SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

ロサンゼルス・ドジャース

1: 名無しさん@恐縮です 2024/07/12(金) 17:40:06.53 ID:8dNtAPmV9
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240712-00309152-tospoweb-000-4-view.jpg?pri=l&w=640&h=435&exp=10800

7/12(金) 16:36配信

東スポWEB
「ESPYアワード」の司会を務めたセリーナ・ウイリアムズ(ロイター)

〝史上最強の女子テニスプレーヤー〟と称されたセリーナ・ウイリアムズ(42)が、ドジャースの大谷翔平投手(30)が巻き込まれた〝賭博スキャンダル〟について語った。

 11日(日本時間12日)にハリウッドのドルビーシアターで行われたスポーツ専門局「ESPN」の「2024年 ESPYアワード」の司会を務めたセリーナは「最優秀MLB選手賞」を受賞した大谷について「今年のスポーツ界で最もクレイジーな出来事の1つは、ドジャースの投手・大谷翔平のことよ。彼は通訳に1600万ドル(24億5000万円)を盗まれたけど、それに気づかなかった。1600万ドルよ!」と元通訳の水原一平被告に知らぬ間に大金を不正送金された〝鈍感力〟をチクリ。

 さらに「男性アスリートは女性よりもはるかに多くの報酬を得ています。彼らは1600万ドルの損失にさえ気づいていません。信じてください。私なら気づいていたでしょう」とプロスポーツの〝男女格差〟についても問題提起したと複数の米メディアが報じている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/46ea79cf3f2050036be467be3ad1b16e32119ff1

【大谷翔平の〝鈍感力〟をテニス界の元女王がチクリ「今年のスポーツ界で最もクレイジーな出来事」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/07/12(金) 09:37:07.20 ID:a3Yz6DLg9
大谷翔平、12億円豪邸売却報道 フジは社長が謝罪、日テレはスルーの自宅バラシ「真美子さん激怒」の裏側


 MLB、ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手(30)の新居について、場所が分かるように詳細に報じた日本テレビとフジテレビの取材パスが“凍結された”という騒動に多くのファンが不快感を示したが、大谷選手がその新居の売却を検討していると7月11日発売の『女性セブン』(小学館)が報じた。

 日本テレビとフジテレビは大谷選手が785万ドル(約12億円)で購入したロサンゼルスの邸宅を過剰に報道。空撮映像や自宅前からのレポート、近隣住人へのインタビューなどの映像を流し、これらの報道に大谷選手が怒ったとされた。

 この騒動を受け、7月3日放送の『Live News イット!』(フジテレビ系)でMCを務める青井実(43)が「大谷選手の新居について取材・報道しましたが、大谷選手とそのご家族、代理人をはじめとする関係者のみなさんにご迷惑をおかけし、お詫び申し上げます」と謝罪した。

 そのうえで「新居には多くの観光客や地元の方が訪れる状況が発生しております。大谷選手の自宅をはじめ、プライベートな空間を訪れることはお控えいただき、大谷選手に会いたいときは球場に足を運んでくださるよう、お願い申し上げます」と呼びかけた。

 翌4日の『めざまし8』(フジテレビ系)でも同様の謝罪をしたほか、同5日の定例会見で港浩一社長(72)が「大谷選手とそのご家族、関係者にご迷惑をおかけして、大変申し訳ない」とあらためて謝罪。

 ドジャースの取材パスを凍結されたという報道については「パスを失った事実はなく、適切な取材を心がけながら現在も取材を続けている」とした。

 フジテレビは6月22日配信の『スポニチアネックス』の問い合わせにも“出禁”は否定したものの謝罪のコメントを出していた。


 一方の日本テレビは6月24日配信の同紙の問い合わせに《取材の過程についてはお答えしておりません。総合的に判断して対応しております》と応じて以降は新たな動きはない。

 そんな新居について大谷選手は、引っ越すことないまま売却する意向を示していると前述の『女性セブン』が報じたのだ。

 購入したことが報じられてから1か月半ほどが経過したが、大谷選手が引っ越す様子はないという。現状の持ち主は大谷選手の不動産管理会社「デコピンLCC」になっているものの、売却する方向で調整が進められているようだ。

「騒動を振り返ると、5月下旬に地元紙『ロサンゼルス・タイムズ』が大谷選手が新居を購入したと写真つきで報じ、これに日本メディアも追随したんです。ただ、そもそも『ロサンゼルス・タイムズ』の記事もプライバシーを大いにさらすような内容でしたし、日本メディア、特に日テレとフジの迅速であまりに詳細な報道も、冷静に考えれば非常にマズいことだったわけですよね」(スポーツ紙記者)


■大谷翔平選手以上に真美子夫人が激怒か

 アメリカではセレブの自宅が強盗に遭い、家族が誘拐されて身代金を要求される事件も起こっている。大谷選手が住所を特定されてしまった豪邸の売却を検討するのも当然だろう。

「実は、大谷選手以上に夫人の大谷真美子さん(27)が一連の報道に怒りを示していると聞こえてきています。大谷選手は遠征で家を空けることも多い。一方の真美子さんは愛犬のデコピンとともに家を守ることも多くなるはずですからね。

 自宅を守る立場として、住所を不特定多数の人に知られているというのは最悪のことでしょうし、家が観光地のようになり、いつどんな人が来るかわからないというのも非常に怖いですよね」(前出のスポーツ紙記者)

 観光客が殺到するような状況では、自宅周辺をデコピンとともに散歩することもできないだろう。


続きはリンク先
https://news.yahoo.co.jp/articles/64f581c1f735ec834704ba529eb09612c041a340?page=1

【ドジャース・大谷翔平、12億円豪邸売却報道 フジは社長が謝罪、日テレはスルーの自宅バラシ 「真美子さん激怒」の裏側】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/07/12(金) 09:57:27.88 ID:8dNtAPmV9
7/12(金) 9:49配信

MLB.jp
【ドジャース1-5フィリーズ】@シチズンズバンク・パーク
2回裏に9号ソロを放ったフィリーズのブランドン・マーシュ(MLB Advanced Media)

 日本時間7月12日、全米が注目するドジャース対フィリーズの強豪対決3連戦は最終戦を迎え、序盤に2本のアーチで主導権を握ったフィリーズが5対1で勝利。ポストシーズンでも対戦する可能性があるドジャースとの3連戦を見事にスイープした。フィリーズ先発のアーロン・ノラが6回4安打1失点の好投でリーグトップに並ぶ今季14度目のクオリティスタートを記録し、11勝目(4敗)をマーク。ドジャースのオープナーを務めたアンソニー・バンダは先制アーチを浴び、2敗目(1勝)を喫した。

【動画】フィリーズのトレイ・ターナーが先制の9号ソロを放つ(MLB.comより)

 フィリーズは先発のノラが1回表二死1・2塁のピンチを切り抜けると、1回裏一死からトレイ・ターナーの9号ソロで先制。ノラは2回表にも一死満塁のピンチとなったが、大谷翔平を空振り三振に仕留めるなど、ここも無失点に抑えた。2回裏にブランドン・マーシュの9号ソロでリードを広げ、5回表にギャビン・ラックスの3号ソロで1点を返されたものの、6回裏一死3塁からマーシュのタイムリー三塁打とヨハン・ロハスのタイムリーで2点を追加。8回裏にはカイル・シュワーバーがダメ押しの19号ソロを放ち、ノラからマット・ストラーム、ジェフ・ホフマン、ホセ・アルバラードとつないでドジャースの反撃を封じた。

 ドジャースの大谷は「1番・DH」でスタメン出場。1回表先頭の第1打席はライトフライ、2回表一死満塁の第2打席は空振り三振、5回表無死走者なしの第3打席も空振り三振、7回表二死1塁の第4打席はセカンドゴロに倒れ、4打数ノーヒットに終わった。シチズンズバンク・パークでの初本塁打は出ず、メジャー通算200号アーチもお預け。連続試合安打は4でストップし、今季の打撃成績は打率.314、出塁率.398、OPS1.025となっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2bf0f560b409b4c80357743f1d9fdbc5bcd858fb

【フィリーズがドジャース3連戦をスイープ 大谷は4打数ノーヒット、連続試合安打は4でストップ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/07/11(木) 07:38:48.80 ID:20ARMsqI9
2024.07.11 07:00  女性セブン

 ドジャース・大谷翔平(30才)がロサンゼルスの郊外に12億円の豪邸を購入していたことが明らかになってから約1か月半。大谷は新居について苦渋の決断を下したという。

 発端は一部テレビ局の“暴走”だった。5月下旬、地元紙『ロサンゼルス・タイムズ』によって、大谷が購入した「12億円豪邸」の存在が明らかになると、新聞各紙やテレビ各局もこぞって報道。そんな中、大谷サイドとフジテレビ・日本テレビとの間でトラブルが勃発した。両社は新居の前からレポーターが中継するなど、住所がわかるような形で報道したため、大谷の逆鱗に触れたのだ。

「特にひどかったのはフジテレビ。5月23日放送の『Live News イット!』では、男性レポーターが鬱蒼とした木々の隙間から見える敷地内のバスケットボールコートまで盗み撮り。大谷選手が隣人となることを知らなかった近隣住民たちにまで直撃インタビューを敢行し、大谷選手の新居の情報を大々的に拡散したのです」(在米ジャーナリスト)

 一時は、大谷が球団を通して両社に対し、取材パスを返還するように求める事態にまで発展したと報じられた。プライベートを過度に晒す報道に、世間からの批判も殺到。日本テレビはいまだ沈黙を貫いているが、フジテレビは番組内のみならず、港浩一社長が定例会見で謝罪コメントを出すに至った。

 球団関係者によれば、大谷はせっかく購入した12億円豪邸についても「もうあそこには住めない」と話し、新居に引っ越さないまま売却する意向を示しているというのだ。

 実際、購入が伝えられて約1か月半が経とうとしているが、大谷がその新居に引っ越す様子はない。

「現状、家の持ち主はまだ大谷選手の不動産管理会社『デコピンLLC』となっていますが、売却の方向で調整しているそうです。引っ越し前から情報が漏れてしまったという経緯もあり、大谷選手サイドは不動産会社の情報管理体制に不信感を抱いた。『責任を持って売却先を探してほしい』と要望していると聞いています。不動産会社もこんな事態になるとは予想もしておらず、大谷選手の怒りを感じ取って随分慌てているとか」(前出・球団関係者)

 大谷が神経質になるのは無理もない。いまロスでは、集団強盗が急増して社会問題になっているからだ。

 特に狙われているのがセレブ層で、大谷の同僚たちも被害に遭っている。

「主力のひとりであるマンシー選手は、試合後、家族と一緒にスタジアムから帰る道中に車の中で携帯電話に入れてあったセキュリティーシステムのアラームが鳴った。防犯カメラには複数の犯人が自宅に侵入して室内を物色している様子が映っていたといいます。

 野球選手は遠征が多く、自宅に妻子を残していくことも多い。身近で怖い思いをしている同僚たちの話を聞けば、間取りから住所まで世界中に知れ渡ってしまった新居に越したくないと思うのは当然のことですよ」(前出・在米ジャーナリスト)

 11日発売の『女性セブン』では、一時は観光名所のようにもなった大谷の新居の現状、球場に姿を見せなくなった真美子夫人の“異変”などについて詳報している。

https://www.news-postseven.com/archives/20240711_1976881.html?DETAIL

【《フジ、日テレの新居報道騒動が新展開》大谷翔平、ロスの「12億円豪邸」を売却の意向「もうあそこには住めない」と怒りの決断か】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/07/11(木) 12:43:56.35 ID:gABeDndD9
ドジャースの大谷翔平投手が10日(日本時間11日)、米スポーツ界のアカデミー賞と呼ばれる「ESPY賞」で「最優秀MLB選手」を受賞した。4年連続受賞は史上初めて。同日の敵地・フィリーズ戦の試合中に発表された。

「最優秀MLB選手」では、大谷の他に昨季MVPのロナルド・アクーニャJr.外野手(ブレーブス)、昨季サイ・ヤング賞ゲリット・コール投手(ヤンキース)、ワールドシリーズを制覇したコーリー・シーガー内野手(レンジャーズ)がノミネートされていた。

 この日、大谷は「1番・指名打者」で出場。3回1死の場面で「昨季はエンゼルスの一員だったショウヘイ・オオタニです。彼がESPY賞のベストMLB選手部門受賞者です」と発表された。4度目の受賞はアルバート・プホルス、バリー・ボンズに並んで最多となった。

 また、大谷は「最優秀男性アスリート」にも3年連続でノミネートされており、受賞者は11日(同12日)に発表される。2022年に受賞しており、2回目となれば史上4人目の快挙となる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8d7b751a83151532c0c57be6c038e2ca8b01c5ab

【ドジャース・大谷翔平が「最優秀MLB選手」を受賞 4年連続は史上初 ボンズらに並ぶ快挙達成!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/07/11(木) 10:44:00.98 ID:55B+fx529
7/11(木) 10:39配信
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240711-00000147-spnannex-000-2-view.jpg?pri=l&w=640&h=640&exp=10800
スポニチアネックス
初回、二盗を決めるドジャース・大谷(撮影・西尾 大助)

 ◇ナ・リーグ ドジャース3―4フィリーズ(2024年7月10日 フィラデルフィア)

 ドジャースの大谷翔平投手(30)が10日(日本時間11日)、敵地でのフィリーズ戦に「1番・DH」で先発出場。右前打を放った第1打席に続き、第3打席では中前適時打を放ち、3試合ぶりのマルチ安打をマークした。初回はイチロー、松井稼頭央に並ぶ日本選手最長の4試合連続盗塁もマークしたが、チームはナ・リーグ東地区首位を独走するフィリーズに競り負けてカード負け越しが決定し、3連敗となった。

 初回からフィリーズの先発左腕サンチェスの初球を確実に捉えた。内寄りのシンカーを振り抜くと、92.5マイル(約148.8キロ)の打球はあっという間に一、二塁間を破った。さらに2死後に4試合連続、今季22個目の盗塁となる二盗にも成功。得点圏まで走者を進めたが、4番パヘスは空振り三振に倒れた。

 日本選手の4試合連続盗塁はイチロー(2度)、松井稼頭央(1度)に並ぶ日本選手最長記録。日本生まれの選手では、デーブ・ロバーツ監督の5試合連続に次ぐ記録となった。

 1―2の5回は1死一、三塁の好機。1ストライクから2球目の内角シンカーにやや詰まらされたが、中前に運んで試合を振り出しに戻す同点適時打を放った。

 2―4とされた7回は再び1死一、三塁の好機で第4打席を迎えたが、対大谷対策で投入された3番手左腕ストラームの外角スライダーにタイミングが合わず、空振り三振に倒れた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c59cd28bf1f1d13a271243faf4638bdd81d96224

【ドジャース・大谷翔平 イチロー、松井稼頭央に並ぶ日本選手最多4戦連続盗塁 3戦ぶりマルチ安打もチームは3連敗】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/07/10(水) 12:14:11.70 ID:CB96ywfN9
「風が吹けば桶屋が儲かる」ならぬ「大谷が打てばNHKが損する」とは…。

NHKが6月25日に衝撃的な決算データを公表した。なんと、昨年度の事業収入が過去最大となる前年度比433億円減と、トータル136億円の赤字に終わったというのだ。

収入の核となる国民からの受信料は、前年度から396億円減と、こちらも過去最大の減少額に終わっている。

NHKは昨年に受信料の1割値下げを実施しているほか、学生への納付免除を行っており、これらが減収の要因と言われているが…。

「米大手紙・ウォールストリートジャーナルの報道によると、NHKとアメリカメジャーリーグ機構・MLBは、2004年から09年までの6年間で2億7500万ドル、当時のレートで約50億円の契約を結んでいた。これらをもとにした関西大学・宮本勝浩名誉教授の試算によると、NHKは年平均8000万ドル、円安の現在レートでは130億円近い放映権料をMLBに支払っているとしています」(スポーツジャーナリスト)

これをNHKの赤字額に照らすと、ほぼ同じ金額であることが分かる。

数字的に言うと、NHKの赤字は、大谷翔平の試合を放送したいNHKが放映権料を買ったことで発生していると言ってもいい状況だ。

「大谷ハラスメント」を国民の受信料で行っていた?

この数字は、SNSで大きな話題になっている。特に問題視されているのは、NHKが唯一の全国放送であることから、野球に興味のない国民も受信料を負担している点だ。《ほぼ一人の選手の過熱報道は正しい姿勢なのか?》《契約者に対する背信行為》《皆様の受信料で何してんだ》《どうやって採算取るつもりでいたんやろか》など、厳しくも的を射た意見が噴出している。

特に、昨今は大谷の報道が過剰な“大谷ハラスメント”が話題とあり、国民の収めた受信料でハラスメントが行われているとの指摘も相次いでいる。

続きはソースで
https://weekly-jitsuwa.jp/archives/19071

【NHKの決算発表がドジャース・大谷翔平に飛び火! 赤字136億円、メジャー放映権料130億円】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/07/08(月) 22:09:53.69 ID:eeGiyBCP9
ももいろクローバーZのメンバーがパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!TOP10」。この番組は、ももクロとナビゲーターの清野茂樹、そして全国のリスナーが一緒に作る“選曲テーマ別オリジナルTOP10チャートプログラム”です。毎回テーマを設けて、みなさんからのリクエストを集計した“番組オリジナルTOP10チャート”をカウントダウン形式で発表していきます。7月7日(日)の放送では、「ラッキー七並び! セブンソングTOP10」をお届けしました。

◆第5位:「SEVEN DAYS WAR」(TM NETWORK)

清野:リリース当時(1988年)に公開された宮沢りえさん主演の映画「ぼくらの七日間戦争」の主題歌としてヒットしました。ちなみに(宮沢りえさんは)僕と同い年なんですよ。多分、僕らの学年で一番最初に世に出てきた人だと思います。

しおりん:(清野アナウンサーは)“宮沢りえさん世代”ということですね!同い年というだけで親近感も湧きますよね。

清野:そうですね。勝手に同じクラスになったことがあるような気になってしまいます。(“同い年”と聞くだけで)そういうことがありませんか?

しおりん:あります。やっぱり百田さんは、その世代の代表なんで。

かなこ:違う違う! 絶対に(私と同い年の代表は)大谷翔平さんです!

清野:あぁ~!

しおりん:いやいや“百田夏菜子世代”でしょ?

かなこ:公共の電波でやめてください、恥ずかしい(笑)。

清野:これは中立の立場的にいうと“大谷翔平世代”ですね。

かなこ:ですよね。

しおりん:(笑)。でも“百田夏菜子世代”って言われるように頑張っていこうね!

かなこ:勘弁してよ(笑)。私は“大谷翔平さん世代”として誇りを持っているので。

清野:それでいうと、玉井さんは誰世代ですか?

しおりん:これが問題なんですよ(苦笑)。たまに95年生まれの人たちと会うときにそういう話になるんですけど、業界に同い年の人がそこまで多くないんですよね、1歳上の夏菜子の年は結構多い印象があるんですけど。

清野:じゃあ、これはもう玉井さんがトップランナーになるしかないですね。

しおりん:“玉井詩織世代”を目指していきたいですね! でも、どうやったら言われるようになるんだろう(笑)。

(TOKYO FM「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!TOP10」2024年7月7日(日)放送より)

https://news.yahoo.co.jp/articles/5c7c522315d9c80dd2cda57ffa82b6735592d61e

【ももクロ百田“同い年”大谷翔平をリスペクト「私は“大谷翔平さん世代”として誇りを持っているので」】の続きを読む

このページのトップヘ