SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

アルゼンチン

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/08(日) 20:51:19.00 ID:784i16vy9
10/8(日) 20:47配信

スポニチアネックス
ファカタヴァが個人技で抜け出してトライを挙げる(AP)

 ◇ラグビーW杯フランス大会1次リーグD組 日本―アルゼンチン(2023年10月8日 ナント)

 世界ランキング12位の日本は同9位のアルゼンチンと対戦し、前半を14―15とリードを許して折り返した。日本は勝つか、日本だけが4トライ以上を奪って引き分けるとD組2位となり、2大会連続の決勝トーナメント進出が決まる。この後、運命の後半40分間に突入する。

 試合前の国歌斉唱では、No・8姫野主将が落涙。全選手が熱い気持ちを心に秘めて開始を迎えたが、前半2分、CTB中村のタックルミスから突破を許し、先制トライを奪われた。その後、一度はゴール前に迫るも、今度はSH斎藤が痛恨のノックオン。ミスの連続で立ちこめる暗雲。だが同15分、キックカウンターから左サイドを駆け上がったロックのファカタヴァが、ショートキックを自ら獲得してトライ。元バックスらしいスキルで窮地を救った。

 しかし同点に追い付いたのもつかの間、同22分にフランカーのラブスカフニが相手の頭に当たる危険なタックルでシンビン処分(10分間の一時的退場)に。幸い、映像検証システムでのレッドカードへの格上げは回避したものの、同28分にはキックカウンターからWTBのM・カレーラスに50メートルを突破され、勝ち越しトライを許した。

 それでも前半38分に斎藤がトライを決め、ゴールも決まって1点差として折り返した。

 日本は準々決勝に進出した場合、14日(日本時間15日午前零時開始)にマルセイユでC組1位のウェールズと対戦する。両国の対戦成績は日本の1勝13敗で、13年6月には23―8で初勝利を挙げている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/97df90ac46f7468f37dfac8e051bd903e8dc449f

【ラグビーW杯・1次リーグD組 日本、前半14―15とリード許すも大熱戦 アルゼンチンとの8強かけた大一番】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/09/30(土) 23:57:00.08 ID:2RkWkQpW9
<ラグビーW杯フランス大会:アルゼンチン59-5チリ>◇30日◇1次リーグD組◇ナント

W杯史上初の南米対決となった一戦は、アルゼンチン(世界ランク9位)がチリ(同22位)を相手に、ボーナスポイントを獲得しての勝利で、
日本と同じ2勝1敗の勝ち点9とした。

アルゼンチンは、前半9分に1人で持ち込んだベテランSOニコラス・サンチェスの先制トライとキックで口火を切ると、同13分にもサンチェスが
ペナルティーゴール(PG)で追加点。同16分にフランカーのフアンマルティン・ゴンサレス、23分にフッカーのアグスティン・クレビがトライを決め、
サンチェスも2本のコンバージョンキックを成功させて、前半を24-0で折り返した。

後半もアルゼンチン優勢の流れは変わらず。後半6分にスムーズなパス回しからFBマルティン・ボガドが抜け出してトライ。4つ目のトライで
ボーナスポイントを獲得した。

そのまま前半からの大量リードを生かして勝利した。

アルゼンチンは、8日に同じ勝ち点9の日本(同13位)と1次リーグ最終戦を戦う。勝ったチームが決勝トーナメントに進出する、シンプルな
構図となった。

 W杯初出場のチリは1次リーグ4戦全敗で大会を去ることになった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4ca8479ca6cc1e654937b41bd82be27f201eeb9b

【ラグビーW杯・プールD 史上初の南米対決はアルゼンチンが59-5でチリに勝利し日本と並ぶ勝ち点9に伸ばす 決勝Tかけ日本と10月8日決戦】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/09/23(土) 03:09:27.67 ID:TXCQDMHk9
◇ラグビーW杯フランス大会1次リーグD組 アルゼンチン19―10サモア(2023年9月22日 サンテティエンヌ)

日本と同じ1次リーグD組注目の一戦は、アルゼンチンが19―10でサモアを下し、今大会2試合目で初勝利を挙げた。サモアは1勝1敗。

前半は開始35秒、ハイボールを競りに行ったサモアのFBパイアアウアに危険なプレーがあったと判定され、イエローカードが提示される波乱含みの幕開けに。
1人多いアルゼンチンは雨中の試合でハンドリングに苦労しながらも、WTBボフェリのトライで先制した。

13―3で試合を折り返したアルゼンチンは、ボフェリが2本のショットを沈め、リードを広げて終盤へ。後半35分に1トライを返されたが、その後さらに3点を加え、
粘るサモアを振り払った。

現在1次リーグで1勝1敗、総勝ち点5の日本は両チームとの対戦を控えており、28日(日本時間29日)にサモアと、10月8日にアルゼンチンと対戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/17a1da1e1195f21bf88231ab13fefbcfa9cd7b45

【ラグビーW杯・プールD アルゼンチンが19-10でサモアの追い上げ振り払い今大会初勝利】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/09/17(日) 20:57:15.32 ID:q+RQn9Am9
9/17(日) 20:52配信

バレーボールマガジン
開幕2連勝した日本代表チーム

 バレーボールのFIVBパリ五輪予選/ワールドカップバレー2023女子大会は、16日、国立代々木競技場第一体育館(東京都)にて第2戦のアルゼンチン戦を行い、ストレートで勝利。開幕2連勝とした。

【フォト】パリ五輪予選/ワールドカップバレー2023女子大会・ペルー戦 古賀紗理那・石川真佑・関菜々巳・宮部藍梨・林琴奈・和田由紀子ら

 日本のスターティングメンバーは、林琴奈、古賀紗理那(主将)、関菜々巳、井上愛里沙、山田二千華、宮部藍梨、リベロ・福留慧美。

 第1セット、関、林のサービスエースなどで8-3と序盤から日本がリード。その後も井上の3連続得点などで15-5とリードを保つ。セット後半はアルゼンチンも連続得点で追い上げるが、宮部、林の攻撃やリリーフサーバーで入った和田由紀子のサービスエースなどで日本も粘る。前日の試合で最多得点を挙げた古賀がマークされ、なかなか得点できない中、宮部のライトからの攻撃でセットポイントを握ると最後は林が決めて、25-18で日本がセットを先取した。

 第2セットは山田、宮部のミドルが機能するが、古賀が得点できない状況が続く。中盤、13点目を古賀が決めて、ようやくこの試合初得点。続いて宮部のサービスエースで14-9とする。宮部がブロックを止めて19-13、その後も宮部のブロックで21-14。林もブロックで得点し、23-17とする。24点目を古賀がレフトから決めてセットポイント。最後はラリーを井上が制し、このセットも25-18で連取した。

 第3セット、序盤から競り合いとなり、ロングラリーの多い展開に。中盤も古賀が徹底マークされて決められず、一進一退の攻防となる。一方、井上の攻撃が安定し、20-18と日本が抜け出す。その後、古賀がブロックで得点し、22-18。しかし、アルゼンチンも粘りを見せ、サービスエースで22-21まで追い上げ、日本がタイムアウトをとる。古賀がラリーを制し、23-21とするが、再び相手に決められ、23-22と1点差に。しかし、ここで古賀が意地を見せ、マッチポイントの24点目を挙げる。最後も古賀の攻撃が決まり、25-23で勝利。開幕2連勝とした。

 次戦は19日(火)にプエルトリコと対戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2b5854d71d9b8e8cfaaef156c1c0229aa5367f84

【バレー五輪予選兼W杯・第2戦 女子日本代表、アルゼンチンにストレートで勝利し、開幕2連勝。井上愛里沙17得点、宮部藍梨13得点】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/09/10(日) 06:02:03.55 ID:Pa9BSRGg9
ラグビーワールドカップ(W杯)フランス大会は9日(日本時間10日)、日本も入るプールDの一戦がスタッド・ド・マルセイユで行われ、
世界ランク8位イングランドが同6位アルゼンチンを下した。FLトム・カリーの退場処分により、試合開始3分から14人での戦いを
強いられたが、地力を発揮。17日(同18日)の第2戦は日本と対戦する。

開始早々に大打撃を与えられた。前半3分にハイボールを捕ろうとジャンプした相手FBフアンクルス・マリアにカリーがチャージ。
着地後に頭部が相手の顔に入った。マリアは出血で一時退場となった一方、カリーもシンビン(10分間の一時的退場)に。
いきなり1人少ない14人になって迎えた前半5分、アルゼンチンWTBエミリアノ・ボフェリのドロップゴール(DG)で3点の先制を許した。

しかし、イングランドSOジョージ・フォードが前半10分のペナルティーゴール(PG)で同点。この後、今大会から導入された専任の
審判員による映像判定「バンカーシステム」によって、カリーがレッドカードと判断されたが、同28分にフォードのDGで勝ち越した。
同31分にもハーフラインから2本目のDGで9-3。同37分にも3本目で12-3と着実にリードを広げ、前半を折り返した。

後半6分、14分、19分、27分にもPGで24-3。途中交代でベンチに下がる選手たちへ、観客は称賛や労いの拍手を送った。
鮮やかなキック攻勢で貫禄を見せた。

2003年以来5大会ぶり2度目の優勝を目指す前回準優勝のイングランドは、主将のSOファレル、NO8ブニポラが大会前の
テストマッチで危険なタックル。レッドカードで日本戦は出場停止となった。FWの中軸だったカリーも出場停止が確実だが、
そうとなれば主力3人を欠くことになる。南米の雄アルゼンチンは07年の3位が最高成績。プールDは両国とともに日本、サモア、
チリで争われる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/49a6891170b87c8c27669f77c8b38a565fa909f9

【ラグビーW杯・プールD 1人退場で絶体絶命のイングランドがジョージ・フォードのドロップゴール3連発などでアルゼンチンを27-10で破る】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/09/08(金) 13:13:02.89 ID:8L4DwaNo9
北中米ワールドカップ(W杯)南米予選の3試合が7日に行われた。

今月の代表ウィークから2026年W杯に向けた戦いが始まり、現王者のアルゼンチン代表はホームのブエノスアイレスでエクアドル代表と対戦。ディ・マリアらがベンチスタートになるなかで、新天地アメリカで無双状態のメッシや、ラウタロ、マク・アリスターらが先発した。

試合を通じてアルゼンチンの7割近いボール保持で進んだが、カイセドやエストゥピニャン、キャプテンのエネル・バレンシアが先発したエクアドルを押し込みながら、最後のところを破れず、こう着となる。

16分にメッシがフィニッシュまで持っていきながら、決め切れずの展開が続くアルゼンチンは前半終盤にもラウタロにチャンス。右サイドからのクロスにで倒れ込みながら合わせるが、惜しくも左ポストを叩く。

そんなアルゼンチンは後半も攻めるが、自陣深くでブロックを作るエクアドルを崩せず。相手ボックスに攻め入るシーンこそ数多いものの、あとひと押しが足りなかったりとなかなかゴールネットを揺らせない。

それでも、交代カードを駆使しながら打開を図り続けるアルゼンチンは78分、ついにスコアを動かす。78分にバイタルエリア中央でFKのチャンスを獲得すると、メッシのキックがゴール左に吸い込まれていった。

相手GKも見送るしかないメッシの直接FK弾でリードしたアルゼンチンはこのゴールを決勝点に何とか白星発進。12日の次戦ではボリビア代表とのアウェイ戦に臨む。

そのほか、2大会ぶりのW杯出場を目指すコロンビア代表は後半早々のボレ弾でベネズエラ代表を撃破。パラグアイ代表とペルー代表は0-0の引き分けに終わっている。

▽9/7
アルゼンチン代表 1-0 エクアドル代表
パラグアイ代表 0-0 ペルー代表
コロンビア代表 1-0 ベネズエラ代表

▽9/8
ウルグアイ代表 vs チリ代表
ブラジル代表 vs ボリビア代表

https://news.yahoo.co.jp/articles/33f46c16e3e07945ce24a1b51388e96c3348f838

【北中米W杯・南米予選 王者アルゼンチン、メッシの完璧FK弾でエクアドル撃破! 白星発進に成功】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/08(水) 17:46:00.95 ID:sO9P+Iq29
1930年からスタートしたW杯は2030年で100周年
 2030年ワールドカップ(W杯)の開催地に、南米4か国が共同招致での立候補を正式表明した。アルゼンチンサッカー協会(AFA)の本部で、共催4か国のサッカー、あるいはスポーツ分野のトップが集まって発表になった。

2030年W杯は、すでにスペインとポルトガルにウクライナが加わった欧州3か国共催が立候補を表明している。ほかにもサウジアラビアが開催を目指しているという報道や、2026年W杯開催を目指したモロッコを含む北アフリカ数か国での共催などが浮上しているなかで、アルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイ、チリでの共同開催が正式に立候補となった。

 W杯は1930年にウルグアイで第1回が行われ、2030年は100周年の大会になる。開催国として初代チャンピオンに名も連ねているだけにウルグアイのスポーツ長官セバスチャン・バウサ氏は、「FIFA(国際サッカー連盟)は第1回を開催した場所を祝福するために戻ってくるべきだ。FIFAやCONMEBOL(南米サッカー連盟)、そしてさまざまな連盟が成長したとすれば、それは私たちが第1回W杯を開催したおかげだ。だからこそ、このW杯の記念日に開催できる権利があると信じている」と、100年ぶり2回目の開催国に名を連ねる意欲を示した。

 2026年の北中米(アメリカ、カナダ、メキシコ)の共同開催から、出場チームが48チームに増える。大会方式は議論が終わっていないが、試合数の増加は避けられず、必要なスタジアム数や宿泊施設、サポーターの受け入れ態勢を鑑みた時に単独開催よりも複数国での共同開催が現実的になってきているのは事実だろう。

 もし南米4か国共催が実現すれば、その前の2026年大会から合計して南北アメリカ大陸を縦断するようなW杯2大会になるとも言えるが、2014年ブラジルW杯以来となる南米開催がどのような計画を立てて支持を集めることになるのか注目される。

https://news.yahoo.co.jp/articles/215e50c9747fd3681cb61f9a29d9474bf22a6ad1

【南米4か国が2030年W杯の共同招致を正式表明 第1回開催地ウルグアイが主張「祝福するために戻ってくるべき」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/22(木) 21:05:10.99 ID:cAIV3Vpg9
(ブルームバーグ): サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会の決勝、アルゼンチン対フランス戦を、米国で計約2600万人が視聴した。視聴者数は4年前から60%増加した。
フォックスの20日の発表によると、同局の視聴者数は1680万人と、英語でテレビ中継されたW杯男子サッカーの試合として過去最高だった。

コムキャストのスペイン語部門「テルムンド」は、テレビ中継とストリーミングサービスを通じて決勝戦を900万人が視聴したと明らかにした。2018年W杯のフランス対クロアチアの決勝戦の視聴者数(550万人)を上回った。
フォックスによれば、今回の決勝戦前では、男子サッカーの米視聴者数の過去最高は、先月行われた米国対イングランド戦の約1540万人だった。

W杯米視聴者数、男子サッカーの試合で過去最高に-対イングランド戦
原題:World Cup Final Drew 26 Million Viewers to Fox and Telemundo (1)(抜粋)
(c)2022 Bloomberg L.P.

https://news.yahoo.co.jp/articles/71674e8f32f7a6d565979b82bc3ea85e8b419c50

【カタールW杯決勝、米視聴者数は2600万人-4年前から60%増加】の続きを読む

このページのトップヘ