SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

アメリカ

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/22(水) 01:47:13.25 ID:Dn+NDYMr9
https://news.yahoo.co.jp/articles/6329d650ff2bcc3c3ab66b00ec812db1eeb40163

https://i.imgur.com/1UxMJqL.jpg

WBC決勝が見たい人のため「MLBJapanが書類をご用意しました」 まさかの“公式”休暇届に反響


 第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は20日(日本時間21日)、米マイアミの「ローンデポ・パーク」で準決勝が行われ、日本は6-5でメキシコに逆転サヨナラ勝ち。2連覇を果たした2009年の第2回大会以来となる決勝に進出した。

 決勝で米国と世界一を懸けて激突するが、日本で春分の日の祝日だった21日とは違い、22日は平日。

 SNSでは「仕事で決勝見られない」の声が続出、ツイッターで「WBC休暇」がトレンド入りする中、「MLB Japan」の公式ツイッターが“休暇届”を公開し、話題となっている。

 MLBの日本公式アカウント「MLB Japan」は「明日は #侍ジャパン が優勝を目指し決勝戦に挑みます!!仕事をしている場合ではないという皆さんのために、MLBJapanが書類をご用意いたしましたので、ご利用ください」とツイートし、侍ジャパンが喜ぶ姿が入った画像をアップ。

 それは「平素より大変お世話になっております。MLB JAPANと申します」から始まり、「ご存知の通り来たる3月22日(水)に日本対アメリカの決勝が行われますが____(あなたの名前)様は侍ジャパンを応援するため当該日は仕事および学校をお休みすることになりました」と記された“休暇届”。「大変恐れ入りますが、ご理解とご協力のほど宜しくお願い致します MLB JAPAN拝」と結んでいる。

 この投稿は4時間で3万超リツイートされ、「いいね!」の件数も9万超。午前8時開始の決勝のために会社や学校を休みたい野球ファンからは「ありがとうございます!使います!」「会社に提出したい でも勇気がない」「もはや、祝日にして」「コレ使いたい!!」「使う勇気はないけど、書類いいな、面白い」「早速上司に送ったら休みにしてもらえました。応援します」などのコメントが寄せられた。

【WBC決勝が見たい人のため「MLBJapanが書類をご用意しました」 まさかの“公式”休暇届に反響】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/21(火) 23:55:59.70 ID:8+gkCxi/9
WBC決勝戦は平日朝8時…ネット上嘆き「仕事で見れない」「明日こそ祝日に」「どうやって会社休む?」


第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は20日(日本時間21日)、米マイアミの「ローンデポ・パーク」で準決勝が行われ、日本とメキシコが対戦した。

大谷翔平(28=エンゼルス)は「3番・DH」で先発し、1点を追う9回、先頭で右中間へ二塁打を放ってチャンスメーク。
村上宗隆(23=ヤクルト)のサヨナラ打でメキシコを6-5で下して決勝に進出した。21日(日本時間22日)に米国と頂点を争う。


劇的勝利にネットも大盛り上がり。試合後、日本のツイッタートレンド50位までがWBC関連で埋めつくされた。
午後12時25分の時点で1位「#WBC」2位「#侍ジャパン」3位「メキシコ」4位「ホームラン」5位「村上さん」6位「村上くん」7位「村上選手」8位「吉田正尚」9位「大谷さん」10位「サヨナラ」と独占した。


21日の決勝に期待が高まる中、平日朝8時の試合開始のため「決勝明日だと見れない…」「明日野球みれないのつら」「仕事でみれない」「学校あるせいで決勝見れない」との嘆きも。

準決勝が行われた20日が祝日だっただけに「みんな明日どうやって会社休む?」「明日こそ祝日にしとくべきでは?」「急病で休む人が続出しそうw」「明日休む方法をずっと考えている」「明日、仕事に来いとかいう鬼はいませんよね?」「どうにかして明日休みにならんか??」との声が上がった。


https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/03/21/kiji/20230321s00041000465000c.html

【WBC決勝戦は平日朝8時…ネット上嘆き「仕事で見れない」「明日こそ祝日に」「どうやって会社休む?」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/20(月) 12:22:16.71 ID:Sqhmu8uT9
 野球の国・地域別対抗戦、第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は19日(日本時間20日)、米フロリダ州マイアミのローンデポ・パークで準決勝があり、大会連覇を狙う米国(1次リーグC組2位)がキューバ(A組1位)に14―2で大勝して決勝に進んだ。

 一回表に1点を先制されたが、直後にゴールドシュミット(カージナルス)の2ランで逆転。その後もターナー(フィリーズ)の2本塁打などで得点を重ねて突き放した。

 米国は準々決勝でベネズエラ(D組1位)にターナーの逆転満塁本塁打で競り勝った勢いそのままに、準決勝も打ち勝った。21日午後7時(同22日午前8時)の決勝で、日本(B組1位)とメキシコ(C組1位)の勝者と対戦する。【マイアミ角田直哉】

毎日新聞

https://news.yahoo.co.jp/articles/d67be183d7ad0836a8fec7f724ef20aa8c9c7546

【WBC・準決勝 米国、キューバを14-2で降し決勝進出】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/20(月) 10:53:02.26 ID:WUcMxgGi9
 今日20日に米国マイアミで行われるWBC準決勝の米国対キューバが注目を集めている。そこには、国交断絶の対立、緩和の歴史を繰り返してきた両国の政治的な背景がある。今回キューバは初めて亡命したメジャーリーガ―の代表招集を求め、メジャー通算82本塁打で5年総額7000万ドル(約92億円)でホワイトソックスと契約しているジョアン・モンカダ(27)らが参加しているが、拒否した選手も少なくなく、キューバ政府に反対するデモが球場周辺で行われる可能性もあり、緊迫した雰囲気の中、両チームが激突する。

 米国が準々決勝でベネズエラにトレイ・ターナーの劇的な逆転満塁本塁打で勝利したことで、世界が注目するキューバ戦が実現することになった。
 ニューヨークタイムズ紙は、「2017年のWBCで優勝した米国は、日曜日の夜に象徴的意味合い、歴史、感情が生み出されるキューバと対戦する」と記し、USAトゥデイ紙は、「WBCのマイアミでのキューバ対米国の準決勝は緊迫感をはらんでいる」との見出しを取り、この試合がなぜ注目されているかについて詳しく解説している。

 試合が行われるマイアミは、リトル・ハバナと呼ばれるほど、キューバからの亡命者が多い街。敏腕記者のボブ・ナイチンゲール氏が執筆したUSAトゥデイ紙の記事によると「ローンデポ・パークの周辺は、抗議活動や厳しいセキュリティーとともにWBCで史上最も二極化した試合になるかもしれない。キューバが豪州に勝って準決勝進出を決めて以来、マイアミのキューバコミュニティーでは緊迫感、腹立たしさ、怒りが高まってきている」という。

 今大会では初めてキューバ政府が亡命したメジャーリーガーの代表入りを認め招集をかけた。ホワイトソックスのモンカダや、3年連続二桁本塁打を放ち外野でゴールドグラブ賞を獲得したルイス・ロベルト、かつてアスレチックス、レッドソックス、メッツなどで活躍したヨエニス・セスペデスが代表入りしたが、一方で前ヤンキースの世界最速投手のアロルディス・チャップマンや、2019年の新人王で2年連続30本塁打のアストロズのヨルダン・アルバレス、ブレーブスのクローザーのライセル・イグレシアスらの大物が次々と何かと理由をつけて代表入りを拒否。レイズのランディ・アロザレーナがメキシコ代表で出場している。
 同紙は、「キューバ系米国人の間にある複雑な感情は、今回の(メジャーリーガー)選手たちにも類似している」と表現した。

 背景にあるのが米国とキューバの政治的な問題だ。オバマ政権下の2015年7月1日に両国は54年ぶりに国交を正常させ、2016年にはレイズがハバナでキューバ代表との親善試合も行った。キューバ選手が亡命せずともメジャーでプレーできる可能性も検討されていた。だが、2017年にトランプ氏が大統領に就任すると、キューバ政策を180度転換して再び両国の関係が悪化した。その中でバイデン政権が誕生。再び緩和政策を打ち出している中での今回のWBC開催となり、2006年のWBCの準優勝を最後に国技でもある野球の代表チームの国際大会での成績が思わしくないことも手伝い、キューバ政府が亡命選手の代表入りを認めたものだが、キューバ政府に対する不満や怒りが収まらない選手がほとんどだった。

 マイアミ北西になるハイアリア市の共和党市長であるエステバン・ボボ氏が、ニューヨークタイムズ紙の取材に対して「キューバ代表がここにいることは、キューバの亡命者コミュニティ全体に対して最大の無礼だ」とコメントするなどの、複雑な政治的背景がある中で、米国対キューバがWBCで実現することになったのである。

続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/bedc120185b8d59882f2f2f13ca42f80474aed21

【なぜWBC準決勝の米国対キューバは世界の注目を集めているのか?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/16(木) 17:49:19.72 ID:RAjXHpfO9
スポニチ2023年3月16日 16:31
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2023/03/16/kiji/20230316s00001004394000c.html

 第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は16日、東京ドームで準々決勝の日本―イタリア戦が行われる。準決勝進出をかけた大一番を前に大会主催者が緊急会見を行い、準決勝以降の組み合わせについて説明を行った。

 MLBのチーフオペレーション兼ストラテジーオフィサーのクリス・マリナック氏は「いつの状況か把握していないが、違った情報で、日本とアメリカと、どのような勝ち上がりでも戦うというのは誤りだった。アメリカがCの1位になったときは、日本と戦う可能はあった。だがアメリカが2位となったため、日本と戦う可能性はなくなった」と説明。「メキシコとプエルトリコの勝者が、日本対イタリアの勝者と戦う。決勝は変更なし。日本のプールに関する日程は変更しません。ベネズエラ、アメリカのプールが流動的だった」と補足した。

 1次ラウンドC組は、メキシコ1位、米国2位で日程を終了。それに伴い、大会公式サイトが更新され、準々決勝の組み合わせが示された。米国はD組1位のベネズエラと対戦し、その勝者は、すでに4強入りを決めたキューバと準決勝で対戦する。大会前は日本、米国とも、1次ラウンドの順位にかかわらず、準決勝に進めば米国時間20日(日本時間21日)に対戦するという注釈があったが、その注釈はなくなっていた。

 日本が準決勝に進出した場合、対戦するのは、米国時間20日(日本時間21日)にC組1位のメキシコと、D組2位のプエルトリコの勝者との対戦となる。メキシコは、初戦のコロンビア戦に敗れたが、米国を撃破するなど、その後は3連勝した。2大会連続準優勝のプエルトリコは、ドミニカ共和国との大一番を制し、勝ち進んでいる。

 大リーグのスター選手で構成される米国とは、決勝まで進まないと当たらないことが決まった。

関連スレ
【WBC】日本とアメリカの対戦が実現するのは、準決勝ではなくて決勝!?
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1678956379/

【WBC】なぜ試合直前に!? アメリカと“決定していた”侍ジャパンの準決勝の日程変更が波紋「会見が開かれること自体、不自然」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1678956276/

【日本のWBC準決勝の相手が急きょ変更 「メキシコとプエルトリコの勝者」と主催者 米国と決勝まで当たらず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/16(木) 14:16:31.56 ID:RAjXHpfO9
スポーツ報知2023年3月16日 14時10分
https://hochi.news/articles/20230316-OHT1T51093.html

 ◆WBC2023 ▽1次ラウンドC組 米国3―2コロンビア(15日・チェイス・フィールド)

 大会連覇を狙う米国が2勝1敗で1次ラウンドを突破をかけたコロンビア戦、主将トラウトの3打点の活躍で3―2で逃げ切った。

 カナダ戦での3ラン本塁打から調子を上げてきたトラウトは3回に先制タイムリー。逆転された5回1死二、三塁の好機にまたも左前に2点タイムリーとチームの全得点をたたき出した。第1打席には三塁打を放っており4打数3安打3打点と調子が上がってきた。

 試合は3回に先発ケリーが打たれて逆転された米国が、4回以降1イニングごとに投手交代させる継投策で5回以降は1安打に封じ込めた。

 米国は3勝1敗でメキシコと並ぶが直截対決で敗れており2位通過となり、D組で4戦全勝で勝ちあがったベネズエラと準々決勝で戦う。

 この日の米国打線は2番トラウトが3安打、1番ベッツ2安打と2人で7安打中5本打ったが、後続の打線がさっぱりで不安が残る。

【WBC・プールC トラウト全打点の活躍で米国が1次R突破 準々決勝では4連勝ベネズエラと対戦へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/14(火) 03:30:17.92 ID:3YDVnTS99
前回王者の米国代表が5対11でメキシコに敗れる波乱が起きている。
現地時間3月12日、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンド プールCで2戦目に臨んだ米国。大会屈指の強力打線が苦戦を強いられた。

初回にメキシコ代表のジョーイ・メネセス(ナショナルズ)に先制2ランを許した米国。
2回にカイル・タッカー(アストロズ)が右翼線を抜ける三塁打を放つと、ティム・アンダーソン(ホワイトソックス)がライト前に落とし1点を返した。
しかし米国打線は続かなかった。

そこから流れは一気にメキシコに傾いた。
3回に内野安打で繋がれ1点を失うと、4回にはメネセスにこの日2本目の本塁打浴び、1対7と一気に突き放された。

7回にウィル・スミス(ドジャース)が初アーチを放ち1点を返すも、8回に再びメキシコ打線が爆発し、4点を追加された。

その裏、マイク・トラウト(エンジェルス)が四球で出塁からチャンスをつくりだし、“王者の意地”で3点を入れたものの、その差を埋めるには至らず黒星を喫した。
 
快調だったメキシコ打線と対照的だった米国。豪華メンバーが揃い前評判は高かったものの、
ムーキー・ベッツ(ドジャース)やノーラン・アレナード(カーディナルス)、ピート・アロンゾ(メッツ)らスター選手が無安打に終わったのが、痛かった。

1勝1敗とした前回王者は、現地13日にカナダ、15日にコロンビアと対戦する。果たして1次ラウンド突破となるか……。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d36677ebed4534260b102ec3bb4526f8f983bb6e

メキシコ金星! 米国に11点大勝 観客7割の応援団後押し!2発5打点メネセス「誇りに思う」
https://news.yahoo.co.jp/articles/326d9994c919d4d3e935b190f31027ffba843a0e

【WBC・1次ラウンドC組 前回V米国がメキシコに敗れる波乱!“王者の意地”で追い上げ見せるも、スター打線は不発に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/24(火) 11:53:16.74 ID:j4vr1xg09
 3月のWBCで日本と米国が対戦するケースは、準決勝のみであることが確定した。

 大会ホームページに、米国が準々決勝に勝ち上がった場合は、1次ラウンドの順位にかかわらず、米国時間18日に行われるQ4(準々決勝4)に進むことが記された。Q4の勝者は、同20日(日本時間21日)の準決勝2に進む。

 日本も準決勝まで進む場合は、1次ラウンドの順位にかかわらず準決勝2となることが決まっている。そのため、日本と米国がともに勝ち上がった場合は、必ず20日(日本時間21日)の準決勝で当たることが確定した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1be4c9ad850c256e774b4bba721b8f7a7f59bc27

【<WBC>日本VS米国、実現するなら準決勝のみ 大会HPに対戦カードが表記】の続きを読む

このページのトップヘ