SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ウォータースポーツ

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/02(日) 06:10:00.39 ID:FC2COs6s9
「勝ちにいきます」吉川晃司率いるドリームチームVS水球男子日本代表…14日パリ五輪壮行試合が決定
2024年6月2日 5時0分スポーツ報知
https://hochi.news/articles/20240601-OHT1T51232.html?page=1
広島・修道高時代は2年連続で高校最優秀選手に選ばれた吉川晃司
https://hochi.news/images/2024/06/01/20240601-OHT1I51380-L.jpg
昨秋の杭州アジア大会で53年ぶりにアジア王者となったポセイドン・ジャパン
https://hochi.news/images/2024/06/01/20240601-OHT1I51381-L.jpg


 歌手の吉川晃司(58)がパリ五輪水球男子日本代表と、14日に千葉県国際総合水泳場で対戦することが1日、分かった。海外選手や日本代表のOBを中心とした「水球ドリームチーム」の監督を吉川が務め、日本代表に挑む。

 高校時代にU―20日本代表として活躍し、以前から水球を応援している吉川が、日本代表「ポセイドン・ジャパン」のためにまた一肌脱ぐ。2016年のリオ五輪で32年ぶりに五輪出場を果たした際は、応援ソング「Over The Rainbow」を書き下ろし、今年5月には日本水泳連盟水球委員に就任。広報活動や選手の支援に取り組む中で、「吉川VS日本代表」が実現した。

 今回は壮行試合とはいえ、監督・吉川は「勝ちにいきます」と本気だ。というのも「ドリームチーム」はロンドン五輪金のクロアチア代表ニクシャ・ドブド(38)ら3人のレジェンド海外オリンピアンを招集。国内からもリオ五輪主将で不動のセンターとして活躍した志水祐介(35)ら6人の日本代表OB、4人の代表候補が加わる。代表チームに負けず劣らずの布陣となった。

 吉川は「3人の海外選手は2メートル、100キロを超える体格でセンターからゴールを狙う。そこへスピードとテクニックがある日本選手も加わる。代表チームにとって、厳しい戦いになるかもしれませんよ」と冷静に分析している。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

【「勝ちにいきます」吉川晃司率いるドリームチームVS水球男子日本代表…14日パリ五輪壮行試合が決定】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/05(金) 14:37:14.01 ID:fb7MIExp9
motorsport.com
4/5(金) 12:32

F1セッションデビューを果たした岩佐
 F1第4戦日本GPのフリー走行1回目セッションが、鈴鹿サーキットで行なわれた。トップタイムはレッドブルのマックス・フェルスタッペンで、タイムは1分30秒056だった。

 2番手にはセルジオ・ペレスが続き、レッドブルのワンツー。3番手以下にはカルロス・サインツJr.(フェラーリ)、ジョージ・ラッセル(メルセデス)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)と上位どころのドライバーが順当に続いた。

 RBの角田裕毅は1分31秒230というベストタイムで9番手。今回同じくRBのダニエル・リカルドに代わってFP1に出走した岩佐歩夢は、自身初のF1公式セッションとなったが、フロアの比較テストのために精力的に周回を重ね、ベストタイムは1分32秒103で16番手だった。

motorsport.com 日本版
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/574dde66089772fd3b8c630bd224dad7187b3838&preview=auto

【F1第4戦日本GP・フリー走行1回目速報:フェルスタッペン最速。角田裕毅9番手、初公式セッションの岩佐歩夢は16番手】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/02(金) 19:27:55.82 ID:7CIaa8nf9
 飛び込みの馬淵優佳が23年シーズンをもって現役引退することが2日、所属のミキハウスから発表された。

 馬淵は競泳・瀬戸大也の妻で、17年ユニバーシアードを最後に引退。結婚、出産を経て21年12月に電撃復帰した。栃木県を拠点に2児の母として育児と、週5日の練習を両立させてきた。22年日本選手権1メートル板飛び込みで優勝。24年パリ五輪出場を見据えて日本代表返り咲きを目指したが、国内選考で敗れ、去就は未定となっていた。

 馬淵のコメントは以下の通り。

 「3才から飛込競技をはじめて、25年が経ちました。小さい頃から飛込一色だった私は、それが受け入れられずに飛込から逃げたこともありました。ですが一度引退し、結婚・出産を経て、現役復帰してからは心の底から飛込が大好きになっていました。パリ五輪に出場できなかったことは、すごく悔しかったですが、これまでの競技人生を誇らしく思います。

 最後になりましたが、競技人生を支えてくださった指導者、競技関係者の皆様、報道関係者の皆様、マネジメント事務所社長、友人たち、ミキハウスの皆様、家族に心から感謝を伝えたいです。

 今後は夫のパリ五輪への挑戦を家族でサポートしていきますので、引き続き見守っていただけると嬉しいです」。

https://news.yahoo.co.jp/articles/61aecf56ad805e692d14a71f6d97d924a7e9b9a9
デイリースポーツ

【飛び込み・馬淵優佳が現役引退を発表 夫は競泳の瀬戸大也「今後は夫のパリ五輪への挑戦を家族でサポート」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/03(日) 20:27:52.34 ID:s9VqYTCy9
パリオリンピックの代表選考を兼ねたサーフィンのワールドゲームズで日本勢は男女とも新たに出場権を獲得することができず、日本からオリンピックに出場できるのは男子が3人、女子が1人となりました。

サーフィンの世界選手権に当たるワールドゲームズはオリンピックの代表選考を兼ねてプエルトリコで行われ、日本からは男女3人ずつが出場しました。

このうち、女子の東京大会の銅メダリストの都築有夢路選手は敗者復活の6回戦で、東京大会代表の前田マヒナ選手も敗者復活の4回戦で敗れ、いずれもオリンピックの出場権獲得はなりませんでした。

この結果、パリオリンピックに出場できる日本の女子選手はすでに代表に内定している松田詩野選手1人となりました。

(松田詩野選手)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240303/K10014378041_2403031953_0303195759_02_03.jpg

一方、日本が3人の出場枠を持っている男子も、すでに代表に内定している東京大会の銀メダリストの五十嵐カノア選手と、稲葉玲王選手が今大会ではともに敗者復活戦で敗れました。

(五十嵐カノア選手)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240303/K10014378041_2403031954_0303195759_02_04.jpg

残り1つの枠でオリンピック出場を目指しているオーストラリア出身で日本人の母を持つコナーオレアリー選手も敗者復活の4回戦で敗退し、今大会での代表内定はなりませんでした。

日本選手の残る1枠についてはオレアリー選手を含む選手の中から今大会の成績などを踏まえた選考の結果、最終的に決まる見込みです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240303/k10014378041000.html
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240303/K10014378041_2403031953_0303195759_01_02.jpg
2024年3月3日 20時17分 NHK NEWS WEB

【サーフィン・パリ五輪代表 日本の出場枠は男子3人、女子1人に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/25(日) 00:57:11.05 ID:zGYDxqk89
 【アレシボ(米自治領プエルトリコ)共同】サーフィンの2024年パリ五輪予選を兼ねたワールドゲームズ(WG)は24日、米自治領プエルトリコのアレシボで競技が始まり、男子で東京五輪銀メダルの五十嵐カノア(木下グループ)と女子の松田詩野(TOKIOインカラミ)が1回戦に登場し、そろってパリ五輪出場を確定させた。

 五十嵐は昨季のプロ最高峰チャンピオンシップツアー(CT)で上位10人(各国上限2人)に入ったことで、松田は昨年のWGの成績で、五輪切符を事実上獲得。今大会参加が五輪出場の条件だった。

 五十嵐、松田と女子で東京五輪銅メダルの都筑有夢路(木下グループ)は2回戦に進んだ。女子には前田マヒナ、男子には母が日本人で、オーストラリアから登録変更したオレアリー・コナーと稲葉玲王も出場。
https://www.daily.co.jp/general/2024/02/25/0017365131.shtml
デイリースポーツ

【五十嵐カノア、松田詩野がパリ五輪代表に サーフィンのワールドゲームズ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/02(木) 21:00:50.42 ID:1NPu8wwT9
デイリー11/2
https://www.daily.co.jp/general/2023/11/02/0016986312.shtml

日本水連が、水球のパリ五輪最終予選を兼ねて来年2月にドーハで開かれる世界選手権への女子日本代表の派遣見送りを決めたことが2日、関係者への取材で分かった。予算不足などが理由で、五輪出場の道が断たれることになる。

 女子日本代表は2021年の東京五輪に開催国枠で初出場。パリ五輪の予選だった9、10月の杭州アジア大会は、2位で出場権を逃した。

 新型コロナウイルス禍の影響もあって23年度は変則日程で、7月にも福岡市で世界選手権を開催。アジア大会での五輪切符獲得を最優先に上期に予算を割いていた。チームは下期の合宿削減で費用を捻出してドーハへ派遣することを求めていたが、認められなかった。

【水球女子、パリ五輪の道断たれる 最終予選への派遣見送り】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/27(土) 18:08:37.38 ID:CAP_USER9
 全国高校総体(インターハイ=読売新聞社共催)は23日、水球決勝が行われ、明大中野(東京)が10―9で神奈川工(神奈川)を下して22年ぶり10度目の優勝を果たした。大会は全日程を終了。来夏は北海道を主会場に開催される。

 明大中野は第4ピリオド残り1分でも1点ビハインドと追い詰められていた。優勝候補の本命が、ここから底力を発揮した。

 残り35秒。ゴール前の選手が厳しくマークされているのを見た浜口颯太朗(2年)は「自分が決めるしかない」と的確に判断した。ブロックの外からシュートを放ってバーに当てながらもねじ込み、同点。さらに残り1秒で、主将の加納 恒心こうしん (3年)が「冷静に視野を広くしていた」と一瞬空いたニアサイドにミドルシュートを突き刺した。

 明大中野メンバーが大半を占める東京クラブは3月に全日本ジュニア(U17)選手権を優勝。徹底的に研究され、ポイントゲッターは2人がかりでマークされるなど苦しい展開だった。

 それでも焦ることはなかったという。普段から1時間以上泳ぎ込んだ後に練習してきた。「泳ぎ負けることはない」と加納。その自信とスタミナが最終盤、疲弊した相手のほころびを突く、逆転劇へとつながった。

 終了ブザーが鳴ると、控え選手が指導者らをプールに引っ張り込み、水面に歓喜の輪ができた。「ようやく優勝できた。感無量です」とOBで元日本代表の佐藤太一監督は涙を浮かべた。1977~80年には4連覇も記録した古豪が、復権を果たした。(井上敬雄)

読売新聞2022/08/24 05:00
https://www.yomiuri.co.jp/sports/interhigh/20220823-OYT1T50362/

【インターハイ・水球決勝、明大中野が22年ぶり10度目V…全日程終了】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/17(水) 22:55:52.14 ID:CAP_USER9
読売新聞2022/08/17 20:26
https://www.yomiuri.co.jp/sports/interhigh/20220817-OYT1T50211/

全国高校総体(インターハイ=読売新聞社共催)の飛び込みが17日、高知市で行われ、女子高飛び込みで、佐々木 音華おとは (鳥取・米子東2年)が471・65点で優勝した。

2位に60点以上の差をつけて完勝し、「今できることはできた」と笑顔を見せた。大技を狙うのではなく、磨いてきたのは安定感。4位だった昨年大会より難易度を下げた技もあり、「しっかり点を取るため、優勝するため、勝ちにこだわった」。苦手とする後ろに回転しながら飛び込む演技で高得点を出すなど、練習の成果は十分に示した。高校生トップとなったが、今月の日本選手権では6位。「まだ上がいる。そこに近づきたい」と目標は高い。

【全国高校総体 女子高飛び込み、佐々木音華が完勝V!2位に60点以上の大差「勝ちにこだわった」】の続きを読む

このページのトップヘ