SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

高校野球

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/27(水) 19:14:29.42 ID:CAP_USER9
2022年07月27日 18:47 野球 
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/07/27/kiji/20220727s00001002573000c.html
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/07/27/jpeg/20220727s00001000572000p_view.jpg

 日本高野連は27日、第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日から17日間、甲子園)の第3回運営委員会を開き、始球式役・入場行進の先導役を発表。早実で2006年に全国制覇を果たした元日本ハムの斎藤佑樹氏(34)が始球式を務めると発表した。

 斎藤氏は日本高野連を通じ「今回このような形で甲子園のマウンドに帰れることをとても嬉しく思います。この夏が球児の皆さんと高校野球を愛するすべての方々にとって、熱い熱い、特別な夏になるよう、一球に魂を込めて、精一杯務めさせていただきます」とコメントした。

 また入場行進の先導は三田西陵(兵庫)野球部の女子部員である東尾凜さん(3年)が務めることが決まった。東尾さんは規定により公式戦の出場はできなかったが、主将としてチームをけん引した。

【第104回高校野球 斎藤佑樹氏が始球式 “ハンカチ王子”が再び夏の聖地に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/27(水) 20:05:21.59 ID:CAP_USER9
7/27(水) 19:53配信 朝日新聞デジタル 
https://news.yahoo.co.jp/articles/3ed34cddcbffc065ff24bf6c9b649ba6f0bc2a5a

 第104回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)の運営委員会が27日あり、来夏の第105回大会以降、日中の気温の高い時間帯を避け、朝の部、夕方の部にわけて試合を実施する2部制を含め、新たな暑さ対策の検討を始めることを決めた。

 報道陣に対応した山本秀明・朝日新聞高校野球総合センター長は「暑さ対策をしっかりしていかなければいけない。選手にとっても、観客にとっても安全面が最優先。これまでも休養日を増やすなどしてきたが、さらに考えないといけない」と強調。

 2部制については、「暑い時間に試合をしないということ。どう進めるか、なにを課題とするかについてはこれから(議論を)スタートしていく」とした。

 第104回大会を含め、全国選手権大会では原則、4試合を行う日は第1試合を午前8時開始とし、第4試合の開始時間は午後3時半としている。

 地方大会では試合を朝と夕方に分けて行った例がある。

 記録的猛暑に見舞われた2018年の第100回選手権京都大会では、わかさスタジアム京都での準々決勝4試合について、最も気温が上がる昼過ぎに休憩を挟み、第3試合の開始を午後4時に遅らせた。第4試合は同7時1分に始まった。

 今夏の兵庫大会はこれまでで最も早い6月25日に開幕した。昼過ぎの試合を避けて原則、1球場1日2試合とするため、日程にゆとりを持たせた。

 他競技でも酷暑を避ける傾向がある。今夏、米国で行われた陸上の世界選手権で男女マラソンのスタートは午前6時だった。昨夏の東京五輪でもサッカーや女子マラソンなどで時間帯を変更した。(山口裕起)

【来夏の甲子園、暑い時間帯の試合回避を検討へ 朝夕分ける2部制など】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/27(水) 14:46:25.64 ID:CAP_USER9
盈進が9-4で尾道を下し、48年ぶり3度目の甲子園大会出場を決めた。8月6日に開幕する「第104回全国高校野球選手権大会(17日間、甲子園)」に出場する。尾道は春夏通じて初めての甲子園大会出場はならなかった。

4-3の8回、長短4安打に四球、犠打、相手失策などを絡め、一挙5得点。終盤の集中打で一気に勝負を決めた。朝生弦大主将(3年)は「いつも通りのプレーを仲間とともに冷静にできて、優勝をつかみ取ることできて良かった」と満面の笑顔。「広島県の代表として、しっかり、さわやかプレーを心掛けて絶対、勝ちたいと思います」と宣言した。

ノーシードから勢いよく頂点へと駆け上がった。長い沈黙を経て、半世紀近くぶりに戻る甲子園。前回出場の74年は1勝。広島大会同様、一丸の戦いで母校の新たな歴史をつくる。

◇盈進 甲子園への足跡◇
1回戦 11-0 大門
2回戦 18-0 三次青陵
3回戦 7-1 福山工
4回戦 12-2 海田
準々決 4-3 呉港
準決 5-0 近大福山
決勝 9‐4 尾道

スポニチ2022年7月27日 12:54
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/07/27/kiji/20220726s00001002600000c.html

【高校野球広島大会 盈進、48年ぶり3度目甲子園大会出場決定 主将「広島県の代表として、さわやかプレーを」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/27(水) 14:43:56.88 ID:CAP_USER9
スポニチ2022年7月27日 13:11
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/07/27/kiji/20220725s00001002315000c.html

 明秀学園日立が土浦日大を4-2で下し、春夏連続、夏は初となる甲子園出場を決めた。第104回全国高校野球選手権大会(8月6日から17日間、甲子園)に出場する。土浦日大は4年ぶり5度目の甲子園出場はならなかった。

 2-2の9回2死二塁、3番・佐藤光成(3年)が左越えにサヨナラ2ランを放ち、熱戦に終止符を打った。「自分自身、ケガも重なってチームに迷惑かけてきた。こうやって優勝できてうれしい」と笑顔。甲子園の舞台に向け「打ってチームに貢献したいと思っているし、チーム全体としても優勝できればいいと思っています」と言葉に力を込めた。

 選抜大会には今春を含め2度の出場があるが、夏は初めて。自慢の強打で聖地を沸かせる。

◇明秀学園日立 甲子園への足跡◇
2回戦 10-0 江戸崎総合
3回戦 11-1 古河一
4回戦 13-4 鹿島学園
準々決 9-6 竜ケ崎一
準決 8-1 境
決勝 4‐2 土浦日大

【高校野球茨城大会・決勝 明秀学園日立、春夏連続甲子園!夏初切符 劇的サヨナラ勝利で大会制する】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/27(水) 12:31:39.53 ID:CAP_USER9
スポニチ 2022年7月27日 12:15
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/07/27/kiji/20220727s00001002297000c.html

第104回全国高校野球選手権京都大会・決勝 京都国際6―1龍谷大平安 ( 2022年7月27日 わかさスタジアム京都 )

京都国際が逆転勝ちで、2年連続2度目の夏の甲子園出場を決めた。
今秋ドラフト上位候補のエース左腕・森下瑠大(3年)が満を持して今大会初先発。初回先頭打者に一発を浴びたが、6回4安打1失点と好投。7回からは右翼に回った。

4番打者としては0―1の4回無死一塁で、2球目の高めの球をバットに乗せて右中間最深部まで運ぶ決勝の逆転2ラン。今大会3本目の高校通算21号でチームに勢いをつけると、5―1の7回1死二、三塁では左前適時打。2打数2安打2四死球3打点で全打席出塁だった。

7回からは背番号10の右腕・森田大翔(3年)が救援。3回無失点に抑えて、歓喜の瞬間を迎えた。

今春選抜大会は新型コロナウイルス感染の影響で、直前で出場を辞退。小牧憲継監督は「何が何でも、もう一度甲子園の舞台に戻してやることが自分の責任。たくましく育ってくれた」と言葉をかみしめる。「チームが一つになったのが6月の半ば。キャプテンの辻井を中心によくやってくれた」とチームとしての成長を認めた。試合後のインタビューは、ナインに向けて「ようやったぞー!」と絶叫し、締めくくった。

4年ぶり35度目の出場を目指した龍谷大平安は、打線がつながらなかった。

◇京都国際 甲子園への足跡◇
2回戦 10-0 北桑田
3回戦 12-2 京都両洋
4回戦 9-2 鳥羽
準々決 9-4 東山
準決 5-3 乙訓
決勝 6‐1 龍谷大平安

【高校野球京都大会・決勝 森下が完投&逆転V2ランで京都国際が2年連続2度目の夏切符 小牧監督「ようやったぞー!」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/27(水) 14:48:18.27 ID:CAP_USER9
スポニチ2022年7月27日 12:33
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/07/27/kiji/20220726s00001002511000c.html

 樹徳が6-4で高崎健康福祉大高崎を下し、30年ぶり3度目の甲子園大会出場を決めた。8月6日に開幕する「第104回全国高校野球選手権大会(17日間、甲子園)」に出場する。健大高崎は7年ぶりの甲子園大会出場はならなかった。
 
 初回に長短4安打を集めて5点を先行してペースを握ると、先発のエース・亀井颯玖(3年)が持ち味を発揮した。制球力を生かした丁寧な投球を展開。13安打を浴びながらも、4失点と粘り抜いて9回を投げ切った。

 井達誠監督も「ウチのエースですので、亀井と心中するつもりで、今日も覚悟を決めていました」と全幅の信頼感を口にする。自身が選手時代以来となる30年ぶり出場について問われると「たくさんの方に本当に心配していただいたり、ご迷惑かけて…。選手時代以上の成績が残せるように頑張ってやってきたい」と声を詰まらせた。

 春季群馬大会は初戦敗退。チームを立て直し、ノーシードから進撃した。甲子園大会は1991年に初出場を果たし、連続出場となった翌92年に初勝利を記録。1大会2勝を最初の目標に設定し、全国の舞台に挑む。

◇樹徳 甲子園への足跡◇
1回戦 9-1 群馬高専
2回戦 3-0 前橋商
3回戦 6-1 高崎商大付
準々決 6-0 前橋育英
準決 10-7 桐生第一
決勝 6‐4 高崎健康福祉大高崎

【高校野球群馬大会・決勝 樹徳 健大高崎破り、30年ぶり聖地へ 樹徳 6‐4 高崎健康福祉大高崎】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/27(水) 14:41:31.22 ID:CAP_USER9
日刊2022年7月27日14時19分
https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/202207270000479.html

<高校野球千葉大会:市船橋13-6木更津総合>◇27日◇決勝◇ZOZOマリンスタジアム

市船橋が打撃戦を制し、15年ぶり6度目の夏甲子園出場を決めた。

ライトスタンドから「市船soul」が流れると、勝利の風が吹いた。初回、無死満塁から4番片野優羽捕手(3年)の左犠飛で先制した。その裏には逆転を許すも、4回には2死一、二塁から大野七樹内野手(1年)の中前適時打で同点。なお一、二塁から谷藤汰樹内野手(3年)の右前適時打で逆転に成功した。

6回には、3連打で3点を奪い、木更津総合の先発右腕・越井颯一郎投手(3年)をノックアウト。7回には先発のエース、森本哲星投手(3年)の左越え2点適時打を含む4安打で、この回4点を追加。9回には双子の兄・森本哲太外野手(3年)に中越えのランニングホームランも飛び出し、先発全員の19安打で木更津総合を突き放した。

投げては森本哲星が木更津総合打線に16安打され、一時は逆転を許しながらもスライダー、チェンジアップで緩急を使い、リードを守り切った。

市船橋は昨秋県大会、準々決勝で木更津総合と対戦。延長10回を戦い5-7で敗戦していた。夏の決勝戦でリベンジを果たし、聖地行きを決めた。

◆市船橋 1957年(昭32年)創立の市立校。野球部も同年創部。生徒数は1191人(女子548人)。部員102人。甲子園出場は春2度、夏は6度目。OBに中日コーチ小笠原孝、元巨人林正範、中日岩崎翔ら。所在地は千葉県船橋市市場4ー5ー1。津田亘彦校長。

【高校野球千葉大会・決勝 市船橋15年ぶり6度目の夏甲子園 先発全員19安打13点 木更津総合にリベンジ果たす】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/27(水) 12:28:47.89 ID:CAP_USER9
フルカウント2022.07.27
https://full-count.jp/2022/07/27/post1257161/

9回まで投手戦を展開、0-0の9回にドラマ
 第104回全国高校野球神奈川大会の決勝戦が27日、横浜スタジアムで行われ、横浜が東海大相模との熱戦を制し、1-0でサヨナラ勝利。2年連続20度目の出場を決めた。両校譲らない投手戦だったが、最終回に巡ってきた好機を逃さず、5年ぶりの頂上決戦を制した。

 東海大相模のエース・庄司裕太投手(3年)、横浜のエース・杉山遥希投手(2年)の見事な投げ合い。9回まで0-0の展開だった。横浜は9回、先頭の岸本一心外野手(3年)が右翼線へ二塁打で出塁。この試合、両校通じて、初の長打が飛び出した。送りバント失敗などもあり、2死まで追い込まれたが、2死二塁から萩宗久外野手(2年)が右前適時打で決めた。

 敗れた東海大相模は元巨人捕手だった原俊介監督が就任後、初の甲子園出場を目指したが、僅差で敗れた。名門校同士の引き締まった好ゲームだった。

(Full-Count編集部)

【高校野球神奈川大会・決勝 横浜が劇的サヨナラ勝利で2年連続20度目の出場 宿敵・東海大相模破り甲子園切符】の続きを読む

このページのトップヘ