち上がりに赤穂がファウルを受けながらシュートを決め、獲得したフリースローを決めて3点プレーを完結させると、オコエや髙田がアウトサイドから射抜き、テンポ良く得点を重ねていく。

 22点リードで突入した最終クォーターも、攻撃の手を緩めることなく攻め続けた日本。このクォーターだけで23得点を奪って89-56で試合終了し、初戦を勝利で飾った。

 勝利した日本はチーム最年少の平下が最多となる17得点をマーク。そのほか、東藤が14得点、馬瓜が13得点、赤穂が12得点を挙げた。日本は明日、セルビア代表と対戦する。

■試合結果
日本 89-56 マリ
日本|21|26|19|23|=89
マリ|18|11|15|12|=56

【FIBA女子W杯が開幕!女子日本代表はマリ代表に89-56で快勝、チーム最年少の平下が最多17得点】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/15(月) 23:25:38.36 ID:CAP_USER9
スポニチ2022年8月15日 17:00
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/08/15/kiji/20220815s00011000489000c.html

日本バスケットボール協会は15日、イラン・テヘランで25日に開催されるW杯アジア予選イラン戦に向けた男子日本代表のイラン遠征(22~26日)に、米国国籍のトム・ホーバス監督(55)、ゲインズ・コーリー・コーチ(58)を派遣しないことを発表した。イラン戦は佐々宜央コーチ(38)が監督代行として指揮を執る。

米国政府がイランへの渡航禁止を定めていることや、直近の米国とイランの関係性を考慮し、外務省、在日米大使館、在イラン日本大使館などと意見交換した上で判断。浜武恭生事務総長は「100%の安全、安心の環境は保証できないとのことだった。既に選手にも説明して理解を得ている」と語った。

この日はイラン戦と30日のカザフスタン戦(沖縄アリーナ)に向けた日本代表の予備登録選手19人が発表され、ファジーカス・ニック(川崎)、比江島慎(宇都宮)、富樫勇樹(千葉J)、渡辺雄太、馬場雄大、河村勇輝(横浜BC)らが選出された。23年8月25~9月10日に開催されるW杯本大会はフィリピン、インドネシア、日本の共催で、日本は開催国枠で出場権を得ている。

【男子バスケ代表 W杯アジア予選の敵地イラン戦にホーバス監督を派遣せず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/05(金) 06:17:03.40 ID:CAP_USER9
8/5(金) 6:00配信THE DIGEST
https://news.yahoo.co.jp/articles/7bcc6984860471f9bd45133662b6c2d491720526

 8月4日、FIBA(国際バスケットボール連盟)が先月開催されたアジアカップ参加国の中から、将来有望な若手選手を発表。日本からは21歳の富永啓生が選ばれた。

 公式サイトに掲載されたメンバーは、今年のアジアカップに出場した16か国から各1人ずつ。富永はベスト8で敗退した日本の全5試合に出場し、渡邊雄太(平均15.3点)に次ぐチーム2位の平均15.2点、3ポイント成功率41.3%を記録した。

 記事では、「富永はアジアカップにおいて最も優れた若手スターの1人であることは間違いないが、その理由は彼の突出した成績によるものだけではない」と記載。「188cmのシューティングガードは効率的に多くの得点を稼いだが、それ以上にアカツキジャパンでリーダーシップを発揮していた」と、代表デビュー間もないながら堂々としたプレーぶりも高く評価された。
 
 この大会で富永がとりわけ鮮烈なインパクトを残したのが、8本の3ポイントを含む33得点を叩き出した準々決勝のオーストラリア戦だ。記事内でも「ユウタ・ワタナベがケガでプレーできなくなった時、トミナガは12/20のシューティングで33得点の大爆発を見せ、21世紀における21歳以下の最多得点を樹立した」と記されている。

 また、富永の1学年下で、同じ2001年生まれの河村勇輝についても「ディフェンスで脅威となり、日本のテンポを押し上げ、ファンを楽しませた」と言及。ほかにも23歳の西田優大と井上宗一郎も、「日本の未来を担う重要な存在」として名前を挙げられている。

 日本バスケットボール協会は4日、今月末のワールドカップ予選に向けた代表候補16名を発表したが、富永は在学する米ネブラスカ大に戻るためすでに出国。来春まではNCAAのシーズンがあるため、次に日本代表に合流するのは来年8月のワールドカップ本番になることが予想される。世界が注目する和製シューターが、一回り成長して帰ってくることを期待したい。

構成●ダンクシュート編集部

【FIBA公式「アジアの有望な若手」に日本の富永啓生が選出。「21世紀における21歳以下の最多得点を樹立した」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/30(土) 06:02:00.71 ID:CAP_USER9
7/30(土) 5:02配信 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/e1ebf2e6b151265f250b6e85476e62a5b17e97fb

 不倫騒動があったバスケットボール男子日本代表候補の岡田侑大(24)について、所属クラブのB1信州ブレイブウォリアーズは制裁を科さない方針であることが29日までに分かった。

 B1信州は日刊スポーツの取材に対し、「今のところ先日(13日)の発表がすべてです」と回答した。Bリーグ規約第3条には「公序良俗に反する行為および社会的規範に反する行為を行ってはならない」と明記されている。クラブとして、今回の件がこの一文には抵触しないとの認識も示した。

 B1信州は岡田の不倫報道があった翌日の13日、「弊社として選手のプライベートについて関与はせず」とのスタンスを片貝雅彦社長名義で公表していた。その際に岡田に対しては「今後プロ選手としてふさわしい行動をとっていくよう伝えてまいります」とするにとどめていた。

 不倫報道があった翌日、岡田は自身のSNSで事実を認めて謝罪。交際相手の尾島早都樹(さつき)アナウンサーは、在籍していた長野放送を27日までに退職した。

 岡田に続いて不倫騒動を報じられた元日本代表の狩野祐介(32=B1滋賀レイクス)は22日、所属先から8月31日までのチーム活動参加禁止などの処分を受けた。Bリーグの新シーズンは9月末に開幕する。

 バスケットボールの不祥事では18年アジア大会(ジャカルタ)開催中に買春行為が発覚した際、4選手に対して日本協会から1年間の公式試合出場停止処分が下された。

【不倫騒動の信州ブレイブウォリアーズ・岡田侑大にクラブは制裁を科さぬ方針、交際相手の女子アナはすでに退職】の続きを読む

このページのトップヘ