SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

アルゼンチン代表

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/04(日) 06:19:46.60 ID:MxMSXdFO9
 FIFAワールドカップカタール2022・決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)が3日に行われ、アルゼンチン代表とオーストラリア代表が対戦。同試合にスタメン出場したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン/フランス)が、クラブと代表キャリア通算で公式戦1000試合出場を達成した。

 試合は序盤からアルゼンチン代表がボールを握りながらも、オーストラリア代表の強固な守備に苦しめられ、スコアレスのまま時間が経過。しかし、35分にメッシが均衡を破る。アレクシス・マック・アリスター(ブライトン/イングランド)からの縦パスを受けたニコラス・オタメンディ(ベンフィカ/ポルトガル)の落としに反応し、ワントラップから左足でゴールネットを揺らした。数少ないチャンスを得点に繋げたアルゼンチン代表は、後半にもハイプレスからフリアン・アルバレス(マンチェスター・C/イングランド)が追加点。終盤にはオーストラリア代表に1点を返されたものの、2-1で白星を飾った。

 この試合にフル出場したメッシは、これでキャリア通算1000試合目のピッチに立った。2004-05シーズンのラ・リーガ第7節エスパニョール戦でバルセロナのトップチームデビューを飾ると、その後は2020-21シーズンまで同クラブに在籍。公式戦通算で778試合に出場して672ゴールを記録した。バルセロナ退団後に加入したパリ・サンジェルマン(PSG)では、ここまで公式戦53試合のピッチに立ち、23ゴールを挙げている。また、アルゼンチン代表では169試合の出場で94ゴールを決めてきた。

 現在メッシは、アルゼンチン代表の一員として自身最後のワールドカップに臨んでいる。決勝トーナメント1回戦のオーストラリア代表戦では、ワールドカップの決勝トーナメント8試合目の出場にして、意外にも初ゴールを記録した。なお、オーストラリア代表との激闘を制したアルゼンチン代表は、9日に控えた準々決勝でオランダ代表と対戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7cf4b38af195f2082834a84d095a2553686d7ee5

【メッシ、クラブと代表通算で1000試合出場を達成! ゴール数は「789」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/01(木) 09:44:21.88 ID:3SfXZ4My9
1日、FIFAワールドカップ(W杯)カタール2022のグループC第3節・ポーランド代表vsアルゼンチン代表戦が行われ、アルゼンチン代表がポーランド代表を2-0で下した。

アルゼンチン代表は後半開始直後に先制。46分、MFアレクシス・マック・アリスターが右サイド深い位置からの低いクロスに合わせ、ゴールネットを揺らした。67分にはFWフリアン・アルバレスが追加点を挙げ、アルゼンチン代表が2-0で勝利。初戦のサウジアラビア代表戦でまさかの黒星を喫したところから立て直し、逆転でグループステージを首位突破した。

アルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、ポーランド代表戦に先発フル出場。アルゼンチンメディア『TyC Sports』は11月30日、W杯決勝トーナメント進出を決めた試合でメッシが“ある記録”を塗り替えたことを報じた。

それは、アルゼンチンの“レジェンド”であるディエゴ・マラドーナ氏が持っていた、アルゼンチン人選手としてのW杯最多出場記録。『TyC Sports』によると、メッシはポーランド代表戦でW杯通算出場試合数を『22』に伸ばし、出場した4大会での試合数が『21』だったマラドーナ氏を抜いて、W杯で最も多くの試合出場数を持つアルゼンチン人選手となった。

すでに今大会では、W杯に5回出場した唯一のアルゼンチン人選手にもなっているメッシ。35歳になっても異次元の活躍を続ける“D10S”(メッシの愛称)は、ポーランド代表戦後にマラドーナ氏の記録を抜いたことについて次のように語っている。

「ディエゴ(・マラドーナ)も喜んでいることだろう。彼は、代表チームや僕個人に起こった素晴らしい出来事をいつも喜んでくれていたからね。彼はいつも近くにいてくれたし、愛情深い人だった。決勝トーナメントに進出したこと、ピッチで起こった全てのことを、彼は喜んでいると思う」

事あるごとに自身と比較され続けてきたメッシを、時に励まし、時にかばい続けてきたマラドーナ氏。2020年11月25日に60歳の若さで亡くなったが、メッシは今もマラドーナ氏を特別な存在だと感じているようだ。『TyC Sports』は「メッシが天国のマラドーナ氏に言葉を贈った」と伝えている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5b5db5f423ee438a9d6b29481331465421c2f610

【メッシがマラドーナ氏超え! W杯通算出場試合数を最多『22』に伸ばす「ディエゴも喜んでいると思う」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/01(木) 06:33:41.55 ID:IOxWIvJ89
12/1(木) 5:56配信

SOCCER DIGEST Web
46分にマク・アリステルが先制弾
貴重な追加点を決めたアルバレス(9番)。(C)Getty Images

 現地時間11月30日に開催されたカタール・ワールドカップ(W杯)グループステージ(C組)の第3戦で、メッシを擁するアルゼンチン代表とレバンドフスキが牽引するポーランド代表が激突した。

 バルセロナの新旧エースの対決に注目が集まった一戦は、ここまで1勝1分けで首位のポーランド、1勝1敗で2位のアルゼンチンはともに、勝てば決勝トーナメント進出が決定する。

 序盤からボールを支配したアルゼンチンは28分にチャンス。だが、FWで起用されたアルバレスのシュートはDFにブロックされ、クリアボールを拾ったアクーニャが左足で狙うも、わずかにゴール右に外れる。

 33分には、ディ・マリアがCKから直接ゴールを狙うもユベントスの同僚GKシュチェスニーに惜しくも防がれる。

 その3分後にも、アルバレスが抜け出してGKと1対1になるも、決めきれない。しかし、そのこぼれ球をアルバレスが拾ってクロスを送り込むと、ヘッドで飛び込んだメッシがシュチェスニーのファウルを受け、オンフィールドレビューの末にPKを獲得。だが、メッシのキックはシュチェスニーに右手一本で防がれる。

 その後もアルゼンチンが猛攻を仕掛けるも、点を奪えないまま前半を終える。
 
 しかし、後半開始早々の46分、右SBモリーナのグラウンダーのクロスに、マク・アリステルが合わせ、ゴールに流し込む。三笘薫と同じブライトンでプレーするMFが大仕事をやってのけた。

 その後もメッシが圧巻の突破を見せるなど、アルゼンチンが一方的に押し込む展開。68分にはエリア内でパスを受けたアルバレスが右足を振り抜き、追加点を奪う。

 この時点で他会場のメキシコと勝点・得失点差・総得点で並び(直接対決は0-0)、フェアプレーポイントでリードするポーランドは攻撃に出ず、これ以上の失点を防ぐ策に出る。

 試合はこのまま2-0で終了。アルゼンチンが首位通過。メキシコ対サウジアラビアがが2ー1で前者の勝利に終わったため、勝点4でメキシコと並んだものの、得失点差で2位となったポーランドが決勝トーナメント進出を果たした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b79cb1eded0cbe923f16174a02df88da70eb7c50

https://news-pctr.c.yimg.jp/uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFhNrRI0RUQxg5aFkrX0xDg1_T0wXrbEJjtNGtrf1o9y3CuYvpsuV2JSPLPo4ge3wV-MTuXfyWDzcjLuKJr97RFfVLuvcHreQTS1gmN_Pd7jjPAwoupd8XsgyjVvf_40g6efkHHicDtMqYNOwtfl9RiWFHh5iK-lKAHTpIZqWqDGg

【W杯・グループC第3節 アルゼンチンが2-0快勝、逆転でGS首位通過!メッシがPK失敗も三笘同僚が大仕事!ポーランドも2位で16強へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/27(日) 07:13:33.84 ID:LMWENPrU9
【W杯】メッシが救った! 左足一閃のミドル弾…“崖っぷち”アルゼンチン、難敵メキシコを2-0で下し今大会初勝利
11/27(日) 5:57配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/2aa787b2da4631e25a63e0a0ed7e8cd90f70cd32
FOOTBALL ZONE
負ければグループ敗退の危機、アルゼンチンがエースの一撃などで初白星
カタール・ワールドカップ(W杯)でアルゼンチン代表は現地時間11月26日にメキシコ代表と対戦し、FWリオネル・メッシの先制ゴールなどで2-0の勝利。崖っぷちで意地を見せた。

アルゼンチンは初戦でサウジアラビア代表に1-2で敗れ、世紀の番狂わせを食らった。
このゲームに敗れればグループステージ敗退が決まるなか、相手に迎えたのは北中米カリブ海の難敵メキシコだった。

序盤から攻撃的にゲームを進めるアルゼンチンに対し、メキシコは5-3-2で構えてカウンターを狙う戦術に出た。
アルゼンチンがボールを持つもののなかなか有効な崩しができず、イエローカード覚悟で局面を激しく守りにくるメキシコを相手に苦戦したまま前半を0-0で終えた。

後半に入っても同じような試合の流れが続くなか、それを断ち切ったのがメッシだった。
後半20分、右サイドからのボールを中央で受けると、ゴール正面の約20メートルの位置から左足を一閃。地を這う弾道のミドルがゴール右隅に突き刺さり、アルゼンチンが1-0と均衡を破った。
メッシはこれで、母国のレジェンドである故ディエゴ・マラドーナ氏に並ぶW杯通算8得点目になった。

この1点をきっかけにメキシコは攻撃的にギアチェンジを試みたが、逆にアルゼンチンもカウンターの鋭さを見せるスリリングな展開に。
そして後半42分に途中出場のMFエンツォ・フェルナンデスがショートコーナーからペナルティーエリア内に侵入して右足シュートで追加点。2-0で今大会の初勝利を飾り、最終戦にグループステージ突破の望みをつないだ。

このグループCは2試合を終え、ポーランドが勝ち点4、サウジアラビアとアルゼンチンが勝ち点3、メキシコが勝ち点1で続く。
最終戦はポーランドとアルゼンチン、サウジアラビアとメキシコが対戦するため、全チームに突破と敗退の可能性が残っている。

【W杯・グループC第2節 アルゼンチン2-0メキシコ メッシ均衡破り決勝Tへ夢残す 最終戦は12/1(木)4:00】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/23(水) 12:24:48.30 ID:tZ+X9hgs9
「カタールW杯・1次リーグC組、アルゼンチン代表1-2サウジアラビア代表」(22日、ルサイル)

 スーパースター・メッシを擁する優勝候補アルゼンチンから奪った、サウジアラビアの初戦白星。ネット上ではこの「大金星」がどれくらいすごいことなのかと、例え合戦が巻き起こっている。

 「J3中位のチームがJ1で優勝争いするチームに勝つくらい」といったまじめな回答はもちろん、「県立の普通の高校が大阪桐蔭倒す感じ」といった高校野球に例えた例も。

 野球に例えたシリーズでは「中日が1試合20得点」「阪神がたけし軍団に負けた時くらいの衝撃」「高卒ルーキーが山本由伸から3打席連続ホームラン」「インフィールドフライでタッチアップするぐらい」など。「1年間青柳の試合が全部晴れてるぐらいです」と、登板予定試合で雨が多い“雨柳さん”こと阪神・青柳に例えた例も見られた。

 また競馬にたとえ「ハルウララがG1取るくらい」や、アニメから「アンパンマンがバイキンマンに負けるくらい」「のび太くんがジャイアンに勝つようなもんなのかな?」という提案もあった。

 W杯は開幕したばかり。23日には、日本の初戦ドイツ戦が行われる。FIFAランクでは日本24位、ドイツ11位。優勝経験国との対戦となるが、サウジアラビアに続き、日本も番狂わせを起こしたいところだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1864687efa06715c9687acdfd8ad0700e720cb23

【サウジの大金星、どれくらいすごい? 例え合戦勃発 野球で、競馬で、アニメでも】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/22(火) 21:53:45.22 ID:copN5Qa79
藤田晋社長が感謝「皆さま、ご視聴ありがとうございます」

11月22日のカタール・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦、アルゼンチン代表とサウジアラビア代表の一戦は衝撃の逆転劇によりサウジアラビアが2-1と勝利を収めたなか、サイバーエージェントの藤田晋社長が「ABEMA史上過去最高視聴数記録を更新しました」と報告している。

試合は前半10分、アルゼンチンがPKを獲得し、エースFWリオネル・メッシが今大会のチーム第1号ゴールをマーク。しかしハーフタイムを挟んで流れが一変する。後半3分にFWサレハ・アルシェハリが抜け出し、左足で逆サイドに美しいシュートを流し込んで同点に追い付くと、
同8分には10番FWサレム・アルダウサリがクロスのこぼれ球に反応し、芸術的な一撃を突き刺してサウジアラビアが2-1と逆転に成功した。

試合はそのままサウジアラビアが2-1と勝利。敗れたアルゼンチンは公式戦無敗記録が「36」でストップし、イタリアが持つの37試合の記録に肩を並べることはできなかった。サウジアラビアはアルゼンチン相手に通算5度目の対戦で初勝利(2分2敗)を挙げるとともに、大金星を手にしている。

 試合直後、サイバーエージェントの藤田社長が自身の公式ツイッターを更新。「先ほどのアルゼンチン×サウジアラビア戦で、ABEMA史上過去最高視聴数記録を更新しました。皆さま、ご視聴ありがとうございます」と感謝している。ファンも大興奮となった一戦は「ABEMA史上最高視聴数」という新記録も生み出したようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5a1191403c0c116137d01446c4014564ae6416f8

関連スレ
【サッカー】W杯史に残る大金星! サウジアラビアがアルゼンチン撃破! 序盤のメッシ先制点から攻撃沈黙も…後半怒涛2発で逆転勝利 ★3 [久太郎★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1669121002/

【サウジ、アルゼンチン戦の“衝撃逆転劇”で大反響 藤田晋社長「ABEMA史上最高視聴数記録」の快挙報告】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/22(火) 21:09:09.44 ID:VOZ0Tnrf9
[11.22 カタールW杯C組第1節 アルゼンチン1-2サウジアラビア ルセイル]

 カタールW杯は22日、グループリーグ第1節を行った。C組のアルゼンチン代表とサウジアラビア代表の対戦は、サウジアラビアが2-1で勝利。前半早々にFWリオネル・メッシに先制点を決められるが、後半3分、7分で2連続ゴールを挙げて逆転に成功した。アルゼンチンはW杯で初めてアジア勢に敗れた。

 史上5人目となる5度目のW杯出場を果たしたFWリオネル・メッシ。カタール大会が最後と明言した35歳は、前半2分にファーストシュートを打つ。同8分にはMFレアンドロ・パレデスが倒されてPKを獲得。キッカーはキャプテンメッシ。冷静に決め切り、W杯通算6ゴール目となる先制ゴールを挙げた。

 その後もアルゼンチンは攻撃の手を緩めない。数度ゴールネットを揺らすが、すべてオフサイドの判定で追加点は認められなかった。

 一方、反撃に出たいサウジアラビアだが、チームの心臓であるMFサルマン・アルファラジュが負傷。一度はピッチ外に出て治療を行うも、再びプレーを続けた。しかし前半終了間際にピッチに自ら倒れ込む。無念の途中交代となり、MFナワフ・アルアビドが投入された。

 サウジアラビアは前半シュート0本のまま、0-1で後半に折り返した。だが、後半開始から怒涛の反撃を始める。後半3分、縦パスを受けたMFサレー・アルシェフリがPA左方向にドリブルで突き進む。マークに付いたDFクリスティアン・ロメロをかわすように左足シュートを放ち、ゴール右隅に同点ゴールを決め切った。

 サウジアラビアの反撃は止まらない。後半7分、PA右からのシュートはブロックされてPA左に流れるが、こぼれ球をMFサレム・アルドサリが拾う。すかさずマークにつく3選手をかわしきり、4人目がプレスに迫るところで、アルドサリはPA左から右足を一閃。GKエミリアーノ・マルティネスの手に触れるもボールの勢いは落ちない。ゴール右隅に鋭い弾道が突き刺さった。

 優勝候補の劣勢に、88012人が集まったスタジアムもどよめく。アルゼンチンは後半14分に3枚替え。DFリサンドロ・マルティネス、FWフリアン・アルバレス、MFエンソ・フェルナンデスが入った。

 しかし、サウジアラビアは守備でも好プレーを見せる。後半18分、アルゼンチンのセットプレーの流れから左右に揺さぶられ、ゴール前でDFニコラス・タグリアフィコにシュートを打たれる。だがGKモハンメド・アルオワイスがスーパーセーブ。ゴールラインを割ることなく、ボールをはじき出した。

 劣勢に陥ったアルゼンチンは焦りの色を見せながら、猛攻を仕掛ける。しかし守備を固めるサウジアラビアの壁を破れない。試合はそのまま終了し、サウジアラビアが2-1で勝利。9大会ぶりの優勝を見据えていたアルゼンチンはまさかの黒星発進となった。

 26日の第2戦で、サウジアラビアはポーランド代表と、アルゼンチンはメキシコ代表と対戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ad149f1068dcca210846faf0778b3dacbe05ea2b

【W杯史に残る大金星!サウジアラビアがアルゼンチン撃破!!序盤のメッシ先制点から攻撃沈黙も…後半怒涛2発で逆転勝利】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/16(水) 09:10:14.67 ID:zAn3/Bbe9
 あと数日で、32カ国によるカタールワールドカップが開幕する。その開幕を前に、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、カタールワールドカップで優勝する可能性がある国を予想した。英メディア『スカイスポーツ』が報じている。

メッシ擁するアルゼンチン代表は、グループステージでサウジアラビア代表とメキシコ代表、ポーランド代表と対戦する。35歳のメッシにとっては自身最後のワールドカップになる可能性があり、悲願のワールドカップ優勝を今回の大会で成し遂げたいところだ。しかし、カタールワールドカップの優勝候補に関する質問に対し、メッシはアルゼンチン代表を挙げなかった。


 同メディアによると、南米サッカー連盟のインタビューでメッシは「優勝候補の話になると、僕はいつも同じチームの話をしている。強いて言えば、ブラジル代表、フランス代表、イングランド代表が少し上だと思っているんだ。しかし、ワールドカップはとても難しく複雑なので、何が起こるかわからない」と答えたという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8b72b2b8ae6c20b896e3c369dcc0134a825fb4d7

【アルゼンチン代表FWメッシが予想するカタールW杯優勝候補は3つ「僕はいつも同じチームの話をするが…」】の続きを読む

このページのトップヘ