SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

アジア杯

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/11(日) 02:13:08.10 ID:CJDFmNOm9
 ◇アジア杯決勝 カタールーヨルダン(2024年2月10日 カタール・ルサイル)

 サッカーのアジア杯は10日に決勝戦が行われ、開催国カタール代表(世界ランク58位)がヨルダン代表(同87位)に勝利。07年大会(〇イラク1―0サウジアラビア●)以来17年ぶりに実現した中東勢同士の決勝戦を制し、韓国、イラン、サウジアラビア、日本に続き史上5カ国目の連覇を達成。ホスト国の優勝は15年オーストラリア以来8度目の出来事となった。一方、史上初の決勝進出という快進撃を見せたヨルダンだったが、惜しくもタイトルには手が届かなかった。

 今大会5得点3アシストと大活躍のFWアフィフ(アルサッド)は4試合連続の先発出場。前半から存在感を発揮すると22分にドリブル突破からPKを獲得。この絶好機を確実に決め、2戦連発となる先制ゴール。これで得点ランクトップのイラク代表FWアイメンに並ぶ6点目。ゴール後のパフォーマンスではカードマジックを披露するなど“多才”ぶりを見せつけた。

 前半アディショナルタイムにはFWアフィフが左足を痛め担架で運ばれるアクシデントに襲われるも、すぐに試合復帰。左足を気にしながらもゴール前で体を張った守備を見せ、1―0のまま後半へと折り返した。

 FWアフィフは後半も引き続きプレー。後半に入って危ない場面を多く作られたがGKバルシャム(アルサッド)が好守連発。しかし、同22分、FWアルナイマト(アルアハリ)にゴールを許し1―1の同点に追いつかれてしまった。それでも同27分に再びPKを獲得。後半から投入されたFWモハンマド(アルドゥハイル)がエリア内で相手選手と接触したと必死にアピール。試合は流れていたが、VARルームからの助言により主審がビデオチェックへ。VAR判定の結果、主審がPKを宣告すると、今度もFWアフィフが決めて勝ち越し成功。アフィフは今大会7点目で得点ランク単独トップに立った。

 後半アディショナルタイムにはFWアフィフがDFラインの裏へ抜け出すと、相手GKに防がれゴールならず。しかし、アフィフが先にボールに触っておりVAR判定により、またもPKを獲得。今度もアフィフが決め、PKだけでハットトリックを達成。今大会8点目のゴールがダメ押しとなって連覇に貢献した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a5ed1df7b613474f827093d1bc8ae34f378c8419

【アジア杯・決勝 カタール史上5カ国目の連覇!FWアフィフがPKだけでハット達成 17年ぶり中東勢決戦制す】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/09(金) 22:04:06.27 ID:recsQ3IO9
 日本代表は、3日のアジアカップ(カタール)準々決勝でイランに1―2で敗れて8強で敗退。国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは出場チーム中最上位(17位)で優勝候補の本命とされながら期待外れの結果に終わった中、1次リーグで同組だったベトナムを率いる元日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏が、日本の敗因を挙げた。

 ベトナムメディア「BONGDA24H」によると、2000年のアジアカップで日本を優勝に導いたトルシエ氏は日本の準々決勝を持論を交えて振り返った。「がっかりしている。日本の姿勢には全く継続性がなく、適切な計画や戦略もなかった。(イラン戦の)前半の日本は、問題なくボールを保持し、イランに攻撃の機会を与えず、試合をコントロールした。だからこそ先制点を挙げることができた」

 その上で日本の欠点について「日本に欠けているのは闘争心だ。彼らから決意や闘志が感じられない。得意のテクニカルなプレーを淡々と披露するだけ。各選手はボールをコントロールし、困難に遭遇するとすぐに混乱する」と指摘。

※続きは以下ソースをご確認下さい

2/9(金) 5:16
東スポWEB

https://news.yahoo.co.jp/articles/4e618aa513521d12fb7da897f322797108c5ea29

【【アジアカップ】トルシエ元監督が日本の敗因指摘「闘争心が欠如」「森保監督にも責任」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/09(金) 21:49:39.31 ID:recsQ3IO9
現地2月10日に行なわれるアジアカップの決勝で、連覇が懸かる開催国のカタールは、初優勝を狙うヨルダンと対戦する。

 前日会見に臨んだカタールのティンティン・マルケス監督は、アジアサッカーが過小評価されているのではないかと質問を受けると、こう回答した。

「(カタールが全員国内組であるとの指摘を受けて)国外でプレーするサッカー選手が1人か2人いるアラブのチームもいくつかあると思う。それは、サッカーがあらゆるレベル、つまり選手需要のレベル、プロフェッショナルのレベル、将来に良い選手を生み出すために優れた監督を迎え入れるレベルで成長していることの証しのひとつだ」


 母国の名門エスパニョールなどを率いた経験があるスペイン人指揮官は「韓国、日本、オーストラリア、イランのように信じられないほど強いチームもある。成長傾向にあるのは明らかだ」と言葉を続けている。

※続きは以下ソースをご確認下さい

2/9(金) 18:45
SOCCER DIGEST Web

https://news.yahoo.co.jp/articles/3cd85b7144ad903095026c79cc7c0247303c683c

【「日本、韓国のように信じられないほど強い国もある」決勝進出のカタール指揮官がアジアサッカーの成長を語る】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/08(木) 02:12:36.56 ID:PRU2WWCk9
 アジアカップの準決勝が現地2月7日に行なわれ、イランと開催国カタールが対戦。カタールが3-2で勝利を収め、決勝に駒を進めた。

 イランが幸先よく先制する。4分、右サイドからのロングスローがゴール前で混戦となり、そのふわりと浮いたこぼれ球にサルダル・アズムンが反応。華麗なバイシクルでネットを揺らした。

 先手を許したカタールは、すぐさま反撃。17分、ゴール前への浮き球のパスに抜け出したアクラム・アフィーフが、ペナルティエリア右で収め、マイナスに折り返す。これに走り込んだジャッセム・ガベル・アブドゥルサラムが右足を振り抜くと、シュートは相手に当たってゴールに吸い込まれた。

 同点弾で勢いに乗ると32分にも決定機。前線でロングボールを受けたアフィーフがドリブルで持ち運び、ペナルティエリア右から放ったシュートは、GKの好セーブに阻まれる。

 43分には、ショートカウンターを発動。左サイドからアフィーフが仕掛け、右足で放ったコントロールシュートは、完璧なコースに飛び、ゴール右に突き刺さった。ゴラッソで逆転に成功したカタールが、2-1とリードして前半を終えた。

 後半の立ち上がりはイランが攻勢に出る。すると47分、サイード・エザトラヒのシュートが、ペナルティエリア内で相手の手に当たったとしてPKを獲得。これをキッカーのアリレザ・ジャハンバフシュが落ち着いて決めて、試合を振り出しに戻す。

 一進一退の攻防が続くなか、カタールは73分、右サイドからのクロスにアルモエズ・アリが打点の高いヘッドで合わせるも、枠を捉えられず。

 それでも82分、味方のシュートをゴール前で収めたアリが、巧みに反転し、右足でゴールに流し込む。これが決勝ゴールとなり、カタールが2大会連続の決勝進出を決めた。

 カタールは10日、ファイナルでヨルダンと激突する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/b581e5e31af23e11cdd160a948ef4bc6b8e98521

【アジア杯・準決勝 開催国カタールが連覇に王手! イランを3-2撃破、ヨルダンが待つファイナルへ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/07(水) 10:18:02.41 ID:haix3lWi9
2/7(水) 9:33
THE ANSWER編集部

アジアカップ準決勝
 カタールで開催されているサッカーのアジアカップは6日(日本時間7日)、準決勝の韓国―ヨルダン戦が行われ、ヨルダンが2-0で勝利。史上初の決勝進出を果たした。大会前、練習試合では日本代表に1-6で敗れていたが、快進撃に日本ファンも「サッカーは面白い!」「なぜ日本は勝てたんやろ」などと驚きの声が上がっていた。

 ヨルダンは後半の2得点で韓国を撃破。フランス1部モンペリエに所属する背番号10ムサ・アル・ターマリが1ゴール、1アシストの活躍を見せ、守備陣も韓国に得点を与えなかった。

 FIFAランク87位のヨルダンは、大会前の1月に同17位の日本と練習試合を行い、1-6で敗れている。それが同23位の韓国とグループリーグで2-2で引き分けただけでなく、再戦で完勝して史上初の決勝進出となった。

 X上の日本ファンも驚き「アジアカップ前の練習試合で1対6で日本に負けてたのに、何か起こるか分かんないねぇ」「これだからこそサッカーは面白い!」「なぜ日本は6-1で勝てたんやろ」「本当に日本はヨルダンに6-1で勝ったの?」「練習試合はヨルダン本気出してなかったんだろうな」「ヨルダン凄い!」などと投稿が相次いでいた。

 さらに、グループリーグの韓国―ヨルダン戦の際に、Xで「ヨルダンはイラクより強いね。韓国負けてる」とだけ称賛まじりにつづっていた元日本代表・本田圭佑の投稿についても「本田圭佑さんはかなり早い段階でヨルダン強くね?って言ってた」「本田さんの言ってた通り」「本田圭佑の目は確かだった、さすが」「ヨルダン勝ってるじゃん本田圭佑すご」などとその確かな目に再び注目が集まっていた。

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/2b1252cc2bb8fc4a78a3687c3f974ab09cf6b2ec&preview=auto

【【アジア杯】日本に1-6で敗れたヨルダン決勝進出 ネット衝撃「本田の目は確かだった」「なぜ勝てたんだ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/07(水) 02:06:06.52 ID:qVChdE7e9
[2.6 アジア杯準決勝 ヨルダン 2-0 韓国 アルラーヤン]

 アジアカップは6日、アフメド・ビン・アリ・スタジアムで準決勝を行い、韓国がヨルダンに0-2で敗れた。FWソン・フンミンら豪華攻撃陣が不発に終わり、DFリーダー不在の国内組守備陣が圧倒されて2失点。
ホームのような圧巻の大歓声を受けたヨルダンが史上初の4強入りからなおも快進撃を続け、歴史的な決勝進出を果たした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2fe69e35c36dd0e8812d3e94563bd3e9e1a71913
ゲキサカ

【アジア杯・準決勝 圧巻の大声援受けたヨルダンが史上初のアジア杯決勝進出!韓国に0-2】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/03(土) 03:16:47.02 ID:/+koVt859
 アジアカップ・準々決勝が現地2月2日に行なわれ、オーストラリアと韓国が対戦。韓国が延長戦の末に2-1で勝利を収め、ベスト4へ駒を進めた。

【動画】ソン・フンミンの直接FK弾!

 FIFAランキング25位のオーストラリアと、同23位・韓国の強豪国同士の一戦。序盤から球際での激しい攻防となるなか、徐々に韓国がボールを保持する展開に。

 6分にはソン・フンミンが中央のドリブル突破から、スルーパスを供給。これに反応し、ペナルティエリア左から折り返したファン・ヒチャンのパスはゴール前の味方に繋がらない。

 オーストラリアは押し込まれるなか、コンパクトな守備で対応。すると19分にビッグチャンスを迎える。速攻からクレイグ・グッドウィンが放ったシュートをGKチョ・ヒョヌが弾く。こぼれ球にフリーで詰めたコナー・メトカーフのシュートはミートせず、決め切れない。

 韓国は31分、味方のゴール前への浮き球のパスに抜け出したソル・ヨンウの左からの折り返しにファン・ヒチャンが右足で合わせてネットを揺らす。しかし、VARチェックの末に得点は認められず。

 オーストラリアが42分についに試合を動かす。アタッキングサードでの連係から、メトカーフがペナルティエリア右からクロスを上げる。これをファーサイドのグッドウィンがボレーで合わせて先制する。

 勢いに乗るサッカルーズは、54分にも決定機。左サイドからのアーリークロスに頭で合わせたマーティン・ボイルのシュートはGKがセーブ。はね返りに再びボイルが詰めるもGKが立ちはだかり、そのこぼれ球に反応したミッチェル・デュークのシュートはクロスバーの上に。

 その後は韓国が攻勢を強める。丁寧なビルドアップから相手ゴールに迫り、サイドからのクロスで再三に渡りチャンスを迎えるが、決めきれず。

 それでも終了間際の90+4分、左サイドから仕掛けたソン・フンミンがペナルティエリア内で倒されPKを獲得。これをキッカーのファン・ヒチャンがゴール左に決めて土壇場で同点に追いつく。

 試合は1-1で延長戦に突入。そして迎えた104分、ペナルティエリア手前左で得たFKをソン・フンミンが直接狙う。右足で巻いた鋭いシュートがゴール左に決まり、韓国が逆転に成功する。このまま最後まで1点のリードを守り切った。

 勝利した韓国は6日、準決勝でヨルダンと相まみえる。


https://news.yahoo.co.jp/articles/43d10b11893405b20cf92d39cf64576eafc98f63

【アジア杯・準々決勝 韓国がオーストラリア撃破でベスト4進出! ソン・フンミンが直接FKで決勝弾! 延長戦の末に2-1勝利】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/02(金) 22:06:41.08 ID:Lje63l5q9
【アジアカップ・プレビュー】日本時間の3日、『AFCアジアカップカタール2023』のノックアウトステージ準々決勝でオーストラリア代表と韓国代表が対戦する。ベスト4進出を懸けて優勝候補同士が激突する大一番の見どころを紹介する。

●【バーレーン戦現地レビュー】佐藤寿人がバーレーン撃破の要因&次戦への課題を徹底分析!
11年大会以来のアジア王者を目指す日本の最大のライバルとなり得るオーストラリアと韓国が準々決勝で激突。日本とは逆山のトーナメントではあるが、日本がこの一戦の勝者と決勝の舞台でぶつかる可能性は高い。そんな注目の一戦だ。

オーストラリアは、ここまで危なげなく勝ち進んできている。

グループステージでは、初戦でインド代表(2◯0)、第2戦目でシリア代表(1◯0)を相手に手堅く無失点で勝利を掴み、ウズベキスタン代表との第3戦目(1△1)こそ引き分けで終えたが、グループBを2勝1分けの成績で首位通過。そしてラウンド16では、日本と同組だったインドネシア代表と対戦。その一戦でもここまで1失点の安定感のある守備に加え、攻撃陣が奮起を見せて4ゴールを奪取し、順当にベスト8へ駒を進めた。

15年大会以来のアジア王者を目指すオーストラリアにとっては、ここが決勝に進む上で最大の難関と言えるが、強みの高さを最大限に活かすサイド攻撃からラウンド16も得点を量産している。その中でもここまで2得点をマークしているマーティン・ボイル(バイバーニアン)は精度の高いクロスに加え、攻撃にアクセントを加えられる存在だ。また中央にはFC町田ゼルビアで活躍するミチェル・デュークというターゲットマンを据え、キム・ミンジェ要する韓国の最終ラインとの激しい空中戦でのバトルも注目ポイントだ。

一方の韓国は、オーストラリアとは対照的に苦しんでここまで勝ち残ってきた。

※続きは以下ソースをご確認下さい

2/2(金) 13:20
DAZN News

https://news.yahoo.co.jp/articles/c1d6235a440ca70fc221d74570ab421e35e258e7

【【アジア杯】オーストラリアと韓国が準々決勝で激突!優勝候補同士の一戦】の続きを読む

このページのトップヘ