SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ワールドカップ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/01(木) 19:56:26.62 ID:yae3WWzZ9
2022.12.01 17:30

日本時間12月2日の午前4時にキックオフする、FIFAワールドカップカタール大会の日本対スペイン戦。そのキャスターを、フジテレビの佐久間みなみアナが務めるということで、視聴者は勝利確定だと歓喜しているようだ。

フジテレビに入社して3年目となる佐久間アナ。今年4月からスポーツ番組『S-PARK』のメインキャスターに就任しており、着任早々、千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手が成し遂げた28年ぶりの完全試合に遭遇した。

また海外取材では、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手によるメジャー初となる満塁ホームランを現地で目撃し、〝もっているアナウンサー〟として知名度を伸ばしている。

佐久間アナが勝利の女神に!?

「ワールドカップ開催にあたって、フジテレビは計10試合の地上波放映権を獲得しています。佐久間アナはキャスターに抜擢されており、モロッコ対クロアチア戦、ブラジル対スイス戦などを担当してきました。そして2日キックオフのスペイン戦は、今大会初となるフジテレビが中継する日本代表の試合。決勝トーナメント進出を懸けた運命の一戦を佐久間アナが中継するため、一部界隈で『日本の勝利は確実』と囁かれているようです」(スポーツライター)

〝もっているアナウンサー〟と言われ始めてから、佐久間アナの知名度はうなぎ上り。えくぼと愛らしい笑顔で多くのサッカーファンを虜にしており、《フジのW杯番組見てるんだけど、佐久間アナほんと美人! 上品さと愛嬌のバランス最高》などと絶賛する声が続出。

さらに佐久間アナが日本対スペイン戦のキャスターとして出演が決まると、《佐久間アナって佐々木投手の完全試合&大谷翔平の満塁ホームラン目撃者なんだよなー。フジテレビ放送のスペイン戦、勝利もありえるぞ…》

といったコメントが相次いでいた。

長年スポーツ報道に携わっている人でも、滅多にお目にかかれない現場に2度も遭遇している佐久間アナ。その強運を日本対スペイン戦でも存分に発揮してほしいものだ。

https://myjitsu.jp/archives/396057
https://www.instagram.com/p/ClVpI-XpQB3/?igshid=YmMyMTA2M2Y=
https://scontent.cdninstagram.com/v/t51.2885-15/316920728_1166357100920832_2336901172234428849_n.jpg?stp=dst-jpg_e35_s1080x1080&_nc_ht=scontent.cdninstagram.com&_nc_cat=100&_nc_ohc=EGI9qi2DpygAX9ldRsB&edm=AJBgZrYBAAAA&ccb=7-5&oh=00_AfCbwsonFPTj4B8njo07COHSWi83lzeG8QisAKUVA3C0dQ&oe=638DC05A

【W杯スペイン戦の勝利確定? フジ・佐久間みなみアナが勝利の女神に…】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/01(木) 18:47:43.60 ID:YmVCvcX09
“日本×スペインは引き分け” 予想的中のラッコが予想 福岡 | NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221201/k10013909961000.html

2022年12月1日 16時47分

サッカーワールドカップカタール大会で日本がドイツに勝つと予想を的中させた福岡市の水族館のラッコが、決勝トーナメント進出がかかる2日のスペイン戦を引き分けと予想しました。

福岡市東区にある水族館「マリンワールド海の中道」の15歳のラッコ、リロは、サッカーワールドカップカタール大会で日本戦の勝敗を予想しています。

水面に浮かんだ2色のフリスビーのうちオレンジを選べば日本、白を選べば相手が勝利という方法で勝敗を占います。

リロはドイツ戦ではオレンジを選び、見事、日本の歴史的勝利を的中させました。

第2戦のコスタリカ戦では日本が勝つと占いましたが、日本が0対1で敗れ、残念ながら予想を外しています。

リロは決勝トーナメント進出がかかるスペイン戦を前に勝敗を占いました。

集まった人たちがその瞬間をとらえようとアクリル板ごしに携帯電話を構えて見守る中、リロはオレンジと白の両方を飼育員のもとに届けました。

予想は「引き分け」です。

この予想が的中すれば、日本の1次リーグ突破は同じグループの別の試合の結果しだいとなります。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221201/K10013909961_2212011643_1201164456_01_05.jpg

(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

【ラッコ予想“日本×スペインは引き分け”】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/30(水) 00:06:52.70 ID:QyZ+ntg69
11/29(火) 21:35配信
日刊スポーツ

【W杯】スペインMFコケ警戒は久保建英「クボだよ。私たちみんなが知っていると思う」

 日本代表がFIFAワールドカップ(W杯)の1次リーグ最終戦で対戦するスペインが29日、練習を行い冒頭15分を公開した。27日のドイツ戦に先発した18歳のMFガビ(バルセロナ)、ロドリ(26=マンチェスター・シティー)は別メニュー調整。グラウンドに置かれたバイクを2人で並んでこいだ。

 練習後には、初戦コスタリカ戦、ドイツ戦ともに後半から途中出場したMFコケ(30=アトレティコ・マドリード)が取材に対応。日本の印象について「エネルギッシュで速い選手が多い。とても組織的なチームだと思う」と話した。

 日本の警戒する選手を聞かれると「クボだよ。私たちみんなが知っていると思う」と、スペイン1部のレアル・ソシエダードでプレーするMF久保建英(21)の名前を挙げた。

 日本-スペイン戦は、12月1日の午後10時(日本時間2日午前4時)キックオフだが、午前10時半から炎天下の中でトレーニング。暑さもいとわず、汗を流した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8ccbed29996ff328b0728e62f6891b01676fdaef

【スペイン代表MFコケ、日本の警戒する選手は?「クボだよ。私たちみんなが知っていると思う」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/01(木) 06:27:55.16 ID:IOxWIvJ89
12/1(木) 6:02配信

SOCCER DIGEST Web
終盤に猛攻を仕掛けるも…
メキシコは2点を奪いサウジアラビアに勝利したが、得失点差でポーランドを上回れなかった。(C)Getty Images

 現地時間11月30日にカタール・ワールドカップ(W杯)のグループステージ(C組)第3戦が行なわれた。アルゼンチン対ポーランドの結果次第では、引き分け以上でグループステージ突破が決まるサウジアラビアと、勝利が必要なメキシコの一戦だ。

【W杯PHOTO】まさにスタジアムの華! 現地入りしたワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!

 ここまでの2戦を終え、いまだ無得点のメキシコが序盤から攻勢をかける。3分、スルーパスに抜け出したベガが決定機を迎えたが、GKアル・オワイスの好守に阻まれた。7分には、左サイドのガジャルドのクロスにマルティンが飛び込んだが、ゴールとはならなかった。

 一方、28年ぶりの決勝トーナメント進出を狙うサウジアラビアは14分、エリア手前中央の絶好の位置でFKのチャンスを得る。これをカンノが直接狙ったが、わずかにゴール左上に外れた。

 一進一退の攻防が続くなか、メキシコは41分にピネダがエリア内に侵入し、シュートまで持ち込んだが、相手DFに当たり枠を捉えられず。

 サウジアラビアもアディショナルタイムに、右からのクロスにアル・ハッサンがダイビングヘッドで狙ったが、ゴール左に外れた。前半はこのままスコアレスで終える。
 
 迎えた後半、47分に均衡が崩れる。メキシコは左CKのチャンスを得ると、モンテスがフリックしたボールにマルティンが飛び込み、待望の先制点を奪う。

 さらにその5分後、敵陣中央でFKを獲得する。このチャンスにチャベスが左足を一閃。豪快な一発がゴール右上に突き刺さった。

 72分にも同じような位置でFKを迎えたメキシコは、またしてもチャベスが今度は逆側を狙ったが、GKアル・オワイスのファインセーブに阻まれた。 

 攻め続けるメキシコは87分にも、スルーパスに抜け出したアントゥナがネットを揺らしたが、オフサイドの判定でノーゴールに。

 するとアディショナルタイム、サウジアラビアのアル・ドサリにゴールを決められ、1点を返される。

 試合はこのまま2-1で試合終了。メキシコは勝利したものの、得失点差でグループ2位のポーランドを上回れず、グループステージ敗退となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a815c45eb0547007e226a27f5a9ac8b12f2f698a

https://news-pctr.c.yimg.jp/uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFhNrRI0RUQxg5aFkrX0xDg1_T0wXrbEJjtNGtrf1o9y3CuYvpsuV2JSPLPo4ge3wV_YUP0IWpmbrosz7m9mpSqIFCk0h8dD_9QaBExsHdr8y85DNuxNz8Nehv1NBlBV0bj8Pq5EB5TV-Z2Tqk6TWdFE9ufwTikr-NLuWSPSHFjc3

【W杯・グループC最終節 悲しい勝利…メキシコがGS敗退。サウジに2-1で逃げ切るも、得失点差でポーランドを上回れず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/01(木) 06:33:41.55 ID:IOxWIvJ89
12/1(木) 5:56配信

SOCCER DIGEST Web
46分にマク・アリステルが先制弾
貴重な追加点を決めたアルバレス(9番)。(C)Getty Images

 現地時間11月30日に開催されたカタール・ワールドカップ(W杯)グループステージ(C組)の第3戦で、メッシを擁するアルゼンチン代表とレバンドフスキが牽引するポーランド代表が激突した。

 バルセロナの新旧エースの対決に注目が集まった一戦は、ここまで1勝1分けで首位のポーランド、1勝1敗で2位のアルゼンチンはともに、勝てば決勝トーナメント進出が決定する。

 序盤からボールを支配したアルゼンチンは28分にチャンス。だが、FWで起用されたアルバレスのシュートはDFにブロックされ、クリアボールを拾ったアクーニャが左足で狙うも、わずかにゴール右に外れる。

 33分には、ディ・マリアがCKから直接ゴールを狙うもユベントスの同僚GKシュチェスニーに惜しくも防がれる。

 その3分後にも、アルバレスが抜け出してGKと1対1になるも、決めきれない。しかし、そのこぼれ球をアルバレスが拾ってクロスを送り込むと、ヘッドで飛び込んだメッシがシュチェスニーのファウルを受け、オンフィールドレビューの末にPKを獲得。だが、メッシのキックはシュチェスニーに右手一本で防がれる。

 その後もアルゼンチンが猛攻を仕掛けるも、点を奪えないまま前半を終える。
 
 しかし、後半開始早々の46分、右SBモリーナのグラウンダーのクロスに、マク・アリステルが合わせ、ゴールに流し込む。三笘薫と同じブライトンでプレーするMFが大仕事をやってのけた。

 その後もメッシが圧巻の突破を見せるなど、アルゼンチンが一方的に押し込む展開。68分にはエリア内でパスを受けたアルバレスが右足を振り抜き、追加点を奪う。

 この時点で他会場のメキシコと勝点・得失点差・総得点で並び(直接対決は0-0)、フェアプレーポイントでリードするポーランドは攻撃に出ず、これ以上の失点を防ぐ策に出る。

 試合はこのまま2-0で終了。アルゼンチンが首位通過。メキシコ対サウジアラビアがが2ー1で前者の勝利に終わったため、勝点4でメキシコと並んだものの、得失点差で2位となったポーランドが決勝トーナメント進出を果たした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b79cb1eded0cbe923f16174a02df88da70eb7c50

https://news-pctr.c.yimg.jp/uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFhNrRI0RUQxg5aFkrX0xDg1_T0wXrbEJjtNGtrf1o9y3CuYvpsuV2JSPLPo4ge3wV-MTuXfyWDzcjLuKJr97RFfVLuvcHreQTS1gmN_Pd7jjPAwoupd8XsgyjVvf_40g6efkHHicDtMqYNOwtfl9RiWFHh5iK-lKAHTpIZqWqDGg

【W杯・グループC第3節 アルゼンチンが2-0快勝、逆転でGS首位通過!メッシがPK失敗も三笘同僚が大仕事!ポーランドも2位で16強へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/01(木) 01:56:50.58 ID:0Kjg12I19
 FIFAワールドカップカタール2022・グループD第3節(最終節)が30日に行われ、オーストラリア代表とデンマーク代表が対戦した。

 オーストラリア代表は初陣で“王者”フランス代表と対戦。開始9分でクレイグ・グッドウィンが先制ゴールを決めたものの、その後は押し込まれる展開が続き、終わってみれば1-4と大敗を喫した。続く第2節ではファジアーノ岡山で活躍しているミッチェル・デュークの得点を守り切り、チュニジア代表に1-0で勝利。勝てば文句なしで決勝トーナメント進出を決められる状況で最終節を迎えた。一方、デンマーク代表は初陣のチュニジア代表戦は最後まで得点を挙げられず、スコアレスドローで終了。第2節ではフランス代表と善戦しながらも1-2で敗れ、崖っぷちの状況で最終節に突入している。勝利した上で、他会場でチュニジア代表が引き分け以下で終わった場合、得失点差などを考えずに決勝トーナメントに駒を進めることができる。

 オーストラリア代表は前節からスターティングメンバーを1名変更。初戦はナサニエル・アトキンソン、2試合目はフラン・カラチッチが先発していた右サイドバックのポジションに、ミロシュ・デゲネクが入った。一方、デンマーク代表は前節から先発3名を入れ替え。マティアス・イェンセン、アンドレアス・スコフ・オルセン、マルティン・ブライトバイテがスタメンに名を連ねた。

 試合は序盤からデンマーク代表のペースで進む。11分、中央の縦パスをワンタッチで繋ぐと、イェンセンがフリーで抜け出す。ボックス右からフィニッシュまで持ち込んだものの、得点とはならない。19分には左サイドを駆け上がったヨアキム・メーレが深い位置まで侵入し、グラウンダーでマイナスに折り返すも、ここはオーストラリア代表の“守護神”マシュー・ライアンがセーブしてゴールを許さなかった。

 対するオーストラリア代表は数少ないカウンターでゴールを狙う展開に。41分、ボックス手前に引いてボールを引き出したデュークがミドルシュートを狙ったが、この一撃はGK正面へ。前半はこのままスコアレスで終了している。

 後半に入ると徐々にオーストラリア代表が押し上げられる時間帯を増やしていくも、基本的にはデンマーク代表が試合の主導権を握る。それでも60分、自陣ペナルティエリア内でボールを奪ったところからカウンターを発動。デュークがポストプレーで左サイドにはたくと、開いた位置でボールを受けたライリー・マッグリーが背後のスペースへスルーパスを送る。抜け出したマシュー・レッキーは2人のDFと対峙するも、深い切り返しから左足でフィニッシュ。シュートはDFの股を抜けてファーサイドに吸い込まれ、ここまで劣勢だったオーストラリア代表が先手を取った。

 その後は1点が必要なデンマーク代表が前に出るも、オーストラリア代表は中央を固め、最後の最後で自由なフィニッシュを許さない。最後の最後まで攻撃を続けたものの、デンマーク代表は最後まで1点が遠く、試合はこのままタイムアップを迎えた。

 この結果、オーストラリア代表は今大会2勝目を手にし、他会場の結果を待たずにグループ突破が確定。2006年開催のドイツ大会以来、4大会ぶりに決勝トーナメントへ駒を進めることとなった。一方、デンマーク代表は未勝利で大会を去ることが決まっている。

 決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)は12月3日からスタート。グループDを2位で通過したオーストラリア代表は3日、グループCを首位通過したチームとの一戦に臨む

【スコア】
オーストラリア代表 1-0 デンマーク代表

【得点者】
1-0 60分 マシュー・レッキー(オーストラリア代表)

【スターティングメンバー】
オーストラリア代表(4-4-2)
GK:ライアン
DF:デゲネク、サウター、ロールズ、べヒッチ
MF:レッキー(89分 フルスティッチ)、アーバイン、ムーイ、グッドウィン(46分 バッカス)
FW:デューク(82分 マクラーレン)、マッグリー(74分 ライト)

デンマーク代表(4-2-3-1)
GK:シュマイケル
DF:R・クリステンセン(46分 バー)、アンデルセン、A・クリステンセン、メーレ(69分 コルネリウス)
MF:ホイビュルク、イェンセン(59分 ダムスゴー)、スコフ・オルセン(69分 スコフ)、エリクセン、リンドストロム

https://news.yahoo.co.jp/articles/5aa086dc4a13cb84d31ef5a100568427f47c90f2

【W杯・グループD最終節 オーストラリア、4大会ぶりに決勝T進出! レッキーが決勝弾!!デンマークは未勝利で敗退決定】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/01(木) 02:01:26.47 ID:0Kjg12I19
【FIFA ワールドカップ カタール 2022・グループD】チュニジア-フランス(日本時間12月1日/エデュケーションシティ スタジアム)

 チュニジア代表が前回優勝で優勝候補のフランス代表に勝利、大会の中でも屈指のジャイアントキリングを成し遂げた。

 既にグループリーグ突破を決めていたフランス代表は前節から先発メンバーを10人入れ替えて、控えだったメンバーを使うターンオーバー。2試合で3ゴールを決めていたエース・エムバペもベンチでチームメイトのプレーを見守った。対するチュニジア代表は、勝たなければ敗退決定となるだけに、強豪相手に序盤からアグレッシブに攻め立てた。

 無理に攻めないフランス代表に対して、とにかく攻め立てるチュニジア代表の戦いぶりに、スタンドの声援もチュニジア代表のホームのような雰囲気に。フランス代表がボールを持てばブーイング、チュニジア代表が攻め込めば大歓声という状況で試合が続いた。前半は押されまくったフランス代表だが、ゴールは許さずそのまま0-0で前半を終えた。

 試合が動いたのは後半。58分に、再三チャンスを作っていたチュニジア代表の10番・ハズリがドリブルで1人でゴール前まで持ち込むと、相手4人との競り合いにも負けず、左足でゴール右隅に流し込んで先制ゴールを挙げた。これにはフランス代表もたまらず63分にエムバペ含む3人を入れるスクランブル。システムも変更し流れを食い止めにいった。

 その後も2人交代し、5人の交代枠をフル活用しチュニジア代表の勢いを止めにかかるとようやく試合のテンポが落ち着き始め、フランス代表にもチャンスが訪れるようになった。それでも逆転でのグループリーグ突破を目指すチュニジア代表の集中力は最後まで切れず、FIFAランキング4位で前回優勝のフランス代表を破る大金星を手にした。

 同時間に行われていた試合でオーストラリア代表が勝ったため、チュニジア代表は惜しくもグループ3位で敗退が決定。試合後は選手たちがピッチに倒れ込んだものの、スタジアムからは健闘を称える大歓声に包まれていた。
(ABEMA/FIFA ワールドカップ カタール 2022)

https://news.yahoo.co.jp/articles/1ec3024c699e61543a571ede5d6482097d599496

【W杯・グループD第3節 チュニジア代表、ジャイアントキリング!前回優勝フランス代表に勝利 GL敗退もスタジアムから大歓声】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/30(水) 22:07:52.85 ID:u49WrPmh9
日本語で「こんにちは!!」 日本メディアの敵情視察にもスペイン代表は余裕を見せる! 記者間で起きた久保建英のやり取りにも言及
11/30(水) 20:21配信

サッカー批評Web
日本はスペイン代表との最終戦に全力を注ぐ 撮影:中地拓也

 スペイン・サッカー連盟は29日、カタール・ワールドカップのグループステージ最終戦の日本代表戦に向けて会見を行った。会場には多くの日本のメディアが訪れたが、圧倒的な“数的不利”にも、サッカー大国らしい余裕をのぞかせた。

■【画像】日本メディアが“会見ジャック” それでも「こんにちは!!」とおもてなしするスペイン代表

 まるで“ジャック”されたかのようだった。スペイン代表コケが出席した会見で、席の半分以上を日本のメディアからとみられる記者が埋めていた。

 日本代表にとっての緊張感をうかがわせるようだった。現在グループEで2位につけている日本だが、決してリラックスできる状況ではない。初戦ではドイツ代表を相手に見事な逆転勝ちを収めて世界を驚かせたが、第2戦ではコスタリカ代表に0-1で敗れてしまった。最終戦では、今大会2度目となるW杯優勝経験国との対戦が待つ。グループステージ突破には引き分け以上の結果が必要で、困難なミッションであることは明らかだった。

 その大一番を前に、メディアも情報収集に必死だ。スペイン・サッカー連盟によると、会見用に座席を用意したが、その多くがスペイン以外、とりわけ日本の記者に占められたという。

 スペインにしてみれば、いわば敵情視察にやってきた記者たちだ。それでも同連盟は、ツイッター公式アカウントに、日本語で「こんにちは!!」とラテンの乗りで明るく写真を投稿。日本の向こうを張る“おもてなし”ぶりを見せつけた。

■スペイン語を話せる理由を尋ねられたアジア系記者は…
 同連盟のHPによると、日本のメディアは懸命に他国の記者にも取材をしていたようだ。おそらく日本のチームについて知っているか問われたのだろう、あるスペイン人記者は「クボ、クボ…あまり知らないんだよね」と答えていたという。

 壁際にも、テレビカメラなどと一緒にアジア系のジャーナリストがずらり並んでいたという。あるアジア系の記者は会見直前、どうしてスペイン語を流暢に話せるのか尋ねられていた。その答えは、「(アルゼンチンの首都)ブエノスアイレスで育って、今は日本に住んでいるから」というもの。ただし、「韓国人だけどね」と付け加えられていたという。

 同連盟は、「トリプルコンボ。これもまた、国際的サッカーの祭典であるW杯の一面」と、世界最大のスポーツフェスティバルを楽しむ余裕を見せていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/59cbc19f7b7ef259bf79d6956e42d31b6da4c345

【日本語で「こんにちは!!」 日本メディアの敵情視察にもスペイン代表は余裕を見せる!】の続きを読む

このページのトップヘ