SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ロサンゼルス・エンゼルス

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/02(火) 11:53:20.23 ID:CAP_USER9
「彼がプレーオフに出るところを見たかった」との声も…

 エンゼルスが大谷翔平投手を8月2日(日本時間3日)の移籍期限までにトレードで放出せず、チームに残留する見通しとなった。米ニューヨーク・ポスト紙はヤンキースが他数球団と共にトレード獲得に乗り出したものの、エンゼルスに放出の意思はなく、すでに他の選手の獲得に切り替えているという。

 さらに地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のジェフ・フレッチャー記者は自身のツイッターで「エンゼルスはショウヘイ・オオタニをトレードしない、と情報源が認めた(そもそも彼をトレードする可能性はほとんどなかった)」と速報。大谷のエンゼルス残留の可能性が限りなく高くなったが、ファンからはこの動きに批判的な声があがった。

 フレッチャー記者のツイートにはファンから反応が寄せられた。現在、43勝59敗の借金16でア・リーグ西地区4位に沈み、プレーオフ進出が厳しくなっているエンゼルス。低迷しているにも関わらず、ドラスティックな動きを見せないことに「彼ら(エンゼルス)はあと4年はダメだろうな」「エンゼルスは勝つことに真剣じゃない」「チームを売れ、アート(モレノオーナー)」「彼が2023年の後に出ていくことを願っている。このチームはお粗末で、勝てるチームを作ろうという願望もない」と悲観する声が多く寄せられた。

 また、勝てるチームでのプレーを希望していた大谷に対して同情する声も。「オオタニに本当に申し訳ない。プレーオフなしのシーズンをもう1年なんて」「なんて残念なんだ。彼がプレーオフに出るところをみたかった。ため息」「アートの悪い決断、ショウヘイにとって悪い結果」「する必要があった! 彼は再契約せず出ていくよ!」「この牢獄に囚われたままの可哀想なオオタニ」との反応も寄せられていた。

 一方で「こうなる可能性が高いだろうとは知っていたけど、エンゼルスの番記者が認めてくれてとても幸せだ」「エンゼルスの珍しい勝利」「いい情報をありがとう。ショウヘイがストレスから解放されて、また元気になりますように」「これは正しい決断。彼は野球を超えたアスリートだ」と、残留を歓迎する声も。トレード市場で大きな注目を集めていた大谷の去就。残留報道に賛否両論が巻き起こっていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fefe75b1919f33a17ee5552ea136c56177602b41

【大谷翔平のエ軍残留報道に米で賛否両論「残念。彼がプレーオフに出るところをみたかった」「正しい決断」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/02(火) 13:30:49.39 ID:CAP_USER9
エンゼルスが大谷翔平投手を8月2日(日本時間3日)の移籍期限までにトレード放出せず、残留させる方針を固めたと米ニューヨーク・ポスト紙が伝えた。

 同紙の敏腕記者ジョン・ヘイマン氏の記事によると、ヤンキースはパドレス、ホワイトソックスと共に大谷のトレード獲得に本格参戦。エンゼルス側も他球団からのオファーを聞いていたものの、やはり大谷をトレードに出すつもりはないようだ。獲得に興味を示していた球団は、すでに他の選手の獲得に動いているという。

 アート・モレノ球団オーナーは、トラウト、レンドンの両スター選手が故障離脱中ということもあり、大谷の放出に消極的だとも報じられている。同紙は「ヤンキースはショウヘイ・オオタニの獲得を真剣にオファーした数少ないチームの1つだが、今、エンゼルスがアメージングな二刀流選手と別れる可能性はない(ノーチャンス)」と伝えた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b39bbbad65ea9eecea8163df9c0b2f11b077de4a

【大谷翔平はエンゼルス残留へ ヤンキースがトレード打診も「ノーチャンス」 NY紙報道】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/02(火) 08:23:35.34 ID:wyqu6EG40
【MLB】大谷翔平はエンゼルス残留へ ヤンキースがトレード打診も「ノーチャンス」 NY紙報道

 エンゼルスが大谷翔平投手を8月2日(日本時間3日)の移籍期限までにトレード放出せず、残留させる方針を固めたと米ニューヨーク・ポスト紙が伝えた。

同紙の敏腕記者ジョン・ヘイマン氏の記事によると、ヤンキースはパドレス、ホワイトソックスと共に大谷のトレード獲得に本格参戦。エンゼルス側も他球団からのオファーを聞いていたものの、やはり大谷をトレードに出すつもりはないようだ。獲得に興味を示していた球団は、すでに他の選手の獲得に動いているという。

【大谷翔平、エンゼルス残留へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/02(火) 02:12:44.74 ID:foJP/ycQr

【LA・エンゼルス、大谷のヤンキースへのトレード断る】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/31(日) 12:27:07.02 ID:k6rcH6s0d
どっち?

【大谷 35本&二桁勝利、ジャッジ 60本 ←これだったらMVPはどっち?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/31(日) 18:08:34.12 ID:CAP_USER9
7/31(日) 13:23配信

22号3ランHRの大谷翔平選手(右)【写真:AP/アフロ】

◇MLB エンゼルス9-7レンジャーズ(現地30日、エンゼル・スタジアム)

1番指名打者で出場した大谷翔平選手は2点ビハインドの3回第2打席、0アウト1、2塁のチャンスの場面で回ってきます。

レンジャーズ先発グレン・オットー投手の内角チェンジアップを捉えると、打球は右中間スタンドへ。4試合ぶりとなる逆転の22号3ランの一発を放ちました。

この日は4打数1安打1HR3打点1敬遠だった大谷選手。試合はシーソーゲームとなった一戦、エンゼルスは8回に一挙5得点を奪い3点差をひっくり返す再逆転で勝利。連敗を2で止めました。

【大谷翔平選手の打撃成績】
1打席目 レフトフライ
2打席目 3ランホームラン
3打席目 センターフライ
4打席目 センターフライ
5打席目 敬遠

https://news.yahoo.co.jp/articles/6f51c5039d7d79f71bb7eba7aa9a31555b26294d

【エンゼルス・大谷翔平、4試合ぶり22号3ラン チームは8回に一挙5得点!逆転でシーソーゲーム制す】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/31(日) 11:06:20.85 ID:CAP_USER9
7/31(日) 11:00配信

スポーツ報知

◆米大リーグ エンゼルス―レンジャーズ(30日・アナハイム=エンゼルスタジアム)

 エンゼルス・大谷翔平投手(28)が30日(日本時間31日)、本拠地・レンジャーズ戦に「1番・指名打者」でスタメン出場し、4試合ぶりのアーチとなる22号本塁打を放った。

 28日(同29日)の本拠地・レンジャーズ戦は、「1番・投手、指名打者」の投打同時フル出場。投げては6回2失点で6敗目(9勝)を喫し、打っても4打数無安打に終わった。登板翌日の29日(同30日)は休養の可能性があったが、志願して「2番・指名打者」で出場。だが、4打数無安打で2試合、9打席連続無安打となった。

 チームも投打がかみ合わず2連敗で借金が今季ワーストタイの16となった悔しさをバットに乗せた。本拠地での本塁打は6月28日(同29日)の本拠地・ホワイトソックス戦以来約1か月ぶり。トレード期限が米東部時間8月2日午後6時(同3日午前7時)に迫る中で、存在感を示した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5044d37ac43877646e18d0378af201d1e600ffd8

【エンゼルス・大谷翔平が22号本塁打 本拠地では約1か月ぶりアーチ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/29(金) 13:43:50.24 ID:CAP_USER9
◇ア・リーグ エンゼルス0―2レンジャーズ(2022年7月28日 アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(28)は28日(日本時間29日)、本拠地エンゼルスタジアムでのレンジャーズ戦に「1番・投手兼DH」で今季17度目の投打同時出場。6試合連続2桁奪三振となる11三振を奪い、6回98球を投げて2失点と粘りの投球を見せたが、打線の援護なく、1918年のベーブ・ルース以来104年ぶりとなる同一シーズン「2桁本塁打&2桁」の偉業は持ち越しとなった。打っては4打数無安打だった。エ軍は0―2で敗れて、40日ぶりの3連勝はならなかった。

 チームの3連勝をかけてマウンドに上がった大谷は初回、いきなり3連打を浴びて無死満塁としたが、ロー、ガルシア、タベラスを3者連続空振り三振。2回は2三振を奪い3者凡退、3回は1死からシーガーに右前打されたが、ここまで6打数6安打7打点と打ち込まれていたハイムを一ゴロ併殺打に打ち取り、無失点投球を続けた。しかし、4回に先頭のローに甘く入ったスライダーを右中間にソロ本塁打されて先制点を許した。続くガルシア、タベラス、カルフーンは3者連続三振に仕留めた。5回は2死一塁からはシーガーに右中間適時二塁打されて2点目を失った。続くハイムからは空振り三振を奪った。6回は先頭のローに左翼線三塁打されたが、ガルシア、ダベラスから三振を奪い、カルフーンを右飛に打ち取り、この回で降板した。6試合連続2桁三振とし、同一シーズンの6試合連続2桁奪三振は球団単独2位となった。球団記録は1977年のノーラン・ライアンの7。メジャー記録は2019年のゲリット・コール(当時アストロズ、現ヤンキース)の9。

 打っては、初回の第1打席はレ軍の先発右腕ハワードの前に一ゴロ、3回1死二塁の第2打席はニゴロ。左腕バークと対戦した6回無死の第3打席は中飛、右腕ブッシュと対戦した8回2死の第4打席は右飛だった。

 前回登板の22日(同23日)のブレーブス戦では「1番・投手兼DH」で先発。6回1/3を投げ、5試合連続2桁三振となる11三振を奪ったが、2本塁打を被弾するなど6安打6失点で5敗目を喫した。打っては3打数無安打1死球だった。

 これで通算成績は、投手は17試合で9勝6敗、防御率2・81、打者は96試合で358打数91安打、打率・254、21本塁打、59打点、11盗塁となった。

スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/b61137fb0d450ddc305e0b4365c6b98e7af7379f

【エンゼルス・大谷翔平 援護なく104年ぶり偉業はまた持ち越し…6回8安打2失点、6戦連続2桁Kも6敗目】の続きを読む

このページのトップヘ