SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

オリンピック・パラリンピック

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/25(火) 22:36:58.89 ID:CAP_USER9
1/25(火) 22:18配信
デイリースポーツ

IOC・トーマス・バッハ会長

 国際オリンピック委員会(IOC)は25日、開幕まで約10日後に迫った北京五輪を前に中国入りしたトーマス・バッハ会長と、同国の習近平国家主席が会談したことを発表した。バッハ会長は北京五輪の準備状況を称賛し、「中国は今やウインタースポーツの国であり、これは世界的なウインタースポーツ新時代の始まりです」と、開催と成功に手応えを滲ませた。

 AFP通信などによると、コロナ禍において、習氏が外国要人と直接会談するのはまれで、北京五輪を前にIOCと中国の蜜月ぶりを示す会談となった。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220125-00000149-dal-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/835d27766082d15068e12b835fac1de3f3630522

【「ウインタースポーツ新時代の始まり」IOC・バッハ会長が習近平国家主席と会談 北京五輪成功を確信】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/20(木) 16:51:13.08 ID:4vmrLArB9
<北京五輪開幕直前にオミクロン株の市中感染という最悪の事態を迎え、中国の保健当局は肛門PCRの実施を指示した。
以前、日本やアメリカの外交関係者が巻き込まれて抗議したこともあるが、肛門PCRは中国ゼロコロナ政策の重要な柱になりつつある>

中国の保健当局は新型コロナウイルス感染症を検知するために、賛否はあるがより正確な結果が得られる、
肛門から検体を採取するPCR検査(肛門PCR検査)の導入を指示している。

冬季五輪の開催を控えた北京市で、1月19日までに、感染力の高い変異ウイルス「オミクロン株」への感染者3人が確認されたことを受けての措置だ。

北京では15日に、オミクロン株の初の感染者が確認された。北京市政府系メディア「新京報」によれば、
感染が確認された女性が暮らしている共同住宅では、少なくとも27件の肛門PCR検査が実施された。

中国では2020年から、北京や上海をはじめとする主要都市で肛門PCR検査が導入されてきた。
北京では昨冬、数百万人の市民に対して、鼻や喉から検体を採取して行う検査や抗体検査と組み合わせて、肛門PCR検査が実施された。

肛門PCR検査は、より大規模なクラスターを追跡する上では実用的ではないとされている(数人分の検体を一度に検査する「プール方式」の方が適している)が、
より正確な検査結果が得られると考えられている。

北京佑安医院の感染症専門家である李侗曾は2021年1月、国営テレビの中国中央電視台(CCTV)に対して、
肛門PCR検査は無症状や軽症の感染者を検知するのに効果的な方法だと語っていた。

無症状や軽症の感染者は比較的回復が早いため、「感染から3~5日が経過すると喉にウイルスの痕跡が残っていない可能性がある」と彼は述べ、
「一部の感染者については、気道にウイルスの痕跡がなくなった後も、消化管や排泄物の中にウイルスが残ることが分かっている」と説明。

肛門PCR検査は不快感を伴うものの、ウイルスの検出率がより高くなり、感染者の見逃しを減らせる可能性があると述べていた。
本誌は今回、改めて李にコメントを求めたが、返答はなかった。

2021年前半には、アメリカと日本の複数の外交官に対して、この肛門PCR検査が実施され、心理的な苦痛が大きいとして中止を求める声も上がった。
しかし中国では、「ゼロコロナ政策」を維持する上で、同検査が重要な役割を果たしている可能性がある。

2021年12月には、深圳市第三人民医院(広東省)の蔡侃儒をはじめとする計8人の医師が、
中国の医学雑誌に論文を発表。肛門PCR検査を支持し、広く導入するよう提言した。

彼らは症状のある患者31人から採取した46の検体を比較。その結果、鼻から検体を採取する検査方法は、感染後の全経過において、新型コロナウイルスの検出率が低かった。
感染後16日以降に実施したPCR検査では、肛門からの検体採取検査で陽性反応が出た患者のうち、鼻からの検体採取検査で陽性反応が出た人は28.6%と、3分の1に満たなかった。

「感染者の隔離解除の基準を決める上で、気道からの検体採取による2回の検査で陰性を確認するほかに、
肛門からの検体採取による検査での陰性確認も重要な参考データとして取り入れるべきだ」と論文は結論づけている。
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2022/01/post-97896.php

【北京五輪参加者に〝肛門PCR検査〟強制実施か?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/20(木) 16:42:51.13 ID:CAP_USER9
1/20(木) 16:00
東スポWeb

中国批判したらアウト〜!北京五輪での政治的メッセージに厳罰 選手に懲役刑も
中国・習近平国家主席(ロイター)
 中国政府が北京五輪で政治的メッセージを発信した場合に厳罰を科す方針を表明し、アスリートが長期の懲役刑で収監される可能性が出てきた。

 米紙「ワシントンポスト」は「組織委員会の関係者が、外国選手が中国法に違反する発言をした場合、処罰を受ける可能性があると警告した」と報道した。

 北京五輪の組織委員会も「オリンピック精神に合致するすべての表現は保護するが、精神に反する行動や言葉、特に中国の法律に抵触するものは特別な処罰対象だ」との方針を示している。

 北京五輪を巡っては、新疆ウイグル自治区での人権弾圧問題で、米国をはじめとした国が外交ボイコットを表明。現在も世界中から批判の声が上がっている。

 中国政府はそうした批判や政治的デモに対して、SNSでのコメントに対しても懲役刑で罰するなど厳しい姿勢で臨んでいる。もし選手が北京五輪で新疆ウイグル問題などに関連したメッセージを発信すれば〝重罪〟となる見込みで、たとえアスリートであろうと中国の国内法にのっとって刑務所行きになる恐れがあるのだ。

 こうした背景から、人権団体「ヒューマンライツウォッチ」は、選手たちに対して「北京にいる間は、中国の人権問題に対して批判的な発言をしないようにしたほうがいい」などとアドバイスしている。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220120-03939713-tospoweb-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/88e4508449a2fb34df841d2c630fe9f675ae7ec5

【デデーン、中国批判アウト〜!北京五輪での政治的メッセージに厳罰 選手に懲役刑も】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/17(月) 21:08:58.43 ID:CAP_USER9
【北京共同】北京冬季五輪の大会組織委員会は17日、観戦チケットは一般販売しないと発表した。新型コロナウイルス感染症の流行を受けた措置。限られた人にチケットを分配する。


東京新聞2022年1月17日 20時34分 (共同通信)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/154767

【北京冬季五輪、チケット一般販売せず 新型コロナ感染症流行で】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/23(日) 07:21:57.87 ID:CAP_USER9
1/23(日) 7:00配信
東スポWeb

SNSで話題になっている「ミライティ」(谷口氏提供)

【取材の裏側 現場ノート】ちょうど半年前、東京五輪の開会式が行われた。コロナ禍や猛暑、運営面でも数多くの課題に直面したが、全日程を終了し、パラリンピックまで完走。1年延期となった大舞台は選手の活躍はもちろんのこと、パラ閉会式に登場した公式マスコット「ミライトワ」と「ソメイティ」も注目を集めた。

 特に大会後は感染状況が落ち着いたこともあり、〝ミラソメ〟の露出機会が急増。すると、SNSでは「#ミラソメ存続希望」というハッシュタグ付きのコメントが次々と投稿されるほど人気が高まった。そこで記者はこの〝空気間〟を確認したいと思い、ミライトワとソメイティが出演するイベントの取材に向かった。

 当時は先着30組が主役の〝2人〟と写真や動画を撮影できるということで会場に足を運んだが、開始1時間前の時点ですでに長い行列ができていた。結局数百人が集まり、直接交流できなかったファンも離れた場所からイベントを楽しむなど大盛況だった。

 その後、公式マスコットは都と国際オリンピック委員会(IOC)などが結んだ開催都市契約により昨年末で使用権が終了した。そうした中、生みの親でキャラクターデザイナーの谷口亮氏が、自身のSNSで新たに「ミライティ」を公開して話題になっている。

 ミライトワとソメイティを〝フュージョン〟させて、互いの色を残したパターンと紫で仕上げた2種類をデザイン。ファンからは「進化してる」「凛々しくてカッコいい」「新しいキャラとしていきましょう」「すでにグッズがほしい」といったコメントが寄せられた。

 一方、谷口氏によれば、これまでマスコットを認識されていたものの、名前を覚えてもらえないことがあったという。

「『名前、ミライティですっけ?』と。じゃあ、ミライティを描いてみようと思ったのがきっかけです。〝ネタ〟として描いてみました」

 非公式のイラストながらファンの想像を膨らませる〝新キャラ〟が誕生した。(五輪担当・小松 勝)

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220123-03943940-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/b7d5f9179435ace5a41fcec32b0beccd3aa57501

【東京五輪マスコットの「ミライトワ」と「ソメイティ」がフュージョン? 新キャラ「ミライティ」が話題に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/24(月) 18:02:56.69 ID:CAP_USER9
ドイツのスノーボード統括団体のミヒャエル・ヘルツ会長は23日、2月の北京冬季五輪では、新型コロナウイルス検査が有力選手を排除するために悪用される恐れがあるとして懸念を表明した。「中国での大会でフェアプレーが実現するかは疑問だ」などと語った。ロイター通信が伝えた。

 ドイツでは、スキー協会の関係者も、中国での五輪前のコロナ検査は恣意的に行われる懸念があると発言していた。

 ヘルツ氏は、昨年秋の中国での五輪テスト大会で陽性となったドイツのスノーボードのコーチが、非人道的な扱いを受けたと主張。当該のコーチは後に「偽陽性」だったことが判明したという。(共同)
 
共同通信 2022年1月24日 7時28分
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/21558225/

【「北京五輪でフェアプレーが実現するかは疑問だ」ドイツのスノボ関係者、新型コロナ検査が有力選手を排除するために悪用される恐れがあるとして懸念を表明】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/06(木) 12:55:24.06 ID:CAP_USER9
IOCバッハ会長 来月4日開幕の北京五輪 予定どおりの開催強調
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220106/k10013417371000.html

2022年1月6日 12時43分

開幕まで1か月を切った北京オリンピックについて、IOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長は5日、各国や地域のオリンピック委員会などとの電話会議の中で「私たち全員にとって北京は今始まる」と述べて、北京オリンピックが予定どおり開催されると強調しました。

来月4日に開幕する北京オリンピックを前にIOCは5日、北京大会の組織委員会のほか、各国や地域のオリンピック委員会などと電話会議を行いました。

この中でIOCは「すべての参加者と中国の人たちにとって安全な冬季オリンピックの開催に向けて、すべてが順調に進んでいる」としたうえで、北京大会の開催を前提に、関係者に対して今が特に警戒すべき重要な時期だとして、新型コロナ対策をまとめたプレーブックの順守を求めました。

IOCの公式ホームページによりますと、会議ではバッハ会長が「私たち全員にとって北京は今から始まる」と述べて、大会が予定どおり開催されることを強調し「アスリートたちのオリンピックの夢が出発の数日前に奪われてしまうことのないよう、私たちはあらゆる手を尽くさなければならない」と話したということです。

北京オリンピックは、来月4日から20日まで17日間の日程で行われる予定です。

【IOCバッハ会長 来月4日開幕の北京五輪、予定どおりの開催強調】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/30(木) 07:34:37.82 ID:CAP_USER9
12/30(木) 5:15配信
東スポWeb

ワシントン・ポストは〝視聴ボイコット〟を提案する(ロイター)

 約1か月後に開幕する北京五輪の外交ボイコットを表明した米国で、新たな〝作戦〟が展開しそうだ。

 中国ではかねて人権問題が指摘され、女子テニスの彭帥が中国の張高麗元副首相に性的関係を強要されたと告発した後に消息不明となった問題は世界中で注目を集めた。その後、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が彭帥とテレビ電話を行って問題なしをアピール。しかし、IOCの対応に違和感を持つ声も多く、米国、オーストラリア、英国、カナダが外交ボイコットに踏み切った。

 そうした中、米高級紙「ワシントン・ポスト」はコラムで「北京五輪は誰でもボイコットできる。誰もがする必要がある」と主張。そして「これは最強のジェスチャーではないが、何もしないよりはましだ。幸いなことに世界で最も抑圧的な政権が主催する大イベントのボイコットはすべての米国民ができること」と、誰でも〝実行可能〟な方法を挙げた。

「それは簡単なことで、NBCの放送が始まったら見ないことだ。ストリーミング(ネット上に接続しての視聴)も同様。代わりに本を読んだり散歩しよう。何をするにしても視聴率に貢献しないことだ」

 同局は五輪の放映権について、IOCと2032年まで約7800億円の契約を結んでいる。米国民が〝視聴ボイコット〟を実行すれば、大スポンサーへの打撃は必至。しかも米国で最も多く発行されている同紙の〝提案〟だけに影響力は計り知れない。

 これをきっかけに〝不買運動〟が加速するのか…。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211230-03897674-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/63680a823d4d3e16c157ee42ba34f67037fea682

【ワシントン・ポストが米国民に〝北京五輪視聴ボイコット〟提案「誰でもできるし、する必要がある」】の続きを読む

このページのトップヘ