SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

バレーボール

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/13(木) 21:36:27.10 ID:F7OwS3ty9
https://hochi.news/articles/20240613-OHT1T51193.html
2024年6月13日 21時32分
スポーツ報知

◆バレーボール ネーションズリーグ女子福岡大会第3日 ●日本 2(25-23、25ー22、21-25、20ー25、14ー16) カナダ○(13日、北九州市西日本総合展示場)

 パリ五輪出場権を懸けたネーションズリーグ女子福岡大会第3日は13日、北九州市西日本総合展示場で1次リーグが行われ、世界ランク6位の日本は、同10位のカナダにフルセットで敗れ、この試合での6大会連続の五輪出場は決まらなかった。勝てば8勝2敗とし、世界ランキングによる五輪の出場権獲得が確定していたが、15日のセルビア戦に持ち越しとなった。

 日本は第1セットを25-23で先行。続く第2セットも25-22と突き放したが、第3セット以降にカナダの大反撃に遭った。第4セットは最大7点差の16ー23から踏ん張りながらも21-25で落とし、最終第5セットは11ー9から追いつかれた後、14-14と競ったが、最後はカナダに16点を先取されて試合終了のホイッスルとなった。

 パリ五輪出場権の残り5枠は1次リーグ終了後の17日付世界ランキングで決まる。パリ五輪の出場チームは全12で、昨年の五輪予選で出場権を獲得したトルコ、米国、ブラジル、セルビア、ポーランド、ドミニカ共和国と、開催国・フランスの7チームが決定済みで、残る5枠を16チームが参加したNLで争っている。アジア・オセアニア、アフリカ大陸はまだ出場権を得ておらず、日本はアジア最上位となるか、すでに出場を決めたチームなどを除く上位3か国に入ることが条件。

【日本女子のネーションズリーグ成績】

▼第1週(開催地トルコ)

トルコ   3○2

ブルガリア 3○0

ドイツ   3○0

ポーランド 0●3

▼第2週(開催地マカオ)

ブラジル  2●3

フランス  3○0

中国    3○1

ドミニカ共和国 3○1

▼第3週(福岡)

韓国 3○0

カナダ 2●3

▽15日 セルビア

▽16日 米国

※福岡大会の日本の試合日程(12~15日は午後7時20分開始、16日は同6時45分開始)

【VNL女子福岡大会 日本、パリ五輪出場決め切れず カナダに痛恨フルセット大逆転負け…五輪切符は15日セルビア戦に持ち越し】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/13(木) 19:13:55.82 ID:Pi3Fhyzd9
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240613-00000146-kyodonews-000-3-view.jpg?pri=l&w=640&h=428&exp=10800

6/13(木) 17:31配信

共同通信
韓国に勝利し、記念撮影する日本の選手ら=12日、北九州市西日本総合展示場

 パリ五輪出場権を懸けたバレーボールのネーションズリーグ女子福岡大会第3日は13日、北九州市西日本総合展示場で1次リーグが行われ、6大会連続の切符を狙う日本はカナダと対戦する。7勝2敗の日本は、勝てば世界ランキングによる出場権獲得が確定する。カナダは5勝4敗。

 パリ五輪出場権の残り5枠は1次リーグ終了後の17日付世界ランキングで決まるが、日本はカナダに勝つと、残り2試合で敗れても出場圏内にとどまる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/973651e0570b54be96406312e275325757d05473

【バレー女子日本代表、五輪懸けてカナダ戦 勝てば出場権獲得が確定】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/12(水) 22:00:19.08 ID:nswSl2ZB9
スポーツ報知
2024年6月12日 20時41分
https://hochi.news/articles/20240612-OHT1T51228.html

◆バレーボール ネーションズリーグ女子福岡大会 日本 3―0 韓国(12日、北九州市西日本総合展示場)

 1次リーグ第3週がホームで始まり、パリ五輪の出場権獲得を目指す日本は、アジアの宿敵・韓国を3―0で下し、7勝2敗とした。17日付の世界ランクで決まる五輪切符獲得へ、韓国にストレート負けした場合、ランクに関わるポイントで18・99点も失っていただけに、大きな勝利でホーム初戦を飾った。

 ホームでは21年東京五輪の1次リーグで2―3で敗れていた相手に対し、第1セット(S)は石川真佑の強烈なスパイクから幕を開けた。その後は岩崎こよみのサービスエースなどで4連続得点。中盤は一進一退の展開が続くも、15―11から主将・古賀紗理那の連続得点が決まるなど、18―11と突き放した。終盤にも立て続けに得点を奪い、最後は石川が締めて25―16で先取した。

 第2Sは序盤から互いに譲らず、5―5に。そこから日本は石川のスパイクが決まるなど、3連続得点とした。韓国がタイムアウトを取るも、流れを切らさず石川、古賀がスパイクを決め点数を重ねた。石川のブロックも光り、6連続得点で11―5とした。だが、相手も負けじと4連続得点で11―9と差を詰められた。12―10からは荒木彩花のブロックポイントを手始めに、岩崎のサービスエース、石川のバックアタック、林琴奈のライトからのスパイクが決まるなど、17―10と再び突き放した。終盤には途中から出場した和田由紀子が2得点を挙げるなど、25―16で2S連取とした。

 第3Sは序盤から林、古賀が2得点ずつマークするもミスが響き7―10と劣勢に。だが、長いブロックの末に石川がブロックを決めると、再び流れが日本に傾いた。4連続得点で11―10と逆転。その後は韓国に3連続得点を奪われ、この日最初のタイムアウトを要求した。17―7と互角の試合を繰り広げるも、相手のサービスエースなどで17―20とピンチに。再度タイムアウトを取ると、途中出場の渡辺彩、宮部藍梨が得点し20―20と追い上げた。石川が3得点を積み重ねて23―21に。ラストは古賀がレフトから強烈なスパイクを決めて、25―23で競り勝ち、宿敵にストレート勝ちを収めた。

 次戦は五輪切符を争うカナダとの重要な一戦。6大会連続の五輪出場に勢いをつける。

 ◇福岡大会の日本の試合日程(12~15日は午後7時20分開始、16日は同6時45分開始)

 ▽12日 3―0韓国(38位)

 ▽13日 カナダ(10位)

 ▽15日 セルビア(8位)

 ▽16日 米国(5位)

カッコ内は試合前の世界ランク。日本は6位。

 ◇日本女子のパリ五輪への道 12枠のうち、昨年五輪予選で出場権を獲得したトルコ、米国、ブラジル、セルビア、ポーランド、ドミニカ共和国と、開催国・フランスの7チームが決定。残る5枠は16チームで争うNL1次リーグ終了時の17日付の世界ランクで決定。アジア・オセアニア、アフリカ大陸はまだ出場権を得ておらず、日本はアジア最上位となるか、すでに出場を決めたチームなどを除く上位3か国に入ることが条件。

【VNL女子福岡大会 日本、格下の韓国に3-0で快勝 負ければ大幅減点もなんのストレート勝ち】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/12(水) 15:16:17.74 ID:nswSl2ZB9
2024/06/11 17:00
https://news.goo.ne.jp/article/minkei/region/minkei-takadanobaba1288.html

「第88回早慶バレーボール定期戦」が早大の早稲田アリーナ(新宿区戸山1)で6月8日、行われた。(高田馬場経済新聞)

 早稲田大学応援部チアリーダーズのパフォーマンス=早大で「早慶バレーボール定期戦」

 「早慶バレーボール定期戦」は、男子戦が1935(昭和10)年から、女子戦が1984(昭和59)年から続く、伝統の一戦。隔年で早大と慶大を交互に会場にして開催している。今年のテーマは「継承と発展」。2600人近い来場者があった。

 早大男子バレーボール部は昨年、春季と秋季の関東リーグ、東日本インカレ、全日本大学選手権の4冠を達成している。副務の板垣慧さんは「高校生の春高バレーや強い日本代表に比べ、大学バレーだけがテレビ中継もされず、盛り上がりに欠けると思い、大学バレーの付加価値向上を目指した」と話す。今年から全席を有料化し、エンターテインメント性を高めることに注力した。

 DJの導入で無音時間を少なくし、2セット目、3セット目の間ではVリーグに倣い、応援部のパフォーマンスを実施。コートサイドパネルも設置することで、協賛企業の紹介や両校のパネルを集めて設置したり、コートチェンジも廃止したりすることで、早慶対抗の雰囲気を強くして、来場者に楽しんでもらえるように工夫した。

 早大周辺の飲食店(ワセメシ)にも協力を仰ぎ、4店舗が早稲田アリーナの地上部分「戸山の丘」でワセメシ弁当を販売。早大女子バレーボール部・副務の中河果子さんは「2年に1回の早稲田開催なので、来場された方に早稲田の良さの一つであるワセメシの魅力を知ってもらいたかった」と話す。

 食事をしていた女子高校生は「バレーボールをしていて、早稲田の試合が見たかった。ワセメシ弁当のことはインスタグラムで知って、楽しみにしていた」と話す。出店した「早稲田モンスターズキッチン」店主の花田富樹さんは「バレーボール部の皆さんの熱意に動かされ、弁当を提供することにした。学生と街が一つになっている早稲田ならではの、新しいチャレンジだったと思う」と話す。

 中河さんは「早稲田アリーナ開催の早慶戦で初となるワセメシ弁当の販売を完売で終えることができ、安心した。協力いただいた店には感謝を伝えたい。『バレーボール早慶戦』の魅力の一つとして、来年以降も後輩がワセメシ弁当の提供を引き継いでくれたらうれしい」と話す。

 試合は男子戦がセットカウント3-0(25-20、25-19、32-30)、女子戦がセットカウント3-0(25-22、25-17、25-17)で共に早大が勝利し、戦績を男子が69勝19敗、女子が38勝3敗とした。

【早大で「早慶バレーボール定期戦」 ワセメシ弁当の提供やエンタメ性追求も】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/10(月) 19:12:49.72 ID:Os5lxKDq9
2024/06/10 17:18

6月8日、日本が3-1で勝利を収めたバレーボールネーションズリーグのスロベニア戦。福岡県北九州市で開催されたこの試合はテレビ中継もされ、日本中を沸かせた。

パリ五輪の前哨戦ともいえる今大会。この日の試合では髙橋藍(22)や西田有志(24)の活躍が光ったが、視聴者が注目したのはチームの健闘だけではない。木村拓哉(51)・工藤静香(54)の長女・Cocomi(23)とみられる人物が中継のカメラに映り込んだのだ。

「Cocomiさんによく似た女性は、日の丸がプリントされたハチマキを巻き、スティックバルーンと呼ばれる応援グッズを持つほどの気合の入りよう。隣には友人らしき女性がいました。試合前にCocomiさんは、Instagramのストーリーズにバレーボール協会のスロベニア戦に関する投稿を引用し、《let’s goooooo》と投稿していたので、中継に映り込んだのは本人で間違いないでしょう」(スポーツ紙記者)

Cocomiはかねて“バレーボール好き”を公言している。

「Cocomiさんは高校バレーを題材にした漫画『ハイキュー!!』が大好きで、バレーボール愛は凄まじいもののようです。昨年の10月にも、妹のKoki,さん(21)と東京・国立代々木競技場第一体育館でスロベニア戦を観戦しており、その様子をSNSに投稿していました」(前出・スポーツ紙記者)

今回も応援グッズを手にするなど、SNS上にはその本気度の高さに好感を持ったという人も。

《バレー見てたら、Cocomi ちゃん映った笑 めっちゃ可愛かった ハチマキ付けて応援してた》
《S1にcocomiちゃん映ってた ハチマキしてるの推せる》

いっぽうで、Cocomiの観戦をよく思わない人も。

「近年、男子バレーはアイドル的人気を博しており、チケット価格が高騰することもしばしば。昨年10月の観戦時には、Koki,さんがInstagramに投稿した姉妹の写真で二人が“関係者パス”を身につけているように見えたため“不公平だ”との声も上がりました。加えて、Cocomiさんのあまりにも強い“バレー愛”に、選手の誰かと付き合っているのではないかと不審がるファンも多いようです」(前出・スポーツ紙記者)

実際、X上には次のような声が。

《Cocomiバレーの誰かと付き合ってんのか…いやだーーーー!!!!笑》
《cocomiがバレー選手と付き合っておりませんように》
《昨日のバレーにcocomiが見に来とった話、もし高橋藍と繋がったら、藍くんがキムタクと工藤静香の婿になる世界線がある?大横転》

何かと注目されてしまうCocomiの行動。果たして、バレーボール愛の真相はーー。

https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2335126/

【「付き合ってませんように」Cocomi 男子バレーの試合に応援姿が映り込みもファン悲鳴…以前も“関係者パス”観戦で波紋】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/10(月) 18:12:25.84 ID:N0F+Iwkn9
TBS
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/1221099
2024年6月10日(月) 17:00

パリ五輪出場を目指す眞鍋ジャパンにとって、五輪6大会連続出場への切符をかけた最後の戦い、ネーションズリーグ。第2週を終えて世界ランク6位につける女子日本代表は、いよいよ12日から、運命の第3週・福岡ラウンドを戦う。

■残りのパリ五輪出場枠は「5」

パリ五輪に出場できるのは男女各12か国で、女子はすでにトルコ(1位)、ブラジル(2位)、ポーランド(3位)、アメリカ(5位)、セルビア(8位)、ドミニカ共和国(11位)と開催国のフランス(19位)を含めた7か国が五輪出場を決めている。
残り5枠はネーションズリーグの予選ラウンド終了時の世界ランキングによって決定。日本が出場権を獲得するには、福岡ラウンドが終わった時点の世界ランキングが、アジア・オセアニア地域で最上位、または出場権未獲得の国のうち上位3位以内に入る必要がある。※カッコ内は世界ランキング

【残り5枠の行方】
・世界ランキングがアジア最上位
・世界ランキングがアフリカ最上位
・出場権未獲得の国のうち上位3位以内

■現在、世界ランキングでアジア最上位の眞鍋ジャパン

第2週を終え、日本の世界ランク6位はアジアで最上位。予選最終週を福岡で戦う日本は、12日に韓国(38位)、13日にカナダ(10位)、15日にセルビア(8位)、16日にアメリカ(5位)と対戦する。今大会は一試合毎、さらにセットカウントによりランキングポイントが大きく変動。アメリカ戦以外は日本より下位のチームとの対戦となるが、下位のチームに敗れると、ランキングのポイントが大きく引かれるため、負けられない戦いが続く。

日本のランキングポイントは329.62。アジア最上位枠を争う中国(7位)は327.57で、その差は2.05とわずか。中国は、第3週(香港ラウンド)に、ブルガリア(23位)、ドイツ(12位)、トルコ(1位)、ポーランド(3位)と戦う。ランキング上位2チームとの対戦を残していることもあり、結果次第で世界ランキングが日本と入れ替わる可能性もある。

【世界ランキング】※印は五輪出場決定国
1位 トルコ※ 388.69
2位 ブラジル※ 382.13
3位 ポーランド※ 373.16
4位 イタリア 358.51
5位 アメリカ※ 346.78
6位 日本 329.62
7位 中国 327.57
8位 セルビア※ 324.00
9位 オランダ 290.95
10位 カナダ 288.74
11位 ドミニカ共和国※ 267.49
-----------------------------------
19位 フランス※ 167.11
38位 韓国 99.22

日本の第3週(福岡ラウンド)の初戦、韓国戦(12日)のランキングポイントの変動は下記の通りとなる。

日本が3-0で勝ち +1.01
日本が3-1で勝ち +0.01
日本が3-2で勝ち +0.01
日本が2-3で負け -13.99
日本が1-3で負け -16.49
日本が0-3で負け -18.99

TBS NEWS DIG Powered by JNN

【眞鍋ジャパンのパリ五輪出場条件は 6大会連続切符へ12日からの福岡ラウンドが最後のチャンス/VNL女子】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/09(日) 20:31:56.79 ID:Xh7gAY//9
2024.06.09
著者 : THE ANSWER編集部
https://the-ans.jp/news/425964/
https://pbs.twimg.com/media/GPnadM5akAAZ0JQ?format=jpg

■男子ネーションズリーグ、トルコvsドイツで死闘
 北九州市で行われているバレーボール男子のネーションズリーグで9日、「44-42」という衝撃のスコアが誕生し、ファンを混乱に陥れている。ドイツ―トルコの一戦。「バグだと思った」「これは壮絶な試合」「体力やばない?」と衝撃を受けた様子のコメントが集まった。

 世界ランキング12位のドイツと、14位のトルコの試合は第1セットを25-22でドイツが奪った。そして第2セットは、24-24からデュースが延々と続く死闘に。どちらのチームも2点差をつけられず、スコアを重ねていった。最終的に44-42でトルコが奪取した。

 大会の公式Xが「トルコvsドイツ これはどういう状況ですか??笑 42-41??」と題して終盤のスコアボードの画像を公開すると、ファンからは「ふつーにえぐい。」「バレーボールの試合のスコアよね」「これは壮絶な試合」と混乱した様子のコメントが連なった。

 午後3時30分開始の試合は、午後5時を過ぎてもまだ第2セット終了したばかり。「体力やばない?しぬやん」と選手のコンディションを心配する声もあった。第3セットは25-23でドイツが奪い、セットカウント2-1とリードした。

(THE ANSWER編集部)

【男子バレーで44-42の衝撃スコア誕生 場内モニターに映り「バグだと思った」とX混乱「壮絶だ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/08(土) 22:43:24.79 ID:nsNvIZIw9
6/8(土) 21:24配信

THE ANSWER
買取大吉 バレーボールネーションズリーグ2024福岡大会
スロベニアに勝利したバレーボール男子日本代表【写真:VNL提供】

 バレーボールネーションズリーグ(VNL)2024福岡大会(西日本総合展示場)は8日、予選ラウンド第2週で世界ランク5位の男子日本代表が同6位スロベニア代表と対戦。3-1(25-23、19-25、26-24、25-21)で勝利した。世界ランク4位に再浮上。これで福岡大会の全4試合が終了。52年ぶりのメダル獲得を狙うパリ五輪が迫る中、18日からはフィリピン・マニラで開催される予選ラウンド第3週に臨む。

【動画】「魅せるなぁー」「ゴリラがいる」 強烈なサービスエースを決めて雄叫びを挙げる西田有志の実際の映像

 この試合前、ブラジルが世界1位ポーランドに勝利したことで、日本は世界ランクが4位から5位にダウン。24日付の世界ランキングを基にパリ五輪の組み合わせが決まるため、シード獲得へ5位以内をキープしたい状況だ。ここまで6戦全勝のスロベニアは世界ランク上位を争う相手。日本は勝てば4位再浮上、負ければ6位転落の重要な一戦となった。

 パリ五輪の出場権をまだ確定させていないスロベニアを相手に、日本は7日のポーランド戦で登録を外れていたセッター関田誠大とミドルブロッカー高橋健太郎を登録。スタメンには前戦で“温存”された主将・石川祐希、高橋藍、西田有志に加え、関田、小野寺太志、山内晶大、山本智大が起用された。

 第1セット(S)は序盤から石川、西田が得点を重ねるも中盤でスロベニアに先行される展開。しかし16-19から高橋藍が2本続けてスパイクを決めると、18-19からはサービスエース。360度を囲んだ日本ファンから地鳴りのような歓声が起きた。勢いに乗った日本が逆転し、このセットをものにした。

 続く第2Sはスロベニアのブロックが猛威を振るう苦しい立ち上がり。山内、西田らの得点で食い下がるが、日本のVリーグ・ジェイテクトでプレーしたウルナウトに連続でサービスエースを決められるなど19-25でセットカウント1-1のタイに戻された。

 互いに譲らなかった第3S、20-20の場面にピンチサーバーで起用されたチーム最年少の20歳・甲斐優斗が見事にサービスエース。その後、一度はスロベニアにセットカウントを握られるも、石川、西田のスパイクで再逆転。最後は必死の守備から高橋藍が押し込み、26-24で勝利に王手。

 第4Sも勢いを止めず、西田が終盤にも得点を重ねて、この試合26得点。最後のスパイクも豪快に叩き込み、セットカウント3-1。パリ五輪へ向けて大きな1勝を掴んだ。

 VNL男子大会は18日からフィリピン・マニラで開催される予選ラウンド第3週を経て、8チームが27日からポーランドで開催されるノックアウト方式のファイナルラウンドに進出する。なお、日本女子は残り4枠の五輪出場権を懸け、11日開幕の予選ラウンド第3週(福岡・西日本総合展示場)を迎える。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7acd4054b7e76eeca4c0a5f2d894d118d540d971

【VNL男子福岡大会 日本、全勝スロベニア撃破で世界4位再浮上! 西田26得点の躍動、五輪シード獲得へ大きな1勝】の続きを読む

このページのトップヘ