SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

海外サッカー(日本人選手)

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/09(水) 17:18:22.83 ID:CAP_USER9
イングランドの名門から、イタリアの名門に移籍する可能性はあるのだろうか。

 イタリアのメディア『Juve Dipendenza』は3月8日、ユベントスがリバプールの南野拓実に関心を寄せていると報じた。長期離脱することになったイタリア代表MFフェデリコ・キエーザの穴埋め候補という。

 キエーザは1月9日のローマ戦で左ひざの前十字じん帯を負傷。手術を受け、クラブは復帰まで約7カ月を要する見込みと明かしている。選手は先日、松葉杖なしで歩きだしたことをインスタグラムに投稿した動画で明かした。

 だが、『Juve Dipendenza』は、8月21日に予定される新シーズンのセリエA開幕にキエーザは間に合わないとし、9月ないし10月まで代役が必要と報道。そこで、「リバプールで出場機会や先発のチャンスを得られていない、非常に才能ある日本人選手」の南野が注目されていると伝えた。


 同メディアは、中田英寿や中村俊輔、最近では長友佑都や本田圭佑など、イタリアでプレーした日本人選手たちの経歴を紹介。そのうえで、「南野がユベントスの歴史上初の日本人選手になるかもしれない」と報じている。

「素晴らしい技術とプレービジョン、得点能力に恵まれたトップ下とあり、キエーザの復帰を待つ中で完璧な代わりとなるかもしれない」

 リーグカップで準決勝までに4得点を挙げ、チームの優勝に貢献した南野だが、チェルシーとの決勝戦では出番がなかった。リバプールは冬のマーケットでルイス・ディアスを獲得しており、前線の競争は激化するばかりだ。

 27歳になった南野は、出場機会を得るために移籍すべきとの議論も絶えない。レッドブル・ザルツブルク時代の恩師ジェシー・マーシュが監督に就任したリーズからの関心も取りざたされているところだ。ユベントスから本当にオファーがあるかも含め、今後の進展が注目される。

サッカーダイジェスト 3/9(水) 16:12
https://news.yahoo.co.jp/articles/45f45fcb522afac948f80147ffc712b39a856ac3

写真https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220309-00106447-sdigestw-000-6-view.jpg?pri=l&w=640&h=458&exp=10800

【リバプール・南野拓実にユベントスが関心と伊メディア報道!「ユベントスの歴史上初の日本人選手になるかもしれない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/08(火) 20:05:12.14 ID:CAP_USER9
今シーズンの南野拓実は、競争激しいリバプールの前線で限られた出場機会をできるだけ生かしてきた。プレミアリーグで10試合出場の2得点。優勝したリーグカップでは準決勝までの5試合でチーム最多の4得点をあげている。FAカップでも2試合連続でネットを揺らしており、3試合出場の3得点を記録した。

【動画】南野の右足が火を吹く!ノーリッジ戦で叩き込んだ2ゴールをチェック

 公式戦出場22試合で9ゴール・1アシストは立派な数字だ。リバプール専門サイト『LIVERPOOL.COM』は、ジェイドン・サンチョやジャック・グリーリッシュといったプレミアリーグを代表するアタッカーを上回る成績だと指摘している。

今シーズン、鳴り物入りでマンチェスター・ユナイテッドに加入したサンチョは、公式戦31試合に出場して5得点・2アシスト。一方、マンチェスター・シティの夏の目玉補強だったグリーリッシュは、27試合出場で4得点・3アシストという数字だ。『LIVERPOOL.COM』はこのように伝えた。

「公式戦でミナミノはユナイテッドが7200万ポンド(約100億8000万円)で獲得した目玉補強のサンチョより得点している。シティが1億ポンド(約140億円)で獲得したグリーリッシュよりも公式戦での得点関与は多い。昨夏のマーケットで最も高額だった彼らよりも少ない出場時間でそれを成し遂げていることを考えれば見事だ」


 南野は1月にリーズからの関心が騒がれた。移籍は実現しなかったが、マルセロ・ビエルサ前監督に別れを告げたリーズは、南野がレッドブル・ザルツブルクで薫陶を受けたジェシー・マーシュを新たな指揮官に据えており、来夏再び獲得に動く可能性があるとも言われている。

 記事は「1月にリーズが2000万ポンド(約28億円)で獲得すると噂されたが、彼がこのまま注目を集め続ければ、リバプールの要求額は上がるかもしれない」と報じた。

「それでも、それがリーズとマーシュ新監督を止めることにはならないかもしれない」

 同メディアは、マーシュが過去に南野を称賛していたことを紹介し、「移籍しても驚きではないだろう」と伝えている。

「リーズが残留すれば、マーシュとクラブの人材部門がミナミノを高く評価しているのは明白であり、リバプールは多額の利益を得て、すぐに放出しないという決断を正当化させられるかもしれない」

 世界の頂点を競うリバプールで勝負を続けるのか。よりコンスタントな出場機会を求めて移籍すべきなのか。議論が絶えない南野の今後が注目される。

サッカーダイジェスト 3/8(火) 16:56
https://news.yahoo.co.jp/articles/059140fa4bac44d180a949608fee6bcbf99f9ffa

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220308-00106390-sdigestw-000-8-view.jpg?pri=l&w=640&h=458&exp=10800

【リバプール・南野拓実 公式戦出場22試合で9ゴール・1アシスト!地元メディアが賛辞「サンチョやグリーリッシュ以上の成績は見事」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/06(日) 23:03:45.30 ID:CAP_USER9
3月6日に開催されたスコットランド・リーグ第30節で、日本人選手4人が所属する首位のセルティックは、5位のリビングストンと敵地で対戦。古橋亨梧は負傷でメンバー外、旗手怜央と井手口陽介はベンチスタートとなるなか、前田大然がCFで先発した。

【動画】抜群の嗅覚で反応!前田がヘッドで奪った今季5点目をチェック

 立ち上がりから押し込むセルティックは15分、前田がペナルティエリア内から放ったシュートが相手の手に直撃。PKを獲得するも、キャプテンのマクレガーのキックは右ポストに嫌われ、失敗に終わる。

 しかし、その2分後に先制点を挙げる。ジョッタのCKからスタンフェルトがヘディングシュート。一度はGKストリェクに阻まれるも、前田がヘッドで押し込んだ。


 24歳の日本代表FWは、先月17日のボデ/グリムト戦(ヨーロッパカンファレンスリーグの決勝トーナメント・プレーオフ)以来の今シーズン5点目で、リーグ戦では3点目となった。
 
 前半はそのまま1―0で終えたアウェーチームは、後半開始早々に2ゴールを挙げる。46分にラルストンの鋭いクロスからオウンゴールで、55分にショートカウンターからフォレストのフィニッシュでそれぞれ追加点を奪った。

 ただ、喜びもつかの間、3点目からわずか1分後に、ロングスローからシニーに1点を返される。

 慌ただしい展開のなか、69分にはジョッタのグラウンダーのクロスに、中央で前田が左足で合わせるが、ストリェクの好守に遭う。この日2点目の決定機を逃した前田は、75分にお役御免となった。

 結局、試合はこのまま3―1で終了。セルティックが快勝を収め、宿敵レンジャーズとの勝点3差をきっちりキープした。

 なお、今冬に加入以降、リーグ戦では初めて先発を外れた旗手は83分から途中出場し、前節にデビュー戦以来のリーグ戦出場を果たした井手口は出番なしに終わった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/e849ef88969af366ca55fad069fd523a4e644bfc

【スコットランド・リーグ第30節 首位セルティック、前田大然の今季5点目などで3発快勝!リーグ戦で初めて先発を外れた旗手怜央は83分から出場】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/03(木) 11:52:44.22 ID:CAP_USER9
FAカップベスト8進出、優勝したリーグカップでの活躍を指揮官も評価

イングランド1部リバプールは、3月2日に行われたFAカップ5回戦のノリッジ・シティ戦に2-1で勝利した。試合後のインタビューでユルゲン・クロップ監督は、2ゴールを挙げた日本代表MF南野拓実を称賛している。英公共放送「BBC」が報じた。

【動画】「タクミはスーパーな男」リバプール南野がFAカップ5回戦で2ゴールの活躍
https://www.football-zone.net/archives/370509/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=370524_6

 南野は前半27分、DFコスタス・ツィミカスが左サイドから折り返したボールを収めたFWディボック・オリギからのパスを受け、右足で先制ゴールを記録。さらに同39分には、コーナーキック(CK)を相手DFがヘディングして流れたボールをトラップし、再び右足でゴールに突き刺した。

 2月27日にリーグカップ決勝のチェルシー戦(0-0PK11-10)を戦い、先発10人を入れ替えたなかで、見事に結果を残して、自身の価値を示した。

 リーグカップ決勝では、同大会でチーム最多4得点を挙げていた南野を起用しなかったクロップ監督だが、「私は驚いていないよ。タクミは素晴らしい選手だ。この試合は彼にとって、私たちのチームでの最高の試合だった。スーパーな試合をして、継続的に脅威になっていた。ピッチは非常に風が強く、ハイボールの処理が難しいが、彼はとても上手くやっていた。彼が印象に残る活躍をしたことが嬉しいよ」と、この日のプレーを称えた。

 また、南野がチームで果たしている役割についても言及している。

「彼がいなければ、私たちは準々決勝に進出していない。彼がいなければ、私たちはリーグカップの決勝にも進出していない。スーパーな男だよ」

 与えられたチャンスで、しっかりと結果を残した南野。冬の移籍市場ではコロンビア代表FWルイス・ディアスも加入し、ポジション争いは熾烈を極めるが、この日の活躍は、そこに割って入る足がかりとなるだろうか。

フットボールゾーン 3/3(木) 11:30
https://news.yahoo.co.jp/articles/0fd8b6a9391e52aeddbf242cfb5d708f28d7ebf6

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220303-00370524-soccermzw-000-3-view.jpg?pri=l&w=640&h=426&exp=10800

【「私は驚いていないよ。タクミは素晴らしい選手だ」リバプールのクロップ監督、全2ゴール記録の南野拓実を称賛!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/03(木) 07:15:17.09 ID:CAP_USER9
背番号18が前半だけで2ゴールと爆発

現地時間3月2日に行なわているFAカップ5回戦で、南野拓実が所属するリバプールは、ノーリッジをホームに迎えた。

南野拓実は4-3-3の右ウイングで先発。スタメン出場は2月6日のFAカップ4回戦以来となった。

 その南野が、前半だけで2ゴールと爆発。27分、リバプールは細かいパスを繋いで左サイドに繋ぐと、ツィミカスが中央にクロスを送る。これをオリギが丁寧に落として右サイドにはたくと、ファーで待ち構えていた南野が右足できっちり蹴り込んだ。

さらに39分、左CKからノリッジDFがクリアしたボールが、右サイドで待ち構えていた南野のもとへ。これを右足で豪快に振り抜き、強烈なシュートがゴールネット上に突き刺さった。

 前半で2点をリードしたリバプールは、後半も試合の主導権を握る。しかし、76分にノーリッジMFルップにミドルシュートでの一発を許し、1点差に詰め寄られる。

リバプールは84分にジョッタ、オリギに代え、マネとルイス・ディアスを投入。ノーリッジの猛追をかわし、2-1の勝利を収めた。リバプールのFAカップにおけるベスト8進出は7シーズンぶりとなる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=106122
https://soccerdigestweb.thedigestweb.com/v=1646257207/files/topics/106122_ext_04_0.jpg

【FA杯・5回戦 リバプールが南野拓実の2ゴールで勝利! ノーリッジを破り7季ぶりのベスト8進出】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/27(日) 07:35:30.17 ID:CAP_USER9
イングランド1部リバプールは、現地時間2月27日にリーグカップ(カラバオカップ)決勝でチェルシーと対戦する。タイトルの懸かった大一番を前に、英公共放送「BBC」は、リーグカップにおける日本代表MF南野拓実の活躍が特筆すべきものとして、特集を組んでいる。

 リバプールとチェルシーは、ともに世界最高峰のスター選手たちを揃えている。そのため、両チームの監督が誰を先発メンバーで起用し、誰をベンチ入りさせるかは、大きな注目ポイントとなっている。

 そのリバプールにあって南野は、リーグ戦ではなかなか出場機会を得られていない。それでも、リーグカップではここまで5試合に出場し、そのうちの4試合で先発。ただ出場するだけでなく、4得点1アシストと結果を残し、クラブの決勝進出にも大きく貢献した。

 冬の移籍市場でリバプールはポルトガル1部ポルトからコロンビア代表FWルイス・ディアスを獲得したこともあり、南野の立場は決して安泰ではない。

それでも、「BBC」は南野が5試合で4得点を挙げたという記録に着目。「リバプールの選手で、単独のカップ戦において最後に4得点以上を記録したのは、2000-01シーズンのFWロビー・ファウラー以来。彼は6得点を挙げて、ジェラール・ウリエ監督率いるチームの優勝に貢献した」と、南野の得点数が際立ったものであることを紹介した。

 なお、2000-01シーズンの決勝では、リバプールはバーミンガムと対戦。1-1の引き分けの末に、PK戦を5-4で制して、クラブ史上6度目の優勝を飾っている。リバプールの唯一のゴールを挙げたのは、この大会の得点王に輝いたファウラーだった。

 現在、南野は得点ランク3位タイとなっており、決勝でゴールを挙げれば得点王になる可能性も高い。今季のリバプールでリーグカップの全5試合に出場している唯一の選手であるだけに、南野には決勝でも出場機会を掴むと同時に、ゴールへの期待も懸かる。

フットボールゾーン 2/27(日) 6:10
https://news.yahoo.co.jp/articles/5bbf23847d8ec6db5b54b1842ede4d229f44bc5a

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220227-00369885-soccermzw-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=426&exp=10800

【英公共放送BBC「南野拓実はリバプールのリーグ杯得点王」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/14(月) 17:13:13.74 ID:CAP_USER9
◇ベルギー1部 シントトロイデン1―0サンジロワーズ(2022年2月13日 ベルギー・サンジル)

 シントトロイデンに加入した元日本代表MF香川真司(32)がサンジロワーズ戦の後半38分から新天地ベルギーでデビューした。日本、ドイツ、イングランド、トルコ、スペイン、ギリシャに続く7リーグ目。短い出場時間で見せ場はなかったが、1―0とリードしていた12位のシントトロイデンは橋岡大樹(22)が与えた後半アディショナルタイムのPKをしのいで2連勝。最近10戦で8勝2分けだった首位から貴重な勝ち点3を挙げた。

 シントトロイデンの林大地(24)、橋岡、GKシュミット・ダニエル(30)はフル出場し、サンジロワーズの三笘薫(24)は負傷でベンチ外。鹿島から期限付き移籍で加入した町田浩樹(24)がデビュー戦でフル出場した。

スポニチ 2/14(月) 15:27
https://news.yahoo.co.jp/articles/96f5aa4ce8d16cb463d2f00a087d15ecf5f6f7cb  

写真 https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220214-00000208-spnannex-000-3-view.jpg?pri=l&w=480&h=640&exp=10800

【シントトロイデンMF香川真司 後半38分からベルギーでデビュー!日本、ドイツ、イングランド、トルコ、スペイン、ギリシャに続く7リーグ目】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/11(金) 20:45:06.52 ID:CAP_USER9
 今冬にシントトロイデンへ加入したMF香川真司が近況や新天地デビューに向けた意気込みなどを語った。プロスポーツ選手のマネジメント会社『UDN SPORTS』が7日、公式ツイッター(@UDNSPORTS)で同選手のメッセージ動画を公開している。

 香川は昨年12月にPAOKテッサロニキ(ギリシャ1部)を退団した後に無所属が続いていた中、先月26日にシントトロイデン加入が正式決定した。背番号は日本代表でも慣れ親しんだ「10」。今月5日のベルギー・リーグ第26節コルトレイク戦(○3-1)では出番こそなかったものの、招集メンバー入りを果たした。

 動画の中で香川は「今は非常にトレーニングをハードに積んで練習できていますので、しっかり試合に出られる準備をして戦っていきたいなと」と新天地デビューへ意欲を示している。

 シントトロイデンにはGKシュミット・ダニエル、DF松原后、DF橋岡大樹、FW林大地、FW原大智と多くの日本人プレーヤーが在籍。香川にとってもいい刺激となっているようだ。

「日本人選手もたくさんいますけど、彼らから得る刺激もすでに感じていますし、本当に楽しく毎日みんなと一緒になって、若い彼らの情熱を受け取りながら、自分を鼓舞して毎日練習に励んでいます」

 新天地での充実ぶりをうかがわせる香川だが、「本当にね、練習がキツいです(笑)。ハードです(笑)」と本音も。それでも「ただ、これぐらいやらないといけないなと自分自身感じていますので、しっかりとやって体を一日でも早くいい状態に仕上げて、試合に出られるように頑張っていきたいと思います」と誓い、「みなさん応援よろしくお願いします」とファンに呼びかけた。

 シントトロイデンはレギュラーシーズンで26試合を消化し、9勝4分13敗(勝ち点31)で11位。次節は13日に開催され、MF三笘薫とDF町田浩樹が所属する首位ロイヤル・ユニオン・サンジロワーズと敵地で対戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/65adef2a26311319db7c60c2d4a4209d2aaaa5bf

【「しっかり出られる準備を」新天地デビューへ意気込むシントトロイデンMF香川真司「本当に練習がキツい(笑)」と本音も】の続きを読む

このページのトップヘ