SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

オリンピック総合

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/29(日) 00:01:43.95 ID:w2zzXyyj9
TBSテレビ

2023年1月28日(土) 17:59

IOC=国際オリンピック委員会が、ウクライナへの侵攻を理由に、現在、国際大会から除外されているロシア選手らの復帰を検討すると発表したことについて、ウクライナのゼレンスキー大統領はIOCを非難したうえで、戦闘が続く東部の都市にバッハ会長を招待すると述べました。

IOCは25日、ロシアとベラルーシの選手について、「中立な立場であること」などを条件にして、国際大会への復帰を検討すると発表しました。

これに対し、ゼレンスキー大統領は27日、「専制政治家はスポーツをプロパガンダに利用する」「戦争当事者に中立は存在しない」と強く非難。中立が存在しないことをIOCのバッハ会長自身の目で確かめてもらうため、激しい戦闘が続く東部ドネツク州のバフムトに「バッハ氏を招待する」と述べました。

また、「ロシアはスポーツの才能がある何百人ものウクライナ人の命を奪った」と訴え、「侵略を止めて初めてオリンピック参加について話すことができるようになる」と強調しました。

https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/299778?display=1

【ゼレンスキー大統領「IOCバッハ会長を激戦地バフムトに招待」 ロシア選手の国際大会復帰検討めぐり、ウクライナの惨状を知るよう訴え】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/11(日) 06:41:43.32 ID:CAP_USER9
2022年9月10日 22時55分
https://www.tokyo-np.co.jp/article/201424
https://static.tokyo-np.co.jp/image/article/size1/6/5/2/3/6523f32953c9a1adb13ca30b84963aec_1.jpg

 聴覚障害のあるアスリートが実力を競う4年に1度の国際大会「デフリンピック」が、2025年秋に東京都で開かれることが10日、決まった。大会は1924年に始まり、日本開催は初。招致した全日本ろうあ連盟(東京)の石野富志三郎理事長は「誰一人取り残さない世界の実現へさらなる前進となる」と喜んだ。(加藤健太)

 オーストリアのウィーンで開かれた国際ろう者スポーツ委員会の総会で決まった。連盟は「聞こえない子どもや選手に夢を与え、スポーツの力で社会を変革したい」と初めて招致した。

 身体や視覚、知的障害のある選手が出場するパラリンピックには聴覚障害者の出場枠がなく、聴覚障害のある選手にとってはデフリンピックが4年に1度の大舞台となる。デフ(deaf)は「耳の不自由な」の意味。新型コロナウイルスの影響で延期を経て今年5月に開催されたブラジル大会で、日本は過去最多の30個のメダルを獲得した。

 連盟の計画案では、11月15日から12日間にわたって行われ、70~80の国と地域から選手ら5000~6000人の参加を見込む。都内では陸上や卓球、水泳などを実施。サッカーは福島県が、自転車競技は静岡県が会場になる。

【デフリンピックの2025年大会 東京で開催が決定 日本で初めて】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/03(土) 08:42:42.07 ID:CAP_USER9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220902-00000013-htbv-000-5-thumb.jpg
HTB北海道ニュース

IOCバッハ会長と札幌市秋元市長 13日に会談日程決まる 機運醸成をアピール
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20220902-00000013-htbv-hok

 IOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長と札幌市の秋元市長の会談のスケジュールが決まりました。

 2030年冬季オリンピック・パラリンピックの招致を目指す札幌市の秋元市長は、今月13日にスイスのIOC本部でバッハ会長と会談することが決まりました。

 秋元市長は機運醸成の取り組みをアピールする考えです。開催候補地について、IOCは12月の理事会で一本化する見通しです。

関連記事
JOC山下会長、2030年札幌冬季五輪招致へ「最後の最後まで全力を尽くす」 撤退の可能性は否定
https://hochi.news/articles/20220830-OHT1T51108.html

2030年五輪招致でIOCと札幌はまるで“相思相愛” バッハ会長は安倍元首相の国葬参列も検討
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/310620/

【『30年札幌オリパラ招致』IOCバッハ会長と札幌市秋元市長、今月13日にスイスの本部で会談へ 機運醸成をアピール】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/10(水) 14:31:57.13 ID:CAP_USER9
毎日新聞 2022/8/10 10:22(最終更新 8/10 10:22)

 日本ダンススポーツ連盟などは9日、2024年のパリ・オリンピックで正式種目に加わるダンススポーツ「ブレイキン」の国際大会「ブレイキン・フォー・ゴールド・ワールドシリーズ」を、23年2月24~25日、北九州市小倉北区の西日本総合展示場新館で開催すると発表した。

 連盟によると、アジア初開催で、国内外の有力選手が出場予定。五輪切符をかけて24年3~6月に開かれる大会への出場権獲得に向けて、シリーズは高ポイントを得るチャンスとなる。


 ブレイキンはブレークダンスともいわれるアーバンスポーツの一種で、音楽に乗ってアクロバティックな動きを見せる。開催地となる北九州市の国際スポーツ大会推進室は「五輪の新種目で人気も出ており、大会を見て、若者に競技への親しみや興味を持ってほしい」としている。【青木絵美】

https://mainichi.jp/articles/20220810/k00/00m/050/055000c

【アジア初開催!パリ五輪正式種目「ブレイキン」 23年2月北九州で国際大会】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/05(金) 10:35:03.95 ID:CAP_USER9
 28年ロサンゼルス五輪で開催都市が提案できる追加競技の候補が野球・ソフトボールや空手、ブレイクダンス、クリケットなど9競技に絞られたことが4日、分かった。ロイター通信が国際クリケット評議会(ICC)関係者の話で伝えた。
 他にはフラッグフットボール、ラクロス、キックボクシング、スカッシュ、モータースポーツが入った。昨夏の東京五輪で5競技、24年パリ五輪では4競技が追加競技入りしている。

 ICCは今月末、開催都市にプレゼンテーションを実施。来年5~6月の国際オリンピック委員会(IOC)総会(ムンバイ=インド)で決定される可能性が高いという。

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/08/05/kiji/20220805s00048000076000c.html

【28年ロス五輪 追加候補に野球・ソフトボール、クリケット、空手、モータースポーツなど9競技】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/26(火) 09:58:30.81 ID:CAP_USER9
[25日 ロイター] - 陸上競技を統括するワールドアスレチックス(世界陸連)は25日、2024年パリ五輪の200メートルから1500メートルの個人種目で敗者復活ラウンドを導入すると発表した。

敗者復活ラウンドは予選ラウンドの後に実施。予選を突破できなかった選手は準決勝に進む2回目のチャンスが得られることになる。障害種目でも導入される予定。予備予選のある100メートルでは実施されない。

これまでは予選を突破できなかった選手の中で、タイム順上位の選手が準決勝に進める仕組みだった。

敗者復活はレスリングやテコンドーなどの五輪種目ですでに実施されている。

ロイター2022年7月26日9:12 午前
https://jp.reuters.com/article/olympics-athletic-idJPKBN2P1008

【陸上でも敗者復活導入へ、パリ五輪の個人種目】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/28(木) 00:21:14.34 ID:CAP_USER9
国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長はパリ・オリンピック(五輪)開幕まで2年の26日に「男女平等で、若者向けな都市型スポーツも行われる。2年後、世界は新時代の五輪となるパリ大会に迎えられる」との談話を発表した。

25日にパリで開催国のマクロン大統領と準備状況やセーヌ川での五輪開会式計画を協議し、大会組織委員会のエスタンゲ会長とも会談。
「創造性や適応能力、プロ意識で(大会準備を)進めてくれて、私たちに大きな自信を与えてくれる」と太鼓判を押した。

https://www.nikkansports.com/sports/news/202207270000091.html
日刊スポーツ

【パリ五輪開幕まであと2年 IOCバッハ会長「男女平等、若者向け都市型スポーツ。2年後は新時代の五輪になる」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/30(木) 05:47:03.78 ID:CAP_USER9
「A.B.C―Z」塚田僚一に五輪出場の可能性 SASUKEの近代五種採用で


ジャニーズからオリンピアンが誕生か。

なんとTBSの人気番組「SASUKE~Ninja Warrior~」が、「近代五種」競技の一つとして五輪競技になる可能性が出てきたのだ。
この一報に、ジャニーズファンは大いに色めき立っている。


国際近代五種連合(UIPM)は2024年パリ五輪後に馬術を外し、「障害物レース」を試験導入すると発表。
そこで1997年に始まり、世界中に広まっている「SASUKE」に白羽の矢が立ったのだ。

すでにTBSはテスト大会に欧州版の番組セットを提供しており、12月の国際オリンピック委員会(IOC)で承認を得られれば、28年ロサンゼルス五輪から近代五種の一つに加わる。


「局内は大喜びですよ。ぜひとも五輪に採用されるように、プロジェクトチームを立ち上げる流れです」(TBS関係者)

熱くなっているのはTBSやSASUKE関係者だけではない。ジャニーズファンも盛り上がっている。
「番組にはさまざまな芸能人が出ています。なかでも『A.B.C―Z』の塚田僚一は2015年から出演をしている常連組の一人。ファンは『五輪に出てほしい!』と熱望しています」(芸能関係者)


塚田はジャニーズに入る前は体操教室に通い、五輪金メダルを目標に頑張っていた時期もある。
「バックグラウンドを知っているだけに『SASUKEで五輪を目指して』という声が多いのです。ほかにも『Snow Man』の岩本照らも番組に出ていることから、『日本代表として五輪に出る未来が見えた!』などファンの妄想は膨らむばかりです」(前同)


ただ、五輪出場に向けてハードルが極めて高いことは間違いない。
近代五種ではSASUKEだけではなく、水泳、フェンシング、レーザーラン(射撃+ランニング)に取り組まねばならないからだ。


前出TBS関係者は「厳しいのは百も承知ですが、塚田らには真剣にチャレンジしてほしいですね。たとえ無理だったとしても、その経験は五輪番組で生きますし、ファンも喜ぶでしょう」と期待をかける。

近年はさまざまなジャンルに進出しているジャニーズだが、オリンピアンを目指すというのは例がない。
正式採用が決まった時、塚田らの決断が注目される。


https://news.yahoo.co.jp/articles/43bb9017382e1d34350009346f48acd8e2617034

【SASUKEの近代五種採用で「A.B.C-Z」塚田僚一に五輪出場の可能性!? ジャニーズファンも盛り上がる】の続きを読む

このページのトップヘ