SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

体操競技

1: 名無しさん@恐縮です 2021/10/24(日) 08:45:16.69 ID:CAP_USER9
体操の世界選手権(北九州市立総合体育館)が熱戦を繰り広げているが、中継局のテレビ朝日に対して「またか…」と失望の声が漏れている。

 今大会、男女予選(18、19日)は地上波中継がない代わりに、テレビ朝日が出資するネット放送局「Abema」で生中継。

しかし、男女個人総合と種目別の決勝(20~23日)はライブ中継がなく、テレビ朝日は30分~2時間遅れの〝ディレイ放送〟を行った。

見ている側は一瞬「生中継なのか?」と錯覚するような作りだが、画面に「LIVE」の表示はない。連日のようにSNSでは「自国開催なのに、なぜ生中継しないのか?」「リアタイじゃないスポーツ大会は価値ナシ」と厳しい意見が続出した。

 批判の理由は〝ネタバレ〟だ。今大会は有観客で行われ、結果をいち早くSNSでつぶやく観客もいる。各メディアも結果速報を流すため「ドキドキして見ているのに、ネットで結果が分かっちゃう」と嘆くファンは少なくない。

また、日本の新エース・橋本大輝が銀メダルを獲得した男子個人総合決勝では「あん馬」の放送中に「落下注意!」のテロップ。実はこの時、すでに橋本はあん馬から落下した直後で、図らずも落下を〝予告〟する形となってしまった。

 近年、この手の録画放送はフィギュアスケートでも主流だ。海外大会の場合は日本時間の早朝~昼間に行われた競技をゴールデンタイム(午後7~10時)に録画放送して視聴率を稼ぐのが常とう手段。  

今回は自国開催なので生中継でも問題なさそうだが、テレビ関係者によると「無駄な時間をカットし、日本人選手中心に流した方が数字を見込める。30分もあればきれいに編集できますから」と実情を明かす。また、流血などの大ケガが発生した場合の対策という観点もあるようだ。

 すべての情報がリアルタイムで瞬時に伝わる時代。テレビ局にも諸事情があるが、いまや視聴者のイライラは〝テレビ観戦あるある〟と化している。

東スポ 10/24(日) 5:15
https://news.yahoo.co.jp/articles/5205b94900ee8c5d035a60e8db19e3e5178e3761

写真
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211024-03743977-tospoweb-000-1-view.jpg?w=640&h=427&q=90&exp=10800&pri=l

【またか… 世界体操・紛らわしい “ディレイ放送”でテレビ局に失望の声「ネットで結果分かっちゃう」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/10/22(金) 20:43:58.92 ID:CAP_USER9
橋本大輝優勝逃す
Men's Artistic Gymnastics - All-Around Final
https://live.gymnastics.sport/live/16634/mensfinal.php?app=aa
1
Zhang BohengCHN CHN87.981
2
Hashimoto DaikiJPN JPN87.964
3
Kovtun IlliaUKR UKR84.899

【世界体操 男子個人総合結果】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/10/21(木) 23:08:27.20 ID:CAP_USER9
体操 世界選手権 女子個人総合 メルニコワが初優勝 |NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211021/k10013317031000.html

2021年10月21日 22時54分

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211021/K10013317031_2110212214_2110212254_01_02.jpg

北九州市で開かれている体操の世界選手権は女子個人総合の決勝が行われ、ロシア体操連盟のアンジェリーナ・メルニコワ選手が初めて優勝しました。

世界選手権は大会4日目の21日、4種目の合計で争われる女子個人総合の決勝が行われ、上位24選手が出場しました。

東京オリンピックのこの種目の銅メダリストで、今大会の予選でトップだったメルニコワ選手は、21日の演技では段違い平行棒でトップの得点をあげたほか、他の3種目でもそれぞれ2位の得点をマークして4種目合計56.632で大会初優勝を果たしました。

2位は、リアン・ウォン選手、3位は、ケーラ・ディセロ選手で、アメリカ勢が入りました。

(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

【体操世界選手権・女子個人総合 メルニコワが初優勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/10/20(水) 20:43:49.83 ID:CAP_USER9
10/20(水) 20:36配信
デイリースポーツ

畠田瞳

 「体操・世界選手権」(20日、北九州市立総合体育館)

 日本体操協会は20日、女子個人総合予選4位で、メダル獲得も期待された畠田瞳(21)=セントラルスポーツ=がこの日の練習中に首を負傷し、21日の決勝を棄権すると発表した。

 畠田はこの日の夕方、北九州市内の練習場で段違い平行棒の手放し技(コモア)で落下した際に首を負傷。中心性脊髄損傷・頸椎打撲と診断された。

 今大会限りで引退の可能性がある村上茉愛からエースを引き継ぐことが期待される21歳を、まさかのアクシデントが襲った。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211020-00000123-dal-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/569614d848d55822dd39a4344636f5a0df1997f0

【世界体操・女子個人総合予選4位 畠田瞳が決勝を棄権 練習で首負傷 脊髄損傷・頸椎打撲と診断】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/08/23(月) 05:32:05.96 ID:CAP_USER9
「妖精」コマネチさん、レオタード姿で華麗ジャンプ姿披露「エレガンス」「ビューティフル」
2021年8月22日 18時18分スポーツ報知
https://hochi.news/articles/20210822-OHT1T51180.html
ナディア・コマネチさんのインスタグラム(@comaneci10)より
https://hochi.news/images/2021/08/22/20210822-OHT1I51211-L.jpg
ナディア・コマネチさんのインスタグラム(@comaneci10)より
https://hochi.news/images/2021/08/22/20210822-OHT1I51212-L.jpg


 体操女子の1976年モントリオール五輪金メダリストで「白い妖精」と呼ばれたルーマニア出身のナディア・コマネチさん(59)が自身のインスタグラムを更新。レオタード姿で華麗にジャンプする姿を公開した。

 コマネチさんは、現役時代と同じ体のサイド部分にラインが入ったレオタード姿を披露。妖精のように華麗に舞った若かりし写真と同じようにジャンプする動画をアップした。

 フォロワーからは「elegance」「Perfect 10」「Wonderful!!!!!」

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

【“白い妖精”コマネチさん、レオタード姿で華麗ジャンプ姿披露「エレガンス」「ビューティフル」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/09/22(水) 19:59:14.71 ID:CAP_USER9
体操の全日本シニア選手権(23日、山形・酒田市国体記念体育館)に出場する内村航平(ジョイカル)が22日、会見を行った。

 種目別鉄棒で金メダルを目指した東京五輪は予選でまさかの落下。五輪後、以前から痛めていた肩や腰に加え、股関節の痛みも激しくなったという。そこから痛みは派生し、「全関節が痛い。しまいにはあごも痛くなって。ハンバーガー食えない。口開けると、あごが外れちゃう」と明かした。

 10月には生まれ故郷の福岡・北九州市で世界選手権が控える。状態には不安が残るが、「世界選手権に向けて、いい形でつなげられたら」と話した。

写真 https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210922-00000168-spnannex-000-10-view.jpg?w=460&h=640&q=90&exp=10800&pri=l

9/22(水) 14:29 スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/6ef8fde0b5ec0ad3ee38d401256e2b869f4731c6

【体操の内村航平「ハンバーガー食えない…」「口開けると、あごが外れちゃう」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/09/24(金) 14:39:12.48 ID:CAP_USER9 BE:324893549-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
9/24(金) 14:31
日刊スポーツ

新体操フェアリージャパンの横田葵子、熨斗谷さくらが現役引退
熨斗谷さくら(16年6月撮影)
新体操日本代表「フェアリージャパンPOLA」の横田葵子(24=クラシエホールディングス)と熨斗谷さくら(23=日女体大学院)が現役引退を発表した。24日に日本体操協会を通じて決断を伝えた。

東京五輪代表を目指したが、直前のケガで本番の舞台に立つことはなかった横田。「約8年間、新体操日本代表として活動させて頂きました。最終的に、東京オリンピックに出場する事ができず、悔しい気持ちもあります。ですが私は東京オリンピックまでどんな事があっても、最後まで自分らしく元気に明るくやり切ると決めていました。だからこそメンバーから外れて、なかなか気持ちの面で整理ができない自分がいましたが、最後までチームのために明るく練習して、みんなを送り出したいという気持ちでやりました」とコメントを寄せた。今後については「これから私は新体操から離れ、所属させて頂いている会社で働くことになります。新たな世界に入るので、初めてのことだらけで大変な事もあると思いますが、『自分らしく・明るく・元気に』を大切にしていきたいです」と第2の人生を歩む。

熨斗谷はメダル候補の団体メンバーに1人として臨んだ東京五輪では8位。「選手生活を経て、私もその道を作る人になりたいと考え、今後は指導者として活動していきたいと思います。そのために現在、大学院にてジュニアの指導法などを中心に、研究を始めております。不器用ながら、選手として歩んで参りました。これからも同じように遠回りすることがあるかもしれません。それでも、自分の目標に向かって歩み続けたいと思います」とコメント。今後は指導者への道へ進む。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210924-39240472-nksports-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/96cafc257d0dd40fd4101bd4f0446e3a6e2a56d4

【新体操フェアリージャパンの横田葵子、熨斗谷さくらが現役引退】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/08/21(土) 07:39:48.73 ID:CAP_USER9
8/21(土) 5:15配信
東スポWeb

鉄棒でまさかの予選落ちを喫した内村航平(ロイター)

【東京五輪 祭典の舞台裏(最終回)】東京五輪の体操競技で〝事件〟が起きた。種目別の鉄棒に絞って3大会連続金メダルを狙った体操界のキング・内村航平(32=ジョイカル)は予選でまさかの落下。競技初日に姿を消すあっけない幕切れとなったが、この結末によって体操ニッポンには新たなテーマが誕生。体操関係者も期待を寄せるワクワクの展開とは?

 キングの落下は衝撃を与えた。春先の選考会から金メダル級のハイスコアを連発。予選突破は間違いないと思われたが、大技直後の難易度の低いひねり技で失敗し、周囲は騒然となった。試合後、本人は落下の理由を「考えても分からない」と語ったが、現場にいた関係者は誰もが「信じられない」と目を疑った。

 大会前の合宿では「金メダル取り」の準備は完璧だった。予選(7月24日)と決勝(8月3日)と全く同じ「中9日ローテ」で試技会を行う徹底ぶり。関係者によると「決勝の演技順が何番になってもいいように、ぶっつけ本番で器具に触れる想定もしていた」という念の入れようだった。個人総合と団体を諦めた内村が鉄棒で金メダルを取って健在をアピール…というストーリーは崩れ去ったが、実は今になって関係者から「面白い展開になってきた」との声が出始めている。

 そのキーマンは今大会で個人総合と鉄棒を制した橋本大輝(20=順大)だ。キング落下の暗いムードを打ち消すように、2つの金メダルを獲得。しかも団体でもチームの要として銀メダルに導く活躍を見せ、世代交代を強烈に印象づけた。そして、この両者が10月18日開幕の世界選手権(福岡・北九州市立総合体育館)で激突するのだ。

 内村は「自分の生まれ故郷で世界選手権ができるという、この上ない幸せ」と語っている。五輪の汚名返上に燃えており、意地でも金メダルを狙いにくる。そして〝内村の後継者〟と言われてきた橋本は五輪で飛躍し、新エースの座を奪い取った。これにより、図らずも「新旧キング対決」「世代交代マッチ」という対立軸ができ上がり、五輪の〝続編〟につながった。金メダル獲得後、橋本は「早く追いついて、越せるようになりたい」と内村への思いを語ったが、10月の福岡はその絶好の舞台となるだろう。

 体操ニッポンの明暗をクッキリ分けた東京五輪。その舞台裏では、秋決戦への〝伏線〟が張られていたようだ。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210821-03543295-tospoweb-000-10-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/32b5b77a69aa9baeccbdac574e4b9c6b286f5b12

【内村航平、まさかの五輪予選 “落下” 世界選手権で橋本大輝との「世代交代マッチ」突入へ】の続きを読む

このページのトップヘ