SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

高校野球

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/29(月) 19:58:50.92 ID:CAP_USER9
11/29(月) 19:43
東スポWeb

イチロー氏が強豪・国学院久我山を熱血指導 ナイター練習終え「またどこかで…ありがとう」
イチロー氏(東スポWeb)
 マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターのイチロー氏(48)が29日、東京都内の国学院久我山の野球部を訪れ、指導を行った。昨年の智弁和歌山に続いての高校生指導〝第2弾〟。秋季東京大会を制した強豪校だが、現3年生の田村優樹がイチロー氏と知り合いという縁で昨年に部員らが手紙を送って指導を熱望。思いのこもった内容に感銘を受け、来訪が決まった。

 午後3時にグラウンドに現れたイチロー氏は引退した3年生との談笑後、アップを開始。自らティー打撃を行って選手の視線をクギ付けにし、内野ダッシュする際には「腕を後ろに大きく振る」「肩甲骨が動きだすと一歩が大きくなる」などと丁寧に実戦しながら説明した。さらに選手を守備につかせてフリー打撃を披露。外野のネットを越える当たりを連発するなど現役時代さながらの快音を響かせると、選手からは「やばい」「えぐい」の感嘆の声が上がった。

 また、見逃し三振をしない「最後のテクニック」やベース上でのリードの取り方、走塁テクニックなど走攻守に渡って入念に説明し、考え方を伝授。日が落ち、ナイター照明となっても指導は続いた。

 午後6時半ごろ、練習が終了。記念撮影を終えたイチロー氏は「またどこかで。ありがとう」と言い残して去って行った。年内にさらに2校を訪れる予定にしている。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211129-03829043-tospoweb-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/fafed2ee3f596fe635aa2feb070427d4fb2f0261

【日米通算4367安打、イチロー氏が強豪・国学院久我山を熱血指導 ナイター練習終え「またどこかで…ありがとう」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/28(日) 09:26:40.74 ID:CAP_USER9
イキのいい1年生が現れた。花巻東(東北・岩手)佐々木監督の長男・麟太郎が明治神宮大会3試合で2本塁打を放ち、高校通算49号というハイペースで1年目の公式戦を終えた。

花巻東の怪物1年生・佐々木麟太郎 規格外の活躍が突きつける高校野球の旧態依然な指導体制

 広陵(中国・広島)戦は4打数3安打5打点。今大会は3戦全てで打点を挙げるなど、計10打数6安打(2本塁打)9打点2四死球と大暴れだった。

 183センチ、117キロの巨漢ながら、スイングは柔らかい。ジャストミートさえできれば、打球は飛んでいくとばかりにむちゃ振りをしない。低めの球を拾って本塁打できる技術がある。バックスイングの部分が小さいため、打率も残せそう。現段階で唯一、難点を指摘するなら、バットを引く際に右肩が下がるため、内角高めの速球に差し込まれやすいことだ。

 広陵戦の一発は、見逃せばボールになる128キロの高めの直球を右翼席最前列に運んだ。これが135キロ以上なら詰まっていただろう。来春のセンバツで速球派の投手と対戦した時に克服できているか、楽しみである。

 117キロの体重が打撃面で邪魔になることはない。ただし、やはり減量した方がいいと思うのは、一塁の守備の際に動けていないからだ。

 一塁ベースの踏み方が悪い。内野の送球を受ける際、通常時は右足で踏んで体を伸ばすが、送球が右翼側にそれた時は、瞬時に左足に踏み替えて捕球する。しかし、体が重過ぎるからか、足を入れ替えられていない。

■一、二塁間の守備範囲を「2メートル」広くする方法

 走者が一塁にいる時、牽制に備えて一塁ベースに入っている構えも良くない。今はベースの前に右足、ライン上に左足を置き、投手の方に体を向けて構えている。これだと、一、二塁間へ打球が飛んだ際にワンステップ多くなり、守備範囲が狭くなってしまう。左足を投手の方に出して半身になり、ベースから50センチほど投手寄りに出て構えること。これにより、一、二塁間の守備範囲が「2メートル」は広くなる。牽制球がきたら、さっとベースに戻ればいいのだ。

 教え子の筒香(パイレーツ)は高校通算69発だった。本塁打になりやすいライト線に引っ張ったものが少なく、右中間からセンター方向の割合やライナー性の打球、フェンス直撃が多かったこと。当時はタイミングがうまく取れなかったことなどが原因だ。それでも故障で50試合ほど離脱した期間がなければ、100本近くは打っていただろう。

 歴代最多とされる111本を放った早実・清宮(日本ハム)でさえ、1年時は22本だった。佐々木はすでに倍以上。故障さえしなければ、これを更新する可能性は十分ある。当然、2年後にはドラフト候補になるだろうが、1位となると話は別だ。プロ入りを視野に入れるなら、守れるのが一塁だけでは後々苦労する。できれば三塁も守らせたいが、今の体重では無理。それに、足首と膝を故障する危険があるため、センバツまでに105キロまで減量したいところだ。

 花巻東は27日に私が臨時コーチを務める古巣・横浜と練習試合を行う予定だから、アドバイスしようと思う。

(小倉清一郎/元横浜高校野球部部長)

日刊ゲンダイ 11/28(日) 9:06
https://news.yahoo.co.jp/articles/89d936028d1ac82be2f9568c627b5adb45c84355

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211128-00000012-nkgendai-000-1-view.jpg?exp=10800

【プロ野球】<日ハム・清宮>もう10キロやせた!自己最多108キロまで増量したが現在は体重98キロ [Egg★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1637959142/

【花巻東・佐々木麟太郎は「117キロ→105キロ」まで減量すべき?一塁の守備の際に動けていないから】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/24(水) 16:18:06.56 ID:CAP_USER9
>>11/24(水) 11:00 東スポWeb

 エンゼルス・大谷翔平投手(27)らを輩出した花巻東の怪物1年生・佐々木麟太郎内野手(1年)が23日の明治神宮大会、高校の部準決勝・広陵戦に「3番・一塁」で出場。6―9と3点を追う8回二死一、二塁の第5打席で、右越えに高校通算49号となる同点3ランを放つなど3安打5打点の活躍を見せたが、試合は9―10で敗れ、決勝進出を逃した。

 試合後、佐々木は「全国レベルのピッチャー陣で球速も上がり、変化球のキレもある中で、大事な場面で3番として責任を果たせたのは今までで一番の収穫」と全国デビューした注目の2試合を振り返った。

 まだ1年生のうちから「順調にいけば2023年ドラフトの1位競合は間違いなし」といわれる岩手の逸材だが、その周辺では大方のイメージ通りの噂が流れている。

 佐々木が「大の西武ファンだ」というのだ。

 西武には通算442本塁打(歴代15位)の中村剛也内野手(38)の成功を皮切りに、山川穂高内野手(29)、渡部健人内野手(22)という“あんこ型スラッガー”を獲得し、育成する土壌がある。

 過去には「左のおかわり」と呼ばれた坂田遼外野手(35=現スコアラー)も在籍し、身長183センチ、体重117キロの超ヘビー級高校生が気兼ねなく実力を発揮できる実績と環境が整っている。

 そんな“親近感”から花巻東に近い関係者からも「麟太郎は間違いなくライオンズの大ファンですよ」との証言も出ている。

 そして、同関係者は「岩手の野球少年の憧れはもちろん(エンゼルス)大谷ですが、大谷以外で岩手日報で扱われる国内球団のニュースでは西武勢の扱いがダントツ。(花巻東出身の菊池)雄星に限らず(花巻にある富士大出身の)山川、外崎、多和田(退団)、佐藤龍(現日本ハム)、佐々木健が在籍していた関係で、シーズン中は毎日『岩手県勢の活躍』として西武の二軍の結果までが掲載される。必然的に岩手の野球少年、球児はみんな西武ファンなんですよ」とも補足した。

続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/9c7784fb3b7ada1ef2f989ffa12d35ff69f6d0fa

【花巻東の超ヘビー級怪物1年生・佐々木麟太郎は大の西武ファン!?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/11/23(火) 13:58:42.44 ID:bRYgYTQYp

【今日(11/23)の花巻東・佐々木麟太郎のホームラン】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/10/24(日) 13:45:47.04 ID:CAP_USER9
<高校野球秋季東北大会:花巻東4-3八戸工大一>◇24日◇準決勝◇石巻市民球場

花巻東(岩手1位)が来春のセンバツ出場を当確とした。八戸工大一(青森2位)を延長10回サヨナラの4-3で下し、
17年以来4年ぶりに決勝進出。悲願の初優勝へ王手をかけた。


佐々木洋監督(46)の長男で高校通算47本塁打の1年生スラッガー、麟太郎内野手は、1打席目が右飛、2打席目が
申告敬遠、3打席目が遊ゴロ、4打席目が四球、5打席目が見逃し三振で、3打数無安打2四球だった。

花巻東が優勢に試合を進めた。2回に熊谷陸内野手(1年)の2点適時打で先制し、4回に同点にされたが、6回に
渡辺陸外野手(2年)が勝ち越し打。7回に再び追いつかれたが、10回に万谷大輝投手(2年)がサヨナラ打を放った。
投げても万谷が10回2失点で完投した。

センバツは東北の「一般選考枠」が2校。花巻東は今大会の準優勝以上が決まり、代表校選出は確実視される情勢に。
一方の八戸工大一は優勝した1986年以来、35年ぶりの決勝進出にあと1歩届かなかった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2e94c5dcffa9cab70c0d82e1966fe4697ec3df43

【47発の怪物1年生・佐々木麟太郎、初の甲子園へ!花巻東が秋季東北大会決勝進出でセンバツ当確】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/10/22(金) 00:17:39.84 ID:6j0J2ghHd
面接する?

【花巻東の佐々木麟太郎は何球団競合するのか?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/10/21(木) 11:31:06.03 ID:F1n7eSKJ0
公式戦4戦連発の模様

【花巻東・佐々木麟太郎、高校通算47本(1年秋)】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/09/15(水) 20:15:03.51 ID:CAP_USER9
中日スポーツ9/15(水) 18:08
https://news.yahoo.co.jp/articles/e98b6590944ed7ae40a635ad22826a4bc505162c

 日本高校野球連盟(八田英二会長)は15日、来春の「第94回センバツ高校野球大会」を阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で2022年3月18日(金)から13日間(準々決勝、準決勝翌日の休養日各1日を含む。雨天順延あり)の日程で開催すると発表した。

 8日にオンラインで第1回運営委員会を開き、この日までに「開幕日がアウトオブシーズンの期間中にあたるため、変更については当連盟理事会の承認事項となっており、15日までに理事会の持ち回り審議を行い、承認された」としている。

 出場校は32校。「一般選考」が28校で、地区別では北海道1、東北2、関東・東京6、東海2、北信越2、近畿6、中国・四国5、九州4。「21世紀枠」が3校。「神宮大会枠」が1校。例年通りとなっている。

 出場校を決める選考委員会は2022年1月28日、組み合わせ抽選会は同3月11日にそれぞれ大阪市の毎日新聞大阪本社オーバルホールで開かれる。 

【来春センバツ高校野球・3月18日に開幕 出場校は32校、「21世紀枠」が3校、「神宮大会枠」が1校】の続きを読む

このページのトップヘ