SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ロサンゼルス・エンゼルス

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/19(土) 23:40:15.49 ID:m9oBmJhV9
大谷翔平、MVPならず米記者たちから異論噴出「本当に馬鹿げてる」「無冠だなんて…」


米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、最終候補入りしていた全米野球記者協会(BBWAA)が選出するア・リーグ最優秀選手(MVP)の2年連続受賞はならなかった。

ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が初受賞。
米記者らから「理解できない」と異論が噴出した。


ジャッジは1位票28人、2位票2人の圧勝。大谷は1位票2人、2位票28人だった。
発表前からジャッジ優勢の声が多く挙がっていたが、大活躍した二刀流の落選に納得のいかない人もいるようだ。


米記者らはツイッターで即座に反応した。

米紙「ワシントン・ポスト」のスポーツ記者ニール・グリーンバーグ氏は、「ショウヘイ・オオタニが2021年満票でMVPになり、2022年はさらにいいシーズンを送ったのに、MVP票を失ったのは理解できない」と不満げ。

さらに米カリフォルニア州地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」の女性レポーター、エリカ・ウェストンさんは「MLB史上最も驚くべきシーズンなのに、賞が何もないなんて」とつづった。

ウェストンさんの投稿に返信したのは、同局で解説者を務める球団OBのマーク・グビザ氏。
「本当に馬鹿げているよ、エリカ。私たちはスポーツ史上最高のシーズンを毎日直接見ていた。何ものもこれを変えることはできない。私たちは恵まれている」と記した。


昨季満票でMVPを受賞した大谷は、投手として15勝、防御率2.33、219奪三振、打者としても打率.273、34本塁打、95打点、11盗塁など史上初となる投打規定到達。
リーグ新の62本塁打を放ったジャッジ、アストロズのヨルダン・アルバレス外野手とともに最終候補入りしていた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/5c19297b4999b96bd928fc023be8a24d4e331190

【エンゼルス・大谷翔平、MVPならず米記者たちから異論噴出 「本当に馬鹿げてる」「無冠だなんて…」「MVP票を失ったのは理解できない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/18(金) 20:24:46.58 ID:d2eVmxst9
 ア・リーグのMVPが17日(日本時間18日)に発表され、エンゼルス大谷翔平投手(28)は得点2位で2年連続受賞を逃した。1位票は28人がヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手(30)に投票。2人のエンゼルス担当記者が大谷に投票した。そのうちの1人、米メディア「ジ・アスレチック」のサム・ブラム記者が、記事で投票した理由を説明した。

 まず「大谷とジャッジはリンゴとオレンジのようなもの。全く違う存在で。同じ基準で1つの賞のために比較することは難しく、満足のいくものではない」と比喩を交えて、2選手をランク付けする基準の設定が難しいとした。その上で「大谷は高いレベルでヒットを打った。非常に高いレベルで投球した。史上最高のシーズンを送った」と明快に述べた。具体的には「リーグ最高の投手ではなかった。リーグ最高の打者ではなかった。だが、両方においてトップ5かそれ以上だった」とした。

 大谷の受賞に対する、よくある意見がある。高いレベルの投打二刀流の前例がないため「今後毎年、大谷がMVPを受賞してしまう。だから不適切だ」。これに対してはブラム記者は「もし彼が毎年、今年と同じことをするならば、彼は毎回受賞するべき」と主張した。また、チーム成績をMVPの選考理由に含めるべきではない、とした。さらに、本拠地の選手に対してバイアス(ひいき目)も持っていないと、自らの立場を示した。

 MVPに含まれる「価値」の定義も明かした。「誰が最高か、誰が最も傑出しているか、誰より自分のチームにいて欲しいのは誰か。2022年、私にとっての答えは大谷だった」。投打二刀流で、1人で2人分の成績を残した大谷をMVPに選んだ理由とした。

日刊スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/2ffb297903c5bfe230da997c5c489cf8c5982039

【大谷翔平に1位票投じたエンゼルス担当記者「大谷とジャッジはリンゴとオレンジのようなもの」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/17(木) 18:42:01.06 ID:w/nKcabo9
 エンゼルスの大谷翔平投手(28)が17日、自身のインスタグラムで、来年3月開催のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する意思を明らかにした。日本ハム時代の恩師でもある侍ジャパンの栗山英樹監督には、すでに伝えたという。

 今年4月以来、7カ月ぶりにインスタグラムを更新した大谷は「今年も応援ありがとうございました。結果としては悔しいシーズンでしたが日々楽しく野球ができたことに感謝しています!来シーズンもどうか熱い声援よろしくお願いします!!」とファンにメッセージ。

 続けて「またシーズン中よりお話しいただいていたWBCの出場に関しましては栗山監督に出場する意思がある旨を伝えさせていただきました」とWBCへの出場意思を初めて明言し、「各国の素晴らしい選手や5年ぶりに日本のファンの皆様の前で野球ができるのを楽しみにしています!!」と意気込んだ。

 この投稿には、わずか45分で1500件を超えるコメント(17日午後6時現在)が殺到。「大谷マニア」として知られる米FOXスポーツのアナリスト、ベン・バーランダー氏が「Let’s goooo!!」と反応したほか、「WBC嬉しいです」「日本代表に世界一の野球選手が加わった」「WBCで日本代表を世界一に導いてください!」「日本を頼みます!!!!!!!!」「やったー!翔平くんありがとう ほんとに嬉しい」「全力で応援します」と日本語や英語で喜びのコメントが続々と書き込まれた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/771657eae75a621c551497db3b3e61a27bdefae7

【エンゼルス・大谷翔平WBC出場表明、世界中から喜びのコメント殺到「日本を頼みます!」「全力で応援」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/17(木) 17:45:06.16 ID:8EmYx+A89
 エンゼルスの大谷翔平投手(28)が17日、自身のインスタグラムを日本語と英語で更新し、来年3月に開催されるWBC出場を正式発表。侍ジャパンを率いる日本ハム時代の恩師でもある栗山英樹監督に出場意思を表明したことを明かした。¥段落¥

 4月6日の開幕戦以来、約7カ月ぶりにメッセージを投稿した大谷は「今年も応援ありがとうございました」の書き出しで「結果としては悔しいシーズンでしたが日々楽しく野球ができたことに感謝しています!来シーズンもどうか熱い声援よろしくお願いします!!」とファンに感謝。続けて、注目されているWBCの出場についても言及し、「またシーズン中よりお話しいただいていたWBCの出場に関しましては栗山監督に出場する意思がある旨を伝えさせていただきました」、さらに「各国の素晴らしい選手や5年ぶりに日本のファンの皆様の前で野球ができるのを楽しみにしています!!」(原文ママ)と続けた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2ec5debba50efdd3ab30e60273d8d41732ba95be

【エンゼルス・大谷翔平、WBC出場正式表明「栗山監督に出場する意思がある旨を伝え」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/17(木) 10:42:33.66 ID:ssi5dkwR9
ナ・リーグCY賞はアルカンタラ、両リーグ満票CY賞は54年ぶり

 全米野球記者協会(BBWAA)が選出するサイ・ヤング賞が16日(日本時間17日)に発表され、ア・リーグはアストロズのジャスティン・バーランダー投手が満票で受賞した。2011、2019年以来3年ぶり3度目の受賞。エンゼルスの大谷翔平投手は4位だった。ナ・リーグはマーリンズのサンディ・アルカンタラ投手が満票で初受賞。パドレスのダルビッシュ有投手は8位だった。

【表】大谷翔平はサイ・ヤング賞3位に肉薄 ヤ軍450億円右腕は…ア・リーグの投票内訳

 39歳のバーランダーは2020年9月に受けた右肘のトミー・ジョン手術から復活。今季は18勝(4敗)、防御率1.75で投手タイトル2冠を奪取した。28試合登板、175回を投げて185三振を奪い、29四球と安定感も光った。サイ・ヤング賞の投票では1位全30票を獲得して210ポイントを集めた。

 大谷は今季28試合登板して15勝9敗、防御率2.33。リーグ3位の219奪三振をマークし、メジャー5年目で初めて規定投球回に到達した。サイ・ヤング賞の得票は初めてで、2位9票、3位7票、4位12票、5位1票で82ポイントを獲得した。

 ア・リーグ2位はホワイトソックスのディラン・シーズ投手。2位14票、3位10票、4位5票、5位1票で97ポイントだった。3位はブルージェイズのアレク・マノア投手で87ポイント(2位7票、3位13票、4位10票)を獲得。4位・大谷とはわずか5ポイント差だった。

 ナ・リーグのサイ・ヤング賞を受賞したアルカンタラは今季32試合登板して14勝9敗、防御率2.28。リーグトップの228回2/3を投げて207奪三振をマークした。ダルビッシュは同賞では2年ぶりの得票で4位3票、5位1票で7ポイントを獲得した。

 両リーグのサイ・ヤング賞が満票で受賞するのは1968年のデニー・マクレイン(タイガース)、ボブ・ギブソン(カージナルス)以来54年ぶりだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/080c18da9ed21dc7b50488aa26adab3918e6ddd9

【エンゼルス・大谷翔平、サイ・ヤング賞4位 メジャー5年目で初得票、39歳バーランダー満票受賞】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/12(土) 10:15:17.19 ID:edrxsDTI9
11/12(土) 9:26配信
デイリースポーツ

 米暗号資産(仮想通貨)取引所大手のFTXトレーディング社が11日(日本時間12日)、声明を出し、日本の民事再生法に相当する連邦破産法11条(チャプター11)の適用を申請し、サム・バンクマンフリードCEOが辞任したと発表した。同社は米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(28)やNBAウォリアーズのステフィン・カリーらがアンバサダーに就任し、大きな話題になっていた。

 米CBS電子版によると、バンクマンフリード氏が顧客から預かったとみられる160億ドル(約2兆2000億円)の資産はほぼゼロとなったという。大谷は昨年11月に同社と長期契約を結び、「グローバル・アンバサダー」に就任し、“MLBの顔”として米国内のCMにも出演。同社からは報酬の全てを仮想通貨などで受け取ると発表されていた。大谷のほか、カリーやNFLバッカニアーズのQBブレイディらも同社のアンバサダーを務めていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/aaab970b2ba4ad5987cf8fa538be83a289e1c5b1

【エンゼルス・大谷翔平らCM出演のFTXが破産申請 仮想通貨取引所 2・2兆円の資産失う?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/11(金) 10:14:41.52 ID:YQ8PI8ef9
 都心の木々が色づき始めた11月初旬、都内の臨海地区を、紅葉よりも鮮やかな真っ赤なポルシェが疾走していた。助手席には、一際大柄な男性のシルエットが浮かぶ。メジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平選手(28才)だ。車はそのまま、トップアスリート御用達のトレーニングジムが入る建物の駐車場へと滑り込んだ──。

 現地時間の11月5日、ワールドシリーズが決着し、メジャーリーグの2022年シーズンが幕を閉じた。一足早くシーズンを終えた大谷は、10月18日に帰国。

「またここから来年に向けて頑張りたい」

 羽田空港で行った会見では、明るい表情でそう抱負を語っていた。その言葉通り、大谷はすでに“次の目標”に向けて動き出していた。

「野球選手のオフの過ごし方はさまざまですが、まずは1年間の疲れをしっかり取ることが先決です。二刀流で活躍する大谷選手の場合、蓄積された疲労は想像もつきません。にもかかわらず、彼は早速ジムでみっちりトレーニングを始めています。それは、大谷選手が“もっと野球がうまくなりたい”という思いを抱く生粋の野球少年だからなのでしょう」(球界関係者)

 実際に、このオフにジムで大谷の姿を見かけた人は、「シーズン中さながら、無心にバットを振っていた」と話す。このオフの課題は、新しいピッチングスタイルの完成だという。

「来シーズンからメジャーリーグでは、試合時間短縮のために『走者なしでは15秒以内、走者がいる場面では20秒以内』に投球を始めなければ1ボールとカウントされてしまう『ピッチクロック』というルールが導入されます。投球に時間をかけるタイプの大谷選手にとってはこれまで通りでは間に合わないため、なんとか克服しようとしているようです」(前出・球界関係者)

年俸アップで車もグレードアップ

 冒頭のシーンに戻ろう。トレーニングを終えた大谷は、紺色のキャップを後ろ向きにしてかぶり、手には大きなドリンクボトルを持っていた。再びポルシェの助手席に乗り込むと、隣でハンドルを握る男性に何やら微笑んだ。専属通訳の水原一平氏だった。

「水原さんは通訳としての役割だけでなく、大谷選手の私生活のサポートも一手に担っていて、運転手も務めています。大谷選手は絶対の信頼を寄せている。大谷選手は、要人のように後部座席に座るのは嫌だからと、助手席に座るんです。その方が、運転席の水原さんともコミュニケーションが取りやすいんでしょうね」(スポーツ紙記者)

 大谷が乗っていたのは、ポルシェの「タイカン ターボS」というEVカー(電気自動車)。価格は約2500万円で、正真正銘のスーパーカーだ。

「昨年のオフまでは、トレーニングを兼ねて自転車でジム通いすることもあったようですが、今年10月に年俸3000万ドル(約43億円)で契約合意しましたし、車もグレードアップしたのかもしれません」(前出・スポーツ紙記者)

 今年8月、ポルシェとアンバサダー契約を結んだ大谷は、次のように明かしていた。

「ポルシェはぼくにとっていままで憧れであり、そして夢でもありました。1人のアスリートとして、ポルシェという洗練された情熱を持つスポーツカーブランドと一緒に活動できることをうれしく思っています」

 野球以外に関心がなさそうなイメージのある大谷だが、車好きの素顔を持つ。渡米時には運転免許を持っていなかったが、2020年2月にアメリカで取得。ホーム球場に通う際には、アメリカに本拠がある自動車メーカー・テスラの「モデルX」を駆っている。

「このテスラもEVカーです。大谷選手は乗り心地や環境問題への配慮など、愛車に強いこだわりがあるように見えますね。アメリカでは自分でハンドルを握ることもあり、オフには気分転換にドライブを楽しむことがあるそうです」(前出・スポーツ紙記者)
※女性セブン2022年11月24日号

https://www.news-postseven.com/uploads/2022/11/09/ohtani_shohei_01-750x424.jpg
https://www.news-postseven.com/uploads/2022/11/09/aflo_ohtani_shohei-750x566.jpg

https://news.yahoo.co.jp/articles/f06c9bb28aa8dfa3d174f21ccf6bcea9ce1d8215

【年俸大幅アップの大谷翔平 日本での愛車は2500万円ポルシェ、米ではテスラ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/11(金) 10:57:50.03 ID:4P+ufgW09
TBS NEWS 11/11(金) 8:51

エンゼルス・大谷翔平選手
メジャーリーグ機構は11日(日本時間)、「シルバースラッガー賞」の各受賞者を発表した。エンゼルス・大谷翔平(28)は「指名打者部門」と今回新設された「ユーティリティー部門」で最終候補に残っていたが、受賞を逃した。

「シルバースラッガー賞」は、各リーグ、各ポジションで最も優れた打者に贈られるもので、メジャーリーグ各球団の監督やコーチの投票により決定する。大谷は今季、打者として157試合に出場し、打率.273、本塁打34、打点95をマーク。2年連続30本塁打は日本人選手としては初めてで、規定打席にも2年連続で到達していた。

“二刀流”で活躍する大谷は、複数ポジションを守る選手を対象に新設された「ユーティリティー部門」と去年46本塁打を放ち受賞した「指名打者部門」の2部門で最終候補に残っていた。

投手としての大谷は、28試合に登板し166回を投げ15勝(9敗)、防御率2.33、219奪三振。投打に渡る活躍で、ベーブ・ルース以来104年ぶりとなる「2ケタ勝利&2ケタ本塁打」やメジャー史上初となる「規定打席&規定投球回」の同時到達を成し遂げていた。

【ア・リーグ受賞選手】
■一塁手
N.ロウ(27・TEX)
■二塁手
J.アルトゥーベ(32・HOU)
■三塁手
J.ラミレス(30・CLE)
■遊撃手
X.ボガーツ(30・BOS)
■外野手
A.ジャッジ(30・NYY)
M.トラウト(31・LAA)
J.ロドリゲス(20・SEA)
■捕手
A.カーク(24・TOR)
■指名打者
Y.アルバレス(25・HOU)
■ユーティリティー
L.アライズ(25・MIN)

【ナ・リーグ受賞選手】
■一塁手
P.ゴールドシュミット(33・STL)
■二塁手
J.マクニール(30・NYM)
■三塁手
N.アレナード(31・STL)
■遊撃手
T.ターナー(29・LAD)
■外野手
M.ベッツ(30・LAD)
K.シュワーバー(29・PHI)
J.ソト(24・SD)
■捕手
J.T.リアルミュート(31・PHI)
■指名打者
J.ベル(30・SD)
■ユーティリティー
B.デュルーリー(30・SD)

【今後の主な表彰予定】
11月17日(日本時間18日)MVP発表(記者投票)
11月下旬 エドガーマルティネス賞(担当記者、放送関係者、球団広報担当者の投票)
12月5日(日本時間6日)オールMLBチーム

【昨年の大谷受賞一覧】
■打撃部門で評価されたタイトル
(1)選手間投票で選ぶ「アメリカン・リーグ最優秀野手」
(2)専門誌『ベースボール・ダイジェスト』の「野手部門最優秀選手」
(3)打撃のベストナインと言われる「シルバースラッガー賞」
(4)「オールMLBチーム 指名打者部門 ファーストチーム」
(5)「エドガー・マルティネス賞」

※続きはリンク先で
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/ce32ac4a0f75a16d54da6e60cf4646113049f2b6&preview=auto

【エンゼルス・大谷翔平 2部門で最終候補も日本人初2年連続シルバースラッガー賞ならず…去年は「指名打者部門」で受賞】の続きを読む

このページのトップヘ