SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

高校野球

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/06(水) 21:04:48.53 ID:PrnDTvkCr
南北海道

札幌静修 0-12 札幌大谷(8)
札幌龍谷 9-1 札幌清田(7)
札幌第一 8-12 札幌創成
札幌北 5-2 札幌琴似工
北海 7-1 札幌南
立命館慶祥 8-12 とわの森三愛
東海大札幌 3-0 札幌新陽

【高校野球 地方大会の結果[7/6]】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/05(火) 19:15:59.66 ID:CAP_USER9
毎日新聞
最終更新 7/5 18:59
https://mainichi.jp/articles/20220705/k00/00m/050/264000c

 今春、高校の硬式野球部に入部した生徒が8年ぶりに増加したことが判明した。日本高校野球連盟が5日、2022年度(5月末現在)の加盟校数と部員数の集計結果を発表した。

 日本高野連によると、1年生の硬式部員数は前年度より382人増え、14年度以来となる増加に転じた。一方、硬式全体の部員数は13万1259人(前年度比3023人減)で、8年連続の減少となった。部員数が増加したのは埼玉、石川、滋賀、和歌山、山口の5県にとどまり、最も部員数が減少したのは神奈川県の227人だった。部員数が最も多かったのは東京都の9135人だった。

 加盟校数は3857校(同33校減)で17年連続の減少。1年生が3年生まで部活動を続けている「継続率」は、1984年の集計開始以降で過去最高の92・7%に達した。

 一方、軟式の加盟校数は前年度と同じ399校。部員数は7820人(同78人減)だった。【岸本悠】

【高校の硬式野球部、新入部員が8年ぶりに増加 総部員数は8年連続減少】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/04(月) 20:04:08.94 ID:ZpisDnYcr
北北海道

滝川西 8-0 深川西(8)
旭川東 7-4 留萌
岩見沢東 10-1 滝川工(7)
旭川実 0-2 旭川龍谷

【高校野球 地方大会の結果[7/4]】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/03(日) 01:33:11.97 ID:Qv8fmhDVr
北北海道

東川 0-25 留萌(5)
芦別 1-10 深川西(7)
稚内大谷 5-0 天塩・豊富
帯広緑陽 6-1 帯広工
釧路工 9-10 釧路明輝(13)
旭川実 10-4 旭川南
別海 0-2 釧路北陽
帯広大谷 10-5 帯広農
稚内 2-20 士別翔雲
旭川商 0-7 旭川龍谷(7)
岩見沢農 4-7 岩見沢東(13)

【高校野球 地方大会の結果[7/2]】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/02(土) 21:08:33.06 ID:CAP_USER9
2022年7月2日 5時00分

 第104回全国高校野球選手権大会で使うボールのテストが1日、大阪市内であり、ベテランの審判委員ら17人がボールの弾み具合や重さ、形状を調べた。
弾み具合は、高さ4メートルから50センチ四方の大理石の上に落とし、弾む高さを点検。規定外のボールはその場で取り除かれた。
大会前まで温度と湿度の管理された部屋…

https://www.asahi.com/articles/DA3S15341753.html

【大会使用球をテスト 第104回全国高校野球】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/26(日) 22:39:35.01 ID:D6uX/imh0
<高校野球練習試合:花巻東7-7ノースアジア大明桜>
◇26日  花巻東(岩手)の2年生スラッガー、佐々木麟太郎内野手が26日、岩手・金ケ崎町内で行われたノースアジア大明桜(秋田)との練習試合で高校通算73号(公式戦13本、練習試合60本)を放った。
 4-6で迎えた8回裏、右中間への特大2ランで同点に追いついた。その後、チームは勝ち越すも、9回に追い付かれ7-7の引き分けに終わった。  
前日の山形中央戦でも1本放っており、これで岡本和真(智弁学園)の同73発に並んだ。センバツ後は「胸郭出口症候群」の手術の影響で調子を落としていたが、タイミングの取り方をつかみ、夏本番を前に量産ペースに入った。

【花巻東・佐々木麟太郎が高校通算73号!岡本和真に並ぶ 夏本番前に量産ペース】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/25(土) 17:02:27.46 ID:CAP_USER9
https://www.asahi.com/articles/ASQ6S66VDQ64PIHB00P.html
2022年6月25日

第104回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)の兵庫大会が25日開幕した。7月9日に初戦を迎える予定の三田西陵(兵庫)の主将は、部内で唯一の女子選手、東尾凜さん(3年)だ。

遠投の記録は85メートルで、25人いる選手の中で上位。練習試合では捕手として130キロの球も受ける。毎日の練習メニューを上野敏史監督と相談して決め、指示を出しつつ、男子と同じ練習量をこなす。

「チームを引っ張り、性別に関係なく双方が遠慮なく言い合える関係を作ってくれます」。副主将の南海斗選手(3年)はそう評する。

でも、入学時は選手として野球を続けるつもりはなかった。

4歳上の兄の影響で、小学2年生の時に地元の野球チームに入った。中学では軟式野球部で男子と一緒にプレーした。女子野球部がある高校に進学する選択肢もあったが、「甲子園の輝ける舞台に憧れていました」。昨夏、全国高校女子硬式野球選手権大会決勝の会場になったが、当時は女子の高校生が甲子園で戦う機会はなかった。マネジャーとして、甲子園をめざそうと思った。

三田西陵に進学すると、上野監督から「選手としてやってみろ」と声をかけられた。男子と対等にプレーできる東尾さんのうわさを聞いていたという。マネジャーをやりたいという思いは強かったが、周りの仲間も「一緒に野球やろう」と言ってくれた。2週間の体験入部期間中、最後まで悩み、選手としてやっていくことを決めた。

最初は男子との体格の違いや硬式の球が飛んでくることに不安を感じた。でも、練習試合を重ねていくうちに「自分も頑張ったらできる」と自信がついてきた。

新チームができた昨夏、8人の3年生の選手から主将に選ばれた。部員たちの意見は「女子だからというのを超越して、こいつしかおらへんやん」。

約1年間主将としてチームをまとめる苦労はあった。でも、東尾さんは「自分が女子であることは気にならなかった」と断言する。

続きはソースをご覧下さい

https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20220624002663_comm.jpg
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20220624002666_comm.jpg

【「女子だからというのを超越して、こいつしかおらへん」三田西陵の主将は遠投85mの女子選手】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/22(水) 19:54:32.90 ID:CAP_USER9
花巻東(岩手)の2年生スラッガー、佐々木麟太郎内野手が高校通算71号(公式戦58本、練習試合13本)を放った。

 大曲農(秋田)創立130周年記念親善招待試合に「3番一塁」で出場。5回にソロ本塁打、6回に2点適時打を運んで5打数2安打3打点と躍動し、6-0の勝利に貢献した。通算本塁打数では70本の城島健司(別府大付)、平田良介(大阪桐蔭)を超え、高橋周平(東海大甲府)に並んだ。また21日までには69本の筒香嘉智(横浜)超えも果たしている。

    ◇   ◇   ◇

 佐々木麟が青空に大きな花火を打ち上げた。2-0の5回無死走者なしで迎えた第3打席。1ボールから大曲農のエース左腕、竹村凌平投手(3年)が投じた内角低め直球を、右中間へ運んだ。「とにかく積極的に振り抜くことをテーマにやってきて、逆らわずに来た球をセンターからレフトへという意識だったので、結果的に風に乗ってくれたと思います」。推定飛距離120メートルの特大弾を「日本一の花火の街」として有名な大曲で1発を決めた。

 今夏に弾みをつけるべく臨んだ春季東北大会は、準々決勝で東北(宮城)に1-3で競り負けて初戦敗退。佐々木麟も4打数無安打と沈黙した。この日はソロ本塁打だけでなく、4-0の6回にはダメ押しの2点適時打。一方、凡退した初回の中飛、2回の左飛、8回の中飛もアーチストらしい豪快な打球を飛ばした。いずれも中堅122メートルと広い大曲球場でなければ本塁打の可能性があり、佐々木麟自身も確かな手応えをつかんだ。

 「自分の持ち味である弾道のいい打球が出ず、調子が悪い時期が続いていた中で、今日はフライアウトが全部でしたが、それ以上に自分の中でも質のいい内容で打席を終えることができました。調子が完全に良くなってはないですけど、こういう内容が出たことに少し自信を持って、夏に向けて『ここから』だと思ってやっていきたいです」

 花巻東は19年以来3年ぶりの夏の甲子園出場を目指す。23日には県大会の抽選会が行われ、7月8日に聖地行きをかけた戦いが開幕する。「この夏は特別な思いを持ち、3年生ではないですが、最後の夏だと思って、この代で甲子園切符をつかみ取り、新たなステージへ進んでいきたいと思います」。筒香、城島、平田らの高校通算本塁打を上回った“花火師”が、夏本番も豪快な一撃で青空を彩る。【山田愛斗】

https://news.yahoo.co.jp/articles/6c77c545b262de3ad243016877bcfe660d4de11e

【花巻東・佐々木麟太郎が城島健司ら超え高校通算71号「積極的に振り抜くことをテーマに」】の続きを読む

このページのトップヘ