SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

アルゼンチン

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/14(水) 12:02:04.66 ID:pzraiLOx9
「ペペの言ったことは理に適っている」

 現地時間12月13日に開催されたカタール・ワールドカップの準決勝で、クロアチア代表はアルゼンチンと対戦。0-3で敗れ、2大会連続の決勝進出を逃した。

物議を醸しているのが、先制点となったリオネル・メッシのPKを献上したシーンだ。

 32分、裏抜けした敵FWフリアン・アルバレスとGKのドミニク・リバコビッチが1対1となり、かわそうとした際に衝突。ファウルと判定され、PKとなった。

 クロアチアのメディア『Sportske novosti』はクロアチアの審判組織のトップを務めるブルーノ・マリッチ氏の次のような怒りのコメントを掲載している。


「私は陰謀論を信じているわけではないが、ペペの言ったことは理に適っていると言わざるを得ない。アルゼンチンは本当に贔屓されている。32分の判定はその可能性を示しており、このペナルティキックは存在せず、リバコビッチはファウルを犯していなかった。オルサート主審の信じられない判定、結果に直接影響を与えるジャッジを目の当たりにして、申し訳ないが、不公平で受け入れられない!」

 ポルトガル代表のDFペペは、準々決勝でモロッコに敗れた際、その試合を裁いたアルゼンチンの審判団を非難していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/26ad6c99522d359509954a46203c77e19c710420
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=123051

【「アルゼンチンは贔屓されている!」「信じられないジャッジ」クロアチアの審判長がPK判定を猛烈批判!陰謀説にも言及】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/13(火) 18:53:50.01 ID:1PQUj37P9
12/13(火) 15:48配信

テレビ東京スポーツ
クロアチア・モドリッチ Photo by Florencia Tan Jun/PxImages/Icon Sportwire

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会が大詰めを迎えている。

 日本の8強進出を阻止したクロアチアが準優勝した前回に続いての4強入りで、自身キャリア最後のW杯と明言しているMFリオネル・メッシ擁するアルゼンチンと12月13日の準決勝で対戦する。

【動画】FIFAワールドカップカタール2022 日本代表 帰国記者会見

 そしてもう一カードはアフリカチームでアラブ圏から初の4強進出を決めたモロッコと前回覇者のフランスの組み合わせで14日に対戦。趣の異なる4チームが出揃った。

 決勝トーナメント1回戦の16強対決で日本を延長1-1の末にPK戦(3-1)で退けたクロアチアは、準々決勝では優勝候補の呼び声の高かったブラジルと対戦。

 0-0で迎えた延長戦でネイマールが106分に決めた先制点を途中出場したFWブルーノ・ペトコヴィッチが117分に同点にして、2戦連続で突入したPK戦を4-2で制して駒を進めた。前回ロシア大会でも延長PKの連戦を勝ち抜いて決勝へ進出しており、デジャヴ感満載だ。

 今大会もMFルカ・モドリッチが37歳と言う年齢を全く感じさせない動きと的確なパスを駆使して中盤で君臨。

 彼を中心にじわじわと相手を追い詰め、粘り強くしたたかな試合運びで120分を戦っても、チーム全体で運動量が落ちない。チームとして派手さはないが、ベンチから誰が途中出場しても攻守に流れるような連携が陰ることはなく、選手層のレベルの高さは秀逸だ。

 PK戦決着の場合、その前の120分の結果は引き分けとみなすことを考えると、クロアチアはグループステージのカナダ戦の1勝のみ。モロッコとベルギーには0-0で引き分け、日本とも1-1のドローでしぶとさが光る。

 クロアチアは1998年大会が初出場(結果は3位)で今回が6度目の出場のクロアチアに対して、アルゼンチンは今回が18回大会目。

 2014年ブラジル大会では決勝へ進出したが、1986年以来通算3度目の優勝を目指すアルゼンチンに比べると、いわばサッカーでは新興国の部類に入るが、過去5大会優勝のブラジルを敗退に追いやったパフォーマンスに、2大会連続の決勝進出を期待する声も小さくない。

W杯・決勝トーナメント

 クロアチア代表のズラトコ・ダリッチ監督はアルゼンチンに対して、「素晴らしいチームとの対戦でメッシをはじめ、素晴らしい選手がいる相手だ」と敬意を払いつつ、率いるチームへの自信を示した。

「私は自分の選手たちを信じている。それぞれが個性を示してここまで進んできた。2試合続けて延長PKだったが、エネルギーはあるし、全員健康だ。明日の試合に懸かるものは大きいが、毎試合そうしてきたように今回もベストを尽くしたい」

 クロアチアが勝てば2大会連続2度目の決勝進出となる。勝者は12月18日の決勝で、フランスまたはモロッコの勝者と対戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b30db14e8e60095f868e0f33c099b60394571f12

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221213-00010001-tvtokyos-000-1-view.jpg?pri=l

【クロアチア2大会連続2度目の決勝進出へ メッシ擁するアルゼンチンと対戦】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/13(火) 10:19:18.66 ID:00OoEBAN9
「怪物ストライカー」と呼ばれた元ブラジル代表FWロナウド氏(46)はライバル国の4強入りに複雑な心境のようだ。

スペイン紙「マルカ」によると、カタールW杯準決勝を前に記者会見したロナウド氏は今大会について「ファンタスティックで素晴らしい。もうすぐ終わってしまうのは残念だ」とし、母国ブラジルがベスト8で敗退したことに「非常に良いプレーをしていたが、より賢くプレーする必要があった。経験が不足していた」という。

 その上で13日(日本時間14日)に前回準優勝のクロアチアと対戦するアルゼンチンについて「うまくプレーできていないが、非常に意欲的でよく走り、心を込めてプレーをしている。そして彼らには(FWリオネル)メッシ(パリ・サンジェルマン)がいる」とし、優勝の可能性を問われると、因縁深い宿敵だったことからか「正直言うとアルゼンチンが『勝つ』とは言えない。それはウソです。偽善者です」と語った。

 また、14日(同15日)にモロッコと激突するフランスのエースFWキリアン・エムバペ(パリ・サンジェルマン)に関しては「彼のプレーは素晴らしい。他の選手よりも上だ。それはパワーとスピードだけではない」とシュート技術を絶賛し「現役時代の私を思い出させるものがある」と、世界を驚かせた自身のスタイルと重ねていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/232f1b1424de63396bce6bc4f0b9c7c983e46ba5

【元ブラジル代表・ロナウド氏「正直アルゼンチンが勝つとは言えない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/10(土) 09:15:43.22 ID:LRPS8GnU9
 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は9日(日本時間10日)、準々決勝でアルゼンチンはオランダと2-2で突入した延長戦で決着つかず、PK戦の末に4-3で勝利。4強進出を決めた。決着の瞬間、アルゼンチンの選手たちが崩れ落ちるオランダの選手たちを挑発する様子を海外メディアが撮影。品のない振る舞いに「酷い態度だ」「彼らはW杯を勝てない」と批判の声が殺到している。

 アルゼンチンの選手たちがオランダの選手たちを煽っていた。

 英紙「I」のアライ・マッケイ記者が、自身のツイッターで紹介したのは1枚の写真。それはPK戦でアルゼンチンの勝利が決まった瞬間、センターサークルで見守っていた選手たちが駆け出していく様子を写したもの。

 多くの選手たちは味方の方向に走り出しているが、膝から崩れ落ちるオランダの選手たちに向け、DFオタメンディは両手を耳に当てて挑発ポーズ。さらに後半に乱闘騒動の引き金を作ったDFパレデスらは激しい剣幕で何か言葉をぶつけている様子が見て取れる。

 イエローカードが乱発し、大荒れとなった一戦。その結末を象徴するようなシーンを「なんという1枚だ」と驚きとともにマッケイ記者が紹介すると、多くの海外ファンからアルゼンチンの選手たちに批判が相次いだ。

「酷い態度だ」
「好きになれないチーム」
「嫌なチーム」
「彼らはW杯勝てないと思う」
「礼儀がない」
「2つの感情がある写真」
「これほど嫌なチームはない」

 などの声が返信欄に寄せられていた。

 試合は前半35分、FWメッシは絶妙なスルーパスでDFモリーナの先制ゴールをおぜん立て。さらに後半28分には味方が獲得したPKをメッシが落ち着いて成功。後半38分から立て続けに失点し、2-2で延長戦からPK戦にもつれ込んものの、1人目のメッシが冷静に決めるなど、オランダに粘り勝ちした。

 一方で、後半にはアルゼンチンのパレデスのラフプレーをきっかけに両チームがもみ合い、乱闘寸前の事態に発展。イエローカードも乱れ飛んでいただけに、なんとも後味の悪い結末になってしまった。
https://the-ans.jp/qatar-world-cup/290019/

画像
https://pbs.twimg.com/media/FjkYKvNXkAAwpsL.jpg

【アルゼンチンに「酷い態度だ」と批判殺到 失意のオランダ選手を煽りまくったPK決着の瞬間が物議】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/10(土) 06:57:20.16 ID:VV1bNrhV9
12/10(土) 6:55配信
スポーツ報知
アルゼンチンがPK戦までもつれる死闘を制して2大会ぶり4強…メッシは1ゴール1アシストで同国のW杯最多10点目

◆カタールW杯 ▽準々決勝 オランダ2―2アルゼンチン(9日・ルサイル競技場)  

【写真】アルゼンチンW杯最多ゴールを決めるメッシ

 【ルサイル9日=岡島智哉】アルゼンチンが延長戦の末にオランダを下して2大会ぶりのベスト4へ進出した。メッシの1ゴール1アシストで2-0としながら、後半38分に1点、さらにロスタイムにはFKで相手のサインプレーからまさかの同点ゴールを許して延長戦へ。さらに突入したPK戦で勝利した。

*  *  *

 0―0の前半35分、メッシが左サイドからゴール中央に鋭いドリブルで進入すると、相手DFの背後に走り込んだMFモリナに絶妙なノールックパス。モリナがこれをGKの鼻先で押し込み、アルゼンチンが先制に成功した。

 後半もアルゼンチンペースで試合は進み、同28分にアルゼンチンがPKを獲得。相手GKがボールを渡さない、キッカーのメッシに近づいて話しかけるなど動揺を誘ってきたが、メッシは“ガン無視”で集中モード。相手GKが一歩も動けないキックをゴール右に突き刺し、貴重な先制点を挙げた。メッシは大会通算4ゴールとし、トップのエムバペに1差に迫った。W杯通算得点数は10で1990年代に活躍したバティストゥータ氏に並び、同国最多となった。

 だが、後半38分にオランダのベグホルストにヘッドから1点を返された。その後は荒れた試合となり、ボールを相手ベンチに蹴りこんだアルゼンチン・パレデスをめぐって乱闘となる場面も。

 ロスタイムは10分。ラストプレーかと思われたゴール正面からのFKで、オランダはサインプレーから同点として延長戦に突入した。

 延長戦では一進一退の攻防が続き、突入したPK戦でアルゼンチンがオランダを下して、2014年のブラジル大会以来となる4強入りを決めた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a905eb5047f4305df2d7e80eeb3e8cf9585227d4

【W杯・準々決勝 アルゼンチンがPK戦までもつれる死闘を制して2大会ぶり4強 メッシは1ゴール1アシストで同国のW杯最多10点目】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/10(土) 06:14:58.08 ID:wyZPxl/l9
12/10(土) 6:05配信

スポーツ報知
後半28分、PKを決めるメッシ(カメラ・宮崎 亮太)

◆カタールW杯 ▽準々決勝 オランダ2―2アルゼンチン(9日・ルサイル競技場)  

 【ルサイル9日=岡島智哉】アルゼンチンとオランダは2-2のまま延長戦に突入した。後半ロスタイムにオランダはFKからサインプレーで起死回生の同点ゴールを挙げた。

*  *  *

 0―0の前半35分、メッシが左サイドからゴール中央に鋭いドリブルで進入すると、相手DFの背後に走り込んだMFモリナに絶妙なノールックパス。モリナがこれをGKの鼻先で押し込み、アルゼンチンが先制に成功した。

 後半もアルゼンチンペースで試合は進み、同28分にアルゼンチンがPKを獲得。相手GKがボールを渡さない、キッカーのメッシに近づいて話しかけるなど動揺を誘ってきたが、メッシは“ガン無視”で集中モード。相手GKが一歩も動けないキックをゴール右に突き刺し、貴重な先制点を挙げた。メッシは大会通算4ゴールとし、トップのエムバペに1差に迫った。W杯通算得点数は10で1990年代に活躍したバティストゥータ氏に並び、同国最多となった。

 だが、後半38分にオランダに1点を返され、ロスタイムにFKから同点とされた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ceea2e645ed273c9d70a0222f8da9d93eaf208d8

【W杯・準々決勝 アルゼンチンとオランダは2-2で延長戦へ 後半ロスタイムにサインプレーでオランダが同点】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/04(日) 06:02:32.95 ID:51nI6L7r9
12/4(日) 5:57配信

THE ANSWER
代表通算1000試合目出場で“股抜き弾”
先制ゴールを決めたメッシ【写真:ロイター】

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は3日(日本時間4日)、決勝トーナメント1回戦でアルゼンチンがオーストラリアに2-0で勝ち、準優勝だった2014年ブラジル大会以来2大会ぶりの8強入りを決めた。前半35分にFWリオネル・メッシが先制ゴール。自身通算1000試合目というメモリアルゲームで勝負強さを見せた。9日(同10日)の準々決勝ではオランダと対戦する。

【動画】メッシの先制弾、今大会初ゴールをピッチ横から撮影した至近距離映像

 ただ一点だけを見据えて打ち抜いた。グループリーグ初戦のサウジアラビア戦こそ不覚をとったものの、その後は2連勝と調子を上げてノックアウトステージの戦いに突入したアルゼンチン。この日のオーストラリアは守備ブロックを作り、メッシがボールを持つと厳しいチャージを仕掛けるスタイルだったが、“神の子”は包囲網を難なく突破した。

 前半35分、マックアリスターの縦パスをオタメンディがワンタッチで落とす。そこに反応したメッシは左足一閃。オーストラリアDFの股下を抜いたシュートでゴール左隅に流し込んだ。米大手スポーツ専門局「ESPN」によると、メッシはこの試合が自身通算1000試合目の出場というメモリアルゲーム。記念すべき試合を自らのゴールで祝った。

 アルゼンチンは1点リードで迎えた後半12分にも追加点。自陣でパス回しをするオーストラリア守備陣に激しいチェックで追い込み、GKへのバックパスをデパウルとアルバレスの2人がかりでプレス。GKのタッチミスを誘い、最後はアルバレスがボールを奪って無人のゴールに流し込んだ。

 同32分、オーストラリアFWグッドウィンの左足シュートがカバーに入ったアルゼンチンMFフェルナンデスに当たって1点を返されると、その後もピンチの連続。それでもアルゼンチンは最終ラインを中心に懸命の守備を見せて同点ゴールは許さなかった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b3a265accc37932a039f47ece96470d10c1cd030

【W杯・決勝トーナメント1回戦 アルゼンチン、メッシのメモリアル弾で2大会ぶり8強 オーストラリアの猛攻しのぎ2-1】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/22(火) 23:35:59.83 ID:LYn/AK979
キックオフ前には「メッシ、決めて下さーい」

 芸能界きってのリオネル・メッシ推しが衝撃の敗戦を嘆いた。

 11月22日に開催されたカタール・ワールドカップのグループステージ(C組)第1節で、優勝候補のアルゼンチンはサウジアラビアと対戦。10分にリオネル・メッシのPKで先制するも、後半の開始直後に立て続けに失点を許し、1-2でまさかの逆転負けを喫した。

【動画】5分間で圧巻の逆転劇!優勝候補アルゼンチンを葬り去ったサウジアラビアの2ゴール

 事あるごとにメッシへの熱い愛を語っている歌手の小柳ルミ子さんも驚きを隠せない。

 キックオフ前には「あ~ぁ、落ち着かないや。この日を4年待って楽しみなのに、駄目だ~心臓バクバクだ。とても平常心で観れないよ。勝ってくれ、頼むから勝ってくれー。メッシ、決めて下さーい」と祈るようツイートをしていたなか、試合終了後には「ショックでめまいがしそう」と、つぶやいた。

 ただ、同時に「でも、諦めないぞ」とも綴っており、アスリートばりの切り替えの早さを見せている。

 カタールW杯の開幕前には「64試合全てLIVEで観るゾー」と意気込んでいたルミ子さん。戦いはまだ始まったばかりだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/98c7130b3e0f3254324b1344cfd044c7770c4223

【「ショックでめまいがしそう」アルゼンチンの逆転負けに小柳ルミ子はくらくら…でも「諦めないぞ!」】の続きを読む

このページのトップヘ