SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

東京オリンピック

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/01(火) 07:32:02.72 ID:CAP_USER9
3/1(火) 5:15配信
東スポWeb

ミライトワの生みの親でキャラクターデザイナーの谷口亮氏(東スポWeb)

 北京五輪の「ビンドゥンドゥン」と東京五輪の「ミライトワ」の両マスコットを巡り、論争が勃発している。ネット上では〝優劣〟をつける書き込みが相次ぎ、先月26日には「AERA dot.」が「爆売れ中の北京五輪の『ビンドゥンドゥン』と存在感なき東京五輪の『ミライトワ』 人気に差がついた理由」と題する記事を報じて論戦に拍車がかかった。

 こうした中、ミライトワの生みの親でキャラクターデザイナーの谷口亮氏(47)は本紙の取材に応じ「前提として、比較する必要がないと思いますけどね。(今回の報道は)ちょっと悪意を感じました」と反論。北京五輪で注目を集めた選手とマスコットの〝ツーショット〟は東京五輪でも実現しており、谷口氏は「サッカーでブラジル代表のダニエウ・アウベス選手がツーショットの写真をSNSに投稿して話題になりましたし、体操女子でベラルーシ代表のアリーナ・ハルナスコ選手はマスクに手書きのミライトワを書いて表彰台に立っていましたよね」と指摘した。

 また、ミライトワのグッズが大幅に値引きされたことにも「どの大会でも言えることだと思います。実際に(2018年平昌五輪の)『スホラン』のグッズも値引きされていましたので」と主張した。マスコットのコンセプトも異なっており、ビンドゥンドゥンはかわいさを前面に出し、ミライトワはカッコよさも表現されていた。「アンパンマンとドラゴンボールどっちがいい?と聞いているようなもので、何を比較したいのか分かりませんね」(谷口氏)

 そもそも東京と北京では開催を迎えた状況が全く違うだけに、比較すること自体がナンセンスということか。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220301-04030538-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/71aae8648664d3d65c7507131138a65297189122

【「ミライトワ」の生みの親が東京・北京五輪マスコット〝優劣報道〟に反論「ちょっと悪意を感じました」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/19(土) 12:12:11.65 ID:CAP_USER9
昨年の東京五輪の陸上男子400メートルリレーで銀メダルを獲得した英国のチジンドゥ・ウジャがドーピング検査で陽性となった問題で、スポーツ仲裁裁判所(CAS)は18日、ウジャのドーピング違反を認定し、英国の銀メダルを剥奪(はくだつ)すると発表した。

 ウジャは同リレーと男子100メートルに出場しており、記録はいずれも失格となる。

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220219-00050157-yom-000-21-view.jpg?exp=10800


読売新聞 2/19(土) 3:43
https://news.yahoo.co.jp/articles/326885cf5480ea9cd6aabc8ec28cb8446bf2675b

【東京五輪・陸上男子400Mリレー 英国のチジンドゥ・ウジャ選手のドーピング違反認定!「銀メダル」剥奪】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/23(日) 07:21:57.87 ID:CAP_USER9
1/23(日) 7:00配信
東スポWeb

SNSで話題になっている「ミライティ」(谷口氏提供)

【取材の裏側 現場ノート】ちょうど半年前、東京五輪の開会式が行われた。コロナ禍や猛暑、運営面でも数多くの課題に直面したが、全日程を終了し、パラリンピックまで完走。1年延期となった大舞台は選手の活躍はもちろんのこと、パラ閉会式に登場した公式マスコット「ミライトワ」と「ソメイティ」も注目を集めた。

 特に大会後は感染状況が落ち着いたこともあり、〝ミラソメ〟の露出機会が急増。すると、SNSでは「#ミラソメ存続希望」というハッシュタグ付きのコメントが次々と投稿されるほど人気が高まった。そこで記者はこの〝空気間〟を確認したいと思い、ミライトワとソメイティが出演するイベントの取材に向かった。

 当時は先着30組が主役の〝2人〟と写真や動画を撮影できるということで会場に足を運んだが、開始1時間前の時点ですでに長い行列ができていた。結局数百人が集まり、直接交流できなかったファンも離れた場所からイベントを楽しむなど大盛況だった。

 その後、公式マスコットは都と国際オリンピック委員会(IOC)などが結んだ開催都市契約により昨年末で使用権が終了した。そうした中、生みの親でキャラクターデザイナーの谷口亮氏が、自身のSNSで新たに「ミライティ」を公開して話題になっている。

 ミライトワとソメイティを〝フュージョン〟させて、互いの色を残したパターンと紫で仕上げた2種類をデザイン。ファンからは「進化してる」「凛々しくてカッコいい」「新しいキャラとしていきましょう」「すでにグッズがほしい」といったコメントが寄せられた。

 一方、谷口氏によれば、これまでマスコットを認識されていたものの、名前を覚えてもらえないことがあったという。

「『名前、ミライティですっけ?』と。じゃあ、ミライティを描いてみようと思ったのがきっかけです。〝ネタ〟として描いてみました」

 非公式のイラストながらファンの想像を膨らませる〝新キャラ〟が誕生した。(五輪担当・小松 勝)

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220123-03943940-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/b7d5f9179435ace5a41fcec32b0beccd3aa57501

【東京五輪マスコットの「ミライトワ」と「ソメイティ」がフュージョン? 新キャラ「ミライティ」が話題に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/21(火) 14:43:57.38 ID:CAP_USER9
12/21(火) 14:42
スポニチアネックス
 
 ビデオリサーチは21日、2021年のテレビ視聴率ランキング(関東地区)を発表。今年、最もテレビが見られたのは7月23日、東京五輪開会式が放送された時間帯だった。対象は2021年1月1日〜12月19日に放送された15分以上の番組。

 午後8時33分、同34分、同35分の総個人視聴率が56・2%。「東京オリンピック開会式入場行進前のセレモニーが放送されていた時間帯」とした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/480b864f6042ed80349f5dccc87de73110e46c14

【今年最もテレビが見られたのは7月23日・東京五輪開会式の時間帯】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/15(水) 12:39:32.47 ID:CAP_USER9
東京五輪・パラ 都庁で大会エンブレムなど撤去始まる | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211215/k10013388881000.html

2021年12月15日 11時25分

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211215/K10013388881_2112151112_2112151125_01_02.jpg
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211215/K10013388881_2112151112_2112151125_01_03.jpg

東京都庁に張られていたオリンピック・パラリンピックのエンブレムなどの撤去が始まりました。

“使用期限 ことしいっぱい”

撤去が始まったのは、東京 新宿区にある都庁舎や議会棟などに張られていた、東京オリンピック・パラリンピックの公式エンブレムや大会マスコットなどが描かれたシートです。

このうち、第一本庁舎と議会棟を結ぶ連絡通路の外壁と、議会棟の前の都民広場に掲示された6枚は、午前9時から撤去作業が始まりました。

撤去はIOC=国際オリンピック委員会と都との契約で、エンブレムなどの使用期限がことしいっぱいとなっているためで、都の建物に掲示されているほかのエンブレムなども、ことし中にすべて撤去されます。

【東京五輪・パラ 都庁で大会エンブレムなど撤去始まる】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/20(月) 22:48:58.76 ID:CAP_USER9
今夏に開催された東京オリンピック・パラリンピックの大会経費が1兆4530億円の見通しであることが明らかになった。大会関係者が20日、明らかにした。2020年末の段階では1兆6440億円と見込まれたが、一部の会場を除いてほぼ無観客となったことで警備などの人件費が大幅に削減され、1910億円減となった。大会組織委員会は900億円を見込んだチケット収入が失われたが、懸案だった追加の公費負担は発生しない。

 招致段階で約7340億円と小さく見積もった大会経費は19年末時点で1兆3500億円と大きく膨らんだ。さらに、1年延期に伴う追加経費のほか、新型コロナウイルス感染対策費も重なり、20年末時点で2940億円増の1兆6440億円と当初の2倍を超える規模となっていた。

 この大会経費を組織委7210億円、東京都7020億円、国2210億円で負担する計画だった。ただし、大会延期によって支出額が1180億円増えた組織委は増収努力によっても全ての支出額をまかなえず、都の実質的な負担は収支調整額150億円も含めて昨年末時点で7170億円だった。

 22日に開かれる今年最後の組織委の理事会で報告される見込み。来年6月には最終的な決算報告が公表される予定。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a36bc8f59eef78b0c3523a6b8725ccfae202cc09

【招致段階で約7340億円と小さく見積もった東京五輪大会経費は、1兆4530億円見通し!追加の公費負担なし...】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/28(日) 06:50:11.60 ID:CAP_USER9
11/28(日) 6:15配信
東スポWeb

ミライトワ(左)とソメイティ(東スポWeb)

 ラスト1か月――。東京五輪・パラリンピックで国民のハートをつかんだ〝人気者〟に再び注目が集まっている。

 コロナ禍で1年延期となった大会で、日本は五輪で計58個、パラで計51個のメダルを獲得。選手の活躍が大きな感動を呼んだのは言うまでもないが、公式マスコットの「ミライトワ」と「ソメイティ」も大舞台に花を添える存在となった。実際にパラ閉会式で姿を見せた際、ネットやSNS上では関連ワードが話題になった。

 その後、大会閉幕から2か月が経過し、〝2人〟の露出機会は一気に減少。魅力的なキャラクターだけに今後も需要がありそうだが、これ以上活用できない〝大人の事情〟がある。

 東京都はホームページで「東京都の公認キャラクターとして登場させることはできないか。このままフェードアウトするのはもったいない」との意見を紹介した上で「都が国際オリンピック委員会(IOC)等と契約している開催都市契約によりマスコットを含めた大会知的財産の使用権は、21年12月31日までとされております」と説明。つまり、ミライトワとソメイティに残された時間はわずかなのだ。

 一方、SNSでは「#ミラソメ存続希望」というハッシュタグを付けた投稿が数多く見受けられるほど人気は根強い。そうした中、ユーザーからは「紅白出ないかな?」「メダリストの皆さんと一緒に出てほしい」「ミラソメで年越したい」「出てくれたら泣く」と、大みそか放送の「NHK紅白歌合戦」での登場に期待が高まっている。

 さらに、パラ開会式に出演した布袋寅泰が、単独で初出場することから「布袋さんと共演ある?」「これは一緒に出る伏線」といった予想や「マツケンサンバ踊ってほしい」といった声も上がった。ミライトワとソメイティは〝契約最終日〟に現れるのか。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211128-03825863-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/19dab308f38c13ab159ed168dedef5d703aaab91

【東京五輪・パラリンピックのマスコット、ミライトワ&ソメイティに「紅白」待望論 “契約最終日” に姿を現す!?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/09(木) 06:59:50.53 ID:CAP_USER9
IOCバッハ会長 東京オリンピックは「大成功という評価で一致」 | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211209/k10013381151000.html

2021年12月9日 6時43分

IOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長は8日に開かれた理事会でこの夏の東京オリンピックを全世界で延べ30億人を超える人がテレビやインターネットを通じて視聴したなどとする調査結果を受けて「大会は大成功という評価で一致した」と述べました。

IOCは8日、オンラインで理事会を開き、この中で、この夏の東京オリンピックに関する調査結果などが報告されました。

それによりますと今回のオリンピックをテレビやインターネットを通じて視聴した人は全世界で延べ30億人を超えるということです。

このほか、選手からは大会の開催を高く評価されていることなどが紹介され、バッハ会長は、理事会後の会見で「東京大会が安全に開催され大成功だったという評価で一致した。新型コロナの陽性率が極めて低く抑えられたことは対策が効果的だったことを物語っている」と述べました。

また、来年の北京大会についてアメリカやオーストラリアなどが相次いで政府関係者を派遣しない「外交的ボイコット」を表明していることを受けて「IOCとして常に気にかけているのは選手の参加だ。今回、外交的ボイコットを表明している国も選手は参加すると強調している」として、大会の開催に大きな影響はないという見方を示しました。

一方で、中国の前の副首相との関係を告白したのち、行方が分からなくなっていると伝えられる女子テニスの彭帥選手とバッハ会長が電話で話したことは政治的な中立の原則に反するのではないかという質問に対しては「われわれは人権問題を含むオリンピックに関係するすべてのことに責任がある」と述べて、今回の彭選手との対話はIOCの政治的中立に反しないと答えました。

2030年冬の札幌の開催概要計画を評価
IOCのバッハ会長は理事会後の会見で2030年の冬のオリンピック・パラリンピックの招致を目指している札幌市について「2030年には東京大会以上の新型コロナ対策は求められないと思う。また、札幌は既存の施設の利用という点においては、東京の招致活動と出発点が大きく異なる」として競技会場について既存施設の活用にめどが立った札幌市の新たな開催概要計画を評価しました。



※関連リンク
https://olympics.com/ioc/news/olympic-games-tokyo-2020-watched-by-more-than-3-billion-people

【IOCバッハ会長、東京オリンピックは「大成功という評価で一致」】の続きを読む

このページのトップヘ