SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

海外サッカー(日本人選手)

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/08(火) 08:37:54.17 ID:UPQJBwIj9
鎌田大地、欧州5大リーグの頂点に!決定率でハーランドやネイマールらを抑えて1位に輝く
2022年11月05日 20:24

 日本代表MF鎌田大地が、欧州で圧巻の数字を残しているようだ。

 今シーズン、フランクフルトで絶好調の鎌田。リーグ戦では11試合で7ゴール。
チャンピオンズリーグ(CL)では3試合連続ゴールを決めるなど、圧倒的な得点力を見せつけている。

 そんな鎌田は『Opta』によると、欧州5大リーグでプレーする選手の中で決定率が1位(シュートを30本以上記録している選手限定)であるとのこと。
鎌田はシュート31本で12ゴールを挙げ、38.7%の決定率を残している模様だ。

 『Opta』が発表した、欧州5大リーグ公式戦決定率ランキングトップ5は以下のとおり。

1位 鎌田大地 / フランクフルト
決定率 38.7% (シュート31本・12ゴール)

2位 ハーランド / マンチェスター・C
決定率 33.9% (シュート65本・22ゴール)

3位 ネイマール / パリ・サンジェルマン
決定率 29.2%(シュート48本 14ゴール)

4位 エンクンク / RBライプツィヒ
決定率 27.1%(シュート48本 13ゴール)

5位 レヴァンドフスキ / バルセロナ
決定率 26.5%(シュート68本 18ゴール)

Goal.com 日本
https://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/daijchi-kamada-sttats-opta-20221105/bltf456c6702061c88e
画像:鎌田大地が決定率で1位に
https://assets.goal.com/v3/assets/bltcc7a7ffd2fbf71f5/bltb3dfdcb888ef1267/6366470ef733eb4a524d050a/B7BF5AE5-45B4-4975-B605-943942DFC8EA.jpg


鎌田大地、決定力で欧州5大リーグ首位「ハーランドらよりも優れている」独紙驚愕、大物選手超え
2022年11月03日(木)9時17分配信

■鎌田大地、決め切る力が半端ない…

 カタールワールドカップの日本代表メンバーに選出された鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト所属)は今季、欧州リーグで目覚ましい活躍を続けている。
その勢いは数字にも表れており、ある統計では欧州5大リーグ首位のデータを記録した。ドイツメディア『フースバル』が報じている。

 鎌田は今季、公式戦20試合に出場し12得点3アシストを記録している。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)では、大会初ゴールを決めた後、3試合連続ゴールを決めるほど好調を維持。
現地時間1日に行われたスポルティングCP戦では、先制された後にPKを決めて反撃の狼煙を上げ、フランクフルトの逆転突破に大きく貢献する働きを見せた。

 サッカーのデータ分析を手がける『Opta』によると、30本以上のシュートを放っている選手のうち、
鎌田のチャンスコンバート率は38.7%で、欧州5大リーグの全選手の中で最も高い数字だという。
同メディアは「鎌田はハーランド(33.9%) やロベルト・レヴァンドフスキ(26.5%)よりも優れている」と伝え、鎌田の実力を高く評価した。
この決定力の高さは、カタールワールドカップへ臨む日本代表にも良い影響をもたらすかもしれない。

フットボールチャンネル
https://www.footballchannel.jp/2022/11/03/post481403/

<別ソース>
決定率はハーランド、レヴァンドフスキ越え 今季覚醒する“ゴールマシーン”鎌田の凄み|theWORLD(ザ・ワールド)
https://www.theworldmagazine.jp/20221102/01world/ucl/365289

【フランクフルトMF鎌田大地、欧州5大リーグ全選手の頂点に!決定率でハーランドやネイマール、レヴィら大物選手を抑え1位に輝く 独紙も驚愕!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/13(日) 09:17:35.83 ID:b5b9s3B69
(略)

「自チームの延長戦がW杯」

「今は自分にとってすべてがうまくいってると思う。ブンデスリーガでもいい位置につけて、個人としても数字を伸ばせている」

 鎌田はこの日のゴールでCLでは3試合連続得点。ブンデスリーガでも、第14節を終えすでに7得点4アシスト。その活躍ぶりにはひとつの曇りも見当たらない。

 ただし、代表に対しての特別な気負いはないと、あらためて強調する。

「これもずっと言ってますけど、ワールドカップのシーズンではあるけれど、ワールドカップのためにはまったくプレーしてない。自チームでの延長戦がワールドカップだと思っていて、今、とてもコンディションもいいし、数字も残してきて、ある程度自信もあるというのは、チームでのプレーにフォーカスしたからこそだと思っています。だからこそ代表にうまく行けると思うし、これが自分のやり方で、間違ってないかなというふうに思います」

 チームで全力を尽くすからこその代表。それは自身のパフォーマンスについてだけでなく、CL決勝トーナメントやブンデスリーガでの上位争い(第14節終了時点で4位)という環境に身を置くこと自体がW杯につながっているというのだ。

「ドイツとスペインの代表選手はCLに出てるような選手しかいないので、そういう意味では同じ土俵にいられるというのはいいことだと思います」

 CLがドイツ代表、スペイン代表の基本レベルだとすると、日本は海外組が増えたとはいえ、まったく及ばない。今季CLに出場した日本人は6選手いるが、決勝トーナメントに進出したのは結局、鎌田と長谷部誠だけだった。その意味では、現在の欧州のトップレベルを肌で知る数少ない貴重な選手でもある。

「僕自身はいつも言ってますが、ワールドカップもそうですけど、個人の目標として、CLの決勝トーナメントにいつも出るような大きなクラブでやりたいという目標がある。僕的にはもう26歳で、常にこういうチャンピオンズのような舞台でプレーしないとダメだと思います。個人的にもそれはすごく大事なことです」

フランクフルトは鎌田がイメージするような欧州のビッグクラブとまではいかない。一瞬ではなく、常にこの舞台で戦うことを目標にしているのだ。

 鎌田は今、フランクフルトでの自らのポジションについて「チームで自分が絶対的な選手だってわかっている。数字も重ねてきているので、たとえPKを外しても誰も文句を言えないと思う」とまで言うほどの自信を持っており、実際にそれだけの信頼を勝ち得ている。

 W杯までリーグ戦は13日のマインツ戦を残すのみ。鎌田の力はドイツ、スペインといった強豪相手にどう発揮されるのか。カタールで躍動する姿が楽しみだ。

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/e99cf36993459bd4d3d714c1eb2cbeed88829f91?page=2

【フランクフルト・鎌田大地が明かすほとばしるような自信。「自分が絶対的な存在だとわかっている」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/13(日) 22:30:08.22 ID:kcwfDBLN9
公式ツイッターのメンバー発表に反響

 イングランド1部ブライトンは現地時間11月13日、プレミアリーグ第16節でアストン・ビラと対戦(ホーム)する。試合に先立ちスターティングメンバーが発表されたなか、日本代表MF三笘薫はメンバー外となり、現地ファンからも反響が相次いでいる。

三笘は前節のウォルバーハンプトン戦(3-2)で今季初得点をマーク。さらに、9日のリーグカップ3回戦のアーセナル戦(3-1)で公式戦2戦連続ゴールを決めるなど、公式戦ここ3試合で2ゴール1アシストと好調をキープしていた。

カタール・ワールドカップ(W杯)開幕前の最後の試合を欠場することとなった三笘。ブライトン公式ツイッターの登録メンバー発表には、「三笘がいない…負けてしまう」「三笘はどこ?」「三笘がいないのは犯罪だ」などの声が寄せられており、三笘の不在はファンの間で動揺を呼んでいるようだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

https://www.football-zone.net/archives/414008
https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2024/11/10224126/20221110_Kaoru-Mitoma-Reuters.jpg

【ブライトン・三笘薫のメンバー外は「犯罪だ」 まさかの“不在”にファン動揺「いない…」「どこ?」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/14(月) 23:46:53.25 ID:EP2xc7c09
クラブ公式ツイッターで「遠藤航にグリーンライト」と報告

 シュツットガルトの日本代表MF遠藤航について、日本代表に合流可能となったことをクラブが報告した。

クラブ公式ツイッターは「遠藤航にグリーンライト」として、「シュツットガルトのキャプテンは脳震とうから回復し、再検査の結果、日本代表に合流できることなった。キャプテン、よい旅を!」と投稿。11月20日に開幕するカタール・ワールドカップ(W杯)への出場を明言している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8524c7cb4e362e82d4d7959920a38327d7855b22

【シュツットガルトMF遠藤航、脳震盪からの回復をクラブ発表「再検査の結果、日本代表に合流できることに」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/11(金) 12:12:43.77 ID:/dNXtYkz9
セルクル・ブルージュの日本代表FW上田綺世が急ピッチで調子を上げている。

9日、セルクル・ブルージュはベルギーカップのベスト32でベールスホットと対戦した。

【動画】調子上向きの上田綺世が出場10秒で技ありゴール!
https://youtu.be/MMf7JsAoLXg

カタール・ワールドカップ(W杯)メンバーに入っている上田。この試合ではベンチスタートとなったなか、1-1で迎えた後半からピッチに。するとすぐさま期待に応えた。

右サイドを崩すと、中央にグラウンダーのパス。ボックス手前右でパスを受けた上田は、相手のカバーをかわして縦に持ち出し3人に対応されるも、ボックスに入ったところで右足一閃。狭いコースを打ち抜き、チームの勝ち越しゴールを記録する。

上田は4日前のジュピラー・リーグでもゴールを決めており、公式戦2戦連発。今季の7ゴール目を記録した。なお、クラブのよれば投入してから10秒でのスピードゴールとのことだ。

初ゴールまで6試合かかったなか、そこから12試合で7ゴール、10月以降は5ゴールとW杯に向けて調子を上げてきている。

チームはその後1点を追加して3-1で勝利。上田のゴールが決勝点となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/dd068617387474ccd122a53fd2a44b538cb0960c

【出場からたった10秒、上田綺世がDF3人に対応されるも2戦連発の技ありゴールを記録・今季7ゴール目】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/10(木) 11:57:56.72 ID:yG6JSGs/9
ブライトンの日本代表アタッカー、三笘薫が2試合連続ゴールで現地メディアからも称賛を受けている。

ブライトンは9日、リーグカップ3回戦でアーセナルと対戦。三笘はベンチスタートとなると、1-1で迎えた後半から出場機会を得る。すると58分、ゴール左から右足で完璧なフィニッシュを決めて逆転弾を記録。71分にも追加点を奪ったブライトンが3-1と勝利している。

地元メディア『Sussex Live』では三笘に「8」と高採点をつけ、「ウルヴス戦での活躍を引き継ぎ、今回もベンチから素晴らしいプレーを披露した。左サイドでセドリック・ソアレスに様々な問題を引き起こし、見事にゴールを決めた」と称賛した。

また、地元メディア『Sussex World』でも「8」の評価となり、寸評では「ハーフタイム後、サルミエントが3月に右サイドに移ったため、左サイドから出場した。ここ数か月の彼のダイナミズムから予想されるように、見事なゴールを決めた。ダニー・ウェルベックのスルーパスをアシストするなど、出場してすぐに頭角を現した。アルビオンは、なんという才能を見出したのだろう」と賛辞を浴びた。

なお、ブライトンは13日にアストン・ヴィラと対戦。その試合を最後に三笘はカタール・ワールドカップへと向かうこととなる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/21c090dee582e036a178d869765c484cc498cb7c

【「ブライトンはなんという才能を見出したのだろう」2戦連発の三笘薫に現地メディアも手放しで称賛】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/10(木) 06:47:08.26 ID:yG6JSGs/9
ブライトンの日本代表MF三笘薫が強豪アーセナルとの一戦で貴重な逆転ゴールを記録した。

9日、カラバオカップ3回戦でアーセナルとブライトンが激突。日本代表DF冨安健洋はメンバー外でアーセナルはマルキーニョスやエディー・エンケティア、ウィリアム・サリバらが先発した。一方、直近の一戦で初ゴールを挙げたブライトンの三笘はベンチスタートとなった。

先手を取ったのはアーセナル。20分、リース・ネルソンのパスをエンケティアがゴール左から右足で鮮やかなシュートを決めて先制点を奪う。それでも27分、ダニー・ウェルベックが古巣からPKを決め、同点で前半を終える。

ハーフタイムに三笘が交代で入ると、日本人ドリブラーがすぐに結果を残す。58分、中央から抜け出したジェレミー・サルミエントが左に開いた三笘へ。三笘は右足でゴール右隅に決め、ブライトンが逆転に成功する。三笘は公式戦2試合連続ゴールとなった。

71分には左サイドを駆け上がってきたタリク・ランプティが自らフィニッシュを完結させ、ブライトンがリードを2点に広げる。

結局、ブライトンが3-1と勝利して次のラウンドへ進出。プレミアリーグでは首位を走るアーセナルを相手に三笘は大きなインパクトを残した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/eeb6efee5762df9e7402b23161059e8bc9adb8e2

【カラバオカップ・3回戦 三笘薫、強豪アーセナルから逆転弾!2戦連発でブライトンを勝利に導く】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/08(火) 10:10:14.77 ID:D2jDVcEK9
ブライトン&ホーヴ・アルビオンの三笘薫に対して多くの賛辞が送られている。

5日に行われたブライトンが3-2で勝利した敵地でのウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズ戦に先発出場した三笘。10分のアダム・ララーナのゴールに関与した同選手は、44分にヘディングで待望の移籍後初ゴールをマークする。さらに、相手DFの退場を誘発し、2-2の83分にはパスカル・グロスの決勝点につながるパスを供給する活躍を見せ、勝利に大きく貢献した。

これを受け、イギリス『BBC』で解説を務めるガース・クルックス氏は、三笘をプレミアリーグ今節のチーム・オブ・ザ・ウィークに選出。リヴァプールのモハメド・サラー、クリスタル・パレスのウィルフリード・ザハとともに前線に入った日本代表MFについて、同氏は賛辞を送った。

「彼は先週にチェルシーを解体する役割を担ったが、ウルヴス戦のパフォーマンスはとても印象的だった。日本人選手はトップ選手のすべての要素を有している。ミトマはトッテナムのソン・フンミンにとても似たプレーをする。相手と対戦することを恐れず、ゴールを奪いたがっている。ワールドカップ後の状態は誰にもわからないが、間違いなくブライトンにはこの選手がいる」

また、ロベルト・デ・ゼルビ監督は三笘について「彼は重要な選手で、とても大きなポテンシャルを有し、まだそのすべてを見せてはいないと思う。まだまだ良くなれるし、もっと重要な選手になれる」とさらなる活躍を期待した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/46c3e60fa85d8dda321d11185dfd732b836eb615

【ブライトン・三笘薫が『BBC』の週間ベストイレブンに選出!指揮官もさらなる活躍を期待】の続きを読む

このページのトップヘ