SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

オリンピック・パラリンピック

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/18(火) 11:39:50.83 ID:8dUZp/R19
日刊ゲンダイDIGITAL 10/17(月) 11:50

 五輪汚職を巡って、東京地検特捜部が、大会マスコットのぬいぐるみを販売した「サン・アロー」(東京)から賄賂を受け取ったとして、大会組織委員会元理事の高橋治之被告を受託収賄容疑で再逮捕する方針を固めた。

 高橋被告は、大会スポンサーだった紳士服大手「AOKIホールディングス」と出版大手「KADOKAWA」、スポンサーの販売協力代理店になった広告大手「大広」から、それぞれ賄賂を受け取ったとして、既に3回逮捕されている。特捜部は、大広ルートの勾留期限である18日を前に4度目の逮捕に踏み切るもようだ。

 今回の「4ルート目」で、高橋被告は、サン・アロー側から現金約800万円を受け取った疑いを持たれている。サン・アローと組織委のライセンス契約に関し、便宜を図った謝礼として現金を受領したとみられている。

 浮かび上がったのは、高橋被告の“ゴル友”人脈だ。サン・アローは2018年6月、大会マスコット「ミライトワ」「ソメイティ」のぬいぐるみを販売できるライセンス契約を組織委と結んだ。これに先立ち、高橋被告はサン・アローの幹部から早期に契約できるよう依頼を受け、組織委に働きかけたとされる。

 契約後には、サン・アローから高橋被告の「ゴルフ仲間」が経営する都内のコンサル会社に資金が送られ、その一部の約800万円が高橋被告に渡ったという。

■“慶応人脈”も幅広い

「コンサル会社を経営するA氏は、高橋被告の慶大時代の後輩です。A氏は元プロゴルファーB氏の親族でもある。また、ぬいぐるみ販売の契約を巡って高橋氏に便宜を依頼したサン・アロー幹部は、同社元社長のC氏。A氏とは慶大時代の同級生で、以前から高橋氏と親交があったそうです。C氏は調査会社の調べに『趣味はゴルフ』と明かしている。高橋、A、Cの3氏は“慶応つながり”であると同時に“ゴルフつながり”でもある。特捜部はあらゆる接点を調べているようです」(捜査事情通)

 スポンサー契約を巡る汚職で起訴されたAOKI前会長の青木拡憲被告も、もともとはゴルフを通じて高橋被告と知り合った。日本ゴルフ協会のアドバイザリーボードのメンバーでもある高橋被告は「ゴルフ事業」について、青木被告から相談を受けるほどのゴルフ通だ。ゴルフを通じて、さまざまな人脈を築き上げたという。

「高橋さんがゴルフを本格的に始めたのは、電通入社後だそう。多くのVIPと共にプレーし、関係をつくっていきました。1984年ロス五輪の組織委会長だったピーター・ユベロス氏や、サッカー元フランス代表のミシェル・プラティニ氏、プロ野球の長嶋茂雄・元巨人軍監督ともプレーしていました」(広告代理店関係者)

 “ゴル友ルート”の先、捜査の手はどこまで伸びるのか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/83c39defec27ac95f0fe2f55549dfa7e4ce6fb33

【五輪汚職のキーマン高橋治之被告を4度目の逮捕へ…浮かび上がった“慶応&ゴル友”人脈】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/04(火) 00:34:36.86 ID:CAP_USER9
バッハ会長が来日中止 東京五輪パラ記念イベント | 共同通信
https://nordot.app/949657044903346176

2022/10/03
Published 2022/10/03 22:19 (JST)
Updated 2022/10/03 22:35 (JST)

 東京都は3日、今月16日に東京・国立競技場で開かれる東京五輪・パラリンピック1周年記念イベントに出席予定だった国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長の来日が中止になったと発表した。スケジュールの都合としている。

(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

【10・16東京五輪パラ記念イベント バッハ会長が来日中止】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/22(木) 22:33:01.00 ID:CAP_USER9
KADOKAWA会長逮捕、エンタメ界にも激震走る「創業者の息子2人が毀損…因果なものです」 株価は9%近く下落も


出版大手KADOKAWAの角川歴彦会長(79)が、東京五輪をめぐる贈賄の疑いで逮捕された。
元専務らの逮捕に続き、同社で3人目の逮捕者だ。

「過去にクスリで逮捕されたのが角川容疑者の兄、そして今回、弟自身も逮捕された。KADOKAWAブランドを創業者の息子2人が毀損(きそん)した。因果なものです」と週刊誌デスク。「逮捕で映画事業が停滞しないといいけど、と映画関係者の心配の声を聞きましたね」


KADOKAWAでは16日に、俳優の松山ケンイチ(37)主演映画「川っぺりムコリッタ」(荻上直子監督)が公開されたばかり。

「コロナ禍が明ける先々を見通して、同社が製作や配給に関わる映画も増える傾向にあった。それがどうなるか…。同社は東証プライムに上場していますから、タイミングを見て会長辞任というシナリオは発動されると思いますよ。でないとステークホルダーが黙っていない」(前出・週刊誌デスク)

会長逮捕の翌日、株価は9%近く下落した。
株価の下げ止まりより、エンタメ業界への挑戦力が目減りしないかどうかが気がかりだ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/6a63f34f381dcb23c338fd1ebf2b98daf6851c10

【KADOKAWA会長逮捕、エンタメ界にも激震走る「創業者の息子2人が毀損…因果なものです」 株価は9%近く下落も】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/14(水) 18:25:41.70 ID:CAP_USER9
9/14(水) 11:12配信

文春オンライン
 司直の手に落ちた「五輪招致のキーマン」と「長銀を潰した男」――。文藝春秋10月号より、ジャーナリスト・西﨑伸彦氏による「 高橋治之・治則『バブル兄弟』の虚栄 」の一部を掲載します。

【画像】高橋氏は安倍氏の電話に「私は捕まりたくない」と述べたという

◆◆◆

「中心になってやって欲しい」
安倍政権が肝煎りで推進した五輪招致

 東京都が2016年五輪の招致に敗れ、再び次の2020年五輪招致に向けて正式に立候補を表明した約1年3カ月後。12年12月に、それまで下野していた自民党が再び政権に返り咲き、第2次安倍晋三内閣がスタートした。

 安倍政権が肝煎りで推進した五輪招致のキーマンとなる男は、当時の状況について知人にこう話している。

「最初は五輪招致に関わるつもりはなかった。安倍さんから直接電話を貰って、『中心になってやって欲しい』とお願いされたが、『過去に五輪の招致に関わってきた人は、みんな逮捕されている。私は捕まりたくない』と言って断った。だけど、安倍さんは『大丈夫です。絶対に高橋さんは捕まらないようにします。高橋さんを必ず守ります』と約束してくれた。その確約があったから招致に関わるようになったんだ」

 しかし、その五輪招致が実を結び、大会が無事終わった後、約束の主、安倍元首相は凶弾に倒れ、招致のキーマンだった男は司直の手に落ちた。

 東京地検特捜部は8月17日、受託収賄の疑いで東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の元理事、高橋治之容疑者(78)を逮捕した。高橋氏は大会スポンサーだった紳士服大手の「AOKIホールディングス」から総額5100万円の賄賂を受け取っていたとみられている。

 高橋氏はゴルフを通じてAOKIの創業者で前会長の青木拡憲と知り合い、17年9月に自ら経営するコンサルタント会社「コモンズ」でAOKIと顧問契約。その後、AOKIが東京五輪のスポンサーになる過程で、便宜を図り、他にもAOKI側から競技団体へ拠出された寄付金の一部、2億3千万円が高橋氏の元に渡っていたことも発覚した。

 贈賄側も青木前会長、実弟で前副会長の青木寶久氏や寶久氏の秘書役だった専務執行役員も逮捕された。

「AOKIは後発で始めたカラオケの『コート・ダジュール』や結婚式場の『アニヴェルセル』は好調ですが、肝心の洋服事業が苦戦しており、五輪の公式スーツの受注などを浮上の起爆剤にしたいと考えていた。青山の『アニヴェルセル』には会長や副会長が使うプライベートラウンジがあるのですが、そこで高橋氏や大会組織委員会の会長だった森喜朗元首相などをもてなしていたそうです」(青木前会長を知る会社役員)

 高橋氏は、元電通専務で、スポーツビジネスに精通し、絶大なる影響力を持つ大物として知られていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4a48a342e25b89d2dc5e2c07a511cc8f5edf1723

【「大丈夫です。絶対に捕まらないようにします」元電通“五輪招致のキーマン”への安倍晋三からの直電】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/11(日) 06:41:43.32 ID:CAP_USER9
2022年9月10日 22時55分
https://www.tokyo-np.co.jp/article/201424
https://static.tokyo-np.co.jp/image/article/size1/6/5/2/3/6523f32953c9a1adb13ca30b84963aec_1.jpg

 聴覚障害のあるアスリートが実力を競う4年に1度の国際大会「デフリンピック」が、2025年秋に東京都で開かれることが10日、決まった。大会は1924年に始まり、日本開催は初。招致した全日本ろうあ連盟(東京)の石野富志三郎理事長は「誰一人取り残さない世界の実現へさらなる前進となる」と喜んだ。(加藤健太)

 オーストリアのウィーンで開かれた国際ろう者スポーツ委員会の総会で決まった。連盟は「聞こえない子どもや選手に夢を与え、スポーツの力で社会を変革したい」と初めて招致した。

 身体や視覚、知的障害のある選手が出場するパラリンピックには聴覚障害者の出場枠がなく、聴覚障害のある選手にとってはデフリンピックが4年に1度の大舞台となる。デフ(deaf)は「耳の不自由な」の意味。新型コロナウイルスの影響で延期を経て今年5月に開催されたブラジル大会で、日本は過去最多の30個のメダルを獲得した。

 連盟の計画案では、11月15日から12日間にわたって行われ、70~80の国と地域から選手ら5000~6000人の参加を見込む。都内では陸上や卓球、水泳などを実施。サッカーは福島県が、自転車競技は静岡県が会場になる。

【デフリンピックの2025年大会 東京で開催が決定 日本で初めて】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/03(土) 08:42:42.07 ID:CAP_USER9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220902-00000013-htbv-000-5-thumb.jpg
HTB北海道ニュース

IOCバッハ会長と札幌市秋元市長 13日に会談日程決まる 機運醸成をアピール
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20220902-00000013-htbv-hok

 IOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長と札幌市の秋元市長の会談のスケジュールが決まりました。

 2030年冬季オリンピック・パラリンピックの招致を目指す札幌市の秋元市長は、今月13日にスイスのIOC本部でバッハ会長と会談することが決まりました。

 秋元市長は機運醸成の取り組みをアピールする考えです。開催候補地について、IOCは12月の理事会で一本化する見通しです。

関連記事
JOC山下会長、2030年札幌冬季五輪招致へ「最後の最後まで全力を尽くす」 撤退の可能性は否定
https://hochi.news/articles/20220830-OHT1T51108.html

2030年五輪招致でIOCと札幌はまるで“相思相愛” バッハ会長は安倍元首相の国葬参列も検討
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/310620/

【『30年札幌オリパラ招致』IOCバッハ会長と札幌市秋元市長、今月13日にスイスの本部で会談へ 機運醸成をアピール】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/20(土) 19:07:08.49 ID:CAP_USER9
〈文春オンライン〉
元電通専務“捜査報道”直後に…五輪組織委か゛「300人バーベキュー」《現場写真を入手》
https://bunshun.jp/articles/-/56763
https://bunshun.jp/mwimgs/8/c/1200wm/img_8c9e813d12ef1527fff3d8678b981c0d390574.jpg

快晴の空の下、ジョッキでグイッとビールを流し込む男性。マスクを顎にずらし、白い歯を見せて語り合う若い男女。
7月23日、東京・国立競技場近くのビアガーデンで、BBQパーティーが開かれていた。ある男性のポロシャツの背中には「TOKYO2020」のロゴ。
参加者は、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の元職員たちだ。

「当日は正午から午後2時まで会場貸し切り。参加者は300人以上いたと思います。子ども連れも多く、みんなでビールを飲んで肉をつついて、楽しい会でした。
組織委の元幹部や、会長だった橋本聖子氏も参加していました」(参加者)

この日は、東京五輪の開幕からちょうど1年となる節目の日。新型コロナウイルスの感染拡大で開催が1年延期となるなど紆余曲折を乗り越えた元職員たちとしては盛大に「記念日」を祝いたかったところだろう。だが、現場には若干の後ろめたさが付きまとっていた。

「事前に幹事から、LINEで『公式ユニフォームは着てこないでください』と送られてきた」(別の参加者)

当日、ビアガーデンの入り口付近ではスタッフが厳しく目を光らせ、後から会場に入ろうとする人には参加者名簿を手に名前を問いただす厳戒態勢。ごく数人の参加者が五輪ロゴ入りシャツを着てきてしまったのを除けば、五輪要素はひた隠しにされた。

せっかくの記念BBQに、なぜここまでナーバスに?

「1つはコロナの『第7波』です。東京都内の新規感染者は連日3万人を超え、飲食を伴う会合を制限する企業もあった。『週刊誌にばれたら大変だね』という声も出ていました」(同前)

とはいえ、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が出ていたわけではない。より大きかったのは、もう一つの理由の方だ。

「直前の20日に読売新聞が1面トップで、東京地検特捜部が組織委理事だった高橋治之元電通専務を捜査していることをスクープしたんです。自身が代表を務める会社と大会スポンサーだった紳士服大手『AOKIホールディングス』側の間でコンサル契約を結び、4500万円を受領していた疑いを詳報。
いったいどうなるんだろうね、と心配する声も会場ではあがっていた」(同前)

 組織委の理事は「みなし公務員」であり、事実なら収賄で立件される重大疑惑だ。以降、全メディアが“五輪の闇”を巡り狂騒状態に(※高橋氏は8月17日に受託収賄容疑で逮捕)。

 なんとも間の悪い時に開かれた盛大なBBQ。その3日後から、特捜部は高橋氏の自宅や電通など関係先を4日連続でガサ入れ。元組織委も当然捜査の対象となり、27日に清算法人に家宅捜索が入った。

出席して場を盛り上げた橋本氏の事務所に聞くと、
「知人に誘われて立ち寄りました。お茶を口にした記憶はありますが飲酒はしておらず、食事もしていない」

元理事が捜査を受けている現状について聞くと、こう答えた。

「多くの皆様のご努力で開催することができたオリンピック・パラリンピック東京大会でありますので、こうした疑惑が後から出てくるというのは非常に残念です。捜査にはできる限り協力する所存です」
組織委の清算法人にBBQについて聞いたが「関知していない」と答える。主催者も判然としない謎のBBQ。費用は一体誰が……。
https://news.yahoo.co.jp/articles/1a3432d12ffd70f9288df4de684ff152f6584a39

【元電通専務の“捜査報道”直後に東京五輪組織委か゛『300人バーベキュー』橋本聖子会長も参加 費用は一体誰が…】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/17(水) 15:23:03.47 ID:CAP_USER9
東京五輪パラ組織委 高橋治之元理事を受託収賄容疑で逮捕 東京地検特捜部 大会スポンサー「AOKI」側から約5100万円受領

東京地検特捜部はさきほど東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の高橋治之元理事を受託収賄の疑いで逮捕しました。大会スポンサーAOKIホールディングスの元会長ら3人も贈賄の疑いで逮捕されています。

スポーツビジネスの第一人者で東京大会の招致の立役者として知られた高橋容疑者は、きょう正午過ぎ、うつむいたまま無言で自宅をでて東京地検に出頭しました。

受託収賄の疑いで逮捕されたのは大会組織委員会の元理事高橋治之容疑者(78)です。

特捜部によりますと、高橋容疑者は2017年1月ごろから去年6月ごろまで、紳士服大手のAOKI側から大会のスポンサー契約やライセンス商品の契約に関して便宜を図ることを求められたうえで、現金およそ5100万円を受けとった疑いがもたれています。

高橋容疑者が代表をつとめる会社は「AOKI」の関連会社と2017年から月額100万円のコンサル契約を結んでいましたが、組織委員会の理事は「みなし公務員」で、職務に関して資金提供などを受けることが禁止されています。特捜部は贈賄の疑いでAOKI創業者の青木拡憲容疑者ら3人も逮捕していて、不正の実態の解明を進める方針です。

高橋容疑者は特捜部の任意の事情聴取に対し、「組織委員会の理事の仕事とコンサルタント契約は別のものだ」として違法性を否定していました。

高橋容疑者は広告大手「電通」の元専務で、スポーツビジネスの第一人者として知られ、オリンピックの東京招致活動にも深く関わっていました。

TBSニュース
2022年8月17日(水) 14:16
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/127154


※リンク先に動画あり

【東京五輪パラ組織委 高橋治之元理事を受託収賄容疑で逮捕 東京地検特捜部 大会スポンサー「AOKI」側から約5100万円受領】の続きを読む

このページのトップヘ