SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

アトレティコ

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/09(月) 01:16:38.91 ID:tPjumGON9
 現地時間10月8日に開催されたラ・リーガの第9節で、久保建英が所属するレアル・ソシエダは強豪アトレティコ・マドリーと敵地で対戦した。

 前節、アスレティック・ビルバオとのバスク・ダービーで今季5点目マークし、9月のラ・リーガ月間MVPにも輝いた久保が公式戦3試合連続でスタメンに名を連ね、いつも通り4-3-3の右ウイングに入った。

 一進一退のなか、ソシエダは22分に先制を許す。左ウイングバックのサムエル・リノに一本のパスで抜け出され、GKレミロのニアサイドをぶち抜かれた。

 さらに、44分にはデザインされたセットプレーから、デ・パウルにシュートを浴びるも、ポストに助けられる。

 昨シーズンの対戦と同様、徹底して“クボ包囲網”を敷いたアトレティコに徹底マークを受ける久保は、なかなか持ち味を発揮できない。それでも、前半アディショナルタイム3分、右サイドから好クロスを送り込むも、オジャルサバルが枠を捉えられない。


 後半に入って64分にも、オジャルサバルが振り向き様に右足のシュートを放つが、ポストに阻まれる。

 その1分後に、ソシエダは3枚替えを敢行。久保はここで早くも交代となる。

 迎えた73分、カウンターから、久保と入れ替わりで入ったカルロス・フェルナンデスのパスを受けたオジャルサバルがGKオブラクとの1対1を制してネットを揺らし、同点ゴールを奪う。久保ではなく、オジャルサバルを残した采配が当たった形となった。

 しかし、89分C・フェルナンデスのハンドで献上したPKをグリーズマンにきめられて、勝ち越し点を奪われる。

 このまま1-2で終了し、ソシエダは今シーズン2敗目を喫した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/170f6bc31d703eacaf577423d7a84d90d82c2a0d

【久保建英、決定機創出も“徹底包囲網”に苦戦...痛恨PK献上のソシエダは強豪アトレティコに1-2敗戦、今季2敗目】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/05/29(月) 03:58:25.57 ID:lBSni/E09
28日のラ・リーガ第37節、レアル・ソシエダは敵地シビタス・メトロポリターノでのアトレティコ・マドリー戦に臨み、1-2で試合を落とした。だがビジャレアルがラージョ戦に敗れたために2013年以来10年ぶり、通算5回目のチャンピオンズリーグ(CL)出場を決めている。MF久保建英は先発出場を果たし、70分に交代している。

勝ち点5差の5位ビジャレアルとCL出場権を争う4位レアル・ソシエダと、あと勝ち点1を獲得すれば3位を確定させてスペイン・スーパーカップ出場を決められるアトレティコの対戦。シルバを負傷で欠くソシエダのイマノル監督は、4-3-3のシステムで久保をいつものように右ウィングとして起用している。

対してアトレティコのシメオネ監督は、“アンチ久保システム”とも称せるような布陣を展開。左ウィングバックにレギロンを起用すると、いつも同ポジションでプレーしていたカラスコを1列上げて3-5-2ではなく3-4-1のシステムを使用した。

前半、ソシエダはボールこそ保持したものの、アトレティコの守備を切り崩すことができない。右インサイドハーフのミケル・メリーノが前線近くでプレーし、アトレティコの左CBエルモーソを引きつけて久保をレギロンと1対1とする状況をつくるが、レギロンの徹底マークに遭う日本代表MFは前を向いて勝負を仕掛けることができなかった。

雨が勢いよく降り始めたメトロポリターノで、ソシエダは次第にポゼッション率を下げてアトレティコの攻撃も受けるようになり、37分に失点。アトレティコはエースのグリーズマンがゴールを決めた。右サイドでボールを持ったフランス代表FWは、ペナルティーエリア内に切れ込むや否や左足を一閃。雨の中で、滑るようにスピードをつけたグラウンダーのボールが枠内左に収まっている。グリーズマンは今季15得点14アシスト。

後半、ソシエダはハイプレスの強度を高めて反撃の糸口を探すが、同点弾が遠い。イマノル監督は59分に交代カードを切り、オヤルサバル、アリツ、メリーノを下げてバレネチェア、ゴロサベル、ブライス・メンデスを投入。攻勢を強めると、66分にはアタッキングサードでボールを奪ったバレネチェアがシュートまで持ち込むものの、これはGKグルビッチのセーブに遭った。

イマノル監督は70分に再び交代カードを切り、イジャラメンディ、久保をアリ・チョー、カルロス・フェルナンデスに代える。が、その4分後に2失点目……。アトレティコはグリーズマンのスルーパスからナウエルがペナルティーエリア内右に入り込み、右足のシュートでレミーロを破っている。

ソシエダは88分に最終ラインを突破したスルロットが1点を返したものの、反撃はそこまで。1点ビハインドで試合終了のホイッスルを迎えている。しかしながら同時間帯に同じくスペイン首都で行われていたラージョ・バジェカーノ対ビジャレアルでビジャレアルが敗れたために、同チームとの勝ち点5差を維持。イマノル監督のチームは最終節セビージャ戦を戦わずして、グリーズマンがエースを務めていた2013年以来となるCL出場を決めている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2795bb9298671085a9893b6fc5c166574833c552

【久保建英先発のレアル・ソシエダ、アトレティコに1-2敗戦も…10年ぶり通算5回目のCL出場を決める!】の続きを読む

このページのトップヘ