SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ラグビー

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/28(木) 14:16:53.71 ID:R5giTQfB9
rugbypublic 12/28(木) 8:35

満員のスタンドが続いたRWC2023。(撮影/松本かおり)https://i.imgur.com/7AP9jnD.jpg

 12月16日に開かれたフランス協会臨時総会で、同協会の収支が2022-2023、2023-2024の2期にわたって大幅な赤字であることが報告された。

 損失額は、2022-2023が1600万ユーロ(約25億1607万円)、2023-2024が2400万ユーロ(約37億7411万円)、合計4000万ユーロ(約62億9018万円)に上る。

 主な原因として、今年おこなわれたワールドカップ(以下、W杯)フランス大会で見込んでいたほどの収益が得られなかったことがまず一つ。

 スタジアムは満席、大会は盛り上がっていた。ホスピタリティ・プログラムも12000パッケージを販売し、過去2大会を上回り最高記録を打ち立てた。にもかかわらず赤字になったのはなぜか?

 もとは6年前に遡る。
 当時、今大会の誘致活動を指揮していたクロード・アチェ氏が、ホスピタリティ・プログラムの独占権を獲得するためにワールドラグビーに8280万ユーロ(約130億2067万円)という法外な金額を提示していたのだ。

 同時に誘致に立候補していた南アフリカの提示金額は3500万ユーロ(約55億390万円)、アイルランドは2700万ユーロ(約42億4587万円)と現地の『レキップ』紙は伝えている。
 投票前はワールドラグビーが南アフリカを推薦していたにもかかわらず、フランスが形勢逆転してこの大会の自国開催を勝ち取った経緯が伺える。

 もう一つの損失の原因は、来年のパリオリンピック開催に向けて1月からスタッド・ド・フランスが工事に入り、来年のシックスネーションズで使用できなくなることだ。
 しかも来年はホームで3試合行われる年で、1試合分多くの収入が得られる機会だった。
 マルセイユ、リール、リヨンが会場に選ばれたが、8万人収容できるスタッド・ド・フランスほどの規模はないため400万ユーロ(約6億2900万円))の減収が見込まれている。

 W杯では準々決勝で敗退したものの、フランス代表の人気は衰えていない。初戦にあたるマルセイユでの2月2日のアイルランド戦の6万5000席のチケットは、発売後数時間で完売した。それだけに、もっと大きなスタジアムでできていればと思わずにはいられないだろう。

 そのためか、秋のテストマッチの開催スタジアムに変化がありそうだ。
 通常、少なくとも1試合は地方のスタジアムでおこなわれる。しかし来年11月にフランスで実施される日本、NZ、アルゼンチンとの3戦は、すべてスタッド・ド・フランスが予定されている。

 また、フランス協会のオフィスがあり、各代表チームが合宿をおこなっているパリ郊外のマルクッシにある国立ラグビーセンターの売却を計画していたことも伝えられている。
 オフィス部門を、パリ郊外でスタッド・ド・フランスから東に4キロ離れたところにあるパンタンに、トレーニングセンターを南仏に移転させようというものだ。

 当時の会長、ベルナール・ラポルト氏や、同じく当時副会長だったアンリ・モンディーノ氏の地元のヴァール県で、地中海沿いの土地に目をつけていた。ファビアン・ガルチエ ヘッドコーチも現地に連れていき、見せていたが、その土地を所有している海軍が手放してくれず実現しなかった。
 しかしその間にパンタンの土地を今後75年間使用する契約を結んでしまっていたのだ。

 グラウンド3面、600席のスタンド、ウエートルームなどの建設に3500万ユーロ(約55億円)を要した。
「ラグビー・イノベーション・センターとして、地元のセーヌ・サンドニ県、またイル・ド・フランス地方のクラブが使用できるようにし、ラグビーを発展させるツールとして利用していきたい。また社会貢献活動にも利用することも考えている」と現会長のフロリアン・グリルは言うが、「ここよりも、2025年7月にスタッド・ド・フランスのオーナー(または委託業者)が変わることに備えるために投資したかった」と本音も覗かせている。

※全文・詳細はリンク先で
https://rugby-rp.com/2023/12/28/nations/108053to

【ラグビーW杯は、あんなに盛り上がったのに。フランス協会、約63億円の赤字】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/29(金) 21:33:33.86 ID:POC3cQJz9
日刊スポーツ[2023年12月29日7時16分 ]
https://www.nikkansports.com/sports/news/202312290000061.html

<全国高校ラグビー大会:川越東22-13倉敷>◇1回戦◇28日◇大阪・花園ラグビー場

川越東(埼玉)が2度目の挑戦で花園初勝利を挙げた。倉敷(岡山)に22-13で勝利。進学校で、部員の半数が年明けに大学入学共通テストを控える中、一丸ラグビーが光った。共同主将の1人、プロップ寺山公太(3年)は模試の英語で全国1位になったほど学業優秀。元アメフト日本代表の父裕樹さん(52)に雄姿を届けた。

    ◇    ◇    ◇  

背番号1、寺山が川越東をリズムに乗せた。体を張って前線を守り、隙を突いた鋭い突進も見せた。花園初勝利を決め、もう1人の主将、高尾らと喜んだ。

進学校で平日の練習は2時間。学業と練習の厳しいタイムマネジメントと戦ってきた。3年生の半分は受験勉強まっただ中だ。寺山は今年、全国模試の英語で全国1位をとった。父の転勤で小学校の5年間、香港で過ごし「英語は得意です」。学業で筑波大に推薦入学が決まったため、仲間の負担を減らそうと勉強に付き添ったり、相手の研究をしたりと陰でも支える。

観戦した父裕樹さんは「成長しましたね。主将としても、見ていて安心感があります」と息子の晴れ姿に目を細めた。早大、アサヒビールで活躍した元アメフトのトップ選手。ライスボウル制覇、日本代表で世界選手権優勝の実績を持つ。海外勤務が長く、埼玉県予選の決勝は、韓国から日帰り観戦した。今回は3回戦まで観戦できるという。

寺山は小、中学生のころから「どういう気持ちで試合に臨むのか」「どうやったらチームをまとめられるか」などと父を質問攻めにした。離れていてもLINEで相談。「自慢の父です。常に僕の見本でいてくれました。いろいろなことを、ずっと教えてもらってきました」と、あらためて父への感謝を口にした。

目標は3回戦以上を意味する「花園で年越し」。30日の2回戦は光泉カトリック(滋賀)と対戦する。文武両道フィフティーンの戦いは終わらない。【柏原誠】

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/29(金) 07:22:46.25 ID:POC3cQJz9
毎日新聞最終更新 12/28 19:12
https://mainichi.jp/articles/20231228/k00/00m/050/271000c

 ◇第103回全国高校ラグビー大会・1回戦(28日・花園)

○光泉カトリック(滋賀)88―10山形中央●
 花園で因縁?の対決が実現することになった。

 光泉カトリック(滋賀)はFWバックスが一体となった攻撃で14トライをマーク。過去13回の出場で1試合当たりの最多得点を奪い、2大会ぶりの初戦突破を果たした。2回戦の対戦相手は、倉敷(岡山)から大会初勝利を挙げて勢いづく川越東(埼玉)に決まった。

 試合後の取材で、俳優経験もある光泉カトリックの薬師寺利弥監督は「『翔んで埼玉対決』なので負けられません」と自ら切り出した上で「そう言え、と言われています」と報道陣を笑わせた。

 埼玉県を自虐的に描いた漫画が原作のヒット映画「翔んで埼玉」(2019年公開)は、今秋に続編「翔んで埼玉~琵琶湖より愛をこめて~」が公開されており、埼玉と滋賀が舞台になった。【菊池真由、長宗拓弥】

【【全国高校ラグビー】2回戦は負けられない「翔んで埼玉」対決?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/28(木) 15:34:50.91 ID:idKdD/6p9
12月28日 1回戦

【第1グラウンド】
松山聖陵(愛媛) 52-5 近大和歌山(和歌山)

明和県央(群馬) 54-5 北越(新潟)

鹿児島実(鹿児島) 17-12 札幌山の手(南北海道)

朝明(三重) 22-10 九州学院(熊本)

【第2グラウンド】
倉敷(岡山) 13-22 川越東(埼玉)

飯田OIDE長姫(長野) 0-75 高川学園(山口)

遠軽(北北海道) 0-45 城東(徳島)

【第3グラウンド】
山形中央(山形) 10-88 光泉カトリック(滋賀)

京都成章(京都) 72-12 富山第一(富山)

名護(沖縄) 46-14 学法福島(福島)

https://sports.yahoo.co.jp/contents/14215

【第103回全国高校ラグビー大会・1回戦 初出場の高川学園が75-0で飯田OIDE長姫に大勝 川越東が花園初勝利 京都成章、光泉カトリックも初戦大勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/27(水) 18:38:33.92 ID:OrEt0bAM9
「全国高校ラグビー・1回戦、高松北48-3倉吉東」(27日、花園ラグビー場)

フィフティーンならぬ“フォーティーン”で初戦突破した高松北(香川)が、登録人数不足のため30日の2回戦は棄権となった。

もともと登録メンバーは15人でリザーブがいなかった。開始12分でCTB三浦駿佑(3年)が足を痛めたとみられ、負傷交代で救急搬送。
それでも前半3分、FB普門晃輔(3年)のトライを皮切りに6トライを奪い快勝した。部員不足で夏の香川大会8強の元野球部4人を加えた
急造チームながら、奮戦。高木智監督は「すごいですよ。この状況で勝てたのは」と何度も絶叫した。

15度目の出場で初勝利。県勢としても2勝目を挙げた。しかし試合後、大会実行委員会の発表により、登録選手が15名に満たなくなったため
全国高校体育連盟ラグビー専門部申し合わせ事項により次回出場が不可能と判断され棄権となった。三浦のケガの詳細は把握していないというが、
30日の2回戦に出場できないことが確定したためという。

申し合わせ事項は以下の通り。

「令和4年改訂版競技規則(タグラグビー、U-12ミニラグビー、U-15ジュニアラグビー、19歳未満 国内高専・高校以下用)」

【全国高等学校体育連盟ラグビー専門部申し合わせ事項】

2 試合開始時の人数 公式戦においては、試合開始時に両チームともに15名が競技区域にいなければならない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e1f735c704bc5b0bf3e1e4d8cf78a6b08a42fac4

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/27(水) 16:13:28.38 ID:OrEt0bAM9
12月27日 1回戦

【第1グラウンド】
青森山田(青森) 14-33 高鍋(宮崎)

天理(奈良) 14-7 早稲田実(東京第1)

山梨学院(山梨) 26-28 長崎南山(長崎)

【第2グラウンド】
静岡聖光学院(静岡) 36-15 秋田工(秋田)

高知中央(高知) 6-67 流通経大柏(千葉)

日本航空石川(石川) 33-21 関商工(岐阜)

【第3グラウンド】
若狭東・敦賀工(福井) 7-62  目黒学院(東京第2)

高松北(香川) 48-3 倉吉東(鳥取)

仙台育英(宮城) 46-10 黒沢尻工(岩手)

https://sports.yahoo.co.jp/contents/14203

【第103回全国高校ラグビー大会・1回戦 天理が14-7で早稲田実に勝利 逆転に次ぐ逆転の熱戦は長崎南山が28-26で初出場の山梨学院を破る 秋田工初戦敗退】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/27(水) 15:19:23.38 ID:OrEt0bAM9
<全国高校ラグビー大会:高松北48-3倉吉北>◇1回戦◇27日◇大阪・花園ラグビー場

メンバー15人の高松北(香川)が、6トライの猛攻で倉吉東(鳥取)を下し、悲願の花園初勝利を挙げた。

高松北が先制した。前半3分、敵陣ゴール前中央のラックから、大阪出身で主将のFB普門晃輔(3年)が
持ち出してトライ。

プロップ藤本一摩(3年)が、ゴール直前まで大きくゲインしてチャンスを広げていた。さらに、同5分に連続トライで、
試合を優位に進めた。

試練も跳ね返した。前半途中、CTB三浦駿佑(3年)が負傷退場。交代選手がおらず、14人で戦うアクシデントに
見舞われた。だが、数的不利も関係ない。攻めに攻めて、前半24-3で折り返した。

後半も勢いがあった。同2分、FB普門が自陣22メートル付近からの独走トライで突き放した。普門は3トライの
活躍を見せた。

夏まで部員11人だったが、野球部員4人が加わり、単独出場にこぎつけたという。部員集めに苦労する逆境を乗り越え、
15度目の出場で、ついに歴史を塗り替えた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/dcee361365514676ab35f334c12a7dd3ea93dd15

【全国高校ラグビー大会 最弱県対決は14人で戦った高松北が48-3で倉吉東に勝利 香川県勢22年ぶり花園白星で通算2勝目】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/27(水) 11:49:24.99 ID:YVvPZ5wy9
朝日新聞2023年12月27日 11時22分
https://www.asahi.com/articles/ASRDW3JGQRDTPTQP009.html

 第103回全国高校ラグビー大会が27日、大阪・花園ラグビー場で開幕した。

 新型コロナウイルスの影響で見送られてきた開会式が、4年ぶりに行われた。

 前回優勝した東福岡や春の選抜大会を制した桐蔭学園(神奈川)など、全国51代表の選手たちが一斉にグラウンドを行進。選手宣誓では、秋田工の大沢空(くうあ)主将(3年)が「こうして開会式ができていることに喜びを感じています。最高の103回大会にし、高校ラグビーの歴史をつなぐことをここに誓います」と力を込めた。

 今大会には福井代表の若狭東・敦賀工が、統廃合によるケースを除いて、大会史上初めて合同チームで出場。そのほか、関大北陽(大阪第1)、山梨学院、高川学園(山口)が初出場する。決勝は来年1月7日の予定。

【第103回全国高校ラグビー大会、4年ぶり開会式 初の合同チームなど51代表】の続きを読む

このページのトップヘ