SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ワールドカップ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/02(土) 13:18:30.95 ID:CAP_USER9
オフサイド判定へ新テクノロジーを活用へ、正確な判定に期待

 国際サッカー連盟(FIFA)は7月1日、11月に開幕するカタール・ワールドカップ(W杯)においてオフサイド判定の「セミオートマチック(半自動的)システム」の導入を行うと発表した。

 FIFAの発表によると、試合会場にはそれぞれ12台の特別なカメラを設置。これによって、各選手やボールは最大29個のデータポイントとして1秒間50回の頻度で計測される。そして、これはオフサイド判定に必要なすべての手足の位置が含まれるとした。また、ボールの内部には専用の計測ユニットが埋め込まれて1秒間に500回の頻度でピッチ上の正確な位置がデータ化されるという。

 これらを組み合わせて人工知能を応用することで、ボールをプレーした瞬間にオフサイドポジションにいた味方選手にパスが通った時には、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)に自動的に通知がいくという。VARはこれを受けて映像を検証し、そこで自動で作成されたキックの瞬間のボールと選手の手足の位置を計算して自動的に生成されるオフサイドラインを手動で確認し、フィールド上の審判員に通知する。FIFAはこれらが1つのプレーに対して数秒以内に完了するとした。

 また、この確認が終わった後はこのデータを基にした3Dアニメーションが自動生成され、オフサイドの状況を常に最適なポジションからのアングルで見たものが示されるという。そしてこれは、スタジアムの大型スクリーンや正規のテレビ放送にも提供されるとした。

 FIFAは今後さらにテストを重ね、システムの微調整を行った後にこの新技術についての世界標準規格を制定する予定だとしている。W杯の出場チームに対しては7月4日と5日に開催されるワークショップで発表され、その後は広く世界に公開されるとしている。

 前回の2018年ロシアW杯では、代表チームによるW杯で初めてVARが導入されたことで話題を呼び、フランスとクロアチアの決勝戦でもそれによってPKの判定がされる場面もあった。今回はオフサイド判定についてテクノロジーがこれまで以上に踏み込むことになり、より素早く正確な判定が下されることが期待されている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e8e464240eca053d045ee88f1095f14cb7e691af

【カタールW杯、オフサイド判定「半自動的システム」導入とFIFA発表 12台カメラ設置&3Dアニメーション自動生成】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/25(土) 19:43:04.90 ID:CAP_USER9
LiSA(リサ)が、新曲「一斉ノ喝采(いっせいのかっさい)」を発表。ABEMA(アベマ)・テレビ朝日の「FIFA ワールドカップ カタール 2022」番組公式テーマソングとして書き下ろした。

LiSA、カタールW杯に向けた新曲「一斉ノ喝采」

映画『ミニオンズ フィーバー』に、日本語吹替え声優として出演することも話題のLiSA。今回は、ABEMA(アベマ)・テレビ朝日で使用される「FIFA ワールドカップ カタール 2022」番組公式テーマソングとして、新曲「一斉ノ喝采」を書き下ろした。

新曲「一斉ノ喝采」は、LiSA が歌手というフィールドに懸ける“情熱”と、ワールドカップに参加するサッカー選手の“挑戦”が重なり合うような楽曲。
「意味を求めて走ってきたけれど いつもそれは足跡だった 一度きりだろう 一度きりなんだろう 迷わず蹴り飛ばせよ」といった歌詞も印象的だ。

LiSAは新曲について、「この数年で、大変な思いをした方も多くいらっしゃると思いますが、その中でも昨日をはみ出して乗り越えた先に、皆さんでいつかまた一斉ノ喝采ができる日が訪れることを願って作りました」とコメント。
さらに、「まずは一番近い未来で、皆さんと一緒に声を出して喝采し合えるような日が来ることを願ってこの曲を歌いたいと思います」と意気込みを語っている。

【詳細】
LiSA 新曲「一斉ノ喝采」
※配信日・CD発売日等、リリース情報未定。
>>6月25日(土)24:30~放送予定のABEMA×テレビ朝日の共同制作特別番組「FIFA ワールドカップ 64」で初解禁。

https://www.fashion-press.net/news/89797
https://www.fashion-press.net/img/news/89797/0oQ.jpg
https://www.fashion-press.net/img/news/89797/QYo.jpg

【LiSAの新曲「一斉ノ喝采」サッカー カタールW杯、ABEMAテレ朝の公式テーマ曲に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/24(金) 10:03:05.78 ID:CAP_USER9
国際サッカー連盟(FIFA)は23日、今冬に行われるカタールワールドカップで、選手の登録枠を従来の23人から3人多い、26人が可能となることを発表した。また予備登録の人数もこれまでの35人から55人に大幅に増加している。

 これは新型コロナウイルスの影響が予想されることを考慮したもので、交代枠も5選手が認められる予定。ベンチ入りメンバーも26人全員が可能となり、最低でも一人のチームドクターもベンチに入ることができる。

 出場選手は11月13日が所属クラブでの最終試合日となる。大会は11月21日に開幕する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/93e0c07fb5a6112c8802618cbd5e8db365d15efc

【カタールW杯の選手登録枠が26人に増加!予備登録人数も大幅増】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/14(火) 06:03:29.08 ID:CAP_USER9
カタールワールドカップ大陸間プレーオフが現地時間13日にカタールにて行われた。オーストラリア代表とペルー代表が激突した。

 前半を0-0で折り返した両チームだったが、後半に入っても両者譲らずに試合は延長戦に突入。しかし、延長戦に入っても得点は生まれず決着はPK戦によって決まることになった。


 PK戦では両チーム1人ずつ失敗し6人目に突入。ペルー代表のバレラのPKを延長戦から投入されたアンドリュー・レッドメインが止めて5-4でオーストラリア代表が勝利した。

 W杯出場を決めたオーストラリア代表は、フランス代表、デンマーク代表、チュニジア代表と同組のグループDに入ることとなっている。

【結果一覧】
オーストラリア代表 0-0(PK:5-4) ペルー代表

https://www.footballchannel.jp/2022/06/14/post466115/

【W杯大陸間プレーオフ オーストラリア代表がW杯出場権獲得! PK戦の末、ペルー代表を下す】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/06(月) 07:42:19.63 ID:CAP_USER9
現地時間6月5日に開催されたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のプレーオフ(パスAの)決勝で、ウェールズ代表とウクライナ代表が前者のホームで激突した。当初は3月に行なわれる予定だったが、ロシアのウクライナへの軍事侵攻を受け、延期されていた。

 大雨が降るなか、立ち上がりから攻勢をかけたのは、いまだ戦火にある母国への特別な想いを持って大一番に臨んだウクライナだ。12分には自陣からの縦パスにヤレムチュクが抜け出し、ペナルティエリア内から右足でフィニッシュするも、GKヘネシーに阻まれる。

 さらに30分には、ペナルティエリア手前でボールを奪ったジンチェンコが、左足で強烈なシュートを放つが、ここもヘネシーの好守に遭う。

 迎えた34分、思わぬ形でウェールズが先制に成功する。エリア手前でFKを獲得し、ベイルがシュート性のクロスを送り込むと、ヘッドでクリアしようとしたキャプテンのヤルモレンコが、誤ってゴールに叩き込んだ。

 1点リードで折り返したホームチームは、48分にカウンターを発動し、ムーアのラストパスからラムジーがフィニッシュ。しかし、枠を捉えられない。

 55分にはウクライナに決定機が到来。左サイドからのグラウンダーのクロスにツィガンコフが身体を投げ出して合わせるが、ヘネシーのビッグセーブに阻まれる。66分のマリノフスキの左足でのミドルシュートも、惜しくも枠の右に外れる。

 その後もアウェーチームは必死の反撃を続けるが、ヘネシーを中心とした堅守を最後まで崩せなかった。

 雨中の熱戦は1―0でタイムアップを迎え、ウェールズが1958年のスウェーデン大会以来、64年ぶりのW杯出場を決めた。本大会ではイングランド、イラン、アメリカと同じグループBに入る。

 一方、ウクライナは、2006年のドイツ大会以来16年ぶりに切符を掴んで母国へ明るいニュースを届けることはできなかった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部 2022年06月06日
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=110774

【W杯欧州予選プレーオフ決勝 ウェールズが1-0で逃げ切り64年ぶりのW杯出場決定 イングランド、イラン、アメリカと同組に ウクライナは母国へ吉報を届けられず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/08(水) 09:03:49.16 ID:CAP_USER9
 カタールW杯の大陸間プレーオフに挑むアジア代表がオーストラリアに決定した。7日にカタールで行われたアジアプレーオフで、UAEに2―1で勝利した。

 アジア最終予選で日本と同じB組で3位に入ったオーストラリアとA組3位・UAEとの対戦。後半8分にオーストラリアがMFアーバインのゴールで先制に成功。4分後にUAEが同点に追いついたが、同39分にドイツ1部フランクフルトでMF鎌田大地、MF長谷部誠と同僚のFWフルスティッチが勝ち越し点を決めた。

 大陸間プレーオフ進出を決めたオーストラリアは、13日(日本時間14日)に南米5位のペルーとカタールで対戦する。日本とカタールW杯で同組となるコスタリカ―ニュージーランドの一戦は14日(日本時間15日)の開催。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a1676749dc7d895ff26bc1caa40ea6a6cbdc6eef

【大陸間POのアジア代表がオーストラリアに決定!UAEとの激闘制す 南米5位ペルーと対戦へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/12(木) 18:22:15.10 ID:CAP_USER9
エクアドル代表は、FIFAワールドカップカタール2022予選でエントリー資格のない選手を起用した疑いがあるとして、国際サッカー連盟(FIFA)から懲戒手続きを受けることになった。11日にFIFAが連盟公式サイトで発表している。

 エクアドル代表は南米予選で4位となり、2大会ぶり4度目となるW杯出場を決めた。しかし、予選で8試合に出場したDFバイロン・カスティージョ(バルセロナSC)に国籍偽装の疑いがあるとして、予選で敗退したチリ代表がFIFAの規律委員会に申し立てを行った。

 チリサッカー連盟(FFC)は「無数の証拠」と「情報と文書」を元に、カスティージョがエクアドルではなくコロンビアの出身であること、国籍を与える書類が偽装されていることなどを主張。FIFAはFFCからの申し立てを受け、カスティージョの資格に関する懲戒手続きの開始を決定した。

 南米では2016年9月にも同様の事例が発生。ロシアW杯南米予選で無資格の選手を2試合に出場させたとして、ボリビア代表が0-3の没収試合と罰金処分を科されていた。仮に同様の処分がエクアドルに科された場合、エクアドルはカスティージョが出場した8試合が敗戦扱いとなり、W杯出場資格を失う。また、スコアの変更によってチリ代表は勝ち点が「24」、得失点差が「+1」となり、逆転で4位に浮上して本大会出場を果たすことになりそうだ。

 エクアドルはカタールW杯で開催国カタール、セネガル、オランダと同組のグループAに組み分けられている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/be61f86b2428aa5e17c1f7f34200143b39ed9be4

【エクアドルがW杯出場危機…無資格の選手を予選で起用か、FIFAが懲戒手続きを開始】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/13(金) 10:40:33.89 ID:CAP_USER9
サッカー日本代表が中東では初開催となる「FIFA W杯2022カタール大会」(11月21日―12月18日)への出場を決めた。7大会連続出場を決めた舞台裏では、放映権料の高騰に日本国内のTV局の〝体力〟が追いつかず、全64試合無料生中継が絶望視されていた。その窮地を救ったのが、インターネットTV局「ABEMA(以下、アベマ)」の参戦だった。

国際サッカー連盟(FIFA)と公式インターネット番組を多角的に配信する契約(オフィシャル・インターネット・ブロードキャスター)を結び、カタール大会の無料生中継の実現に大きく貢献。株式会社AbemaTV代表/ABEMA総合プロデューサー藤田晋氏(48)が自身のツイッターで「アベマとして過去最大の投資になります」と投稿した「巨大な買い物」の背景には、昨年メガヒットしたあのゲームの存在があった。

「今回のW杯放映権ではアベマさんに頭が上がらない。正直、脱帽です!」

地上波のあるベテランTV局関係者は、開局6年目を迎えるインターネットTVへあえて感謝の言葉を口にした。なぜなのか。今年11月に開幕するW杯カタール大会では国内での無料放送が放映権料の高騰で、日本のTV局がギプアップ状態だった。すべての交渉も暗礁に乗り上げて、絶望的だった無料生中継がアベマの参戦によって、カタール大会は全64試合の無料生中継が可能になった。

日本代表がW杯初出場を決めた、98年フランス大会で日本に提示された放映権料は5.5億円だった。ところが2002年日韓大会ではそれが一気に185億円まで跳ね上がる。

「欧州サッカーで主流になった有料放送局がW杯放映権購入に手を挙げ始めて、その価格がバブル状態になりました」(前出のベテラン放送関係者)。

FIFAはこの後のW杯でも日本向けの放映権料は数十億円単位で値上げを提示してきた。日本側はNHKと民放各局で「ジャパンコンソーシアム」(JC)という組織を作り対抗、これまでのW杯では各局が放映権料をかき集めてきた。日本戦とそれ以外の試合という形で割り振り、共同で番組制作も行った。

日本のTV業界は、W杯カタール大会に向けてFIFAの提示額を右から左に捻出する状況ではなくなった。特に民放局ではこの2年間、コロナ禍でスポンサー収入が激減。昨年9月に始まったW杯アジア最終予選の裏で同時並行的に行われていた地上波各局に向けた放映権交渉はすべて不発に終わった。FIFAからカタール大会での日本側に提示された350億円(推定)という放映権料を集める目処がたたず、日本国内でのW杯無料放送は事実上不可能な状況になっていた。

そこで白羽の矢が立ったのが、開局6年目を迎えたインターネットTV局として躍進している「ABEMA(アベマ)」だ。

アベマでFIFAワールドカップ2022統括責任者である、野村智寿執行役員が振り返る。

「(W杯放映権の話は)アベマの総合プロデューサーである藤田(晋代表)の元に入りました。(社内決定には)長い時間をかけていろんな応酬があったわけではないと思います」(以下省略)
※以下の部分はソース元にてご確認ください。

ソース/FRIDAY
https://friday.kodansha.co.jp/article/243296

【サッカーW杯無料生中継を可能にした「ウマ娘マネー」のスゴい力】の続きを読む

このページのトップヘ