SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

アウディ

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/26(水) 18:30:12.88 ID:Nh2Asbr79
投稿日: 2022.10.26 17:23
更新日: 2022.10.26 17:33
https://www.as-web.jp/f1/875396
https://cdn-image.as-web.jp/2022/10/26171753/asimg_2022AudiShowcar-Audi3_146358ed314568f-681x510.jpg

 2026年からパワーユニットマニュファクチャラーとしてF1に参戦することを8月に発表したドイツの自動車会社アウディは、10月26日、F1プロジェクトの戦略的パートナーとしてザウバーを選択、ザウバーグループの株式を取得する計画であることを発表した。この契約によって、ザウバーは、2026年からアウディのファクトリーチームとして、アウディがドイツ・ノイブルクのファクトリーで製造・開発したパワーユニットを搭載してF1に参戦する。

 30年以上のレース経験を持つザウバーは、スイス・ヒンウィルのファクトリーでF1レースカーの開発・製造を行い、レースオペレーションのプランニングと実行を担当する。

 アウディは8月26日に記者会見を行い、2026年からF1のパワーユニットを開発、製造することを正式に発表した。アルファロメオF1チームを運営するザウバー・モータースポーツの過半数株式を取得することで合意したと伝えられていたが、8月の発表ではそれについては触れられず、2026年にどのチームと提携するかについては、今年中に発表すると述べていた。

 今週、アウディはSNSを通して10月26日にF1に関して何らかの発表を行うと示唆。当日、アウディは、「F1参入に臨み、ザウバーを戦略的パートナーに選択した」と発表した。

 ザウバーは2018年からアルファロメオとスポンサー契約を結び、同年はアルファロメオ・ザウバーF1チームとして活動した後、2019年からはアルファロメオ・レーシング/アルファロメオF1チームの名称を使用してきた。すでに2023年末までの契約は結んでいるものの、8月26日、アルファロメオは、契約期間満了とともにパートナーシップを終了することを発表した。

【2026年からF1参戦のアウディ、ザウバーとファクトリーチーム契約。株式取得の計画も】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/26(金) 19:57:18.36 ID:CAP_USER9
8/26(金) 16:39配信 オートスポーツweb
https://news.yahoo.co.jp/articles/85664c0b86081e8719b4f0b41caa2ea0abe4c7c1

 ドイツの自動車メーカー、アウディは、8月26日、ベルギーGPが開催されるスパ・フランコルシャンで記者会見を行い、2026年からF1にパワーユニットサプライヤーとして参戦することを正式に発表した。

 新たなマニュファクチャラーの参入を望むF1は、パワーユニット規則を一新することを決め、予算と技術の面で新規参入がしやすい条件を整えた。その新レギュレーションが導入される2026年から、アウディはF1に参戦することになる。

 コンストラクターとしての参戦を目指し、アウディは既存チーム買収のため、マクラーレン、ウイリアムズ、アストンマーティン、ザウバー(アルファロメオF1)と交渉し、ザウバー買収で合意したと伝えられていた。しかし26日に発表されたのは、パワーユニットサプライヤーとして2026年からF1に参戦するという内容のみだった。

 パワーユニットはドイツ・ノイブルクのアウディ・スポーツの施設で製造されるということだ。

 同じフォルクスワーゲングループのポルシェは、レッドブルのF1部門の株式を取得し、エンジンパートナーとしてF1活動を行う計画であり、こちらは後日、正式発表が行われるものとみられる。

【アウディが2026年からのF1参戦を発表。パワーユニットサプライヤーとして活動開始】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/03(火) 11:37:18.30 ID:CAP_USER9
投稿日: 2022.05.03 07:39
更新日: 2022.05.03 07:45
https://www.as-web.jp/f1/811197?all
https://cdn-image.as-web.jp/2021/11/04074547/asimg_Porsche-emblem-F1i_4d6183111b8686d.jpg

 ポルシェとアウディが2026年からF1世界選手権に参戦することを決めたと、フォルクスワーゲングループのCEOが月曜に発言した。

 この数カ月、ポルシェとアウディが、F1に次世代パワーユニット(PU)が導入される2026年に向けてF1に新規参入することを計画しているとうわさされ、4月にはフォルクスワーゲングループがその計画があることを認める声明を発表した。

 そして今週、フォルクスワーゲングループCEOヘルベルト・ディースが、両ブランドがF1参戦を決意したと発言した。同社のYouTubeチャンネルを通して、ディースCEOは、「我々のプレミアムブランドがF1に参戦することを決定した。そう申し上げることができる。彼らは我々の完全なサポートを受けている」と述べた。

 さらにディースCEOは、「フォルクスワーゲンは、我々自身のブランドではF1に参入しない。なぜなら我々のブランドにとって適切なカテゴリーではないからだ。フォルクスワーゲンブランドで参入することはない」と付け加えた。

 当然のことながら、ポルシェとアウディの新規参入は、F1とFIAにとっては素晴らしいニュースだ。一方で、既存マニュファクチャラーのメルセデス、フェラーリ、ルノーには懸念をもたらしている。ポルシェとアウディは、2026年の新テクニカルレギュレーションの詳細が決定してから、それを踏まえて、参戦するかどうか決断するものと考えられていた。

 しかしフォルクスワーゲングループが早期に参戦を表明したことで、彼らはすでにF1とFIAから、参戦初年度から競争力を発揮するために不可欠ないくつかの分野(たとえば支出額、ダイナモの使用など)について、有利な条件を保証されているのではないか、というのが既存マニュファクチャラーにとっての懸念である。今後、2026年新テクニカルレギュレーションについての協議が続けられていくものの、すでにいくつかの条件が確定してしまっているのかもしれないというのは、彼らにとって大きな問題だ。

 これまでの報道では、ポルシェはレッドブルのパワーユニット(PU)部門と提携して参戦、アウディは既存チームを買収してワークス参戦をそれぞれ目指しているとされてきた。

 両ブランドがどのような形でF1に参入するかについて、ディースCEOは、ポルシェについては、「彼らのプランの方が(アウディ)より具体的だ」と発言した。つまり、ポルシェとレッドブルの提携は確定しつつあるということかもしれない。

 次戦マイアミGPの週末、F1、FIA、全エンジンマニュファクチャラーの会合が予定されている。それを機に、レッドブルとポルシェのパートナーシップ契約の詳細がより明らかになる可能性がある。

 一方アウディについてディースCEOは、まだこれから決定しなければならないことが残されていると示唆した。アウディはマクラーレンの買収を希望していたが、交渉は決裂したようで、現在はウイリアムズ、ザウバー(アルファロメオ)、アストンマーティンと交渉しているといわれる。アウディは、買収のコストと、買収するチームを優勝できる状況に持っていくために必要な投資額について検討した上で、最終決定を下すことになるだろう。

【「ポルシェ&アウディがF1参戦を決定」とフォルクスワーゲングループCEOが発言。具体的プランは明かさず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/08(金) 18:41:02.61 ID:CAP_USER9
2022年4月8日 15:28
 発信地:フランクフルト/ドイツ
https://www.afpbb.com/articles/-/3399331
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/4/a/810wm/img_4a64a3606b53f64a5bb10d88a30e9588168147.jpg

【4月8日 AFP】独自動車大手フォルクスワーゲン(Volkswagen)は7日、グループ傘下のポルシェ(Porsche)とアウディ(Audi)について、環境保護に関して重要な目標が達成されれば2026年のフォーミュラワン(F1、F1世界選手権)に参入する可能性を示唆した。

 フォルクスワーゲンの広報担当者はAFPに対し「フォルクスワーゲン、ポルシェ、アウディの経営陣および監査役会は、各ブランドがフォーミュラワンに参戦する可能性がある計画を承認した」とコメントした。

「従って、われわれは原則として2026年から選手権に参入する可能性がある」

「決断はまだ下されていないが、検討の最終段階に入っている」

 現世界王者マックス・フェルスタッペン(Max Verstappen)を擁するレッドブル(Red Bull)との「交渉」がメディアで報じられる中、ポルシェのオリバー・ブルーム(Oliver Blume)最高経営責任者(CEO)は3月末、F1参戦に関する調査が進行中だと認めていた。ポルシェの広報も「最終的な決断はまだ下されていない」と話すにとどめている。

 一方のアウディは、マクラーレン(McLaren)との提携がうわさされており、独自動車専門紙「アウトモービルヴォッへ(Automobilwoche)」は3日、アウディがマクラーレンに対して6億5000万ユーロ(約877億円)の出資を検討していると報じた。当初のオファーは4億5000万ユーロ(約607億円)だったものの、あまりに低額と判断されたという。(c)AFP

【ポルシェとアウディ、26年にF1参入の可能性 親会社が計画承認】の続きを読む

このページのトップヘ